カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 快気祝い > 快気祝いのマナー > お見舞いのお返し(快気祝い)やお見舞いギフトの「のし」のマナー

お見舞いのお返し(快気祝い)やお見舞いギフトの「のし」のマナー

お見舞いのお返し(快気祝い)やお見舞いギフトの「のし」のマナー

快気祝いなどのお祝いの品には欠かせない熨斗(のし)について、正しくご存知でしょうか?

のしというのは快気祝いなどのお返しの品に掛ける紙の事だと思われている方も多いかもしれませんが、これは実は正しくありません。

のしや水引、のし紙(掛け紙)や表書き、名入れなど混同してしまいがちな「のし」についてのマナーを正しく理解しましょう。

快気祝いののしに書く表書きは回復具合によって使い分けます

快気祝いののしに書く表書きは回復具合によって使い分けます

  • ①掛け紙(のし紙)
  • ②表書き
     ・病気や怪我が完治している場合・・・「全快祝」、「快気祝」、「快気内祝」等
     ・退院後の通院や自宅療養が必要な場合・・・「全快祝」、「快気祝」、「快気内祝」等
  • ③のし(熨斗)
     お見舞い、退院祝いや亡くなられた場合は熨斗なし
  • ④水引:5本結び切り
     亡くなられた場合、黒白または黄白の結び切り
  • ⑤名前:苗字またはフルネーム

快気祝いや全快祝いなど、お見舞いいただいた方々への返礼の贈り物につける「のし(熨斗)」は、のし紙(掛け紙)の右上側に貼られる、もしくは印刷されている長六角形の飾りのことを指します。

元々は不老長寿の薬効があるとされていたアワビを剥いて伸したものを贈り物として使っていたことに由来し「のし」と呼ばれます。つまり「のし」自体が贈り物だったということです。 それが、高価な熨斗鮑(のしあわび)の代わりに昆布などが代用されるようになり、現在の和紙製や印刷ののし紙となったのです。

快気祝いののし紙には、のし紙の上下の中央あたりに5本の紅白の結び切りの水引(みずひき)が配置されます 5本の5という数字は陰陽五行説の陽数(縁起の良い数字)である奇数で、おめでたい色の紅白の水引の紐で慶事(けいじ)を表しています。この紅白の水引の紐は印刷ののし紙の場合、紅金や紅銀を用いられる場合もあります。

のし紙の中央部分上下に毛筆や筆ペンで名前などを書き入れます。これを表書き(おもてがき)と言います。 表書きは毛筆が良いですが、筆ペンでも問題ありません。ボールペンや万年筆など線の細い筆記具は適しません。

のし紙の中央の水引より上に「贈る目的」を書き入れます。 表書きはギフトを贈る目的により書き入れる文言が変わります。

快気祝いの場合は「快気祝」、「快気内祝」、「全快祝」、「御見舞御礼」などの文言を書き入れます。 それぞれの表書きの文言は回復の具合や相手との関係性によって使い分けますが、地域や慣習の違いがある場合もあります。 現在での一般的な表書きでは下記のように使い分けて書き入れます。

水引よりも下ののし下中央の部分に「名前」を書き入れます。これを名入れ(ないれ)と言います。 快気祝いののし紙への名入れは、贈り主の苗字のみを書き入れる場合が多いですが、姓名の(フルネーム)でも問題はありません。

また、快気祝いなどお祝いの贈り物全般につけるのしですが、贈り物の内容によってはのしを付けないケースもあります。 のしを付けない贈り物の代表例がアワビや昆布や魚介類などの生ものです。生ものを贈る場合はのしをつけません。 のしは「熨斗鮑」に由来していますので、「熨斗鮑の代わりにこの品物を贈ります」という意味でつける「のし」と意味が重複してしまうからです。

他にも鰹節お肉やハム等の加工されている食品も贈り物ものしを付けないお返しになる場合がありますので、快気祝いなどのお見舞いのお返しの贈り物を選ぶ際にはのし紙の種類に十分注意してください。

退院した後に贈る「お見舞いのお返し」ののし

退院した際のお返しの「快気祝い」や「快気内祝い」、 「全快祝い」を贈る際の「のし(掛け紙、のし紙)」は

  • 水引は「紅白の結び切り」
  • のし上の表書きは「快気祝」「快気内祝」「全快祝」「御見舞御礼」「退院内祝」を用いるのが一般的です。

快気祝いののしの水引の本数は5本

快気祝いののしの水引の本数は5本

退院された方から入院中にお見舞いくださった方々への、お礼とご報告を兼ねたお返しの「快気祝い」の水引は「紅白の結び切り」を用います。 水引の紐の本数は5本が一般的ですが、他にも奇数の3本、7本の場合があります。

快気祝いののしは印刷掛け紙のタイプが主流

現在ののし紙には、のしや水引が印刷されているタイプが主流です。 退院した方への退院祝いは、のし上に「祝御退院」等を、退院した方から贈る快気祝いでは「快気祝」等を書き入れ、のし下には姓か姓名を書き入れます。

お見舞いのお返しの意味が強い場合ののしは「御見舞御礼」

お見舞いのお返しの意味が強い場合ののしは「御見舞御礼」

  • ①掛け紙(のし紙)
  • ②表書き
     ・「御見舞御礼(おみまいおんれい)」・「退院内祝」等
     ・目安として退院後の1ヶ月以内であれば「快気内祝」でも良い
  • ③のし(熨斗)
  • ④水引:5本結び切り
  • ⑤名前:苗字またはフルネーム

退院はしたが、通院やリハビリ、自宅での療養が続く場合には、快気祝いではなくお見舞いのお返しとして贈り物を贈ります。 この場合ののし紙も、5本の紅白の結び切りの水引で、のし付きののし紙を使います。

のし紙の水引より上ののし上への表書きは「御見舞御礼(おみまいおんれい)」や「退院内祝」を用います。 「快気内祝」でもマナー違反にはなりませんが、退院後に時間があいてしまった場合には使いません。 目安として退院後の1ヶ月以内であれば「快気内祝」としても良いですが、それ以上の時間が経過している場合にはお見舞いのお返しは「御見舞御礼」や「御礼」、「退院内祝」とすると良いでしょう。

入院中にお見舞いをいただく場合、直接病院まで足を運び見舞っていただく場合と、どなたかにお見舞いを託していただいた場合、郵送などでお見舞いをいただく場合があります。 特に病院までお見舞いに来ていただいた方へのお返しをする場合には、「謝 御見舞(しゃ おみまい)」、「御見舞御礼」を用いることがあります。

のし紙の水引より下ののし下への名入れは、贈り主の苗字のみか、氏名フルネームを書き入れます。 いずれの表書きもボールペンや万年筆は使わずに、毛筆か筆ペンで手書きで書き入れるのがマナーです。

また、退院までの目処がつかず入院が長引き、お見舞いいただいてから時間がたってしまった場合や、治療の甲斐なく亡くなられてしまった場合にも「御見舞御礼」の表書きを用います。

お見舞い返しののしの書き方

お見舞いくださった方へのお返し「お見舞い返し(快気祝い)」ののしの表書きの書き方は、のし上には回復の具合に合わせて「快気祝」や「快気内祝」「全快祝」を書き入れ、のし下には姓か姓名を書き入れます。

快気祝いの「のしなし」は失礼?

快気祝いの「のしなし」は失礼?

快気祝いにのしなしの贈り物をしても失礼にあたらない場合があります。 アワビや魚介、生鮮の品物を贈る場合にはのしなしで良いとされています。 また、全快していない場合の「御見舞御礼」の表書きでは、のしを付けない場合があります。

お見舞いや退院祝い、全快祝いののしの掛け紙の水引や表書きの違い

お見舞いや退院祝い、全快祝いののしの掛け紙の水引や表書きの違い

  • ①掛け紙(のし紙)
  • ②表書き
     「御見舞」・「祝御退院」等
  • ③のし(熨斗):なし
  • ④水引:5本結び切り
  • ⑤名前:苗字またはフルネーム

入院中のお見舞いや退院祝いなどの、病気や怪我で入院されている方への贈り物やお見舞金の袋には「のしなし」ののし紙やのし袋を使います。

お見舞いや退院祝いに贈り物をする場合は、水引は紅白5本の結び切りののし紙を使います。贈り物のサイズや形状などによりのしなしの短冊を使う場合もあります。

また、相手の回復具合がよくわからない場合や、食事制限をされている場合、アレルギーや好みがわからない場合には、現金を包んでお見舞い金や退院祝いとしてお贈りする方が無難です。

お見舞金や退院祝いに現金を包む場合には、「紅白5本の結び切り」の水引が付いたのし袋の他、白無地の封筒や、全快を願う意味がある赤帯の入った封筒を使う場合もあります。 赤帯の入った封筒は、病気や怪我という結果ではなく、その原因が事故や流産などの悲劇的な場合にも用いられます。 いずれの場合でものしなしののし袋、のし紙を使用します。

のし紙やのし袋の表書きの書き方は、お見舞いの場合には「お見舞い」等を書き入れます。退院祝いの場合には、「祝御退院」等を書き入れます。 のし下の名入れは贈る方の姓のみか、フルネームかどちらかを書き入れます。

お見舞金や退院祝いで、のし袋に現金を包む場合に気をつけていただきたいのが、忌み数を避けることです。 「4」や「9」という数字はそれぞれ「死」や「苦」を連想させるため「4万円」や「9000円」という忌み数を含む金額はマナー違反となりますので避けるべきです。

また、お見舞金や退院祝いののし袋に包む現金のお札も「新札」は避けてください。新札はわざわざ用意したり、準備するものですから、「怪我や病気を待っていた」というネガティブな意味になってしまいます。

お見舞金に包む現金のお札は、「一報を聞いて駆けつけたので取り急ぎ持っていた現金を包みました」という意味合いのある程度使用されたお札を包みましょう。退院祝いの場合には新札を使います。

特にご注意いただきたい点として、例えお見舞や退院祝いを贈る相手の回復の具合やアレルギーや好みがわからなかったとしても、目上の方へ現金を包むことはタブーとされマナー違反ですので避けてください。 これは金券やギフト券など券面に額面が記載されている物にも同じことが言えます。

このように、贈って良いギフトがわからず、現金や金券もはばかられる場合には、「カタログギフト」が間違いがないギフトと言えます。 お見舞いや退院祝いを贈られた本人が、豊富な商品の中から自分が摂取できる食品や好きなものを選ぶことができますから、食べられない食品を贈ってしまったり、アレルギーのある洗剤を贈ってしまうこともありません。 現金や金券のように、相手との関係性によるタブーやマナー違反となる心配もありませんから安心してお見舞いや退院祝いのギフトとしてお贈りすることが出来ます。

一方、これらを頂いた際のお返しには「全快祝い」などで返礼の贈り物をします。 この場合はのし付きののし紙に水引は「紅白の結び切り」で表書きには「全快祝い」などをいれて、のし下に名入れをします。

退院後にお見舞いをする場合ののしは「祝御退院」が無難

病気や怪我で入院されていたことを、退院後や復帰後に知り、お見舞いが出来なかった場合には、「退院祝い」を贈ります。 のし紙にはのしの飾りの無い物を選び、のし上の表書きは「祝 御退院」等とし書きます。

退院祝いを贈るときの水引も紅白5本の結び切り

退院祝いを贈るときの水引も紅白5本の結び切り

退院祝いののし紙の表書きには、のし上の書き方が相手の回復の具合によって変わります。 全快されている場合には「祝 御全快」等、まだ通院や療養が必要な場合は「祈 御全快」等とします。 相手の状態がわからない場合は、「祝 御退院」と書きましょう。

お見舞いや退院祝いは「のしなし」ですが、全快祝いにのしなしはマナー違反です

お見舞いや退院祝いは「のしなし」ですが、全快祝いにのしなしはマナー違反です

入院されていた方へ贈る「お見舞い」や「退院祝い」には「のしなし」ののし紙を使うのがマナーです。 入院されていた方から、お見舞いしていただいた方々へ贈る「全快祝い」にはのしのついたのし紙を使いましょう。

快気祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
快気祝い マナー一覧
快気祝いとはお見舞いへの「お返し」様々な言葉の意味とマナー
快気祝いで人気の品物を「ランキング」と「贈る相手別」で解説
お見舞いのお返し(快気祝い)やお見舞いギフトの「のし」のマナー
快気祝いのお礼状は贈る相手でメッセージ内容のマナーが変わる!
お見舞いのお返し「快気祝い」は相場に合わせることがマナー
お悩み解決マナーQ&A
快気祝いの熨斗。快気祝いと快気内祝いの違いや、同じ苗字の親族に贈る場合。
お礼の快気祝い。大金のお見舞い金をいただいた場合や、全回復しない場合のお礼の名目について。
快気祝いの意味合い。回復せずに亡くなってしまった場合のお見舞等へのお礼や、退院後に再度手術をする場合の、お見舞い等へのお礼。
快気祝いの金額に関する事について。裕福な方への快気祝いや、お見舞い金が入れ忘れられていた場合。
快気祝いにお菓子を贈る場合。連名の贈り物にお菓子を贈る場合と、お見舞いにお菓子を頂いた場合の快気祝い。
快気祝いに商品券を贈る場合。目上の方には商品券を贈る場合や、直接訪問してお渡しする際について。
快気祝いのお礼状。一緒に住まれるご両親と祖父母様へのお礼状や、面識のない夫の上司へのお礼状について。
快気祝いを贈るタイミング。数年越しに贈る際や、亡くなった際に快気祝いに代わる品物を贈る時期。
快気祝いに贈る品物。70代の女性へ贈るお薦めな品物や、お肉を贈る場合について。
お悩み解決接客ブログ
快気祝いを5.000円・3.000円ぐらいで考えているけど、どんなものがいいの?
快気祝いで返す品物は渡す人によって変えてもいいの?それとも洗剤で返したほうがいいの?
快気祝いで贈る商品は、カタログギフトの方がいいのか?それとも商品の方がいい?
年代に応じて、使われる洗剤を贈られると喜ばれる!
昔からの言い伝えを守っていれば、いつか自分にもいい事が返ってくる。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
還暦祝いマナー
新築内祝いマナー
香典返しマナー
カタログギフトの選び方