カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 香典返しのマナー > いつ贈るの?宗教や宗派により異なる香典返しの時期

香典の金額の相場はどれくらい?渡し方は?

数字と人

葬儀に参列される方にとって、突然の訃報で動揺している中でマナーにも気をつけるのは大変でしょう。
しかしご遺族にとっても、葬儀の前後や当日は忙しくなってしまうもの。
大変なときだからこそ、失礼のないようにしたいですよね。
葬儀に参列した際にお渡しする香典は、死者の霊前に供え、供養の気持ちを表すものです。
急なご不幸による出費に対しての助け合いとして、ご遺族を労わる意味もあります。
故人に供えるものとして、また、労わりの気持ちとして、礼儀を守ってお渡ししなければなりませんね。
香典に関するマナーの中でも、金額の相場や香典の渡し方については最低限知っておきたいところです。

香典には、関係や年齢によって相場があります

女性二人

香典の相場金額は、故人との関係や自分の年齢によって変わってきます。
例えば、故人との関係が親族なのか会社関係なのか、あなたの年齢が20代なのかそれとも40代以上なのか、といったことで金額が異なるのです。
ですが、少ない場合でも3,000円以上となります。
3,000円以下の金額ですと、遺族の方がお出しする通夜料理や香典返しの金額のほうが高くついてしまいます。
また、「四」や「九」は「死」や「苦」を連想させる縁起の悪い数字となるので避けましょう。
一般的な目安となる金額を表にまとめました。

あなたから見た 故人との関係性 あなたの年齢
20代 30代 40代
祖父母 1万円 1万〜3万円 3万〜5万円
自分の親・義理の親 3万~10万円 5万~10万円 10万円~
兄弟・姉妹 3万~5万円 5万円 5万円~
叔父・叔母 1万円 1万~2万円 1万~3万円
いとこ・その他親戚 3千~1万円 3千~2万円 3千~3万円
上司 5 5千~1万円 1万円〜
上司の家族 3千~5千円 3千~1万円 5千~1万円
同僚・部下・後輩 5千円 5千~1万円 1万円~
同僚・部下・後輩の家族 3千~5千円 3千~1万円 3千~1万円
友人・知人 5千円 5千~1万円 5千~1万円
友人・知人の親 3千~5千円 3千~1万円 3千~1万円
先生・恩師 3千〜5千円 3千〜1万円 3千〜1万円
ご近所様 3千〜5千円 3千〜1万円 3千〜1万円
仲人 1万円 1万円 1万円〜

自分の親が亡くなった場合

「自分の親の葬儀でも、香典は必要?」という疑問がよくありますが、自分が喪主でない場合は香典を出すのが一般的と言えます。
成人していて独立していれば、基本的には親の葬儀にも香典を包みます。
香典は支え合いでもあるので、出すとしても事情があって出さないとしても、家族で話し合って決めるのが良いですね。

祖父母が亡くなった場合

祖父母が亡くなった場合、成人して収入がある孫なら香典を出すのが一般的です。
孫が成人しておらず両親の扶養下にあるなら、親(祖父母にとっての子供)が香典を出しますので、その場合に孫が香典を出す必要はないでしょう。
孫同士で相談して、「孫一同」などの形で香典を包むこともあります。
また、香典だけではなく、お花・果物などを「孫一同」としてお供えする場合も。
迷ったときは、孫同士や両親と相談することをおすすめします。

会社関係の場合

会社関係・取引先関係での香典は、会社として香典を出すこともあるため、個人で判断せず上司と相談するのが良いでしょう。
取引先などの場合、弔電や供花のみで香典は出さないこともあります。

友人・知人、その他関係の場合

友人や知人、友人の親や先生・恩師の場合、香典の金額はお付き合いの深さなどによって異なります。
友人や仲間同士で出し合って、連名でお渡しすることもあります。

夫婦で葬儀に参列する場合

夫婦で参列する場合は、夫婦2人で1人分の金額でも構いません。
ただし、故人と深いお付き合いがあった場合にはそれより多くお渡ししたり、葬儀後の会食に出席する場合にも相応の金額にする必要があります。
必ずしも夫婦だから1人分で大丈夫というわけではなく、その時々での気遣いの気持ちを忘れないようにしてくださいね。

香典金額の目安は、絶対ではありません

香典の相場が決まっていることで、「他の人との金額に差がないか」という心配が必要ないようになっています。
何か事情がない限りは、相場の金額を包むのがマナーです。
ですが、相場の金額が絶対というわけではありません。
あくまで一般的な目安です。
故人が亡くなったことで、喪家の方の経済的負担が大きくなってしまう、
などの事情がある方には、金額を上乗せしても良いでしょう。
また、親族ではないけれど特別に深い関係性だったという場合にも、お気持ちの分を相場より多くお渡しするのは悪いことではありません。
ただし、相場より多すぎる金額は、逆に気を使わせてしまいます。
そのことも考慮して金額を決めると良いですね。

いつ?どこで?香典の渡し方

香典を渡す

いつ渡したら良いのかしら?どこで渡したら良いのかしら?
香典の渡し方が心配という方もいらっしゃいますよね。
香典は、通夜または葬式のどちらかに持参します。
両方に参列する場合に、二回渡す必要はありません。
どちらでお渡ししても構いませんが、通夜に渡すほうが一般的となっています。
会場に着いたら、受付で記帳する際に受付の方に香典をお渡ししてください。
その際には、「このたびはご愁傷様です」「このたびはご愁傷様でございました」などのお悔やみの言葉を述べましょう。
このような場では、明るいトーンや笑顔は禁物です。
葬儀では、不幸の繰り返しを連想させる「重ね重ね」「度々」など、使ってはいけないとされる忌み言葉が様々あります。
しかし、受付で言葉をかける際などにも「このたびはご愁傷様です」などと声をかけるだけで良いので、そこまで心配することはないでしょう。
あまり親交のない場合は黙礼でも失礼にはあたりませんので、安心してくださいね。

香典は「袱紗(ふくさ)」に包んで渡します

弔事用のふくさ

香典を持参する際には、ふくさに包むのを忘れてはなりませんね。
着物や鞄の中で、香典の表包みにシワがついたり折れてしまっては、失礼になります。
受付で渡す際に、ふくさから香典袋を出すようにしましょう。
ふくさの色は、紺色・グレー・深い緑色など、暗めの色を。
紫色なら弔事・慶事どちらでも使えるので、紫色のふくさを1つ持っていると便利ですね。
香典袋の種類や書き方については、こちらの記事を参考にしてみてください。
表書きや中袋、香典袋の種類と書き方

大切なのは、喪家への気遣いと故人を偲ぶ想いです

香典を渡すうえでのマナーは、喪家の方への気遣いと思いやりです。
いざという時に慌ててしまわないよう、葬儀の前にはマナーを確認しておくのが望ましいですね。
香典の金額などで悩む場合は、ご家族などに相談してみるのも手っ取り早い方法です。
慣れない場面で緊張してしまうかもしれませんが、マナーばかりに気をとられるよりは、故人を偲ぶ想いを大切にしてくださいね。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの4つのマナーと金額の相場を知ろう
いつ贈るの?宗教や宗派により異なる香典返しの時期
香典返しの掛け紙(のし紙)と挨拶状(お礼状)
【香典返し】会社にも贈る?返事は必要?辞退や寄付をするには
香典返しのない地域は?香典の所有権って?
香典返しの品選び、人気はカタログギフト
香典返しで避けるべきものは?たき新の安心の理由
香典
香典の金額の相場はどれくらい?渡し方は?
表書きや中袋、香典袋の種類と書き方
香典辞退という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での「供物(お供え物)」の贈り方
喪主を務める方へ!早見マニュアルですべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀直後に喪主がすべきこと!遺産相続までのまとめ
葬儀の費用っていくらかかるの?
法事・法要
新盆(初盆)に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識(満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の供花(生花)・弔電・お手伝いへのお礼
生前のお見舞い・忌中見舞いへの対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しにお菓子を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、掛け紙の掛け方について。
香典返しのお礼状の基本。御見舞御礼と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの金額について。相場や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
親族への香典返し。お花を頂いた場合や、個人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る時期。年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに商品券を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しにお菓子を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、掛け紙の掛け方について。
職場や会社関係からの香典への香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに贈ってはいけないもの。香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
お子様
お子様 - 20代 - のストーリー
お子様 - 30代 - のストーリー
ご兄弟
ご兄弟 - 20代 - のストーリー
ご兄弟 - 30代 - のストーリー
ご兄弟 - 40代 - のストーリー
ご兄弟 - 50代 - のストーリー
叔父・叔母
叔母 - 30代 - のストーリー
叔父 - 40代 - のストーリー
叔母 - 50代 - のストーリー
いとこ・親戚
親戚 - 20代 - のストーリー
親戚 - 30代 - のストーリー
いとこ - 40代 - のストーリー
いとこ - 50代 - のストーリー
取引先の方・上司
取引先 - 20代 - のストーリー
上司 - 30代 - のストーリー
上司 - 40代 - のストーリー
上司 - 50代 - のストーリー
勤務先の同僚・部下・友人
部下 - 30代 - のストーリー
友人 - 30代 - のストーリー
部下 - 40代 - のストーリー
友人 - 50代 - のストーリー
お隣様・ご近所様
ご近所 - 40代 - のストーリー
お隣様 - 50代 - のストーリー
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
おすすめからカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
還暦祝いマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト