お歳暮ギフト

カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 香典返しの礼状・挨拶状の書き方や文例・テンプレート

礼状

故人の弔いである、お通夜や葬儀、49日などの法要の際には、お香典をいただく方が多いかと思います。
そんなお香典にはきっちりと感謝の気持ちを込めて、お品物のお返しをするのがマナーとなっています。

そんな香典返しですが、お渡しする際は、感謝の気持ちとご挨拶の意味合いも込めて、挨拶状やお礼状を共にお渡しします。
お品物だけではなく、挨拶状やお礼状も、きちんとマナーを守って、お相手にきちんと気持ちが伝わるものにしましょう。


1.香典返しに添える礼状の書き方やマナー
2.香典返しに添える礼状の文例
3.香典返しに添える礼状のテンプレート

香典返しに添える礼状の書き方

お香典に添える礼状や挨拶状

香典返し

香典返しをする際は、品物だけではなく、品物に礼状(挨拶状)を添えるのがマナーとなっています。
お供えをいたただいたことや、故人が生前お世話になったことへの謝意を伝える意味を伝えるために、きちんとマナーを守った礼状を書きましょう。

香典返しのお礼状の基本

香典返しのお礼状

香典返しは贈る品物も大切ですが、言葉で直接感謝の気持ちを伝えるお礼状も、とっても大切となってきます。
こちらでは香典返しに添えるお礼状に関する基本の知識を、お客様へのアドバイスと共にご紹介致します。

お香典返しのお礼状のマナー

礼状

香典返しを贈る際には、基本的にはお礼状を全て添えるのですが、宗教によって使ってはいけない言葉や、逆に使う言葉があったりと、お礼状の書き方もベースは同じだとしても、少しずつ異なってきますので、気をつけることは多々あります。
マナーを守って、お互い気持ちのいい礼状になるよう、きちんと書きましょう。

四十九日のお返しや香典返しの挨拶状以外のご挨拶のマナー

礼状

四十九日のお返しや、香典返し以外にも気をつけるべき点は色々とあります。
「弔電」に対するマナーや、「供花」に対するお礼「生前のお見舞い」への配慮「年末年始の欠礼葉書」など、作法に気をつけ、失礼のない挨拶状を用意しましょう。

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

香典返 礼状 を添えると言いますが、どのような場合にお礼状が必要となるのでしょうか?
最近、浸透しつてきた当日返しと呼ばれるお返し方法。香典返しを葬儀の際に用意しておいて、当日香典をくださった方へその日にお返しの品をお渡しする方法ですが、この場合には面と向かって直接お礼をお伝えするのが一番ですから、お礼状は必要ありません。

同じく、法要後、後日香典を包んでくださった近所の方や職場の方などに直接お返しを手渡しする場合にもお礼状は必要ありません。
香典返 礼状 を必要とするのは、後日郵送にてお返しを届ける場合です。
この時は、直接会って、感謝や報告などをすることができないので、その代わりとなるようお礼状を添えておきましょう。
お礼状の書き方は、宗派によっても異なる点がありますが、総じて一般的に記しておきたい内容には共通点があります。
それは、”葬儀にかけつけてくださったことへの感謝”、”無事に法要、納骨を終えることができたという報告”、”略式のお詫び”、”故人と生前お付き合いいただいたことのお礼”、”お返しを送らせていただくことの報告”などです。
また、香典返しのお礼状に季節の挨拶は必要ありませんし、句読点も使わないという決まり事がありますので、宗派に応じた書き方と以上のポイントを押さえつつお礼状を添え忘れることのないよう注意しましょう。
後日、郵送させていただくお返しにはカタログギフトがおススメですよ。
カタログギフトなら日持ちを気にする必要がありませんので、先方の在宅状況などがわからなくても送りやすいお返しと言えますね。

香典返しに添える礼状の文例

香典を頂いた方へのお返しに添える礼状・挨拶状の文例

香典返しに添えるお礼状の文例

お礼状に関しては、直接手渡しでお返しする方には不要ですから間違えないようにしましょう。お礼状の書き方については文例を通じて紹介します。
二例を挙げるなら、以下のようになります。

謹啓
亡母○○儀
葬儀に際しましては ご丁重なるご厚志を賜り 謹んで御礼申し上げます
おかげをもちまして 本日
○○院○○○○○居士
七七日忌法要を滞りなく相営みましたことをご報告申し上げますとともに 生前賜りましたご厚誼に対し 改めて御礼申し上げます
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしましたので 何卒ご受納くださいますようお願い申し上げます
略儀ながら書中をもちまして ご挨拶申し上げます
謹白
令和○年○月○日

謹啓
先般(続柄)
(故人の俗名)永眠に際しましてはご丁寧なお心遣いを賜り誠にありがとうございました
お陰をもちまして○月○日に四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
生前に故人が賜りましたご厚情に対しあらためて感謝申し上げます
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしますのでご受納くださいませ
まずは右 略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます
謹白
令和○年○月○日

メールでのお礼状の例文

メールでのお礼状

件名:葬儀ご参列のお礼
本文:
○○様
先日はお忙しい中、葬儀にご参列いただき、誠にありがとうございました。
また、過分なお心遣いをいただき、心よりお礼申し上げます。
忌引き休暇中には、ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございませんでした。
お陰をもちまして無事葬儀を終えることができました。
本日より、仕事に復帰させていただきます。
本来であれば、直接お伺いしてお礼を申し上げるべきところではありますが、取り急ぎメールにてお礼かたがたご挨拶申し上げます。

ただし、一般的に、人生最大のセレモニーのひとつである葬儀のお礼にメールを使うことは、 まだまだ少数派の方々のされることと思われます。
このようなことは無難に対応されるほうがよろしいので、 葉書を郵送されては如何でしょうか。

四十九日のお返しの挨拶状の例文

礼状

四十九日のお返しの挨拶状の書き方や、香典返しの挨拶状の書き方は基本的には同じになります。
ここでは四十九日のお返しの挨拶状の例文のご紹介をいたします。

お香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

お香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

一般的に忌明けと呼ばれる時期を迎えると、無事に法要を終えることができたご報告と葬儀に参列してくださったことへの感謝の気持ちを込めてお礼状を用意します。
香典返 礼状は、香典返しの添えてお返しします。
宗派によって時期に多少違いがありますが、忌明けは仏式の場合四九日、神式では五十日祭を忌明けとします。
この法要を終える頃に、香典をくださった方へ香典返 礼状を添えてお返しの品物を発送するようにしましょう。

お礼状に関しては、直接手渡しでお返しする方には不要ですから間違えないようにしましょう。
書き方のポイントは、葬儀へ参列いただいたことへの感謝、法要を終えたご報告、生前お世話になったことへの感謝、略儀のお詫び、香典返しを送ることの報告、をきちんと記すことです。
また、後日、郵送させていただくお返しにはカタログギフトが好まれますよ。
カタログギフトなら、日中仕事で留守をしていたり、出張で家を空けていた方が数日経った後に受け取ったとしても傷んでいる心配もありませんね。

香典返しに添える礼状のテンプレート

香典返しの、お礼状・挨拶状のテンプレート

香典返しを郵送する際に添えるお礼状の文例

1つのテンプレートを例に書き方のポイントをご紹介します。

謹啓 亡母○○儀 葬儀に際しましては ご多忙中のところわざわざご会葬を賜りご芳情のほど誠に有難く厚くお礼申し上げます
おかげをもちまして 本日
○○日忌法要を滞りなく相営みましたことをご報告申し上げます
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたします
早速拝趨の上お礼申し上げるべきところ
略儀ながら書中を持ちましてお礼申し上げます
謹白
平成○年○月○日

このテンプレートからわかる通り、押さえておきたいポイントは、”葬儀に参列いただいたことへの感謝”、”無事に法要を終えた報告”、”略儀のお詫び”、”香典返しを送る報告”は最低限記しておきたいポイントです。
これに加えて、”生前故人とお付き合いいただいたことへの感謝”なども加えても良いでしょう。
香典返しには、カタログギフトを選ぶ方が増えています。
香典返しは、故人と近しい関係であっても喪主さんとは親しいお付き合いでない方も多く、先方の趣味もわかり兼ねるため、お好きなものを選んでいただけるカタログギフトならどなたにも喜んでいただけますね。

お香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

お香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

香典返しを忌明けに郵送にてお返しする場合には、香典返 礼状を添えるのがマナーです。
お礼状は基本的に略儀ですから、本来なら直接お渡ししてお礼を申し上げるところ略儀で失礼して郵送でお返しさせていただいています、という文章を入れるのが必須です。
逆に言うと、会社の方や近隣の方などから香典をいただいて直接お返しをお渡しさせていただく場合には、自分の口からお礼の言葉や法要を終えたことのご報告をするのが筋ですからお礼状は添える必要がありません。

香典返 礼状を用意する際に、専門の業者さんに依頼して用意してもらう場合には、大半の業者さんは一般的に活用できるお礼状の例文を作成していますので、お任せすれば安心なのですが、ご自分でお礼状を用意する場合には、書き方に決まり事がありますから、ポイントを押さえてお礼状の作成をするようにしましょう。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト