カタログギフトのたき新 > カタログギフト > 香典返しにカタログギフトを贈る。住所が不明の方に贈る際や、1品ではお礼の金額に見合わない場合。

香典返しにカタログギフトを贈る。住所が不明の方に贈る際や、1品ではお礼の金額に見合わない場合。




香典返しにカタログギフトを贈る際には、以下のようなお悩みが多いのです。
「香典返しにカタログギフトは贈ってもいいの?」
「カタログギフトはメール便などで送れるの?」

 香典返しでは、品物が高額になったり、贈り先様の好みや趣味がわからずに困っている場合には、カタログギフトがよく贈られています。

カタログギフトはとっても便利な品物ですよね。

今回の記事では香典返しでカタログギフトを贈る際についてのご紹介をしていきます。


1.連名で香典返しを頂き、それぞれに香典返しでカタログギフトを贈る場合。
住所が不明ならば、代表者の方に聞いてみましょう。
代表者の方に手間をとらせてしまうため、配送の手配は頼まない方が良いでしょう。 なので電話で代表者の方に、他の方のご住所を聞き、ご事情がありそうならば、質問者様のお考え代表者の方にレターパックで郵送していただく方法を、とられるのが良いかと思われます。
2.香典返しの品物は、止むを得ない場合以外は、品物は一つにしましょう。
高額な場合は、カタログギフトがお薦めです。
香典返しは基本的に、止むを得ない理由がない限りは、1品を贈るのが良いとされます。
複数の品物を贈ると重なることから、『不幸や悲しみが重なる』と連想させてしまうと言われているからです。
3.香典返しにカタログギフトを贈るメリットについて。
カタログギフトなら、掲載されている品物の中から相手が好きなものを選ぶことができるので、本当にいらないものを贈らずに済みますし、相手の方からしても自分の欲しいものを選べるのが最大のメリットかと思います。
加えて、多数の方へ一斉にお返しする必要がありますので、個々にお品選びをすることは、困難な場合にも便利と言えます。
4.すでに「香典返しでカタログギフトを贈った」経験をされた先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。



1.連名で香典返しを頂き、それぞれに香典返しでカタログギフトを贈る場合。住所が不明ならば、代表者の方に聞いてみましょう。



  • 基本的には、代表者の方も、あくまでお礼をする方にはなるので、配送などの手配の手伝いは、極力頼まない方が良いかと思われます。
  • まずは代表者様にお電話をし、他の二名の方のご住所をお聞きなさった方が、無難で良いかと思われます。
  • その際にもし、何かの事情で質問者様にはご住所を知られたくない、教えたくなさそうであれば、最終手段として、質問者様のお考えになっている、郵送用の封筒等を同封して、代表者様に投函していただくのが良いでしょう。
  • カタログギフトはコンパクトで薄いので、基本的にはメール便等でも贈ることが可能かと思われます。
お客様のお悩み

連名で香典を頂き、それぞれにカタログギフトを香典返しで贈りたいです。
ですが代表者の方の住所のみしかわかりません。

 最近、お父様がお亡くなりになられた男性からのご相談です。

お父様の葬儀の際に、親戚の方3名様から、連名で香典を頂いたとのこと。

この際の香典返しについてご相談があるそうです。

連名の香典に対し、それぞれにカタログギフトを贈りたいですが、代表者の方以外の住所が分かりません。
こういった場合、代表者の方にレターパックで郵送していただくのは、失礼でしょうか?

 先日父が亡くなり、無事に葬儀も終わったので、香典返しの準備をしています。

父の葬儀の際、親戚の3名の方から連名で、香典を頂きました。

ですが記帳には代表者の方の住所のみしか書いておらず、他の2名の方の住所しかわかりません。

3名様とも、それぞれ他県に住んでいるので、直接お渡しができず、郵送で贈るしか方法がない事は確かです。

ちなみに香典返しにはコンパクトに、カタログギフトを贈るつもりです。

こういった場合、代表者様に3冊分のカタログギフトを、メール便等の入れ物と一緒に贈り、代表者の方には住所のみを書いてもらって、投函してもらうような形にしては失礼でしょうか?

もちろん、料金の手配はこちらで行うので、代表者様にはお金の負担はかからないようにいたします。


お悩みへの回答

代表者の方に手間をとらせてしまうため、配送の手配は頼まない方が良いでしょう。
なので電話で代表者の方に、他の方のご住所を聞き、ご事情がありそうならば、質問者様のお考えの方法を、とられるのが良いかと思われます。

代表者の方に手間をとらせてしまうため、配送の手配は頼まず、まずは代表者の方に、他の方の住所をお電話で聞きましょう。
メッセージカードやお礼状も、シンプルに写真がないものにしましょう。
熨斗は形式があるので、通常通りのもので構わないかと思います。

 まずはお父様のこと、心からのご冥福お祈り申し上げます。

今回、お香典を頂き、葬儀に参列していただいたことはとてもありがたいですが、記帳をしていなかったとなると、質問者様もお困りになってしまいますよね。

基本的には、代表者の方も、あくまでお礼をする方にはなるので、配送などの手配の手伝いは、極力頼まない方が良いかと思われます。

ですので、まずは代表者様にお電話をし、他の二名の方のご住所をお聞きなさった方が、無難で良いかと思われます。

その際にもし、何かの事情等で、質問者様にはご住所を知られたくない、教えたくなさそうであれば、最終手段として質問者様のお考えになっている、郵送用の封筒等を同封して、代表者様に投函していただくのが良いでしょう。

カタログギフトはコンパクトで薄いので、基本的にはメール便等でも贈ることが可能かと思われます。

その際には、緩衝材などのついたしっかりとした封筒等で、保護をして包装をしてくださいね。

また、切手なども忘れずに貼り、代表者様に料金のご負担が一切かからないように、お気をつけください。


結論として、この質問者様のお話ならば、
  • 基本的には、代表者の方も、あくまでお礼をする方にはなるので、配送などの手配の手伝いは、極力頼まない方が良いかと思われます。
  • まずは代表者様にお電話をし、他の二名の方のご住所をお聞きなさった方が、無難で良いかと思われます。
  • その際にもし、何かの事情により、質問者様には、他の方のご住所を知られたくない、教えたくなさそうであれば、最終手段として、質問者様のお考えになっている、郵送用の封筒等を同封して、代表者様に投函していただくのが良いでしょう。
  • カタログギフトはコンパクトで薄いので、基本的にはメール便等でも贈ることが可能かと思われます。


ですね!!




2.香典返しの品物は、止む得えない場合の以外は品物は一つにしましょう。高額な場合は、カタログギフトがお薦めです。



  • 香典返しではかなりの止む得えない理由がない限りは、基本的には1品で贈るのが良いとされています。
  • 複数の品物を贈ってしまうと、重なるから『不幸や悲しみが重なる』と連想させてしまうからと、言われているからです。
  • 高額な香典返しにお薦めなのが、『カタログギフト』です。
  • さまざまな金額に応じたコースが、数多く用意されていますので、かなりの高額の場合でも、お手軽な価格な場合でも、お求めになられている金額帯のものが、見つかるかと思います。
お客様のお悩み

香典返しにかける金額が高額で、一つの品物では見合ったお返しができません。
こういった場合は、品物を2つにしても良いのでしょうか?

 先日旦那様のお母様が亡くなられた女性からの、ご相談です。

先日お義母様が亡くなられ、もう直ぐ四十九日を迎えるそうです。

葬儀の際には、親戚の方から5万円いただいたとのこと。

この際の香典返しについて疑問があるそうです。

香典返しの品物を2つにしても良いのでしょうか?

 先日夫の母が亡くなり、葬儀も終えてもうすぐ四十九日を迎えます。

義母の親戚の方が香典返しに5万円贈ってくださり、援助の気持ちと素直に受け取り、香典返しは半返しではなく、1/3の金額の16,000円程度の品物を贈ろうと思っています。

ですが一品ではなかなか、金額に見合うような品物が見つからずに、悩んでいます。

こういった場合、香典返しに2品贈っても良いのでしょうか?


お悩みへの回答

香典返しは基本的に、止む得えない理由がない限りは、1品を贈るのが良いとされます。
複数の品物を贈ると重なることから、『不幸や悲しみが重なる』と連想させてしまうと言われているからです。

香典返しは基本的に、止む得えない理由がない限りは、1品を贈るのが良いとされます。

 まず、お義母様がお亡くなりになられた事、心からご冥福をお祈り申し上げます。

香典返しではかなりの止むおえない理由がない限りは、基本的には1品で贈るのが良いとされています。

それには縁起的な理由があり、複数の品物を贈ってしまうと重なるから、『不幸や悲しみが重なる』と連想させてしまうからと、言われているからです。

逆に慶事の際には、『喜びや幸せが重なる』といった意味合いから、複数の品物を贈るのが良いとされています。

ですが、香典返しの場合は、高額な贈り物となる場合も、少なくないかと思いますので、今回の質問者様のように、金額が1品ではお礼に見合わずにお困りの方も、多い事かと思います。

そんな時にお薦めなのが、『カタログギフト』です。

カタログギフトは実際、香典返しにはよく利用されている品物です。

カタログギフトは、相手が自分の好きなものを選べるので、決して無駄にならなかったり、本当に必要なものが贈る事ができるので、とっても魅力的かと思います。

しかもさまざまな金額に応じたコースが、数多く用意されていますので、かなりの高額の場合でも、お手軽な価格な場合でも、お求めになられている金額帯のものが、見つかるかと思います。

またグルメ専門や、旅物専門など様々なジャンルに特化したものや、女性向け男性向け、各お祝い用のものなど、選ぶための種類も幅広く販売されています。

ですので今回のように、大きな金額の品物を一つ、贈らなければならない時にはぴったりかと思います。

ぜひ、贈り物の候補に一度、ご検討してみてはいかがでしょうか?


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 香典返しではかなりの止む得えない理由がない限りは、基本的には1品で贈るのが良いとされています。
  • 複数の品物を贈ってしまうと、重なるから『不幸や悲しみが重なる』と連想させてしまうからと、言われているからです。
  • 高額な香典返しにお薦めなのが、『カタログギフト』です。
  • さまざまな金額に応じたコースが、数多く用意されていますので、かなりの高額の場合でも、お手軽な価格な場合でも、お求めになられている金額帯のものが、見つかるかと思います。


ですね!!




3.香典返しにカタログギフトを贈るメリットについて。



香典返しの相場。

  基本的に香典返しの相場は、『頂いた香典の半額か1/3程度の金額の品物』とされています。

一般的には半返しで香典返しを贈られる方の方が多いですが、地域によっては1/3程度の金額の方が主流のところもあります。

また半返しとはせず、1/3程度のお返しの場合は、一家の大黒柱が亡くなった場合や、子供がまだ未成年の場合には、お返しの金額は少なめに抑えて1/3程度の物でも良いとされています。

ですが基本的には、香典の金額の半返しにするのが好ましくはあります。



メリットその1。相手の好みじゃないものを贈らずに済む。

 贈り物を選ぶ時って、やっぱり相手の喜んだ顔を見たくて、よく考えてお返しを選ぶかと思います。

ですが中には、趣味や好みがわからない方もいるかと思います。
そんな時に便利なのがカタログギフトです。

カタログギフトなら、掲載されている品物の中から相手が好きなものを選ぶことができるので、本当にいらないものを贈らずに済みます。

なので、自分で品物選びに失敗してしまう可能性もないですし、相手の方からしても自分の欲しいものを選べるので、使わずに置いておくなんてこともないかと思われます。

しかも最近のカタログギフトならば、グルメや旅物、女性向けや男性向け、お母さん向けなど、様々なジャンルに特化したものも多くあります。

なので相手の方に合わせて、大まかなカタログギフトのジャンル自体を選ぶこともできるのもメリットのひとつと言えるでしょう。



メリットその2。贈る際にコンパクトに渡せる。

 カタログギフトは1冊の薄めの雑誌のような形状なので、相手の方に渡す際にも大変コンパクトで、持ち運びがしやすいのもメリットです。

例えば結婚式の引き出物って、大きかったりかさばるものが多くて、ゲストの行き帰りの荷物になって、持ち運びの負担になったりすることも多いかと思います。

贈り物が大きいと贈り先様の行き帰りの、持ち運びの負担になったりすることも多いかと思います。

また、会社で上司の方に贈ったりする際にも、帰りの手荷物にならなかったり、周りの目を気にして持ち帰ることもありませんよね。

そういった持ち運びの面のメリットもありますよ。



メリットその3。対応している価格帯が幅広い。

 香典の金額って人それぞれで、お返しの際に品物にかける金額も幅広いと思います。

カタログギフトは、同じシリーズのものでも多数の金額に合わせたコースが用意されているので、自分が用意したい金額のものを選ぶことも可能です。

香典返しの場合には、高額なお返しのなる場合もございますので、とってもありがたいですよね。

これならば、自身の求めてる価格帯のものが選べるので、嬉しいですよね!



メリットその4。個々にお品選びをすることは、困難な場合にも便利。

 香典の金額って人それぞれで、お返しの際に品物にかける金額も幅広いと思います。

香典返しの場合、多数のお供えを一斉にお返しすることになる場合があります。

個々の方々の嗜好や家族構成などを考慮して、感謝の気持ちを表せるように、お品選びをする必要がありますが、現実問題として、そうも言ってられないこともあるでしょう。

日常生活を行う傍ら、相続や税金など法律上の処理や手続き、七日ごとの法要、遺品の整理、香典返しなど、様々な慣れないことを、考え行っていくことになります。
しかも、それぞれにある程度の期限が設けられていることが多く、そこそこ大変な経験をされているように見受けられます

一般的には、お返しのお品を選ぶ際に、お返しする方々の名簿を作られていますが、香典金額ごとにお品を一括で決定されているようです。

もちろん、その中には、一括の決められない贈り先様もありますので、その方のみ、別途考えられています。

あらゆる方々に贈り事ができるカタログギフトは、このようなときに非常に便利です。加えて、多数の方へ一斉にお返しする必要がありますので、個々にお品選びをすることは、困難な場合にも便利と言えます。



4.すでに「香典返しでカタログギフトを贈った」経験をされた先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「香典返しでカタログギフトを贈った」経験をされた先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


葬儀返礼品におすすめのカタログギフト
葬儀返礼品に人気のカタログギフト
返礼品におすすめのカタログギフト
返礼品に人気のカタログギフト
香典返しにはカタログギフトがベストな理由って?
法事のお返しにおすすめのギフト
法事に使えるカタログギフト
法事の引出物のお返しにもカタログギフト
カタログギフトを法事に使う
49日のお返しにはカタログギフトの利用が最適です。
49日のお返しの品はカタログギフトが便利です。
49日のお返しにも先様のご希望を加味してカタログギフトを。
法事のお返しに人気の品物
香典返しの人気商品ランキング
香典返しとは何を贈ればいいの?品物



葬儀返礼品におすすめのカタログギフト

「葬儀返礼品におすすめのカタログギフト」についてご紹介いたします。
お香典のお返しとなる葬儀返礼品カタログギフトはどのような品物がおすすめなのでしょうか。

葬儀返礼品カタログギフトでおすすめの品物はハーモニックのカタログギフトがあります。
ハーモニックのカタログギフトのグルメ専門カタログギフト「ア・ラ・グルメ」は、「珠玉の名店の美味」などが掲載されているグルメカタログギフトです。

有名店である「吉兆」や「なだ万」をはじめとして、全国各地の名店の味や「松阪牛」や「タラバ蟹」などの産地直送品なろが掲載されています。「ピエール・エルメ」「とらや」などのブランドスイーツなども掲載されており好みの商品を取り寄せすることができます。
ハーモニックのグルメ専門カタログギフト「ア・ラ・グルメ」は高級感が溢れるシックなデザインが特徴です。ご家族のいる方や目上の方、またお世話になった方などでのお返しとしておすすめのアイテムです。

商品は幅広い金額のラインアップをそろえているため予算に応じて購入することができます。

ジンライムは3,800円(税抜・システム料込)、トムコリンズは4,300円(税抜・システム料込)、レッドアイは4,800円(税抜・システム料込、シンデレラは5,800円(税抜・システム料込)、ピンクレディーは8,800円(税抜・システム料込)、キールロワイヤルは10,800円(税抜・システム料込)、ラヴィアンローズは15,800円(税抜・システム料込)、ボストンクーラーは20,800円(税抜・システム料込)、スノウボールは25,800円(税抜・システム料込)、オープンハートは30,800円(税抜・システム料込)、ジャックローズは50,800円(税抜・システム料込)になります。



葬儀返礼品に人気のカタログギフト

「葬儀返礼品に人気のカタログギフト」についてご紹介いたします。

葬儀に参列していただいた方やお香典を頂いた方に対しておくる葬儀返礼品カタログギフトで人気の品物はどのようなカタログギフトがあるのでしょうか。葬儀返礼品カタログギフトで人気アイテムは、シャディのカタログギフトなどがあります。
お返しにおすすめのシャディのカタログギフト「アズユーライク」の4,500円コース(税別)は、表紙は和風となっています。価格は4,860円(税込)になります。コース価格は4,320円(税込)で+システム料が540円(税込)になります。2016年1月1日以降はシステム料が648円(税込)に変更となりますので注意しておいたほうが良いでしょう。

掲載商品数は約1,960点となります。ページ数は440ページです。掲載商品数はWEB限定アイテムなども含まれています。その他にもお返しには仏事専用のカタログギフト「大丸メモリアルセレクション」などもあります。インテリア雑貨やファッション小物、ステーショナリーグッズ、グルメなどのバリエーションが豊富な商品か掲載されています。予算に合わせて選ぶことができて13コースあります。

コースはデルフィニウムが税込3,888円です。ルドベキアは税込4,428円、アスターは税込4,968円、フリージアは税込6,048円、アネモネは税込9,288円、クレマチスは税込11,448円、ガーベラは税込16,848円、ヒヤシンスは税込22,248円、カメリアは税込27,648円、スイートピーは税込33,048円、バーベナは税込54,648円になります。



返礼品におすすめのカタログギフト

「返礼品におすすめのカタログギフト」についてご紹介いたします。
お香典のお返しにおすすめの返礼品カタログギフトはどのような品物があるのでしょうか。

たとえばお香典返しのおすすめの返礼品カタログギフトは、お世話になった大切な方に贈りたいお香典返しまた弔事向きカタログギフトがあります。

カタログギフトリンベルプレゼンテージ・うらら矢羽です。価格は税込みで3,888円になります。送料無料で贈ることができます。感謝の気持ちを伝えるお香典返し・弔事向きのカタログギフトは、豊富なラインナップから選ぶことができて品物も見やすくて選びやすいデザインです。

プレゼンテージ・麗の特徴は、思い出に残る体験ギフトや長く愛用できるような品物を掲載しています。
また全国にある有名店や全国各地のおいしいものなど多彩な商品が掲載されています。

掲載商品の点数が豊富なことも特徴でコースでは最大1,700点以上を誇ります。
性別や年齢などを問わず、あらゆる方に選ぶ楽しさや欲しいものを見つける喜びを贈ることができます。

お祝いのお返しには弔事向けのカタログギフトも色々とありますので予算に応じて選ぶことができます。贈る相手の方に喜んでいただけるようなカタログギフトを選ぶと良いでしょう。



返礼品に人気のカタログギフト

「返礼品に人気のカタログギフト」についてご紹介いたします。
お香典のお返しには返礼品を用意することになりますが、贈る相手の方に喜んでいただけるような品物を贈りたいものです。カタログギフトなども人気の品物のひとつです。

お香典の返礼品カタログギフトで人気の品物はどのような商品があるのでしょうか。

お香典の返礼品カタログギフトで人気の品物は、香典返し・弔事専用カタログギフトなどがおすすめです。

たとえば沙羅カタログギフト萩(はぎ)+Foodsなどがあります。沙羅カタログギフト萩(はぎ)+Foodsは、税込みで3,348円になります。お返しの品物となるカタログギフトの「沙羅」は、弔事専用の選びぬかれたカタログギフトです。
表紙のデザインはモダンで落ち着いています。
贈るだけでは伝えきることができない大切な思いをかたちにして贈りましょう。

カタログギフト「沙羅」は、贈る相手によってラインナップを選ぶことができます。
予算におうじてさまざまなカタログギフトのコースを選ぶことができます。
掲載商品は、日本のブランドや海外のブランド品などが掲載されています。
雑貨やグルメなどの選りすぐりの品々を掲載しています。

「沙羅ギフトカタログ」と「フーズチョイスカタログ」の2冊で届けることもできますのでコース内容をよく確認しておくと良いでしょう。
ページ数は、320ページです。掲載点数は約680点になります。



香典返しにはカタログギフトがベストな理由って?

香典返しには贈ってはいけないタブーなものがあります。

葬儀お返しギフトとして、香典返しには法要に列席して下さった方や故人がお世話になった方に感謝の気持ちを贈る物ですが、マナーとして品物には十分な配慮が必要なのです。

特に葬儀お返しギフトとしては、すぐに使って無くなる物をお返しとすることが大切になります。
不祝儀ですので、消え物と言われるものが適しているのです。

そうはいっても、贈られる側の方々には多数の好みもやはりあります。
それぞれ状況が異なっていますので、お返しを選ぶだけでも相当な労力が必要となってくるのです。

またお返しには頂いた金額の約半額を用意することが必要となってきます。
こうなると、数多く香典を頂いたほど、葬儀お返しギフトとして頭を悩ませる問題が多くなるということです。

特に「消え物」と言われるお返しの商品の中から相手にふさわしいものを選んでいくのは本当に大変です。
さらに、「四つ足生臭もの」と言われる肉など食べ物にも控えた方がいいものがあり本当に難しいものです。
そんな時カタログギフトなら、お返しにふさわしいものをベストに選択することができます。
金額によってカタログギフトを選ぶことができ、ネットでの申し込みも簡単です。



法事のお返しにおすすめのギフト

法事を主催する側は、法事を行う日程を決め、お寺で行う場合にはそのお願い、自宅で行うにせよ僧侶に読経のお願いをする必要があります。

そして法事の後に会食をする場合には会食の会場の手配や、自宅で行う場合でもお膳の注文などやる事はたくさんあります。
そして招待する方々に対して招待状を作成するか、電話で連絡を入れる必要があります。
このように招待された方々は、法事に出席する際に、御仏前としてお金を包んで持って来るのが一般的です。

ですから、法事を主催する側は、この御仏前に対して法事の最後にお返しする法事お返しギフトを用意しておく必要があるのです。

法事お返しギフトはだいたい一律で2、3千円ぐらいの品物でタオルなどの日用品や乾物やお茶などの日持ちのする物がよく選ばれます。

ですが、おすすめなのはカタログギフトです。
日用品や日持ちのする物などの品物は、やはり人それぞれで好みもありますし、家族形態などのによっては不要となる人もいるからです。
その点カタログギフトなら、その人それぞれに好みの物、必要な物を選んで貰えるのでおすすめなのです。

このカタログギフトですが、結婚式や出産などの幸せ事の内祝用としてのカタログも用意されている一方で、不祝儀用のカタログも用意されているので、法事のお返しにはとても重宝します。



法事に使えるカタログギフト

法事をする場合、引き出物などを用意しておく必要があります。
そういうものを用意しておかないと、あとでなにを言われるかわかりません。

ただ、そういう引き出物というのは決まりきったものになっていて、たとえばお茶だったり、タオルだったり、海苔だったり、そういうものなのですが、あげる方ももらう方も、あまり興味のないものだと思っていることも多いです。

儀式であり、気持ちの問題だから、ということです。

しかし、気持ちの問題というのなら、むしろ相手が欲しい物をあげることが大切ではないでしょうか。とはいえいちいち用意するのもの大変です。

そんなときに、カタログギフトがあります。カタログギフトの中から選ぶなら、比較的必要なものを選べますからもらう方の立場としてもうれしいです。
また贈る側としても、カタログギフトの価格を選ぶことができるので、相手によって変えることもかんたんです。
3000円程度のものから10000円程度のものまで細かく価格帯が区切られていて、さらに30000円、50000円という高価格帯まで用意されています。
さらにまとまった注文をすれば割引きもありますから、状況によって選びやすいです。
注文がきちんと進んでいるかどうかをチェックできるところに頼めば、頼み忘れがないよう、注意をうながすこともできます。



法事の引出物のお返しにもカタログギフト

法事に行くというのも多少の手間ですが、終わってからも、引き出物のお返しをどうしようか、ということにも頭を悩ませることになります。

引き出物の価格とだいたい同じようなものを買っておけばいいので、スーパーの贈答品セット売り場へ行って決めればいいともいえますが、お世話になった人だったりすると、もっと良い物をあげたいとか、もっと本人が欲しがっているものをあげられないだろうか、ということもあります。

そういうとき、カタログギフトをおくるといいでしょう。

カタログギフトは、価格によっていろいろなプランがあって、2500円、3000円、3500円、4000円とちょうどいい価格帯が充実しているのも魅力です。もちろん、数万円の商品も扱っています。テーブルの上で使えるものだったり、場合によっては温泉へ出かけるプランであったりと、いろいろなものを扱っているので、贈られた側も、お、これはいいかもしれない、というものが見つかるでしょう。

最近は、お店に出向かなくても、ネット上でカタログギフトを扱っているメーカーのサイトから注文ができますから、せっかくの休日にわざわざ注文に行かなければ、なんて思うこともなく、仕事が終わって、ちょっと落ち着いたら、というような、好きな時間に注文ができます。



カタログギフトを法事に使う

カタログギフトというものがあります。
カタログを贈ることで、引き出物としたり、引き出物のお返しとしたりすることができます。

リストにのっている商品を選ぶと、それが送られてくるので、欲しくない商品をもらうというミスマッチを防ぐことができます。これは法事などの引き出物にも有効です。
法事などは特に派手な贈り物はしづらいですから、お茶であったり、タオルであったりと、地味で、実用的なものになります。

しかしいくら実用的なものであっても法事が重なるとだぶついてしまいますし、また、実用的な割には、実際に自分で買う時よりも高価格な場合が多いですから、もったいないということもあります。

そういうとき、カタログギフトですと、法事などであっても、無難なものと、ちょっとした特産品などもならべてのせておくことができるので、どちらが欲しい人にも使えて便利です。

ネットで注文もできますし、たくさんの注文をすると値引きをされますから頼む側にもメリットがあります。
選べる商品にも、温泉や、レジャー、体験施設の利用など、あまりカタログギフトのイメージないようなものを扱っている価格帯のカタログギフトもありますから、相手によって使い分けをしたり、好みに合わせるということもしやすいです。



49日のお返しにはカタログギフトの利用が最適です。

49日の法要で用意しないいといけないものとして、お返しがあります。このお返しには2つの種類があります。ひとつは49日のお返しとして「お供え」に対するお返しです。

これは「引き出物」と言われ、お供えに対するお礼にあたります。
そして、もうひとつは香典のお礼です。香典は49日までの忌中にいただいた香典へのお返しです。

お供えと香典を両方頂いた方には、二つのお返しを用意する必要があります。
通夜や葬儀でその当日に返しをしている場合には引き出物だけですが、高額の香典を頂戴した場合には49日のお返しに新たに香典返しを用意する必要があります。

頂いた香典の半額を目安とし、お返しは「消えるもの」を選択するのが良いとされていますが、高額な香典の場合にはカタログギフトを先様に贈ることで半額のお返しにするということが可能です。
金額に見合ったカタログギフトを先様にお届けすることによって、金額相当のお返しを可能にできるので、法要などで忙しい中大変重宝されています。

タログギフトのTakishinならメール便で送料無料の他、熨斗や包装も全て無料ですのでお店まで足を運ぶ手間も要りません。先様のことを考えゆっくりと吟味できるカタログギフトなら法要にも最適なお返しとなることでしょう。



49日のお返しの品はカタログギフトが便利です。

49日のお返しとして、用意しておきたいのが「引き出物」と「香典返し」です。
主に2つのお返しを用意する必要があるとされています。まず「引き出物」とはいただいた「お供え」のお返しにあたります。

そして「香典返し」とは「香典」へのお返しなのです。

「引き出物」は49日のお返しとして、法要に出席した方から頂戴した「お供え」のお礼にあたります。「香典返し」とは49日までの通夜や葬儀などで頂戴した「香典」へのお礼となります。

ふたつともお返しの目安としては半額程度の品物を用意することが好ましいとされています。
このお返しを忙しい中に用意するのは大変至難のことでもあります。

そんな時はカタログギフトでのお礼をご検討してみるのもいいでしょう。

Takishinのカタログギフトなら熨斗、包装、メッセージなどすべて無料で迅速にご用意が可能です。

さらいメール便は送料無料でお届け、49日のお返しにふさわしいカタログギフトをご用意しています。
先方様のお気持ちに添う内容の49日のお返しを自宅からネットから注文ができますので大変使いやすいお返しをえらぶことができます。

高額なお返しにも悩むことなく、いただいた金額を目安に日本最大級の品揃えのカタログギフトからお選びいただけますので安心です。



49日のお返しにも先様のご希望を加味してカタログギフトを。

49日のお返しをどうしようかと、お悩みの方も多いかもしれません。

49日の法要が終わると、出席をして頂いた方には「志」としてお返しをする習わしがあります。

頂いたお供えに対して、焼く三分の一から半額程度を目安に、49日のお返しとして先様にお返しをいたします。商品としては、海苔や乾物、お菓子といったものがかつては主流でしたが、今はカタログギフトのお返しが大変浸透してきています。

先様を一番に考慮したお返しは、カタログギフトが大変重宝されるものとなっています。
49日の法要など、忙しくされる中でご自宅で金額に合わせたお返しをカタログギフトで選択することができるので、頭を悩ませずにご注文することが可能です。

Takishinでは日本最大級の品揃えで、49日のお返しとしてふさわしいカタログギフトのご用意をしています。熨斗や包装、メール便でのお届けが無料など便利な使いやすい真心のサービスが充実しています。

専門のプロによる49日法要のお返しとして知識を借りながらご家族様の力になれるTakishinのサービスは、法要などわからないときにこそサポートしてくれる販売店なのです。

なにかと迷い戸惑う法要ですが、経験のあるプロの意見を参考にしながらお返しを用意するのが一番よいかもしれません。



法事のお返しに人気の品物

法事というのは人が無くなった後に行う宗教的な儀式です。
亡くなった時にはお通夜やお葬式をしますが、その後初めて迎えるお盆は初盆と言います。

また亡くなってから7日×7の四十九日や一年目の一周忌、二年目の三回忌などと続きます。

お葬式のお返しは香典返しと言いますが、その後の法事については香典返しとは言わずに「引き出物」「お返し」という呼び方をする地方もあります。

法事の際にいただく「お供え」に対してのお返しには、どんな品物を用意するのが良いのかというと、一般的には形に残りにくいものを選ぶということが多いようです。

例えばお茶や海苔などといった乾物、お菓子などが選ばれます。
最近では法事に列席して頂いた方が持ち帰るのに便利だとして人気のあるカタログギフトを「法事のお返しの品」として選ばれることが多くなってきました。

人気の理由としてはかさばらずに、持ち帰ってもらえるという点があります。
またカタログギフトにはいろいろな種類の品物が掲載されているので、帰ってから気に入ったものを選ぶことができるという点です。

カタログギフトには「法事のお返しの品」として昔から人気があるものだけでなく、老若男女のさまざまな好みに対応できる品物があります。



香典返しの人気商品ランキング

>身内に不幸があった時。
哀しみに沈むなかでも、故人が生前お世話になった方々への礼儀は欠いてはいけませんよね。
頂いた香典へのお返しも、気をつけなければいけないことのひとつです。

ここでは香典返し人気商品についてご紹介します。

いくつかの禁忌事項や気をつけたいマナーもありますので、注意してくださいね。

ランキングで上位に入るのは、やはりカタログギフト。
やはり先方のお好きなもの、必要なものをお選びいただけるのがカタログギフトの人気の理由。金額設定も細かくされているので、頂いた香典の額に応じてお返しできるのも魅力です。

他にも、香典返し人気商品ランキングで上位に入るものにお茶やお菓子などの飲食物、洗剤やタオルなどの日用品があげられます。

いずれも、すぐ使えるもの、使ってなくなるものを選ぶことが大切です。

避けたいのは、同じ食べ物でも、肉や魚などの生ものやお酒やワインなどの嗜好品です。

お返しする方がアルコールが好きな方とわかっていても、香典返しとして差し上げるのはタブーです。
また、商品券や金券も、あまりよいお返しとはいえません。
金額がはっきりわかってしまうのは、後々のお付き合いを考えた時に好ましいとはいえないでしょう。



香典返しとは何を贈ればいいの?品物

香典返しとは何を贈ればいいのかという問題があります。
相手によって品物をどうするかとか、どこで買うかとか、包装はどうするかという問題もあります。

相手が男性か女性かとか、大人か老人かなどの区別でお返しの品を選ばなくてはいけないとなると大変です。

でもそんな悩みは無用です。そんな心配をしなくていいです。そういうときはカタログギフトを検討するのはどうでしょう。この記事をご覧になっている方の多くは既にカタログギフトをいただいたことがあるでしょう。本のようなカタログをご覧になったでしょう。

これならいろんな選択肢がありますから、香典返しの品物に悩むことはありません。

故人がいなくなって寂しい思いでいるときにお返しの品物に悩むなんてばかばかしいじゃないですか。
香典返しとはお礼ですから気持ちが通じる、気持ちが伝わることの方が重要です。

それにこのギフトなら予算オーバーになることはありません。
予算内で多種多様な品物を相手が決めてくれるのです。依頼した業者がしっかり発送の手続きをしてくれます。まともな業者ならちゃんと配送後の連絡もしてくれるはずです。

さあ適切な時期にカタログギフトを検討してみませんか。そうすれば故人もきっと喜ぶに違いないですよ。




最後に。

 今回は香典返しにカタログギフトを、贈る場合についてのご紹介でした。

疑問等は少しは解決できたでしょうか?

香典返しは高額になることも多いので、カタログギフトはよく選ばれています。

最近では様々なジャンルに特化したものや、女性向け男性向け、各お祝い用のものや、見た目が可愛らしいものが幅広く販売されています。

たき新ではそんなカタログギフトを幅広く、しかも定価よりもかなりいお安く販売しているものもたくさんあるのです!!

ぜひ1度、たき新のサイトを見て、自分の内祝いの際に検討してみてはいかがでしょうか?
またこちらの関連記事もぜひ参考にご覧になってみてくださいね!!
「カタログギフトは、現代の香典返しの”新定番”です」



カタログギフトの選び方 記事一覧

お悩み解決マナー集
カタログギフトの選び方
結婚祝いにカタログギフトを贈るメリット。メール便で送る場合の対処法や、結婚祝いで贈る際について
すでに「還暦祝いのカタログギフトついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
香典返しにカタログギフトを贈る。住所が不明の方に贈る際や、1品ではお礼の金額に見合わない場合。
結婚内祝いでカタログギフトを贈るメリット。他の品との郵送は1度に。かける金額はシステム料込でない金額がベスト。
出産内祝いでカタログギフトを贈るメリット。品物3点セットを贈る場合の熨斗や、ネットショップでカタログギフトを購入の際に、つけられる熨斗やカードについて。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
激安カタログギフト
プレミアムカタログギフト
安心サポート
用途別おすすめカタログギフト
カタログギフト人気ランキング
旬の贈り物特集
こだわりカタログギフト
ご予算別カタログギフト
贈る相手別カタログギフト
カタログギフトの選び方
贈り物の用途
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
カタログギフトの選び方
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
香典返しマナー
出産内祝いマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト