カタログギフトのたき新 > お祝い > 還暦祝い > 還暦祝いのマナー > すでに「還暦祝いのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス

すでに「還暦祝いのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「還暦祝いのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。

兄弟・姉妹への還暦祝いでお贈りしてはいけないもの
兄弟・姉妹への還暦祝いに関するタブー
祖父・祖母への還暦祝いギフトに関するマナー・常識
祖父・祖母への還暦祝いでお贈りしてはいけないもの
義両親への還暦祝いギフトに関するマナー・常識
兄弟・姉妹への還暦祝いギフトに関するマナー・常識



兄弟・姉妹への還暦祝いでお贈りしてはいけないもの

還暦祝いでは祝いの品も、年齢を意識したものを考えることが多くなるかもしれませんが、そうした行動をとるとかえって相手に老いを感じさせてしまうことになるため、してはいけない行動として考えられます。

我が身とて他人事とは言い難い兄弟・姉妹の関係上で老眼鏡を渡したり、杖を贈ったりとしあうのはどちらにとってもあまり気分のよいものにはなりませんので、当の兄弟・姉妹が欲しいといっている状況を除いて、積極的に避けるようにしたいところです。

還暦祝いで贈ってはいけないものとしては他に数字の4や9を連想させるものや、香典返しを思わせるお茶の類、根付くが寝付くに繋がる鉢植えの花や、花が首から落ちるように散る椿など、縁起の悪い品が該当します。

過去の時代の還暦に比べて現在の還暦はまだまだ良い意味で軽く、不吉なことを身近に感じる年齢にないとはいえ、他に物がいくらでもありカタログギフトという無難な選択肢も存在する中で、あえて選ぶべき品でもありません。縁起以外にも勤勉さの象徴となる時計やカバン、踏みつけるという意味にもなる履き物、手布の字面が縁切りに似たハンカチなど、人によっては皮肉や嫌味に感じられる品というのは数多く存在します。兄弟に考えすぎる嫌いがあるのなら、旅行やエステの利用券といったものが並んだカタログギフトを贈ったほうが、素直な気持ちを伝えられるでしょう。



兄弟・姉妹への還暦祝いに関するタブー

還暦祝い自体は嬉しいことでも、祝われるだけの年数を重ねたことに関しては、複雑な思いを抱いてしまう方もいます。

人生50年といわれてすらいた過去に比べると、平均寿命も倍近く伸びた現在の60歳といえばまだまだ若々しい年代ですから、喜寿や米寿と同じような雰囲気で大々的に祝われるのは、過剰に年齢を重ねた者扱いされているようで嫌だと感じられることもあります。

兄弟・姉妹を相手にした場合なら尚更、己とそう年齢の変わらない相手に還暦などと祝われるのは不本意と考えられるのも無理はありません。よって兄弟・姉妹間の還暦祝いでは、何よりその年齢を意識させすぎることがタブーとなります。

祝うべき年になったのだからと難しく考えすぎず、ちょっと豪華な誕生日祝いをするぐらいの認識に留めておけば、タブーをおかす心配もなく、双方にとって気持ちよく祝いをあげることができるでしょう。

祝いの品なども慣例に倣おうと還暦らしさを求めることなく、本人の欲しい品を贈るのが一番です。カタログギフトのような本人の好みに任せて選んでもらえるようなギフトも存在しますので、上手くその機能を利用して対応してください。カタログギフトでは軽く見えると思われるかもしれませんが、還暦のめでたさだけにスポットを当てた祝いをするには、むしろ軽いぐらいでちょうどよいのです。



祖父・祖母への還暦祝いギフトに関するマナー・常識

祖父・祖母への還暦祝いは基本的には食べ物は避ける傾向にあると思います。夫婦二人で暮らしている方や食が細い方も多いので、食べ物のギフトは量が多くて食べきれない場合があるからです。

シニア世代の方は持病を抱えている方もいます。食塩や砂糖類、特定の食材などの制限をしていることもありますし、なるべくなら食べ物のギフトは控えたほうが良いと思います。また、還暦だからといっても昔に比べて老けた印象を抱かれることを嫌う方も多いです。

還暦ならではのギフトは、人と同じものになることも多いですし、年寄り扱いされていると良い気分にならない方もいます。なるべくならその方の趣味にあったものにして、赤いものやちゃんちゃんこのようなものは贈らないほうが良いかもしれません。還暦祝いには、重たいものや扱いづらいものは贈らないのがマナーです。

シニア世代の方は腰が悪い方も多いですし、重たいものの持ち運びには苦労することがあります。また、細かい文字は読みにくかったり、いくら便利でも最新機器は扱えないこともあります。

自分の生活ペースや趣味や食の好みが固定されている方も多いので、本当にその方にとって迷惑にならないもの、マナー違反にならないようなものを贈りたいと考えると、カタログギフトが便利だと思います。祖父・祖母へカタログを贈るだけなのですが、メッセージを付けることも、包装をしてもらうこともできます。カタログギフトは無駄を嫌うシニア世代の方にも好評を得ているギフトです。



祖父・祖母への還暦祝いでお贈りしてはいけないもの

還暦祝いは祖父・祖母が喜ぶものやお手紙などを贈れば大丈夫なのですが、目上に当たるので、品物を選ぶ際の注意点(タブー)をいくつかご紹介します。

冠婚葬祭にはマナーがつきものですが、還暦祝いにも贈ってはいけないものがあります。日ごろからコミュニケーションを大切にして、祖父・祖母が欲しいものを聞いてみるのも良いですね。

現金や商品券、時計やカバンなどの高価なものなどは、還暦祝いにかかわらず、目上の方に贈らないほうが良しとされています。現金や商品券は、合理的でベストな方法に見えますが、実はタブーなのです。目上の者が目下の方に贈るのはOKなのですが、どうぞお好きなものを買ってくださいという意味になり、目上の方には失礼に当たります。

時計やカバンは「より勤勉に」を意味しますし、万年筆やベルトなども、精進して気を抜くなという意味合いになりいけないですね。履物はたとえ高級品であっても、足で踏むという意味が込められているのでいけません。靴下も同様で贈らない方が無難でしょう。

こうなると何を贈ればいいのか迷ってしまいそうですが、定番化しているカタログギフトなら安心かもしれません。

カタログギフトは選ぶ楽しさがあり、遠慮してなかなか希望を伝えづらいこともありますので、おまかせになりますが、ご希望に合ったものを見つけられる可能性が高くなります。還暦祝いのプレゼントの選定は決して難しいものではなく、心がこもっていることが一番大切です。



義両親への還暦祝いギフトに関するマナー・常識

「義両親への還暦祝いギフトに関するマナー・常識」については、一般的には履物などの足で踏みつけるような品物は避けるようにするということが言われています。昔は60歳というとお年寄りという感じだったので、還暦祝いの品もお年寄りが喜びそうな品をプレゼントしたりしたようですが、現代では60歳は決してお年寄りではありません。

むしろ、元気で若々しい人が多いというのが実情です。こんな心身共に若いという人には、年寄りくさい品物を還暦祝いとして贈ると、かえってがっかりさせてしまうことになりかねません。

実両親であれば、ざっくばらんに「おとうさん(おかあさん)もうすぐ還暦なのでお祝いをしたいと思うのでどんな品物が欲しいか教えて」と聞くこともできますが、義両親にはそういったことが言いにくいということもあります。

そういった場合には、還暦祝いに何が欲しいかというリサーチをしたり、お祝いの品を買いに出掛けたりする時間を省くことが出来る方法があります。

それは還暦祝い用のカタログギフトを利用することです。カタログギフトの会社では、それぞれの場合に沿った間違いの無いマナー・常識をふまえてカタログを作っているので安心して贈ることができます。



兄弟・姉妹への還暦祝いギフトに関するマナー・常識

「兄弟・姉妹への還暦祝いギフトに関するマナー・常識」については、兄弟や姉妹同士が普段から仲良くしていて、なんでも相談しやすい関わり合いをしている場合には、「還暦のお祝いをしようと思うが、どんな品物がほしいのか」と聞いてからお祝いの品選びをすることもできます。

ところが、それほどでもない間柄の場合にはどんなものを贈れば喜んでもらえるのか、お祝いの品選びに困ってしまいます。

還暦祝いギフトに関するマナー・常識としては、履物などの踏みつける品物や、いかにも老人のものといった品物はもらう側に立って見ると、あまり歓迎されない品物です。

よくわからないといった場合には、カタログギフトを利用することをおすすめします。

カタログギフトには冠婚葬祭のそれぞれの場面で最適な品物が掲載されています。冠婚葬祭のそれぞれの場合ごとに決まっているタブーの品などは避けて掲載する品を選定しているので、贈る側がそういったマナーや常識について詳しくなくても、安心してお祝いを贈ることができるようになっています。

兄弟・姉妹への還暦祝いギフトに関しても、還暦祝い用のカタログギフトを利用すれば、カタログギフトを受け取った人が好みの品を選べるので喜んでもらえます。

還暦祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
還暦祝い マナー一覧
還暦祝いの熨斗について。還暦当人が贈る際の熨斗や、複数名で贈る場合の名前の書き方について
お母さんの還暦祝いにお薦めの品物。同年齢の父と一緒に還暦祝いをしても良いのか。義母の還暦祝い旅行に身内の不幸が重なった場合。
お父さんの還暦祝いにお薦めの品物。ちゃんちゃんこ以外の贈り物や、還暦当時にお祝いをしてあげられなかった場合。
還暦祝いに旅行券。旅行券を贈る際の相場の金額や、旅行の日時について。
還暦祝いに関する様々なタイミングについて。お祝いを遅れてする場合、ちゃんちゃんこを着て頂くタイミング。
還暦祝いのプレゼントについて。名前入りのものについてや、お薦めのプレゼント、贈ってはいけないもの。
還暦祝いのメッセージ。英文のメッセージや、御の使い方、例文について。
還暦祝いの金額の相場。父母へそれぞれお祝いを贈る際の金額や、費用の負担者について。
還暦祝いのお返しについて。還暦当人が贈る結婚祝いへのお返しや、お返しを贈るタイミング。
還暦祝いの赤いちゃんちゃんこ。ちゃんちゃんこ以外の贈り物や、還暦祝いのパーティーでの服装について。
成功事例・体験談
すでに「還暦祝いのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
カテゴリでギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
その他歳祝い向けカタログギフト
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
香典返しマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト