お歳暮ギフト

カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 四十九日法要のお返し:引き出物(返礼品)や香典返しに掛けるのしの書き方、相場、マナー

相手や宗派に合わせた四十九日のお返しの知識

四十九日 のお返しについてですが、四十九日法要で用意しなくてはならないものが「引出物」と「香典返し」です。
「引き出物」は、四十九日法要に出席していただいた方からの「お供え」へに対するお礼になります。法要のお供えの返礼品にあたります。
「香典返し」は、通夜や葬儀、その後四十九日までのいわゆる「忌中」にいただいた「香典」へのお返しにあたります。
亡くなられた方とご親族からの感謝の気持ちを届けるものになります。

法事の決まり事や作法は普段慣れない分、気づかないうちに作法を間違えてしまい失礼に当たってしまうことがあります。
事前に確認して相手に失礼のないよう防ぎましょう。


1.49日のお返しののしの書き方と選び方
2.49日のお返しに関するマナー
3.四十九日のお返しの相場

49日のお返しののしの書き方と選び方

表記や読み方は49日法要?四十九日法要?満中陰法要?

表記や読み方は49日法要?四十九日法要?満中陰法要?

49日香典返しのし(49日引き出物のし)を選んだり、書いたりする際に、命日から7日ごとに行われる行事を忌日法要の内である1つの「四十九日法要」は時に「49日法要」とも言われるため、表記に迷う方もいらっしゃると思われます。

「49日の法要・法事」とは書かず、正しくは「四十九日の法要・法事」と漢数字で表します。
読み方は「しじゅうくにちのほうよう・ほうじ」です。
亡くなってから49日目の法要という意味を表しています。

他に「忌明け」「満中陰」「満中陰法要」「忌明け法要」「七七日」などさまざまな呼び方がありますが、いずれも忌日法要の中では非常に重視されています。
これは、インドの仏教では、人が死んでから49日後にどこかの世界に生まれ変わると考えられたため、その記念日である四十九日は重要な意味を持っています。

49日お返しのし紙の表書きは、「志」が一般的

49日お返しのし紙の表書きは「志」が一般的

49日法要お返しのし紙(四十九日法要)のルールとしては、一周忌までは黒白か双銀、三回忌以降は青白か黄白の結び切りの水引を使用します。
そしてこの水引の上に「志」か「粗供養」という文字を入れ、水引の下に施主の苗字か「~家」を入れます。
後述しますが、関西では「満中陰志」と記載する地域もありますが、四十九日引き出物のしの場合は使用されないことにご注意ください。

四十九日の法事で、お坊さん(住職)に渡す引き出物にも、のしをかけましょう。

四十九日の法事にお坊さん(住職)に渡す引き出物のし

住職に渡す四十九日法要お返しは事前に「お返しは結構です」と話がない限りは、他の方と同じようにお渡しするのが一般的です。
その際に49日のし紙も同様に掛けます。
法事のお返しを渡すタイミングとしては、住職もお食事(お斎)に出席されれば、帰られる際にお渡しすることができますが、 出席されない場合には渡すタイミングがない場合があります。
その場合には、別途お布施といっしょにお渡しするとよいでしょう。

四十九日お返しのしの書き方。地方によって違うので注意しましょう。

四十九日お返しのしの書き方

引き出物に記載する49日ののしの書き方は薄墨ではなく真っ黒な墨で書きます。
書く言葉は関西であれば「粗供養」、関東であれば「志」とすることが多いようです。
また、ごく一般的な香典返しの「のし」には「黒白結びきりの水引」が描かれています。
関西~西日本では「黄白の水引」を用いることもあります。
「結びきり」には、結び直せない、つまり弔事が何度も繰り返されないようにという意味が込められています。
一方、「ほどけそうでほどけない」ことから、末長いおつきあいの意味を込めて「あわじ結び」を用いることもあります。
「あわじ結び」は慶弔どちらにも使われますから、ぜひ覚えておきましょう。

四十九日のお返しののしは、正しくは「掛け紙」と言います。

四十九日のお返しののしは正しくは「掛け紙」

引き出物や香典返しの品に掛けてある紙全体を熨斗とは言うのではなく、紙の印刷の右上にある「紙が折り畳まれているマーク」のみを、厳密には熨斗というのです。
こういったものを印刷されている掛け紙を、熨斗紙などと呼ばれています。

そして香典返しのような弔事は、お祝い事などのめでたい事ではないため、熨斗の付いていない水引のみの『掛け紙』というものを使うのが一般的です。

大きくまとめて熨斗紙や熨斗などとも呼ばれる事が多いので、紛らわしくはあるのですが、弔事の際に使われるのは掛け紙となりますよ。

関西では表書きを、「満中陰志」と表記するところもあります

関西では満中陰志と表記するところもあります

関東の方は聞きなれない言葉かもしれませんが、関西から西日本で使用されている「満中陰志」とは、香典返しの表書きに記す言葉です。
「中陰」は人間の死後49日の期間のことをさし、「満中陰」は49日目の忌明けの日を迎えることを意味します。

西日本の一部地域では香典返しのことを「満中陰のお返し(満中陰志)」と呼んでいますが、のし紙の表書きやお礼状の文面などにも満中陰の言葉が入ります。しかし、日本の全国でみると全国各地で使用されることはあまりないようです。

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

四十九日の熨斗の書き方についてご紹介いたします。四十九日のお返しには、「のし」をつけておくりますが、「のし」は、「志」や「満中陰志」と書きます。

「志」は、一般的なのでよく目にするものでしょう。
「満中陰志」は、関東の方はあまり目にしたことがないという方もいるかもしれませんが、関西から西日本は、「満中陰志」とする場合もあります。
日本では仏式が主流ですが、神式やキリスト教式の場合もありますのでおぼえておきましょう。神式やキリスト教式は「偲び草」とかきますが、実は神式やキリスト教には香典返しの習慣はないのです。
ただ神式の場合は「五十日祭」、またキリスト教式の場合でカトリックは「三十日目の追悼ミサ」、プロテスタントは「一ヶ月目の昇天記念日」というものがあり、仏式の香典返しにあたる品物を用意する場合が多いそうです。

表書きには、「偲草」や「志」とかきます。
水引きは、黒白結びきりを使用しますが、西日本から関西の場合は、黄白の水引きが使用されています。
結びきりとは、結びなおせないということなので、弔事が何回も繰り返しおこらないようにという意味合いがあります。

香典のお返しには、お茶が海苔、お菓子などの食べ物が定番ですが、カタログギフトなどを用いる場合もあります。
お返しとして選ぶカタログギフトは、予算にあわせて選ぶこともでき幅広いラインナップがあります。

49日のお返しに関するマナー

お返しには、のしをかけた上でお菓子やお茶などを贈るのが良いでしょう。

四十九日のお返しにはのしとお菓子やお茶などを

引き出物に関して、どんなものを選べばよいでしょうか。闇雲にカタログギフトなどをお返しとして送っても、金額が釣り合わないなどの弊害が出てしまします。
一般的にお菓子やお茶など消え物を贈るものとされています。
やはり心のこもったお返しですので、マナーをしっかり学んで選ぶようにしましょう。

香典返しには、贈らないほうが良いものもあるので、気をつけましょう。

香典返しには、贈らないほうが良いものも

引き出物に関して、どんなものを選べばよいでしょうか。
食品の中でも避けたほうが良いとされるものもあります。
昔から、肉や魚などは「四つ足生臭もの」と呼ばれ避けられています。
また、お酒などの嗜好品も慶事によく使われるため、香典返しには相応しくないもの。
昆布や鰹節なども同じく慶事に使われる縁起の良いものですから、避けるよう注意が必要です。

香典返しに添える挨拶状は、手渡し宅配関係なく必要です

香典返しに添える挨拶状は、手渡し宅配関係なく必要です。

基本的に香典返しのお礼状・挨拶状は手渡し、宅配関係なく添えるものです。
忘れずに入れましょう。

香典返しのお礼状(挨拶状)を贈る際のマナー。

香典返しのお礼状(挨拶状)を贈る際のマナー。

香典返しは当日返し以外では、忌明け法要後に贈るのが一般的とされています。
香典返しを贈る際には、基本的にはお礼状を全て添えるのですが、
書き方は句読点を使わない・重ね言葉を使わない・季節の挨拶は入れない等ルールがあります。
そのほかに宗教によって使ってはいけない言葉や、逆に使う言葉があったりと、お礼状の書き方もベースは同じだとしても、少しずつ異なってきます。

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

「四十九日のお返しに関するマナー」についてご紹介いたします。
四十九日のお返しのマナーは、香典返しの相場は半返しということを覚えておくとよいでしょう。

葬儀の当日にお返しをする500円くらいの供養品は会葬御礼品とよばれるもので、葬儀当日にきてくださってありがとうございますという意味合いの品物なので、お香典返しではありません。
そのため香典返しの予算とは別に考えられるものです。
高額な香典を親族や身内から頂いた場合、マナーとして半返しと思われるかもしれませんが親族や身内からの故人や葬家への気持ちから用意した香典なので、その気持ちをありがたく頂くようにしましょう。

ですが半返しをしなくてはならないときっちりと考えてしまわなくても良いです。
たとえば、香典金額3万円くらいまでならば半返しをしてもよいですが、それ以上の香典を頂いた場合は、三分の一または四分の一のお返しでも失礼にあたることはないでしょう。
四十九日のお返しを贈るときにはきちんと礼状や挨拶状をつけて戒名の報告や四十九日法要が滞りなくすんだこと、お世話になったことなどのお礼をつたえるようにしましょう。
最近では、香典返しにカタログギフトを選ぶことも多いので高額な香典のお返しの場合はカタログギフトなどを選んでもよいでしょう。

四十九日のお返しの相場

香典返しの相場は、おおよそ頂いた香典の、半額〜1/3程度の金額の品物です。

香典返しの相場はどれくらい?

香典返しの金額の目安は絶対ではありませんが、おおよそ半額とされています。
しかし、友人や知人、友人の親や先生・恩師の場合、香典の金額はお付き合いの深さなどによって異なります。
ここで相場を確認しましょう。

仏事の引出物の相場

仏事の引出物の相場

法事の引き出物は各世帯に1つ用意してお持ち帰りいただくものですから、事前に参列者の世帯数を確認して不足のないよう準備しておきましょう。

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

香典返しを経験されたお客様からのアドバイス

「四十九日のお返しの相場」についてご紹介いたします。
四十九日のお返しの相場は、いただいた香典の半額が目安となります。
香典の金額は、同じ額ではありませんので予算にあわせていくつかの種類を用意しておくとよいでしょう。
葬儀の当日に香典返しをおくる場合は、いただいた香典の金額は考えずに数千円くらいの同じ品物を渡す場合が多いです。
ただ、高額の香典を頂く場合もあります。そのような場合は、忌明けの後に香典の半額から葬儀のときに渡した香典返しの金額をひいたくらいの予算で香典のお返しの品物を用意すると良いでしょう。

葬儀の時などは、気持ちが落ち着かずに会葬者すべての方のことまで気を配れないものです。四十九日が過ぎたくらいには気持ちも落ち着いてきますので、香典返しをおくるときには感謝の気持ちをこめて、これからのお付き合いにもつなげていきたいものです。

香典のお返しの品物としては、海苔やお菓子、お茶などの食べ物から石鹸や洗剤などを贈る場合もあります。
カタログギフトを選ぶことによって、さらに選択肢を広げるという心配りもあります。
カタログギフトには、お酒などがのっている場合もありますが、直接贈るわけではありませんのでタブーとされている商品が記載されていたとしてもカタログギフトは、贈ってもよいとされる場合が多いそうです。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト