お知らせ

カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 香典返しにお菓子を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、掛け紙の掛け方について。

香典返しにお菓子を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、掛け紙の掛け方について。




香典返しにお菓子を贈る際については、以下のようなお悩みが多いのです。
「お菓子と他の品物を贈る際は、掛け紙はどのようにすればいいの?」
「香典返しにお菓子を贈る際に、気をつけなければいけないことはあるのかな?」

 お菓子は香典返しなどの贈り物には、よくチョイスされる品物ですよね。

香典返しの場合は、消えるものが良いとされることから、お菓子がよく選ばれています。

よく選ばれている品物だからこそ、よりマナーには気をつけて贈りたいものですよね。

今回の記事では、香典返しにお菓子を贈る際についてのご紹介をしていきますよ。


1.香典返しにお菓子とギフト券を贈る場合。
掛け紙はギフト券のみにつけるのが良いでしょう。
基本的に品物が複数ある場合は、高額なメインの品物にのみ、掛け紙をかければ大丈夫です。
2.有志で香典返しをいただき、お返しは不要と言われた場合。
気持ちばかりでも、お礼のお菓子を送られるのがお薦めです。
気持ち程度の連名の香典に、お返しは不要と言われたたら、個人への香典返しは不要かと思われます。
ですがお菓子などの気軽に受け取っていただける、お礼を持っていくのがお薦めです。
3.香典返しに贈るお菓子について。
香典返しの品物には、お菓子が選ばれることはよくあります。
香典返しには『不祝儀を後に残さない』と言う意味合いから、『消えて無くなるもの』を贈るのが良いとされているからです。
4.すでに「香典返しにお菓子を贈った」経験をされた先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。



1.香典返しにお菓子とギフト券を贈る場合。掛け紙はギフト券のみにつけるのが良いでしょう。



  • 基本的に香典返しの品物が複数の場合は、金券やギフト券、商品券がある場合は、それらの品物をメインとし、お菓子は添え物扱いとなります。
  • 高額な方をメインの品物とし、メインの品物にのみ、掛け紙をかけます。
  • 包装なさる場合は、ギフト券は専用の封筒に入れ、お菓子は仏包装し、お菓子の上にギフト券を乗せ、包装するのが良いかと思われます。
お客様のお悩み

高額な香典返しで、ギフト券と菓子折りを贈ります。
この場合、掛け紙はどちらにつければ良いのでしょうか?

 最近、お母様がお亡くなりになられた女性からのご相談です。

お父様がお亡くなりになられ先日無事に、葬儀と四十九日の法要を終えたそうです。

葬儀の際は即日返しの、香典返しをお渡し、近いうちに高額な分の香典返しを贈ろうとお考えとのこと。

この際の香典返しについてご相談があるそうです。

高額な香典返しにはギフト券と、菓子折りを贈ろうと考えています。
この場合、掛け紙はどちらにつければ良いでしょうか?

 先日母が亡くなり、葬儀と法要が無事に終わり、忌明けとなりました。

葬儀の際には即日返しを用意していましたが、案の定、まかないきれない高額の香典がありましたので、その分の香典返しには、ギフト券と菓子折りを贈ろうと思っています。

その場合は、掛け紙は両方につけるのか、そちらか片方につけるのでしょうか?

もし、片方の場合は、どちらにつけるのが正しいのでしょうか?


お悩みへの回答

基本的に品物が複数ある場合は、高額なメインの品物にのみ、掛け紙をかければ大丈夫です。

香典返しの品物が複数ある場合は、高額なメインの品物にのみ、掛け紙をかけるのが良いでしょう。

 まず、お母様がお亡くなりになられた事、心からご冥福をお祈り申し上げます。

 基本的に香典返しの品物が複数の場合は、金券やギフト券、商品券がある場合は、それらの品物をメインとし、お菓子は添え物扱いとなります。

またこういった券類でない場合は、高額な方をメインの品物とし、メインの品物にのみ、掛け紙をかけます。

今回は、メインの品物である、ギフト券にのみ掛け紙はつけられれば良いかと思います。

また、包装なさる場合は、ギフト券は専用の封筒に入れ、お菓子は仏包装し、お菓子の上にギフト券を乗せ、包装するのが良いかと思われます。

またギフト券を包装する際は、専用の水引と表書きの書かれた封筒に入れるか、掛け紙をかけるのが良いとされています。

この際、掛け紙や表書きの種類は、信仰している宗教によって異なってきますので、お気をつけください。

またできることならば、品物も極力1品になるようになされた方が良いかと思われます。

止むおえず、品物が複数になってしまう場合は仕方がないのですが、品物が複数あると、重なるの意味合いから、『悲しみが重なる・不幸が重なる』と言う意味合いになってしまうからと言われています。

ですのでできる限りは、品物は1つになるようにされるのがお薦めかと思われます。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 基本的に香典返しの品物が複数の場合は、金券やギフト券、商品券がある場合は、それらの品物をメインとし、お菓子は添え物扱いとなります。
  • 高額な方をメインの品物とし、メインの品物にのみ、掛け紙をかけます。
  • 包装なさる場合は、ギフト券は専用の封筒に入れ、お菓子は仏包装し、お菓子の上にギフト券を乗せ、包装するのが良いかと思われます。


ですね!!



2.有志で香典返しをいただき、お返しは不要と言われた場合。
気持ちばかりでも、お礼のお菓子を送られるのがお薦めです。



  • 個人宛のきっちりとした香典返しでは、贈り先様も気を使われてしまうかと思いますし、せっかくお礼は不要って言ったのに。と親切心を受け取ってもらえなかったとも思われてしまうかもしれません。
  • お返し不要と言われた場合は、お菓子のような気軽に受け取りやすいものを、お礼に贈るのが良いかと思われます。
  • 有志で香典を贈ってくれた方々には、直接お礼を言う事も忘れずにしてください。
お客様のお悩み

お返しは不要と香典を頂いた場合。
本当に香典返しは贈らない方が良いのでしょうか?

 先日お祖父様が亡くなられた男性からの、ご相談です。

お祖父様がなくなり、葬儀のために地元に帰る際、職場の上司の方から有志の香典を頂いたとのこと。

その際に、『気持ち程度だから、お返しは不要で。』と言われたそうです。

この際の香典返しについて疑問があるそうです。

有志で香典をいただき、お返しは不要と言われました。
こういった場合、本当に香典返しはいらないのでしょうか?

 先日に祖父が亡くなり、葬儀のために地元に帰りました。
その際、会社の上司から有志の香典を頂きました。

その香典は5名ほどの方がお出ししてくださり、金額は7千円でした。

香典をいただく際、『気持ち程度だから、お返しは不要で。』とは言われましたが、こういった場合は、本当に香典返しは不要なのでしょうか?

お菓子程度のお礼を、持って行った方が良いかと思いますが、どうなのでしょうか?


お悩みへの回答

気持ち程度の連名の香典に、お返しは不要と言われたたら、個人への香典返しは不要かと思われます。
ですがお菓子などの気軽に受け取っていただける、お礼を持っていくのがお薦めです。

お返しは不要と言われたたら、個人への香典返しは不要かと思われます。br> ですがお菓子などのみんなで気軽に食べられる、お礼を持っていくのがお薦めです。
ですが、結婚式の際に電報を贈られると、相手の方にも喜んでもらえるのでおすすめです。

 まず、お祖父様がお亡くなりになられた事、心からご冥福をお祈り申し上げます。
有志で香典返しを贈ってくれるなんて、素敵な同僚をお持ちになられましたね。

香典を贈って頂いた方々からは、お返しは不要だからといくら言われても、気持ち程度のお礼はしたいところですよね。

今回のような場合ですと、個人宛のきっちりとした香典返しでは、贈り先様も気を使われてしまうかと思いますし、せっかくお礼は不要って言ったのに。と親切心を受け取ってもらえなかったとも思われてしまうかもしれません。

ですので香典返しという名目ではなく、お菓子の詰め合わせのようなみんなで食べられる、お菓子を職場に持って行き、『先日はありがとうございました。よければ休憩時間にでも、みなさんでお召し上がりください。』といったように、軽い感じでお渡しするのが良いかと思われます。

これならば、贈り先様からしても、気軽に受け取りやすく、なおかつ感謝のお気持ちも伝わるかと思いますよ。

そして有志で香典を贈ってくれた方々には、直接お礼を言う事も忘れずにしてくださいね!


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 個人宛のきっちりとした香典返しでは、贈り先様も気を使われてしまうかと思いますし、せっかくお礼は不要って言ったのに。と親切心を受け取ってもらえなかったとも思われてしまうかもしれません。
  • お返し不要と言われた場合は、お菓子のような気軽に受け取りやすいものを、お礼に贈るのが良いかと思われます。
  • 有志で香典を贈ってくれた方々には、直接お礼を言う事も忘れずにしてください。


ですね!!



3.香典返しに贈るお菓子について。



香典返しに贈るお菓子選びに気をつけること。

   香典返しにお菓子を贈る際に、気をつけることが多々あります。

それは

①小分けに包装していること。
②日持ちするものであること。
③華やかな色合いのものではないものにする。
④かさばらないもの。

とされています。



①小分けに包装していること。

こちらについては一人暮らしの方でも少しずつ食べることができ、食べきれない際には他の方にお裾分けできるように、小分けのものが良いとされています。

また、職場の方などに、ちょっとしたお礼としてもって行く際にも、みんなで食べやすいので、小分け包装のものがお薦めです。



②日持ちするものであること。

基本的に香典返しで贈るお菓子は、日持ちをするものを選びます。

そうすることで、贈り先様がすぐに食べる必要もないですし、食べるタイミングも決められるといった点から、日持ちするものを贈った方が良いとされています。

ですので、あんこやクリームなどを使ったものは、比較的あまり日持ちしないので、避けた方が良いかと思われます。



③華やかな色合いのものではないものにする。

香典返しで贈るお菓子は、包装紙と同様、華やかな色合いのものは避け、控えめの色のものを選ぶのが良いとされています。

また松竹梅や、鶴などのおめでたいモチーフが入っているものも、避けましょう。



④かさばらないもの。

郵送で贈る際はあまり関係ありませんが、葬儀の際に贈るなどといった場合には、持ち帰りのことも考えて、なるべくかさばらず、重たくないものを贈るのが良いとされています。



4.すでに「香典返しにお菓子を贈る」経験をされた先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「香典返しにお菓子を贈る」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


法事のお返しにおすすめの品物
香典返しに好適な食べ物の人気商品
法事のお返しに人気のお菓子
法事のお返しにおすすめのお菓子
法事のお返し(引き出物)とお菓子(引き菓子)



法事のお返しにおすすめの品物

「法事のお返しにおすすめの品物」としては、昔はお茶やお菓子などが多かったようです。
「亡くなった方を偲んで、お茶やお菓子をいただきながら、思いだしてください」といった意味合いもあって、選ばれることが多かったようです。

また出来るだけ不祝儀のイメージのものが残ることを避けると言う意味合いから、食べたり飲んだり、また使ったりして無くなってしまう品物をあえて選んだということがあったようです。

最近ではあまりこういった深い意味合いは考えずに、いただいた「ご仏前」や「お供え」に対してのお返しをするという観点から選ばれるようです。

カタログギフトが選ばれるようになったのも、現代ではお茶やお菓子よりももっと違った品物のほうが喜んでいただけるということがあるからです。

また、法事に出席する人からは「ご仏前」としての金封のほかにお菓子などをお供えすることが多く、法事が済んでからその包みを開けて出席者に「お下がり」として持ち帰ってもらうことが多いので、お返しは「法事のお返しの品」としてカタログギフトから選んでいただくという人も多いようです。

法事のお返しの品」としてのカタログギフトにはきちんと法事のお返しの体裁の「のし」をつけてお返しできます。双方が便利なカタログギフトはお返しの品として、おすすめできます。



香典返しに好適な食べ物の人気商品

香典返し人気商品には食べ物があげられます。
食べてすぐなくなってしまうものはお返しに適していると考えられるからです。

しかし、お返しする食べ物はなんでもいいというわけではありません。
肉類、魚類などの生ものはタブーとされ、またアルコール類などの嗜好品も避けた方がいいでしょう。具体的にはお茶やコーヒーのセット、お菓子や調味料、海苔やスープなどのセットが人気のようですが、ひとくちに食べ物といっても種類も様々、先方の好みもひとつひとつ考慮して、となるとなかなか選ぶのに時間がかかりそうですよね。

あれこれ悩んでいるうちにお返しに最適な時期を逸してしまうのはちょっと考え物。先方に失礼な印象を与えてしまうかもしれません。

それはぜひとも避けたいものです。そんな時、やはりカタログギフトが強い味方です。
当たり前ですが、カタログギフトには香典返しとして不向きなものは掲載されていませんし、金額設定も1000円くらいからいろいろ選べるので、頂いた金額に応じてお返しできるのはとても便利です。

香典返し人気商品としてまずカタログギフトがあげられるのも頷けます。
きちんとしたご挨拶状もつけられますし、マナーの点でも問題ありません。



法事のお返しに人気のお菓子

法事に出席する場合、御仏前の御供えとして、一般的に「香典」という形でお金を包んで持って行きます。この香典の相場は、故人との関係性や、法事の後に会食があるか無いかで変わってきますが、そのお返しは一律だいたい3000円程度の物をお返しするのが一般的とされています。

法事のお返しで人気なのが、タオルやお茶など定番の日用品で、持って帰って貰うのにかさばらない物が人気です。

又、お返しとは別に引き菓子という形でちょっとしたお菓子も渡します。

法事お返しお菓子で人気のあるものとしては、お煎餅やクッキー、焼き菓子など日持ちがして、重さがそれほど無いものが人気があると言えます。
ですが、法事に出席してくれた方々の年齢層もバラバラとなると、法事お返しお菓子を和菓子にするか洋菓子にするかで迷う事もあるでしょう。そんな時に役に立つのがカタログギフトなのです。

カタログギフトなら、和菓子でも洋菓子でもどちらでも本人に選んで貰う事が出来ますし、持って帰って貰うのにも、比較的かさばらない物なので、今の時代、とても人気があるお返しと言えるでしょう。

お返しそのものもカタログギフトという選択肢もあります。



法事のお返しにおすすめのお菓子

法事に出席する場合、御仏前の御供えとして「香典」という形のお金を持参するのが一般的です。

それに対して法事を主催する側は、お経を読んで貰うように僧侶にお願いしたり、法事の後の会食の手配をしたり、香典のお返しを用意する必要があります。

香典の相場は、法事の後の会食の有無や、生前中の故人との関係性によって変わってきますが、お返しはだいたい一律3000円ぐらいの物をお返しするのが一般的とされています。

このお返しでよく選ばれるのが、タオルや洗剤、お茶など、貰っても困らないであろう物が多いです。
このお返しとは別に引き菓子という形でちょっとしたお菓子も渡します。

法事お返しお菓子でおすすめなのが、和菓子ならお煎餅、洋菓子ならクッキーや焼き菓子、カステラなどでしょうか?
何故なら日持ちをするお菓子の方が貰った側も助かるからです。

それと何を選ぶにせよ、1つ1つが個包装になっているお菓子を選ぶのがおすすめです。
個包装になっていないと、1回開けてしまうと早めに食べなくてはならず、1人暮らしの人や、そんなにちょこちょこお菓子を食べない人は困ってしまいます。

この法事お返しお菓子で、具体的に何にするか悩まれた場合には、カタログギフトを選択するのもありでしょう。
カタログギフトならお返しを渡した人それぞれに選んで貰えるのでとても重宝されています。



法事のお返し(引き出物)とお菓子(引き菓子)

法事に出席する人は「香典」という形で御仏前の御供えにお金を包んで持って来るのが礼儀です。
そしてそのお返しとして、引き出物と引き菓子を渡すのが一般的です。

香典の相場は、故人との関係性や法事の後の会食の有無などで違ってくるのですが、お返しはだいたい3000円程度の物をお返しするのが一般的と言えるでしょう。

引き出物で人気があるのは、タオル、お茶、海苔など、軽くて持って帰って貰うのにもかさばらない物、貰っても困らないであろう物が人気です。

法事お返しお菓子で人気なのは、お煎餅、クッキー、焼き菓子などの比較的日持ちがしそうな物で、個包装になっている物が人気です。
だいたいこのような物が定番なのですが、それでもそれぞれ好みがありますし、年齢層や家族構成などで「そんなに必要ない」「1人だと食べない」など事情が異なってくるので、なかなか選ぶのに頭を悩まされる方も多いでしょう。

そこで人気なのがカタログギフトなのです。
カタログギフトなら、それぞれの事情を気にせずにお返しする事が出来ます。持って帰って貰うのにもそこまで重くないですし、かさばる事もありません。
カタログギフト1つで引き出物も法事お返しお菓子も気楽にクリア出来るでしょう。



最後に。

 今回は香典返しに贈る、お菓子についてのご紹介でした。

贈り物でよく選ばれるお菓子ですが、香典返しには香典返しで、お菓子の選び方に気をつけることがあるので、ぜひ、マナーに沿ったお菓子を選んでくださいね。

ぜひ今回の記事を参考に、贈ってみてはいかがでしょうか?

また他にも関連記事で、「選ぶポイントは、食品や日用品の「消え物」」と言う記事もあございますので、ぜひ参考にご覧になってみてくださいね。



香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト