カタログギフトのたき新 > お香典返し > 香典返し・法要引き出物 > 体験ストーリー > 取引先 – 20代 –

香典返し体験ストーリー 取引先 − 20代 −

サングラス越しの景色

ある、義母を亡くした方を知る男性の物語。

思い出はそれぞれの人の中にあるもの。
ですが、ひとつの景色に数え切れないほど沢山の人の思い出が詰まっていることもあります。
このストーリーの主人公は、義母を亡くした取引先の方を知る20代の男性です。
故人の義息子である方から、カタログギフトを受け取りました。
届いた商品から、故人の思い出を少し覗き見ることになります。

サングラス越しの富士山は、思い出の色。

新しいサングラスをかけて

秋空と山道

日差しが強い今日。
爽やかなBGMでも聞こえてきそうな、秋晴れの良い天気だ。
新しいサングラスも活躍している。
目的地は熱海だ。

月に2回ほど、休日に1人でツーリングに行くのが僕の楽しみ。
誘われればバイク仲間と数人で行くこともあるが、自分のペースで1人でバイクに乗るのは結構好きだ。 いつも数日前になんとなくで目的地を決めては、現地で1泊して帰ることが多い。
道中のサービスエリアなんかで、同じように1人でツーリングしている人と仲良くなることもあるし、そういう出会いも楽しみのうちだ。

ヘルメット

最近は、昼間にバイクに乗るときは、大体新しいサングラスをかけていく。
すっかり旅のお供の1つだ。
僕の好きなブランドのものだが、カタログギフトに載っていたのだ。
全体にカーブがかかったフレームが、ヘルメットをしながらでもフィットして丁度良い。

バイク好きだった池田さん

ビジネスシーン

数年前から仕事でよくお世話になっている取引先の方で、池田さんという方がいる。
取引先という関係がゆえ、よく会っていても、しばらくは仕事という一線を引いた付き合いだった。
しかし、池田さんもバイクが好きだったということが分かってから話に華が咲き、一緒に飲みに行くことになった。
最近は乗らなくなったらしいが、昔はよく乗っていたらしい。
それ以来、プライベートでも何度か会ったことがある。
プライベートで会えば仕事の話は出さないが、仕事で会えばきっちり取引先として付き合う仲だった。

少し前に、池田さんの奥さんの母、つまり池田さんの義母にあたる方が亡くなったと聞いた。
池田さんの肉親ではなくとも、プライベートでも会う池田さんのご親族ということで、個人的にお香典を包んだ。
その香典返しにと、カタログギフトを頂いたのだ。

グラスに注がれたビール

富士山を背に並ぶ3人の写真

一緒に飲みに行ったとき、池田さんのお義母さんのことは、写真で見たことがあった。
写真を見たのは随分前なので、お義母さんの顔は忘れていたけれど。
富士山を背景に、池田さんと奥さんとお義母さん、3人が並んで立つ写真。
数年前、まだ池田さん夫婦が結婚する前だったはず。
彼女の写真が見てみたいと言う私に、池田さんが見せてくれたのだ。
「結構可愛いでしょ」とにやける池田さんを思い出した。

夕焼けと富士山

当時、3人で、お義母さんの故郷の町へ行ったのだと言う。
静岡県の小さな町で、富士山の見える町。
お義母さんはその町で、毎日富士山を見て育ったそうだ。

お義母さんが亡くなる少し前、池田さんが、あれ以来行っていないあの町にまた行こうかなと言っていた。
結局もう一度3人で行くことは出来なかったのかな。

峠を抜けて

バイクを運転する手元

そういえば、そろそろ富士山が見えてくるはずだ。
この快晴なら、よく見えるだろう。

熱海に着いたら何をしようか。温泉には絶対入りたい。
今回はそのために、温泉付きの宿を予約してある。
1人でゆっくり温泉というのも良いものだ。
それから、海も見に行こう。
明るい時間に行くのも良いが、夕焼けの時間の海もいいな。
夏も終わったこの季節なら、もう人もそんなにいないだろうか。

そんなことを色々考えながら、峠を抜ける。
景色が開けると同時に、風が雲を運んでいく。
ついに前方に見えたのは富士山。
ほとんど雲に隠れることなく、サングラス越しだがはっきりと見える。

誰かにとっての特別なもの

バイクと富士山

少し開けた場所に着き、バイクを停める。
ヘルメットとサングラスを外し、ゆっくり富士山を眺めてみる。
サングラス越しとは違う、青々とした富士山。

富士山が見える町に住む人、そこに故郷がある人は、池田さんのお義母さんに限らず沢山いるんだろうな。
関東の方でも天気が良ければ富士山が見える場所は沢山ある。
誰かにとっては見慣れた山だったり、誰かにとってはいつかの思い出だったり、電車の窓から見えただけではしゃいだり。
ただそこにあるだけで、多くの人にとって特別なものなんだろう。

そろそろ行くか。
もう一度サングラスをかけると、セピア色になった景色は、誰かの思い出を代わりに見ているようにも見えた。

こんなときに贈るカタログギフトは…

故人の想いに代わって、贈り先様それぞれの好みに合わせたものを贈ることができるのが、カタログギフト。
ページをめくれば、商品を選ぶ喜びとともに、その人だけの記憶を思い出すこともあるでしょう。

このストーリーでは、贈る側である喪主から見たら取引先の方への香典返し。
「穂乃香」の2,600円コースはいかがでしょうか。

穂乃香 松葉

「穂乃香」は、上品な和の表紙が落ち着いた雰囲気のカタログギフト。
普段の暮らしを楽しくする素敵な品揃えで、あの人に気に入っていただけるアイテムがあるはず。
職場関係の方、特に上司や取引先などに贈る香典返しは、特にしっかり選びたいという方が多いでしょう。
「穂乃香」なら、様々な品がバランスよく充実し、上司など職場関係の方にも安心して贈ることができます。

香典返しのマナー 記事一覧

香典返しマナーブック 無料贈呈
香典返しマナーブック 無料ダウンロード

香典返しマナー集
香典返し
香典返しの『4つのマナー』と『金額の相場』を知ろう
『いつ贈る』の? 宗教や宗派により異なる香典返しの『時期』
香典返しの『掛け紙(のし紙)』と『挨拶状(お礼状)』
【香典返し】『会社』にも贈る?返事は必要?『辞退』や『寄付』をするには
『香典返しのない地域』は? 香典の『所有権』って?
香典返しで『避けるべき』ものは?
香典
香典の『金額の相場』はどれくらい?『渡し方』は?
『表書き』や『中袋』、香典袋の『種類』と『書き方』
『香典辞退』という新たな風習
葬儀・葬式
葬儀での『供物(お供え物)の贈り方』
『喪主』を務める方へ!『早見マニュアル』で、すべきことを確認しましょう
葬儀・葬儀『直後に』喪主がすべきことから、遺産相続までのまとめ
葬儀の『費用』っていくらかかるの?
法事・法要
『新盆(初盆)』に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方
葬儀後の知識 満中陰志と粗供養、キリスト教と神式、葬儀以降に行う法要
お礼・お返し
葬儀の『供花(生花)』・『弔電』・『お手伝いへのお礼』
『生前のお見舞い』・『忌中見舞い』への対応の仕方
お悩み解決マナーQ&A
香典返しの『掛け紙』の基本。2品贈る場合の掛け紙や、『表書き』と『名前の文字色』について。
香典返しの『お礼状』の基本。『御見舞御礼』と共に贈る場合や、贈り先様に喪主の名前が浸透していない場合。
香典返しの『金額』について。『相場』や、遠方から葬儀に参列してくださった方へのお返し、同じ家庭の親子からの香典への香典返し。
『親族』への香典返し。『お花』を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について
香典返しを贈る『時期』年末に忌明け法要を行う場合や、四十九日後に香典祝いを頂いた場合について。
香典返しに『商品券』を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。
香典返しに『お菓子』を贈る。香典返しのお菓子の選び方や、『掛け紙の掛け方』について。
『職場』や『会社関係』からの香典返し。まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。
香典返しに『贈ってはいけないもの』香典返しに贈ってはいいものや、品物選びに関する、意味合いについて。
お悩み解決接客ブログ
初めてのお香典返し。カタログギフトで返しても大丈夫??
高額の御香典に対するお返しはどんなものにしたらいいのか・・・?
高額のお香典のお返しの商品は一つで返す?それとも二つ?
香典返しでどんな物を返したらいいですか?
年配の一人暮らしの男性への香典返しは何がいいのか?
ご年配の方に贈るものは一種類より多種類の方が喜ばれる!
娘の結婚祝いのお返しと、義理の母親の御香典返し、どっちを先にするべき?
昔は多かった香典返しの“毛布”。今でも贈っても大丈夫かなぁ?
成功事例・体験談
ご子息ご令嬢へのお返し
新しい傘の中で思い出す、黄色い長靴の記憶
大人になった僕が好きな、苦いコーヒー
ご兄弟へのお返し
ビジネスバッグの中の料理本
2年ぶりのこの場所で、真珠のネックレスをつけた私
父が見ていた景色ときっと違う、今の景色
毎日の楽しみは、私が作る母の味
叔父叔母へのお返し
小さな小料理店に、再び明かりが灯るまで
懐かしい思い出の隣に、新しい思い出を
我が家の庭で思い出した、懐かしい面影
ご親戚・従兄妹のお返し
思い出を、新しい写真立てに入れて
キッチンで思い出したのは、おばあちゃんの優しい歌声
辛口の日本酒は、叔父さんと交わした記憶の味
石狩鍋が呼び起こした、15年前の記憶
取引先の方・上司・へのお返し
サングラス越しの富士山は、思い出の色
今日の食卓とあの店の味に通じるのは、綺麗な箸
お土産という接点の、会ったことのない人
東京へ行く息子へ、かけてやりたかった言葉
部下・友人へのお返し
ネクタイピンに見えた、お父さんらしさ
親父さんから贈られた釣竿
会ったこともない人へ、言いたかったお礼
いつかおばあさんが見た景色を
ご近所様へのお返し
12時には、コーヒーとたまごサンドを
お隣さんとの、冬の思い出
すでに「香典返しのマナーついての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
香典返し・法要引き出物 激安香典返しカタログギフト 激安グルメカタログギフト
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト