カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 香典返し:「志」の意味、表書きが「志」、のしの種類は?「志」の下に書く名前はどう書く?

香典返しによくある「志」の意味1

コンテンツ一覧

香典返しによくある「志」の意味

香典返しによくある「志」の意味お通夜やお葬式に持参するお供えのお金の事を香典と言います。この香典に対して遺族からお返しされる品を香典返しと言います。この香典返しにはのしが付けられているのが常識ですが、こののしに「志」という文字が書かれていると思います。他には仏式では「満中陰志」や神式、キリスト式では「偲び草」という文字が書かれている場合もあります。この香典返し 志の意味ですが、この「志」には「気持ち」、つまり「気持ちばかりのお返し」といったような意味があるとされています。「満中陰志」という言葉にも「志」という言葉が入っています。この「満中陰志」の意味は「満」が「満ちる」、「中陰」は「四十九日」つまり「人が死んでこの世からあの世へと旅立つ期間」、そして「志」つまり「気持ちばかりのお返し」が合わさっています。ですから、香典返し 志には遺族からの感謝の気持ちが含まれているのです。その感謝の気持ちを表す品として香典返しには「是非お返しして喜んで貰える物を」と思われる人は多いでしょう。そこで最近ではこの香典返しにカタログギフトを選ぶ人が増えています。カタログギフトならお返しを受け取った人それぞれに、その人の好みに応じて品物を選んで貰う事が出来るからでしょう。
51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

香典返しの表書きが「志」、のしの種類は?

香典返しの表書きが「志」、のしの種類は?身内に不幸があった場合、その遺族はお通夜やお葬式の準備をする必要があります。その準備の内の1つに香典返しの手配があります。昔はこの香典返し、忌明け、つまり四十九日を過ぎてからお返しすれば良かったのですが、最近は、お葬式が終ったその場でお返しする即返しが一般的になってきています。ですから、お通夜やお葬式の準備段階で既に手配しておく必要があります。この香典返しにはのしを付ける必要があります。こののしの種類としては、黒白または黄白の結び切りの水引が付いたのしを選びます。この結び切りの水引には、なかなか解けないという意味から「ご不幸が繰り返さないように」という事を意味しています。そしてこの水引の上に「志」という文字を入れ、水引の下には喪主の苗字のみ、苗字に~家、そして喪主の姓名を入れる場合があります。この香典返し 志の「志」には「気持ちばかりのお返し」という意味があります。遺族は身内の不幸を悲しみつつも、それに対するみなさんの心遣いに対して深く感謝し、その感謝の気持ちをこの香典返し 志で表しているのです。そして香典返しの品ですが、最近ではカタログギフトを選ぶ人が増えています。「せっかくなら使って貰える物をお返ししたい」という気持ちから、自由に選べるカタログギフトを選ぶ人が増えているのでしょう。
51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

香典返しの表書き「志」の下に書く名前はどう書く?

香典返しの表書き「志」の下に書く名前はどう書く?身内に不幸があった場合、残された遺族はお通夜やお葬式の手配をする必要があります。この手配の中に、お通夜やお葬式に出席して下さった方々に、そしてそれらには出席して貰えなかったが香典だけ頂戴した方々に、そのお返しとして配る香典返しの手配があります。この香典返しですが、最近ではお葬式の後その場でお返しする即返しが一般的になってきているので、香典の額に関わらず、一律2、3千円ぐらいの品をお返しする場合が多いでしょう。そしてこの香典返しにはのしを付ける必要があります。こののしは黒白または黄白の結び切りの水引が付いたのしを選びます。そしてこの水引の上に「志」や「満中陰志」という文字を入れ、水引の下に喪主の名前を入れます。香典返し 志ですが、「志」はどの宗教でも使えますが、「満中陰志」は仏教のみなので、香典返し 志を用いる場合が多いでしょう。そして水引の下に入れる名前ですが、喪主の苗字のみ、苗字に~家、喪主のフルネーム、どのパターンでも構いません。次にこの香典返しによく選ばれる物として、昔はお茶、海苔、タオル、洗剤などの消耗品がありましたが、最近はほとんどがカタログギフトと言ってもいいでしょう。カタログギフトなら、お返しを受け取った人それぞれが好みの物を選んで貰えるので、どの人にお返ししても安心だからではないでしょうか?
51%OFF激安カタログギフト

香典返しのカタログギフトが最大51%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
香典返し・法要引き出物 激安香典返しカタログギフト 激安グルメカタログギフト
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト