カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 香典返し:返礼は不要?葬式の香典返し・返礼品の相場、返礼品に添えるお礼状の書き方

香典返しや返礼品に関する常識

コンテンツ一覧

香典返しの返礼は不要?

香典返しの返礼は不要?

基本的には、香典返し 返礼は不要と言われています。その理由は、香典返しは香典を頂いたことに対するお返しという意味合いなので、お返しのお返しをするのは不要ということです。最近では、香典返しにカタログギフトを贈る場合が多くなっていますが、カタログギフトだと発注者にもきちんと誰が何を頼んだかを確認することができるようになっているので、送った相手が利用したかどうかわかるようになっていて、その点は心配ありません。地域によっては香典返し 返礼をすることは、また不幸を繰り返すことになったり、不幸のないところに不幸を呼んでしまうなどと言われていることもあり、かえって失礼にあたる場合も多いです。わざわざお礼を伝えることは失礼ですが、他の用事で会う機会があったり電話をする用事があったときなどに、先日はご丁寧にと言った形でお礼を伝えることは失礼にはあたりません。直接会ったり話したりする機会があるときにお礼を伝えるようにしましょう。どうしても届いていることを伝えたいときなどは、「ありがとうございます」という言葉は避けて、「ご丁寧に申し訳ありません」などと少し謙遜した言葉でお礼を伝えると、相手へのお悔やみの気持ちを表すことができます。

51%OFF激安カタログギフト

葬式の香典返し・返礼品の相場

葬式の香典返し・返礼品の相場

葬式の香典返し 返礼品の相場は、半返しが基本となっています。お葬式当日に参列者に渡されるお茶などのお返しがある場合がほとんどであると思いますが、相場はだいたい2000円~3000円ほどです。香典の相場がだいたい5000円~10000円くらいなので、これで香典返し 返礼が成り立ちます。故人との関係が深くない場合は当日のお返しだけで十分ですが、近い親戚や家族がなくなった場合はこの限りではありません。香典の金額が10000円以上になった場合は、当日の香典返し 返礼品とは別に3000円程度のお返しをするのが一般的です。そのようなときに便利なのが1000円単位で用意することのできるカタログギフトです。葬儀のときはしばらく落ち着かないので、あらかじめカタログギフトを香典返し 返礼品と決めておいて、あとは香典の金額次第でだいたい半返しになるようにカタログギフトをお返しとして贈るのがよいでしょう。ただし、故人と親しかった方の場合は生前の付き合いに対する感謝や思いから、高額の香典を包んでくださっているものと考え、半返しにこだわりすぎるのもよくありません。そこは気持ちと受け取って、金額的には30000円の香典(15000円の半返し)くらいまでにして、それ以上の場合は、3分の1や4分の1返しでも失礼にはなりません。

51%OFF激安カタログギフト

香典返し・返礼品に添えるお礼状の書き方

香典返し・返礼品に添えるお礼状の書き方

香典返し 返礼品に添えるお礼状は、忌があける49日の法要後にすぐに出すのが一般的です。葬儀の時に高額の香典を頂いている方がいる場合や、葬儀後に香典や品物を頂いている場合は、忌あけにカタログギフトなどの香典返し 返礼品と一緒にお礼状を送ります。お礼状は、遺族が個人の知り合いや友人など生前付き合いがあった方に、忌があけたこと知らせるとともに、生前お世話になったお礼の気持ちを込めた内容であることが大切です。その際、本来は直接お伺いしお礼を申し上げるのがマナーですが、直接お礼に伺うことができないかわりに、お礼状とカタログギフトなどのお返しの品物をお送りしますという内容を添えるとより丁寧です。そしてお礼状を送る場合、文章中には句読点と「、」や「。」などは用いません。その理由としては、葬儀や法事が滞りなく終わったということを表すために、文章が途切れるような「、」や「。」は使用しないという説や、句読点ははもともと読み手が読みやすいようにつけられたもので、あらかじめ句読点をつけた文章を送るのは文章を読める能力を持った相手の方に失礼などという説もあり、きちんと理解しておく必要があります。故人がお返しをできない分まで遺族が心を込めて、1人1人にお礼状を用意するようにしましょう。

51%OFF激安カタログギフト
創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト