カタログギフトのたき新 > お祝い > 還暦祝い > 還暦祝いのマナー > お母さんの還暦祝いにお薦めの品物。同年齢の父と一緒に還暦祝いをしても良いのか。義母の還暦祝い旅行に身内の不幸が重なった場合。

お母さんの還暦祝いにお薦めの品物。同年齢の父と一緒に還暦祝いをしても良いのか。義母の還暦祝い旅行に身内の不幸が重なった場合。




お母さんの還暦祝いに対しては、以下のようなお悩みが多いのです。
「お母さんには、一体どんなものを贈れば喜んでもらえるかな?」
「お父さんと年齢が同じなら、還暦祝いも合同で行っても良いのかな?」

自分を産んでくれ、育ててきてくれたお母さんの還暦祝いには、子供としても感謝の気持ちを伝えて、きちんとお祝いをしてあげたいものですよね。

いつもは照れくさくて、なかなか感謝の気持ちが伝えられなくても、この節目の記念のお祝いをきっかけに、改めてありがとうのお気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

今回はお母さんの還暦祝いに関することについてのご紹介をいたしますよ!


1.父親と同じ年齢の母親の還暦祝いは、誕生日が後の父親の還暦祝と合同で行うのも良いかと思われます。
あまりご両親が厳密な期日を気にしないのであれば、お子様であるご兄妹様が全員出席できる、合同の還暦祝いの方がお薦めかとは思われます。
ですが気にかかるようでしたら、お母様のお誕生当日に、お祝いに参加できる方が、小さなお誕生日会を開かれるのも良いかと思われます。
2.義母の還暦祝い旅行の2日前に、実母方の叔父が亡くなった場合は、姪の立場であるのならば、旅行への参加はキャンセルし、通夜と葬儀に参列する方が良いかと思われます。
そこには出来れば旦那様も参列された方が良いでしょう。
基本的にお祝い事と不幸事ならば、不幸事が優先されるかと思われます。
姪である場合は、確実に叔父様の葬儀には参列なされた方が良いでしょう。
旦那様も叔父様とは生前に関わりがあったのならば、旅行は欠席し、葬儀に参列なさる方が無難で良いかと思われます。もし無理そうなのであれば、お通夜だけにでも参列なされた方がお薦めかと思われます。
3.お母さんに喜ばれるお薦めの還暦祝いの贈り物。
お母さんの還暦祝いに人気な、よく選ばれている品物の一部の例として、バッグやルビーやガーネットのアクセサリー、お財布、カタログギフト、薔薇などの赤いお花、ストールなどが贈り物として人気とされています。
4.すでに「母への還暦祝」を経験された先輩の方々のアドバイス
親戚に前に気にいって頂けた、魚介類を新築内祝いとして贈りたい場合、熨斗の付いてない、かけ紙にするのが良いかと思われます。



1.父親と同じ年齢の母親の還暦祝いは、誕生日が後の父親の還暦祝と合同で行うのも良いかと思われます。



  • 還暦祝いは満年齢60歳、数え年でいう61歳の中の1年間であれば、日にちはいつでも良いとされています。
  • ご両親が厳密に1人につき1回の還暦祝いを開くことに対して、こだわりがなければ、合同で開催すること自体は問題ないと思われます。
  • みんなが集結できる日があるのならば、その日に還暦祝いを催されるのもお薦めかと思われます。
  • 還暦祝いは合同で家族みんなで行い、お誕生日当日は、集まれる方で集まって、ささやかながらでもお誕生日会を開くというのもお薦めかと思われます。
お客様のお悩み

母が還暦を迎えます。それに伴って、還暦祝いをしようと思うのですが、父と年齢が同じ場合、父の還暦祝いと合同で行っても良いのでしょうか?

 8月にお母様が還暦を迎える女性からのご相談です。

夏にお母様が還暦を迎えるにあたって、兄妹3人で還暦祝いを催そうと計画しているそうです。

その話し合いの中で、翌年の1月に還暦を迎えられる、同じ歳のお父様の還暦祝いも、合同で行えば良いのではないかとの意見が出ているとのこと。

この際の、還暦祝いについての疑問があるそうです。

同じ年齢ですが、誕生日月の違う母と父の還暦祝いを、合同で行っても良いのでしょうか?

 私的には、母のお誕生日が8月であり、父の誕生日は翌年の1月で、間が数カ月も空いてしまうので、あまり合同で還暦祝いをやることに気が進んでいません。

しかも、母は母、父は父でそれぞれ好みの場所にあったお店での、還暦祝いをしてあげたいのが本音です。

父はお酒好きの賑やかなことが好きなのですが、母はお酒も飲めず、のんびり穏やかに過ごすのが好きな人です。

ですが、両親がまだ現役で働いていることに付け加え、兄と妹が仕事が忙しい上に、お休みも不定休なので、合同で同じ日に還暦祝いをしないと、家族全員が出席できる可能性が大変低いのも事実です。

こういった場合はどうするのが良いのでしょうか?


お悩みへの回答

あまりご両親が厳密な期日を気にしないのであれば、お子様であるご兄妹様が全員出席できる、合同の還暦祝いの方がお薦めかとは思われます。
ですが気にかかるようでしたら、お母様のお誕生当日に、お祝いに参加できる方が、小さなお誕生日会を開かれるのも良いかと思われます。

お子様であるご兄妹様が全員出席できる、合同の還暦祝いの方がお薦めかとは思われますが、お母様、お父様のそれぞれの好みや、お誕生日の空き期間を気になさるのであれば、お誕生日当日には、お祝いできる人だけでも、ささやかなお誕生日会を開かれるのも、お薦めかと思われます。

 まず、還暦祝いを行う際に、行うべき日取りはいつなんだろうと思われる方も多いかと思われます。

そもそも還暦とは 満年齢60歳、数え年でいう61歳を迎えた際に、無事にその年齢を迎えたことをお祝いする、長寿を祝うためのお祝いとされてきました。

今でさえ、60歳でもまだまだ若いと言われる年なのですが、昔の方たちの平均寿命はかなり短く、60歳となると、ご長寿とされてきたんです。

またなぜ、60歳とされているのかというと、生まれた年の干支に戻ることから、暦が干支に還るとされ、この年齢が一区切りのご長寿のおめでたい年とされています。

そして、還暦とは上記の通り、満年齢60歳、数え年でいう61歳を迎えた年と言う認識ですので、厳密に必ずこの日にしなければいけないというものはなく、満年齢60歳、数え年でいう61歳でいる間の1年間であれば、日にちはいつでも良いとされています。

強いていうならば、忌中や喪中などの、身内の不幸があった場合のみを避けると良いとされています。

ですが、やはり日取りとして人気なのは、年齢が変わり還暦を迎えることとなる、お誕生日に行われることが多いかと思われます。

そういった場合は、お誕生日のお祝いと、還暦祝いのお祝いとして、いつもより少し上乗せした豪華なお祝いにされる方が多いので、ぜひお誕生日当日や前後の日にちも参考にしてみるのが、良いかと思われます。

また、子供や孫、親戚一同で行う際には、GWやお盆休み、お正月などの長期休暇を利用して催される方も多くいらっっしゃるかと思います。

そういった場合ですと、遠方に住む方でも、他の日にちよりも帰省がしやすかったり、お休みが取りやすいという、メリットから、選ばれることが多いようです。

 今回の質問者様のケースで言いますと、まずお母様とお父様のお誕生日が、数ヶ月離れているが、同じ年齢なので合同で還暦祝いを行うの良いのでしょうかというご質問からお答えいたしますね。

このことについては、ご両親が厳密に1人につき1回の還暦祝いを開くことに対して、こだわりがなければ、合同で開催すること自体は問題ないかと思われます。

先にお伝えした通り、還暦祝いは満年齢60歳、数え年でいう61歳であるの1年間であれば、日にちはいつでも良いとされているので、そこに関する問題はないかとおもわれます。

また、子供である質問者様や、ご兄妹さま、ご両親の同じお休みの日にちが取れるのが難しいとのことでしたが、そうなのであれば、家族が全員集結できる日にちを優先した方が良いのかと、一つの意見として申し上げます。

やはり、親御さんからしてみれば、お子様やお孫様のお顔を見れることが、何よりも嬉しいことではないかと思われますので、みんなが集結できる日があるのならば、その日に還暦祝いを催される方がお薦めかと思われます。

ですが一つの意見としてですので、必ずしもそうしなければいけないということではないので、ご了承くださいませ。

また、そういった個別でのお祝いができなかったり、お母様とお父様のお好みが違うことに、質問者様は心配をされていたかと思います。

そこで、お一つご提案するのが、還暦祝いは合同で家族みんなで行い、お誕生日当日は、集まれる方で集まって、ささやかながらでもお誕生日会を開くというがお薦めかと思われます。

そうすれば、お母様のお誕生日の際には、お母様のお好みの場所でお祝いができますし、そこにお子様全員でなくとも、誰かにお祝いして頂けるということが、大変喜ばしく思われるかと思いますよ。

ですので、もし合同で行うことや、それぞれの好みに合わせることができないのが納得できないのであれば、還暦祝いとお誕生日会をそれぞれ開催するというのもお薦めかと思われます。


結論として、この質問者様のお話ならば、
  • 還暦祝いは満年齢60歳、数え年でいう61歳の中の1年間であれば、日にちはいつでも良いとされています。
  • ご両親が厳密に1人につき1回の還暦祝いを開くことに対して、こだわりがなければ、合同で開催すること自体は問題ないと思われます。
  • みんなが集結できる日があるのならば、その日に還暦祝いを催されるのもお薦めかと思われます。
  • 還暦祝いは合同で家族みんなで行い、お誕生日当日は、集まれる方で集まって、ささやかながらでもお誕生日会を開くというのもお薦めかと思われます。


ですね!!




2.義母の還暦祝い旅行の2日前に、実母方の叔父が亡くなった場合は、姪の立場であるのならば、旅行への参加はキャンセルし、通夜と葬儀に参列する方が良いかと思われます。
そこには出来れば旦那様も参列された方が良いでしょう。


  • 基本的に日本では、お祝い事よりも不幸事の方が優先した方がいいというスタンスの考え方をされています。
  • 姪である質問者さまはと旦那さま、娘さまは還暦祝いの旅行は欠席をし、叔父様の葬儀へ参列された方が、無難で良いかと思われます。
  • 旦那様がどうしても、お義母さまの旅行に参加されたいのであれば、お通夜だけでも参列し、そのあとに旅行に向かうことがお薦めかとは思います。
お客様のお悩み

義母の還暦祝いの旅行に、夫の両親と、私の家族と、夫の兄弟家族で参加する予定でした。
ですが旅行の2日前に私の実母方の叔父が亡くなりました。
このような場合、私は旅行への参加をキャンセルして良いでしょうか?

 先月無事に新築が建ち終わった、男性からのご質問です。
このお家には、奥様とお子様と住まわれるそうです。

先日、新築が無事に建ち終わった事から、親戚2家族に、新築祝いを頂いたとの事。

この際の内祝いについてのご質問があるそうです。

親戚2家族から連名で、新築祝いを頂きました。
親族間でも内祝いは贈った方が良いのでしょうか?

 もうすぐお義母様が還暦を迎えられる、女性Mさんからのご相談です。

旦那様のお母様であり、Mさんのお義母さまが、還暦を迎えるにあたって、家族一同での還暦祝い旅行を計画されているそうです。

その旅行には旦那さんのご両親とMさんご夫婦、Mさんご夫婦の9ヶ月のお子様と、旦那様の兄弟のご家族、総勢11名で行かれるとの予定とのこと。

ですがその旅行の2日前に、Mさんの実母方の叔父様がお亡くなりになり、お通夜とお葬式に参列すべく、Mさん的にはMさん家族は旅行への参加をキャンセルしたいと考えていたそうです。

ですがお義母様からは、旅行へのキャンセルを旦那様伝いに、引き止められているとのこと。

そこで、この旅行への参加や不参加に関しての疑問点があるそうです。

叔父の姪である私は確実に旅行への参加はキャンセルしたいと考えています。
強いてゆうならば、夫と娘も旅行への出席はキャンセルして、叔父のお通夜と、お葬式に参列するべきと思いますが、どうなのでしょうか?

 今回亡くなられた叔父に、私は小さい頃から可愛がって頂いていたこともあり、少なくとも私1人でも、お義母さんの還暦祝い旅行の参加はキャンセルし、叔父のお通夜とお葬式に参列しようと思っています。

夫も叔父とは生前、何度も会ってお話をしていたり、夫が叔父の車椅子のサポート等もしていたぐらいの仲です。

なので最初はもちろん夫も娘も、旅行への出席はキャンセルし、叔父のお通夜とお葬式には参加するものだと思っていました。

ですが、夫側のご家族は大変仲が良く、お義母さんも今回の旅行をとても楽しみにしていることもあり、夫だけでも参加して欲しいと引き止めていらっしゃるそうです。

また、還暦祝いでもあるし、私はお嫁に出ているのだから、叔父の葬儀にも出なくていいのじゃないかと、おっしゃられているそうです。

そのことから、夫は私と娘だけが旅行には欠席し、夫は還暦祝い旅行へ参加をするつもりと話していました。

ですがこの場合だと、どのような対処があっているのでしょうか?

私的には、夫も一緒に旅行に欠席して、叔父の葬儀に列席して欲しい気持ちが山々ではあるのですが…。

ちなみに私だけが欠席する場合でも、泊まり先の旅館には花束と電報を送っておくつもりです。


お悩みへの回答

基本的にお祝い事と不幸事ならば、不幸事が優先されるかと思われます。
姪である場合は、確実に叔父様の葬儀には参列なされた方が良いでしょう。
旦那様も叔父様とは生前に関わりがあったのならば、旅行は欠席し、葬儀に参列なさる方が無難で良いかと思われます。
もし無理そうなのであれば、お通夜だけにでも参列なされた方がお薦めかと思われます。

基本的にお祝い事と不幸事ならば、不幸事が優先されるかと思われます。
旦那様も叔父様とは生前に関わりがあったのならば、葬儀に参列なさる方が無難で良いかと思われます。

 まず、Mさんの叔父様のご不幸には、お悔やみ申し上げます。

今回のご質問の件ですが、結論から言うと、姪である質問者さまはと旦那さま、娘さまは還暦祝いの旅行は欠席をし、叔父様の葬儀へ参列された方が、無難で良いかと思われます。

基本的に日本では、お祝い事よりも不幸事の方が優先した方がいいという、スタンスの考え方をされています。

例えで言うならば、結婚式とお葬式ならば、お葬式に優先して出席された方が良いという考え方です。

これにはきちんと意味があって、お祝い事は生前に行うので、この先もその方にはお会いすることも、感謝の気持ちを伝えることも、お祝いをすることもできると考えられています。

ですが、亡くなられてしまった際には、会うことができるのはもう葬儀のみしかなく、最後のお別れもその時にしか言えないと考えられています。

そのことから、不幸事の方がお祝い事よりも、優先されてきたと思います。

ですので今回の場合でも、還暦祝いの旅行を大変楽しみにされていたお義母のお気持ちも痛いほどお察しすることができますが、Mさんも、旦那様も、娘様も、旅行は欠席されて、叔父様の葬儀を優先されるのが1番無難かと思われます。

こればかりは、一般的なマナーで言われていることであり、ご家族同士のご事情の上、絶対とは言い切れませんので、あくまでされたほうが良いという、考えの一つと考えられた方が良いかと。

ですが仮に、旦那さまが叔父様の葬儀に一切列席されないとなると、質問者様のご家族から見たら旦那様の信用問題にも関わってくるかとは思いますので、決定は慎重になされた方が良いかとは思われます。

その上で旦那様がどうしても、お義母さまの旅行に参加されたいのであれば、お通夜だけでも参列し、そのあとに旅行に向かうことが、お薦めかとは思います。

それはやはり、質問者さまが考える通り、質問者さまは旅行へ欠席されることが前提でのお話でもあります。

また、旅行を欠席される際に、旅館へ花束と電報を送られるとのことでしたが、その心遣いはとても素晴らしいものかと思います。

ぜひ、もう一度旦那様と慎重に、お話し合いをしてみてはいかがでしょうか。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 基本的に日本では、お祝い事よりも不幸事の方が優先した方がいいというスタンスの考え方をされています。
  • 姪である質問者さまはと旦那さま、娘さまは還暦祝いの旅行は欠席をし、叔父様の葬儀へ参列された方が、無難で良いかと思われます。
  • 旦那様がどうしても、お義母さまの旅行に参加されたいのであれば、お通夜だけでも参列し、そのあとに旅行に向かうことがお薦めかとは思います。


ですね!!




3.お母さんに喜ばれるお薦めの還暦祝いの贈り物。



 実のお母さんや、旦那さんのお母さん(義母)の、還暦祝いとは、とってもおめでたいことでもありますし、日頃の感謝の気持ちを込めて、何かお祝いに贈り物をされたいと思われる方も多いかと思われます。 その際に赤いちゃんちゃんこ以外のものを、できれば贈りたいなあと思われる方も少なくはないと覆います。 ここでは、お母様に贈るのにピッタリな品物の一部をご紹介いたしますので、 ぜひ参考にしてみてくださいね。



還暦祝いに、赤いちゃんちゃんこや、赤い品物がよく贈られる理由

 還暦祝いには『赤いちゃんちゃんこ』や『赤い品物』を贈られるのを目にする方は多いかとは思いますが、なぜそれらのものを還暦祝いの際に贈るのかは、あまり深くは知らない方も多いのではないでしょうか?

そもそも還暦とは満年齢が60歳の時、数え年でいう61歳のことを指します。

この時に無事にその年齢を迎えたことをお祝いする、長寿を祝うためのお祝いとして、還暦祝いと言うお祝い事をするのが、日本の風習であります。

今でさえ、60歳でもまだまだ若いと言われる年なのですが、昔の方たちの平均寿命はかなり短く、60歳となると、ご長寿とされてきたんです。

またなぜ、60歳とされているのかというと、十干と十二支を組み合わせた干支が一巡し、生まれた年の干支に戻ることから、暦が干支に還るとされ、この年齢が一区切りのご長寿のおめでたい年とされています。

そのことから『本卦還り(ほんけがえり)』等生まれ直しと言う意味合いが込められているのです。
これには、赤ちゃんに還ると言う意味合いもあります。

昔から、赤色には魔除けの力があるとされ、昔の赤ちゃんの産着には赤い袖なしの服、通称ちゃんちゃんこを、着させるのが一般的とされていました。

上記のことから、赤ちゃんに還ったという意味合いで、昔赤ちゃんに着させていた産着である、赤いちゃんちゃんこを、還暦祝いの際に贈るという、風習ができたのです。

近年では、見た目が恥ずかしかったり、普段は着られないということから、赤いちゃんちゃんこを贈っていただくことをためらう方が、多くなってきたのも事実です。

ですのでそういった場合には、ちゃんちゃんこではなく、何か『赤い品物』を記念に、贈られる方が多いというわけです。

ですが、あまり赤にこだわりすぎて、お母様の喜ばれないものを選んでもあまり良くはないかと思われるので、もしリクエストがあったり、赤色でなくても。これならば絶対に喜んでもらえそう!と思えるものがあるのならば、そちらを贈られても構わないかと思われます。

あくまで赤色のものは、一つの選択肢というぐらいで、考えていただいてもよろしいかと思いますよ。



お母さんに喜ばれるお薦めの還暦祝いの贈り物のご紹介。

 ではここからは、お母さんの還暦祝いに贈るのに、お薦めな品物をご紹介いたしますね。

あくまで一部ですので、ぜひ、贈り物を選ぶ際の参考にしていただけたらと思います。

①バッグ
②ルビーやガーネットのアクセサリー
③お財布
④カタログギフト
⑤薔薇などの赤いお花
⑥ストール



①バッグ

 最近ではブランド物でも、あまりハイブランドのものでなければ、数千円〜数万円で買えるバッグもありますよね。

またお出かけなどでも重宝できるバッグは、ファッションを楽しむ際にも、いくつあっても便利だと思うのでオススメの一品です。

もちろん赤色のものでも良いかとは思いますし、赤色にこだわらなくても、お母様の気に入られそうなデザインのものなら、なんでも良いかと思われますよ!

選ばれる際には、形や大きさなどのリサーチを、さりげなくお母さんにしてみるのもよいかと思われます。



②ルビーやガーネットのアクセサリー

  女性はいくつになっても、綺麗でいたいと思われる方も多いことかと思います!
そんな女性らしさを際立たせるのは、ネックレスや指輪、ピアスなどのアクセサリーでもありますよね。

普段はあまり奮発して宝石類は買われない方も多いかと思います。

ですのでこう言った記念になる節目の時に、いつまでも綺麗でいてほしいという思いも込めて、宝石を使ったアクセサリーを贈られるのもお薦めかと思われますよ。

また、還暦の赤色にちなんで、ルビーやガーネットといった、赤色の宝石を使っているアクセサリーを、贈り物に選ばれることも多いです。

他にもサンゴなども選ばれていますよ。

ワンポイントで使われていても十分可愛いものもあるかと思いますので。ぜひご検討してみてはいかがでしょうか?



③お財布

 一家の家計を握られているのが多いお母様だと思いますが、そんなお母様に必需品なのが、お財布ですよね!

こちらもバッグ同様、ブランド物でもお手頃なお値段のものが多くあるのも、選びやすい魅力の一つかと思います。

しかもそれなりのお値段がするものならば、ものも長持ちするので、使う頻度が高いお財布にはぴったりですよね。

また赤色であれば、縁起がいい、エネルギーを与えてくれる色とされ、その色から、黄色に並んで金運がアップされるとも言われているんですよ。



④カタログギフト

 次にご紹介するのは、カタログギフトです。

贈り物を贈るときの心配事といえば、相手の好みにちゃんとあっているのかな?とか、不要なものを贈っていないかな?とか、絶対的に相手の必要なものを贈りたい等だと思われます。

カタログギフトならば、相手が実際に掲載されている品物から、好きなものを選ぶことができるので、上記の心配事もなくなりますよね。

また、最近では様々なジャンルに特化したものも多いので、相手に合わせて贈りわけができるところも、魅力の一つとされています。

価格帯もコースによって多く用意されているので、自分お贈りたい価格帯のものも見つけられるかと思いますよ。



⑤薔薇などの赤いお花

 お花って、普段は買うことが少ないし、お祝いの時に頂けると、その華やかさからとても嬉しい気持ちになる方も多いかと思います。

最近では、普通の生花の他にも、枯れにくく育てられたプリザーブドフラワーというお花もあるんですよ。
これならば長くずっと見ていたいというお母さんの場合には、ぴったりですよね。

生花の方が好まれるお母様ならば、豪華な生花の花束もお薦めかと思います。

還暦の赤色と、その華やかさや豪華さから、バラの大きな花束を贈られる方も多くいらっしゃいますよ。

プリザーブドフラワーでしたら、アレンジされているものもや、雑貨に飾り付けられているものも多く扱われているので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?



⑥ストール

 夏場は使うことはできないですがストールもお薦めの一品です! 普段のファッションにプラスして、おしゃれに着こなしてお出かけをしたり、肌寒い時などに、羽織代わりや、ひざ掛けとしても支えて、利便性もファッション性も高いのが、魅力の一つです。

また、物によってはカシミアなどの高級素材でできているものも多くありますので、プレゼントとしても選びやすい金額のものも多くあります。

家の中や職場でもさりげなく使えますし、お外でのお出かけでも、女性らしさを上げてくれるアイテムですよね。



4.すでに「母への還暦祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「母への還暦祝い」」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


実両親への還暦祝いギフトに関するマナー・常識
実両親への還暦祝いに関するタブー
義両親への還暦祝いに関するタブー
義両親への還暦祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法
お母さんへの還暦祝いのプレゼント



実両親への還暦祝いギフトに関するマナー・常識

「実両親への還暦祝いギフトに関するマナー・常識」についてご紹介いたします。実両親への還暦祝いギフトに関するマナー・常識にはどのようなものがあるのでしょうか。

実両親への還暦祝いギフトに関するマナーは、贈っていけないギフトについて把握しておくことが大切です。

たとえば「死」や「老い」などを連想させるような品物をさけたほうがよいでしょう。
「老い」といえば老眼鏡や補聴器、杖などは還暦を迎える本人を老人扱いしていることになってしまいます。そのため還暦祝いの贈りものには不向きだといえます。

また、櫛は贈り物には不向きの品物です。「9」や「4」、「6」というように不吉な数字を連想させてしまうためです。還暦はお祝いごとなのでお花をプレゼントする場合もあります。

お花の場合はブリザードフラワーが還暦祝いにはおすすめのギフトです。その他にも履物はお祝いにはマナー違反の品物です。

靴や靴下などは「足で踏みつける」と捉えられてしまいます。目上の方には贈ってはいけない品物です。人生の先輩に失礼のないようなギフトを選ぶようにしたほうが良いでしょう。もしも、カタログギフトを還暦祝いとして贈る場合には、品揃えの豊富なカタログギフトがおすすめです。



実両親への還暦祝いに関するタブー

還暦祝いに何を送るか迷う人も多いと思いますが、実両親に送るものとなれば余計に気を使ってしまう事も多いものです。一緒に住んでいて仲が良い場合などはすぐに思いつく場合もありますが、離れて暮らしている場合などは中々思い付き辛いものです。

そこで、送るものを考える前に還暦祝いのタブーを知っておくことも重要です。

実両親と仲がいい場合でも、タブーについて知っておくことは重要です。これは結婚してから義両親の還暦祝いをする際や、知り合いに贈り物をする際に大丈夫かという、常識のチェックにもなるからです。

還暦祝いのタブーは、死や苦を思わせるものです。例えば花が好きだからと言ってシクラメンを送るのはやめるべきです。シとクの両方が入っているため、縁起を担ぐ人は特に気にしてしまいます。4と9の数字がついたものもなるべく避ける必要があります。

また、老眼鏡や杖など、老いを感じさせるものも避ける事も重要です。タブーを知って、消去法から考えるのは一つの方法ですが、普段交流が少ないと全く送るものが思いつかない場合もあり得ます。

そんな時はカタログギフトを送るのも方法です。カタログギフトであれば自分で好きなものを選べるため、選べる楽しみもセットで送る事が出来ます。



義両親への還暦祝いに関するタブー

義両親が還暦を迎えるとなると、何かお祝いをした方が良いのかしら?と奥様たちは頭を悩ませるもの。一般的に還暦祝いというと赤いちゃんちゃんこを贈るというイメージが強いですが、現代の60歳は相当お元気ですから妙に年寄り扱いされることを好まない方も多いようです。

さらに還暦祝いを贈る相手が実両親ならともかく、義両親となると贈る品物選びを間違えたことで機嫌を損ねてしまっても後々厄介です。そこで、還暦祝いでタブー選んでタブーとされる品物はあるのか調べてみました。

まず、還暦祝いで病や死など縁起が悪いことを連想させる品物はタブー。弔事によく選ばれる日本茶などのギフトも縁起が悪いと感じれらてしまうこともありますので避けた方がベターですね。また、櫛など”苦しむ”と言われる品物。

ギフト券や旅行券でお祝いを渡すとしても4や9の数字で用意するのは避けましょう。基本的には両親が欲しがっているもの、もらって喜んでくれそうなものを贈れば良いのですが、例えば老眼鏡など高齢者になると必須となるアイテムをあると便利だろうと思って渡した場合にも、その意図を素直にくんで”ありがとう”と感謝されることもあれば、”年寄り扱いして”と気分を害されることも。

縁起が悪いものを避け、高齢者特有のアイテムを避けて選ぶようにすると失敗が少ないかと思いますよ。それでも義両親のことなので絶対に失敗したくないと思われるならカタログギフトが良いでしょう。

予算的にはご夫婦で相談して無理のない範囲5000~10000円程度で構わないです。カタログギフトを贈る際には、どうしてっも形式的なギフトという印象がぬぐえないのでメッセージカードを添えるなどして気持ちが伝わるように工夫しましょう。



義両親への還暦祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

義両親へ還暦祝いを贈るろうと思っていたところ、タイミングを逃してついつい渡すのが遅れたということありますよね。実両親ならまだ”渡すのが遅れた。ごめん!”と一言伝えれば済む話かもしれませんが、義両親となると簡単にごめんね!では済まないことも多いですね。

ましてや、義兄弟たちはしっかりと還暦祝いを済ませていたとなると後から遅れて渡すのも結構気を遣います。

そこで、やむを得ず還暦祝いを渡すタイミングが遅れた、もしくは遅れそうな時にとるべき対処法について考えてみましょう。

最初に、仕事で長期出張に出ている場合や身内の介護などをしていて買いに行く余裕がない場合ですが、この時はひとまず電話を入れて”還暦おめでとうございます”の気持ちと、”こちらが落ち着いてからで申訳ないですが、また一緒にゆっくりお食事にでも行きましょう”などのように、お祝いをする気持ちを持っていることを伝えておくと良いでしょう。

一方で、うっかりミスで還暦祝いをするのを忘れていた時ですが、こちらに関してはすぐにお祝いの準備をすることをおススメします。大切な義両親の還暦祝いですからご夫婦もしくは家族全員で直接お祝いの品を持って会いにいけると良いのですが、遠方に住んでいる場合などそうもいかないケースでは郵送でも良いでしょう。

その際には、”還暦おめでとう””今までありがとう””これからもよろしく””いつまでも元気で”という気持ちをメッセージカードに綴って添えるようにすると良いでしょう。特に、お祝いの品が商品券や旅行券、カタログギフトのように義両親の趣味や好みを直で反映したものでない場合にはメッセージカードを添えることでぐんと気持ちが伝わり受け取った側の印象も違いますよ。

カタログギフトのショップではメッセージカードを無料で添えるサービスなども受け付けているお店があるので上手く利用したいですね。



お母さんへの還暦祝いのプレゼント

お母さんが還暦を迎えるときは、どんなプレゼントにしますか?小さい頃からお世話になっているお母さんですから、お母さんが気に入ったものや、記念になるようなものをプレゼントしたいですよね。還暦祝いと言うと「赤いちゃんちゃんこ」が思い浮かびますが、いかにも年寄りみたいだとか、普段使いができないなどの理由であまり人気がないようです。還暦だからといってあまり赤色にこだわらず、

お母さんが喜んでくれるものをプレゼントしたいですよね。でも具体的にどんなものをあげると喜ばれるのでしょうか。

ある調査では、還暦のお祝いでもらってうれしいものといえば、バッグやアクセサリーなど身に着けるものや旅行、お花などがあるそうです。

しかし、いつもよく知っているお母さんでも、どんなものがほしいと思っているのか案外わからないものです。前もって何がほしいのかを聞ければいいのですが、サプライズなどの場合はそういうわけにもいきません。そんな時におススメなのがカタログギフトです。

カタログギフトなら、お母さんのほしいものを自由に選んでもらえます。なかでもおすすめなのは、たき新のカタログギフトです。女性から人気があるブランドのアクセサリーやバッグ、日帰り温泉や体験型のレジャーなど、思い出に残るような商品やプランが数多く掲載されています。




最後に。

 今回はお母さんの還暦祝いについてのご紹介でした。

自分や旦那さまを今まで育ててくれた大切なお母さんだからこそ、感謝の気持ちと、お祝いの気持ちを込めて、素敵な還暦祝いにしてあげたいですよね。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみてくださいね。

また、還暦祝いでは、品物の選びやすさから、カタログギフトを利用される方も多いかと思われます。

旅物専門や、グルメ専門、日本の伝統技が光る品物に特化したものなど、様々なジャンルに特化したものが多く、お年を召された方にも喜んでいいただきやすいことから、還暦祝いの贈り物にもよく選ばれています。

たき新ではそんなカタログギフトを幅広く、しかも定価よりもかなりいお安く販売しているものが、たくさんあるのです!!

ぜひ1度、たき新のサイトを見て、自分の内祝いの際に検討してみてはいかがでしょうか?

たき新のサイトはこちらから!!



還暦祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
還暦祝い マナー一覧
還暦祝いの熨斗について。還暦当人が贈る際の熨斗や、複数名で贈る場合の名前の書き方について
お母さんの還暦祝いにお薦めの品物。同年齢の父と一緒に還暦祝いをしても良いのか。義母の還暦祝い旅行に身内の不幸が重なった場合。
お父さんの還暦祝いにお薦めの品物。ちゃんちゃんこ以外の贈り物や、還暦当時にお祝いをしてあげられなかった場合。
還暦祝いに旅行券。旅行券を贈る際の相場の金額や、旅行の日時について。
還暦祝いに関する様々なタイミングについて。お祝いを遅れてする場合、ちゃんちゃんこを着て頂くタイミング。
還暦祝いのプレゼントについて。名前入りのものについてや、お薦めのプレゼント、贈ってはいけないもの。
還暦祝いのメッセージ。英文のメッセージや、御の使い方、例文について。
還暦祝いの金額の相場。父母へそれぞれお祝いを贈る際の金額や、費用の負担者について。
還暦祝いのお返しについて。還暦当人が贈る結婚祝いへのお返しや、お返しを贈るタイミング。
還暦祝いの赤いちゃんちゃんこ。ちゃんちゃんこ以外の贈り物や、還暦祝いのパーティーでの服装について。
成功事例・体験談
すでに「還暦祝いのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
カテゴリでギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
その他歳祝い向けカタログギフト
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
香典返しマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト