カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > 香典返しの4つのマナーと金額の相場を知ろう

香典返しの4つのマナーと金額の相場を知ろう

手渡しされる品物

大人として、冠婚葬祭のマナーはきっちりと守りたいものですよね。
マナーに反した行為は時として、相手に不快感を与えてしまいます。
この機会に、香典返しのマナーと相場を確認しておきましょう。

香典・香典返しとは?

すでにご存じの方も多いと思いますが、香典とは亡くなった方にお供えするために現金を袋で包み、主に仏教の通夜や葬儀に持参するものです。
突然の不幸により、費用がかかる喪家を助けたいという気持ちが込められています。
香典返しとは、その香典に対するお礼として喪家からお返しするものです。
こちらは逆に、亡くなられた方とご親族からの感謝の気持ちを届けるものになります。

香典返しの4つのマナー

香典返しの品物と風呂敷

掛け紙をつける

まずは形式について見ていきましょう。
香典返しには、「掛け紙」と呼ばれる紙をかけます。
表書きの文字と水引のついた紙に、贈り主の名前を書いた形式で、表書きの文字は志、贈り主の名前は苗字を書くのが一般的です。
地域によって水引の色は様々ですが、結び切りという形のものを用います。
固く結ぶことで、再び不祝儀が起こらないようにという意味を込めています。

礼状・挨拶状を添える

紙と手に持ったペン

香典返しを渡すために、相手方に伺うことができるのが一番良いです。
しかし、遠方である場合などはそれができないということもありますよね?
香典返しを直接渡すことができず、配送する場合には挨拶状を付けましょう。
相手方に出向き香典返しの品物を渡す際には、自分の口でお礼を伝えることができますが、送るケースでは書面で伝えなければなりません。
書く際に句読点を使わないということが、挨拶状のマナーとして挙げられます。
句読点というのは、ご存じの通り「、」や「。」のことです。
このような書き方をする理由としては、複数の説がありますが、
一説では滞りなく法要を終えたいという願いから、句読点で文を途切れさせないためと言われています。

贈るタイミングは四十九日後

四十九日の法要を終えた時期が、香典返しの一般的なタイミングとされています。
忌が明けるということで、一区切りと考えることもできますね。
喪家がだんだんと、落ち着きを取り戻すことができる時期であるとも言えます。

残らないものを選ぶ

香典返しの品物は、どういったものを選べば良いのでしょう?
頭を悩ませてしまうポイントの一つですよね。
香典返しのマナーとして、不祝儀が長引かないという考えにより、後々に残るものは避けられます。
「消えもの」と呼ばれる類の使用すればすぐになくなるもの、消耗品が一般的です。
さらに具体的に避けたほうが良いとされるのは、「四つ足生臭もの」と呼ばれる肉や魚と、祝い事をイメージさせるお酒などです。
また、商品券が選ばれることもありますが、金額がはっきり分かってしまうため、受け取る方によっては好まれないということもあります。
飲食物では飲んでしまえばすぐになくなるという点でお茶、食べてすぐになくなるお菓子や海苔、
日用品では使用するうちに消耗する石鹸、洗剤、タオルなどがよく選ばれています。
それぞれに好きなものを選んでもらいたいという考えの方には、カタログギフトという選択肢もあります。
自分で選んでいただけば、香典返しの品物でマナーに反してしまう心配もありませんし、
欲しいものを探すことができるので喜んでもらえるかもしれませんね。
そういった方はぜひ、「たき新」のカタログギフトをチェックしてみてください。

おくりもの専門店 たき新 香典返しページ

香典返しの相場はどれくらい?

電卓と白い家

香典でいただいた金額分に相当するものを返したほうがいいの?
香典返しの相場を知りたい!という方、いらっしゃいますよね。
その目安として、「半返し」という言葉があります。
香典の半分の金額分の品物を返すという意味で、こちらが基本的な目安になります。
関係性の深い方からの香典で高額な場合には、必ずしも半額分というわけではなく、
いただく分は相手の気持ちとして受け取り、お返しするのは半分以下~4分の1程度のもので良いと言われます。
また、「当日返し」といって2,500円程度のものを通夜や葬儀に参列する方にお返しするパターンが多くなっています。
これは香典が5,000円程度であることを想定したものです。
当日返しを渡していて、5,000円以上の高額な香典の場合には、
香典の半分の額から当日返しの金額を差し引いた金額を香典返しとして贈りましょう。
香典返しのマナーと相場を確認した上で、感謝の気持ちを込めたお返しができるといいですね。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの4つのマナーと金額の相場を知ろう
いつ贈るの?宗教や宗派により異なる香典返しの時期
香典返しの掛け紙(のし紙)と挨拶状(お礼状)
【香典返し】会社にも贈る?返事は必要?辞退や寄付をするには
香典返しのない地域は?香典の所有権って?
香典返しの品選び、人気はカタログギフト
香典返しで避けるべきものは?たき新の安心の理由
香典
香典の金額の相場はどれくらい?渡し方は?
表書きや中袋、香典袋の種類と書き方
香典辞退という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での「供物(お供え物)」の贈り方
喪主を務める方へ!早見マニュアルですべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀直後に喪主がすべきこと!遺産相続までのまとめ
葬儀の費用っていくらかかるの?
法事・法要
新盆(初盆)に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識(満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の供花(生花)・弔電・お手伝いへのお礼
生前のお見舞い・忌中見舞いへの対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しにお菓子を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、掛け紙の掛け方について。
香典返しのお礼状の基本。御見舞御礼と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの金額について。相場や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
親族への香典返し。お花を頂いた場合や、個人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る時期。年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに商品券を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しにお菓子を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、掛け紙の掛け方について。
職場や会社関係からの香典への香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに贈ってはいけないもの。香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
お子様
お子様 - 20代 - のストーリー
お子様 - 30代 - のストーリー
ご兄弟
ご兄弟 - 20代 - のストーリー
ご兄弟 - 30代 - のストーリー
ご兄弟 - 40代 - のストーリー
ご兄弟 - 50代 - のストーリー
叔父・叔母
叔母 - 30代 - のストーリー
叔父 - 40代 - のストーリー
叔母 - 50代 - のストーリー
いとこ・親戚
親戚 - 20代 - のストーリー
親戚 - 30代 - のストーリー
いとこ - 40代 - のストーリー
いとこ - 50代 - のストーリー
取引先の方・上司
取引先 - 20代 - のストーリー
上司 - 30代 - のストーリー
上司 - 40代 - のストーリー
上司 - 50代 - のストーリー
勤務先の同僚・部下・友人
部下 - 30代 - のストーリー
友人 - 30代 - のストーリー
部下 - 40代 - のストーリー
友人 - 50代 - のストーリー
お隣様・ご近所様
ご近所 - 40代 - のストーリー
お隣様 - 50代 - のストーリー
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
おすすめからカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
還暦祝いマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト