カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返し・法要引き出物のマナー > 四十九日香典返し:礼状の書き方、礼状の文例、礼状に関する常識

四十九日香典返し礼状に関する常識

コンテンツ一覧

四十九日香典返し礼状の書き方

四十九日香典返し礼状の書き方

突然誰かが亡くなると、遺族は悲しむ時間も無く次々と儀式のために決めて行かなくてはならないことがあります。また、そうして考えたり決めたりすることをしなくてはならないというそのこと自体が、遺族を悲しみから守ってくれます。忙しく時間に追われる中で、悲しみから少し距離をおくことができるように、昔の人の智恵はそういった葬儀のしきたりを作ってきたのかもしれません。そして、一般的には四十九日を一つの区切りとして、お香典をいただいた方へ無事に四十九日の法要が済んだことの報告をします。この時にお返しの品としてよく使われるのがカタログギフトです。お返しの品に添える「四十九日香典返し礼状の書き方」については、お香典をいただいたお礼、無事に四十九日の法要が済んだこと、故人の戒名、香典返しの品を送ること、略儀で済ませてしまうことのお詫びなどをしたためます。書き方としては、本来は筆を使ってお一人お一人にむけて、薄墨で丁寧に書くのが礼儀ではあります。最近では香典返しの品としてカタログギフトを利用する場合には、きちんとした体裁の「四十九日香典返し礼状」がカタログギフトの会社で用意されているので、これを利用すると良いでしょう。

51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

四十九日香典返し礼状の文例

四十九日香典返し礼状の文例

「四十九日香典返し礼状の文例」については、インターネットなどで調べることができます。また図書館や書店などで「冠婚葬祭」に関する図書を手に入れることも可能です。どの文例もだいたい決まった形のようなものがあります。 例えば
謹啓 ○○の候 御尊家御一同様には愈々御清祥のことと拝察申し上げます
○○○の葬儀に際しましては、御繁忙中にもかかわりませず御弔慰を賜わり洵に有難く厚く御礼申し上げます
お蔭をもちまして七七日忌を滞りなく相営むことができました
就きましては供養の印までに心ばかりの品をお届け致しますので何卒ご受納くださいますようお願い申し上げます
早速拝趨親しく御礼申し上ぐべき筈ではございますが略儀ながら書中を以ちまして謹んで御礼の御挨拶申し上げます
敬 具
平成○○年○○月
と言った内容のもので、お香典などへのお礼、四十九日が明けたことの報告お香典のお返しを送らせていただくこと、また略儀で済ませてしまうことのお詫びなどを書きます。こういった「四十九日香典返し礼状」を添えてお返しとします。お香典返しにカタログギフトを利用するようにすれば、いくつかある文例から好みのものを選んで「四十九日香典返し礼状」としてカタログギフトの会社で用意してくれます。

51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

四十九日香典返し礼状に関する常識

四十九日香典返し礼状に関する常識

「四十九日香典返し礼状に関する常識」についてですが、四十九日というのは主に日本古来の宗教である仏教での葬儀を行った場合が多いので、キリスト教や他の宗教の場合には四十九日にこだわらないのかもしれません。そのあたりは、どういった宗教での葬儀であったのかがカギになります。人が亡くなってから7日×7の四十九日の間を仏教では「中陰」と呼び、この間は七日ごとに閻魔さまが、この人は極楽に行くべきかどうかということについて判定を下すのだそうです。そうして、四十九日がたつと忌明けとなります。四十九日の法要を済ませたら、お香典を頂いた方々へお礼状と共にお返しの品を送ります。これはまだ悲しみの中での書面になるので、墨黒々と書くのではなく、悲しみのために墨も涙で薄くなっていますと言う意味を込めて薄墨で書くのが常識です。また、本来は遺族が自分でひと筆ひと筆故人への厚情を感謝して書くものですが、最近は印刷の「四十九日香典返し礼状」を利用する人も多くなっています。お香典のお返しとしてカタログギフトを利用する場合には、「四十九日香典返し礼状」もカタログギフトに添えて送ってもらうことができます。こういったサービスを利用すると便利です。

51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの4つのマナーと金額の相場を知ろう
いつ贈るの?宗教や宗派により異なる香典返しの時期
香典返しの掛け紙(のし紙)と挨拶状(お礼状)
【香典返し】会社にも贈る?返事は必要?辞退や寄付をするには
香典返しのない地域は?香典の所有権って?
香典返しの品選び、人気はカタログギフト
香典返しで避けるべきものは?たき新の安心の理由
香典
香典の金額の相場はどれくらい?渡し方は?
表書きや中袋、香典袋の種類と書き方
香典辞退という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での「供物(お供え物)」の贈り方
喪主を務める方へ!早見マニュアルですべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀直後に喪主がすべきこと!遺産相続までのまとめ
葬儀の費用っていくらかかるの?
法事・法要
新盆(初盆)に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識(満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の供花(生花)・弔電・お手伝いへのお礼
生前のお見舞い・忌中見舞いへの対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しにお菓子を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、掛け紙の掛け方について。
香典返しのお礼状の基本。御見舞御礼と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの金額について。相場や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
親族への香典返し。お花を頂いた場合や、個人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る時期。年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに商品券を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しにお菓子を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、掛け紙の掛け方について。
職場や会社関係からの香典への香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに贈ってはいけないもの。香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
お子様
お子様 - 20代 - のストーリー
お子様 - 30代 - のストーリー
ご兄弟
ご兄弟 - 20代 - のストーリー
ご兄弟 - 30代 - のストーリー
ご兄弟 - 40代 - のストーリー
ご兄弟 - 50代 - のストーリー
叔父・叔母
叔母 - 30代 - のストーリー
叔父 - 40代 - のストーリー
叔母 - 50代 - のストーリー
いとこ・親戚
親戚 - 20代 - のストーリー
親戚 - 30代 - のストーリー
いとこ - 40代 - のストーリー
いとこ - 50代 - のストーリー
取引先の方・上司
取引先 - 20代 - のストーリー
上司 - 30代 - のストーリー
上司 - 40代 - のストーリー
上司 - 50代 - のストーリー
勤務先の同僚・部下・友人
部下 - 30代 - のストーリー
友人 - 30代 - のストーリー
部下 - 40代 - のストーリー
友人 - 50代 - のストーリー
お隣様・ご近所様
ご近所 - 40代 - のストーリー
お隣様 - 50代 - のストーリー
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
おすすめからカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
還暦祝いマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト