カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 結婚の引き出物 > 結婚の引き出物のマナー > 引き出物 分け方 | 引き出物 | カタログギフト・引出物なら業界最安最大51%割引のたき新へ

結婚式の引き出物の分け方

コンテンツ一覧

 

結婚式の引き出物を贈り分けする時の分け方などのポイント

 
結婚式の引き出物を贈り分けする時の分け方などのポイント結婚式を挙げるとなると、様々な準備が必要になってきます。その内の1つとして、引き出物の準備があります。引き出物とは、出席して下さった方がお祝いとして持って来てくれるご祝儀に対するお返しと出席して貰ったお礼の気持ちを込めて贈るお返しの事です。ご祝儀の相場というのもありますが、中には、年輩の上司や近い親族だと相場を超えたご祝儀を包んで来て下さる方もいます。ですが、一般的には、引き出物は出席して下さった方みんな同じ物を用意したら良い事になっていますが、かなり高額なご祝儀を頂いた方にも同じ引き出物というのは心苦しく感じる人もいるでしょう。それに、新郎側と新婦側で違う物を贈りたいとか、御両親や兄弟には同僚や知人とは違う引き出物を渡したいとか、引き出物を人によって分けたいという事はよくある事です。このような場合の引き出物 分け方のポイントとしては、違う引き出物を用意しても良いでしょうが、それがあからさまに分からないようにする事でしょう。そういう意味でお勧めの引き出物としてカタログギフトがあります。カタログギフトなら、予算によって、内容によって何種類もカタログが用意されていますし、包装してしまえば、違う物を渡している事がばれません。引き出物を分けて贈る場合は、ばれないように引き出物 分け方を工夫する事がポイントです。
 
30%OFF激安カタログギフト30%OFF結婚内祝いカタログギフト

結婚内祝いのカタログギフトが最大30%オフ!

結婚式の引き出物を贈り分けする時の分け方や相場

 
結婚式の引き出物を贈り分けする時の分け方や相場結婚式を挙げた場合、出席して下さる方々から、お祝いのお金としてご祝儀を頂く事になるでしょう。このご祝儀のお返しとして渡すのが引き出物です。ご祝儀の相場としては、1人3万円、親族や目上の上司からだと5万円、夫婦で出席する場合は5万円、親族などは10万円が一般的でしょう。このご祝儀の半分ぐらいの予算で式のお料理、引き出物、引き菓子を用意する事になります。そして、ご祝儀の額に限らず引き出物は一律同じ物を用意するのが一般的なので、だいたい5~7千円ぐらいが引き出物の相場になります。ですが、親族や目上の上司の中にかなり多くのご祝儀を下さる方もいるかもしれません。そのような方にも同じ引き出物を渡すのは気が引けると感じる人は多いでしょう。又、御両親やまだ独身の兄弟、実家暮らしの兄弟など、家族にはみんなに配る引き出物とは違ったプレゼントを贈りたいと考える人もいるでしょう。このように出席者全員に同じ引き出物をお返しするのが一般的とは言え、その人その人で違う物を贈りたいと考えるのはよくある事なのです。このような場合の引き出物 分け方としては、ほとんどの出席者には同じ引き出物を、かなり高額なご祝儀を包んで下さった方には、ちょっと金額の張る引き出物を、家族やどうしても思い入れのある人にはその人に合わせた引き出物を贈れば良いでしょう。このように引き出物 分け方を決めた場合も、あきらかに違う物をお返ししているというのは良くないでしょう。そこでお勧めなのがカタログギフトです。カタログギフトなら、予算によってカタログが用意されていますし、内容やこだわりによってもカタログが分けて用意されています。それに、包装してしまえば、違いが分かりません。
 
30%OFF激安カタログギフト30%OFF結婚内祝いカタログギフト

結婚内祝いのカタログギフトが最大30%オフ!

結婚式の引き出物を贈り分けする時の分け方や術

 
結婚式の引き出物を贈り分けする時の分け方や術結婚式を挙げるとなると用意する事が山ほどあります。その内の一つとして引き出物の用意があります。引き出物とは、出席者の方にお渡しするお返しの事です。出席者の方々は、お祝いのお金としてご祝儀を包んで持って来てくれます。そのご祝儀に対するお返しです。ご祝儀もだいたい相場は決まっていて、普通は一人三万円で、夫婦で出席する場合は五万円が相場でしょう。ですが、親族は職場の目上の上司とかになりますと、一人五万円、夫婦で十万円が相場になるでしょう。このように立場でご祝儀の相場も変わってきますが、引き出物は出席者全員に同じ物を用意すれば良い事にはなっています。夫婦で出席して下さった方にも、引き出物は一家に一セットなので、一セットだけ用意すれば良いのです。ですが、かなり高額なご祝儀を下さった方にも同じ引き出物では心苦しいと感じる人は多いでしょう。又、御両親は式の主催者側と捉えて引き出物は無しで良いと考える人と、御両親もゲストであり引き出物を用意するべきと考える人といます。どちらにせよ、御両親にも何か贈り物をしたいと考え、それならみんなに渡す引き出物とは違って個人的に渡したい贈り物をしたいと考える人も多いでしょう。このようにご祝儀の額、その人への思い入れから引き出物を贈り分けする事はよくある事なのです。このような場合の引き出物 分け方の術としては、個別に贈りたい人には、後日追加で郵送するか、その場で贈りたい人は、パッと見がみんなと同じように見えるようにする事です。ここで重宝するのがカタログギフトです。カタログギフトなら、予算や内容によって多数カタログが用意されているものの、包装してしまえばパッと見は同じです。引き出物 分け方に悩まれたらカタログギフトを選ぶのが最良の術でしょう。
30%OFF激安カタログギフト30%OFF結婚内祝いカタログギフト

結婚内祝いのカタログギフトが最大30%オフ!

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
最大51%OFF!メール便送料無料選ぶ楽しさが贈れるカタログギフト

商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト

サンプル請求はこちら

激安カタログギフト一覧へ 51シリーズ492コース