カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 香典5000円に対する香典返し:不要?相場、贈る際のマナー

5000円予算で贈る香典返し

コンテンツ一覧

香典5000円に対する香典返しは不要?

基本的にはいただいたお香典全てに対してお返しすべきです。
お忙しいところ、様々なご弔慰に感謝し、返礼することはマナーとしてとても大切です。決して、金額が比較的少ない5千円だからと言ってお返ししなくてもよいということはありません。 但し、以下3点の場合は例外になり得ます。

即日返し(当日返し)をされた場合

1)上司以外からいただいた場合
2)規則の中で、高額の香典もお返しする必要がないと明確に定めらている場合や、その前例があった場合
このような場合は、ご町内や会社に相談された方がいいと思われます。

ご町内や職場での決まりがある場合

ご町内や職場での決まりでお返しを禁止している場合はお返しはありません。一般的に5千円までの金額のお香典が多いのですが、それ以上の金額をいただいた場合はお返しする必要があるかもしれません。

ある団体に寄付される場合

葬儀の際に、全くお返しをしない場合は特に、このようなご意思を伝える必要があります。

香典5000円に対する香典返しの相場

一般的にはお返しは「半返し」言われています。戴いた金額の1/3~1/2がお返しの金額の相場になります。但し、一家の世帯主が亡くなった場合は相場以下ということもあります

1/3~1/2について

お香典の金額が1万円以下の場合、一般的なお付き合いの方々からいただくことが多いでしょうし、2万円以上のお香典であれば、親族の方のように、近親者の方からとなるようです。
近親者の場合、お付き合いが今後も続きますので、「お互い様」ということもあり、比較的お返しする相場は低いようです。
それに比べ、一般的なお付き合いの1万円以下の香典をいただかれた方には比較的しっかり半額を目安にしてお返しされる傾向が強いようです。
一律のお返しの割合ではなく、お返しされる対象に応じて、ご返礼の割合を決められ、全体として1/3~1/2になるという理解をしています。

51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

5,000円の香典返しを贈る際のマナー

お通夜やお葬式に出席するとなると、出席する側は供え物の代わりとして香典という形でお金を包んで持って行く事になります。この香典に対して、受け取った側である遺族は出席して下さった方々に香典返しをお返しする必要があります。この香典返しですが、一般的には、頂いた香典の半分から三分の一程度をお返しするのが相場で、又、お返しする時期としては、忌明けである四十九日が明けてからお返しするのが通例とされてきました。ですが、最近では、お葬式の終わりにその場で香典返しをお返しするケースが増えてきています。そうなると香典をいくら頂いたかいちいち確認した上でお返しする事は不可能になるので、一律2、3000円ぐらいの物を用意しておき、全員にお返しするようになってきました。なので、香典返し 5000円の方にはその2、3000円の香典返しで良いでしょうが、10000円の香典を頂いた方には後日追加でお返しをお送りするのがマナーになります。では、香典返し 5000円の方など、その場でお返しする香典返しのマナーとしては、まず弔事用熨斗紙を付けるのがマナーでしょう。弔事用熨斗紙とは黒白結び切りの水引が付いた熨斗紙で、その水引の上に「志」という文字を入れ、水引の下に喪主の苗字のみを入れます。次にこの香典返しによく選ばれる物としてカタログギフトがあります。カタログギフトなら自由に選んで貰う事が出来ますし、又持って帰って貰うに当たっても、かさばらずそこまで重さも無い事から重宝されていると考えられます。

時期

中陰表の画像

かつては、忌明け法要(故人が仏様になられる儀式)の際に、葬儀でのご弔慰のお礼、忌明け法要が終わったことに対する報告などを兼ねて、香典返しを贈っていました。最近は葬儀の際にお返しされることもあります。その場合は香典返しをお返しすることも挨拶状に記載します。

熨斗

仏事の熨斗

仏式

水引は「黒白結び切り」表書ののし上は「志」、のし下は「喪家」の姓を記入します。 また、主に関西地区では、水引は「黄白結び切り」、表書ののし上は「満中陰志」または「忌明志」、のし下は「喪家」の姓を記入されるところもあります。

神式、キリスト教

水引は「黒白結び切り」表書ののし上は「偲び草」、のし下は「喪家」の姓を記入します。 また、主に関西地区では、水引は「黄白結び切り」となるところもあります。

挨拶状

挨拶状の画像

それぞれの宗教や宗派に応じて表現が異なっています。詳細はこちらでご確認ください。

51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト