カタログギフトのたき新 > お祝い > 暑中・残暑御見舞い > 暑中・残暑御見舞いのマナー > 取引先 | 暑中見舞い・残暑見舞い | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

取引先への暑中見舞い・残暑見舞い3

コンテンツ一覧

取引先への暑中見舞い・残暑見舞いに関するタブー

取引先への暑中見舞い・残暑見舞いに関するタブー

取引先で日頃からお世話になっている方がいらっしゃるようでしたら、お中元、あるいは暑中見舞い・残暑見舞いなどを贈るのが礼儀でしょう。このお中元、暑中見舞い・残暑見舞いの贈る時期の違いですが、まずお中元ですが、地域によって違いがあり、東日本では7月初旬から7月15日頃まで、西日本では7月15日から8月15日頃までとされています。そして暑中見舞いはこれも諸説ありますが、普通、梅雨明けから立秋頃までに贈り、立秋を過ぎると残暑見舞いとして贈るのが一般的になります。この残暑見舞いですが、終わりは8月いっぱいとされています。このように時期によって、お中元として、あるいは暑中見舞い・残暑見舞いとして取引先に何かしら贈り物をするという事ですが、タブーなる物があるかと言うと、これと言ってタブーとされている物はありません。相手の方が喪中であっても、これらの贈り物は贈っても構わない事になっています。これらの贈り物はお祝い事における贈り物ではなく、季節の挨拶の1つなので喪中の方にも贈って構わないのです。ただ、この時期、贈り物がたくさん届くといった方もいらっしゃるでしょうから、あまり他の方とかぶるような物は避けた方が無難かもしれません。そこで人気の贈り物としてカタログギフトがあります。カタログギフトなら、贈った相手の方本人に品物を選んで注文して貰えるので、同じような品物が重なって困るといった事態を避ける事が出来るのです。

14%OFFお返し激安グルメカタログギフト51%OFFお返しのカタログギフト

グルメカタログギフトが最大14%オフ

取引先への暑中見舞い・残暑見舞いが遅れた時の手紙の文例や対処法

取引先への暑中見舞い・残暑見舞いが遅れた時の手紙の文例や対処法

日頃からお世話になっている取引先の方に自ら暑中見舞い・残暑見舞いを贈ろうと考えてたいたのに、ついつい仕事が忙しくて贈るのが遅れたといった場合や、先方の取引先が先に暑中見舞い・残暑見舞いを贈って来て下さって、そのお返しをしないといけないと思いつつ、ついついお返しするのが遅れたといった場合もある事でしょう。このように贈るのが遅れた場合、暑中見舞いの時期を過ぎてしまったのなら、残暑見舞いで贈るという手がありますが、もし残暑見舞いの時期を過ぎてしまった場合には、もう贈る事が出来ないのかというとそうでもありません。ただ、この暑中見舞い・残暑見舞い、贈る時期というのはある程度決まっています。暑中見舞いは梅雨明け頃から立秋までで、残暑見舞いは立秋から8月いっぱいまでとされているのです。なので、9月に入ってもまだまだ残暑が厳しいからといって残暑見舞いでお返しするのはおかしいでしょう。ですが、何らかの贈り物に秋のご挨拶をしたためた手紙を添えて贈ればそれで大丈夫なのです。「秋の気配が感じられるようになりましたが」とか「朝夕、めっきり涼しくなりましたが」といったような秋の風情を感じさせる文章で始まる手紙を添えるのです。そしてこの贈り物ですが、お中元、暑中見舞い・残暑見舞いで夏の贈り物はたくさん頂いているという可能性も高いでしょうから、品物を贈って重なってしまうよりは、カタログギフトを贈って、先方に品物を選んで貰ってはどうでしょうか?最近では暑中見舞い・残暑見舞いにおいてもカタログギフトが非常に人気の贈り物になっています。

14%OFFお返し激安グルメカタログギフト51%OFFお返しのカタログギフト

グルメカタログギフトが最大14%オフ

取引先への暑中見舞い・残暑見舞いでお贈りしてはいけないもの

取引先への暑中見舞い・残暑見舞いでお贈りしてはいけないもの

仕事上でお世話になっている取引先の方に、夏の暑い時期、暑中見舞い・残暑見舞いを贈るといった事はよくある事でしょう。この暑中見舞い・残暑見舞いですが、過ごしにくい暑い時期に先方の体調を気遣って贈る贈り物で、平均的予算としては3千円から5千円程度の気軽な贈り物と言えるかもしれません。この暑中見舞い・残暑見舞いでよく選ばれる物としては、暑い時期という事もあって、ジュースやゼリーなど涼しい印象を与えてくれる物が人気です。一方で贈ってはいけない物があるのか?ですが、取り立ててそのような物はありません。ただ、この時期、お中元に始まって贈り物を頂く機会の多い時期なので、他の方からの贈り物と重なってしまう傾向は強いでしょう。そのような事を考えると、贈ってはいけないわけではありませんが、あまり定番の物を贈るのもどうなのか…とも言えるでしょう。そこでお勧めの贈り物としてカタログギフトがあるのです。カタログギフトなら、贈り物を贈った取引先の方自身に好みの物を選んで貰う事が出来るので、重なる事も決してないでしょう。このような理由からか、ここ数年、暑中見舞い・残暑見舞いにおいてカタログギフトがだんとつ一番人気の贈り物になっているのです。

14%OFFお返し激安グルメカタログギフト51%OFFお返しのカタログギフト

グルメカタログギフトが最大14%オフ

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース