カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 香典一万円に対するお返し:必要?マナー・知識、金額など目安、一万円以上の高額香典返し

香典一万円に対するお返しは必要?

コンテンツ一覧

香典一万円に対するお返しは必要?

香典返しは不要?

香典返しにはマナー・礼儀作法があります。香典返しとは、葬儀の参列者が香典を持参して最後のお別れに来てくれたことへの感謝を示すものです。その地域ならではのマナーが決まっていることもあるので、葬儀会社に相談したりギフトの取扱店に相談しましょう。

時期

宗教によって香典返しの時期が異なり、仏式なら四十九日の法要後、キリスト教では三十日祭(昇天記念日の後)、神式なら五十日祭の後に送るのが一般的です。

香典返しの時期

熨斗挨拶状

品物だけでなく挨拶状やお礼状を添えて送る方がマナーに則しています。挨拶状の詳細はこのページを参照ください。

熨斗挨拶状

品物に付ける熨斗は表書のし上は「志」が最もスタンダードです。神式では「偲び草」、キリスト教では「志」も「偲び草」も使えます。のし下の名入れは 「○○家」若しくは喪家の姓を記入うるのが一般的です。水引は黒と白の結びきりにしましょう。

宗教宗派

宗教宗派によって、熨斗や挨拶状や祭式での表現は、似ているようで異なっています。以下にまとめてみました。

宗教宗派による香典返しの違い

葬儀 お供えの表書 忌明け 返礼品表書
仏式 死去(逝去) 戒名 通夜式・告別式 御香典・御霊前 五七日忌・七七日忌・満中陰 志・忌明志・満中陰志
浄土真宗 (往生)即成仏 法名 葬儀 御仏前 五七日忌・七七日忌・満中陰 志・忌明志・満中陰志
神式 帰幽 諡号・霊号 通夜祭・葬場祭 御花料・献花料 五十日祭 偲び草
天理教 出直し 諡号・霊号 みたまうつし(遷霊祭)・告別祭 御玉串料 五十日祭 偲び草
キリスト教 召天 修道名 通夜の祈り/前夜祭・葬儀ミサ 御玉串料 三十日祭 偲び草

ご購入者様のアドバイス

香典返しにはマナー・礼儀作法があります。マナー違反となるお返しをすると参列者に失礼なだけでなく、今後のお付き合いまで難しくするでしょう。香典返しとは、葬儀の参列者が香典を持参して最後のお別れに来てくれたことへの感謝を示すものです。そのため、香典の金額に対してふさわしいお返しの相場がありますので、品物の選び方には注意しましょう。香典返し 一万円に相応しいもので悩んだら、葬儀会社に相談したりカタログギフトの取扱店に相談しても構いません。また、その地域ならではのマナーが決まっていることもあるので、お返し選びは慎重に進めましょう。宗教によって香典返しの時期が異なり、仏式なら四十九日の法要後、キリスト教では三十日祭(昇天記念日の後)、神式なら五十日祭の後に送るのが一般的です。品物だけでなく挨拶状やお礼状を添えて送る方がマナーに則しています。挨拶状の文例に決まりはありませんので、お礼の言葉を添えるだけでも十分でしょう。品物に付ける熨斗は「志 ○○家」が最もスタンダードです。神式では「偲び草」、キリスト教では「志」も「偲び草」も使えます。水引は黒と白の結びきりにしましょう。香典返し 一万円の品物に関わらず共通していますので、お返しにカタログギフトを選ぶ場合も同様のマナーが適用されます。

香典一万円に対する香典返しの金額など目安

香典一万円に対する香典返しの金額など目安

金額の相場

香典の金額に対してふさわしいお返しの相場がありますので、品物の選び方には注意しましょう。 香典返しは半返しと言われています。 一万円に対しては3,000~5,000円を目安に品物を選ぶのがマナーの範囲だと考えられます。 葬儀のマナーも時代によって変わり、最近では当日返しがスタンダードになっていて、葬儀の参列者にそのまま渡すケースが府増えています。香典返し 一万円の半額5000円だとしても、当日返礼が2000円なら、後日3000円分の贈答品とお礼を添えるなどのマナーに変わってきています。また、すでに半返しの習慣がなくなっている地域もありますので、カタログギフトを使って一律の香典返しとするケースも出てきました。その地域に合わせた香典返しを選ぶために、お返しや目安について事前のリサーチが必要になるでしょう。

人気の商品

よく使われているお返しは、使って残らない消耗品が多く、食品や石鹸洗剤やカタログギフトが無難かもしれません。 具体的にランキングで紹介させていただきます。

香典返し3千円のご予算 香典返し5千円のご予算

香典返しのカタログギフトなら以下をご覧ください。

香典返しカタログギフトランキング
 

ご購入者様のアドバイス

香典返しなどお返しには相場がつきものです。共通のマナーが決まっていると、どなたでも対応しやすくなるからです。まず基礎知識として、香典返しは半返しになるのが一般的です。香典返し 一万円に対しては5000円を目安に品物を選ぶのがマナーの範囲だと考えられます。昔の風習が強く残っている地域では、香典返しに使う品物が限定されますが、最近ではカタログギフトも使われるようになりました。品物だと大きさによって香典返し 一万円でも違う印象になりますが、その点、カタログギフトなら同じ大きさですので目立たないメリットがあるでしょう。葬儀のマナーも時代によって変わり、最近では当日返しがスタンダードになっていて、葬儀の参列者にそのまま渡すケースが府増えています。香典返し 一万円の半額5000円だとしても、当日返礼が2000円なら、後日3000円分の贈答品とお礼を添えるなどのマナーに変わってきています。また、すでに半返しの習慣がなくなっている地域もありますので、カタログギフトを使って一律の香典返しとするケースも出てきました。その地域に合わせた香典返しを選ぶために、お返しや目安について事前のリサーチが必要になるでしょう。

一万円を超えるの高額のお香典の返礼

一万円を超えるの高額のお香典の返礼

人気の商品

2万円、3万円、5万円、10万円、それ以上のお香典をいただく大半は親族の方々だと思われます。このような弔事を始め様々なことで今後もお付き合いが続きます。よって半返しとは言いますが、お互い様問のことでもありますので、1/3以下でも失礼にはなりません。これまでのご親戚の間での相場を尊重されるべきです。 特に生前に戴いたお見舞いや、供花、香典以外のお供えについてもお返しの際に、心遣いが伝わるようにされたほうがいいと思います。 『御見舞いのお礼』や『お花のお礼』のお礼状カードを用意しております。詳細はコチラをご覧ください。

人気の商品

香典返し5千円のご予算 香典返し1万円のご予算

香典返しのカタログギフトなら以下をご覧ください。

香典返しカタログギフトランキング

ご購入者様のアドバイス

様々な参列者から香典をいただきますので、中には親しい間柄で香典返し 一万円以上の高額になる場合があります。高額の香典に対してお返しをする場合は、半返しにしなくても構いません。気持ちに対して感謝を表しますので、香典返し 一万円以上の場合には1/3とか1/4の金額でも構わないという相場があります。仮に10万円の高額な香典だとして、それに対して5万円の香典返しを用意すると、マナー通りのように見えて先方に対しては失礼に当たることもあります。この場合は、3万円か4万円に相当する香典返しでもかなり高額に感じますし、現金でお返しすることはありませんので高級なものから選べるカタログギフトを選ぶのが無難でしょう。香典返しは現金や商品券でお渡しできませんし、商品ではかさばって目立つときにもカタログギフトが活用できます。そして、香典返しと一緒にお礼状を添えますが、数が多い時には印刷したものを使用すると思います。高額のお香典をいただいた方には手書きでお礼状を添えるなどの配慮があれば十分でしょう。冠婚葬祭で共通の注意点ですが、金額には金額で返すと考えるより、気持ちには気持ちで返すのがスマートなお返しの方法になるでしょう。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト