カタログギフトのたき新 > カタログギフト > カタログギフトの選び方 > 使える知識 > カタログギフト:なくした際の対応、なくしたら…、なくした時も安心

商品を申し込む葉書を失くした時

カタログギフト なくした

発送後のフォロー

カタログ名

メーカー

申込期限

金券扱(※1

お問合わせ

期限後の
対応

ヴァリアス
穂乃香
テイクユアチョイス
スターチョイス
エスプリ
コロン
TheGift
アラグルメ
ニッポンの〇美味しいごはん
やさしいきもち
ギフトタイム
日本の贈り物
ティアラ
えらんで
ハーモニック 2ヶ月
0120-977-777

はがき紛失お問合わせ

お問合わせ
対応可能
エターナル
ザ・チョイス
北日本物産 6ヶ月
0120-300-348 ハガキが到着している場合のみ対応可能。
ミストラル
ウルアオ
ドゥオーレ
グルメ
ダンチュウ
メイドインジャパン
ヴァンウエスト
おめでとセレクション
大和 無期限
ギフト配送センター
0120-52-8878
オペレーションセンター
0120-528-336
カタログ切替後は、センターにて個別対応。
北海道美食彩紀行 贈答の富士 供給可能な商品であれば、対応可能。 金券扱い
011-884-3400
うましま
スイートもぐもぐ
やさしいごちそう
アデリー 1年間 金券扱い
ハウメッセお客様センター
0120-771-162

お問合わせ
暗証番号を確認の上、
未使用と確認出来ましたら対応可能。
トワニー シャディ ハガキ発行日より180日 金券扱い
0120-632-801

お問合わせ
期限後は対応しておりません。
心日和 シャディ ハガキ発行日より180日 金券扱い
0120-505-146

お問合わせ
期限後は対応しておりません。
マイハート洋
舞心
ロワール 指定がない場合は1ヶ月
0120-73-0515
06-6723-0507

はがき紛失お問合わせ

お問い合わせ
商品の交換は可能。
チョイス&チョイス ハリカ ハガキを投函していただければ対応可能。
0120-217-489
IP電話・携帯電話
055-230-7666

お問い合わせ
無効
エグゼタイム
おとなの旅日和
ユナテッドスペース 最長6ヵ月 金券扱い
0120-47-1016

お問い合わせ
無効
レローゼ 東栄産業 6ヵ月以内
0120-174-810
たびもの撰華 JTB 6ヶ月 金券扱い
0120-489-003

お問合わせ
ハガキを持持っている人のみ対応可
プレゼンテージ
プレゼンテージブライダル
リンベル
美味百撰
リンベル 2ヶ月
0120-378-877

はがき紛失お問い合わせ

問い合わせ

※1「金券扱い」とは、「資金決済の法律」の適応を受けているため、「商品券」や「プリペイドカード」の扱いとされているため、商品を申込む葉書(権利)を失くされた場合、商品のお申し込みができないカタログがあります。

※2 上記以外のカタログについては、「贈り主様」「カタログ名」登録されている「贈り先様」等の確認ができた場合、葉書を失くされても、「お申込期限」が過ぎていても、商品のお申し込みが可能となります。

購入様のアドバイス

カタログギフトをなくした際の対応

カタログギフトをなくした際の対応

カタログギフトというのは、贈ったお相手にカタログの中から好きな商品を選んでもらえ、送り先のお相手が自身でハガキにほしい商品を記入して申し込んでもらうというスタイルをとっています。ですから、お相手がしっかりとはがきを記入してポストに投函してもらわないと実際のギフトがお相手のお手元には届くことはありません。 カタログギフトを贈る側は、いろいろなカタログギフト販売店の中から、サービスが良くて使い勝手の良いお得なお店を選んで購入しますが、そのお店は、必ずしもカタログギフトのメーカーそのものというわけではありません。あくまでも販売店ですので、カタログギフトのはがきをなくしたり、もしくはカタログギフトそのものをなくしたというときには、販売店のほうではなく、カタログギフトのメーカーさんのほうに連絡をすることになります。 カタログギフトの販売店には数多くのメーカーさんのカタログが扱われています。たとえば弊社のホームページも、とても多くの取り扱い数があり人気がありますが、それぞれのメーカーさんのフリーダイヤルも掲載していますのでなくしたときにもスムーズに手続きができます。
カタログ別のメーカーのお問い合わせ先は下記になります。
メーカーお問い合わせ先

カタログギフトをなくしたら…

カタログギフトをなくしたら…

カタログギフトは、カタログギフトそのものが贈り物としてお相手の方に届くことになりますが、そこからお相手の方に商品を選んでもらって実際の商品を手にすることでやっと「ギフト」を贈れたことになります。ですから、カタログギフトをなくしたときにはきちんとギフトをお相手に届けることができなくなってしまいますし、楽しみながらカタログギフトを見て商品を選んでもらうことももちろんできなくなってしまいます。 ですが、カタログギフトをなくしたからといって、商品を申し込んだり届けてもらったりすることすべてが不可能になるわけではないので安心です。カタログギフトをなくしたり、カタログギフトから好きな商品を選んで申し込む際に必要になるはがきをなくしたときも、メーカーのほうに問い合わせをすることで対応してもらえます。 ここで言うメーカーとは、カタログギフトを購入した販売店とは異なります。カタログギフトを購入する販売店には、さまざまな種類のカタログギフトがあったとおもいますが、それらはすべて同じメーカーのものではなく、いろいろなメーカーのものを幅広く取り扱っているのです。ですから、なくしたカタログギフトのメーカーのほうに問い合わせをする必要があります。

カタログギフトをなくした時も安心

カタログギフトをなくした時も安心

カタログギフトを贈りたいと思ったら、さまざまなメーカーのカタログギフトを取り扱っていて、豊富な選択肢の中から選べる販売店で購入するのがいちばんです。取り扱っている数が多いと、カタログギフトもお得に購入することができたりするので、お得にギフトを贈ることもできます。 しかし注意しなくてはならないのが、これらの優れた販売店は、あくまでも販売店ですのでカタログギフトのメーカーそのものではないという点です。ですから、カタログギフトをなくしたり、希望する商品を書いて申し込むはがきやカードの類をなくしたときには販売店ではなくメーカーさんのほうに問い合わせをしなくてはなりません。 ですが、カタログギフトをなくしたのでメーカーの問い合わせ先も分からないといったひともいるかもしれません。カタログギフトのメーカーのそれぞれについて別個でフリーコールの番号を掲載してくれてあります。このような気の利いた販売店で購入すれば、万が一カタログギフトやはがきをなくしたといった場合でも落ち着いて対処ができます。こうした点から販売店での購入が後々安心であることが分かります。
カタログ別のメーカーのお問い合わせ先は下記になります。
メーカーお問い合わせ先

カタログギフトの返信はがきの書き方

カタログギフトの返信はがきの書き方

受け取る人が商品をチョイスできるという手軽さから、カタログギフトを贈ることを検討している人は多いですね。ただ、具体的に何をすれば良いかわからないということもあるのではないでしょうか。贈られた方の返信はがきによる手続き方法を含め、詳しく解説します。 まず、カタログギフトの利用が初めての方は、取り扱っている事業者のウェブサイトにアクセスして、会員登録を行ってください。登録しなくても注文できますが、購入履歴の閲覧や、発送状況の確認を行えるだけでなく、購入時に利用できるポイントをもらえることもありますから、会員になるのがおすすめです。 注文方法は、一般的なショッピングサイトとほぼ同じです。商品を選び、お届け日と決済方法を入力してください。結婚の引き出物または内祝い、出産の内祝いなど、シチュエーションに適した商品選びに迷う方は、ガイドのページを読んでみてください。 さて、カタログギフトは注文して終わりではなく、贈られた方が商品を選ぶ必要があります。以前は返信はがきに必要事項を記入してもらうのが普通でしたが、この場合は商品のお届けまでに2週間ほどかかります。そこで、1週間程度でのお届けをご希望の際や、返信はがきを紛失してしまった時は、インターネットかFAXにより手続きしてもらうことになります。受け取る方にこのような事項を説明しておけば、より親切であると言えるでしょう。

カタログギフトの返信はがき

カタログギフトの返信はがき

贈る方にとっても、贈られる方にとっても、カタログギフトは理想的な贈答品です。受け取る方が商品を選ぶことができますから、必ず気に入った商品が届きますし、送る側も、相手の方の好みに合うかどうか心配する必要がありません。受け取り手続きも、返信はがきを送るか、FAXまたはインターネットで行うだけという簡単さです。お届けの時期も自由に選べますから、家に食べ物がいっぱいあるのにグルメが届いた、予定が詰まっているのに旅行に誘われた、などのご不便をおかけすることもありません。 さて、カタログギフトではお届け時期を自由に選べると言いましたが、有効期限は存在するのでしょうか。答えを先に言いますと、基本的にはありません。数ヶ月から1年程度の期限が設定されたものもありますが、目安であり、期限を過ぎても返信はがきなどで受け取り手続きを行えます。ただし、あまりにも年月が経ちすぎると、商品の取扱いが終了することもありますのでご注意ください。 カタログギフトを受け取る側ではなく、贈る側になった場合は、相手の方が返信はがきを出してくれただろうかと心配になることがありますね。ですが、あまりにもストレートに尋ねるのは失礼に当たる場合があります。そこで、普段の会話の中で、お贈りした品はお気に召しましたか、などとさりげなく訊くのがおすすめです。

カタログギフトの返信はがきを紛失した場合

カタログギフトの返信はがきを紛失した場合い

もらってうれしいカタログギフトは、受け取る商品を選んでいるだけでも楽しいですし、贈り主の方からのお祝いに対する感謝の気持ちを実感することができますね。何をもらおうかと考えているうちに、思いがけず時間が経ってしまうかもしれません。 ところが、いざ商品を受け取るために返信はがきを出そうとした時、それがなくなってしまったことに気付いたとしたら、どうすれば良いのでしょうか。受け取りが不可能になってしまえば、贈り主の方に対しても申し訳ない気持ちになってしまいます。ですが、ご安心ください。インターネットおよびファックスで手続きを行うこともできますし、カタログギフトのメーカーに問い合わせれば、返信はがきを紛失した際の手続きについて詳しく教えてもらえます。 ここでご注意いただきたいのは、カタログギフトのショップとメーカーは別であるということです。ちょっとややこしいですが、贈り主の方が受取人の方に対する冊子の発送を依頼するのがショップであり、受取人の方が商品の受け取り手続きを行うのはメーカーです。家電や食品でも、販売店とメーカーの役割は別になっていますね。それと同じように、返信はがきをなくしてしまった時は、冊子に記載されたメーカーのお問い合わせ窓口にご相談をお願いします。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース