カタログギフトのたき新 > カタログギフト > カタログギフトの選び方 > その他内祝い > お祝い返しとお返しについて:結婚内祝いを贈る時期と金額、出産内祝いの相場金額、相場金額やマナー

お祝い返しの時期・相場金額・マナー

コンテンツ一覧

結婚内祝いを贈る時期と金額

結婚内祝いを贈る時期と金額

結婚内祝いを贈る時期と金額について紹介します。ひとたび結婚するとなると、結婚式や披露宴、新居への引っ越しや親戚等へのご挨拶など、何かとイベントが多いものです。その中でも気になるけどなかなかひとに聞けないというものが『お祝い お返し 金額』ではないでしょうか。今回ご紹介する『お祝い お返し 金額』とは、具体的には結婚内祝いを贈る時期と金額ですが、一般的に結婚のご祝儀をいただくのは結婚式(披露宴)を行った際だったり、結婚の報告を行った後のタイミングだったりします。場合によっては、親しい間柄だったりする方などは、お返しはいらないよと言われることもありますが、基本的にはその場合でも必ず何かしらのお返しをするべきです。金額についてですが、基本的には半返しと言って、現金の場合はいただいた金額の半額、品物の場合は想定される額の半額程度というのが常識を逸しない対応と考えられます。また、結婚内祝いを贈る時期ですが、いただいてから1ヶ月以内に相手の手元へ届くことが望ましいと思います。早すぎても、何か用意していたようで相手に違和感を与えますし、遅すぎても忘れた頃に届く感が出ますので、1ヶ月程度というのが目安です。では、品物としては何がいいのかという問題ですが、現在では様々な内祝いの品物が溢れていますが、やはり一番人気なのはカタログギフトです。カタログギフトは、指定した金額の範囲内で様々な品物が用意されており、送る側としても非常に使い勝手がよく、もらう側としても純粋に有用なものをもらえるということがメリットです。

51%OFF激安カタログギフト51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

出産内祝いの相場金額い

出産内祝いの相場金額

先ほど結婚内祝いのところでも述べましたが、気になるけどなかなかひとに聞けない『お祝い お返し 金額』というフレーズのうち、一番気になるのがやはり金額相場ではないでしょうか。その悩みは当然ながら出産時のお返しにも当てはまります。『お祝い お返し 金額』というと、結婚祝いの時と同じく半返しが基本となってきます。両親や祖父母などの親しい親族から、親戚・会社同僚や上司、友人、その他付き合いのある知人など、様々な立場の方々から出産祝いをいただくケースがあり、出産という人生の中でもひときわ大切なイベントに皆さんからの祝福もあいまって幸せな気持ちになりますが、そんなときでも忘れてはならないのが相場に則したお返しをするという常識を守ることが大切です。そういうところできっちりと常識を見せられるかどうかで、その人の評価も変わってくる場合があります。結婚内祝いと少し違うのは、出産祝いの場合は単純に現金のお祝いだけではなく、品物の場合が多い傾向があるということに着目する必要があります。現在、ベビー用品店のお祝い品のコーナーへ行くと、おむつタワーやかわいい服や帽子のセット、低年齢から使える外国製のおもちゃセットなど、実に様々な品物が様々な金額設定されてラインナップされています。そんな場合、いちがいに半返しすると金額が小さくなりすぎてみすぼらしいものしかなくなってしまう場合や、金額がよくわからないものもあり悩みますが、そこで有用なのがカタログギフトや詰め合わせ商品です。特に使い勝手がいいのがカタログギフトで、低価格の場合は1,500円程度から、十万円程度までのものも存在しますので、あまり悩むことなく使えます。

51%OFF激安カタログギフト51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

お祝いとお返しの相場金額やマナー

お祝いとお返しの相場金額やマナー

ここまで、結婚内祝いを贈る時期と金額や出産内祝いの相場金額について述べて述べる中で『お祝い お返し 金額』に特化して述べてきましたが、『お祝い お返し 金額』の相場やマナーについて基本をおさらいします。人生においてお祝いをいただく場面というのは、結婚であったり出産であったりいずれの場合においても自分の一番輝いた人生のハイライトとも言うべき場面であり、そういう場面においては誰しもが浮かれ地に足がつかなくなることもあると考えられます。また、そういうときこそその人物の対応というものが常識的であるかないかを含めた評価となる場合が多々あることです。だからこそ、マナーを守ったお返しをすべきなのです。マナーを守るとは、お返し時の金額や時期、品物(カタログギフト)について相手のことを考えているか、ということが一番大切になります。お祝いをいただくケースや相手は様々で、そうなるとお返しの際にも細かな相手方の状況や事情に考慮した配慮というものをするのが原則であり、カタログギフトのようなものが存在しなかった時代には、例えばあの人は独身だから○○を・・・あの方は結婚されていてご家族が…など、非常にパーソナルな情報にもとづいて個々の対応が必要でしたが、現在は様々な便利な内祝い商品を活用することにより、その手間は限りなく軽減されています。

51%OFF激安カタログギフト51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト