カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 葬儀後の知識、合掌の方法とその意味、宗派別線香の仕方

香典返しの礼儀作法について

コンテンツ一覧

葬儀後のご挨拶・御礼、祭壇のお供え、納骨で準備するもの

葬儀が終わった後どうすればいいか、何から手を付ければいいのか悩む方は沢山いらっしゃると思います。その中で特に大切な項目をご紹介します。

葬儀後のご挨拶・御礼

まずは僧侶や神官の方へのお礼に関する内容です。お礼をお渡しする際にはのしの表書きには、「御法礼」 「開眼式御礼」「開眼回向料」等と記入します。他にも「お車代」や「お膳料」と記入するもの一般的です。
その際、熨斗は黒白や黄白ではなく、紅白の水引きを使用します。
お手伝いに携わった方に対するお礼では表書きは「寸志 」・「志」と記入し、このときにも紅白の水引きを使用します。

祭壇のお供え

仏前に花を供えることをお供花といいますが、お供花は一般的に色花を使います。宗派によっては樒(しきみ)や榊(さかき)の場合もあります。
お供え物では塩や米は少々、小もちを10~20個くらいが一般的です。
他にも海の幸(昆布・わかめ・ひじき・海草 等)、山の幸(高野豆腐・しいたけ・栗・山の芋 等)、野の幸 (かんぴょう・ゆば・大根・人参・きゅうり・なす 等)もお使いいただけます。
果物やお菓子、お酒もよく使われています。

納骨で準備するもの

納骨する場合には次の物を準備します。
①埋火葬証明証
②永代使用許可書
③認印
④サラシの袋(お骨を土に帰すため、瀬戸物等の容器よりお骨を移すため)
これらは納骨の際には欠かせないものとなっています。

51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

合掌の方法とその意味

合掌という言葉を耳にすることが多いですが、実際の言葉の意味を理解している方は少ないかと思います。ここでは合掌の意味、どのようにして合唱が日本へと伝わってきたのかについてご紹介します。
仏壇に対するとき、あるいは寺院にお参りするときには、両の手のヒラを合わせ、目を閉じて静かに礼拝するという習慣が一般的です。これが合掌で、仏前に対する基本的な作法です。
もともと合掌というのはインドに伝わる礼法とされていますが、これが仏教徒として礼拝の方法として定着したものと云われています。
右手は仏さまを、左手は自分自身をあらわし、両の手のヒラを合わせることによって、仏と一体となる、その心を静め、敬けんな心境で礼拝をするという云い伝えもあります。
このいい伝えがいまでも日本に残っていることは一種の「伝統」です。法要の日に感謝の気持ちを合掌から伝えることによって自分の気持ちも伝えることが出来ます。
宗派によって合唱や法要名がかわってくるので、その宗派に合わせた法要をきちんと相談し、法要を行う事が必要となってきます。

51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

葬儀後のご挨拶・御礼、祭壇のお供え、納骨で準備するもの

お焼香は宗派や地域などによって行い方や線香の本数が変わってきます。
天台宗真言宗は身・口・意の三業を浄めるという意味から、焼香は三回、線香は三本立てるのが一般的となっています。
浄土宗では、出家者には、口伝がありますが、一般については、焼香の回数に特別のきまりはありません。一回はすべてに通じるから一心不乱、二回は戒香と定香、三回は解脱香を加えて意味づけをしています。
曹洞宗は、焼香の回数のきまりはありませんが、「初香を拈じ、従香は拈ぜず」とされているため、原則は二回です。線香は一本立てとなります。
浄土真宗本願寺派は一礼して焼香は一回、線香は立てないで折ったものを焼香し合掌念仏します。
真宗大谷派となりますと、軽く頭を下げ、焼香はニ回、線香は立てないで折ったものを焼香し合掌念仏します。
最後に日蓮宗は、焼香については、特別のきまりはありません。普通、焼香は一回、線香は一本立てます。日蓮正宗では線香を立てることはせず、横に倒して灰の上に置きます。
このようにそれぞれの宗派によってお焼香の方法が変わってくるだけでなく、合掌をする宗派や、線香の本数が違う宗派、特別な決まりがない宗派など、ひとつひとつの宗派で方法が違うため、法要前に事前に確認することが必要です。

51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
香典返し・法要引き出物 激安香典返しカタログギフト 激安グルメカタログギフト
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト