御歳暮の時期

みなさん、こんにちは。
たき新の奥田です。

今年も残り二ヶ月となってまいりました。
みなさんは、日ごろお世話になっている方へ
御歳暮を贈る準備はできていますか?

今日は御歳暮の贈る時期は
いつがいい?など地域によって違う
“御歳暮事情”を
書いてみたいと思います。

 

 

 

「関西の御歳暮」

関西圏では、元々御歳暮の時期としては
12月10日~20日頃に送られる風習が
ありました。
しかし、近年の御歳暮では、
送る時期が早まっている傾向が見られます。
お店でお客様にこんな話を
聞いたことがあります。

「関東圏に住まれている方から、
御歳暮が12月初めに送られてきて、
あわてて送り返したことがある。」

確かに関東圏での御歳暮は一般的に
12月1日~20日頃に送るという風習があるようで、
関西の方からしたら、“少し早い御歳暮”
という感覚になるそうです。
当店でも、何度かお話を聞いたことが
ありますが、12月早々に送ってこられると
“早く返さないと”という意識になり、
関西での御歳暮期間が早まって来ている
理由がここにあるようです。

全国的に見ると、
関東のみの御歳暮期間が長いようです。
しかし、贈る時期に一番ふさわしい日にちが
昔からあって、
その日にちは、“12月13日”。

なぜ、12月13日なのか?

それは、12月13日以降にお正月の準備を
始める日として、「事始めの日」と
されているからなのです。

本来の御歳暮は、今でこそ
あまり集まることも少なくなってきたと
聞いたことがありますが、
親戚たちがお正月用品を
本宅に持ち寄る品として用意した物が
“御歳暮”の始まりと言われています。

 

 

 

ここ数年で私が接客をしていて感じた
“御歳暮で、気を付けていただいた
方がいいポイント”が二つあります。

まず、一つ目!!

「送ろうと思っている商品は
早い目に注文した方がいい!!」

御歳暮の時期はお中元の期間と違い、
短いため、お客様も集中して来られます。

商品をギリギリにご注文されてしまうと、
送ろうと思っていた商品が品切れに
なっていたり、希望していた日にちに
着かなかったりといった事が
出てきてしまいます。
出来るだけ、御歳暮期間内に
渡したいと思われるのは当然の事ですが、
配送の荷物も当然集中して
しまいます。
そうすると、希望日時に配達が
出来なかった等に繋がりますので、
出来るだけ余裕をもっての
ご来店をお勧めします。

 

 

 

そして、二つ目!!

「贈り先様のお名前、ご住所
電話番号は必須!!」

今年もお中元を送らせて頂いていた中で、
お名前ご住所はわかるけど、
電話番号がわからないと
言われる方が、多かったんですが、
配達業者から、「配達先の方が、
お留守が続いていて、
お受け取り連絡がない」という
事が多数ございました。

どれも電話番号の記載がなく、
連絡がつけられなくて、
お荷物が戻って来て、
再度贈り主様に調べて頂く
という二度手間になる事も・・。

電話番号の記載があるだけで、
贈り先の方とお話が出来て、
少しでも早くお渡しが出来ますので、
お電話番号がすごく必要と
なってまいります。

また、一つの方法として、
先様に“御歳暮を送らせてほしいから、
いつなら受け取りの都合がいいか”を
聞くことができたら、
受け取られる側の方の
“再配達の申込”の手間をかけなくて
いいのかもしれませんね!!

 

 

 

「北海道の御歳暮」

北海道からの御歳暮と言えば、
みなさんは一番にどんな物を
想像されますか?

海産物や、あの有名なお菓子など、
箱を開けるまで、楽しみが止まりませんね!!

まず北海道の御歳暮シーズンとしては、
関西と似ていて、12月13日~25日頃が
一番多いようです。

ただ、北海道からの贈り物と言えば、
やはり海産物が多いかと思います。
御歳暮として20日頃までには
贈りたいけど、生鮮品なら、
使われるギリギリに送りたいという方は、
贈り先の方に、「〇日に生鮮品が届く」
という事だけ、お伝えしておけば、
問題はないと思います。

やはり、北海道と言えば、
一番に思いつくのは“鮭”
私が知っている限りですが、
川で産まれる鮭は、
荒波にもまれ、海へ行き、
また産まれた川に戻り、
産卵をすることで有名ですが、
北海道では、その川に戻るまでの
漁で釣り上げられるので、
鮭は一番脂分をしっかり身に着けて
いて、すごく美味しいと
聞いたことがあります。

鮭はお正月の御馳走に使われたり、
普段のおかずにも出されたりするので、
貰われた方は、すごく喜ばれるのでは
ないでしょうか?

また、スーパーで買うのとは違って、
尾頭付きで届いた時には、
お子様がおられる家庭では、
大騒ぎになること間違いなし!!

また、北海道では、広い高原という
イメージも外せません。
ひろい牧場で育った豚で作られる
“ハム”はお正月には外せない
一品となっているのではないでしょうか?

お歳暮といえば“ハム”
ハムは、大人から子供まで
人気があり、
お正月に使ってもらう用にと
贈られる方も多いのでは
ないでしょうか?

当店でも、お歳暮の中では
やはりハムが人気です。
お客様とお話しさせてもらっている
時でも、
「ハムといえば〇〇」と決められている方や、
「どこが人気ですか?」と聞かれる方、
色々ありますが、その年にメーカーが
押している商品をそれぞれ比較してもらい、
決めていただいております。

お客様が決められた方が、
貰われた方も喜ばれると思うので。。

だいぶ話がそれましたね。。
戻りましょう。。

北海道のお歳暮事情を色々見ている中で
みなさんが欲しいと思われている物が
「海鮮品」と言われる方がすごく
多いみたいです。
新鮮な海鮮で作られた物でも
喜ばれるみたいです。

お正月で使われる“数の子”や、
干物のセット等、日持する物も
人気があるみたいです。

「2017年のお歳暮」

今年のお歳暮はどんなものを
贈ろうと考えられていますか?

今年もハム、ビール、ジュース類などを
考えられていると方が多いかと思います。
去年はみかんの産地直送お選ばれた方も
おられました。

こたつに入ってのみかん。。
この上ない幸せだと思います。
お客様とお話をしていて、
色々教えてくださいました。
お孫さん達が大好きなみかんを
贈りたいと買いに来られたんです。

ひとしきりお孫さんの話をして
満足して帰られました。
今年もみかんを買いに来られることを
お待ちしています。

さて、北海道と関東の御歳暮に
触れてきましたが、
その他の地域も気になりませんか?

少し調べましたので、
読んでみてください!

お歳暮はスイーツや、ハム、
海鮮品、お肉類、フルーツ、
飲料類、洗剤、地元特産品などが
贈られます。

関東地区のみ12月初旬から発送され、
その他の地区は12月10日頃から
発送される事が多いみたいです。
しかし、最近はどこの地域でも
少しずつ早まってきている
ようです。

その中でも調べていて人気の物を
書いてみます。

まず、お歳暮の人気は、
やはり中部地方、新潟で作られている
魚沼産のコシヒカリが一番人気!!
お米は日本人にとって欠かせないもの
だと思います。
自分では高級すぎて買えないので、
貰えた時は大事に味わって
食べてしまうと思います(笑)

また、中国、四国地方の
地元特産品としては、
鳥取県の松葉ガニが人気!
松葉ガニはズワイガニと違い
認定されないと松葉ガニと
名乗ってはいけないそうです。
松葉ガニと認定された時には
専用の“タグ”がつけられるそうですよ!!

また、高知県のカツオや、
山口県のフグ(てっさ等)が喜ばれている
ようです。

海に面している地域なら、どんな魚でも
美味しく頂けるような気がします。

そして、年越しそば用として
長野県の“信州そば”を贈る方も
少なくないとか・・・
一年の最後にも美味しい物を
食べて貰いたいという思いで
贈られているのでは
ないでしょうか??

御歳暮を贈る方が少しずつ
減ってきている昨今、
若い方にも昔からのお付き合いの仕方
という事で、
お世話になっている上司の方や、
今後も仲良く付き合っていきたい
お友達の家族などに
御歳暮を贈ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)