カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 快気祝い > 快気祝いのマナー > 快気祝いの金額・相場や、お見舞い金が入ってなかった場合

快気祝いの金額・相場や、お見舞い金が入ってなかった場合




快気祝いの金額に関する事には、以下のようなお悩みが多いのです。
「快気祝いの相場の金額は、いくらぐらいなの?」
「裕福な方への快気祝いも、普通の相場通りのもので大丈夫なのかな?」

 入院中には、お知り合いがお見舞いに来てくれたり、贈り物やお見舞い金を頂いたりする方も多いのではないでしょうか?
用意してくれたお見舞いや、足を運んでくれた事に対しては、しっかりとお礼をしたいものですよね。
今回は快気祝いのお金についての、ご紹介をしていきます!


1.裕福な方への快気祝い。贈る品物は相場通りの金額で、目上の方ならば現金や商品券は避けた方が無難でしょう。
贈り先様が裕福な方でも、快気祝いの品物は相場通りの、頂いた贈り物の半額~1/3程度の金額の品物で良いかと思われます。
目上の方への贈り物の場合は、現金や商品券は避けた方が無難かと思われます。
2.お見舞い金のお金が入れ忘れられていた場合。 聞き出せないのならば、相場のお見舞い金の半額から1/3程度の金額の品物を贈られるのが無難かと思われます。
言いづらいかもしれませんが、お金が入っていなかった事自体は、贈り主様の上司の方へお伝えになられた方が良いかと思われます。 言い出せないのであれば、快気祝いの品物は、お見舞い金の相場金額に合わせた快気祝いの品物を用意なされるのが無難かと思われます。
3.快気祝いの相場。
基本的に快気祝いの相場は、頂いたお見舞金や贈り物の金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。
あまり、多すぎても援助をしたいというお気持ちを、突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しになってしまうとの考えから、この相場が一般的な目安とされています。



1.裕福な方への快気祝い。贈る品物は相場通りの金額で、目上の方ならば現金や商品券は避けた方が無難でしょう。



  • 贈り先様が裕福な場合にでも、快気祝いの品物の金額は上乗せせずに、相場通りの金額の品物を贈られれば良いかと思います。
  • 基本的に快気祝いの品物の相場は、『頂いた品物の半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。
  • カタログギフトなら、掲載されている品物の中から相手が好きなものを選ぶことができるので、本当にいらないものを贈らずに済みますので、贈り先様の趣味や好みのわからない場合にはお薦めです。
  • 基本的に目上の方への快気祝いは、現金や商品券は避けた方が無難かと思われます。
お客様のお悩み

裕福なご家庭の方へ、快気祝いを贈ります。 品物の金額は相場通りのもので大丈夫でしょうか? また、現金や商品券を贈るのは失礼でしょうか?



 先日無事に病気が完治して退院なされた、女性からのご相談です。

退院したに伴い、お見舞いに来てくれた方々や、贈り物を贈ってくれた方々に快気祝いを贈ろうと考えているとのこと。

この際の快気祝いについて、疑問があるそうです。

裕福なご家庭の方への快気祝いも、相場通りの品物を贈って大丈夫なのでしょうか?



 先日無事に病気が完治し、退院することができたので、お見舞いに来てくださったり、贈り物をしてくださった方々に、お礼の快気祝いを贈ろうと思っています。

ですがその中に一人、大学時代の恩師なのですが、華族の出身で、とても裕福なご家庭の方がいらっしゃいます。

こういった方に一般庶民である私から、お礼の品物を贈るのは気がひけるですが、お礼の気持ちなのでしっかりとマナーを守った品物を贈りたいと考えています。

贈り先様がかなり裕福な場合は、相場以上の金額の品物を贈った方が良いのでしょうか?

目上の方に、現金か商品券を贈っても良いのでしょうか?



 贈り先様がとても裕福な方ですので、どのような品物が良いのかわからず、贈り先様に使い道を選んでいただけるように、現金や商品券がいいのかな?と思っています。

ですがこういった場合、快気祝いに現金や商品券を贈ることは失礼なのでしょうか?


お悩みへの回答

贈り先様が裕福な方でも、快気祝いの品物は相場通りの、頂いた贈り物の半額〜1/3程度の金額の品物で良いかと思われます。 目上の方への贈り物の場合は、現金や商品券は避けた方が無難かと思われます。

贈り先様が裕福な方でも、快気祝いの品物は相場通りの、頂いた贈り物の半額〜1/3程度の金額の品物で良いかと思われます。



 まずはご退院、おめでとうございます。

今回のように、贈り先様が裕福な場合にでも、快気祝いの品物の金額は上乗せせずに、相場通りも金額の品物を贈られれば良いかと思います。

基本的に快気祝いの品物の相場は、『頂いた品物の半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

ですので、必要以上に上乗せはせず、多くても頂いた品物の半額程度の、快気祝いで良いかと思われます。

必要以上の上乗せをしてしまうのと、せっかくの贈り物を突き返されてしまったと、感じられる恐れもあるからです。

また、今回のように贈り先様の趣味や好みがわからない方もいるかと思います。
そんな時にお薦めなのがカタログギフトです。

カタログギフトなら、掲載されている品物の中から相手が好きなものを選ぶことができるので、本当にいらないものを贈らずに済みます。

なので、自分で品物選びに失敗してしまう可能性もないですし、相手の方からしても自分の欲しいものを選べるので、使わずに置いておくなんてこともないかと思われます。

しかも最近のカタログギフトならば、グルメや旅物、女性向けや男性向け、お母さん向けなど、様々なジャンルに特化したものも多くあります。

なので相手の方に合わせて、大まかなカタログギフトのジャンル自体を選んぶ事も可能です。
ぜひ候補として考えられてみては、いかがでしょうか?

目上の方への快気祝いの場合は、現金や商品券は避けた方が無難かと思われます。



目上の方へ現金や商品券といった物を贈ることは、大変失礼と思われていることも多いです。
現金はともかく商品券は別にお金じゃないからいいんじゃないの?と思われる方も中にいるかもしれません。

ですが額面がはっきり書いてありますし、使い方もほとんど現金と変わりない場合があります。
そういった面から商品券も現金と扱いが同じと受け取られる怖れが出てきます。

現金の場合は、せっかく贈った贈り物を、突き返されたように感じられる恐れもございます。

ですので、商品券よりも現金の方が、内祝いの際に贈るのは確実に避けた方が良いとされています。

贈る側としては、自分では趣味じゃないものを贈ってしまうかもしれない。
ならば、好きなものを自分で好きな時に引き換えられる現金や商品券をなどと、親切心から商品券を選びたくなるかと思います。

けれども、贈り先様には、『生活に困っているんでしょ。』と言われているみたいと、誤解されるのかもしれません。

万が一、せっかくの贈り物で、イメージを損ねない様に目上の方への商品券やお金の内祝いは、避けたほうが無難ではないでしょうか。

その一方で補足として、近年では友人等への内祝いには、贈り物が商品券でも喜ばれることもあります。使いたい時に好きなものと変えられる商品券は、金銭面からして合理的で喜ばれる場合もあります。

でもやはり人によっては、品物を選ぶ時間を削いだなどと、よくない印象を持つ方もいらっしゃるので、商品券を贈る際は相手の人柄や状況によって考えてみてくださいね。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 贈り先様が裕福な場合にでも、快気祝いの品物の金額は上乗せせずに、相場通りの金額の品物を贈られれば良いかと思います。
  • 基本的に快気祝いの品物の相場は、『頂いた品物の半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。
  • カタログギフトなら、掲載されている品物の中から相手が好きなものを選ぶことができるので、本当にいらないものを贈らずに済みますので、贈り先様の趣味や好みのわからない場合にはお薦めです。
  • 基本的に目上の方への快気祝いは、現金や商品券は避けた方が無難かと思われます。



2.お見舞い金のお金が入れ忘れられていた場合、 聞き出せないのならば、相場のお見舞い金の半額から1/3程度の金額の品物を贈られるのが無難かと思われます。



  • 快気祝いを先に用意なさるのであれば、通常の上司から部下へ贈る、お見舞い金の相場に合わせた、快気祝いの品物を贈れば良いかと思います。
  • 上司から部下のお見舞い金の相場としては、『5,000〜10,000円』とされていますので、今回の場合は、多めに見積もって10,000円とし、その金額の半額〜1/3程度の金額の品物を、快気祝いとして贈られるのが無難で良いかと思われますよ。
お客様のお悩み

入院中に会社の上司がお見舞いに来てくれました。 お見舞い金を頂いたのですが、封筒の中にはお金が入っていませんでした。 こういった場合、快気祝いはどのようにすれば良いのでしょうか?

 先月入院し、今月に退院される男性からのご相談です。
先月から病気で手術をし、入院をしていましたが、今月無事に完治して退院されるそうです。
入院中には会社の上司の方も、お見舞い金を持って、お見舞いをしに来てくれたとこと。
この際のお見舞金へのお礼の品物について、疑問があるそうです。

上司にお見舞い金をいただきましたが、袋にお金が入れ忘れていました。
こういった場合、快気祝いはどのように対処するのが良いのでしょうか?



 今月の退院に伴い、お見舞いに来てくれたり、お見舞い金や贈り物を贈ってくれた方々に、快気祝いを贈ろうと思っています。

大半の用意は済んだのですが、ここで悩みがひとつ。

実は入院中に、職場の上司の方がお見舞いに来てくれ、お見舞い金を頂いたのですが、その封筒の中にはお金が入っていませんでした。
普段から忙しくされている方なので、きっと入れ忘れてしまったのだと思います。

ですが、お金が入っていた入っていない関係なく、普段お世話になっていることや、お見舞いに来てくれたこと、その気遣いが嬉しかったので、お礼の品物を贈ろうとは思っています。

なのですが、今回お見舞い金が入っていなかったのでこういった場合は、どのように対処し、その程度の品物を贈るのが良いのでしょうか?


お悩みへの回答

言いづらいかもしれませんが、お金が入っていなかった事自体は、上司の方へお伝えになられた方が良いかと思われます。 言い出せないのであれば、快気祝いの品物は、お見舞い金の相場金額に合わせた快気祝いの品物を用意なされるのが無難かと思われます。

お金が入っていなかった事は、上司の方へお伝えになられた方が良いかと思われます。
快気祝いを贈る際は、お見舞い金の相場金額に合わせた快気祝いの品物を用意なされるのが無難かと思われます。



 この度はご退院おめでとうございます。
今回のようなお話は稀ではありますが、よくお聞きする事もあります。

質問者様からしてみると、お見舞い金の贈り主様は上司にあたる方ですので、あまり角が立たないようにしたいものですよね。

ですが、この件については丁重にお話すれば、贈り先様である上司の方にも失礼には当たらないかと思いますし、むしろ落ち度のある上司の方が、ごめんねと謝られるかもしれません。

快気祝いの品物については、質問者様がこの件についてを上司の方にきり出す切り出さない関係なく、先に用意なさるのであれば、通常の上司から部下へ贈る、お見舞い金の相場に合わせた、快気祝いの品物を贈れば良いかと思います。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 快気祝いを先に用意なさるのであれば、通常の上司から部下へ贈る、お見舞い金の相場に合わせた、快気祝いの品物を贈れば良いかと思います。
  • 上司から部下のお見舞い金の相場としては、『5,000〜10,000円』とされていますので、今回の場合は、多めに見積もって10,000円とし、上司へのお返しですので、その金額の1/3程度の金額の品物を、快気祝いとして贈られるのが無難で良いかと思われます。
  • たとえ5,000円のお見舞いであったとしても、半返しより少し多めに返されたという風に受け取られるとは思われますが、返しすぎととられる場合を避けるためにも、お金が入っていなかったことは、伝えたほうがいいでしょう




3.快気祝いの相場。




快気祝いの相場。

 基本的に快気祝いの相場は、頂いたお見舞い金や贈り物の金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

あまり、多すぎても援助をしたいというお気持ちを、突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しになってしまうとの考えから、この相場が一般的な目安とされています。

なのでただ贈りたいものを贈るのではなく、しっかりと頂いた品物や金額をリサーチしてから、贈る品物の候補を決めることが大切となってきます。

頂いた贈り物が、現金の場合はお返しにかけるべき金額も、大変わかりやすいのですが、品物だと調べて失礼じゃないかな?と少し心配になってしまいますよね。

ですがきちんとお返しをするために金額をリサーチすることは、大人としてのマナーなので、失礼にあたることはないので、ご心配なさらずに。

快気祝いは普通のプレゼントとは違い、見合ったお返しをしなくてはなりません。
そのためには金額を知ることは必要なことであり、みんなが行っていることと思われます。

なので贈り物を頂いた際は、ネット等でしっかりと調べてから、内祝いの品物を用意するのがお薦めです。

ただ身内や、目上の方などからかなり高額の贈り物をいただく場合もあるかと思います。そういった場合には、援助のお気持ちと純粋に受け止めて、快気祝いも無理のない範囲で、ある程度のお返しで良いかと思われます。

また、連名で贈り物をいただいた際にも、低額だとしても、きちんと小分けをしたものをお礼の気持ちを込めて贈るのが良いかと思われます。



家族や親族への快気祝いの相場について。

 先にお伝えした通り、基本的に快気祝いの相場は、頂いた贈り物の金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

ですが家族、例えば兄弟両親、あるいは親戚などの親族からお金や品物を頂いた時に、多々あるのが各家庭にある、お祝いへのルールです。
これはある家庭とない家庭で分かれると思います。

例えば贈る際は一律の金額にするなどや、お礼の品物は贈らない等のルールです。

ない場合は、とても大金ではない限りは、基本的に先ほどの『半額〜1/3程度の金額の品物』を快気祝いとして贈れば大丈夫かと思われます。

ですがもしルールがある場合は、そのルールにのっとって快気祝いの品物を用意するのが無難でしょう。
そのためにも、用意する前に1度両親に相談してみることがお薦めです。



最後に。

  今回は快気祝いの金額に関する事についてのご紹介でした。
疑問等は少しは解決できたでしょうか?

金額は少し生々しいところではありますが、お互いが気持ちの良い、贈り物を出来るように、しっかりとマナー面としては守っていきたいところですよね。

ぜひ、今回の記事も参考になさってみてはいかがでしょうか?



快気祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
快気祝い マナー一覧
快気祝いとはお見舞いへの「お返し」様々な言葉の意味とマナー
快気祝いで人気の品物を「ランキング」と「贈る相手別」で解説
お見舞いのお返し(快気祝い)やお見舞いギフトの「のし」のマナー
快気祝いのお礼状は贈る相手でメッセージ内容のマナーが変わる!
お見舞いのお返し「快気祝い」は相場に合わせることがマナー
お悩み解決マナーQ&A
快気祝いの熨斗。快気祝いと快気内祝いの違いや、同じ苗字の親族に贈る場合。
お礼の快気祝い。大金のお見舞い金をいただいた場合や、全回復しない場合のお礼の名目について。
快気祝いの意味合い。回復せずに亡くなってしまった場合のお見舞等へのお礼や、退院後に再度手術をする場合の、お見舞い等へのお礼。
快気祝いの金額に関する事について。裕福な方への快気祝いや、お見舞い金が入れ忘れられていた場合。
快気祝いにお菓子を贈る場合。連名の贈り物にお菓子を贈る場合と、お見舞いにお菓子を頂いた場合の快気祝い。
快気祝いに商品券を贈る場合。目上の方には商品券を贈る場合や、直接訪問してお渡しする際について。
快気祝いのお礼状。一緒に住まれるご両親と祖父母様へのお礼状や、面識のない夫の上司へのお礼状について。
快気祝いを贈るタイミング。数年越しに贈る際や、亡くなった際に快気祝いに代わる品物を贈る時期。
快気祝いに贈る品物。70代の女性へ贈るお薦めな品物や、お肉を贈る場合について。
お悩み解決接客ブログ
快気祝いを5.000円・3.000円ぐらいで考えているけど、どんなものがいいの?
快気祝いで返す品物は渡す人によって変えてもいいの?それとも洗剤で返したほうがいいの?
快気祝いで贈る商品は、カタログギフトの方がいいのか?それとも商品の方がいい?
年代に応じて、使われる洗剤を贈られると喜ばれる!
昔からの言い伝えを守っていれば、いつか自分にもいい事が返ってくる。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
還暦祝いマナー
新築内祝いマナー
香典返しマナー
カタログギフトの選び方