カタログギフトのたき新 > お祝い > 入園・入学祝い > 入園・入学祝いのマナー > 親戚 | 入学祝い | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

親戚への入学祝い2

コンテンツ一覧

親戚への入学祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

親戚への入学祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集春は入学シーズンですね。親戚の中にも小学校や中学校へ入学する子どもたちがいるのではないでしょうか?この時期に、贈ることが多い入学祝い。入学祝いは、自分の子どものように入学をお祝いできるようなごく親しいお付き合いがあるお子さんに贈るものなので、多くの場合は甥や姪、孫といった親戚の子どもが対象かと思います。中には、家族ぐるみでお付き合いしている親しい友人のお子さんにもお互いに節目を祝い合っている場合には入学祝いをおくることがあるかもしれません。いずれにしても、内内のお祝いですから形式的にお祝いの品を贈るだけでなく一言メッセージカードを添えて気持ちが届くようにしたいですね。メッセージカードの書き方は簡単です。お手紙として便箋に書いても良いですし、ちょっとしたカードに数行のお祝いコメントを添えるだけでもOK。ここで気をつけたいのは、メッセージを贈る相手は親御さんではなく子ども本人などいうことです。”入学おめでとう”の気持ちと”学校生活がんばって”というエールが伝われば良いのですが、相手が小学生の場合には読みやすく伝わりやすい言葉で。例えば”○○ちゃんにゅうがくおめでとう。1ねんせいになりますね。せんせいのいうことをよくきいて がんばってくださいね”といった具合で、なるべく平仮名で簡潔なことば選びをするべきでしょう。子どもが中学生くらいだと、”中学校入学おめでとう。これからは大切な3年間になりますね。勉強に運動にがんばって、充実した中学校生活を送れるよう願っています”のように年齢相応の言葉選びを心掛けましょう。また、お祝いの品ですが、小学生くらいまでは文具や図鑑などを選んで贈る方が多いようですが、中学生以上になると現金もしくは、図書券や文具券のようにある程度自分の好きなものを選択できるお祝いが好まれているようです。そういう点から考えるとカタログギフトなども良いかもしれません。学齢期の子どもなら文具や生活雑貨のカタログギフトを贈ると学校生活に必要な文具や鞄なども好きなものが選べて受け取った子どもも嬉しいですね。
51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

親戚への入学祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

親戚への入学祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー親戚の子どもや、家族同然のお付き合いをしているご家庭の子どもが小学校や中学校に入学する年になるとお互いに入学祝いを贈る合う家庭が多いのでは?入学祝いを贈る時期は、入学式の2~3週間前と言われ、日本では基本4月入学ですから3月初旬頃にはお祝いを用意して贈りたいものです。特に、自分の子どもが入学時にお祝いをいただいている場合は、お互い様なので忘れずに相手のお子さんの入学時にもお祝いを贈りましょう。入学祝いは内内の祝い事ですから、多くは親戚内で祝うもの。3月を迎える頃には親族で今年入学を迎える子どもがいないか一度思い返しておくと失敗がないですね。入学祝いは、現金で贈る場合や品物で贈る場合があります。子どもが中学生以上になると、現金や商品券のように自分の自由に使えるものの方が喜ばれます。最近では現金に近いカタログギフトという商品がありますね。カタログギフトなら掲載している商品から好きなものを選ぶことができますし、カタログギフトに掲載されているもの意外には使いようがないので親御さんも安心して子どもに渡すことができおススメです。まだ幼稚園や小学生入学を控えている段階の低年齢児には文具や本など実用品の方が喜ばれる傾向にあるようです。入学祝いを贈る場合には、どちらにしてものしをつけて贈るようにしましょう。のしは、紅白蝶結びのものを選びます。現金の場合はのし袋に入れますが、この場合にも紅白蝶結びです。ここで気をつけるべき点は、外袋の裏面です。上下に余った袋部分を真ん中で合わせますが、入学祝いは慶事ですから”慶びを受けるように”上向きが外側にくるように合わせましょう。表書きには、”祝御入学”と記すのが一般的。水引の下には贈る側の氏名を書きましょう。氏名は少し小さめの文字で書くようにすると良いですよ。
51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

親戚への入学祝い、もらって嬉しいものとは?

親戚への入学祝い、もらって嬉しいものとは?親戚の子どもが今春に小学校や中学校に進学するという場合。入学祝いを用意して贈るお宅も多いのではないでしょうか?まだ子どもが小さい時には孫や甥、姪の好みや好きなキャラクターが分かりやすかったものの、中学生以上になると何を贈れば喜んでもらえそうかよくわからないという声を耳にします。そこで、親戚に贈って喜ばれる入学祝いとは何なのかを調べてみたところ、子どもの年齢によって違いがあることがわかりました。まず、幼稚園や小学校入学を控えた低年齢児では断トツ人気が文具です。鉛筆や消しゴムなどの文具セット。色鉛筆24色セットのように消耗品で学校にも自宅にもあれば嬉しい品物が人気。また図書券や図鑑のように本関連でギフトを贈っても喜ばれますよ。しかし、年齢が上がってくると少し違うようです。中学生や高校生が喜ぶ入学祝いとは?と調べてみると、商品券やギフト券、あるいは現金によるお祝いのように、自分の好みで好きに欲しいものを選べるお祝いが嬉しいと感じるよう。そういう意味ではカタログギフトも良いかもしれません。親御さんによっては何を買うことも可能な商品券を子どもに渡すのは不安という方もいらっしゃいますが、カタログギフトなら子どもに与えたくないような商品が掲載されていることもなく安心して好きなものを選ばせることができますね
51%OFF内祝いカタログギフト

お返しのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース