カタログギフトのたき新 > お祝い > 結婚祝い > 結婚祝いのマナー > 結婚祝いで人気のプレゼント。連名の際の金額や、贈る品物の種類について。

結婚祝いで人気のプレゼント。連名の際の金額や、贈る品物の種類について。




快結婚祝いに品物をプレゼントする場合は、以下のようなお悩みが多いのです。
「結婚祝いを連名で贈ろうと思うけど、1人あたりの金額はどの程度なら大丈夫かな?。」」
「結婚祝いに贈られている品物で人気なものや、喜んでもらいやすいものってなんだろう?」

 晴れて夫婦になったというおめでたいことに対して、お祝いの気持ちを込めて品物をプレゼントしたり、お祝い金を贈る方も多いことかと思います。

きちんと律儀に祝福の気持ちを伝えるのも、日本人ならではの良いところですよね。

ですが、いざ贈るためのプレゼントを選ぶとなかなか苦戦する方も多いかと思います。

かけるべき金額は?喜ばれる品物は?人気の品物は?
プレゼントを選ぶためには、様々な方向からリサーチをしなければなりませんよね。

今回はそんな方々のために結婚祝いに贈る、プレゼントに関することについてのご紹介をいたしますよ!


1.結婚祝いに友人と連名でプレゼントを贈るとき、結婚式に出席するのならば、別のお祝いは4人で10,000円の品物でも充分でしょう。
結婚式に出席され、ご祝儀とは別の結婚祝いでしたら、4人で10,000円の品物でも良いかと思われます。
本来は結婚式に出席される場合は、ご祝儀のみのお祝いとなるので、ご友人様にも喜んでいただけるかと思われます。
2.結婚祝いを贈る際の品物の種類について。
夫婦2人で使えるものがオススメです。また、贈る時期は式前1〜2ヶ月以内が良いでしょう
結婚祝いの品物は、なるべく2人で使えたり、新生活に使えるものを贈るのがお薦めです。
贈る時期としては、結婚式を行われるのであれば、式前1〜2ヶ月前が良いかと思われます。
3.人気の結婚祝いの品物について。
結婚祝いに贈られるのに人気なよく選ばれている品物の一部の例として、商品券・現金、食器類、カタログギフト、キッチン用品、家電製品等が実用性が高く、人気の品物とされています。



1.結婚祝いに友人と連名でプレゼントを贈るとき、結婚式に出席するのならば、別のお祝いは4人で10,000円の品物でも充分でしょう。



  • 結婚祝いに対してのお祝いは、結婚式に出席する場合は、基本的にご祝儀のみで賄えると考えられています。
  • 今回は、ご祝儀とは別のプラスでのお祝いの品物なので、気持ち程度の金額でも良いかと思われます。
  • 合計で10,000円の品物であれば、金額的にも安すぎることはないでしょう。
お客様のお悩み

結婚式に招待されている友人4人で、ご祝儀とは別に結婚祝いのプレゼントをしようと思っています。
その際4人で10,000円の品物でも良いでしょうか?

 先日ご友人様がご入籍された女性からのご相談です。

今度、大学時代に仲が良かったご友人様計5名でお食事会をするとのこと。

その際に、そのうちの1名様が結婚をするにあたって、結婚祝いを残りの4名様で用意しようと計画されているそうです。

その際の結婚祝いに関するご質問があるそうです。

結婚式には全員出席をするのですが、ご祝儀とは別の結婚祝いのプレゼントが4人で10,000円だと失礼でしょうか?

 今度お食事をするメンバーのうちの1人が結婚するにあたって、残りのメンバー4人で結婚祝いを贈ろうと思っています。

結婚式にはみんな出席する予定なので、この結婚祝いはご祝儀とは別物になり、お祝いの気持ちとして贈らせていただく予定です。

その際のプレゼントに出し合う金額を、4人で10,000円程度にしようかと話し合っているのですが、その金額では失礼にあたるのでしょうか?

また、プレゼントを贈る4人は未婚ですので、お祝いをするのは初めてとなりますし、誰かがお祝い金を先に頂いていることもありません。


お悩みへの回答

結婚式に出席され、ご祝儀とは別の結婚祝いでしたら、4人で10,000円の品物でも良いかと思われます。
本来は結婚式に出席される場合は、ご祝儀のみのお祝いとなるので、ご友人様にも喜んでいただけるかと思われます。

結婚式に出席され、ご祝儀とは別の結婚祝いでしたら、4人で10,000円の品物でも充分かと思われます。

 今回の質問様を含めた、結婚祝いを贈られる方々は、ご友人様の結婚式には出席されるとのことでしたよね。

基本的に結婚式に出席される場合は、その際に贈るご祝儀が結婚祝い代わりとなっているので、別での結婚祝いは用意しなくても良いとされています。

ですので今回のような、ご祝儀とは別の結婚祝いはプラスαの結婚祝いとなるので、受取手のご友人様も、さぞその心遣いに喜ばれるかと思われますよ。

一般的には結婚式に出席の場合は、ご祝儀が結婚祝い代わりとなると先ほどにも記述しましたが、今回のようにご祝儀とは別の品物をプレゼントするのも、全く失礼にはあたることはありません。

こういったケースは、入籍と結婚式とのあく期間が長い方へ、一時的なお祝いの贈り物として贈られる場合や、今回のように、プラスのお祝いの気持ちとして贈られる場合に見られることが多いですよ。

また、4人で10,000円の品物で大丈夫なのかという、心配の声がありましたよね。

今回の場合ですと、ご祝儀とは別での結婚祝いの品物になるので、これはこれで全然充分な金額と言えるかと思われます。

また、結婚祝いを以前にこの贈るメンバーの誰かが受け取っていたとしても、それは結婚式でのご祝儀での対応になるかと思いますので、今回のプレゼントの品物に反映させる必要もないかと思います。

そう考えると、完全にプラスでのお祝いのプレゼントであり、気持ち次第のものとなります。

10,000円ならば、1人2,500円程度は出されているので、品物のみでの友人へのお祝いの相場が5,000円と多く考えられてる中では、プラスの品物にしても許容範囲の金額だと思いますよ。

また、あまりにも合計の金額が安いと、贈る側としても気がひけるかもしれませんが、今回は10,000円するとのことでしたので、一つのプレゼントとして考えた時、そこまで安い金額ではないとも考えられます。

ですので安心して贈って頂いて大丈夫かと思われます。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 結婚祝いに対してのお祝いは、結婚式に出席する場合は、基本的にご祝儀のみで賄えると考えられています。
  • 今回は、ご祝儀とは別のプラスでのお祝いの品物なので、気持ち程度の金額でも良いかと思われます。
  • 合計で10,000円の品物であれば、金額的にも安すぎることはないでしょう。


ですね!!



2.結婚祝いを贈る際の品物の種類について。
夫婦2人で使えるものがお薦めです。また、贈る時期は式前1〜2ヶ月以内が良いでしょう。



  • 結婚祝いに贈る品物は、夫婦2人で使えるものや、新生活で使えるものがお薦めです。
  • 相手が結婚式をあげる場合は挙式の1〜2ヶ月前程度、遅くなってしまっても1週間前には贈るのが目安とされています。
お客様のお悩み

友人にご祝儀と一緒に、結婚祝いの品物をプレゼントしようと思っています。
その場合、新婦1人で身につけるアクセサリーは不相応でしょうか?
また、郵送の場合はどの位の時期に送れば良いのでしょうか?

 最近ご友人が入籍された女性Aさんからのご相談です。

先日ご友人様から入籍報告を受け、結婚祝いを用意しようと考えているそうです。
結婚式自体は、身内のみのためAさんは招待はされていはいないとのこと。

その際の結婚祝いに関して疑問点があるそうです。

ご祝儀と、プラス結婚祝いの品物のプレゼントを贈ろうと思っています。
品物の金額は15,000〜20,000円のものを考えています。
新婦さん一人でつけるような、アクセサリーでは不相応でしょうか?

 身内のみの式で招待はされていませんが、結婚式をするとのことでしたので、ご祝儀とお祝いの品物両方を贈ろうと考えています。

その際にご祝儀は一般的な10,000円を包もうと思っていて、品物には15,000〜20,000円程度のものを用意できたらと考えています。

周囲の他の友人が既に、フォトフレームや花束を贈ると言ってい他ので、その二つは贈れないなとは思っています。

ですが自身が結婚した時に、ペアのパジャマや食器などを頂いた時になかなか使わなかったので、その二つも避けたいと思いました。

そこで、友人である新婦にピアスなどのアクセサリーを贈ろうかと検討しています。

ですが、結婚は新郎さんと2人のことであって、お祝いも2人へのものとして考えるのであれば、新婦のみに向けたアクセサリーでは、やはり結婚祝いとしては不相応でしょうか?

ちなみに私は、新郎さんとは面識が1度もありません。

結婚祝いを贈る時期はいつごろが良いのでしょうか?

 郵送で結婚祝いを送ろうとは思っているのですが、 贈る時期はいつごろが良いのでしょうか?


お悩みへの回答

結婚祝いの品物は、なるべく2人で使えたり、新生活に使えるものを贈るのがお薦めです。
贈る時期としては、結婚式を行われるのであれば、式前1〜2ヶ月前が良いかと思われます。

結婚祝いは2人に向けてのお祝いと考えられるので、なるべく2人で使えたり、新生活に使えるものを贈るのがお薦めです。

 結婚祝いの贈り物ってとっても悩みますよね。

今回の場合、アクセサリーでは相応しくないのかというご質問でしたが、アクセサリーは絶対的に失礼ということはありません。
ですがやはり、ご質問者様の心配される通り、結婚祝いにはご夫婦2人で使える品物を贈る方がお薦めかと思われます。

質問者様のお考えの通り、結婚とは2人ですることであり、結婚祝いは基本的に『結婚をする2人に宛てたもの』とされる考え方が一般的とされています。

ですので、アクセサリー類ですと、新婦様のみが着用されることとなるかと思われますので、あまりお薦めはできないかと思われます。

どうしても贈るものが思いつかない等の場合には、もし質問者様が新婦様と親しい間柄であるのならば、どんなものが欲しい?とリクエストを聞いてみるのもお薦めです。

それでリクエストがあった場合は、新婦様が欲しかったものなので一件落着ですよね。

ですが聞きづらい場合もあるかと思います。

そんな時は、食器類でないのならば、家電製品や高めのレストランのお食事券、温泉旅行券や、テーマパークの券、お酒好きならばお二人の名前入りや、少し高級めなお酒などもお薦めです。
また、カタログギフトもオススメの一品です。

家電製品であれば、新生活でも役立つと思われますし、レストランや温泉旅行、テーマパークの券ならば、普段あまりできない体験ができるかと思われます。

お酒好きの方でしたら、普段あまり飲む事のできないお酒でも喜ばしいと考えられます。

また最後に、カタログギフトならば、ある程度のジャンルを絞ったものを贈ったり、好みの価格帯のコースのものを贈ることもできます。
相手が好きなものを選ぶことができるので、必要じゃないものを贈る心配もありませんよ。

何が一概に正解とは言えませんが、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

結婚祝いを贈る時期は、結婚式を行われるのであれば、式前1〜2ヶ月前が目安と考えられています。

 基本的に結婚祝いは、相手が結婚式をあげる場合は挙式の1〜2ヶ月前程度、遅くなってしまっても1週間前には贈るのが目安とされています。

これは、基本的に結婚の内祝いが通常式後1ヶ月以内に贈られる事が多いからかと言えます。

結婚祝いに対するお返しの内祝いの場合は、お礼の意味合いと、無事に結婚をしましたという報告の意味合いも含まれています。

結婚内祝いが基本的に、式後1ヶ月以内というのが一般的な多くの考え方になっているのは、日本人は昔、大自然に感謝し、その中で神様という存在を見出して生き、結婚や出産、葬式の際も神前の元行われてきたという考え方が関係されると言われています。

結婚の場合は、神様の前で誓いを立て、夫婦になることを神様に認めてもらって、初めて正式な夫婦になったとされていました。

なので、基本的には正式に夫婦になった、式後の1ヶ月以内に、夫婦になったという報告も兼ねて内祝いを贈ると考えられてきました。

このことから、内祝いを贈られるとする期間に合わせて、結婚式前の1〜2ヶ月以内に結婚祝いも贈ると良いと考えられ、一般的なマナーとされています。

今回の質問者様のご友人様も、結婚式は挙げるとのことでしたので、式前1〜2ヶ月前程度に贈られるのが良いかと思われますよ!


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 結婚祝いに贈る品物は、夫婦2人で使えるものや、新生活で使えるものがお薦めです。。
  • 相手が結婚式をあげる場合は挙式の1〜2ヶ月前程度、遅くなってしまっても1週間前には贈るのが目安とされています。


ですね!!




3.人気の結婚祝いの品物について。




人気の結婚祝いの品物

 結婚祝いに贈る品物を選ぶ時って、とっても悩みますよね。

相手には喜んでほしいし、いらないものは贈りたくないと思われる方が大多数かと思われます。

ここでは結婚祝いに贈られるのに人気な、よく選ばれている品物の一部をご紹介いたします。

ぜひ選ぶ時の参考にしてみてはいかがでしょうか?


①商品券・現金
②食器類
③カタログギフト
④キッチン用品
⑤家電製品



①商品券・現金

 まずご紹介するのは、現金や商品券です。

結婚って結婚式や新生活などで、何かと物入りですよね。
そんな時、お現金や、あまり現金として使い道の変わらない商品券が、贈り手にも贈り先様手にも、合理的で人気とされています。

お金やお金代わりに使える商品券は、どれだけあっても困らないものですしね。

また味気ないなと感じる方は、他の品物と合わせて、贈られる方も多くいらっしゃいますよ。



②食器類

 次にご紹介するのは、食器類です。
新生活となると、一緒に暮らし始める方も多いかと思われるのと、たとえ一人暮らしをしていても、おしゃれなペアの食器とかならば、使う場面が多いかと思われます。

また、食事は毎日することなので、その際に必要な食器もそこまで不必要なことは、ないかと思われます。

最近では、名前入りの食器をプレゼントとして贈られる方も多いですよ。



③カタログギフト

  3つ目にご紹介するのは、カタログギフトです。

贈り物を贈るときの心配事といえば、相手の好みにちゃんとあっているのかな?とか、不要なものを贈っていないかな?とか、絶対的に相手の必要なものを贈りたい等だと思われます。

カタログギフトならば、相手が実際に掲載されている品物から、好きなものを選ぶことができるので、上記の心配事もなくなりますよね。

また、最近では様々なジャンルに特化したものも多いので、相手に合わせて贈りわけができるところも、魅力の一つとされています。

価格帯もコースによって多く用意されているので、自分お贈りたい価格帯のものも見つけられるかと思いますよ。



④キッチン用品

 4つ目にご紹介するのは、キッチン用品です。

結婚して一緒に住み始めると、なおさら手料理を作る方も多いかと思われます。

でも実際は、良いものとはわかっていても、あまり高額なキッチン用品には、手を伸ばしずらい方も多いのではないでしょうか?

そういった場合を見越して、少し質の良いキッチン用品を贈られる方も多いですよ。



⑤家電製品

 最後にご紹介するのは、現金や商品券です。

新生活が始まり、一通りの家電は揃っている方が多いかとは思われます。

なので、ベッドようのアイロンや殺菌機、コーヒーブレンダーや、ホームベーカリーなど、暮らしをワンランクアップさせる家電製品を贈られる方も多いですよ。



最後に。

 今回は結婚祝いのプレゼントを贈る際についてのご紹介でした。
疑問等は少しは解決できたでしょうか?

結婚祝いには相手に喜んでもらえて、かつ必要性のあるものを選びたいですよね。

そんな時にお薦めなのがカタログギフトなんです。

最近では様々なジャンルに特化したものや、女性向け男性向け、各お祝い用のものや、見た目が可愛らしいものが幅広く販売されています。

趣味や好みがわかりずらい相手にも、相手に好きなものを選んでもらえるので、とっても贈りやすいですよ!

たき新ではそんなカタログギフトを幅広く、しかも定価よりもかなりいお安く販売しているものもたくさんあるのです!!

ぜひ1度、たき新のサイトを見て、自分の内祝いの際に検討してみてはいかがでしょうか?

たき新のサイトはこちらから!!



結婚祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
結婚祝い マナー一覧
結婚祝いの金額の相場!挙式に招待されてない友人へのお祝い金や、姪の結婚式へのご祝儀
結婚祝いの熨斗の基本!妻と子供が欠席した結婚祝いの熨斗や、会費制のご祝儀袋について
結婚祝いのメッセージカードのマナー!入れ方や送り忘れた時の対処法
現金での結婚祝いについて。上司へ贈る場合や、品物と現金両方を郵送で送る場合
結婚祝いで人気のプレゼント。連名の際の金額や、贈る品物の種類について。
友人へ贈る結婚祝いのマナー。結婚式に招待されていない場合は1万円のお祝い金が相場。既にお祝いを渡して、欠席する場合は再度のお祝いは不要です。
兄弟姉妹への結婚祝いの相場と贈る時期。再婚の際と、自分の挙式後の結婚式へのご祝儀について。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
お孫様へのお祝い
御友人へのお祝い
職場の方へのお祝い
甥御様・姪御様へのお祝い
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
出産内祝いマナー
香典返しマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト