カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 結婚内祝い > 結婚内祝いのマナー > 結婚内祝いの熨斗。カジュアルスタイルのお祝いの場合や旧姓について!

結婚内祝いの熨斗。カジュアルスタイルのお祝いの場合や旧姓について!

職場関係の方々からの結婚祝いは、以下のようなお悩みが多いのです。
「連名でいただくので、かなり少額なお祝いになりますが、この場合のお返しをどうするか」
「日々会うことになるので、手渡しで返すのがいいように思えるが、そうすると、お返しの品も持ち帰りやすいモノの限られてくるのでは?」

結婚内祝いの熨斗には、以下のようなお悩みが多いのです 「熨斗の名前の書き方はどうすれば良い?」 「どんなタイプの熨斗をつければいいの?」

結婚をするってとってもとっても幸せなことですよね! 結婚をした際、周りの方から沢山祝福をして頂ける方も、多いかと思います。

お食事会を開いて頂いたり、プレゼントを頂いたり、お祝い金を頂いたりと、人によってお祝いのカタチは様々ですよね。 カタチは様々といえど、お祝いをしてくれるという気持ちが、とってもありがたく、された側としては嬉しい気持ちになりますよね。

そんな大切なお祝いの気持ちだからこそ、丁寧に心を込めたお返しをしたい。 そう考える方が大半だと思います!

今回の記事では、結婚内祝いにつける熨斗に関することについてのご紹介をしていきますよ。 品物だけでなく、熨斗もきちんとマナーに沿ったものを用意して、気持ちの良いお返しをする参考にしてくださいね!

1.熨斗なし・リボンのみのカジュアルスタイルな婚祝いのお返しにも熨斗はつけましょう。
相手のお祝いの品物ががカジュアルスタイルな包装でも、お返しの内祝いには熨斗をつけて贈りましょう。 すでに少数の方に、熨斗をつけていない場合でも、まだ贈っていない方には、熨斗つきのものを贈った方が無難かと思われます。
2.同じ職場の方へ内祝いを贈る時は手渡しがベスト
結婚内祝いの熨斗の書き方には様々なパターンがあります。 共通するのは、新しい姓を使用したほうが良いということです。
3.結婚内祝いの熨斗紙の基本や名前書きについて。
結婚祝いの熨斗には結び切りの10本の水引のものにしましょう。表書きは『結婚内祝』や『内祝』、下には『贈る側夫婦の名前』を連名で書きましょう。
4.すでに「結婚内祝いの熨斗」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。

1.熨斗なし・リボンのみのカジュアルスタイルな、結婚祝いのお返しにも熨斗はつけましょう。

  • 熨斗無し・リボンかけのみのカジュアルスタイルの結婚祝いのお返しにも熨斗はつけた方がいいでしょう。
  • すでにカジュアルスタイルの内祝いを贈っていたとしても、贈っていない方には、熨斗付きの内祝いを贈りましょう。
お客様のお悩み

職場の方から結婚祝いを頂きましたが、熨斗はなく、リボンがけのカジュアルスタイルなプレゼントでした。 この際のお返しには熨斗はつけないほうが良いのでしょうか?

最近、入籍された女性からのご相談です。

入籍をした後日、職場の方から連名で結婚祝いの品物を頂いたそうです。

その際頂いた結婚祝いには熨斗はついておらず、リボンがかけてあるカジュアルスタイルな包装でした。

この結婚祝いのお返しの熨斗に関するご質問が幾つかあるそうです。

お返しも熨斗なし、リボンがけのカジュアルな包装にしたほうが良いでしょうか?

頂いたお祝いの品物が、熨斗なしのリボンかけとカジュアルスタイルなものでした。 なので、こちらもそれに合わせて、お返しには熨斗なしのリボンかけの、カジュアルスタイルにしたほうが良いのでしょうか?

それとも自分は合わせずに、きちんと熨斗をつけて、内祝いを贈った方がよろしいでしょうか?

最初は相手に合わせた方が良いのかなと思い、内祝いには熨斗をつけず、リボンかけのスタイルでお返しを、1人に贈りました。

ですが贈った後にはなりますが、やっぱり熨斗がけのものの方が丁寧で良いのかもと思い始めています。

もうすでに1人には、内祝いをカジュアルスタイルで贈ってしまっているのに、他の方々の内祝いに、熨斗をつけることは失礼ではないでしょうか?

それなら、もう全員統一で贈ってしまった方と同じように、カジュアルスタイルのまま、他の方にも内祝いを贈った方がよろしいでしょうか?

お悩みへの回答

相手のお祝いの品物ががカジュアルスタイルな包装でも、お返しの内祝いには熨斗をつけて贈りましょう。 すでに少数の方に、熨斗をつけていない場合でも、まだ贈っていない方には、熨斗つきのものを贈った方が無難かと思われます。

内祝いには熨斗をつけて贈りましょう。

こういった場合、お祝いの品物を贈った相手の方からすると、『そんな大層なものではないから』『仰々しくしたくないから』という気遣いから、熨斗なしのリボンかけという、カジュアルな包装にされたのかもしれませんね。

それはそれで、失礼な!とは思わずに、贈ってくれた方からの心遣いと受け止めてあげるといいですよ。

またお祝いを贈る際は、純粋なお祝いの気持ちを贈るということから、お披露目等の意味合いはないので、カジュアルな熨斗無しスタイルでも間違いでは無いことも。 なので気の知れた相手などに、このスタイルで贈られることもあるかもしれませんね。

ですが受け取ったお祝いの品物への気遣いと、自分が贈る品物は別と考えて、この際は自分の贈る内祝いにはきちんと熨斗をつけて贈した方が良いでしょう。

また内祝いは単なるお返しとしての意味だけでなく、幸せのおすそ分けだったり、結婚祝いや出産祝いの場合は、新しい名前のお披露目の意味も込められています。

なので、今回も名前のお披露目も兼ねて、感謝の気持ちとともに熨斗はつけるのが好ましいですよ。

そして熨斗には結び切りの水引が使われていますが、これは一度結ぶと引っ張っても解けない形状から、『一生結ばれる』という意味も込められています。

ですからリボンかけですと、何度でも結べるし解けるという意味にも捉えられてしまうので、贈る際は避けた方がいいかもしれませんね。

1人に熨斗なし、リボンかけの内祝いを贈ったとしても、その他の方には熨斗付きの内祝いを贈りましょう。

最初に内祝いを贈った1人の方には熨斗なし、リボンかけのカジュアルスタイルの内祝いを贈ってしまったとのことですよね。

ですがやはり残りの内祝いを贈っていない方々には、熨斗をつけた内祝を贈るのがいいと思われます。

最初の方に合わせて、カジュアルスタイルな内祝いを他の方に贈り続けると、周りの方には常識のない人だなあと思われてしまう怖れもあります。 感謝の気持ちを伝えるために、せっかく内祝いを贈るのにそんな風に思われてしまったら悲しいですよね。

もし最初に贈ってしまった方に対して、失礼じゃないかなと気になるようであれば、その方だけにこっそり値段の低い熨斗付きの内祝いを、再度贈ってみるのはいかがでしょうか?

その際に今回の事情を話せばきっと、『そんなに気にしなくてよかったのに!』と、受け取った側の方は優しく受け止めてくれると思いますよ。 すぐ対処をしておけば、他の人への熨斗つきの内祝いを見ても、変な誤解も生まれなくて済みますし、一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 熨斗無し・リボンかけのみのカジュアルスタイルの結婚祝いのお返しにも熨斗はつけた方がいいでしょう。
  • すでにカジュアルスタイルの内祝いを贈っていたとしても、贈っていない方には、熨斗付きの内祝いを贈りましょう。

ですね!!

2.結婚式に招待しなかった友人への結婚内祝いの熨斗書きは、夫婦の連名が無難です。

  • 面識が花嫁のみでも、結婚祝いは夫婦2人に贈られたものと考えた方が良いです。
  • 内祝いの熨斗の名前は基本的に夫婦の連名が用いられることが多いです。
  • 新しい姓のみか、新姓+名前のみかは家ごとに違うので、両親や旦那さんに1度確認をしましょう。
お客様のお悩み

結婚式に招待しなかった友人から結婚祝いを頂きました。 その際の内祝いの熨斗書きの名前を夫婦連名ではなく、妻一人の名前ではおかしいですか?

最近、結婚式を終えた女性、Bさんからののご相談です。

先日Bさんは結婚する前に、結婚式には招待しなかった友人数名の方から、連名で結婚祝いを頂いたそうです。

ご友人たちとBさんの旦那様は、1度も面識はないとのことです。

その頂いた結婚祝いへの内祝いを、贈ろうと思っているのらしいですが、その際の疑問点があるそうです。

できれば自分だけの名前を熨斗に書きたいのですが、おかしいでしょうか?

デパートで内祝いの品物の購入した際には、店員さんには結婚内祝いの品物ですとだけ説明し、熨斗の名前書きの所も、何も考えすに、自分のみの名前を書いていただきました。

ですが、後々の今になってから本当にそれでいいのかと悩み始めています。

お祝いを贈ってくれた友人と、私の旦那さんは1度も面識がなく、お祝いも入籍をする前に頂いたものなので、私個人へのお祝いの品物と捉えています。

なのでもうすでに旦那さんとは夫婦にはなっていますが、熨斗の名前には私個人の名前を書きたいなと考えています。

ですが、これでは熨斗書きのマナーに反しているのでしょうか?

お悩みへの回答

結婚内祝いの熨斗の書き方には様々なパターンがあります。 共通するのは、新しい姓を使用したほうが良いということです。

基本的に結婚内祝いの熨斗の名前は夫婦の連名がベストです。

本来結婚内祝いとは、お祝いに対する感謝の気持ちを伝えるだけでなく、無事に結婚できました。結婚式を終えました。ということを報告する意味合いもあります。

ですので、独身時代に頂いた結婚祝いでも、2人の結婚に対してのお祝いの品物ですので、熨斗の名前も夫婦の連名で書くのが、1番丁寧で一般的とされていることが多いです。

これは、1人だけでは結婚はできないものですし、結婚祝いは旦那さんとBさんの2人の結婚、に宛たものという意味合いがあるからです。

なのでご友人様と、旦那様に面識があるない関わらず、熨斗の名前は夫婦の連名にするのが無難かと思われます。

また、結婚内祝いの熨斗の名前の書き方にはいくつかパターンがあります。

①結婚後の苗字のみ
②結婚後の苗字+名前
③新婦の名前のみ

といろいろありますが、主に用いられるのは②が多い様です。 この場合だと、新郎新婦の名前のお披露目も兼ねられますので、その点が一石二鳥だからだと考えられます。

ですが家ごとには、家同士の結びつきなどから①のパターンを用いる家庭もあります。 なので1度旦那さんやご両親にご相談してみるのが1番良いかと思いますよ。

ただ共通して言えるのは、結婚内祝いの熨斗の名前には、基本的に旧姓は用いらないということです。

職場等で旧姓で通す方も多くいらっしゃいますが、内祝いの際は新姓の報告も兼ねているので、旧姓ではなく、新姓で書いた方が好ましいと思われます。

結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 面識が花嫁のみでも、結婚祝いは夫婦2人に贈られたものと考えた方が良いです。
  • 内祝いの熨斗の名前は基本的に夫婦の連名が用いられることが多いです。
  • 新しい姓のみか、新姓+名前のみかは家ごとに違うので、両親や旦那さんに1度確認をしましょう。

ですね!!

3.結婚内祝いの熨斗紙の基本や名前書きについて

そもそも熨斗とは

そもそもお祝いや内祝いを贈る際に、よく見られるのが熨斗ですよね。 ここでは熨斗にはどんな意味があるのかご紹介いたします。

熨斗(のし)の起源は、もともとは昔、縁起物のアワビを薄く引き伸ばし、それを贈り物として贈っていたのが始まりでした。

時代が移り変わり、アワビではなく、昆布や紙をアワビの代わりとして贈るようになり、今ではもっと簡単な、紙に印刷した熨斗や、六角形に紙を折りたたんでできた、折り熨斗となったわけです。

結婚祝いの熨斗には結び切りの10本の水引のものにしましょう。

熨斗には水引が付いているのはご存知でしょうか? その水引にも様々な種類があり、間違って違うものを選ぶと、とっても失礼にあたります。 なので贈る際は気をつけてきちんと、正しいものを選んでください。

結婚内祝いでの、熨斗の水引は『10本の結び切り』を使用します。 これには端を引っ張っても、二度と解けない。固く結ばれているという意味から、結婚等のお祝いの際に使われるのです。

さらには水引の本数が10本なのは、偶数になぞらえて、『夫婦は二人で一つ』という意味合いがあるからです。 なので5本ずつの水引が結ばれている、この10本の熨斗を使うのがマナーとされています。

結婚内祝いの熨斗の表書きには、上には『結婚内祝』、下には『贈る側夫婦の名前』を書きましょう。

熨斗紙は基本的に、上段の真ん中、(水引の紐の間)に表書き、下段には贈り主の名前を書きます。

結婚内祝いですと、表書きには水引にかからないように、『結婚内祝』や『内祝』と書きましょう。

下段の名前のところは、表書きよりも少し小さめな文字で書いてくださいね。

結婚内祝いですと、前記の『2.結婚式に招待しなかった友人への結婚内祝いの熨斗書きは、夫婦の連名が賢明』の所にも書いたように、いくつか名前の書き方のパターンがあります。

①結婚後の苗字のみ
②結婚後の苗字+名前
③名前のみ

結婚内祝いですと新郎新婦の名前のお披露目も兼ねられますので、主に用いられるのは②です。

ですが家ごとには、家同士の結びつきなどから①のパターンを用いる家もあります。 なので1度旦那さんやご両親にご相談してみるのが1番良いでしょう。

ただ共通して言えるのは、結婚内祝いの熨斗の名前には、基本的に旧姓は餅いらないということです。

職場等で旧姓で通す方も多くいらっしゃいますが、内祝いの際は新姓の報告も兼ねているので、旧姓ではなく、新姓で書いた方が好ましいです。

4.すでに「結婚内祝いの熨斗」を経験された先輩の方々のアドバイス

冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。

結婚の内祝いののし書き
結婚祝いのお返しののし
結婚内祝いに付けるのしの選び方
結婚祝いのお返しに付けるのし
結婚祝いのお返しの品物に付ける「のし」
結婚式のお祝いのお返しの品物に付ける「のし」
結婚のお祝い返しの品物に付ける「のし」
結婚式のお祝い返しの品物に付ける「のし」
結婚祝いのお返しの品物に付ける「のし」
結婚祝いのお返しの品物に付ける「のし」
結婚内祝いやお返しの「のし」の書き方
結婚内祝いやお返しの「のし」や包装紙の選び方
結婚内祝いの「のし」の書き方
結婚式のお礼とお返しに関するマナー/「のし」の書き方
結婚祝のお返しの「のし」の書き方
結婚内祝いやお返しの「のし」の書き方
結婚内祝いやお返しの「のし」や包装紙の選び方
結婚お返しの「のし」や包装紙の選び方
結婚のお返しの「のし」の名前の書き方
結婚のお祝いのお返しの「のし」の名前の書き方
結婚のお祝いのお返しの「のし」の名前の書き方
結婚お祝いのお返しの「のし」の名前の書き方
結婚祝いの内祝いの「のし」の書き方
結婚祝いのお返し品に添える「のし」
結婚祝いのお返しや内祝いの「のし」
結婚祝いのお返しや内祝いの「のし」
婚礼内祝いの「のし」
結婚のお祝い返しの金額やのしの書き方

結婚の内祝いののし書き

結婚は自分たちだけではなく、相手にも幸せな気持ちをおすそ分けする、とても素敵なものです。結婚祝いを頂いた際には必ず内祝いを贈り、相手へお礼を伝えましょう。内祝いは大人としての常識を見られるものでもあります。たまに内祝いを贈らない方もいらっしゃいますが、やはり大人としてどうなのかと付き合いを見直してしまうこともあります。そうならないためにもしっかりと内祝いを贈り、お礼を述べましょう。

また、その際は必ずのしをつけましょう。のしというのは贈答品に添える、いわゆる飾りであり、体裁的な部分が強いですが、あるのとないのでは印象が大きく異なります。特に若くしての結婚の場合、のし自体見たことない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、のしは必ずつけるようにしましょう。

その際、水引選びも重要です。結婚の内祝いの場合は、「結び切り」と言われる水引を選びましょう。「結び切り」は一度きりにしたいお祝い事に利用します。婚礼ではお二人が固く結ばれるとの願いを込めて10本の「結び切り」を使用します。ただし、実店舗では内祝いの旨を伝えれば、お店の方が適切なのしを選んでくれますし、インターネット購入の際もどのシチュエーションでののし選びなのかの選択肢があるので、心配はいりません。また、最近では水引を使用しない、デザイン性の高いのしもあるので、是非チェックしてみてください。

結婚祝いのお返しののし

結婚祝いを貰うとお返しをしなければいけませんよね。 そこで悩んでしまうのが結婚祝いのお返しの「のし」です。 もちろんのしを付ける事は分かっていても、色々なマナーなどが分からなくて困るというパターンが多いと思います。 のしは結婚祝いのお返しでなくても使う物ですが、普段なかなか考える機会が無いという存在です。

しかし親戚を始め近しい方に贈る結婚祝いのお返しなのでしっかりとのしを付けて品物を用意したいですね。 結婚内祝いののしは紅白の水引きで結んだ結び切りが一般的です。 水引きにも色々種類がありますが、結び切りはほどけないという意味を持っているので結婚に当たっては意味合いとしてもぴったりの水引きです。

さて水引きの次に悩むのが表書きと名前ですね。 こちらは「寿」または「内祝」とするのが定番です。 名前は「新郎新婦の姓」を下段に書くスタイルと、「新郎新婦の姓」、「新郎新婦の名」を上下セットで書くスタイルに分かれます。 どちらもマナーとして正解なので当人同士やご両親と相談して決めると良いですね。

のしと聞くと一瞬悩んでしまいますが、定番を守りさえすれば意外と簡単に思えると思います。 最近では従来ののしの他にも、のしカードと言う写真も入れられる華やかなのしもあります。

またメッセージカードを付属したりもできるので、のしを選ぶ楽しさも増えましたね。品物の購入と同時にそれぞれ選択できるのでぜひぴったりな結婚祝いのお返しののしを選んでみてください。

結婚内祝いに付けるのしの選び方

結婚内祝いの品を購入するとき、店員に「のしはどうなさいますか?」と訊かれることがあると思います。そんな時、どうすればよいのかわからないのでは困ってしまいますね。結婚内祝いでなくとも、結婚のお祝いの品などを贈る機会は幾度とあるものなので、ここで今一度、一般的なのしのマナーを身につけておいて損はないと思います。

結婚のお祝いや結婚内祝いの場合、使用するのしは紅白の結び切りを選びましょう。一般的にお祝いごとは何度あってもいいもの、という意味で、蝶結びを選んでしまいそうになりますが、結婚や快気祝いの場合は、一度だけにしたいもの、という意味で、結び切りがふさわしいのです。

のしの表書きは、内祝または寿です。結婚祝いをいただいたお礼という意味で、御礼でもよいのではないかと思われがちですが、結婚の場合、お祝いの品をいただいた単なるお礼というよりは、共にお祝いするという意味合いが強いので、御礼ではなく内祝または寿の方がふさわしいのです。 差出人は、新姓または新姓と二人の名前を記すようにしましょう。

最後に、のしを内のし、外のしどちらにするかなのですが、一般的に、相手の慶事をお祝いするときは、どんな目的で品をお贈りしたのかすぐに伝わる外のし、自らの祝い事に対するお礼のような意味合いの場合は内のしで控えめにといわれています。厳密には決まっていないようですが、困ったときにはこのようにするとよいでしょう。

結婚祝いのお返しに付けるのし

結婚が決まると沢山の方から結婚祝いを頂く事になります。 友人や親しい方から頂いた場合は比較的お返しもしやすいですが、遠い親戚の方や会社の上司の方などから頂いた場合はきちんとマナーに沿ったお返しが必要です。

「のし」と言う言葉を聞いて何の事だかわかりますか?これは「のしあわび」語源になっているもので、昔はお返しをする品物に薄く伸ばしたアワビが添えられていました。よく、のし紙の右上に赤い包み紙に何かがくるまれた絵が小さく印刷されていますよね。これは包装紙でアワビを包んでいることを表しているマークになります。

結婚祝いのお返しに送る品物には熨斗紙が付きます。この時の水引は必ず結びきりと言って固く結ばれて両端がカットされているものを選びます。結婚は一度きりなので一度結んだものが離れないという事を意味しています。

素敵なお店でリボンでラッピングをしてもらう時などは実は熨斗をかけていただけない事が有ります。 熨斗紙はリボンやシールなどと同等の扱いをされますので結婚祝いのお返しで使われる時などはどちらか一方だけを選ばれる事が多いです。

知らなかったという事が多い結婚式でのマナーですが、対応して頂くお店の方の中にはこういったマナーを知らない方も多くいます。 結婚祝いのお返しはこれから二人で新しい生活を築いていく第一歩です。信頼できるお店で選ぶことをお勧めします。

結婚祝いのお返しの品物に付ける「のし」

結婚祝いのお返しには、のしをつけることを忘れてはいけません。お返しを用意する時に、大手百貨店などにある贈答品コーナー、ギフト専門店などでお返しを購入した場合には、多くの場合店員さんが”のしはどうされますか?”と聞いてくださることでしょう。

そこで結婚祝い 品物 お返し であることとご夫婦のお名前をお伝えすると、まずマナーに即したのしと表書きに仕上げて包装してくださるはず。しかし、ご夫婦でお好きな商品を専門店以外で購入された場合は包装はしてくださってもこういったのしのサービスは提供していないお店が多いのです。

そこで、自分たちでのしをかける際に知っておきたいのしの選び方と書き方を紹介しましょう。まず、のしは紅白結び切りのものを選びます。結婚は繰り返すものではありませんので結び切りの水引にこれっきりの意味が込められているんですよ。

表書きには”内祝”と記し、水引の下にはご夫婦の姓、もしくは姓の下にご夫婦の名を並列で記入しても構いません。その際は、夫の名が右、妻が左となるように書きましょう。

結婚祝い 品物 お返し を何にするか迷った時は、カタログギフトをおススメします。最近では、ネットショップでもギフト専門店がいくつもあります。カタログギフトを選んだ場合、無料でのしをつけ名入れしてくれたり、配送を無料で行ってくれるお店もありますかた、一度チェックしてみると良いですね。

結婚式のお祝いのお返しの品物に付ける「のし」

お祝いごとやお悔やみごとのときに持って行くお金や品物には必ず「のし」を付けます。そして、そのお返しの品にものしを付けることがほとんどです。では、結婚式お返し品物にはどのようなのしを付ければいいのでしょうか。

基本は結婚などの1度きりにしたいことには結びきり、出産などの何度あってもおめでたいことには蝶結びののしを使用します。ですから、結婚祝いのお返しにも結びきりののしを使うようにしましょう。のしの上半分に「寿」や「内祝い」となどと書き、下半分には結婚した二人の姓、または姓と名を書きます。

種類が豊富で、結婚式お返し品物としてもよく利用されるカタログギフトをお返しとして贈る場合には、カタログにものしを付けてもらうことができます。カタログギフトをお返しに使うのは気持ちがこもっていないようでちょっと…、と思う人もいるかもしれませんが、のしを付けることで気持ちのこもった贈り物になります。また、カタログの中から欲しいものを選んでもらえるので無駄がありません。

カタログギフトを使うことで、結婚式お返し品物としてもらったけれど箪笥のこやしになってしまった…、ということがなくなり、実用的で経済的なお返しができるのでおすすめです。

結婚のお祝い返しの品物に付ける「のし」」

結婚のお祝い返し 品物には「のし」をつける必要があります。のしの水引は、紅白の水引で結んだ、結び切りのものを選んでください。結びきりの水引は、結婚内祝いや快気祝いなど、「一生に一度だけで繰り返したくない出来事」に対して用いられます。

間違っても蝶結びの水引が書かれたのしを使用しないようにしてください。蝶結びののしは、会社での昇進や出産などの「何回繰り返しても嬉しい出来事」のお祝いに関して用いられる物なので、結婚のように末永い幸せを願う出来事のお祝いに用いるには適切ではありません。

そしてお返しの品物ののしの表書きは「寿」もしくは「内祝」とし、下段に新郎新婦の姓を書く、もしくは新郎新婦の姓と新郎新婦の名のセットを記載することが一般的です。

最近はインターネットで内祝いを注文することもできます。のしをつけてくれるサービスがついていることがありますが、絶対にのしの水引の種類等は間違えることのないように気をつけてくださいね。

結婚のお祝い返し 品物として人気なのはカタログギフトやスイーツなどです。中でもカタログギフトは送った相手に好きなものを選んでいただけるので、相手に満足していただける人気のお返しの品となっています。

結婚式のお祝い返しの品物に付ける「のし」

結婚式 お祝い返し 品物は何を贈るか決まりましたか?第一歩であるお返し選びに難航しているようなら、サクッとカタログギフトをお返ししてはいかが?カタログギフトと言うと、結婚式 お祝い返し 品物を考えることから匙を投げたように感じられるかもしれませんが、実はもらって嬉しいお返し第一位はカタログギフトと言われているんです。

あれこれ迷って相手のためにと選んだお返しが必ずしも喜ばれると限らないのは悲しいお話ですが事実。重たい鍋やかさばる食器をもらって収納場所に困ってしまったなどと言う声はあとを絶ちません。また、お返しの品物にはのしをつけて贈るというマナーも押さえておきましょう。

結婚式 お祝い返し 品物につけるのしは紅白結び切りの水引のものを選びます。水引の上には”内祝”もしくは”結婚内祝”と記しておきましょう。水引の下面にはご夫婦の姓を記します。姓だけでも構わないのですが、名まで記しておく場合には姓の下に並列で右に夫の名、左に妻の名となるようにしてください。

これらの準備が終われば手渡しか郵送でお返ししましょう。郵送の場合にはお礼状を先に出している場合を除いてできればメッセージカードかお礼状を添えて贈るようにしたいですね。直接お礼に伺えるわけではないので郵送しているのですから、きちんとお祝いいただいたことへのお礼の気持ちが伝わるよう気を配りましょう。

結婚祝いのお返しの品物に付ける「のし」

結婚祝いをくださった方へ、お返しする内祝いにはのしをかけるのがマナーということをご存知でしょうか。お返しは、ご夫婦で直接お気に入りのショップや行きつけのスイーツ店などで購入されることもあるでしょうが、内祝いをお返しする時は通常のラッピングではなくきちんとのしをかけて送る必要がありますよ。

まず、のしは紅白結び切りの水引のものを選ぶのが一般的。この結び切りには、この結婚が一生ものになり繰り返されないようにという意味が込められています。同じくおめでたいイベントとして出産祝いの内祝いがあり、この場合には紅白蝶結びを選びますよね。

こちらは何度あっても嬉しいことなので、繰り返しの意味が込められた蝶結びなわけです。同じ慶事といってものしの選び方で意味合いが違ってきますので、間違えないように選びましょう。

そして、お返しに選ぶ品物に迷った時におススメしたいのがカタログギフトです。結婚祝い お返し 品物で人気の高いものを調べると多くのカップルにカタログギフトが選べれていることがわかります。逆にもらって嬉しい結婚祝い お返し 品物を調べても一番人気はやはりカタログギフト。せっかくお返しを用意するなら確実に喜んでもらえるものから参考にしたいですね。

結婚祝いのお返しの品物に付ける「のし」

「結婚祝いのお返しの品物に付ける「のし」」についてご紹介いたします。結婚祝いのお返し 品物につける「のし」はどのようなものを選べばよいのでしょうか。

結婚祝いのお返し 品物につける「のし」は、紅白の水引で結んだ「結び切り」が定番です。結婚内祝いの熨斗には、紅が5本、そして白が5本の合わせて10本の水引で固く結ばれた水引の端が上のほうに向いた「結び切り」を使います。

「結び切り」は一度結んだらほどけないという点から「この結婚が一生のものとなって再び繰り返されないように」という願いが込められています。また病気の快気祝いにもこの「結び切り」が使われます。

結婚祝いのお返しの品物にはカタログギフトのイルムス コペンハーゲンなどもおすすめです。イルムス コペンハーゲンは送料無料でおくることができて商品価格は税込みで10,800円になります。+システム料:648円(税込)がかかります。

北欧デザインの品物を選ぶことができますのでおすすめのアイテムです。無駄をはぶいたシンプルなフォルムは愛されるアイテムが多いです。使い心地もよく北欧デザインのテーブルウェアやキッチンツールなどが掲載されています。カタログギフトの内容は130Pで掲載点数は約192アイテムになります。

結婚内祝いやお返しの「のし」の書き方

日本では冠婚葬祭に関することがらに、いろいろと決まりごとがあります。おめでたいことにはおめでたいことにふさわしい、さまざまな決まりごとがあり、不祝儀には不祝儀としての決まりごとがあります。日本各地の地方によって違いがあるものもありますが、だいたいは同じです。

そういった決まりごとを守ることが伝統であり、文化を継承して行くことになります。結婚にしてもそういった決まりごとがあります。「結婚 内祝い お返し のし」の書き方などについても、決まっています。結婚はおめでたいことなので、のしの水引は紅白のものを使います。

水引は、何度あっても良いことはほどけやすく、また結び直せるという意味で蝶結びにするものと、おめでたいが二度も三度もないように一度きりであるようにという意味を込めて結びきりにするものがあります。

結婚は結びきりの水引にします。「結婚 内祝い お返し のし」の書き方としては、水引の上の表書きは「内祝」または「寿」を書きます。水引の下には新しくふたりの姓となったものを書きます。

カタログギフトなどを利用してお返しをする場合には、カタログギフトの会社がそういったしきたりについて詳しいので、よく相談してお返しをすると安心です。

結婚内祝いやお返しの「のし」や包装紙の選び方

「結婚内祝いやお返しの「のし」や包装紙の選び方」については、カタログギフトの会社のホームページなどにも詳しく書かれているので参考にすると良いでしょう。「結婚 内祝い お返し のし」は紅白の水引のものを使いますが、出産祝いなどのように何度あってもおめでたいことに使う水引とは違って、結びきりというタイプのものを使うことが決まっています。

何度あっても良い場合ののしは蝶結びの水引を使います。これはほどいてまた結ぶことができるという意味で、何度あってもおめでたいという事柄に対して使うのです。結婚の内祝いのお返しや病気からの回復の際の快気祝いのお返しなどに添えるのしは、これっきりで再びあってはならないということから結びきりの水引を使います。

「結婚 内祝い お返し のし」は表書きを内祝か寿として、新しい姓を水引の下に書きます。包装紙もあたたかい雰囲気が感じられるソフトなカラーのものを使うと良いでしょう。あまりけばけばしいものや地味なものは避けましょう。

カタログギフトをお返しに利用すれば、「結婚 内祝い お返し のし」についても、包装紙についても最適なものを提案してくれるので、安心して相談ができます。

結婚内祝いの「のし」の書き方

内祝 結婚を用意する際には、お返しに選んだ商品にのしをかけることを忘れてはなりません。最近では、水引が印刷された熨斗紙をお返しする商品に貼るのが一般的となっています。

内祝 結婚ののしには紅5本、白5本の10本の水引で結ばれ、水引の端が上に向かっている結び切りを使います。結び切りには、結んだらほどけないことから”結婚が一生ものになるよう”という意味があるので間違わないように用意しましょう。

また、のしの表書き(水引の上)には、”寿”もしくは”内祝”と記すのが定番です。下段(水引の下)には、夫婦の姓を記すか、もしくは夫婦の姓とその下に並列で夫婦の名を記すことが一般的。夫婦の名は右側に新郎の名前、左側には新婦の名前を記すようにしましょう。姓だけでも名まで記しても、どちらでも失礼はないのですが、迷うようなら両家のご両親に相談されると良いでしょう。

内祝 結婚では、タオルや日持ちする食品など、すでに手持ちで持っていてもあって困らないものを贈るようにすると喜ばれますよ。刃物類は縁を切るという意味合いを持つことから内祝 結婚にはふさわしくないと言われていますので、気をつけるようにしたいですね。

せっかくきちんとのしをつけていてもお返しに選んだ商品が縁起悪くては台無しです。もし、何を選んでよいか迷うようならカタログギフトがおススメ。内祝 結婚向けに用意されたカタログギフトなら知らないうちにふさわしくない商品を選んでしまう心配もありませんね。

結婚式のお礼とお返しに関するマナー/「のし」の書き方

「結婚式のお礼とお返しに関するマナー/「のし」の書き方」についてご紹介いたします。結婚式はとてもおめでたいことなので周囲の方がお祝いをしてくれますが、結婚式お返しマナーはきちんと守ってお礼やお返しの品物を贈りたいものです。

また結婚式お返しマナーで「のし」の書き方はどのような点に気をつければよいのでしょうか。お返しの品物につけるのしの「表書き」は、水引の結び目の上に記す内容のことです。結婚内祝の場合は「寿」か「内祝」と書きます。結婚お祝いをいただいた方に贈ることになりますので「御礼」でもよいのではと思われる方もいるかもしれませんが、本来の内祝の意味は「親しい方とお祝い事を喜び分かち合う」ための贈り物でした。

そのため、お返しやお礼とは違った意味のものです。水引きの下部に記載する差出人は「新姓」または「2人の姓名」となります。結婚は家と家同士の結びつきという考え方から「新姓」のほうを優先する場合もありますのでどのように記載したらよいのかご両親などに聞いてみても良いでしょう。

水引の結び方は、大きく分けると「蝶結び」と「結び切り」があります。結び切りは水引を細結びしたものなので一度結んでしまえば解けない事から婚礼や全快祝い、弔事全般などに用いられます。

水引の両端の向きを注意してみるとわかりますが、お祝い事の場合は上向きで弔事の場合は下向きに結びます。慶事では奇数の水引をつかいますが、婚礼関係は10本1組です。これは「5本」の2束と解釈することから紅白10本の水引きとなります。

結婚祝いのお返しの品物は、おしゃれなテーブルウェアやカタログギフト、今治タオルのギフトセットなどが人気です。婦人画報 カタログギフト(竜田川コース)などもおすすめのお返しの品物です。

結婚祝のお返しの「のし」の書き方

結婚祝いをいただいた際、結婚祝のお返しを用意して、お祝いいただいたことへのお礼をすることになりますね。その時に、店員さんからのしはどうされますか?と尋ねられたり、ご自分でのしに記入をすることがあるかと思います。

結婚祝のお返しにかけるのしの正しい書き方について間違えのないよう確認しておきましょう。まず、お返しにはのしをかけることがマナー。のしの表書きには”寿”もしくは”内祝”と書きます。”お礼”とついつい書いてしまいそうになりますし、実際に現代ではお祝いいただいたことへのお礼としてお返しを用意するという意味合いが強くなっていますが、そもそもの内祝いは”慶びを分かち合うこと”にありますので、”お礼”は適切ではありません。気をつけましょう。

そして、差出人の名前は夫婦の新姓を記すか、夫婦の姓名を記すようにします。姓名を記す場合には、水切りの下のスペース上段に夫婦の新姓、その下に右側新郎の名、左側新婦の名を並列で記すようにしましょう。

お返しする相手が職場関係である場合など、仕事柄引き続きその場所では旧姓で通すという場合があるかもしれません。しかし、そういった場合であっても、内祝いののしには上記のマナーに従って、新姓を記すのが常識ですので間違えないようにしましょう。

また、結婚祝のお返しの人気第一位はカタログギフトだそうですよ。カタログギフトの場合にも、商品そのものではありませんが、もちろん慶事用の包装をした上でのしをかけることを忘れずに。

結婚内祝いやお返しの「のし」の書き方

「結婚内祝いやお返しの「のし」の書き方」についてご紹介いたします。結婚のお祝いのお返しにはのしをつけますが、結婚内祝いお返しのしの書き方はどのような点に気をつけたらよいのでしょうか。

結婚内祝いお返しのしの書き方は、表書きは水引きのうえに「内祝」または「寿」と書きます。そして水引きの下には「新姓」または「新姓」と二人の名前を書きます。姓の書き方については家の結びつきが結婚だという考え方もありますのできちんとご両親たちに相談されてから「新姓」のみにしたほうが良いのか確認をしましょう。水引きは紅白の結びきりを使います。

出産祝いなどの場合はお祝いごとが何回くりかえされても良いということから蝶結びのものをつかいますが快気祝いや結婚祝いの場合は結びきりを使います。結婚のお祝いを頂いたらお返しの品物には高級タオルのギフトセットやカタログギフト、和菓子ギフトセット、洋菓子のギフトセット、テーブルウェア、紅茶やクッキーのギフトセットなどをおくります。

カタログギフトは、高額なお祝いを頂いた場合にも選びやすい価格のラインナップが豊富です。相手の好みがわからない場合などは品物を選ぶときに迷ってしまいますのでカタログギフトを贈っても良いでしょう。また、カタログギフトにもう一品お返しの品物をつけて贈っても良いでしょう。

結婚内祝いやお返しの「のし」や包装紙の選び方

「結婚内祝いやお返しの「のし」や包装紙の選び方」についててご紹介いたします。結婚内祝いお返しのしや包装紙の選び方はどのような点に気をつければよいのでしょうか。結婚内祝いお返しのしには紅白の結びきりのものを使います。

お祝い事ですが、蝶結びではなく結婚祝いと快気祝いの場合は結びきりの水引きをつかいます。結婚祝いのお返しにつけるのしには内のしと外のしの二種類があります。内のしの場合は贈りものに直接にのしをかけます。

そして上から包装紙で包むといった方法になります。そして外のしの場合は、包装紙の上からのしをかけて包むことをさしています。それでは内のしと外のしの使いわけをしなくてはならないのかと疑問におもうかもしれませんが、とくに決まりはないようです。

しかし品物を贈る状況によってはどちらのほうが良いかといった傾向があるようです。贈り物をするときはデパートなどの場合は、内のしか外のしか聞かれる場合がありますので分からない場合は用途を説明してアドバイスを受けても良いでしょう。内のしは主に内祝いにつかわれる傾向にありますが、宅配便などで内祝いの品物などを贈る時にも内のしを使います。

それは配送しているときにのし紙が傷ついてしまうかもしれないためです。こういったトラブルをさけるために内のしが良いとされています。外のしは、表書きが明確にわかりますので結婚祝いや出産祝いなどの贈り物を相手に直接贈るときなどには外のしを使うと良いでしょう。

お祝いのお返しの品物は、コーヒーのアソートセットやテーブルウェアや食器セット、高級タオルギフト、佃煮などの食品のギフトセット、ドレッシングのギフトセット、カタログギフトなどをおくります。カタログギフトの場合は、贈る相手に品物を選らんでもらうことができますので最近では人気がある内祝いのアイテムです。

結婚お返しの「のし」や包装紙の選び方

「結婚お返しの「のし」や包装紙の選び方」についてご紹介いたします。結婚お返しのしの品物には、のしをかけて相手方におくりますが「のし」は、紅白の結びきりを使います。そして結婚お返しのしには内のしと外のしがあります。内のしの場合は贈答品に直にのしをかけて上から包装紙で包みます。

そして外のしは包装紙の上からのしをかけることを指しています。内のしと外のしの使いわけの方法は、厳密にいえばとくに決まりはありませんが、状況によってはどちらのほうが適切かといった傾向がありますので気にしておいても良いでしょう。

内のしは主に内祝いにつかわれます。宅配便などでお祝いのお返しの品物などを贈る時にも配送しているときにのし紙が傷ついてしまうことをさけるために内のしが良いとされています。

外のしは、表書きがはっきりとわかりますので結婚祝いや出産祝いなどの贈り物のときには外のしを使うと良いでしょう。お祝いのお返しの品物は、タオルギフトや食品のギフトセットやドレッシングのギフトセット、コーヒーや紅茶などのギフトセット、カタログギフトなどをおくります。カタログギフトは、価格が幅広くありますしインターネットでまとめて注文すると割引で注文できる場合もありますのでおすすめです。

結婚のお返しの「のし」の名前の書き方

結婚した場合、自分がではなくても子供など家族が結婚した場合などにも周りの人からお祝いを頂く事になるかもしれません。このようにお祝いを貰った場合にはそれに対して結婚のお返しをするのが一般的です。

この結婚のお返しですが、だいたい貰ったお祝いの額の半分から3分の1程度の品をお返しすればよい事になっています。ただこの貰ったお祝いが品物の場合には金額が分かりにくい場合もありますが、最近はネットでほとんどの事が分かるので、お返しの予算を決める為にも調べてみるのもありでしょう。

そしてこのお返しに何を選ぶかですが、お返しを受け取った人が迷惑にならない物をお返しするというのは最低限気にしなくてはならないところでしょう。そこでよく選ばれる物として、タオルや洗剤などの日用品やお菓子やお茶、コーヒーなどの食べ物系があります。

このように後に残らない物が無難とされているのでしょう。他には最近カタログギフトが非常に人気です。カタログギフトだと相手の方に自由に品物を選んで貰えるからでしょう。

そしてこのお返しにはのしを付けましょう。のしは紅白結び切りの水引が付いたのしを使用し、この水引の上に「結婚内祝」か「内祝」という文字を入れ、水引の下に新郎新婦の姓、又は、姓の下に新郎新婦の名前を並べて書くのが一般的です。

結婚のお祝いのお返しの「のし」の名前の書き方

結婚にお祝いを頂戴したのに、挙式や披露宴に出席いただけなかった方にお返しとしてお贈りするのが、結婚内祝です。結婚のお祝い お返しですから、当然マナーにそう形で贈り先に失礼のないようにしたいものです。

カタログギフトであれば、お祝いの額に併せてさまざまなチョイスが可能です。またカタログギフトはお相手の年齢やお好みに応じてさまざまなお品が用意されているのも安心ですよね。

さて、結婚のお祝い お返しですから、のし紙をつけるのが一般的です。のし紙とは水引が印刷されているもので、贈り物の慶弔によって水引の形状が異なります。お祝いをくださった方へのお返しですから、間違いのないようしましょう。さて、のしへの名前の書き方ですが、のしの下に名前を書き入れます。名前の書き方は、最近は様々なようです。

新郎の名字を一つの場合もありますし、新郎新婦の名前を連盟の形で入れることもあります。またお家同士の結びつきを示すために、新郎新婦の名字を横に並べる場合もあります。結婚は当人同士のものとするご家庭もあれば、あくまでご両家の結びつきを重視する考え方もあり、いずれにしてもご両家のご意向をよく伺った上で名前の書き入れ方を決めるのが宜しいのではないでしょうか。

結婚のお祝いのお返しの「のし」の名前の書き方

結婚のお祝いのお返しって、どういう物がよいのかと悩みますよね。もらう相手によって欲しい物、必要な物って様々で難しいです。頂いたお祝いのお品とお気持ちに精一杯感謝の気持ちでお返しをしたものです。

近年、結婚式の引き出物では、すっかり定番になっている「カタログギフト」。結婚式にご参列頂く年齢や家族構成は様々なので、カタログギフトでそれぞれお好きな物を選んでいただけるし、こちらも、何がよいのかと悩む必要がはぶけますね。

この、「カタログギフト」が結婚のお祝いのお返しでも定番になりつつあるのです。結婚式にお呼び出来なかった方々や、事情があり出席頂けなかった方々から頂いたお祝いに対してのお返しには、最近喜ばれているお返しのひとつであります。

結婚式で結婚相手を披露できなくても、のしに二人の名前を添えれば、簡単ではありますが、紹介できますね。また、のしの表書きに「内祝い」と記入することで、きっちりと礼儀を持って、お返しした気持ちも伝わると思います。

結婚までにいろいろお世話になった方々へ、結婚後の人生も末永くお付き合いして頂けるよう、お互い気持ちのよい「お祝い」と「お返し」で気持ちを伝え合いたいものです。

結婚お祝いのお返しの「のし」の名前の書き方

結婚すると周りの方々からお祝いを頂く事になるでしょう。このようにお祝いを頂いたら結婚お祝いのお返しをしなくてはいけません。この結婚お祝いのお返しですが、なるべく早い内にお返しするのが礼儀でしょう。

又、お返しの相場ですが、だいたい受け取ったお祝いの半分から3分の1程度をお返しすれば良いとされています。よくお返しに選ばれる品としては、誰もが使うであろう物としてタオルや洗剤、石鹸、あとは油や醤油などの調味料、そしてお菓子やジュース、コーヒー、紅茶などの詰め合わせがあるでしょう。他には最近とても人気のお返しとしてカタログギフトがあります。

最近のカタログギフトにはとてもセンスの良い品がたくさん掲載されているのでお返しを受け取った方からも喜んで貰える事でしょう。そしてこのお返しですが、のしを付けてお返しするようにしましょう。ここで使うのしは、紅白結び切りの水引が付いたのしを使用します。この結び切りには、「なかなか解けない」という事から、「この結婚が末永く続きますように」という意味が込められています。

そしてこの水引の上に「結婚内祝」か「内祝」と書き、水引の下には新郎新婦の姓だけ、又はこの姓に新郎新婦の名前を並べて書くというのもあります。

結婚祝いの内祝いの「のし」の書き方

結婚祝いの内祝いを送りたいんだけれども、のしの表書きは「寿」なのか「内祝」なのかわからないという方も多いと思います。これは、どちらでもOKです。下段の名前の書き方は、新郎新婦の姓のみを書く方法と、新郎新婦の姓の下に新郎新婦の名を連名で書くのが一般的です。注意したいのは、水引の種類。のしは紅白の水引で結んだ「結びきり」のものを使用するのがマナーです。

一度結んだらほどけないという理由で、結婚や快気祝いにふさわしいとされています。使ってはいけない水引は、蝶結びです。解けやすく何回も結びやすいという印象になってしまいますので、結婚内祝いにはタブーです。

お返しに送るギフトは、カタログギフトがおすすめです。自由に相手が好みのものを選ぶことができますし、価格帯もいろいろ揃っているので、半返しをする際にもスムーズに使うカタログが決められます。カタログギフトは本当に種類が豊富なので、老若男女とわずお返しにはおすすめですよ。インターネットで注文してものしをつけることが可能です。カタログギフトは結婚祝いの内祝い以外の祝いの場面でも使用することがあるので、インターネット上でのしを選ぶときは水引の種類を間違えないように気をつけてくださいね。

結婚祝いのお返し品に添える「のし」

周囲の人に祝福され、めでたく結婚をしたら、結婚祝いをいただいた方々へのお返しも忘れずにきちんとしましょう。結婚祝いお返し品をマナーを守って贈ることで、感謝の気持ちを伝え、今後の良い関係にも繋がります。

結婚祝いお返し品を贈る時に気をつけたい・迷ってしまうことが多いのが「のし」の種類や書き添える言葉です。色々と種類のある「のし」の中から、どのようなものを選び、表書きはどうすればいいのか、ご説明します。

結婚祝いのお返しにふさわしい「のし」は、紅白の水引で結ばれ、水引の両端が上を向いた「結び切り」が定番です。これは、一度結んだらほどけないことに「二度と繰り返すことのないように」という願いが込められています。「蝶結び」のようなほどける、結びなおせるものは避けましょう。また、表書きには「寿」や「内祝い」が定番です。下段には新郎新婦両家の姓、または新郎新婦の名前のみを並べて入れるのが一般的です。

最近では、ネットのサイトなどでカタログギフトを選んで直接発送するという内祝いも定着してきましたが、その場合も忘れずに「のし」を付けましょう。カタログギフトの販売サイトでは、注文時に品物に付けるのしも選べるようになっているのがほとんどです。マナーを守ってお返しをすることで、結婚を祝ってくださった方々への感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。

結婚祝いのお返しや内祝いの「のし」

結婚祝 内祝に人気のギフトは何でしょうか?一般的には、タオルやブランド食器、グルメ関連の商品が人気と言われています。結婚祝 内祝は、いただいたお祝いの額面に対して半返しが基本とされていますので、お返しに用意するギフトも1種類ではなく、様々な価格帯を想定して考えておく必要があります。

お返しする時期としては、結婚式の後1か月以内が基本とされていますので、結婚式前からある程度目星をつけておかないとスムーズに用意が進まないですよ。また、先方の好みがわからない場合や、価格帯によって贈るギフトの種類を各々に考えることが大変と感じるカップルにはカタログギフトがおススメ。

最近のカタログギフトは、価格帯も3000円程度とリーズナブルなものから数万円を超えるものまで幅広いラインナップで、お返しに用意する価格さえわかればその価格に合致するカタログギフトをセレクトすれば良いので迷う時間も不要です。

お返しには、カタログギフトであっても、現物のギフトであってものしをつけることを忘れずに。結婚式の内祝いでは、紅5本、白5本、合計10本の結び切りののしを使うようにします。のしの表書きは”寿”、”内祝”と記し、水引の下には夫婦の姓を記すか、夫婦の姓とその下、右側に新郎の名前、左側に新婦の名前を並列で記す書き方が一般的です。

結婚祝いのお返しや内祝いの「のし」

結婚祝い 内祝のお返しの「のし」についてですが、なかなか難しい物があります。内のし、外のし、それらを結ぶ水引と呼ばれるヒモなど、細かくポイントがわけられています。結婚祝い 内祝のお返しとしては、控えめな表現とされる「内のし」が適切であるとされています。

表書きが包装紙の下にある状態ですね。包装紙の上にのしが巻かれているのが外のしです。本来の「内祝い」とは自分に良いことがあった時に親しい人に振る舞う「幸せのおすそ分け」という意味合いがあります。自分のお祝いで人にプレゼントするという状況ですから、派手よりも控えめな方が良しとされます。カタログギフトでのお返しの際は、「のし」の心配は不要です。

カタログギフトは様々な冠婚葬祭に特化しており、結婚式の内祝いならばそれ専用の「のし」を選んでおけば、品物が送られる時につけてくれます。この際の手続きと言っても「のし」をつけること、結婚内祝い用の物を選ぶこと、新郎・新婦の名前を入力すること、この3つほどで終わり、簡単です。また、外のし、内のしについても選択可能ですので、しっかりと「内のし」を選びましょう。外のしでは、相手によっては悪い印象を受けるかもしれません。

婚礼内祝いの「のし」

婚礼内祝いにカタログギフトを選ぶとしても、忘れてはいけないのが「のし」でしょう。どなたからどのような意味合いで届いた品物なのかを知らせるためにも、日本の贈答品には欠かせないものです。

のしには水引もつけます。水引は繰り返していい出来事なら蝶結び、何度も繰り返さない方がいい出来事には結びきりを使うと決まっています。婚礼内祝いは結婚のお祝いをいただいたときのお返しで、2回以上繰り返すというのは縁起の悪いことです。この場合には結びきりの水引を選んでください。水引の色は地域によって、紅白や金銀などに分かれているので確認しておきましょう。

のしに書くのは「内祝」もしくは「婚礼内祝い」と、送り主の名字を書くのが一般的です。婚礼内祝いをカタログギフトにすると、のしをつけ忘れるということもあります。これは正確に言うと失礼に当たることですので、略儀にならないように気を付けてください。

内祝いの送り先も間違えないように、リストアップしてチェックするようにしましょう。お祝いをいただいていないのにお返しの品が届くと、婚礼のお祝いを催促したような形になり、親族の間でもトラブルになることがあるので注意が必要になります。

結婚のお祝い返しの金額やのしの書き方

結婚 お祝い返し 金額は、一般的に「半返し」が基本マナーだといわれています。いただいた品物やお祝い金などの金額の半額のものでお返しをするという意味です。この「半返し」の下に、「3分の1返し」という段階もあり、これは長寿祝いなどとされています。結婚 お祝い返し 金額は、この「半返し」と「3分の1返し」の間を目安としてとらえておけば、マナーに沿った相場になるといえます。

なお、このお返しの品には、のしをつけますが、のしには、夫婦の新姓か連名を記載し、水引は紅白の結びきり、表書きは「寿」もしくは「内祝」と書きます。また、お返しの品としては、相手が喜ぶものを選ぶようにしますが、カタログギフトであれば、相手が必要なものや好みのものを選べますので、喜んでもらいやすいお返しの品として、最近は人気です。

このようなカタログギフトなどのお返しの品を、お店から相手へ直接配送してもらう際には、必ずお店側にこのようなのしをつけてもらうように注文をしておきしましょう。さらに、品物だけではなく、お礼状の手紙を品物に添えるか、品物が相手に届く前にお礼の品を送りますという旨を書き添えて送っておくと、丁寧なお礼をすることができます。

結婚内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
結婚内祝い マナー一覧
結婚祝いのお返しの基本!連名で頂いたり、挙式なしの場合のお返し
職場の方への結婚内祝い。職場全体や連名への贈り方や渡し方
結婚内祝いの熨斗。カジュアルスタイルのお祝いの場合や旧姓について!
結婚内祝いのお礼状の基本!身内の不幸があった方への文面や、入れ忘れた場合について
結婚内祝いで商品券を贈りたい!メリットや発送方法、包み方について
結婚内祝いの贈る時期の基本!入籍・挙式前にお返しを贈るタイミングについて
兄弟への内祝いの基本!挙式が欠席だった兄へのお返しや、出席する場合のお返し
結婚内祝いの一般的な金額。お返しへの金額が少し少なかった場合と、5千円のお祝いに対しての内祝い
結婚内祝いの基本的な相場。品物を一緒のタイミングで贈りあった際や、お祝いを頂きすぎた際の対処
友人への結婚内祝いの基本!お返しは御車代ではなく内祝いとして贈る。またお祝いを頂いたらお返しは必須です。
お悩み解決接客ブログ
料理が上手なおばさんに、高級な昆布と鰹節のセットを贈りたい
結婚内祝に今治タオルが選ばれる理由
結婚内祝を親から渡す時は、熨斗を二人の名前にする?それとも実家の名字にする?
結婚内祝いで選ばれる物はどんなものが多いのか??
結婚内祝いには鰹と昆布がいいの?
高額なご祝儀の内祝には「カタログギフト」と「鰹・昆布」の商品を組み合わせてお返しする!
若い世代に受け継いでいきたい、結婚内祝の昔ながらの返し方
結婚内祝いで悩まれていた若い世代のお客様
成功事例・体験談
すでに「結婚内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
すでに「結婚内祝いの品物の選び方」を経験された先輩の方々のアドバイス
【事例・エピソード集】すでに「結婚内祝いの品物選び」を経験された先輩の方々
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
おすすめからカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚祝いマナー
香典返しマナー
出産内祝いマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト