カタログギフトのたき新 > カタログギフト > カタログギフトの選び方 > 結婚内祝い > 結婚内祝いでカタログギフトを贈るメリット。他の品との郵送は1度に。かける金額はシステム料込でない金額がベスト。

結婚内祝いでカタログギフトを贈るメリット。他の品との郵送は1度に。かける金額はシステム料込でない金額がベスト。

結婚内祝いにカタログギフトを贈る際は、以下のようなお悩みが多いのです。
「お世話になった先生や、職場の上司の方などの目上の方にも、カタログギフトを贈ってもいいのかな?」
「カタログギフトを郵送で送る際の手配は、どうしたらいいんだろう?」

結婚内祝いって、相手に何を贈るかとっても悩みますよね
せっかく贈るのならば、相手の喜ぶ顔が見たいし…。
とかなり考える方も多いのではないでしょうか。

そんな時に多く選ばれているのが、カタログギフトですよね!
今回は結婚内祝いで贈る、カタログギフトについてのご紹介をいたします!

1.ネット注文のカタログギフトと選んだ品物を一緒に郵送したいなら、1度自宅に取り寄せてから自分で発送をするのがお薦めです。

内祝いは基本的に受け取る手間も考えて、同包で1度に贈り先様に届くのが好ましいです。 ネットで購入したカタログギフトは1度自宅に取り寄せ、自分で購入したの品物と一緒に包装し直して、相手に同包で送るのが無難かと思われます。 発送方法で悩むのならば、品物を一つに絞るのもお薦めです。

2.カタログギフトを結婚内祝いで贈る際はシステム料以外で、見合う金額のものが無難かと思われます。

結婚内祝いの相場は、頂いた品物の半額〜1/3程度の金額の品物が目安とされています。 贈る際はシステム料以外で、見合う金額のものが無難かと思われます。 今回のケースならば、どちらのコースでも失礼には当たりませんが、きっちり半返しをしたいのであれば、5,000円コースの方がお薦めです。

3.結婚内祝いでカタログギフトを贈るメリット。

カタログギフトなら、掲載されている品物の中から相手が好きなものを選ぶことができるので、本当にいらないものを贈らずに済みます。また。薄めの雑誌のような形状なので、持ち運びがしやすいのもメリットです。同じシリーズのものでも多数の金額似合わせたコースが用意されているので、自分が用意したい金額のものを選ぶことも可能です。

4.すでに「カタログギフトの選び方」を経験された先輩の方々のアドバイス

私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。

1.ネット注文のカタログギフトと選んだ品物を一緒に郵送したいなら、1度自宅に取り寄せてから自分で発送をするのがお薦めです。

  • 2度に分けてお返しを郵送するのは避けたほうが無難でしょう。
  • 一緒に郵送するのであれば、ネット購入の品を1度自宅に取り寄せて、もう一つの品物と合わせて自分で包装し、一つの小包にして相手の方に郵送するのがお薦めです。
  • 2つの品物を内祝いに贈るのはおかしくはありませんが、無理に2つにしなくても大丈夫です。
  • もし、複数の品物にした場合に、あまりにも一つ一つの質が落ちるようでしたら、一つの品物に絞ったほうが無難かと思われます。
お客様のお悩み

ネットで注文した品物と、自分で用意した品物を一緒に郵送で送りたいのですが、どのように手配をすればよいでしょうか?

 最近結婚をされたEさんからのご相談です。挙式は親族のみ予定だそうです。

結婚式に出席しない方々への内祝いの品物を考えているそうです。

その際に『ネット通販で購入したカタログギフト』+『カタログギフトサイト以外で販売されている品物』を郵送で送りたいと考えているとのこと。

その際の、贈り方に関する質問が幾つかあるそうです。

ネットで購入したカタログギフトと、自分で購入したのもを別々で送るのはおかしいですよね?

 結婚式に出席しない方に内祝いをお贈りするので、内祝いに少しオリジナリティーを出したいと思っています。

なので、ネットで購入したカタログギフトと、自分で別に直接購入した品物を、内祝いとして贈りたいです。

その際に、カタログギフトはそのまま、カタログギフトの販売会社の手配で相手へ郵送し、自分で購入したものは別で自分で郵送をするのでは、やはりおかしいですよね?

そうすると、相手に別々で内祝いの品物が届くことになります。

また、自分たちで購入したい品物は、カタログギフトを取り扱っているような会社では取り扱っていませんので、一緒に販売しているお店も見つかりませんでした。

ネットで購入した品物と、自分で購入したものを一緒に郵送したい場合、どのような方法がベストでしょうか?

 ネットで購入したカタログギフトと、自分で購入した品物を同包で相手の方に郵送で送りたい場合、どのような方法が1番ベストでしょうか。

オリジナリティーを出したいのであれば、カタログギフトはやめて、一つの品物に絞ったほうがよいでしょうか?

 お礼の品物が2つでは相手の方からしたら、違和感はあるのでしょうか?
また、オリジナリティを出したいのであれば、カタログギフトはやめて、自分で購入す品物一つに絞った方がよいでしょうか?

お悩みに対する回答

内祝いは基本的に受け取る手間も考えて、同包で1度に贈り先様に届くのが好ましいです。 ネットで購入したカタログギフトは1度自宅に取り寄せ、自分で購入したの品物と一緒に包装し直して、相手に同包で送るのが無難かと思われます。 発送方法で悩むのならば、品物を一つに絞るのもお薦めです。

ネットで購入したカタログギフトはと、自分で購入したの品物は、同じ包みになるようにして、1度で相手に届く様にしましょう。

 質問者様が心配なさる様に、品物が相手の方に2度届くのは基本的に避けた方が好ましいと思われます。

頂いたお祝いの品と、自分の贈った内祝いや引き出物が、それに見合わなくて補うために再度送る等のイレギュラーな事情がない限り、内祝いは1度で郵送するのが良いかと思われます。

なぜかというと、贈り先様の立場に立ってみると、受け取りにその都度手間がかかりますし、なぜ2回も贈られたのだろう?と違和感が生まれてしまうかのせいもあるからです。

また、自分のお祝いがもしかして足りなかったのかな?と不安になってしまう怖れもあるかと思われます。

そういった点からお返しの品物は、1回で送るのが無難かと思います。

ネットで購入したカタログギフトは1度自宅に取り寄せ、自分で購入した品物と一緒に自分で包装し直して、相手に同包で送るのがお薦めです。

 もしネットで購入したカタログギフトと、自分で購入した品物を同じ包みで送りたいのであれば次の方法が無難で良いかと思われます。

①ネットで購入したカタログギフトをひとまず自宅に取り寄せる。
②別に自分で購入した品物と、①のカタログギフトを自分で一緒に包装する。
③一緒の小包にして、お礼状も添えるか別便で郵送するかにして、品物を郵送する。

ですね。

ですがこの方法は、手間がかかるだけでなく、他にも色々とお金がかかってきてしまうのも事実です。

まず1つは、郵送代です。
ネットで購入したカタログギフトならば、そのまま送料無料や、かかっても小額で相手の方の住所へ、直接届くように手配ができるところが多いので、郵送代を自分で支払わなくても良い場合がございます。

また、場合によっては、直接相手の住所への郵送ではないことから、カタログギフトを質問者様の自宅へ郵送する際の料金がかかってくるところもあるかもしれません。

2つ目は包装代です。
熨斗は品物一つ一つにかけたとしても、2つの品物を一つの小包にするためにまとめて包装しなければならないかと思います。
その際の包装に必要な箱や、袋代、包装紙代がかかってしまう可能性があります。

なので、今回の場合は品物代金と、通常の自宅から相手の方の住所までの郵送代以外にも色々とお金と手間がかかるの承知の上で、品物は選んだ方が方がお薦めです。

ですが今回のご質問のように、別のお店の品物を送る際は、上記の方法を参考にしてみてください。

お返しの品物は、無理に1つに絞らなくても大丈夫かと思われます。ただ、ひとつひとつの質が低くなるのならば避けたほうが無難でしょう。

 まずオリジナリティーを出したいのならば、品物は一つに絞った方が良いかとのことですが、それは質問者様の考えにもよるので、一概にどちらが正解というのは申し上げにくいところです。

贈り先様からしてみれば、1つオリジナルの品物があるだけでも充分、自分たちのことを考えて選んでくれたんだなと、伝わりはするかと思われます。
ですが、先ほどの郵送の手間や料金のことを考えて、いっその事一つの高めのオリジナルの品物にしても、相手の方からしてみれば、選んでくれたことへの嬉しさは変わりはしないと思われますよ。

その一方で、カタログギフトがあれば、質問者が選んでくれた品物+自分で好きな品物が選べるという、楽しさも2度味わうことができますよね。

また、2つの品物を贈るのがおかしいですか?とのことでしたが、それはおかしくはないと思います。

現に、一つの品物だと、お返しに見合う品物がなく、商品券やカタログギフトを他の品物と一緒に贈られる方もいらっしゃいます。

ただ、あまりにもそれぞれにかける金額が低くなるのならば、一つ一つの品物の質が大幅に下がる可能性もあるので、それならば避けたほうが無難かと思われます。

    結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 2度に分けてお返しを郵送するのは避けたほうが無難でしょう。
  • 一緒に郵送するのであれば、ネット購入の品を1度自宅に取り寄せて、もう一つの品物と合わせて自分で包装し、一つの小包にして相手の方に郵送するのがお薦めです。
  • 2つの品物を内祝いに贈るのはおかしくはありませんが、無理に2つにしなくても大丈夫です。
  •                 
  • もし、複数の品物にした場合に、あまりにも一つ一つの質が落ちるようでしたら、一つの品物に絞ったほうが無難かと思われます
  •   

    ですね!!

2.カタログギフトを結婚内祝いで贈る際はシステム料以外で、見合う金額のものが無難かと思われます。

  • 基本的に結婚内祝いの相場は、頂いた品物の半額〜1/3程度の金額の品物が目安です。
  • 今回の場合、10,000円のお祝い金に対してなら、4,000円コースでも5,000円コースでも失礼ではないかと思われます。
  • きっちり半返しをしたいのであれば、5,000円コースのものを贈るのがお薦めです。
お客様のお悩み

結婚内祝いにカタログギフトを贈ろうと思っています。その際にかけるべき金額の内訳は、システム料込の金額か、込での金額か、どちらと考えたらいいでしょうか?

 最近結婚をされた男性からのご相談です。

結婚祝いにご友人から10,000円のお祝い金をそれぞれ頂いたそうです。

そのお祝い金に対して、カタログギフトを贈ろうと考えているとの事。

その際の、内祝いの内訳に対する考え方に、質問が幾つかあるそうです

カタログギフト本体の価格+システム料金の金額か、 カタログギフト本体のみの価格で、お祝いのお返しに見合う金額のものを用意するべき?

 10,000円のお返しに対して今考えているカタログギフトのコースが2つあります。

カタログギフト本体:4,000円コース+システム料等:725円▶︎合計4,725円
カタログギフト本体:5,000円コース+システム料等:775円▶︎合計5,775円

上記の2つです。

5,000円のコースだと、システム料等を含めたら半返しよりも多くなり、受け取った側からすると、気を遣ってくれたのかな?と逆に気を遣わせてしまわないでしょうか?

お悩みに対する回答

結婚内祝いの相場は、頂いた品物の半額〜1/3程度の金額の品物が目安とされています。 贈る際はシステム料以外で、見合う金額のものが無難かと思われます。 今回のケースならば、どちらのコースでも失礼には当たりませんが、きっちり半返しをしたいのであれば、5,000円コースの方がお薦めです。

結婚内祝いの相場は、頂いた品物の半額〜1/3程度の金額の品物が目安とされています。 今回のケースなら、どちらでも失礼には当たりませんが、きっちりと半返しにしたいのであれば、5,000円コースにするのが無難かと思われます。

 まず初めに、結婚内祝いの相場は、頂いた品物の半額〜1/3程度の金額の品物が目安とされています。

それはお返しにかける金額が多すぎても、お祝いを突き返してしまうような形になりますし、少なすぎても、頂いたお祝いに対して見合わないお返しになるからだと言われています。

親族間などでは、お祝い事の際は金額を揃える、お互いの負担にならないように、お返しはしないなどといった、家庭ごとのルールが発生して適用されない場合もあります。

ですが基本的に友人等に対しては、上記の頂いた品物の半額〜1/3程度の金額の品物が目安という考え方で大丈夫です。

なので、今回のケースでいくと、10,000円のお祝い金に対してのお返しとなるので、3,000円〜5,000円の品物が無難と言えるでしょう。

ですから、質問者様のお考えになっているカタログコースならば、4,000円コースも5,000円コースも、失礼には当たらないと思われます。

これがもし、カタログギフト本体の価格が3,000円以下だとするのならば、贈り先様への品物の実質の金額が、お祝い金の1/3以下だと思われてしまう怖れもあります。

そのことから人によっては少し不服に思われる方も、もしかしたらいるかもしれませんので、基本的にはカタログ本体の金額が頂いた品物の半額〜1/3程度の金額のものを選ばれた方が無難かと思われます。

ですが、セールや値引き等でカタログギフトの金額自体が、定価から値引きされていた場合ならば、実質もともとは定価相当のものだったと、考えても良いでしょう。

そのカタログギフト自体の質が落ちたわけではないと考えられるからです。

また、今回の場合で、きっちりとお相手の方に半返しを!と思うのであれば、カタログギフト本体の価格が5,000円のものを選んだ方がお薦めです。

最後に、5,000円のものを選ばれたとしても、かなり半返しの予算から足が出ているのではないので、逆に相手の方からしても律儀に丁寧なお返しをしてくれたんだなと思って頂けるだけで、負担にはならないかと思われますよ。

    結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 基本的に結婚内祝いの相場は、頂いた品物の半額〜1/3程度の金額の品物が目安です。
  • 今回の場合、10,000円のお祝い金に対してなら、4,000円コースでも5,000円コースでも失礼ではないかと思われます。
  • きっちり半返しをしたいのであれば、5,000円コースのものを贈るのがお薦めです。
  • ですね!!

3.結婚内祝いでカタログギフトを贈るメリット。

相手の好みじゃないものを贈らずに済む。

 結婚内祝いを選ぶ時って、やっぱり相手の喜んだ顔を見たくて、よく考えてお返しを選ぶかと思います。

ですが中には、趣味や好みがわからない方もいるかと思います。

そんな時に便利なのがカタログギフトです。

カタログギフトなら、掲載されている品物の中から相手が好きなものを選ぶことができるので、本当にいらないものを贈らずに済みます。

なので、自分で品物選びに失敗してしまう可能性もないですし、相手の方からしても自分の欲しいものを選べるので、使わずに置いておくなんてこともないかと思われます。

しかも最近のカタログギフトならば、グルメや旅物、女性向けや男性向け、お母さん向けなど、様々なジャンルに特化したものも多くあります。

なので相手の方に合わせて、大まかなカタログギフトのジャンル自体を選ぶこともできるのもメリットのひとつと言えるでしょう。

贈る際にコンパクトに渡せる。

 カタログギフトは1冊の薄めの雑誌のような形状なので、相手の方に渡す際にも大変コンパクトで、持ち運びがしやすいのもメリットです。

例えば結婚式の引き出物って、大きかったりかさばるものが多くて、ゲストの行き帰りの荷物になって、持ち運びの負担になったりすることも多いかと思います。

そういった場合でも、カタログギフトならば、軽くてコンパクトなので、あまり負担にならずに持ち運びしていただけるかと思います。

また、会社で上司の方に贈ったりする際にも、帰りの手荷物にならなかったり、周りの目を気にして持ち帰ることもありませんよね。

そういった持ち運びの面のメリットもありますよ。

4.すでに「カタログギフトの選び方」を経験された先輩の方々のアドバイス

カタログギフトの選び方 記事一覧

お悩み解決マナー集
カタログギフトの選び方
結婚祝いにカタログギフトを贈るメリット。メール便で送る場合の対処法や、結婚祝いで贈る際について
すでに「還暦祝いのカタログギフトついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
香典返しにカタログギフトを贈る。住所が不明の方に贈る際や、1品ではお礼の金額に見合わない場合。
結婚内祝いでカタログギフトを贈るメリット。他の品との郵送は1度に。かける金額はシステム料込でない金額がベスト。
出産内祝いでカタログギフトを贈るメリット。品物3点セットを贈る場合の熨斗や、ネットショップでカタログギフトを購入の際に、つけられる熨斗やカードについて。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
激安カタログギフト
プレミアムカタログギフト
安心サポート
用途別おすすめカタログギフト
カタログギフト人気ランキング
旬の贈り物特集
こだわりカタログギフト
ご予算別カタログギフト
贈る相手別カタログギフト
カタログギフトの選び方
贈り物の用途
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
カタログギフトの選び方
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
香典返しマナー
出産内祝いマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース