お歳暮ギフト

カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 葬儀や法事などの仏事のお返し:「のし」の書き方、マナー、お礼状

仏事のお返し

仏事のお返しに、お礼の気持ちを込めてしっかりと贈り物をしたいですよね。
その際、仏事のお返しを贈る時の基本的なマナーや熨斗、お礼や挨拶状について知識もしっかりと身につけておきたいものです。

今回は基本知識の他にちょっとした豆知識もご紹介いたします。


1.仏事のお返しの基本的なマナー
2.仏事のお返しの「のし」の書き方や知識
3.仏事のお返しに添えるお礼状や挨拶状について

仏事のお返しの基本的なマナー

御仏前等のお供え物をもらった時のお返しについて。お供えのお返しは頂いた金額の半額か〜1/3程度の金額のお返しが一般的です。

御仏前等のお供え物をもらった時のお返しについて。お供えのお返しは頂いた金額の半額か〜1/3程度の金額のお返しが一般的です。

法事 返礼品の相場は、頂いた金額の半額から三分の一までの金額が一般的です。

法事の場合は食事の席などを設ける場合も多いので、その食事代を含めて半分ほどのお返しになるようにする場合が多いようです。
食事の金額にもよりますが、法事 返礼品辞退の金額は2000円~3000円くらいが相場と思われます。

ご霊前やご仏前などの、お供え物のお返しに選んではいけないもの

ご霊前やご仏前などの、お供え物のお返しに選んではいけないもの

基本的に、法要などで贈るお返しは「消え物」がよいとされています。 また祝い事によく使われている昆布や鰹などのめでたいとされている品物や、肉や魚などの生臭ものも避けられております。 年配の方や目上の方は、特にこういった点も気にされる場合があり得ますので注意してください

御供や御佛前、御霊前などの、お供物へのお返しにおすすめなのが、カタログギフトです

御供や御佛前、御霊前などの、お供物へのお返しにおすすめなのが、カタログギフト

御供や御佛前、御霊前などの、お供物へのお返しにおすすめな品物は、基本的には香典返しと変わりません。気をつける点としては、相場に見合った品物をお贈りしましょう。

カタログギフトは、贈る側も忙しい時間の中で手配がしやすかったり、贈られる側もご自分で好きなものを選べるという点から、人気が高い商品です。

葬儀や法事などのお仏前・御霊前へのお返しに、お菓子を贈る場合。

葬儀や法事などのお仏前・御霊前へのお返しに、お菓子を贈る場合。

お仏前・御仏前などの供物への返礼品に、お菓子を贈る場合は、選ぶポイントや気をつけるポイントは、基本的には香典返しと同じです。

①小分けに包装していること。
②日持ちするものであること。
③華やかな色合いのものではないものにする。
④かさばらないもの。
といった点に気をつけて選ぶのが、良いでしょう。

御線香を御供として頂いた際のお返しは、基本的には不要ですが、高級な物の場合はお返しも用意しましょう

御線香を御供として頂いた際のお返しは、基本的には不要ですが、高級な物の場合はお返しも用意しましょう<

法事や葬儀などの御供物では、お線香などを頂く場合もあります。
基本的には禁煙では、お線香などのお供え物の代わりに、葬儀や法事では「ごお供物料」という名目で、現金を包むのが一般的とされています。
ですが、地域によっての風習や、昔からのしきたりの名残として、お線香のみをお供えする方もいらっしゃいます。
そういった場合は基本的には、お返しはしなくても問題はありません。

頂いたお線香の、お線香代に対するお返しがいるのではないかと、迷われる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にはお返しは頂いたお金に対して贈るものであり、お花やお線香といったお供え物については、どちらかというとお返しを辞退するといった意味合いや、故人を悼む気持ちを表す意味合いが強いため、返礼品などは基本的には用意しないで良いとされています

しかしお返しを贈ってはいけないということもないですし、逆にもし頂いたお線香が1万円以上の贈答用の高級な物だとしたら、頂いたお線香の金額に合わせたお返しが必要になってくると思われます。

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

仏事に出席する人は、故人との関係性や仏事の会食の有無で違いはあるでしょうが、だいたい5千円から1万円の現金を御仏前として包んで持参するのが一般的です。
それに対して、仏事を主催する側はお返しに引き出物と引き菓子を用意しておく必要があります。
この引き出物でよく選ばれる物としては、タオルや石鹸、洗剤、調味料、海苔、お茶など誰もが使うであろう実用的な物が多いでしょう。

ですが、遠方から来て下さる方もいるでしょうから、重い物やかさばる物は避けるのがマナーです。
そうなると、タオルならまだしも、洗剤や石鹸、物によれば調味料などは結構重さがある物となってしまいます。
そこで、最近に人気の仏事のお返しとしてカタログギフトがあります。
カタログギフトなら、そこまで重さがありませんし、かさばる心配もありません。

そして品物にせよ、カタログギフトにせよ、仏事のお返しに付けるのしは、黒白または双銀の結び切りの水引ののしを使うのがマナーです。
この水引の上に「志」か「粗供養」の文字を入れ、水引の下には施主の名前を入れます。
カタログギフトを選ぶ場合には、不祝儀専用というカタログギフトがちゃんと用意されているので、そのようなカタログを選んでお返しするようにしましょう。

仏事のお返しの「のし」の書き方や知識

御仏前・御霊前等のお供えのお返しや、会葬御礼品につけるのし紙の種類について

49日法要のお返しなどにつけるのしについて

お仏前や御霊前などのお供え物に対するお返しなどにも、必ず熨斗はつける必要があります。
一般的な掛け紙の場合は熨斗の付いていない、掛け紙となります。 水引は『黒白の結び切り』とし、水引の上に書く表書きを、水引の下には、『◯◯家』、『故人の苗字』、『喪主の苗字のみ』のいずれかを書きます。

法事返礼品や、会葬御礼など、葬儀や法事のお礼として贈るお返しの品物にも、のしはつけましょう

法事返礼品や、会葬御礼など、葬儀や法事のお礼として贈るお返しの品物にも、のしはつけましょう

法事返礼品や、会葬御礼なども、香典返しと変わらず、お返しの品物にはのしをかけましょう。
法事香典返しにつける「のし」についてですが、お香典のお返しをお送りするときにはのし「かけ紙」はつけるのがマナーだとされています。

葬式に列席され、お香典を頂いた際に贈る、お礼の品物にかける仏熨斗の表書きや名前の書き方や色について

表書きや名前

掛け紙を印刷にした場合。表書きと名前の濃さは、揃えておいた方が良いでしょう。
文字の色を薄墨か普通の黒(墨)にする場合でも、表書きと名前の色の濃さは統一するのがマナーです。

宗派ごとに熨斗に違いはあるのか。各宗派ごとの法要のお返しの熨斗について。

宗派ごとに熨斗に違いはあるのか

掛け紙は、信仰する宗教などによって、書き方等が変わってくる場合があります。
ここではそれぞれの掛け紙についての説明をしていきます。

基本的に共通していることは、熨斗なしの、水引は結び切りの掛け紙ということです。
それ以外の点ですと、水引の色や、表書き、掛け紙のデザインが異なってきます。

表書きが「御見舞御礼」の仏熨斗は、生前お見舞いを頂いた方に贈るお礼の品物につけます。

表書きが「御見舞御礼」の仏熨斗は、生前お見舞いを頂いた方に贈るお礼の品物につけます。

生前にお見舞いをもらっていたが亡くなってしまったという場合には、お返しは必要なのか悩まれる方も多いかと思います。
お見舞いの後に状態が回復した場合には、快気祝いとしてお返しを贈ることが一般的ですが、亡くなってしまった場合にはお返しをしなくて良いという考え方と、マナーとしてお返しするのが当然だという考え方もあります。

お返しを贈る場合には、のしの表書きは「御見舞御礼」とし、香典や他のお供えものとは別に、お見舞いに対するのお返しを別々に贈るというのが、一般的であるとされています。

弔電や供花などの御供養を頂いた際に、お返しの品物にかけるのしについて

弔電や供花などの御供養を頂いた際に、お返しの品物にかけるのしについて

弔電や供花などの御供養を頂いた際には、お気持ちととってお返しを贈らない場合もございます。
ですが、贈る場合はのしなどは基本的に、香典返しと同じルールに従ってお返しを贈りましょう。

表書きと名前の色は、薄墨か黒色を用いてかき、表書きについては該当する宗教に基づいたものを書きましょう。
そして、水引は結び切りのもので、熨斗がついていない掛け紙を使用しましょう。

お彼岸やお盆に頂いたお供えに対する、お返しののしの、書き方やかけ方

お彼岸やお盆に頂いたお供えに対する、お返しののしの、書き方やかけ方

初盆やお彼岸では、お供えを頂く場合がございます。 基本的にはお返しは贈らなくても良いとされていますが、今後の親族間のおつきあいを考えて、お返しを贈られる場合もございます。 お礼の品物をお贈りする際は、その品物につけるのしをつけましょう。 この場合の、名前の書き方や水引については基本的には香典返しと同じになりますが、表書きは「志」や「粗供養」、「彼岸供養」や「初彼岸供養」と書きますが、地域や宗教によって異なるので確認をした方が良いでしょう。

お香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

お香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

仏事とは法事や法要の事で、故人の冥福を祈り供養する仏教行事です。
仏事に招待された場合には、御仏前として5千円から1万円ぐらいの現金を包んで持って行くのが一般的とされています。
そして仏事を主催する側は、僧侶にお経をあげて貰うお願いをしたり、仏事の後の会食の手配をしたりと準備が必要となります。

又、御仏前に対するお返しとして引き出物や引き菓子の準備も必要となります。
この仏事のお返しの相場としましては、だいたい2、3千が一般的でしょう。
タオルや石鹸、洗剤など誰もが使うであろう日用品がよく選ばれます。
遠方から出席して下さる方もいるでしょうから、あまり重くない物、かさばらない物を選ぶというのも大切です。

ですが、なかなか品物を選ぶとなると難しいという事で、最近はカタログギフトをお返しに選ぶ人が増えているのが現状です。
このカタログギフトにも不祝儀専用というカタログが用意されています。
品物を選ぶにせよ、カタログギフトを選ぶにせよ、仏事のお返しにはのしを付ける必要があります。
仏事のお返しののしは黒白か銀の結び切りの水引の付いたのしを選び、水引の上には「志」か「粗供養」の文字を入れ、水引の下には施主の名前を入れるのが一般的とされています。

仏事のお返しに添えるお礼状や挨拶状について

お供えのお返しに添えるお礼状の書き方。拝啓・敬具で完結する文面にしましょう

添えるお礼状や挨拶状の書き方

法要のお返しに添えるお礼状、挨拶状はひとつの流れででき、拝啓・敬具で完結する文面を作成する必要があります。

文章の流れとしては、まずはじめに、故人の葬儀に参列して頂いたお礼の文章を書きます。
次に、葬儀の際は行き届かない点があったことをお詫びします。
そして49日の法要が滞りなく済んだ旨を報告し、供養のしるしであるお返しの品を贈ることを述べます。
さらに故人が生前にお世話になったことに対する感謝の意と今後のお付き合いをお願いしますという文面をのせて、最後に終わりの文章をのせます。
最後の文章は直接お礼を申し上げるべきところ、書中にて失礼いたします等の挨拶状だけで済ませる失礼を一言述べましょう。

御仏前などの仏事でお供えを頂いた場合、フォーマットに沿っても良いので、お礼状にして伝えましょう

添えるお礼状や挨拶状の例文

忙しかったり、どんな文章にすればいいかわからない場合はフォーマットになる例文があるととても便利です。
「法要のお返しに添えるお礼状の例文」については、冠婚葬祭のことについて詳しく書かれた図書が多くあったり、インターネットなどでも調べることができますので、「法要のお返しに添えるお礼状の例文」などで検索してみると良いでしょう。

ここでは、気持ちがしっかりとこもる例文を何個かご紹介いたします。

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

仏事に出席して下さった方や、仏事には出席して貰えなかったけど、お供えやお花を送って下さった方にお礼状を出すのが一般的です。
仏事に出席して下さった方には、出席して下さった方が持参した香典のお返しとして引き出物や引き菓子を帰り際にお渡しするので、後日、お礼状だけを出す事になるでしょう。
ですが、仏事に出席して貰えなかった方には引き出物という形でお返し出来ていないので、後日、お供えやお花へのお返しとして何か品物を返す事になります。
そのお返しと一緒にお礼状を添える事になるでしょう。

この仏事のお返しで最近人気なのがカタログギフトです。
カタログギフトなら相手を選ばずにお返し出来るところに選ばれる理由があると思われます。
そして仏事のお返しに添えるお礼状ですが、香典に対するお礼、無事に仏事が済んだ事の報告、故人との生前でのお付き合いのお礼、香典のお返しを送る事(仏事に出席して下さった方には不要)、そして略儀で済ませることへのお詫びで締めくくるのが一般的です。
印刷でお礼状を作成する方も多いでしょうが、文面的におかしくないかどうかは確認してから送るようにしたり、親しい方や、故人と生前深く付き合いがあった方には個別に手書きで作成するのもより丁寧になって良いでしょう。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト