お知らせ

カタログギフトのたき新 > お祝い > 還暦祝い > 還暦祝いのマナー > 還暦祝いの金額の相場。父母へそれぞれへお祝いを贈る際の金額や、費用の負担者について。


還暦祝いの金額の相場。父母へそれぞれへお祝いを贈る際の金額や、費用の負担者について。




還暦祝いの際のお金や相場については、以下のようなお悩みが多いのです。
「父母でお祝い金の金額は揃えたほうがいいんだろうか?」
「大勢でのお祝いの場合は、費用は誰が負担すればいいの?」

自分のご両親や、祖父母様が還暦を迎えられる際には、お祝いの会を催される方も多いかと思います。

それはお食事会であったり、品物を贈られたり、旅行のプレゼントをされたりと、人によってお祝いの仕方は様々かと思います。

そんな時に一つ心配なのはお金に関してですよね。

果たしてこれはきちんと相場通りなのか、費用の負担は誰がどのようにすればいいのか。
こういったことで悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

今回はそんな方々のためにも、還暦祝いの際のお金や相場についてのご紹介をいたしますよ!


1.お義母様の還暦祝いの金額。他の方へ贈られるお祝い金よりも、多額になるのは構わないかと思われます。結婚前に行われたお義父様の、還暦祝いのお祝い金がわからない場合は、上回ることがあっても致しかたないでしょう。
親御さんへのお祝い金ですので、他の方々へのお祝い金の額よりも多くなるのは当然かと思われます。 お義父さまとお義母さまの、お祝い金はなるべく同額に近い方がいいかと思いますが、どうしてもわからないのであれば、上回ることがあっても、致しかたないかと思われます。
ですが、お義父さんの還暦祝いが結婚前とのことで、質問者様は別世帯でもあったため、金額がとても大きく違うことがなければ、問題はないかと思われます。
2.母親の還暦祝いを親戚一同で行う場合は、開催費用はなるべく主催者の方で負担するのが良いでしょう。ですが、もし母親以外での割り勘でも良いとなったら、甘えても良いかと思われます。
基本的には主催者である方が、費用を負担されたほうが良いとは考えられていますが、人数が多すぎる場合、お声がけがある際には、割り勘等に甘えても良いかと思われます。
3.還暦祝いの相場について。
基実の両親や、義理の両親への還暦祝いの金額の相場としては、3~5万円。祖父母への還暦祝いへの相場の金額は、1~3万円程度。親戚は3~5万円か5千~1万円程度。職場の方ですと5千~1万円程度が一般的です。
お祝いにかける金額の幅は広く、一概にどれが正解とは言えませんが、自分の無理のない範囲での金額で大丈夫かと思われます。
4.すでに「還暦祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。



1.お義母様の還暦祝いの金額。他の方へ贈られるお祝い金の相場よりも、多額になるのは構わないかと思われます。結婚前に行われたお義父様の、還暦祝いのお祝い金がわからない場合は、上回ることがあっても致しかたないでしょう。



  • 基本的には同じ立場の方へのお祝い金ですので、お義母様へのお祝い金の金額と、お義父さまへのお祝い金の金額は、だいたい同じくらいになされる方が、無難で良いかと思います。
  • 義理でも親御様のお祝いとなるので、お祝いの際に贈られるお金が他の方へのお祝い金よりも、多額になることに関しては、何も問題はないかと思われます。
  • お義父さまへのお祝い金の金額がわからないので、今回の場合、お祝い金の金額が変わってしまっても、致し方のないことだと思われます。
  • なるべく相場の金額のお祝金を贈られるのが、無難で良いかと思われます。
  • 基本的に義父や義母への還暦祝いの相場はおよそ、3〜5万円と言われています。
お客様のお悩み

義母の還暦祝いにお祝い金を包もうと思っています。ですが義父の還暦祝いが結婚前だったこともあり、義父への還暦祝いの金額がわかりません。
その場合、義父への金額よりも、義母への上回ってしまうことがあると、失礼でしょうか?

 今度、旦那様のお母様が還暦を迎えられる、女性Rさんからのご相談です。

お義母様が還暦を迎えられるにあたって、還暦祝いにお金を包もうと思われているとのこと。

ですが、お義父様の還暦祝いは、Rさんと旦那様が結婚なされる前に行われており、旦那様に聞いても、お義父さまの還暦祝い金には、いくら包んだのかは覚えてないそうです。

この際の、還暦祝いのお祝い金についての疑問があるそうです。

周りの方が出産や入学をした際に、お祝い金は1万円包んでいます。
今回のお義母さんの還暦祝いには、3万円を包もうと思っていますが、出産祝いよりも多い金額なのは変でしょうか?

 基本的にいつも、周りの方のお祝い事には1万円をお祝い金として包んでいました。
結婚祝い、出産祝い、入学祝い等です。

今回のお義母さんの還暦祝いの際は、奮発して3万円を包もうと思っています。

ですが、出産祝いの金額よりも、還暦祝いの金額の方が多いのは変でしょうか?

結婚前にもう終えられていた、義父の還暦祝いのお祝い金の金額と、今回の義母さの還暦祝いのお祝い金を、同額にしようと考えていました。
ですが、義父に贈られたお祝い金の金額がわかりません。
もし、義母のお祝い金が義父のお祝い金よりも多かったら、失礼に当たりますでしょうか?

 義母の還暦祝いの金額は、義父の還暦祝いの際に、贈られていた金額と揃えようと思っていました。

ですが、義父の還暦祝いは、私たち夫婦が結婚する前に終えられていたので、私はお祝い金にいくら包んだのかは知りません。

なので旦那さんに聞いたところ、弟と一緒にまとめて包んだが、旦那さん本人も、弟さんも金額を覚えていないとのことです。

ですので、明確な金額がわからずに困っています。

そのような場合、知らなかったとはいえ、もしお義父さんへのお祝い金の金額よりも、お義母さんのお祝い金の金額が多いと、失礼にあたりますでしょうか?


お悩みへの回答

親御さんへのお祝い金ですので、他の方々へのお祝い金の相場の額よりも多くなるのは構わないかと思われます。
お義父さまとお義母さまの、お祝い金はなるべく同額に近い方がいいかと思いますが、どうしてもわからないのであれば、上回ることがあっても、致し方ないかと思われます。
ですが、お義父さんの還暦祝いが結婚前とのことで、質問者様は別世帯でもあったため、金額がとても大きく違うことがなければ問題はないかと思われます。

今回は親御さんの人生の節目のお祝いですので、他の方々へのお祝い金よりも、お祝いの金額が多額になるのは、問題ないかと思われます。

 まず、今回は血の繋がりのないような他人ではなく、義理でも親御様のお祝いとなるので、お祝いの際に贈られる金が多額になることに関しては、何も問題はないかと思われます。

還暦祝いには、長寿のお祝いの意味とともに、最近では育ててきてくれたことへの感謝の気持ちを込めて、お祝いをされる方が大半かと思われます。

ですので、他の方々へのお祝い金よりも、多額になることは心配なされなくても大丈夫だと思います。

お義父さまとお義母さまの、還暦祝いのお祝い金はなるべく同額に近い方がいいかと思います。
ですが、どうしてもわからないのであれば、上回ることがあっても致し方ないかと思われます。
お義父さんの還暦祝いが結婚前とのことで、質問者様は別世帯でもあったため、金額も、とても大きく違うことがなければ大丈夫かとは思われます。
また、金額を気にされるのであれば、露骨に額面のわかる現金ではなく、品物を贈られるのもお薦めかと思われますよ。

 基本的には同じ立場の方へのお祝い金ですので、お義母様へのお祝い金の金額と、お義父さまへのお祝い金の金額は、だいたい同じくらいになされる方が、無難で良いかと思います。

ですが今回は、お義父さまの還暦祝いが、質問者さまご夫婦の結婚よりも前に行われており、旦那様も弟様も、お祝い金の金額を覚えていらっしゃらないとのことでした。

その場合は、どんなにRさんがリサーチを頑張っても、確実な金額はわからないので、お祝い金の金額が変わってしまっても、致し方のないことだと思われます。

もし、お義父さまからこっそりお聞きすることができれば良いのですが、お祝い金のことですので、聞きずらいかとも思いますしね。

また、質問者様が別世帯だった時のお話なので、今の状況とは違うことも多いかと思います。

旦那様と世帯が同じになり、お義父様やお義母様とも正式にご家族になられた今、お祝い金を見直してこの金額にしたと伝えるようなことがあっても、それは不自然なことではないかとも思われます。

そういった場合は、なるべく相場の金額のお祝金を贈られるのが、無難で良いかと思われます。

基本的に義父や義母への還暦祝いの相場はおよそ、3〜5万円と言われています。
人によってお祝いの幅はあるかと思われますので、もっと高額の方も中にはいらっしゃいます。

ですが今回の質問者様の、贈ろうと思われている金額ならば、上記の相場にも合っているかと思われますので、その金額でも大丈夫かとは思いますよ。

ただ、どうしても気になるようでしたら、現金ではなく、品物などのあまり金額が確実にはわからないものを贈られるのもお薦めかと思います。

大切なのは、そのお祝いをしようとしている気持ちですしね。


結論として、この質問者様のお話ならば、
  • 基本的には同じ立場の方へのお祝い金ですので、お義母様へのお祝い金の金額と、お義父さまへのお祝い金の金額は、だいたい同じくらいになされる方が、無難で良いかと思います。
  • 義理でも親御様のお祝いとなるので、お祝いの際に贈られるお金が他の方へのお祝い金よりも、多額になることに関しては、何も問題はないかと思われます。
  • お義父さまへのお祝い金の金額がわからないので、今回の場合、お祝い金の金額が変わってしまっても、致し方のないことだと思われます。
  • なるべく相場の金額のお祝金を贈られるのが、無難で良いかと思われます。
  • 基本的に義父や義母への還暦祝いの相場はおよそ、3〜5万円と言われています。


ですね!!




2.母親の還暦祝いを親戚一同で行う場合は、開催費用はなるべく主催者の方で負担するのが良いでしょう。ですが、もしお義母様以外のご家族での割り勘でも良いとなったら、甘えても良いかと思われます。


  • 主催者である配偶者や、兄弟等で費用を平等に負担するのが1番良いとは思われます。
  • お金の支援の申し出があった場合には、素直にお願いしても失礼には当たらないでしょう。
  • 還暦を迎えた本人以外がお金を出し合う、会費制の還暦祝いもあります。
  • 会費制の場合は、ゲストの負担を減らすために、ご祝儀は受け取らないようにするのが良いかと思われます。
お客様のお悩み

今度母が還暦を迎えるにあたって、親戚も招待して還暦祝いを行おうかと思っています。
その際に発生する費用は、誰が負担するのが良いのでしょうか?

 もうすぐお母様が還暦を迎えられる女性からのご相談です。

今度、お母様が還暦を迎えられるにあたって、親戚一同もご招待して還暦祝いを開こうと思っているとのこと。

当初は母と姉夫婦と、質問者様との4人でお祝いの会をしようと予定をされていたそうですが、従姉妹様からのお電話で「還暦祝いをするのなら、もしするなら参加もするし、協力もするからね!」とのお言葉を受け、親戚も招いての会にすることにしたそうです。

その結果、親戚付き合いも日頃から行っていたこともあって、十数人でのお祝いになるかと思われるそうです。

その際の、お祝いの会の費用に関しての疑問点があるそうです。

この還暦祝いの費用は、誰がどのように負担すれば良いのでしょうか?

 今回、母の還暦祝いをするにあたって、親戚を含めた十数人でのお祝いになりそうです。

母は、母の姉妹の中でも末っ子であり、私たち自身も従姉妹の中では1番年齢の低い姉妹でしたので、そういった親戚同士の会の中で一度も費用を払ってきたことがありませんでした。

母が自腹で出していたとしても、そんなことは本人からは聞いたこともなく、ましてや今回は母を祝う会ですので、本人に支払いのことについての相談もできません。

こういった十数人を招待してのお祝いの会でも、主催者側である私と妹夫婦が全ての費用を、負担した方が良いのでしょうか?

また、きっと今までのこともあって、親戚の方々にはみんなで払うよとのお声は、かけられるかと思われます。


お悩みへの回答

基本的には主催者である方が、費用を負担されたほうが良いとは考えられていますが、人数が多すぎる場合に、お声がけがある際には、割り勘等に甘えても良いかと思われます。

基本的には主催する兄弟等が平等の金額を負担するのが1番良いかとは思われます。
ですが、もし出資の申し出がある場合には、甘えても良いかと思われます。還暦を迎えられるお義母様は、おそらく、お祝いの会の当日、厄除けの意味も含めて、お祝いの品(お土産)を用意されることもあり得ます。
お義母様に、親戚の方々にも支援いただいたということを、伝える必要があります。
これによって、「お祝い(お土産)」のお品選びの判断に関わることに繋がります。

 今回の質問者様の催される 還暦祝いはとても大人数になって、準備も大変かと思います。
費用の面でも、その人数だと大金になる恐れがありますので、心配なところでもありますよね。

昔は還暦祝いとは、還暦を迎える本人やその家族が、周りの方に感謝の気持ちを込めて、おもてなしをすることから、主催が還暦を迎える本人と、その家族とされ、親戚やお世話になった方々を招待すると考えられていました。

ですが最近では考え方が変わり、基本的に主催者となるのは還暦を迎えた本人の家族や、会社の場合ですと後輩等になりました。

一方で招待される方は還暦を迎えられた本人と、親戚や会社の上司、お世話になった方々とされています。

ですが、招待される方については、最近は核家族化が進んでいたり、考え方の幅も人がってきたので、これが絶対という決まりはあまりないのが実情です。

決まっていることといえば、還暦を迎えられる方のお祝いですので、その方は確実に招待をされる立場となるということです。

一般的に多く見られるのは、還暦を迎えられる方のお子様が、親に対しての恩返しの意味も含めて、主催されるケースです。

さて、今回の質問者様のご質問ですと、誰がお祝いの際の費用の負担をした方が良いのか?というものでしたよね。

基本的にはやはり、招待されている側がお金を払うのではなく、主催をされるお子様やお孫様で全額を負担されるのが1番良いかとは思われます。

やはり招く立場と招かれる立場になりますので、招いた以上は費用も負担されるのが一番スマートな考え方とはされています。

なので、その場合には、主催である子供や孫の兄弟間で、平等にお金を出し合うのがお薦めかと思われます。

ですが今回のように大人数で行う場合は、費用を全額負担となるとかなり厳しいのも本音かと思われます。

ですので、親戚の方々から、お金の支援をしてあげるとの申し出があるのならば、それはそれで素直に甘えても良いかと思われます。

やはり、親族間のことですし、確実に誰が絶対的に出さなければならないということもないので、もしきびいいのであれば、素直に甘えて、支援をしていただいても構わないかと思わわれます。

親戚の方からしても、お祝いをしてあげたいという気持ちからの申し出だとは思うので、絶対に甘えない方が良い、ということはありません。

もしお金を少しでも出していただいたのならば、その時はしっかりと感謝の気持ちを伝えてくださいね。

また、会社の場合ですと、職場の部下や同僚などが主催となる場合が多いので、そういった場合にはお祝いを受ける方以外がお金を出し合う、会費制にされる方も多いです。

親族でも人数が多い場合ですと、そういう風に会費制にされるのも良いかとは思います。

ですがその場合は、お祝い金は受け取らないようにして、招待される方の負担を軽減することも大切にした方が良いでしょう。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 主催者である配偶者や、兄弟等で費用を平等に負担するのが1番良いとは思われます。
  • お金の支援の申し出があった場合には、素直にお願いしても失礼には当たらないでしょう。
  • 還暦を迎えた本人以外がお金を出し合う、会費制の還暦祝いもあります。
  • 会費制の場合は、ゲストの負担を減らすために、ご祝儀は受け取らないようにするのが良いかと思われます。


ですね!!




3.還暦祝いの相場について。



父母の場合。

 実の両親や、義理の両親への還暦祝いの金額の相場としては、3〜5万円が一般的にはもっとも多い金額であり、贈る際の目安とされています。

お祝いのお食事会を開いたり、現金を贈ったり、品物を贈ったり、家族旅行をプレゼントしたりと、お祝いのカタチは人によって様々です。

また経済面の幅も広いので、家庭によっては1万円だったり、10万円以上だったりと、お祝いにかける金額の幅は広く、一概にどれが正解とは言えませんが、自分の無理のない範囲での金額で大丈夫かと思われます。

還暦祝いとは、たくさんのお金を使うためのお祝いではなく、健康や長寿を祝ったり、感謝の気持ちを伝える日なので、その気持ちを大切にされているのならば、相場にとても執着される必要もないかとは思われます。

心配という方は、相場は目安として考え、ご自身の予算の範囲で、ご両親が最大限、喜んでいただけることが大切だという認識でいいかと思われます。

また、ご兄弟がいらっしゃる場合なら、それぞれ出し合ったお金で一緒に、お祝いをされる方も多いです。

兄弟がいてそれぞれにお祝いのお金を出し合う場合には、兄弟間で相談をし、なるべく金額に大きな差がないようにするのも、お薦めかとは思います。

ですが家族間のことですし、それぞれの収入にも関わることなので、決まりということはありません。なのでお互いがきちんと納得のいくお祝い金にされるのがベストかと思いますよ。



祖父母の場合。

 祖父母への還暦祝いへの相場の金額は、父母の時とは違い、1〜3万円程度とされています。

父母にかけられる金額よりも少なめなのには理由があります。

通常還暦祝いは還暦を迎えられる方の、お子様にあたる方が主催となって、行われる場合が多いです。

その際に、子供にあたる親よりも、孫が大金を贈ってしまうと、親の面子を潰してしまう可能性もあるとされるからです、

ですので、親御さんも還暦祝いを行う場合には、親より安めの贈り物をされた方が無難かと思われますよ!



親戚の場合。

 相手が親戚ですと、日ごろどれぐらいお世話になったり、仲良くしているかによって金額は変わってくるかと思われます。

かなりお世話になっていたり、仲が良ければ、両親と変わらない3〜5万円でも良いかと思われます。

ですが、普段頻繁に顔をあわせることがなかったり、関わりも少なくてそこまでの間柄では…と言う方は、5千〜1万円程度のお祝いでも、問題はないかと思われます。



職場の方の場合。

 会社の先輩や上司の方に対しては、親族ではありませんので、5千〜1万円程度のお祝いでも、問題はないかと思われます。

もしくは、一人でお祝いを贈るのではなく、同じ職場の方々で合同でお祝いをして差し上げるのもお薦めかと思われます。

還暦を迎えられる方以外がお金を出す、会費制のお食事会等も、職場の還暦祝いの際にはよく利用されていますよ。



4.すでに「還暦祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「還暦祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


祖父・祖母への還暦祝いに最適な相場・品物
祖父・祖母への還暦祝いに関するタブー
実両親への還暦祝いに最適な相場・品物
義両親への還暦祝いに最適な相場・品物
兄弟・姉妹への還暦祝いに最適な相場・品物



祖父・祖母への還暦祝いに最適な相場・品物

祖父・祖母への還暦祝いの相場はどのくらいでしょうか。お世話になった時間やその密度、関係性によっても大きく異なるとは思いますが、だいたい1万円程度が相場になっているようです。

還暦祝いで最近人気があるのがカタログギフトです。シニア世代に喜ばれるような商品が多数掲載されているカタログのコースも用意されています。

和食器や、血圧計、地方の名産品などが人気のようです。祖父・祖母の好みがわからない場合でも、カタログギフトであれば不用品を贈ってしまう心配が無いので安心です。

年を重ねてくると、不用品の処分が面倒になったり、大変に思うようになってくるものです。

そのため、なるべく普段から物は買わない、増やさないように暮らしているという方も大勢いらっしゃいます。

カタログギフトは、贈られた方が本当に必要だと思ったものをカタログの中から選択して頂けますし、そのまま自宅に商品が届くようになっているので、シニア世代の方にも人気があるのです。

贈る側は、贈り物を選ぶ時間や交通費、包装代、送料などがかからないので、その分カタログの価格を上げることができます。メッセージや、のしなどをつけてきちんと還暦祝いとして贈ることが可能なのです。



祖父・祖母への還暦祝いに関するタブー

還暦祝いと言えば人生の大きな節目をお祝いし、祖父・祖母に日ごろの感謝やお礼などを伝える絶好の機会です。ご本人もそれまでの人生を振り返る大切な機会でしょう。

昔の還暦祝いといえば、厄除けや縁起物として、赤いちゃんちゃんこなどを身に着けるという風習がありましたが、若い方には馴染みが少し薄いですね。

プレゼントは還暦を迎える方の人柄や生き方を尊重するようなオリジナリティ溢れるものや、お祝いの温かいメッセージを贈ったり、これからの健康や長寿を願った品物も喜びが倍増しそうです。

一般的には赤色を含めた花束や衣類、アクセサリーなどを贈られることが多いのですが、祖父・祖母の趣味嗜好に合ったものがベストです。祖父や祖母と同居していなかったり、ご遠方に住んでいる場合や何を贈ればいいのか迷った場合にはカタログギフトが便利です。

カタログギフトだと目上の方にも失礼に当たりませんし、好きなものを選べるので案外喜ばれます。意外と知られてはいないのですが、還暦祝いには相応しくない、タブーなものがあります。せっかくのお祝い事を台無しにしたくはないですよね。贈答のマナーとして贈っていいものとタブーなものをしっかりと押さえておきましょう。




実両親への還暦祝いに最適な相場・品物

「実両親への還暦祝いに最適な相場・品物」についてご紹介いたします。

実両親が還暦を迎えることは喜ばしいことです。そのため家族で集まってお祝いをしたり、還暦祝いのプレゼントを用意したりします。実両親への還暦祝いに最適な相場・品物にはどのような品物があるのでしょうか。


実両親への還暦祝いに最適な相場は、現金を贈る場合には両親の場合は3万円から5万円が一般的だとされています。祖父母に還暦祝いを贈る場合は1万円から3万円くらいが相場です。

その他の親族に還暦祝いを贈る場合は5千円から1万円が相場だとされています。

水引は、お祝いごとなので紅白か金銀を選び「蝶結び」のものを用意します。表書きには「還暦御祝」や「寿福」、「初還暦」、「長寿御祝」と記しますが、「御祝」とする場合もあります。還暦を迎える両親は、いわば人生の先輩です。目上の方に現金を贈ることに抵抗がある場合には品物を贈るとよいでしょう。


両親が喜んでくれそうな品物を選んだり、欲しがっている品物がわかればプレゼントしたら喜ばれるかもしれません。また、カタログギフトを還暦のお祝いとして贈っても良いでしょう。

カタログギフトの中から好きな品物を選んでもらって両親が喜んでくれれば贈った側も嬉しいことです。カタログギフト以外にもお花や名入れのギフト、お祝いメッセージがはいったギフトなどもおすすめの品物です。ブランド物のネクタイやお財布、バッグなどを贈っても良いでしょう。




義両親への還暦祝いに最適な相場・品物

「義両親への還暦祝いに最適な相場・品物」については、一般的には3万円から5万円あるいは、そのご家庭によっては1万円から10万円とも言われています。

経済状態やそれまでの義両親との関係性によっても予算は違ってくることでしょう。

また、こどもが一人だけではなく何人か居た場合には、みんなで集まってお祝いをしようということもあるので、そういった場合には音頭を取ってくれる他の兄弟の決めた金額を還暦祝いとすることになるでしょう。

義両親にしてみれば、金額の多寡はあまり気にしないのではないでしょうか、人生経験を積んで60歳を迎えた義両親には、子供たちが健康で楽しく生活してくれることが一番の願いでしょう。日頃の感謝も込めて還暦祝いをすることは、「祝ってくれる」というそのこと自体が嬉しいお祝いになります。とは言え、何か形に残るお祝いをしたいと思ったら、カタログギフトを利用することをおすすめします。

一般的な相場なども参考にして、還暦祝い用のカタログギフトを義両親に贈れば、還暦祝いにふさわしい品物が掲載されているので、楽しく好みの品を選んでいただくことができます。カタログギフトは、お祝いにふさわしいのしなども用意されています。




兄弟・姉妹への還暦祝いに最適な相場・品物

「兄弟・姉妹への還暦祝いに最適な相場・品物」については、一般的には一万円くらいというのが多いようです。ただ、必ずその相場に合わせなくてはならないということはなく、地方によっては生活改善運動の一環として、冠婚葬祭に関することには決まった少額のものをやりとりすることになっているというところもあります。

また、兄弟・姉妹は順に還暦になって行くので、あらかじめお互いに還暦になったときには、どういった形でそのお祝いをするのかといったことを計画的に決めている場合もあります。

仲の良い兄弟・姉妹で、何でも相談できる場合には還暦祝いに関しても、どんな品がほしいのかを先にリサーチしておくことも可能です。

ただ、それほどの親密さはないという場合にはカタログギフトを還暦祝いに利用することが、還暦祝いを贈る側にとっても、貰う側にとっても便利でお互いに簡単です。

カタログギフトには冠婚葬祭のそれぞれの場面で最適な品物が掲載されています。兄弟・姉妹への還暦祝いギフトに関しても、還暦祝い用のカタログギフトを利用すれば、カタログギフトを受け取った人が好みの品を選べるので喜んでもらえます。カタログギフトはランキングでも上位に入っていて人気があります。




最後に。

 今回は還暦祝いのお金や相場についてのご紹介でした。

大切なのはお祝いをするお気持ちですが、お金の面でもきちんとして、人生の節目のお祝いをして差し上げたいですよね。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみてくださいね。

また還暦祝いでは、品物の選びやすさから、カタログギフトを利用される方も多いかと思われます。

旅物専門や、グルメ専門、日本の伝統技が光る品物に特化したものなど、様々なジャンルに特化したものが多く、お年を召された方にも喜んでいいただきやすいことから、還暦祝いの贈り物にもよく選ばれています。

そして今回の記事でもあったように、金額面でお悩みの方もいらっしゃるかと思われます。

カタログギフトなら、様々な価格帯のコースが用意されているものがほとんどですので、自分の贈りたい金額のものも見つかるかと思いますよ。

しかも、たき新ではそんなカタログギフトを幅広く、しかも定価よりもかなりいお安く販売しているものが、たくさんあるのです!!

ぜひ1度、たき新のサイトを見て、自分の内祝いの際に検討してみてはいかがでしょうか?

たき新のサイトはこちらから!!



還暦祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
還暦祝い マナー一覧
還暦祝いの熨斗について。還暦当人が贈る際の熨斗や、複数名で贈る場合の名前の書き方について
お母さんの還暦祝いにお薦めの品物。同年齢の父と一緒に還暦祝いをしても良いのか。義母の還暦祝い旅行に身内の不幸が重なった場合。
お父さんの還暦祝いにお薦めの品物。ちゃんちゃんこ以外の贈り物や、還暦当時にお祝いをしてあげられなかった場合。
還暦祝いに旅行券。旅行券を贈る際の相場の金額や、旅行の日時について。
還暦祝いに関する様々なタイミングについて。お祝いを遅れてする場合、ちゃんちゃんこを着て頂くタイミング。
還暦祝いのプレゼントについて。名前入りのものについてや、お薦めのプレゼント、贈ってはいけないもの。
還暦祝いのメッセージ。英文のメッセージや、御の使い方、例文について。
還暦祝いの金額の相場。父母へそれぞれお祝いを贈る際の金額や、費用の負担者について。
還暦祝いのお返しについて。還暦当人が贈る結婚祝いへのお返しや、お返しを贈るタイミング。
還暦祝いの赤いちゃんちゃんこ。ちゃんちゃんこ以外の贈り物や、還暦祝いのパーティーでの服装について。
成功事例・体験談
すでに「還暦祝いのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
カテゴリでギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
その他歳祝い向けカタログギフト
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
香典返しマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト