カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス

すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。

葬儀返礼品にカタログギフトを贈る際のマナー
返礼品にカタログギフトを贈る際のマナー
返礼品にカタログギフトを贈る際のマナー
知らないと怖い、葬儀のお返しのマナーとは?
法事のお返しに関するマナー
法事のお返しのギフトに関するマナー
法事のお返しにおすすめのギフト
法事のお返しの品物に関するマナー
5000円台で香典返しの人気商品
香典返しと49日の香典返しとは?
香典返しを当日返しする場合のマナー
香典返しを当日返しする場合のタブー
喪服期間と忌服
お彼岸の行事
初彼岸の心得
白木の位牌について
開眼式とは
法要のあいさつ
お香典返しマナー/会社にはお返しすべき?
お香典返しのマナーと知識
香典返しの品物選びのマナー
法事の香典返しのマナー
労災保険の法的手続
国民健康保険の法的手続
国民年金の独自給付
生命・簡易保険の法的手続
社会・雇用保険等の法的手続
年金の法的手続

葬儀返礼品にカタログギフトを贈る際のマナー

「葬儀返礼品にカタログギフトを贈る際のマナー」についてご紹介いたします。葬儀返礼品カタログギフトを贈る際にはどのようなマナーに気をつけたらよいのでしょうか。葬儀返礼品カタログギフトを贈る際には、香典返しの相場にも注意しましょう。香典返しの相場は半返しが一般的です。

お香典の金額は決まっているわけではなく相手とのお付き合いの状態や関係性によっても様々です。そのためお香典のお返しもそのことを配慮していくつかの種類を用意したほうが良いでしょう。どなたにいくらお香典をいただいたかなどもリストアップしてきちんと控えるようにしておきましょう。お香典のお返しは四十九日法要が無事にすんでからおくります。その際にはきちんとお礼状を添えておくるようにしましょう。

このようなマナーに気をつけてお香典返しをおくるようにしたほうが良いでしょう。カタログギフトを贈ることは最近では一般的となっています。お香典のお返しに直接贈ることはタブーとされている肉や魚、酒などの品物もカタログに掲載されていることがありますが、カタログギフトを手にした方がそういった品物を申し込むことはマナー違反ではないという考え方が一般的だといわれています。



返礼品にカタログギフトを贈る際のマナー

「返礼品にカタログギフトを贈る際のマナー」についてご紹介いたします。お香典の返礼品 カタログギフトを贈る場合にはどのようなマナーに気をつけたらよいのでしょうか。

お香典の返礼品 カタログギフトは、「忌が明けてから」贈るものです。お香典のお返しは四十九日を過ぎた後におくります。それはつまり「忌が明けて」から贈ることをさしています。昔は、喪主が直接持参して挨拶と共に贈るものでした。しかし、現在では挨拶状と一緒にお香典のお返しを配送することが一般的となっています。神式やキリスト教式の場合でも仏式にならい忌が明けた後にお香典のお返しにあたる品物を用意することがあるようです。

最近は、葬儀の当日に香典返しを贈ることもあります。会葬御礼の品と一緒に香典返しの品を贈ります。そのため弔問にきていただいた方に自ら持ち帰っていただくことも増えています。ただ、このような習慣は地域によっても異なりますのでよくわからない場合には周辺にいる地域の事情に詳しい親戚や葬祭業者に相談してもよいでしょう。

お香典返しは、カタログギフトなどが選ばれる場合もありますが、消えものといって食べ物のギフトやお茶のギフト、佃煮のギフトセットなどを贈る場合もあります。



返礼品にカタログギフトを贈る際のマナー

「返礼品にカタログギフトを贈る際のマナー」についてご紹介いたします。お香典の返礼品カタログギフトを贈る場合にはどのようなマナーに気をつけたらよいのでしょうか。

お香典の返礼品カタログギフトは、「忌が明けてから」贈るものです。お香典のお返しは四十九日を過ぎた後におくります。それはつまり「忌が明けて」から贈ることをさしています。

昔は、喪主が直接持参して挨拶と共に贈るものでした。しかし、現在では挨拶状と一緒にお香典のお返しを配送することが一般的となっています。神式やキリスト教式の場合でも仏式にならい忌が明けた後にお香典のお返しにあたる品物を用意することがあるようです。

最近は、葬儀の当日に香典返しを贈ることもあります。会葬御礼の品と一緒に香典返しの品を贈ります。そのため弔問にきていただいた方に自ら持ち帰っていただくことも増えています。

ただ、このような習慣は地域によっても異なりますのでよくわからない場合には周辺にいる地域の事情に詳しい親戚や葬祭業者に相談してもよいでしょう。

お香典返しは、カタログギフトなどが選ばれる場合もありますが、消えものといって食べ物のギフトやお茶のギフト、佃煮のギフトセットなどを贈る場合もあります。



知らないと怖い、葬儀のお返しのマナーとは?

葬儀お返しギフトには何をお贈りしたらよいのか、よくわからないという方も多いですね。知らないとマナー違反としてタブーなお返しがいくつかあるのでご紹介したいと思います。

葬儀お返しギフトとしてまず、香典返しにしてはいけないものは「四足生もの」です。肉が好みの相手先だからといって選択してはいけません。また魚も同様です。そして「お酒」もお供えをイメージさせるものですので、葬儀お返しギフトとしてはふさわしくないものです。

さらに良くない印象を与えてしまうのが意外にも商品券です。頂いた金額の半分をお返しに、ということで露骨に値段を提示してしまうことが原因のようです。そんな時お返しの一番として今選ばれているのがカタログギフトです。インターネット上で申し込みができ、わずらわしい包装や熨斗などの手配も完了してしまう迅速さで申し込む人が増えています。

さらに日本最大級の品揃えのあるカタログギフト店なら金額に応じたお返しを必ず見つけることができ、発送までがスムーズです。何かと忙しい葬儀後の諸事情で、このようなサービスは本当にありがたいものになっています。きちんと葬儀用などタイプのわかれているカタログギフトなのでお返しに悩む必要がないのも助かる点になっています。



法事のお返しに関するマナー

法事を主催する側は、法事を行うに当たって、様々な準備が必要になってきます。まず法事の日程を決め、お寺に連絡したり、招待する人を選んだり、会食の用意、そして最後に持って帰って貰うお返しの準備などがあります。

招待された側は、御仏前としてお金を包んで持って来ます。だいたい5千円から1万円が相場でしょう。これに対してお返しは一律で2、3千円の品物をお返しするのが一般的です。

この法事お返しによく選ばれる品物としてはタオルや石鹸、洗剤などの日用品ですが、最近では、お返しした人それぞれに必要な物を選んで貰えるようにとカタログギフトの需要が増えています。この法事お返しのマナーとしては、不祝儀用の包み紙、のしを付けるようにしましょう。

カタログギフトを選ぶ場合には、これも不祝儀用のカタログギフトがあるので、それを選ぶ必要があります。法事に出席して下さった方には、会食の席にあらかじめ用意しておくか、帰り際に1人1人渡していく事になります。

ですが、法事には出席して貰えなかったが、御仏前や供え物だけ送って来て下さった方には、郵送でも良いので、きちんとお返しをする必要があります。このお返しをする時期としては、なるべく早い方が良いでしょうが、法事の1ヶ月以内にはお返しするのがマナーです。



法事のお返しのギフトに関するマナー

法事を主催する側は、法事に出席して下さった方々に対して、持って来て下さった御仏前、供え物、供え花に対してお返しをする必要があります。このお返しの相場ですが、一律でだいたい2、3千円ぐらいの物を用意するのが一般的とされています。

この法事お返しギフトのマナーですが、法事には遠方から出席して下さる方もいらっしゃるでしょうから、持って帰って貰うのにかさばらない物、重たくない物を選ぶようにしましょう。タオルや洗剤、石鹸などの日用品やお茶や乾物などの日持ちをする物などがよく選ばれています。

洗剤や石鹸、お茶、乾物などは後に残らないので不祝儀には尚良いとされています。ですが、最近ではカタログギフトを選ぶ人も非常に増えています。

このカタログギフトにおいても不祝儀用の表紙が落ち着いたカタログが用意されていますので、それを選ぶようにしましょう。

そしてこの法事お返しギフトにはのしをつけてお返しするのがマナーです。こののしですが、一周忌までは黒白か双銀、三回忌以降は青白か黄白の結び切りの水引を使用します。そして水引の上には「志」か「粗供養」という文字を入れ、水引の下には施主名を入れるのがマナーです。



法事のお返しにおすすめのギフト

法事を主催する側は、法事を行う日程を決め、お寺で行う場合にはそのお願い、自宅で行うにせよ僧侶に読経のお願いをする必要があります。そして法事の後に会食をする場合には会食の会場の手配や、自宅で行う場合でもお膳の注文などやる事はたくさんあります。

そして招待する方々に対して招待状を作成するか、電話で連絡を入れる必要があります。このように招待された方々は、法事に出席する際に、御仏前としてお金を包んで持って来るのが一般的です。ですから、法事を主催する側は、この御仏前に対して法事の最後にお返しする法事お返しギフトを用意しておく必要があるのです。

法事お返しギフトはだいたい一律で2、3千円ぐらいの品物でタオルなどの日用品や乾物やお茶などの日持ちのする物がよく選ばれます。ですが、おすすめなのはカタログギフトです。日用品や日持ちのする物などの品物は、やはり人それぞれで好みもありますし、家族形態などのによっては不要となる人もいるからです。

その点カタログギフトなら、その人それぞれに好みの物、必要な物を選んで貰えるのでおすすめなのです。このカタログギフトですが、結婚式や出産などの幸せ事の内祝用としてのカタログも用意されている一方で、不祝儀用のカタログも用意されているので、法事のお返しにはとても重宝します。



法事のお返しの品物に関するマナー

法事には、不祝儀袋に現金を包んで「ご仏前」として持参します。法事に列席していただいた方には僧侶による読経などのあとに会食をしていただくように手配をしておきます。

その後お返しとして引き出物をお渡しします。お返しの品物は昔は形が残らないものを選んでいましたが、最近では「法事のお返しの品」として不祝儀用のカタログギフトを使う人が多くなっています。

カタログギフトの体裁はお祝い用と不祝儀用では違っているので、貰った人がマナー違反だと感じるような違和感の無いようなものになっています。

きちんとのしもつけることができるようになっていて、水引なども一周忌までは黒白か双銀の結び切り、また三回忌以降は黄白か青白で結び切りの水引だったりしますが、それぞれの地方のマナーにのっとって正しい水引の用意がされています。「のし」は「粗供養」や「志」とします。法事のお返しの品としてカタログギフトが選ばれるようになったのは、きちんとしたマナーにかなっていながら、お返しを贈る側にもお返しを頂く側にもたいへん便利だからです。

カタログギフトには昔ながらのお茶や海苔などといった乾物、お菓子なども掲載されています。お届け日に関しても頂く側に都合の良い日を選べるので便利です。



5000円台で香典返しの人気商品

一般的に、頂いた香典の額の半分くらいの金額の品物をお返しするのが礼儀とされています。10000円いただいた場合は、5000円程度の品物をお返しする、といった具合です。

5000円程度の香典返し人気商品を探した時に、まず最初にあげられるのがカタログギフトです。

カタログギフトには日用品や装飾品、食べ物など様々なジャンルからお好きなものをお選びいただけるという利点があります。最近ではホテルやレストランでの食事券や習い事の体験レッスン券などもあります。先方の好みや必要なものがわからない、何をお返ししたらいいのか悩んでしまった時は、カタログギフトを利用するというのも大変良い方法だと思います。

5000円台の香典返し人気商品ランキングでは5位までに3つのカタログギフトがランクインしていました。もちろん自分で選んだ品物をお送りするのも大いに結構かと思います。先方の好みがよくわかっている場合などはそれがいちばん喜ばれることでしょう。

しかし、先方にお好きなものをお選びいただけるということは、自分で選んだ品物をお送りするのと同様、心がこもったお返しになるのではないでしょうか。ランキングがそれを物語っているのかなと思いました。



香典返しと49日の香典返しとは?

香典返しとは何でしょうか。故人が亡くなって49日が過ぎる頃になりますと、香典返しの時期になります。やはり香典をいただいてすぐにお礼をするのは適切ではありません。

それに遺族にとっては葬儀告別式の後は静かに心落ち着かせたいものです。49日の間は故人の成仏を祈ることも重要です。それからある程度高額の香典をいただいた方にはそれなりのお礼をすることが普通です。香典返しとは何かということですが、相場というと変ですが、だいたい半額ぐらいを目安にお返しするのが常識ではないでしょうか。実際それくらいが多いようです。

香典返しでカタログギフトをいただくことがあります。お返しする方が多いと、返礼品選びや発送が大変です。ですからカタログギフトにするのが大変でなくていいでしょう。

それにお返しは何したらいいか迷うという必要もないです。ですからだいたい冷静になるころに、香典をいただいた方の名簿を見て、どうするか考えることになります。どこの業者に依頼するか、あの人はいくら、この人はいくらなどとメモしていきましょう。

パソコンで表にして印刷すると業者も扱いやすいです。もちろん、インターネット上でカタログギフトを利用することもできるようになっています。いろいろ検索して自身の事情に合うものを選ぶといいでしょう。



香典返しを当日返しする場合のマナー

香典返し当日返しにする場合は、香典の金額に合わせたお返しが難しいでしょう。人により故人との関わりが違うとか、喪主など親族の関係者が葬儀に参列することもあり、金額の差があるのが当たり前だからです。

そうすると難しいのが香典返しに何を選ぶのかということです。最近主流になっているのは、香典の金額を3つのパターンに分けて置き、それに合わせた当日返しをお渡しする方法です。地域によってはトラブル防止のために、香典ワオ受け取ったら本人の前で開封して、領収書を発行しているケースも見られます。

このタイプは金額に合わせたお返しの品を渡すことができます。ただし、後で香典袋を開封して確認する方法を取っている地域では使えない方法なので、香典返し当日分は一律の価格になっている品物をお渡ししておきます。忌(四十九日)明けに改めてお礼の品をお渡しして値段を調整する方法が、マナーとしても最適でしょう。

当日にお渡しする香典返しは、価格帯が違うようなら見た目に差が出ないカタログギフトがあると便利です。品物で大きさが変わるようなことがあるとマナーとわかっていても不公平感が目立ってしまいます。気持ちがあって参列してくださった方に失礼のないようカタログギフトなどでスマートな返礼にするのがベス



香典返しを当日返しする場合のタブー

香典返し当日にするときのマナーや相場をご紹介しましたが、どうしても避けてほしいタブーがあります。

まず、香典返しの品物ですが、宗教上の理由もあって肉・魚のような生鮮食品は避けましょう。精進料理で思い浮かぶようなものであれば、宗教上のタブーにはならないと思いますが、食べてなくなるお菓子などが理想的です。

香典袋は別名で不祝儀袋といいます。お祝い事ではないのでいつまでも喪のイメージが残るのは良くありません。食べ物以外なら使ってなくなる日用品から選んでも構いません。このような理由もあり自由に選べるカタログギフトが使われる機会も多くなりました。

香典返し当日のお返しでも絶対といっていいほど避けるのは商品券です。お香典はご遺族が今後の生活をするときに役立つ扶助の意味もありますので、それに対して現金と同等の商品券でお返しをするのはマナー違反です。カタログギフトなら高額の香典返しというイメージや、現金・商品券のようなご遺族に負担が残るイメージがないので返礼品に適しています。

最後に香典返し当日返しするためによういをしていても、香典返しを辞退する方もいますので、無理に渡さなくていいように手配しておきま



喪服期間と忌服

本山中心説とは仏壇の前に正座して合掌したとき、その延長線が所属する宗派の本山と結ばれるばれる位置に仏壇を安置するというもの。毎日我家の仏壇に合掌を捧げることが、そのまま宗派の本山を拝むことに直結するという訳で、これが本山中心説の根拠です。

西方浄土説とは仏壇は東向きに安置するのがよいという説です。仏壇を東に向けて安置しておけば、仏壇を拝むたびに、そのまま仏教の世界である西方浄土を礼拝することとなる、という説です。

本山中心説と同じような考え方によるものといってもよい。南面北座説仏壇は南に向け、北を背にして安置するのがよいという説です。この位置に安置すると、仏壇に直射日光はあたらず、南側からの風もよく通って湿気を防ぐことができるといいます。

それだけ、仏壇の保存の上からも最適の条件というのが理由です。

一般に家を建てるにあたっては、条件の許す限り南に向け間取りを考え、採光風通しを考えるものです。これは人々の生活の場としての家を最良の条件とする為のものです。

仏壇を南に向けて安置するというのは、仏壇にとって、最良の条件を確保し、その事によって仏壇にまつる本尊ならびに先祖をあがめるという考えによるものです。



お彼岸の行事

お彼岸の行事は春分・秋分の日を中心に、前後三日づつを合わせた七日間をいいます。墓参りには、作法やきまりごとはありません。お墓を掃除して、墓石にたっぷり水をかけ、花や菓子、故人の好物を供えて合掌礼拝します。

要は、真心のこもったお参りをすることです。

墓に水をかけるのはアカ水(閼加水)といい、梵語の仏前に供える水のことです。お寺には手桶とひしゃくが用意されています。迷信で『墓は洗うものではない』などといわれますが、苔がついたりした墓石はタワシできれいに洗い流してあげて下さい。お墓を洗ってあげることで身も心もきれいになるだけでなく、いままでの感謝の気持ちも伝えることが出来ます。

お墓だけでなく、周りの部分やお墓の外の落ち葉なども取り除く必要があります。虫の死骸等にも気を付けます。お墓を洗った後にタオルで全体をふきます。これらがお墓を洗う手順となります。



初彼岸の心得

はじめての彼岸には、家族そろって墓参りをします。花・線香・ローソク・マッチ・供物などは、家から持参しなければなりません。寺からは、ほうきや、水の入った手桶を借りて、墓所の掃除もしたいものです。

日がたつにしたがって、墓参りも忘れがちになりますが、春秋の彼岸の時やお盆・祥月命日などには、忘れずにお参りしたいものです。墓所が遠くにあって、なかなか墓参りが出来ない人は、冬休みや夏休みなどを利用したいものです。また墓番がいれば、心づけをおいて、墓掃除や花の取りかえを依頼してもよいでしょう。

故人の遺品を施設などに寄付したいときは、各市町村役場の福祉課に問い合わせ、衣類などを必要としている施設があるかどうか調べます。贈り先は、遺品の内容なども考え条件の合う所をさがすようにします。衣類は、あまり傷んだものや汚れのひどい物は、かえって施設などに迷惑をかけることになるので気をつけましょう。

クリーニングにだすなり、ボタンなどのとれているものは付け直してすぐ着られる状態にして贈りたいものです。



白木の位牌について

葬儀のときには、とりあえず白木の位牌がまつられます。

大都市周辺での葬儀のときは、だいたいは葬儀社が用意してくれ、これを祭壇に安置します。これに葬儀の中心になる僧侶、導師が戒名、法名をつけ俗名、没年月日とともに墨と筆で書きこみます。

この白木の位牌は、忌明けにあたる四十九日までのもので、葬儀のときは祭壇に安置し、葬列には喪主が胸もとに持ち、帰宅したあとは、後飾り段にまつります。四十九日の忌明けがすむと、この白木の位牌は菩提寺に納め、その後は塗位牌などにして仏壇にまつります。

尚、農村部などではまだ土葬というところもあります。そのような地方では白木の位牌も、内位牌と野位牌に分けられます。内位牌は、薄絹を着せて祭壇にまつります。この薄絹は亡者の妄執を象徴したもので、葬儀にあたって引導をわたすときにまつります。

野位牌は、祭壇の下位に置かれ、野辺送りのときには、相続人か、血のつながりの濃い者が、墓地に持参して供えます。

このあと、内位牌は家庭内で、野位牌は墓地で、それぞれ供養の対象として忌みの期間中まつられます。忌明けになると、野位牌は墓に埋めるか、焼くかし、内位牌は菩提寺に納め、各家では位牌又は過去帳につくりかえて仏壇にまつるようにします。



開眼式とは

仏像とか仏画、陀羅、塔娑、石塔、位牌などを新しく造ったり修復したりするというときには僧侶を招いて、荘重に供養を行ないます。この儀式を経て、はじめて、仏師の手になった彫像など単に形のある木石だったものも霊験である「尊像」に生まれかわることになります。

そこで、こうした供養のことを、「開眼式」又は「開眼供養」と云います。

開眼について、浄土宗の祖である、法然上人の法話、消息などを集録した「和語燈録」巻五で、次のように述べられています。開眼と申すは、本体は仏師が眼を入れて開きまいらせ候を申し候なり。是をば事の開眼と申すなり。次に僧の仏眼の真言を以て眼を開き、大日の真言を以て仏の一切の功徳を成就し候をば理の開眼と申也。新しく仏壇を購入したときには、開眼法要を営むことになります。

仏壇を新しく購入したということは、ここに本尊を迎え、祖先をまつることになるわけで、重要な法要の一つということであります。ただ、ここで注意したいことは、開眼法要の対象は「ご本尊」「位牌」であって、仏壇そのものではないということです。

仏壇に対しては、ご本尊を安置するところであり、これを清浄な場所としなければならないという意味で、精神的面から「お浄め」の儀式を行なうものであります。この法要は浄土真宗本願寺派では「入仏式」、真宗大谷派では「御移し」、その他の宗派では、「入魂式」「開眼供養」と呼びます。地方によっては、「お霊入れ」「性根入れ」とも云います。



法要のあいさつ

初七日法要でのあいさつは「本日は、ご多用中のところ、父○○(戒名○○○○)の初七日法要にお集まりいただき、ありがとうございます。おかげさまで、皆様のお力ぞえにより、とどこおりなく葬儀も済ませることができました。」「今ごろは、○○も、み仏のもとで安らいでいることと思います。どうもありがとうございました。」とします。

三十五日四十九日法要でのあいさつでは、「本日は亡夫の四十九日にあたりますので、心ばかりの法要を営みたいと思いまして、皆様においでを願いましたところ、ご多忙中にもかかわりませず多数の方々にお運びいただきまして遺族一同厚く御礼申し上げます。」「皆様ご承知の通り夫は70年の生涯サラリーマン一筋に歩んできました若い頃は苦学をし○○○大学を卒業し○○生命に入社、爾来よきサラリーマンでありよき家庭人であった様に思われます。光陰矢のごとしと申しますが、夢のように四十九日がすぎてしまいました。幸いなことに私ども一様に健康にめぐまれまして生活も明るさをとりもどしております。亡夫の賜りましたご厚誼同様に末永く私どもの為にご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。」「本日は誠に粗宴ではございますが、ごゆっくりとお過ごしくださいます様お願い申し上げます。」というのが一般的です。

宴に移る場合には「ささやかではございますが、供養膳をととのえました。どうぞごゆっくりおくつろぎください。」と言います。最後の法要を終えるときは「まだまだ皆様のお話しなど、うけたまわりたく思いますが、そろそろ時間となりました。本日は、これにてお開きにしたいと思います。○○は居なくなりましたが、これからも、親しいおつきあいと、ご指導ご鞭撻を賜りますようおねがいいたします。」ということが一般的となっています。



お香典返しマナー/会社にはお返しすべき?

身内に不幸があった場合、お通夜やお葬式を執り行う事になります。このお通夜、お葬式ですが、この世における最後の別れという事で、多数の方々が出席して下さるかもしれません。又、出席は無理でも、お供えのお金としてお香典が届けられる事も多いでしょう。

このお香典の中には、会社関係からのお香典もあるでしょう。このようにお香典を受け取った場合には、お返しとしてお香典返しを渡す必要があるのですが、では会社関係からのお香典返しマナーとしてどのようなものがあるのでしょうか?そもそも会社関係のお香典に対してお返しは必要かどうかですが、そのお香典が会社そのものからか、会社関係の個人的な人からなのかで違ってくるでしょう。福利厚生などによる規則から供えられたお香典なら原則お返しは不要でしょう。

又、所属している部署全員が少しずつ出し合ってお供えして下さったお香典などに対しても1人1人へのお返しは不要かもしれません。ですが、暫くお休みする事になるでしょうし、忌引き明けに出社する際にはみんなで食べて貰えるお菓子を持参するのがマナーかもしれません。

その一方で会社関係の人が個人的にお香典を供えて下さった場合には、きちんとお香典返しマナーです。次にこのお香典返しによく選ばれる品としてカタログギフトがあります。カタログギフトなら、それぞれの方に自由に必要な品を選んで貰う事が出来るところに選ばれる理由があるようです。



お香典返しのマナーと知識

お通夜、お葬式を取り仕切る遺族としては、やるべき事がたくさんあります。その中の1つにお香典返しの準備があります。お香典とは、お通夜やお葬式に出席して下さる方々が持参して下さるお供えのお金の事で、このお香典に対するお返しとしてお香典返しというのがあるのです。

このお香典返しマナーですが、相場として頂いたお香典の半分から3分の1程度をお返しするのがマナーとされています。

ですが、最近では、お葬式の後その場でお香典返しを渡すケースが増えている事から、一律に2、3千円ぐらいのお香典返しを用意しておいて、かなり高額なお香典を包んで下さった方に対してだけ、後日不足分をお返しするようになってきています。次にお香典によく選ばれる品としては、後に残らない物として、お茶、洗剤、石鹸などの消耗品を選ぶのがお香典返しマナーとされてきました。

ですが、最近では、このような消耗品に代わってカタログギフトをお返しするケースが増えています。消耗品だとどうしても不要な人も出て来ますし、遠方から出席して下さった方にとっては、洗剤や石鹸などは重くかさばる物であったりするからです。カタログギフトも不祝儀用のカタログが用意されているので、それを選ぶようにしましょう。

そして知識としては、このお香典返しには弔事用のし紙を付けるのがマナーです。弔事用のし紙とは黒白結び切りの水引が付いたのしの事です。このようにマナーや知識を把握した上で、失礼のないようにお香典返しをお渡しするようにしましょう。



香典返しの品物選びのマナー

身内に不幸があった場合、残された家族はお通夜やお葬式を執り行う事になるでしょう。そしてこのお通夜やお葬式に出席して下さった方は、お供えとしてお金を包んで来て下さいます。このお供えのお金の事を香典と言います。

この香典に対して遺族は香典返しをする必要があります。

この香典返しですが、香典返しの品として適する品というのがあります。適する香典返しの品の条件として、後に残らない品というマナーがあります。つまり後に残るような品ですと、「その品を見て、亡くなった人の事をいつまでも思い出し、なかなかお別れが出来ないから」という理由があるからなのです。ですから、後に残らない品としてタオルやお茶、海苔、洗剤、石鹸などの消耗品が選ばれる事が多いでしょう。

ですが、最近ではカタログギフトを選ぶ人も非常に増えています。昔はこの香典返し、忌明け、四十九日明けに改めてお返しするのが一般的でしたが、最近はお葬式の後その場でお返ししてしまう場合が多いので、持って帰って貰うのにかさばらない物、重たくない物を選ぶのがマナーとされています。

お茶や海苔などはそう重くないでしょうが、洗剤や石鹸などはかさばりますし、重さもあります。その点、カタログギフトなら、こさばらない、重たくない、その上自由に品物を選んで貰えるので、最近は非常に人気の香典返



法事の香典返しのマナー

「法事の香典返しのマナー」についてご紹介いたします。お香典とは故人の霊前に供えるための金品のことをさしています。法事香典返しとはその場合にいただいたお礼のことをいいます。

法事香典返しの品物は、きえものと呼ばれる洋菓子のセットや和菓子のセット、洗剤のセットや入浴剤のセット、調味料のセット、コーヒーのギフトセット、紅茶のギフトセット、佃煮のギフトセットなどがありますが、最近ではカタログギフトやタオルギフトなどセレクトする場合もあります。

香典のお返しは、宗教や地域によっても違いがあります。49日後の忌明けに香典のお返しすることが多いので故人に対する弔事がとどこおりなく無事に終わりましたという報告もあわせたものとなってます。香典のお返しの金額は、頂いた金額の3分の1から半額が目安となっていますので高額なお香典の場合はカタログギフトなどをセレクトしてもよいでしょう。

お香典のお返しは本来であれば香典を用意してくれた方に1軒、1軒丁寧に挨拶してまわるものでした。しかし、現在では流通が発達したことや時間的な問題から配送業者から送る事が一般的です。その、代わりとして挨拶状やお礼状を付けることがマナーとされています。



労災保険の法的手続

労災保険(会社などが労災保険の加入者の場合)

●遺族補償給付(遺族給付)が支給されるのは「会社が労災保険に加入している場合、労働者が業務上の事由(勤務途上の場合を含む)により死亡した場合には、その遺族に対遺族補償給付(遺族給付)が支給されます。

業務上の事由(通勤も含む)による死亡には、災害による即死の場合だけでなく、業務上の事由(通勤も含む)による傷病に対しては、療養補償給付(療養給付)または長期傷病補償給付(長期傷病給付)がだされます。なお、障害補償給付(障害給付)の場合と同様に、年金と一時金の二種類があります。前者を遺族補償年金(遺族年金)といい、後者を遺族補償一時金(遺族一時金)といいます。」

●手続方法(死亡したる者が勤務していた会社で手続きはしてくれます。)

●受給資格者条件(死亡当時、その収入によって生計を維持していた遺族)(1)、妻(内縁関係も含まれる)(2)、六十歳以上の夫(但し五十五歳~六十歳迄の場合、受給権のみ成立。支給は六十歳から)(3)、十八歳未満の子(4)、六十歳以上の父母(5)、十八歳未満の孫



国民健康保険の法的手続

国民健康保険(保険金の請求期間は2年以内です。)「国民健康保険加入者本人か扶養所が死亡したとき、葬祭費として30.000円~50.000円を申請することで受け取ることができます。

●必要な書類(1)、死体火葬(埋葬)許可証(2)、死亡届(3)、国民健康保葬祭費支給申請書(4)、国民健康保険証(5)、受取人の認印「窓口は市町村の保険年金課で受付けをしています。」国民国民保険だけでなく、社会保険や雇用保険など、それぞれの保険によって手続きの仕方や、必要な書類が全く変わってきますので、市役所や、専門家に相談し、その保険にあった手続きをすることが必要です。

もし間違って手続きを行った場合、保険料等の変動や、一切お金がもらえないとなる可能性もあるので、なるべく早く相談し、手続きを取らなければなりません。また、保険等との契約でも必要書類等がかわってくる可能性もあるので、保険会社に問合せ、親族全員もしくは、弁護士等も交えて相談することが必要です。



国民年金の独自給付

国民年金の独自給付

●宴婦年金「老齢基金年金の受給権のある夫が死亡したとき、婚姻期間が十年以上ある妻に六十歳から六十五歳迄、夫の年金額の3/4が支給されます。」

●死亡一時金「保険料を三年以上納めた人が、老齢基礎年金も障害基礎年金も受け入れなで死亡し、その遺族が遺族基礎年金を受けられない場合に保険料を納めた期間に応じて支給されます。」(例)《3年以上25年未満》¥100,000円《25年以上30年未満》¥126,000円《30年以上35年未満》¥160,000円《35年以上》¥200,000円

●受給できる年金1.夫が厚生年金で妻が国民年金の場合(夫の遺族厚生年金と妻の老齢基礎年金)2.夫婦とも厚生年金(夫の遺族厚生年金・妻の老齢基礎年金又、妻の老齢基礎年金)保険者の勤務先の総務に申しでると手続きをしてもらえる。

この様に、国民年金には独自の給付金があり、手続きが必要となりますが、なるべく早く、分からないことがあれば相談し、スムーズに手続きを行う事が必要です。後々になって手続きに戸惑うと、多くの方に迷惑をかける可能性もあり、注意することも必要です。



生命・簡易保険の法的手続

①生命保険(保険金の請求期間は3年以内です。)「保険会社により、それぞれ提出書類がことなりますが、一般的に下記の書類が必要です。」

●必要な書類(1)、保険証書(2)、生命保険金請求書(保険会社にあります)(3)、受取人の戸籍謄本(一通)(4)、受取人の住民票(一通)(5)、受取人の印鑑証明(一通)(6)、死亡診断書(一通)(7)、最終保険料の領収書各生命保険会社により、加入2年以内の死亡、あるいは一時保険料払込みの中断、復活した場合等により、提出書類が異なることがあります。早めに保険会社に連絡をとることが必要です。②簡易保険(保険金の請求期間は5年以内である。)「加入者が死亡した場合、最寄りの郵便局へ保険金の請求をします。但し、特定郵便局では受付けが無理な場合があります。」

●必要な書類(1)、保険証書(2)、死亡診断書(一通)(3)、住民票(一通)(4)、受取人の認印(5)、受取人の身分を証明するもの(免許証・健康保険証・etc)(6)、最終の保険料払込領収書保険契約をして2年以内で死亡した場合、郵便局の規約で通常の郵便局での支払いができません



社会・雇用保険等の法的手続

①社会保険(保険金の請求期間は2年以内です。)(埋葬料)-「被保険者が死亡した場合、その遺族が受けられます。死亡した被保険者の標準報酬額の一ヶ月分と同じ額ですが、最低保障額が政令10万円と定められています。」(埋葬費)-「被保険者が死亡して埋葬料を受けられる遺族がいなくて、実際に埋葬を行なった者が受けられます。埋葬料の額の範囲内で実際に埋葬を行なった費用の実費を受けられます。」(埋葬費)-「扶養者が死亡したときに、被保険者が受けられる。額は政令によって一律10万円となっています。」

●手続方法「被保険者の勤務先の総務に申しでると手続きをしてもらえます。」

●必要書類(1)、死亡を証明できる書類(死亡診断書・死体検案書)(2)、埋葬費の場合は、埋葬にかかった費用の領収書が必要(3)、認印②雇用保険

●未支給基本手当請求(請求期間は一ヶ月以内)「受給資格者が受給中に死亡したる時、相続人は未支給基本手当を請求することができます。」

●必要な書類(1)、住民票(死亡本人未梢分)(一通)(2)、死亡診断書(一通)(3)、雇用保険受給資格証(4)、受取人の認印(5)、死亡者本人の認印(6)、失業認定申請書(7)、埋葬許可証(8)、戸籍謄本(一通)窓口は公共職業安定所審査係へ。尚、在職中に死亡した場合は雇用保険の資格喪失届をしなければならないので、雇用保険被保険証と認印をもって勤務先に出向き、手続きをとります。



年金の法的手続

①遺族基礎年金「国民年金の加入者または老齢基礎年金の受給資格を満たした人が死亡したときに、その人によって生計を維持されていた十八才未満の子のある妻(二十歳未満の一、二級の障害者)または十八才未満の子に支給されます。」

●条件1.保険料を治めた期間が加入期間の三分の二以上2.妻の年収が600万円未満であることが必要です。②遺族厚生年金「在職中のサラリーマンや元サラリーマンが下記のいずれかで死亡したときに支給されます。」(1)、保険料納付期間が三分の二以上ある人で在職中に死亡したとき(2)、保険料納付期間が三分の二以上ある人で在職中に初診日のある病気やけががもとで、初診日から5年以内に死亡した時とき(3)、一級・二級の障害厚生年金の受給中に死亡したとき(4)、老齢基礎年金を受給中の人や、受給資格を満たした人が死亡した時

●受給できる遺族及び受給権順位1.妻または五十五歳以上の夫及び十八歳未満の子(夫の場合、支給は六十歳)2.五十五歳以上の父・母(支給は六十歳から)3.十八歳未満の孫4.五十五歳以上の祖父母(支給は六十歳から)※障害者で障害等一、二級に該当する場合は年齢を問わず遺族となります。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト