お知らせ

カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 職場や会社関係からの香典への香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。

職場や会社関係からの香典への香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。




会社や職場関係の方への香典返しにはには、以下のようなお悩みが多いのです。
「まとめて香典を頂いた場合は、どうすればいいの?」
「一家の大黒柱をなくした際に、お礼は不要と言われた場合はどうするべき?」

 会社や職場関係の方からの香典ですと、自分がお世話になっている会社や、故人のお世話になっていた会社など、頂く香典のパターンは様々かと思われます。

ご好意で頂いた香典には、わざわざ贈ってくれたことに対しの感謝の気持ちや、忌引きで会社を開けた際のご迷惑などを含めて、きちんとした香典返しを贈りたいものですね。

今回の記事では、会社や職場関係の方からへの、香典返しに関することについてのご紹介をしていきます。


1.社員10名分と、社長からの香典への香典返し。
社員の方への品物は同じで良く、社長様へのものは香典の金額に応じて変えましょう。
香典返しとの品物は、頂いた香典にそこまで差がなければ、同じものを一律で贈っても良いでしょう。
高額の香典を頂いた社長様には、個別で違う香典返しを差し上げるのが、良いかと思われます。
2.一家の大黒柱をなくした際の香典返し。香典返しは不要と言われたなら、甘えてお礼状のみでもよかと思われます。
香典返しは手渡し宅配関係なくお礼状を添えるのがマナーです。
喪主の名前が贈り先に伝わりにくい場合、お礼状の発送人名は香典しを手配した方の名前にし、挨拶状の名前は喪主にするのが良いでしょう。
3.職場の方への香典返しについて。
香典返しは当日返し以外では、忌中が明けてから贈るのが一般的とされています。
香典返しにはお礼状を添えるのですが、宗教によって使ってはいけない言葉や、逆に使う言葉があったりと、お礼状の書き方もベースは同じだとしても、少しずつ異なってきます。



1.社員10名分と、社長からの香典への香典返し。社員の方への品物は同じで良く、社長様へのものは香典の金額に応じて変えましょう。



  • 頂いた香典に対して厳密に半額〜1/3程度の金額のものをそれぞれに贈るのではなく、この価格帯にはこの品物を、と言うような形で香典返しを贈られる場合が多いです。
  • 社員の方々からの香典は、そこまで金額差がないかと思われますので、香典返しには、一律で同じ品物を贈れば良いかと思われます。
  • 社長からの香典は高額の香典返しとし、お返しの品物も頂いた香典の金額に合わせて、1/3程度の金額のものを贈るのが良いかと思われます。
お客様のお悩み

亡くなった父の職場の代表者の方が、まとめて香典を持ってきてくださいました。
その場合、香典返しは同じ品物で良いのでしょうか?

 最近、お父様がお亡くなりになられた男性からのご相談です。

お父様がお亡くなりになられ、葬儀の際にはお父様の職場の方が代表で、10名分の香典を持ってきてくれたとのこと。

この際の香典返しについてご相談があるそうです。

社長様からは、会社の名前+代表取締役と言う名目で香典をいただきました。
この場合も、個人用の香典返しは必要でしょうか?

 社長様からも、会社の名前+代表取締役と言う名目で香典をいただきました。

こういった場合、これは会社からの香典になるのか、社長様個人からの香典になるのか、どちらでしょうか?
ちなみにこの香典は5万円いただきました。

代表者の方がまとめて香典を持ってきてくれた場合。
香典返しの品物は同じものでも良いのでしょうか?

 先日父が亡くなり、無事に葬儀も終わったので、香典返しの準備をしています。 葬儀の際には、生前父の勤めていた職場の代表者の方が、まとめて社員の方10名分の香典を贈ってくださいました。

ちなみにこの際の香典は連名ではなく、10袋の個人名で分けてありました。

金額としては3千円と5千円でした。

この場合、香典返しの品物は同じ品物でも良いのでしょうか?


お悩みへの回答

返しとの品物は、頂いた香典にそこまで差がなければ、同じものを一律で贈っても良いでしょう。
高額の香典を頂いた社長様には、個別で違う香典返しを差し上げるのが、良いかと思われます。

香典返しとの品物は、頂いた香典にそこまで差がなければ、同じものを一律で贈っても良いでしょう。

 まずはお父様のこと、心からのご冥福お祈り申し上げます。

今回のように、故人の勤め先であった職場かの方数名から、まとめて香典をいただく場合も少なくはないかと思われます。

この際に、代表者の方がまとめて持ってきてくださったのならば、香典返しはまとめて会社宛に出されれば、問題ないかと思います。

また今回の場合ですと、包みも個別だったとのことでしたので、香典返しもそれぞれ個人への贈られるのが良いでしょう。

もし仮に、まとめて連名で香典を頂いた際は、香典返しもまとめてひとつでよいかと思われます。

そして香典返しの場合は、高額な香典返し以外は、大体のランクに分けたお返しを用意する場合が多いです。

ですのでこういった際には、頂いた香典に対して厳密に半額〜1/3程度の金額のものをそれぞれに贈るのではなく、この価格帯にはこの品物を、と言うような形で香典返しを贈られる場合が多いです。

今回の場合でも、社員の方々からの香典は、そこまで金額差がないかと思われますので、香典返しには、一律で同じ品物を贈れば良いかと思われます。

高額の香典を頂いた社長様には、個別で違う香典返しを差し上げるのが、良いかと思われます。

 香典に取締代表の名前が入っていた場合は、会社からではなく、社長からの香典となりますので、会社名が入っていたとしても、社長様個人宛に香典返しを贈るのが良いかと思われます。

また社長様からは、社員の方々からの香典の額とは違い、5万円と高額な香典を頂いたとのことでしたね。

こういった際は、高額の香典返しとし、お返しの品物も頂いた香典の金額に合わせて、半額〜1/3程度の金額のものを贈るのが良いかと思われます。

基本的に上司からの香典には、半額ではなく、1/3のお返しをするのが失礼ではないとされているので、今回の場合も、5万円の1/3程度の金額の、香典返しを贈れば大丈夫でしょう。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 頂いた香典に対して厳密に半額〜1/3程度の金額のものをそれぞれに贈るのではなく、この価格帯にはこの品物を、と言うような形で香典返しを贈られる場合が多いです。
  • 社員の方々からの香典は、そこまで金額差がないかと思われますので、香典返しには、一律で同じ品物を贈れば良いかと思われます。
  • 社長からの香典は高額の香典返しとし、お返しの品物も頂いた香典の金額に合わせて、1/3程度の金額のものを贈るのが良いかと思われます。


ですね!!



2.一家の大黒柱をなくした際の香典返し。
香典返しは不要と言われたなら、甘えてお礼状のみでもよかと思われます。



  • 一家の大黒柱を亡くされたり、子供が未成年の場合にはお一人様につき、頂いた香典の1/3程度の金額の香典返しをお贈りします。
  • 今回の場合ですと、代表者様始め、他の方々のご好意に甘えられて、お礼は不要でも良いかと思われます。
  • お気持ち的に、少しでもお礼をと思われるのであれば、気軽に皆さんでお召し上がりになられるような、菓子折りを、各部署に贈られるのが良いかと思われます。
  • その際には贈られている、個人様宛のお礼状ではなく、各部署全体にまとめて宛てた、お礼状を添えらえるのが良いと思います。
お客様のお悩み

若くして夫を亡くしました。
夫の職場の方から、香典返しは不要と言われたなら、甘えてお礼状のみでも良いのでしょうか?

 先日旦那様が亡くなられた女性からの、ご相談です。

先日若くして一家の大黒柱の旦那様がなくなり、葬儀等も一通り終わり、もう直ぐ四十九日を迎えるそうです。

生前勤めていた職場の方々からも、有志で香典を頂いたそうです。

この際の香典返しについて疑問があるそうです。

夫を亡くしました。
夫の職場の代表者の方から、香典返しは不要と言われたなら、甘えてお礼状のみでも良いのでしょうか?

 先日夫を若くして亡くし、葬儀も終えてもうすぐ四十九日を迎えます。

私たち夫婦には幼い子供もいます。

葬儀の際には、夫が生前勤めていた会社の代表者の方が、有志の方々100名ほどからの、連名の香典を贈ってくださいました。

その会社では香典返しは、代表者の方に送り先を聞いて、まとめて同じところに送るとのことでしたので、代表者の方にお尋ねしたところ、『若くして一家の大黒柱を亡くされて大変な時ですので、香典返しは不要で大丈夫ですよ。代わりにお礼状を出されてみてはいかがでしょうか。』とお声がけをいただきました。

ですので名簿をいただき、一人一人に宛てて個人それぞれにお礼状を贈ったところ、後日先ほどの代表者の方から、『みんなとてもお礼のお気持ちが伝わったと言っていましたよ。』とご連絡をいただきました。
ですが本当に香典返しを贈らなくても良かったのかと不安です。

こういった場合、本当にお礼状のみで良いのでしょうか?


お悩みへの回答

一家の大黒柱をなくし、贈り先様である職場の方々に、お礼は不要と言われたのであれば、ご好意に甘えて、お礼状を書くのみでも大丈夫かと思われます。
できることなら、菓子折りなどを各部署に送る程度のお礼をされるのが、お薦めかと思われます。

贈り先様である職場の方々に、お礼は不要と言われたのであれば、ご好意に甘えて、お礼状を書くのみでも大丈夫かと思われます。

まず、旦那様がお亡くなりになられた事、心からご冥福をお祈り申し上げます。

今回の質問者様の場合ですと、若くして一家の大黒柱でもある旦那様を亡くされ、旦那様の職場の方々は、遺された奥様である質問者様や、幼いお子様のこれからの生活を考えて、心配してくれ、今回のような配慮のお言葉をかけてくれたのかと思います。

ですので本来ならば、一家の大黒柱を亡くされたり、子供が未成年の場合にはお一人様につき、頂いた香典の1/3程度の金額の香典返しをお贈りするのですが、今回の場合ですと、代表者様始め、他の方々のご好意に甘えられて、お礼は不要でも良いかと思われます。

ですが、質問者様のお気持ち的に、少しでもお礼をと思われるのであれば、気軽に皆さんでお召し上がりになられるような、菓子折りを、各部署に贈られるのが良いかと思われます。

その際には贈られている、個人様宛のお礼状ではなく、各部署全体にまとめて宛てた、お礼状を添えらえるのが良いと思いますよ。

菓子折りでも充分に、質問者様の感謝のお気持ちは伝わるかと思われますので、ご参考にしてみてはいかがでしょうか。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 一家の大黒柱を亡くされたり、子供が未成年の場合にはお一人様につき、頂いた香典の1/3程度の金額の香典返しをお贈りします。
  • 今回の場合ですと、代表者様始め、他の方々のご好意に甘えられて、お礼は不要でも良いかと思われます。
  • なお気持ち的に、少しでもお礼をと思われるのであれば、気軽に皆さんでお召し上がりになられるような、菓子折りを、各部署に贈られるのが良いかと思われます。
  • その際には贈られている、個人様宛のお礼状ではなく、各部署全体にまとめて宛てた、お礼状を添えらえるのが良いと思います。


ですね!!



3.会社・職場の方から頂いた香典への香典返しについて。



個人名で香典を頂いた場合。

 会社関係の方から香典を頂く際には、個人名か連名かによって、香典返しの贈り方もかわってきます。

連名ではなく、個人名で香典をいただく際には、お亡くなりになられた方とのご関係、贈り先様のご年齢で変わってきますが、3,000〜1万円程度の香典をいただくかと思われます。

そういった場合ですと、通常と同じように相場通りの、頂いた香典の半額〜1/3程度の香典返しを贈られるのが良いと言われています。

最近では、一家の大黒柱を亡くされたり、子供がまだ未成年の場合には、1/3程度の香典返しですが、それ以外ですと、半返しの香典返しを贈るのが主流とはなっています。

贈るタイミングとしては、忌引き後の出社の際と、四十九日法要の後と2つあります。

贈る際が手渡し、宅配どちらにせよ、お礼状すなわち挨拶状は必要となってきますので、忘れずに添えて贈ってくださいね。

また、会社で香典返しをお渡しする際は、役職が上の方から順番にお渡しするのがマナーとされています。



連名で香典を頂いた場合。

  会社に勤めていますと、有志の連名といった形で、お一人様につき1,000〜3,000円程度の香典返しを、まとめて代表者の方から頂く場合もあるかと思います。

そういった場合には、先ほどのように、個人宛の香典返しはされなくても良いかとは思われます。

ですが、香典を出してくれた好意や、手間、自分が忌引きでご迷惑をかけてしまったことなどに対しての、お礼の意味も兼ねて、みんなで食べられるような菓子折りを贈ったり、一つずつ包装したお菓子などの、軽めでも良いので、お礼をお贈りするのが良いかと思われますよ。



会社名で頂いた場合。

 香典の贈り主の名前部分に、人や役職の名前が入っていなく、会社名で香典を頂くことがあるか場合もございます。

そういった場合には、会社の方針やルール等の取り決めで、個人からではなく、会社から出すと決まっている香典になりますので、香典返しなどのお礼は不要となります。



最後に。

 今回は職場や会社関係からの香典への香典返しについてのご紹介でした。

自分がお世話になっている会社や、故人のお世話になっていた会社など、会社関係の方から頂く香典のパターンは様々かと思われます。

ですが仕事の合間を縫って、ご好意で贈ってくださった香典には、感謝の気持ちをきちんと伝えて、マナーに沿った香典返しをしてくださいね。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみてくださいね。



香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト