カタログギフトのたき新 > お祝い > 母の日 > 母の日のマナー > 実両親 | 母の日 | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

実両親への母の日ギフト3

コンテンツ一覧

実両親への母の日のプレゼントに関するタブー

実両親への母の日のプレゼントに関するタブー母の日というと幼い頃から欠かさずにお母さんにプレゼントを用意してきたという方も多いのではないでしょうか?結婚すると、お互い配偶者の両親にも気を遣う必要が出てくるので結婚前のようになかなか実両親と母の日を共にすることが出来る人ばかりではありませんが、せめて実両親に喜んでもらえるプレゼントを大人になっても贈りたいものですね。もし母の日のプレゼントを用意しているなら母の日当日に持っていく、もしくは郵送で到着するようにするのがマナー。手配するだけして郵送日を指定していなかったために数日早くプレゼントが到着してしまうなんて事態はタブー。せっかくのお祝いが台無しですね。また、品物選びでも一工夫を。基本的に日本茶など弔事で用いられるギフトや、年齢を感じさせる老眼鏡などのアイテム、死や苦などにまつわる商品や数字4、9のつくものを贈るのはタブーと言われています。母の日は日常の感謝を伝える日ですから、いつまでも母に元気でいてもらえるようなポジティブなプレゼントを用意しましょう。人気のあるものは、やはりお花。女性はいくつになってもお花のプレゼントが嬉しいものですね。また、アクセサリーや時計など身に着けることができる小物も人気です。その他、中には商品券やギフト券、現金でお小遣いをもらうと嬉しいなんて少数派意見もありますが、なかなか実母とは言え現金を母の日に渡せる人は少ないでしょう。そこで、おすすめしたいのはカタログギフトです。カタログギフトから母の好みに合いそうなものをセレクトして贈るとプレゼント感もあり喜ばれること間違いなしですね。
51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

実両親への母の日のプレゼントが遅れた時の手紙の文例や対処法

実両親への母の日のプレゼントが遅れた時の手紙の文例や対処法実両親へ、父の日や母の日、誕生日には欠かさず何かプレゼントをしているという方もいらっしゃるのでは?誕生日は各々1年に一度なのであまり周りの親族と重なることがありませんが、父の日、母の日は世のすべての父、母が対象となる日。結婚して義両親ができると、母の日当日は義両親と食事などで過ごすことになり、実両親へのプレゼントが遅れたなんて場面もあるかと思います。そこで、実両親へのプレゼントが遅れた場合にとるべき対処法について考えてみましょう。まず、遅れたからと言ってそのまま”今年の母の日はプレゼントなしで!”なんて寂しいことを考えないようにしましょう。プレゼントをもらうことよりも、母たちは子どもから”いつもありがとう”と言ってもらうその言葉が一番嬉しいなんて意見多数。遅れたって気持ちをきちんと伝えることができれば喜んでもらえます。プレゼントを贈るならお手紙を一緒に添えると良いでしょう。お手紙にはストレートに感謝の気持ちと、母の体を気遣うきもちに加え、ちょっと遅れてごめんね、と素直な謝罪の一文があると良いでしょう。母の日と言えば、5月第二日曜日。社会人1年目で初任給を手にしたてという方なら、”お給料をいただいてから買いにいったのでちょっと遅くなっちゃいました。”などと正直に綴っても良いでしょう。レストランを予約して一緒に食事が贈り物なら、”予約を入れるのが遅くて席が取れなくて遅くなったの”とこれもまた正直に伝えましょう。しかし、母の日目前ながら、どうしてもプレゼントは当日に渡したい!そんな人にはカタログギフトが良いですよ。カタログギフトならネットで注文、郵送まで完了するので時間がない人には最適のアイテムです。
51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

実両親への母の日のプレゼントでお贈りしてはいけないもの

実両親への母の日のプレゼントでお贈りしてはいけないもの実両親へ母の日のプレゼントを用意しようと思っていても、もうマンネリ化して何を贈ってよいのか浮かばないという方。今までに贈ったことのないものを選ぼうとするあまり、間違って贈ってはいけないといわれる縁起の悪いものを選ばないように注意しましょうね。例えば贈ってはいけないと言われるアイテムに、弔辞を思い浮かばせる日本茶などがあります。また、実両親は自分から見て目上の人に相当するので現金や現金に近いギフト券や商品券を贈るのも基本的にはタブー。失礼にあたると言われるのです。しかし、中にはもらうなら自由に好きなものを買える商品券が嬉しいという母もいるようで。そういう母にはカタログギフトを贈ると良いでしょう。カタログギフトなら、現金に近い金券というニュアンスが緩和されるので失礼にあたることもありませんね。その他、母の日に贈るプレゼント相場としては3000~5000円くらいで選ぶ方が多いと言います。あまり高額なものを贈っては逆に気を遣わせてしまったり、”こんなに出費させて家計大丈夫かしら?”と不安にさせてしまうことも。お祝いごとのようにお返しする習慣のない母の日ですから、贈ることで気を遣わせることがないようにプレゼントを選ぶことも大切ですね。
51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース