お歳暮ギフト

カタログギフトのたき新 > お祝い > 還暦祝い > 還暦祝いのマナー > お父さんの還暦祝いにお薦めの品物。ちゃんちゃんこ以外の贈り物や、還暦当時にお祝いをしてあげられなかった場合。

お父さんの還暦祝いにお薦めの品物。ちゃんちゃんこ以外の贈り物や、還暦当時にお祝いをしてあげられなかった場合。




お父さんの還暦祝いに対しては、以下のようなお悩みが多いのです。
「どんなものを贈ったら喜んでくれるかな?」
「赤いちゃんちゃんこ以外のものを贈ってもいいのかな?」

一家の大黒柱として、ずっと家族を支えてきてくれたお父さんの還暦祝いには、子供としても感謝の気持ちを伝えて、きちんとお祝いをしてあげたいものですよね。

いつもは照れくさくて、なかなか感謝の気持ちが伝えられなくても、この節目の記念のお祝いをきっかけに、改めてありがとうのお気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか? 

今回はお父さんの還暦祝いに関することについてのご紹介をいたしますよ!


1.父親の還暦祝いの際に、趣味で使う物を贈られるのも良いかと思います。還暦祝いですので、どこかに赤色が使ってあるものがお薦めです。
還暦祝いに贈る品物は、赤いちゃんちゃんこに限らず、贈り先様にぴったりなものならば、基本的に決まりはありません。ただ、縁起的な問題で、贈らない方が良いとされるものはいくつかありますので、それには気をつけた方がよろしいかと思います。
また、還暦にちなんで、赤色の入っているものも、還暦祝いの贈り物にはお薦めです。
2.結婚の数年前に還暦を迎えられていたが、還暦祝いをされていなかった義父。
還暦祝いは、数年遅れならば今はせず、次の古希のお祝い際にしっかりとお祝いをして差し上げるのが良いかと思われます。
結婚される前のことでしたら、質問者様にはどうしようもなかったことですので、仕方がないでしょう。
もしお義父様の長寿のお祝いを改めて行いたいのならば、還暦からは数年立っているので、70歳の長寿のお祝いの、『古希』の際にお祝いされるのがお薦めかと思われます。
3.お父さんに喜ばれるお薦めの還暦祝いの贈り物。
お父さんの還暦祝いに人気な、よく選ばれている品物の一部の例として、お酒類や腕時計、ゴルフグッズや釣りグッズ、カタログギフト、寝具健康家電などが贈り物として、人気とされています。
4.すでに「母への還暦祝」を経験された先輩の方々のアドバイス
親戚に前に気にいって頂けた、魚介類を新築内祝いとして贈りたい場合、熨斗の付いてない、かけ紙にするのが良いかと思われます。


1.親の還暦祝いの際に、趣味で使う物を贈られるのも良いかと思います。還暦祝いですので、どこかに赤色が使ってあるものがお薦めです。



  • あくまでも赤いちゃんちゃんこは定番の一品と考えるぐらいで、他にピッッタリなものがあれば、そちらを贈られるのも全く問題ないかと思います。
  • ちゃんちゃんこを贈られない場合、お薦めなのがポイントやベースで、赤色を使われているものにするというものです。
  • 無理やり赤色のものを選ばなくても良いですし、他にももっと良いものがあれば、そちらを贈られても問題はないかと思われます。
お客様のお悩み

父が還暦を迎えます。それに伴って、お祝いの品物を送ろうと思うのですが、赤いちゃんちゃんこではなく、趣味で使う品物を贈っても良いのでしょうか?

 来月にお父様が還暦を迎える男性からのご相談です。

来月にお父様が還暦を迎えるにあたって、還暦祝いを催そうと考えているそうです。

お父様にはあらかじめ、赤いちゃんちゃんこはいらないからね。と言われているとのこと。

この際の、還暦祝いに贈る品物についての疑問があるそうです。

還暦祝いに贈る品物は、赤いちゃんちゃんこではなく、趣味の際に使える、サングラスでも良いのでしょうか?

 まず父からは贈り物に、赤いちゃんちゃんこはいらないからねと言われているので、それ以外の物を贈ろうと考えています。

ですが父は特に物欲があるわけでもなく、お酒も飲まないですし、旅行もあまり好きではありません。

腕時計はどうかな?と思っていたのですが、他の身内の方がプレゼントをされるそうなので、腕時計も贈ることができません。

ですのでスキーや登山、ジョギング等が父の趣味なことから、ブランド物の良質なサングラスはどうかと思いました。

ですが、サングラスを還暦祝いに贈っても良いものなのでしょうか?


お悩みへの回答

還暦祝いに贈る品物は、赤いちゃんちゃんこに限らず、贈り先様にぴったりなものならば、基本的に決まりはありません。
ただ、縁起的な問題で、贈らない方が良いとされるものはいくつかありますので、それには気をつけた方がよろしいかと思います。

贈り先様にぴったりなものならば、基本的に決まりはありませんが贈らない方が良いとされるものはいくつかありますので、それには気をつけた方がよろしいかと思います。
還暦にちなんで、赤色の入っているものもお薦めです。

 還暦祝いには赤いちゃんちゃんこを贈ることが定番とはなっていますが、基本的に赤いちゃんちゃんこ以外のものを贈ることには問題はないと言われています。

まず還暦祝いの際に、赤いちゃんちゃんこを贈られるのにはきちんと意味があります。

昔から、赤色には魔除けの力があるとされ、昔の赤ちゃんの産着には赤い袖なしの服、通称ちゃんちゃんこを、着させるのが一般的とされていました。

そして、還暦とは十干と十二支を組み合わせた干支が一巡し、生まれた年の干支に戻ることから、暦が干支に還るとされ、この年齢が一区切りのご長寿のおめでたい年とされています。

そのことから『本卦還り(ほんけがえり)』等生まれ直しと言う意味合いが込められているのです。
これには、赤ちゃんに還ると言う意味合いがあります。

そこで赤ちゃんに還ったという意味合いで、昔赤ちゃんに着させていた産着である、赤いちゃんちゃんこを、還暦祝いの際に贈るという、風習ができたのです。

ですが最近では質問者様のお父様のように、赤いちゃんちゃんこを着るのが恥ずかしかったり、その時にしか着ないからいらないと思われる方も少なくはないかと思われます。

ですので、あくまでも赤いちゃんちゃんこは定番の一品と考えるぐらいで、他にピッッタリなものがあれば、そちらを贈られるのも全く問題ないかと思います。

そういった場合にお薦めなのが、ポイントやベースで、赤色を使われているものにするというもので す。

先にお伝えした通り、赤色には魔除けの力があるとされてきました。
その縁起にあやかって、赤色を品物の色使いの中に取り入れるというものです。

質問者様のお考えのサングラスの場合ですと、フレーム等に赤色を使われているものなどですね!

しかも最近のサングラスでは、自分で好きなレンズやフレームをカスタマイズできるものもあるかと思いますので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

ですが、無理やり赤色のものを選ばなくても良いですし、他にももっと良いものがあれば、そちらを贈られても問題はないかと思いますので、参考の一つとして考えてみてくださいね。

大切なのは、相手が喜んでくれるかなのですから!

ですが、還暦祝い等のお祝い事の際には、縁起の関係で贈らない方が良いとされているものもあります。
それは肌着や靴下、ハンカチや刃物といった物です。


肌着や靴下は、『肌着を着るほど生活に困っている』などの意味があります。
ハンカチは『手切れがいい』と縁起が悪かったい意味もあったり。
刃物も『縁を切る』などと悪い意味の捉え方もされているので避けた方が無難でしょう。


結論として、この質問者様のお話ならば、
  • あくまでも赤いちゃんちゃんこは定番の一品と考えるぐらいで、他にピッッタリなものがあれば、そちらを贈られるのも全く問題ないかと思います。
  • ちゃんちゃんこを贈られない場合、お薦めなのがポイントやベースで、赤色を使われているものにするというものです。
  • 無理やり赤色のものを選ばなくても良いですし、他にももっと良いものがあれば、そちらを贈られても問題はないかと思われます。


ですね!!




2.婚の数年前に還暦を迎えられていたが、還暦祝いをされていなかった義父。還暦祝いは、数年遅れならば今はせず、次の古希のお祝い際にしっかりとお祝いをして差し上げるのが良いかと思われます。


  • 還暦からは数年経ってしまっているので、改めての還暦祝いをすると、違和感があるかと思いますので、還暦祝いとしての長寿のお祝いはなされなくても大丈夫かと思われます。li>
  • その代わり、70歳には『古希』という、長寿のお祝いがあるので、その際に還暦祝いの分も含めて、しっかりとお祝いされてみてはいかがでしょうか?
お客様のお悩み

今度の義母の還暦祝いを行います。
ですが義父の還暦は結婚前に既に終えていて、その際にお祝いはしなかったそうです。
ですので、数年遅れにはなりますが、義父の還暦祝いを改めて行った方が良いのでしょうか?

 もうすぐお義母様が還暦を迎えられる、女性Kさんからのご相談です。

今度遠方にお住いのお義母さまが、還暦を迎えるにあたって、年末に還暦祝いにお食事会をしようと考えているそうです。

ですが、旦那さまに話を追々聞いていくと、お義父さまの還暦の際は、お祝いは一切されなかったとのこと。

それは旦那さまとKさんが結婚する、数年前のことでしたのでKさんは今まで知らなかったそうです。

この際のお義父様に対しての振る舞いに関しての疑問点があるそうです。

数年遅れではありますが、義父の還暦祝いも改めて行った方が良いのでしょうか?/h5>

 私の実の両親の際には、還暦祝いを行っていたので、てっきり旦那さんのお義父さんの時も、還暦祝いを行っていると勝手に思い込んでいました。

ですのでそのことを知らずに、お義母さんの還暦祝いを開こうと提案し、年末の帰省の際に、お祝いを兼ねたお食事会をすることになりました。

追々旦那さんと話をしていくうちに、お義父さんの還暦祝いをしなかったことが発覚し、今どうしようか悩んでいます。

もちろん、お義母さんの還暦祝いは計画通り行おうと思っています。

ですがお義父さんのことを思うと、結婚前のことだったとはいえ、自分の還暦の時はお祝いをしてもらえなかったと寂しい気持ちになってしまわないか心配です。

なので、数年遅れではありますが、改めてお義父さんの還暦祝いも行った方が良いのかと悩んでおります。

どう対処するのが1番良いのでしょうか?


お悩みへの回答

結婚される前のことでしたら、質問者様にはどうしようもなかったことですので、仕方がないでしょう。
もしお義父様の長寿のお祝いを改めて行いたいのならば、還暦からは数年立っているので、70歳の長寿のお祝いの、『古希』の際にお祝いされるのがお薦めかと思われます。

お義父様の長寿のお祝いは、還暦からは数年立っているので、70歳の長寿のお祝いの、『古希』の際にお祝いされるのがお薦めかと思われます。

 今回の場合、お義父様の還暦からは数年経ってしまっているので、改めての還暦祝いをすると、違和感があるかと思いますので、還暦祝いとしての長寿のお祝いはなされなくても大丈夫かと思われます。

その代わり、70歳には『古希』という、長寿のお祝いがまたあるので、その際に還暦祝いの分も含めて、しっかりとお祝いされてみてはいかがでしょうか?

古希祝いというのは、満年齢が69歳、数え年で言う70歳を迎えた際に行われる、長寿のお祝いです。

お祝いの日取りについては厳密には決められてはいませんが、こちらも還暦同様、該当する年齢である間の1年間のうちならば、いつでも良いとされています。

古希祝いの由来としては、国の代表的詩人、杜甫(とほ)の詩の一節である、『人生七十古来稀』から取られており、簡単に訳すと、『七十年生きる人は古くから稀である』という意味となります。

この詩の中の『古』という文字と、『稀』という文字から『古稀』とされ、現在では『古希』と多く呼ばれるようになったとされています。

また、還暦の時と同じく、古希にも縁起の良い色があり、それは『紫色』と言われています。

なぜ紫かというと、古くから紫とは、地位の高い人がつけるように、最上位の方がつける、特別な色とされてきました。

その考え方が時代とともに少しずつ変化していき、紫色は気品や風格を表した特別な色とされ、古希の際には、長寿への敬意を示し、この色がキーカラーとなりました。

話は戻りますが、お義父様が還暦を迎えてから数年経っているのであれば、こちらの古希祝いをされてみてはいかがでしょうか?

そうすればお義母様の還暦祝いの際にも、『今度はお義父さんの古希だね。』とお声もかけやすくなるかと思われます。

ですがこれはあくまで一つの考えとなるので、参考までにご検討をお薦めいたします。

でも最近の人がいくらご長寿になってきたとはいえ、高齢者となるといつまで生きるかなんて、確証がないから、早めにどうしてもお祝いをしておきたいという方も、中にはいらっしゃるかと思います。

そうであれば、毎年のお誕生日会をしっかりと行ってお祝いしたり、日頃から感謝のお気持ちを伝えることに心がけてみてはいかがでしょうか?

毎日を噛み締めて、日頃から感謝のお気持ちを持って接するだけでも、お祝いを受ける方からしたらとっても嬉しいかと思いますよ。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 還暦からは数年経ってしまっているので、改めての還暦祝いをすると、違和感があるかと思いますので、還暦祝いとしての長寿のお祝いはなされなくても大丈夫かと思われます。
  • その代わり、70歳には『古希』という、長寿のお祝いがあるので、その際に還暦祝いの分も含めて、しっかりとお祝いされてみてはいかがでしょうか?


ですね!!




3.お父さんに喜ばれるお薦めの還暦祝いの贈り物。



 実のお父さんや、旦那さんのお父さん(義父)の、還暦祝いとは、とってもおめでたいことでもありますし、日頃の感謝の気持ちを込めて、何かお祝いに贈り物をされたいと思われる方も多いかと思われます。

その際に赤いちゃんちゃんこ以外のものを、できれば贈りたいなあと思われる方も少なくはないと覆います。

ここでは、お父様に贈るのにピッタリな品物の一部をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



還暦祝いに、赤いちゃんちゃんこや、赤い品物がよく贈られる理由

 還暦祝いには『赤いちゃんちゃんこ』や『赤い品物』を贈られるのを目にする方は多いかとは思いますが、なぜそれらのものを還暦祝いの際に贈るのかは、あまり深くは知らない方も多いのではないでしょうか?

そもそも還暦とは満年齢が60歳の時、数え年でいう61歳のことを指します。

この時に無事にその年齢を迎えたことをお祝いする、長寿を祝うためのお祝いとして、還暦祝いと言うお祝い事をするのが、日本の風習であります。

今でさえ、60歳でもまだまだ若いと言われる年なのですが、昔の方たちの平均寿命はかなり短く、60歳となると、ご長寿とされてきたんです。

またなぜ、60歳とされているのかというと、十干と十二支を組み合わせた干支が一巡し、生まれた年の干支に戻ることから、暦が干支に還るとされ、この年齢が一区切りのご長寿のおめでたい年とされています。

そのことから『本卦還り(ほんけがえり)』等生まれ直しと言う意味合いが込められているのです。
これには、赤ちゃんに還ると言う意味合いもあります。

昔から、赤色には魔除けの力があるとされ、昔の赤ちゃんの産着には赤い袖なしの服、通称ちゃんちゃんこを、着させるのが一般的とされていました。

上記のことから、赤ちゃんに還ったという意味合いで、昔赤ちゃんに着させていた産着である、赤いちゃんちゃんこを、還暦祝いの際に贈るという、風習ができたのです。

近年では、見た目が恥ずかしかったり、普段は着られないということから、赤いちゃんちゃんこを贈っていただくことをためらう方が、多くなってきたのも事実です。

ですのでそういった場合には、ちゃんちゃんこではなく、何か『赤い品物』を記念に、贈られる方が多いというわけです。

ですが、あまり赤にこだわりすぎて、お母様の喜ばれないものを選んでもあまり良くはないかと思われるので、もしリクエストがあったり、赤色でなくても。これならば絶対に喜んでもらえそう!と思えるものがあるのならば、そちらを贈られても構わないかと思われます。

あくまで赤色のものは、一つの選択肢というぐらいで、考えていただいてもよろしいかと思いますよ。



お父さんに喜ばれるお薦めの還暦祝いの贈り物のご紹介。

 ではここからは、お父さんの還暦祝いに贈るのに、お薦めな品物をご紹介いたしますね。

あくまで一部ですので、ぜひ、贈り物を選ぶ際の参考にしていただけたらと思います。

①お酒類
②腕時計
③ゴルフグッズや釣りグッズ
④カタログギフト
⑤寝具
⑥健康家電



①お酒類

 お父さんの中には無類のお酒好きの方や、酒豪の方も少なくはないかと思われます。

ですのでお祝いの際に、特別なお酒類を贈ってみてはいかがでしょうか?
普段じゃあまり手の出せないような、高級なお酒でも良いかと思いますし、最近では瓶やラベルに、名前やメッセージを入れることのできる、オリジナリティ溢れるお酒をオーダーすることもできます!

また、還暦祝いの赤色にちなんで、赤ワインを贈られる方も多くいらっしゃいますよ。



②腕時計

 男性は女性に比べて、アクセサリーをつける方は少ないと思いますが、腕時計ならば便利ですし、アクセサリー代わりとしても、ファッショナブルにつけることができるのでお薦めです。

また人によっては仕事中も身につけることができますよね!

金額はものによってピンキリで様々ですが、ある程度のお金を出せば、しっかりとしたブランド物を買うことができますよ。

お金に余裕がある方ならば、奮発してもっとハイブランドのものを送られても良いかと思います。

また、お店によってはベルトや秒針などを、自分好みにカスタマイズできるところもあるので、こだわりの贈り物にもなるかと思いますよ。



③ゴルフグッズや釣りグッズ

 お父さん世代の趣味に多いのが、ゴルフや釣りといった趣味を持たれる方ですよね。

最近では、ウェアや道具などに、名前入れをできるところもあるんですよ!

また、ゴルフなら練習会チケットなるものもあるので、少しアイデアをひねってみたい人にはお薦めですよね。

道具もセットでの販売等もしてるので、ぜひお父様の趣味に合わせたグッズを送られてみてはいかがでしょうか?



④カタログギフト

 次にご紹介するのは、カタログギフトです。

贈り物を贈るときの心配事といえば、相手の好みにちゃんとあっているのかな?とか、不要なものを贈っていないかな?とか、絶対的に相手の必要なものを贈りたい等だと思われます。

カタログギフトならば、相手が実際に掲載されている品物から、好きなものを選ぶことができるので、上記の心配事もなくなりますよね。

また、最近では様々なジャンルに特化したものも多いので、相手に合わせて贈りわけができるところも、魅力の一つとされています。

価格帯もコースによって多く用意されているので、自分お贈りたい価格帯のものも見つけられるかと思いますよ。



⑤寝具

 人間にとって睡眠はとっても大切なことですよね!

還暦と言えど、お仕事を続けられる方も多いかと思いますし、そうでなくとも、健康のために質の良い睡眠を取ることは大切かと思います。

そんな体の疲れも解消するのにぴったりなのが寝具です。

最近ではフルオーダーメイドから、セミオーダーと、その人にぴったりと合った物を、作れるお店もあるんですよ!

是非、お父さんを誘ってお店に行って、プレゼントしてみるのはいかがでしょうか?



⑥健康家電

 やはり、お父さんには元気に健康に長生きをして欲しいものですよね!

そんな時にオススメなのが、健康家電です!

代表的なマッサージチェアはもちろん、そこまで高価なものではなくとも、部分的にもみほぐしてくれたりする、マッサージ用品も多くありますよ!

本来長寿のお祝い事の際には、年齢を意識させるようなものは避けた方がいいとはされていますが、気心の知れた両親ならば、そこまで気にしなくても良いともされています。

ですが上司などや先輩、親戚などに贈るのは、相手の方の人間性や、自分との関係性を考えてから贈られた方が良いかと思いますので、その際は気をつけてくださいね。



4.すでに「父への還暦祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「父への還暦祝い」」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


実両親への還暦祝いでお贈りしてはいけないもの
義両親への還暦祝いでお贈りしてはいけないもの
お父さんへの還暦祝いのプレゼント



実両親への還暦祝いでお贈りしてはいけないもの

還暦祝いのタブーは前述しましたが、実両親に送ってはいけないものは他にもあります。

例えば履物です。日本では、その昔まだ徒歩が主要な交通手段だったころ、遠方に出向いた家臣や部下をねぎらう意味で履物を送る風習があったのです。

靴やサンダル、スリッパと言った履物系は目上の人に送ってはいけないのです。他にも、お茶やバッグ、時計、現金も注意が必要なものです。本当に欲しい物であれば問題はありませんが、どれも還暦のお祝いとして周囲と重なる可能性があったり、地域や風習によっては問題があるものです。

また、現金よりもカタログギフトや旅行券、宿泊券の方が喜ばれる傾向にあります。現金では実両親への感謝の気持ちや、お祝いの気持ちが伝わり辛く、還暦祝いと言った雰囲気にもならないのです。

特にお勧めなのがカタログギフトです。これは選ぶ楽しみがあるだけでなく、本当に必要なものを選ぶことが出来るからです。プレゼント自体はうれしくても、使い道や使い方に困る事が多いからこそ、実用性が高く、選択の幅が広い物が喜ばれるのです。

好きなものや趣味がわかっているなら、それに合わせて用意すると言う方法もありますが、カタログギフトなら他の人の贈り物と被る事も無く、自由に選ぶことが出来るのです。



義両親への還暦祝いでお贈りしてはいけないもの

還暦祝いというと、どんな品物を思いつきますか?イメージとしては、赤いもの。赤いちゃんちゃんこが1番に浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

これも間違った還暦祝いではありません。ユーモアのある義両親なら定番である赤いちゃんちゃんこで十分に喜んでくださるでしょう。しかし、最近の60歳はお元気で多趣味。赤いちゃんちゃんこを自分が着て喜ぶ年齢ではないのかもしれません。

中には、年より扱いされることを嫌がる方もいるので義両親がこのタイプの人なら赤いちゃんちゃんこは贈ってはいけないギフトと言えるでしょう。そこで、還暦祝いで贈られるものでも赤を基調としながら、赤いペンケースなど文具を選んだり、赤い花束を贈ったり贈り手である子ども世代も工夫を凝らしているようです。

本来、贈ってはいけないと言われる還暦祝いは縁起がわるい品物と4、9などの数字がつくもの。現金でなくても櫛のように4と9から成る言葉は縁起が悪いとされますので避けるようにします。よりベターな選択としては、病気や年を感じさせないギフト。

例え、老眼鏡や杖など義両親が必要であろう品物でも勝手に選んで贈ると”それが必要な年齢になったと思われている”と感じて不快に思うこともあるようですから気をつけましょう。

もちろん、義両親の方から”老眼鏡が欲しい””メガネケースが欲しい”などとリクエストがあった場合にはプレゼントに選んで問題ありませんよ。

日ごろ、離れているのでなかなか何を贈って喜んでいただけるか分からないと言う場合には、カタログギフトのように義両親に選んでいただけるものもおススメ。カタログギフトのようなものを贈るならお祝いのメッセージカードを添えたり、合わせてお花を贈るなどするとこちらの気持ちがより伝わりますね。



お父さんへの還暦祝いのプレゼント

お父さんが還暦を迎えたら、何をプレゼントしますか?お母さんならネックレスやバッグなども喜んでくれますが、お父さんがほしいプレゼントは意外と難しいものです。

小さい頃から一緒に暮らしていても趣味がわからないという場合も多く、商品選びに苦労している方も多いそうです。

最近では還暦の赤いチャンチャンコもあまり喜ばれません。ネクタイもあまり着ける機会がありませんし、財布などは使いやすいものを自分で選びたい人が多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがカタログギフトです。カタログギフトなら、お父さんが好きなものをいろんなジャンルから選ぶことができて、喜ばれるのではないでしょうか。大人の方にぴったりな高品質な商品といえば、おすすめなのが「たき新」のカタログギフトです。2千円台から5万円台の幅広いカタログがあり、グルメ、食器、旅行、体験など豊富なジャンルから選べるので、お父さんが気に入ってくれるプレゼントがきっと見つかるはずです。

たき新は、のしや包装紙、メッセージカードなどのサービスが充実していることもおすすめの理由です。普段はあまり言えない感謝の気持ちを還暦祝いのメッセージカードに込めるのも、お父さんから喜ばれるのではないでしょうか。




最後に。

 今回はお父さんの還暦祝いについてのご紹介でした。

一家を支えてきてくれた、大切なお父さんだからこそ、感謝の気持ちと、お祝いの気持ちを込めて、素敵な還暦祝いにしてあげたいですよね。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみてくださいね。

また、還暦祝いでは、品物の選びやすさから、カタログギフトを利用される方も多いかと思われます。

旅物専門や、グルメ専門、日本の伝統技が光る品物に特化したものなど、様々なジャンルに特化したものが多く、お年を召された方にも喜んでいいただきやすいことから、還暦祝いの贈り物にもよく選ばれています。

たき新ではそんなカタログギフトを幅広く、しかも定価よりもかなりいお安く販売しているものが、たくさんあるのです!!

ぜひ1度、たき新のサイトを見て、自分の内祝いの際に検討してみてはいかがでしょうか?

たき新のサイトはこちらから!!



還暦祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
還暦祝い マナー一覧
還暦祝いの熨斗について。還暦当人が贈る際の熨斗や、複数名で贈る場合の名前の書き方について
お母さんの還暦祝いにお薦めの品物。同年齢の父と一緒に還暦祝いをしても良いのか。義母の還暦祝い旅行に身内の不幸が重なった場合。
お父さんの還暦祝いにお薦めの品物。ちゃんちゃんこ以外の贈り物や、還暦当時にお祝いをしてあげられなかった場合。
還暦祝いに旅行券。旅行券を贈る際の相場の金額や、旅行の日時について。
還暦祝いに関する様々なタイミングについて。お祝いを遅れてする場合、ちゃんちゃんこを着て頂くタイミング。
還暦祝いのプレゼントについて。名前入りのものについてや、お薦めのプレゼント、贈ってはいけないもの。
還暦祝いのメッセージ。英文のメッセージや、御の使い方、例文について。
還暦祝いの金額の相場。父母へそれぞれお祝いを贈る際の金額や、費用の負担者について。
還暦祝いのお返しについて。還暦当人が贈る結婚祝いへのお返しや、お返しを贈るタイミング。
還暦祝いの赤いちゃんちゃんこ。ちゃんちゃんこ以外の贈り物や、還暦祝いのパーティーでの服装について。
成功事例・体験談
すでに「還暦祝いのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
カテゴリでギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
その他歳祝い向けカタログギフト
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
香典返しマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト