結婚内祝いギフト

カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 体験ストーリー > いとこ- 50代 –

香典返し体験ストーリー いとこ − 50代 −

土鍋

ある、親戚を亡くした男性の物語。

あの時食べたもの。食べたかったもの。あの人が好きだった食べ物。
食べ物にまつわる思い出は、誰にでも1つや2つはあるものではないでしょうか。
このストーリーの主人公は、いとこの夫を亡くした50代の男性です。
故人の妻であるいとこから、カタログギフトを受け取りました。
届いた商品から、故人との15年前の思い出が溢れます。

石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶。

水曜日はごちそうの日

カレンダー

やってきた水曜日。今夜の夕食は、楽しみにしていたごちそうだ。
カタログギフトで選んだ、石狩鍋を食べる日。

妻には、いつも苦労をかけてしまっている。
少しでもねぎらおうという気持ちもあり、カタログギフトは、妻に好きなものを選んでいいよと言っていた。

というのも、僕はパン屋を営んでいる。
14年前に始めたこの店。今では結構人気のお店だ。
バイトやパートで働いてくれている人もいるけれど、忙しいときは妻も仕事を手伝ってくれている。

苦労をかけている妻へ

焼きたてのパン

パン屋の僕の1日は夜明け前から始まる。
午前3時に起きて、4時には仕込みを始める。
店主の僕は、毎日仕込みから閉店までずっと店にいることが多い。
そのため、家のことも妻に任せっきりだ。
長期休暇もほとんど取れないし、店を持ってから旅行なんかにはあまり行けなくなった。
妻には申し訳なく思う。

笑顔でページをめくる

そんな妻がカタログを見て飛びついたのは、アクセサリーやバッグではなく、食べ物のほうだった。
そこが妻らしくもあるのだが。
選んだのは、美味しそうな石狩鍋のセット。
鮭の切り身やカットされたズワイガニなど、豪華海鮮がたっぷり、石狩鍋に必要なものが一通り揃っている。
そのまますぐに調理できるところも気に入ったようだ。

今夜は家族で石狩鍋を

エプロンを着る

お店の定休日は水曜日。
水曜日の夜に石狩鍋を家族で食べようと、妻は楽しみにしていた。
そして今日、ついにやってきた石狩鍋の日。
普段はよく友達と外で食べてくる息子も、今夜は一緒に鍋をつつく気満々だ。

鍋の準備をする妻に、「石狩鍋ってどこの食べ物だっけ~」と聞く息子。
「今更何言ってるの、北海道だよ」と答える妻に、僕は昔行った北海道旅行を思い出した。
「昔、みんなで北海道行ったの覚えてる?祐希はまだ小さかったから覚えてないか。」と、妻も同じことを思い出したようだ。
今から15年も前だろうか。親戚みんなで函館に行ったことがあった。
あの時は幸雄くんも一緒に行った。

15年前の石狩鍋の話

緑の中で笑顔

いとこのみっちゃんの夫である幸雄くんは、先日、癌で亡くなった。
口数こそ少ないほうだが良い人で、7歳年下の僕とも仲良くしてくれた。
幸雄くんが亡くなったことは本当に悲しかったが、みっちゃんが大丈夫だろうかという心配が大きかった。
しかし、すっかり大人になった息子や娘たちがみっちゃんを支えてあげているようで、僕は少し安心した。
そのときの香典のお返しにみっちゃんから頂いたのが、カタログギフトだった。

美味しい石狩鍋、ありがたくいただく。
ぐつぐつと煮える鍋。 そろそろ食べ頃だろうか、食欲をそそるなんとも良い香り。
「ねぇもう食べれる?」と待ちきれない様子の息子。
よし、もういいだろう。

石狩鍋

スープを一口。それから、鮭にかぶりつく。
妻と息子も美味しい美味しいと言って箸を進める。
冬にはたまらない食べ物だ。

あの旅行ではたしか、幸雄くんたち家族は石狩鍋が食べられなかったんだ。
その日の夕食は、それぞれの家族で食べたいものを食べに行くことになっていた。
多分僕たちは海鮮丼か何かを食べたような気がする。
幸雄くんたち家族は石狩鍋を食べに行く予定で、行きたいお店も決まっていた。
家族でお店まで行ったのだが、残念ながら臨時休業だったそうだ。
今から石狩鍋の店を探すのも…ということで、結局近くの違うお店で食べたと聞いた気がする。

この石狩鍋、幸雄くんも食べたかっただろうか。

あれっきり行っていない北海道

北海道の景色

僕は、あれっきり北海道には行っていない。
あれから15年。
15年もあったら、幸雄くんはどこかで石狩鍋を食べただろうか。
そんなことを思いながら鍋を食べた。

水曜日とお正月以外、ほとんど休むことなく続けてきた店。
たまには、お休みをもらって旅行に行っても良いかもしれない。
落ち着いたらみっちゃんたちも誘って、北海道なんかはどうだろう。

こんなときに贈るカタログギフトは…

故人の想いに代わって、贈り先様それぞれの好みに合わせたものを贈ることができるのが、カタログギフト。
ページをめくれば、商品を選ぶ喜びとともに、その人だけの記憶を思い出すこともあるでしょう。

このストーリーでは、贈る側である喪主から見たらいとこへの香典返し。
「凛」の7,600円コースはいかがでしょうか。

凛 花水木

「凛」は、各コースごとの花々が上品な表紙のカタログギフト。
高級感のある雰囲気と充実した本物志向の品で、きっと贈り先様それぞれに満足していただけます。
いとこなど、近いご親族で好みを知っている方なら、贈り先様の好みや世代に合わせたカタログギフトに絞って選んでみても良いでしょう。
「凛」なら、落ち着いた印象の商品を中心に、選ぶのも楽しいラインナップを取り揃えております。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト