カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 体験ストーリー > 親戚 – 30代 –

香典返し体験ストーリー 親戚 − 30代 −

古いラジオ

ある、祖母を亡くした女性の物語。

故人が亡くなられたあとも、思い出は生活の様々なシーンに存在します。
あの人が好きだったこと。好きだった場所。好きだった食べ物。
このストーリーの主人公は、祖母を亡くした30代の女性です。
故人の長女である叔母から、カタログギフトを受け取りました。
届いた商品から、彼女の思い出が溢れます。

キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声。

夕方に届いたもの

ダンボールを見る

ピンポーン。
そろそろ夕食の準備でも始めようかと思ったとき、玄関のチャイムが鳴った。
なんだろう、何か宅配でも頼んだっけ。
真っ先に玄関に向かうのは、3歳になる娘。

届いたのは、カタログギフトで注文したラジオだった。

防災グッズとしてのラジオ

テーブルの上のラジオ

結婚して4年。東日本大震災の頃はまだ結婚前だった。
熊本地震や今年になって鳥取の地震もあり、非常食などの防災グッズは揃えるようにしていたが、防災グッズとして使えるラジオはまだ持っていなかった。
夫とカタログを見たとき、キッチングッズもいいなあと気になったけれど、機能性の良さに惹かれてラジオに決めた。

早速、試しに使ってみようかな。
私は、ラジオを聴きながら夕食の準備をすることにした。
今日の夕食のメインは大根と豚肉の煮物の予定だ。
スイッチを入れてチャンネルを合わせると、ちょうど昭和の名曲特集が始まるところ。

ラジオの曲から思い出すのは

大根と包丁

鍋で大根と豚肉を炒め始める。
ふと、ラジオから流れるのは、「上を向いて歩こう」。
おばあちゃんが大好き、だった曲だ。

おばあちゃんは、11月も終わりがけの寒い日、静かに亡くなった。
カタログギフトは、そのときの香典返しで叔母からいただいたもの。
私の母は2人姉妹の下であり、喪主は長女である叔母が務めたのだった。

おばあちゃんは煮物が得意で、大根と豚肉の煮物もおばあちゃんから教わった。
私にとっての「おふくろの味」は、母の味でもあり、おばあちゃんの味でもあった。

夕食の香りと優しい歌声

古い台所

小さい頃の私は、保育園に入園出来ることが決まるまで、おばあちゃんに毎日預けられていた。
母はいつも、仕事に行く前に私をおばあちゃんの家に送ってくれた。
そのおかげで私は、すっかりおばあちゃんっ子だった。
毎朝、おばあちゃんの家に行くのがとても楽しみだったように思う。

物心がつくかつかないかの頃のことなのではっきりした記憶はないけれど、その中でも覚えているのは、料理をしながら歌う優しい声。
ラジオから流れる音楽に合わせて、楽しそうに歌いながらキッチンに立っていた。
その後ろ姿と、キッチンから漂う夕食の香り。

「昔から大好きなの」とおばあちゃんが言っていたのが、「上を向いて歩こう」。
テレビやラジオで流れると、機嫌良さそうに歌っていたものだ。
それに、私が泣いたときはいつも、「大丈夫、大丈夫。」と優しくあやして歌を歌ってくれた。
きっとおばあちゃんは歌が好きだったんだと思う。

おばあちゃんの大好きなおじいちゃん

昔の写真

おじいちゃんは私が2歳の頃に亡くなっており、私には一緒に過ごした記憶は無かった。
だけど、おばあちゃんがよく写真を見せてくれたおかげで、おじいちゃんの顔はよく知っていた。
色褪せた写真に写る、きりっとした表情のおじいちゃん。隣で優しく微笑む、おばあちゃん。

おばあちゃんが沢山話を聞かせてくれたおかげで、おじいちゃんが優しい人ことだったことも知っていた。
私のお母さんが生まれたとき、おばあちゃんの手を握って泣いていたこと。
私が生まれるときも、分娩室の外でそわそわして待っていたこと。
おばあちゃんがおじいちゃんのことを大好きだったこと。

おばあちゃんと遊ぶ

おばあちゃんが好きな「上を向いて歩こう」は、おじいちゃんがよく歌っていた歌。
だから、この曲を聴くとおじいちゃんを思い出すの。と微笑むおばあちゃんは可愛くて、少女のようにも見えた。

口ずさむあの歌

キッチンに立つ

ラジオから流れる、あの日と同じ歌。
思い出すのは、キッチンに立つおばあちゃんの後ろ姿。優しい歌声。おばあちゃんが作る夕食の香り。
私は、おばあちゃんと同じように、鍋を煮詰めながらラジオに合わせて口ずさんでみる。
おばあちゃん、私は大丈夫。
こっそり浮かべた涙がこぼれないように上を向いた。
「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように」

こんなときに贈るカタログギフトは…

故人の想いに代わって、贈り先様それぞれの好みに合わせたものを贈ることができるのが、カタログギフト。
ページをめくれば、商品を選ぶ喜びとともに、その人だけの記憶を思い出すこともあるでしょう。

このストーリーでは、贈る側である喪主から見たら姪への香典返し。
「心日和」の3,000円コース、4,000円コース、5,500円コースはいかがでしょうか。

心日和 浅黄 心日和 梅染 心日和 紅緋

「心日和」は、はんなりとした和の表紙がやさしいカタログギフト。
落ち着いた雰囲気ながら豊富な商品ラインナップで、幅広い年齢層の方に贈ることができます。
兄弟やお子様なら好みをよく知っていますが、姪などの親戚だったりすると好みが分からない場合もあります。
そんな場合にも、贈り先様に喜ばれる商品を贈ることができるのが「心日和」の良いところです。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト