カタログギフトのたき新 > お祝い > 入園・入学祝い > 入園・入学祝いのマナー > 友人への入学祝い:メッセージカード・手紙例文集、熨斗(のし)・表書き・水引のマナー、もらって嬉しいもの

友人への入学祝い2

コンテンツ一覧

友人への入学祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

友人への入学祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

ごく親しい付き合いのある友人のお子さんが学齢期を迎える際、入学式に間に合うように何か入学祝いを用意して渡すことがあるかと思います。もちろん、お子さんの顔をみて渡せる機会があればそれが良いのですが、お互いに家庭をもっていたり仕事をしているとなかなか日程が合わないことも多いですよね。また、遠方に引っ越してしまった場合なども直接お渡しするのが難しくなります。そんな時には、入学祝いを郵送させていただいても失礼には当たらないのですが、その際にはお祝いの品にメッセージカードを添えるようにしたいです。と言うのも、入学祝いというのはごく親しい身内に贈るもの。友人であっても特に親しいお付き合いでない限りそうそう用意するものでもないので、郵送されてきたものがすぐに入学祝いだと気づいてもらうようにするという意味が1つ。もう1つはもちろん、お子さんの入学を喜んでいるこちらの気持ちを伝えるためです。メッセージカードは、お祝いの品に子どもさん向けの簡潔なメッセージを。小学生のお子さんなら”にゅうがくおめでとう。たくさんたのしいおもいで つくってね”などで十分。このメッセージと別に、友人あてに便箋で手紙を添えると良いかと思います。内容は最低限、”入学おめでとう”という気持ちを込めてお祝いの品を贈りますということが伝わればOK。とても親しくお付き合いしている友人のはずですから日ごろと同じようにくだけた表現で気持ちの伝わるお手紙を添えましょう。またお祝いの品としては、低年齢児なら文具、ハンカチなどの日用品が喜ばれますが、中学生以上になると自分の好みもはっきりしてくるので特定の何かを贈るより選択の幅があるものが喜ばれます。その点、カタログギフトは使えるギフトではないでしょうか?カタログギフトなら、お子さんの年齢に合う商品が掲載されているものを選んで贈りましょう。

51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

友人への入学祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

友人への入学祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

友人のお子さんが進学を迎える春。4月から小学生や中学生、高校や大学に進学すると聞くと、ごく親しい間柄なら何か気持ちばかりの入学祝いをと考えることもありますね。入学のお祝いは友人関係で現金を包む場合、小学生なら3000円、中学生で5000円、高校生以上で5000~10000円程度が相場と言われます。基本的にいただいた入学祝いに対してお返しとなるような内祝いは不要とされますから、かえって友人の負担とならないよう相場に近い予算でお祝いの品は用意されると良いでしょう。現金でお祝いする場合にはのし袋。文具や日用品など現物でお祝いの品を用意する場合には、のし紙をかけて贈るのがマナーですね。のしは紅白蝶結びを選びます。表書きには”祝御入学”や”御祝”と記すのが一般的。水引の下には贈る側の氏名を少し小さめの文字で記入するようにしましょう。また、現金を包む場合ののし袋ですが、中に包む金額が少額(10000円まで)の場合には、水引がない印刷してあるだけのシンプルな封筒型のし袋を使いますが、2万円以上を包む場合には水引をかけたのし袋を使うようにしましょう。現金をお子さんに渡すことで親御さんである友人はどう思うかな?と心配な場合には、カタログギフトがおすすめですよ。中学生以上なら、腕時計や学校用のサブバックなど日用品が欲しいとしても好みが分かれてくるもの。カタログギフトなら好きなデザインが選べて喜ばれそうですね。

51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

友人への入学祝い、もらって嬉しいものとは?

友人への入学祝い、もらって嬉しいものとは?

友人のお子さんがもうじき小学校や中学校への入学を控えているという場合。たいてい3月くらいになると入学に向けて何か必要になるものを入学祝いとして贈ろうかと検討を始めるのではないでしょうか?親戚と比較して、友人宅への入学祝いは金額的にもおさえがち。内祝いが不要とされている入学祝いですからあまり値が張るものを贈ってもかえってご迷惑ということもあるので注意しましょう。そこで、友人関係なら3000~5000が相場と言われる入学祝いで贈って喜ばれるものとは何か?調べてみました。まず、小学校入学で喜ばれるお祝いとは?ですが、多い答えとしては、文具やハンカチやタオル、本や図鑑、辞書などの実用品であると判明。金額的にも十分できそうですね。しかし、中学生以上になると一変して、現金、商品券やギフト券、日用品なら腕時計や電子辞書などが人気とわかりました。やはり思春期になると日用品でも好みがはっきりしてくるので、知り合いの大人が良かれと思って選んだ品物は好みに合わないことも。親御さんとしても、いただいたのに子どもが使わないと悪い気がする・・・でも、現金で大金を渡すのはちょっと抵抗ある・・・とお祝いを渡すにも難しい年齢に。そこでおススメしたいお祝いがカタログギフトです。カタログギフトの中には文具カタログやタオルカタログ、ファッション小物カタログや生活雑貨カタログなどいろいろなものがありますから、お子さんの年頃に合わせてカタログをセレクトして贈ると喜ばれるのではないでしょうか?

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース