結婚内祝いギフト

カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 香典返しのない地域は?香典の所有権って

香典返しのない地域は?香典の所有権って?

虫眼鏡と日本地図

地域によっては香典返しという慣習がない地域もあります。
こうした地域の人が地域外の人から香典をもらった場合はどうしたらよいのでしょうか?
また、いただいた香典は一体誰のものになるのでしょうか?

香典返しがない地域もあります

香典返し

香典返しをしない地域

地域によっては、香典返しという慣習がない地域もあります。
香典返しを行わない地域は、北海道、東北、北関東といった日本列島北部によく見られるようです。
これらの地域では通夜や葬儀時に贈られた香典の金額の多寡に関係なく、
当日に会葬御礼を渡すだけで後日改めて香典返しを贈るということを行わない地域が少なくないようです。
島根県でも香典返しをしない地域が見られ、全国的に離島地区も香典返しがない地域が多いようです。
特殊な例では大阪や京都などで近年、香典自体を受け取らないという人が増えてきているようですね。
群馬県を中心とした北関東では、遺族の新生活を応援するという意味で、
香典を少額にして香典返しを求めない「新生活」という習慣もみられるようです。

冠婚葬祭の簡素化を奨励している自治体も

近年、地方自治体の中には冠婚葬祭の簡素化を奨励しているところもあるようです。
特に東北地方に冠婚葬祭の簡素化を奨励している自治体が目立つようで、関東周辺でも埼玉県の入間市や静岡県の富士市などがあり、
こうした地域では香典返しが見られない、もしくは少なくなっているようです。

香典返しのある地域の人からの香典にはどうしたら?

自分の住んでいる地域には香典返しはないが、香典返しのある地域から見えられた方から香典をいただいたという方も多いでしょう。
その場合、自分の住む地域の慣習に従うか、それともいただいた方の住む地域に合わせるかで大変悩ましいですね。
こうした場合は地域外の方に対してのみ香典返しを贈るのが無難だと思われます。
地域外の人にだけにお返しするのは不公平ではないかと気がかりな場合は、お礼状にて
「自分の住む地域には香典返しの習慣がないので、香典をいただきながらお返しをせずに失礼いたします」
との諭旨をお伝えすれば理解していただけるでしょう。

こんな場合、香典は誰のものになる?

通帳を開いて計算する女性

基本的には香典は喪主が受け取るもの

香典は故人への供養の想いだけでなく、喪主や遺族に対して贈られる経済的な助けと考えられています。
葬儀費用の負担軽減という観点から、費用を負担した葬儀主宰が受け取るものとの考えが一般的です。
地域によっては慣習により喪主と主宰者が異なる場合もあるのですが、
通常は葬儀主宰者とは喪主のことと考えて差し支えないですから、香典は喪主のものと言えるでしょうね。
喪主以外の親族の知人からの香典も喪主のものとなります。
もし喪主以外の親族の方が、「自分の知人からの香典だから自分に対するもの」と解釈して喪主の承諾もなく勝手に持っていったりすれば、
刑法上窃盗もしくは横領の罪状を問われますので注意してくださいね。

香典は相続財産ではなく贈与

香典はあくまでも贈与であって相続財産ではありませんので原則的に喪主以外の相続人が香典の配分を求めることは認めらていません。
また一般的なお葬式の場合、香典は非課税となりますが、
常識を超えた多額の香典が贈られてきた場合には一時所得とみなされて課税対象になる場合もあります。
法人が主宰する社葬の場合は香典は会社の利益とみなされ、法人税が課せられます。

葬儀費用を故人の遺産で賄った場合は?

葬儀費用を喪主が負担するのではなく、故人の遺産の一部で支払うこともよくあることですが、この場合はまた違った解釈ができるようです。
その葬儀自体に相続人すべてが合意していれば、相続人全員が葬儀費用を負担したと考えて
全員を実質的主宰者とみなし、香典を相続財産に含めて分配することもできます。

香典が余った場合は

葬儀費用を差し引いても香典が余った場合も、原則的に喪主のものとなります。
余った額をどうするかは喪主の裁量に任せることになります。
一般的には葬儀以後の法要などに補てんされることが多いようですが、
中には相続人の間で話し合って分けるという人も見えるようですね。

香典や香典返しには慎重に

香典や香典返しに関する習慣の違いや香典の所有権に関することが、トラブルを招いてしまうケースも。
地域間の習慣の差ははっきりと把握することが難しいのですが、自分の住む地域の習慣だけが常識と思わないことですね。
香典の所有権は遺産相続と関わって親族間でトラブルを招く恐れもあります。
そんな事態を招かないためにも、遺族でよく話し合っておきたいものです。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト