お歳暮ギフト

カタログギフトのたき新 > お祝い > 結婚祝い > 結婚祝いのマナー > 兄弟姉妹への結婚祝いの相場と贈る時期。再婚の際と、引き出物なしの、姉の結婚式のご祝儀について。

兄弟姉妹への結婚祝いの相場と贈る時期。再婚の際と、引き出物なしの、姉の結婚式のご祝儀について。




ご兄弟、ご姉妹への結婚祝いを贈る際には、以下のようなお悩みが多いのです。
「再婚の場合は、ご祝儀はいくらがいいんだろう?」
「夫婦で出席する場合のご祝儀はいくらが相場?」

 一緒に過ごしてきた年数が長い、兄弟や姉妹が結婚するのって、家族としてとても嬉しいことですし、感慨深いですよね。

ちゃんとお祝いしてあげたいと、強く思う方も多いのではないでしょうか?。

家族という近い存在だからこそ、親しき仲にも礼儀ありという言葉が存在するように、マナーも大切にしたいものですよね。

今回はそんな、兄弟や姉妹に贈る結婚祝いについてのご紹介をいたしますよ!


1.再婚した弟様へのご祝儀は、初婚や再婚関係なく、ご祝儀の目安とされる金額になるべく合わせる方が好ましいでしょう。
基本的には、再婚の際も初婚の際同様、一般的な目安とされている金額のご祝儀を包むのが一般的なマナーとされています。
ですが、ご姉弟同士ですので話し合いで包む金額が変わってきたり、家族間でのルールがある場合は、それに則った方が無難かと思われます。
2.引き出物なしの、姉の結婚式に夫婦で出席する場合は、100,000円が相場とされています。
ですが家族ルールがあるのならば、家族ルールに則るのが無難でしょう。
自分が既婚者である場合、姉妹間でのご祝儀は50,000〜100,000円が目安とされています。
また夫婦であれば、70,000〜100,000円のご祝儀が一般的です。
ですが今回の場合ならば、家族ルールがあるため、引き出物代は引いた分の金額でも良いかと思われます。
3.兄弟への結婚祝いの相場。
ご祝儀や結婚祝いの相場としては様々なパターンがあります。
また、基本的には結婚式に出席しない場合や、入籍のみの場合は、結婚式の食事代と引き出物代分の2万円をご祝儀分の金額から引いた額を包むのが相場です。



1.再婚した弟様へのご祝儀は、初婚や再婚関係なく、ご祝儀の目安とされる金額になるべく合わせる方が好ましいでしょう。



  • 再婚の際のご祝儀も、初婚の際と同額or一般的な金額の目安に合わせるのが基本的なマナーとされています。
  • 上記の理由としては、お祝いには1回目も2回目もなく、差がないめでたいこととされているからです。
  • 家族ルールがある場合には、それに則った金額を包むのが無難かと思われます。
  • 家族間でのお祝い事ですので、一度ご両親にご相談されるのがお薦めです。
  • 弟さんが2度目のご祝儀を辞退された場合は、それに甘えて贈らなくても良いかと思われます。
お客様のお悩み

先日弟が再婚をしました。
その際にお祝い金を贈ろうと思っているのですが、どの程度の金額を包めば良いでしょうか?

 5歳年の離れた弟様のいる、女性からのご質問です。
この方のご年齢は30代半ばです。

先日弟様が、再婚されることになったとのこと。
この際の結婚式はなく、入籍のみとのことです。

12年前の初婚の時も、弟様は披露宴は行わなかったそうです。

その際の結婚祝いに関するご質問が幾つかあるそうです。

当時は50,000円のお祝い金を贈りましたが、今回はいくら程度包めば良いのでしょうか?

 弟の初婚の際、当時の私は20代前半の、社会人になりたてということもあり、50,000円のお祝い金を包みました。

兄弟同士のお祝い金は、相場が100,000円程度とよく聞きますが、今回のような再婚の場合にでも、私の年齢も30代ということもあり、相場通りの100,000円を包んだ方が良いのでしょうか?


お悩みへの回答

基本的には、再婚の際も初婚の際同様、一般的な目安とされている金額のご祝儀を包むのが一般的なマナーとされています。
ですが、ご姉弟同士ですので話し合いで包む金額が変わってきたり、家族間でのルールがある場合は、それに則った方が無難かと思われます。

基本的には再婚の際も初婚の際同様、一般的な目安とされている金額を包むのが一般的とされています。
ですが姉弟間ですので、家族ルールがあったりすることもあるので、ご両親にご相談されるのがお薦めかと思われます。

 基本的に、兄弟姉妹などに関係なく、相手が再婚の場合にでも、ご祝儀やお祝い金として包む金額は再婚の際も初婚の際同様、一般的な目安とされている金額を包むのが、一般的なマナーとされています。

これには一度は贈っているのだし、二回も贈らなくても良いのでは?と思われる方も多いことかと思われます。

ですがお祝いの観点からすると、お祝いに1回目も2回目も関係なく、同じものであり差はないものだという考え方がされています。

このことから、基本的には自分の年齢や、贈り先様とのご関係に基づいた金額のご祝儀を、再婚の際にも贈られる方のが、無難かと思われます。

今回の質問者様の場合ですと、当初は20代前半の社会人になりたてということから、50,000円のお祝い金を包まれたとのことでした。

20代で未婚の場合、兄弟へのご祝儀の相場は20,000〜50,000円が相場だとされているので、これに関しては何も問題はないかと思われます。

ですが今回の場合ですと、もう30代半ばのご年齢になられているとのことでしたので50,000〜100,000円のお祝い金が一般的かと思われます。

でも相手は弟さんですので、もしかしたら家族ルールがある場合もあるかと思います。

これは親族間や家族間にあることが多いもので、例えばお互いの負担にならないように贈り合いはしないだとか、包むお祝い金の額を一律にする等の各家庭でのルールになります。

こういったルールがある場合は、各家庭や一族で様々だと思われますので、一度ご両親にご相談されるのがお薦めです。

また、再婚された側の方に多いお話なのですが、初婚の際にご祝儀をいただいている分、2回目の結婚式の時にはご祝儀を辞退される方も多くいらっしゃいます。

こういった際には、もし相手が初婚の場合でしたら、相手方のゲストのご祝儀はいただいて、再婚側のゲストの方からのご祝儀は辞退されるケースが多いです。

または、こういった2重のご祝儀を防ぐために、会費制の結婚式にされる方もいらっしゃいます。

ですが今回の場合は、弟さんは初婚の際も、再婚の際も結婚式をあげないとのことでしたので、会費制結婚式等のお話は関係なくなるとは思われます。

なので弟様がもし、ご祝儀を辞退された場合には、質問者様も2回目のご祝儀を贈らなくても良いかと思われます。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 再婚の際のご祝儀も、初婚の際と同額or一般的な金額の目安に合わせるのが基本的なマナーとされています。
  • 上記の理由としては、お祝いには1回目も2回目もなく、差がないめでたいこととされているからです。
  • 家族ルールがある場合には、それに則った金額を包むのが無難かと思われます。
  • 家族間でのお祝い事ですので、一度ご両親にご相談されるのがお薦めです。
  • 弟さんが2度目のご祝儀を辞退された場合は、それに甘えて贈らなくても良いかと思われます。


ですね!!



2.引き出物なしの、姉の結婚式に夫婦で出席する場合は、100,000円が相場とされています。
ですが家族ルールがあるのならば、家族ルールに則るのが無難でしょう。



  • 姉妹や兄弟の立場にあたる方は、ご祝儀の相場は1人50,000〜100,000円、夫婦ならば70,000〜100,000円が相場とされています。
  • 今回は家族ルールを適応して、相場のご祝儀から、引き出物代を引いた金額でも良いかと思われます。
  • ご祝儀に入れてはいけない金額もあるので気を付けましょう。
お客様のお悩み

家族ルールのある姉妹間でのご祝儀は、どの程度の金額を包めば良いでしょうか?

 最近、お姉様が入籍された女性、Jさんからの相談です。質問者様は三人姉妹の次女だそうです。

先日Jさんのお姉様がご結婚をされたそうです。

以前、次女であるJさんが結婚式をあげずに、結婚のみをした際には、50,000円ずつのお祝い金を、長女のお姉様と、三女の妹さまから受け取ったとのこと。

その際にお互い内祝いは無しでという、ルールを決めたそうです。
今回質問者様はお姉様の結婚式に、旦那様とご招待をされたそうです。

その際の包むご祝儀に対して疑問点があるそうです。

内祝いにあたる引き出物無しの、結婚式に旦那さんと出席する場合は、ご祝儀はいくら包めばよろしいでしょうか?

 姉妹間での、内祝いは無しにするというルールに則って、姉の結婚式の際には、自分たちの引き出物は用意されないと思われます。

そして私は旦那さんと2人で出席をする予定です。

その場合は、ご祝儀にいくら包むのが良いのでしょうか?
50,000円では少ないでしょうか?


お悩みへの回答

自分が既婚者である場合、姉妹間でのご祝儀は50,000〜100,000円が目安とされています。
また夫婦であれば、70,000〜100,000円のご祝儀が一般的です。
ですが今回の場合ならば、家族ルールがあるため、引き出物代は引いた分の金額でも良いかと思われます。

姉妹間であれば、夫婦での結婚式への出席の場合は、ご祝儀は70,000〜100,000円が一般的な目安とされています。
家族ルールがある場合は、それを反映させた金額で良いかと思われます。

 まず、基本的に姉妹や兄弟の立場にあたる方は、ご祝儀の相場は1人50,000〜100,000円、夫婦ならば70,000〜100,000円が相場とされています。

友人という立場であれば、夫婦の出席の際も50,000円という金額でも良いかと思われますが、質問者様の場合は、姉妹となるので、夫婦での出席の一般的な目安としたら70,000円からの金額を包まれる方が無難で良いかと思われます。

ですが、ご祝儀の金額にはマナーに沿わなくても良い場合があります。
それは親族間のお祝い事の際に、初めから親族の間でルールが決められている場合です。

今回の場合でいうと、姉妹の間で決めた『内祝いは無しにするという』というルールがあてはまるかと思われます。

結婚式に出席する場合は、ご祝儀の中から式でのお食事代と引き出物が含まれており、なおかつ、お祝い金としているのが、ご祝儀の内訳への考え方とされています。

一般的に引き出物は、ご祝儀の1/10程度を目安に贈られることが多いです。
またそれにプラスして、引き菓子や縁起物といったサブの品物がつきます。

そうするとだいたい、ご祝儀の1/10程度の金額のメインの品物と、引き菓子・縁起物が2,000〜3,000程度と言われています。

今回の場合でいうと、お姉様とは姉妹間になるので、引き出物は10,000円〜15,000円程度のものになるかと思われます。

そう考えて、質問者様の立場のご祝儀の相場である70,000〜100,000円から、引き出物分の10,000〜15,000円は引いた金額でも良いかと思われます。

ですが気をつけていただきたいのが、ご祝儀には入れてはならない金額があるということです。

基本的には割り切れない数字はOKですが、死を意味する4と、苦を意味する9は避けてくださいね。
ですが偶数でも、20,000円と80,000円はOKとされています。

また、100,0000円以上から上乗せする場合は、50,000円単位とされています。

なので以上のことを考えると、最低でも70,000円のご祝儀を包まれるのが無難かと思われます。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 姉妹や兄弟の立場にあたる方は、ご祝儀の相場は1人50,000〜100,000円、夫婦ならば70,000〜100,000円が相場とされています。
  • 今回は家族ルールを適応して、相場のご祝儀から、引き出物代を引いた金額でも良いかと思われます。
  • ご祝儀に入れてはいけない金額もあるので気を付けましょう。


ですね!!




3.兄弟への結婚祝いの相場。




基本的な結婚祝いの金額の目安。

  基本的に結婚祝いの相場としては様々なパターンがあります。
兄弟や姉妹間の場合のご祝儀の金額の相場も、年齢や既婚か未婚、結婚式の出席や欠席等の条件により、変動してきます。

【出席をする場合】
▶︎20代学生:20,000円〜
▶︎未婚の20代社会人:50,000円
▶︎未婚の30〜40代:50,000〜100,000円
▶︎既婚:50,000〜70,000円
▶︎夫婦で出席:70,000〜100,000円

【出席しない場合】
▶︎先にご祝儀を頂いている場合は、頂いたご祝儀と同じ金額。
▶︎頂いたことがない場合は、一般的な目安の金額から、1/2〜1/3程度を差し引いた金額。

基本的には結婚式に出席しない場合や、入籍のみの場合は、一般的な目安の金額から、1/2〜1/3程度を差し引いた金額を包むのが相場です。

ですが自分の都合で、出欠確認の締め切りが過ぎ、式ギリギリの欠席になった場合。
すでに、式当日のお料理代や引き出物代がキャンセルできない場合がほとんどです。
なのでその分も自分が、責任を持って負担するのが一般的です。

また、親族や兄弟ならば、その家庭によって家族ルールがある場合があります。

例えば贈り合いはお互いの負担になるからやめようとか、贈る際の金額は1人一律の金額で贈るというものです。

そういったものがある際は、そのルールに則って送った方が無難かと思われます。

なので、その際は一度ご両親に相談した上で贈るのがお薦めです。



兄弟や姉妹への結婚祝いについてのご紹介でした。

 今回は兄弟や姉妹への結婚祝いについてのご紹介でした。
疑問等は少しは解決できたでしょうか?

小さい頃から一緒に育ってきた兄弟や姉妹だからこそ、キチンとしたお祝いをしてあげたいものですよね。

なので、ぜひ今回の記事を参考にして、気持ちの良いお祝いをしてあげてくださいね!



結婚祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
結婚祝い マナー一覧
結婚祝いの金額の相場!挙式に招待されてない友人へのお祝い金や、姪の結婚式へのご祝儀
結婚祝いの熨斗の基本!妻と子供が欠席した結婚祝いの熨斗や、会費制のご祝儀袋について
結婚祝いのメッセージカードのマナー!入れ方や送り忘れた時の対処法
現金での結婚祝いについて。上司へ贈る場合や、品物と現金両方を郵送で送る場合
結婚祝いで人気のプレゼント。連名の際の金額や、贈る品物の種類について。
友人へ贈る結婚祝いのマナー。結婚式に招待されていない場合は1万円のお祝い金が相場。既にお祝いを渡して、欠席する場合は再度のお祝いは不要です。
兄弟姉妹への結婚祝いの相場と贈る時期。再婚の際と、自分の挙式後の結婚式へのご祝儀について。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
お孫様へのお祝い
御友人へのお祝い
職場の方へのお祝い
甥御様・姪御様へのお祝い
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
出産内祝いマナー
香典返しマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト