お知らせ

カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 葬儀の費用っていくらかかるの?

葬儀の費用っていくらかかるの?

そろばんと数字

実際にお葬式を出すとなるといくらかかるの?気になるところですよね。
お葬式は盛大に出してあげたいという方も見えれば、葬儀よりも遺族の今後の生活を重視したいという方も見えると思いますが、
お葬式ともなれば多くの方が百万円単位の出費を覚悟されるでしょう。
では現実に葬儀にはどのくらいの費用がかかるかを見てみましょう。

直葬の場合

供花

直葬とは

最近では、「直葬」が増えてきているようです。
直葬ってなに?と思われている方も少なくないでしょう。
直葬というのは故人の近親者のみで、通常の葬儀で行われる通夜や告別式などを行わず、火葬のみを行うという葬儀形式です。
祭壇も飾らず基本的には会葬者も招かないため、非常にシンプルなお葬式と言えます。
よく言われる「家族葬」や「密葬」では、通常の葬儀同様通夜や告別式を行うため、これらとはまた違ったものですね。

直葬のメリットとデメリット

直葬の最大のメリットは、葬儀における様々な儀式を省略し必要最小限に留めているため、
一般的な葬儀と比べて非常に安く済むということでしょう。
通常の葬儀の10分の1程度の費用で済むといわれています。
時間的にも短時間で済むということも魅力の1つかもしれませんね。
一方デメリットとしては、参列しなかった親類縁者の反発や世間体でしょう。
特に昔ながらの地域社会が今でも残っているような地方においては、
葬儀も上げずに埋葬することに対して違和感を持つ人が少なからずいらっしゃいます。
そのため、直葬を選ばれた遺族の方たちをあまり快く思われない方もみえるかもしれません。
また、故人が菩提寺をもっておられた場合には、菩提寺に無断で直葬を行うと埋葬を断られて先祖代々のお墓に入れなくなるというようなこともあるようです。
直葬を選ばれた方の中には都市部で亡くなられて直葬を行った後、故郷の菩提寺で改めて葬儀を行い埋葬するという方も見えます。
葬儀を行わずに菩提寺への埋葬を望まれる方は、事前に菩提寺に相談しておいたほうが良いでしょう。

直葬はいくらでできる?

地方によっても多少の差はありますが、直葬にかかる費用は大体20万円から30万円の価格帯が多いようです。
高いところで50万円以上、安いところでは10万円以下というケースも見られます。
ここで注意しなければならないのは、葬儀社が提示している金額内でどこまでサービスをしてもらえるかということです。
通常なら役所・火葬場に対する手続き、霊きゅう車、お棺、ご遺骸の安置所及びドライアイス、
骨壺・納骨器、枕飾り、祭壇、焼香設備、仮位牌などはサービスに含まれることが多いようです。
しかし10万円以下の低価格のものではこの中の一部がオプションになっていることも多く、
安いから頼んでみたが結果的には思ったほど安くなかった…ということもあるようです。
また地域や民営か公営かにより火葬場の使用料が大きく異なり、公営の中には火葬が無料の自治体もあります。
一方、東京の民営の火葬場の中には火葬料と休憩所を合わせると10万円近くかかるものもあるようで、
同じグループの葬儀社でも地方により直葬の価格が違うことがあるので気を付けてくださいね。

直葬を行うときは複数の葬儀社を比べて

直葬を選ばれた方の多くはコストに魅力を感じて選ばれたのだと思いますが、上記のように葬儀社によってサービスの内容が違ってきます。
ただ単に安いからといって決めるのではなく、複数の葬儀社から見積もりを取るとともに、
各社のサービス内容をしっかりと確認したうえで葬儀社を決めるのが良いでしょう。

無宗教の場合

祈る姿

無宗教の葬儀とは

無宗教の葬儀とは、特定の宗教や宗派の決まった儀式に拘らずに自由な形式で行う葬儀のことです。
「お別れ会」「偲ぶ会」のような意味合いが強く、無信仰葬・自然葬と呼ばれることもあります。
いくつか例を挙げると、故人の好きだった音楽を流したり生演奏を奏でる音楽葬、
レストランで食事をしながら行うレストラン葬、社葬などにみられるパーティー形式のホテル葬、祭壇をキャンドルで飾るキャンドル葬などがよく見られます。
直葬についても、僧侶を呼ばない場合はこの無宗教葬の一種と言えるでしょう。

無宗教葬のメリットとデメリット

無宗教葬では僧侶などの宗教者を呼ばないためにお布施もなく、
祭壇も簡素なもので済み、式の内容次第では儀礼的な食事も省けますので費用を抑えられます。
一方で、直葬と同様に、親類縁者の反発や世間体、菩提寺との関係が問題となる可能性があります。
また、無宗教葬は一般の葬儀と違い決まった手順がない分、遺族がどういう式次第で進行するのかを
はっきりと決めておかないと式自体が締まりのないものになってしまいかねませんね。

無宗教葬の費用は

無宗教葬は決まった形式がないため、直葬や一般の葬儀と違って金額の目安というのはありません。
実際に直葬で行えば10万円代も可能ですし、ホテル葬による社葬の場合には1,000万円以上に及ぶケースも見られます。
仮に一般的な葬儀に準じるスタイルで無宗教葬を執り行った場合には、30万円程度は安くなると思われます。
ただし、葬儀社自体に無宗教葬を手掛けることがあまりない業者が多いことから、
葬儀社を選ぶ場合には複数の葬儀社から見積もりを取るとともに、各社からしっかりと話を聞いて「これならば任せられる」という葬儀社を選びましょう。

通常の葬儀の場合

電卓で計算を行う女性

通常の葬儀にかかる費用の内訳

通常の葬儀では葬儀施設にかかる費用、葬儀の施行にかかる費用、寺院にかかる費用、参列者へのもてなし費用の4つがかかります。
最近は、葬儀にかかる費用だけでなく施設使用料や参列者へのもてなし費用の一部を含んだプランやセットを提案する葬儀社が増えてきました。
しかし、これには寺院にかかる費用などは含まれず、あくまでも葬儀にかかる費用の一部であり、全てではないので気をつけてくださいね。
また直葬や無宗教葬では寺院にかかる費用や飲食接待費を省いたり、
大幅に節約することも可能ですが、通常の葬儀ではどうしても慣例に縛られてしまいますので、この2つの大幅な節約は難しいでしょう。

葬儀施設にかかる費用

葬儀施設にかかる費用には安置所使用料、斎場及び控室の使用料、火葬場及び控室の使用料があります。
最近葬儀社が提案しているプランやセットには安置所や斎場、控室の使用料が含まれることが多いようですが、火葬場関係は含まれていないことが多いようです。
大体の目安としては安置所が1~3万円、斎場関係が10~30万円といったところが相場のようです。
火葬場関係の使用料は公営ならば無料というところもありますが、
民営の場合は高いところだと10万円近くになるので、どの火葬場を使用するかにより費用が大きく変わってきますので留意してください。

葬儀の施行にかかる費用

葬儀の施行にかかる費用には祭壇,祭壇回り、お棺、ドライアイス、骨壺、寝台車や霊柩車などの車両費、人件費などがあります。
大体の目安として祭壇が20~100万円、お棺が5~30万円、ドライアイスが1日当たり1万円、骨壺1万円前後です。
最近は葬儀の施行にかかる費用をセットやプランの中に組み込むケースが多いので、提案されたセットやプランの内容をしっかりとチェックしてください。
日本消費者協会が2016年に実施したアンケート結果によると、全国平均で葬儀一式にかかった費用(施設にかかる費用を含む)は「121万4,000円」だったそうです。

寺院にかかる費用

寺院にかかる主な費用は読経料と戒名料及びお車代などです。
読経料(お布施)、戒名料は宗派や読経を行う僧侶(導師)の位階,院号の種類などにより違いがありますが、
一般的に読経料が通夜、初七日で1万円、告別式で5万円、四十九日で3万円、戒名が10万円と言われています。
先の日本消費者協会のアンケート結果では、全国平均で葬儀時に寺院関係に払った費用は47万3000円だったとのことです。

参列者へのおもてなし費用

参列者へのもてなし費用は会葬御礼、香典返し、飲食接待費などです。
会葬御礼は通夜、告別式、初七日では500~1,000円の粗品を用意することが多く、四十九日では5,000円程度の品物をお配りすることが多い模様です。
飲食接待費は通夜、告別式及び四十九日に参列者に食事と飲み物の費用で、食事で1人当たり2,000~3,000円、酒類を含めて5,000円といったところが相場のようです。
日本消費者協会のアンケート結果では通夜から葬儀までの飲食接待費の全国平均は、30万6,000円でした。
香典返しは戴いた香典の3~5割の価格の品物をお返しするというのが相場となっていますが、
地域によっては香典返しという習慣のないところもあるので、参列者へのおもてなし費用は地方によりかなり変わってくるでしょう。

四十九日までのトータルは300万円近く

こうした諸々のことを考えていくと、一般的な葬儀にかかる費用は通夜と告別式だけでも250万円近く、四十九日まで含めると300万円近くに及ぶようです。
しかし最近は葬儀費用も抑えられ気味のようで、日本消費者協会のアンケート結果では葬儀にかける
費用の全国平均は195万7,000円だったとのことで、10年に行った調査結果(199万9,000円)と比べても少なくなってきているようです。
ちなみに同協会のアンケートではそれぞれ平均値であって、3つのジャンルの費用の和と合計値が合わないなどの誤差があります。
直葬も一般の葬儀もすべて包括していることから、一般的な葬儀の費用に関する厳密な数字を表しているとは言えないかもしれませんが、
葬儀に占める直葬などの割合はまだまだ少ないですから1つの目安とはなると思います。

葬儀には補助金の助成も受けられます

300万円近くに及ぶ葬儀ですが、葬祭費給付金制度により国民健康保険や健康保険から補助金を受けることもできます。
国民健康保険もしくは後期高齢者医療制度加入者が亡くなられ葬儀を行った場合、
居住している市町村の窓口で喪主が手続きを行うと葬祭費として1~7万円(自治体により異なります)が支給されます。
必要なものは
・故人の国民健康保険証
・葬儀の領収書
・申請者(喪主)の印鑑
・口座振替依頼書
などで、必要書類数や申請方法、窓口は自治体により異なるので問い合わせてみてください。
申請期間は故人の亡くなられた日から2年間で、手続きをしないと給付を受けられないので、給付を希望される方はお忘れなく。
但し、亡くなられた原因によっては給付が受けられない場合もあるのでこの点もしっかりと確認してください。
健康保険の加入者の場合は勤務先もしくは所轄の社会保険事務所で申請してください。
申請期間は亡くなられた日から2年間で、埋葬料として5万円が給付されます。
必要書類は故人の健康保険証、死亡を証明する事業所の書類、葬儀の領収書、申請者(喪主)の印鑑で、扶養家族の方が亡くなられた場合も申請が可能です。

葬儀~忌明け法要までの費用シミュレーション

請求書と小銭と家

一般的な葬儀において通夜から四十九日の法要までどのくらいかかるのでしょうか?
各イベント別に費用を分けてシミュレーションしてみました。
取り上げるご家庭は、親族20人、通夜の参列者50人、告別式の参列者100人、香典100万円と想定しております。

通夜

通夜では寺院関係として読経料(お布施)1万円、院号10万円、御膳料3000円、僧侶のお車代3000円の計11万6000円がかかります。
参列者に対するおもてなしは粗供養500×50=2万5,000円、会食費5,000×20=10万円、香典30万円に対する香典返し15万円の計27万5,000円となっております。
合計では通夜の費用として39万1,000円がかかりました。

告別式

告別式では寺院関係として読経料5万円、車代3,000円、御膳料3,000円の計5万6,000円がかかります。
参列者に対するおもてなしは粗供養1,000×100=10万円、会食費3,000×20=6万円、香典70万円に対する香典返し35万円の計51万円となっております。
葬儀自体にかかる費用として会場費も含めて祭壇等諸経費で150万円かかりました。
合計では206万6,000円かかりました。

初七日

初七日では寺院関係として読経料に1万円、車代に3,000円、かかりました。
参列者へのおもてなしは粗供養1,000×20=2万円でした。
合計では3万3,000円となりました。

逮夜

逮夜では寺院関係費用は読経料として一回1万円×2回=2万円、車代3000円×2=6,000円の計2万6,000円かかりました。
参列者へのおもてなしは粗供養1,500円×20人×2回= 6万円となりました。
合計では8万6,000円となりました。

四十九日

四十九日では寺院関係費用が納骨式を含めた読経料に3万円、車代3,000円、御膳料3,000円の
計3万6,000円となりました。
会葬者へのお礼は粗供養5,000円×20人=10万円、会食費15万円の計25万円かかりました。
合計では28万5,000円となりました。

通夜から四九日までにかかる費用

通夜から四十九日までにかかる費用は、寺院関係が読経料12万円、院号10万円、車代1万8,000円、御膳料9,000円の計24万7,000円でした。
会葬者へのおもてなしは粗供養30万5,000円、会食費31万円、香典返し50万円の計111万5,000円でした。
葬儀自体にかかる費用は150万円でした。
従って通夜から四十九日までかかった費用の合計は286万2,000円となりました。

葬儀の形式や葬儀社によって費用は様々

ここで出したシミュレーションはあくまでも一つの目安です。
お葬式は地方や宗派などにより様々なバリエーションがあり、
香典返しの有る無しひとつとっても、葬儀にかかる費用負担に大きな差が出ます。
また繰り返しになりますが、葬儀社が出す見積もりが葬儀にかかる全費用ではありません。
葬儀社の出したプランの内容をしっかりとチェックするとともに、複数の葬儀社から見積もりを取って比較検討することを心がけてくださいね。
関連コンテンツ>忌明けまでの費用

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト