カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 結婚内祝い > 結婚内祝いのマナー > すでに「結婚内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス

すでに「結婚内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス

冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。

結婚祝いのお返しにギフトカタログを贈る際のマナー
結婚のお返し品を選ぶ際のマナーや常識
結婚式のお祝いのお返しに関するマナー
結婚のお祝い返しに関するマナー
婚式のお祝い返しに関するマナー
結婚祝いのお返しに関するマナー
結婚内祝いやお返しの時期・相場・のしなどマナー
結婚内祝いやお返しの相場・のし・時期などのマナー
結婚の内祝いは食べ物でもいい?などのマナー
会社の上司への結婚祝いのお返しに関するマナーやおすすめの品物
結婚内祝いやお返しの相場・のし・時期などのマナー
結婚お返しの相場・のし・時期などのマナー
結婚のお返し品を選ぶ際のマナーや常識
結婚祝いのお返しのお礼をする際のマナー
結婚祝いの内祝いに関するマナー
結婚祝いのお返しに関するマナーやおすすめの品物
結婚祝いのお返し品を贈る際のマナー
結婚祝いのお返しの時期やマナー
結婚祝いのお返し品を贈る際のマナー
結婚祝いのお返しの断り方
内祝いのマナー(内祝いをいらないと言われたら)
婚礼内祝いの意味
お祝い返しの用意は前もって
「結婚お祝い返しの本」を参考にセンスのいいギフトを探そう
「結婚お祝い返しの本」を参考にマナーを学ぼう
結婚祝いのお返し不要の場合の辞退の仕方
内祝いにはあげて喜ばれる物を選択しましょう
結婚内祝いの差出人は夫婦連名で贈るの?

結婚祝いのお返しにギフトカタログを贈る際のマナー

お返しを考えるのは大変です。時間をかけて選んだからといって本当に気に入ってもらえるという確証はありません。また、相手によって贈っても良い物と、マナーとして贈ってはいけない物があるので、その点について配慮するのも大変です。子供がいない夫婦の方に子供用品を贈るのは当然失礼にあたりますし、ベジタリアンの方にお肉の詰め合わせを贈るのもいけません。

しかし、お返しを贈る相手の細かい情報は知らない場合が多いですし、失礼にならないようによく考えても結果的に不要な物であれば喜ばれません。そんな時は、結婚祝い お返し ギフトカタログを選んでみると良いかもしれません。結婚祝いのお返し専用のカタログもありますし、マナー違反や失礼な物を贈る心配が少ないと思います。

相手の趣味趣向や家族構成などを知らなくても、あらゆるジャンルの商品が少しづつ掲載されているので、欲しいものが見つかりやすいと思います。結婚祝い お返し ギフトカタログを選ぶ方が多いのは、そういったマナーに配慮することができるからかもしれません。カタログギフトの種類にもよりますが、価格帯も細かく分かれているので、予算にも合わせやすくなっています。相手のことをよく知らない場合は特にカタログギフトが便利かもしれません。

結婚のお返し品を選ぶ際のマナーや常識

結婚すると周りの方々から様々な形でお祝いを頂く事になるでしょう。「新生活で必要な物でも買って下さい」という気持ちからお金で頂く場合もあるでしょうし、「新生活で使って下さい」という気持ちで品物を頂く場合もあるでしょう。どちらにせよあなたの結婚を祝福する気持ちから贈って下さったお祝いです。

このように結婚のお祝いを受け取ったら、それに対してお返しを渡すのがマナーでしょう。このお返しですが、だいたい受け取ったお祝いの額の半分から3分の1程度の額でお返しするのが相場とされています。そして次に結婚のお返し品にどのような品を選ぶかですが、多くの人が貰っても困らないような品を返すのがマナーでしょう。

ですから、新郎新婦の写真入りや名前入りの食器や置物などは、本人やその御両親は記念になるかもしれませんが、絶対にタブーです。出来たら後に残らないような物の方が良いかもしれません。何故なら食器や飾り物など、後に残る物はどれだけ良い物でもどうしても好みが出てしまうからです。そういう意味でも最近人気の結婚のお返し品としてカタログギフトがあります。カタログギフトならお返しを受け取った人それぞれが自分の好みの物を選んで貰う事が出来ます。

結婚式のお祝いのお返しに関するマナー

お祝儀に包む金額は奇数にする、包丁やハサミなどの切れるものはお祝いにしない、など結婚祝いには多くのマナーがありますよね。結婚祝いのお返しにもマナーがあるのをご存知ですか。例えば、お祝いと同じように「縁を切る」と言われている刃物を結婚式お返し品物として贈るのはタブーです。

また、相手の年齢や趣向を無視した品物を贈るのもやめておきましょう。そこで便利なのがカタログギフトでお返しをする方法です。結婚式お返し品物の金額としては、地域や風習にもよりますが、お祝いでいただいた金額の半分を目安にするのが一般的だと言われています。金額別に用意されているカタログギフトなら、お返しをする相手によって違うものを贈ることもできます。

カタログに載っている商品から先方が欲しいものを選んで注文することで、絶対に喜んでもらえるお返しができるのがカタログギフトの1番良いところです。内祝いはお祝いをいただいてから1か月以内をメドに贈るのがマナーだと言われています。しかし、結婚後忙しくてゆっくり選ぶことができない人が多いのも確かです。しかし、カタログギフトなら相手に合った金額の商品が載っているものを選ぶだけでいいので、時間がかからず大変便利です。

結婚のお祝い返しに関するマナー

結婚のお祝い返し 品物を送る際は、マナーにも注意が必要です。まず郵送でお祝いをいただいた際は、かならず届いたその日か翌日にお礼の電話をしてください。その後内祝いを送るわけですが、送るタイミングは結婚式をした日から一カ月以内が目安です。結婚式を無事に執り行ったというご報告も兼ねていますから、あまり遅くなり過ぎないよう注意しましょう。

贈る物の相場は、頂いた贈り物の三分の一から二分の一程度の金額のものが好ましいです。そして内祝いにつけるのしのマナーにも注意してくださいね。のしに使う水引は必ず「結びきり」のものを用いること。結びきりは、結婚祝いや快気祝いなど、何回も繰り返したくない出来事にまつわるお祝いに用いる水引です。

もらって嬉しいと思うものをお返しすることも大切です。欲しくないものをもらっても、相手が困るだけですからね。斬新なデザインの小物や、消費期限が短い食べ物などは、相手が処理に困って迷惑をかけることがあるので控えた方が無難です。お返しの品として人気が高いのはカタログギフトや日持ちするスイーツなどです。中でもカタログギフトは好きなものを選べるというメリットがあるため、内祝いのギフトとしては一番人気です。結婚のお祝い返し 品物はマナーを守って、喜んでもらえるものを送りましょう。

婚式のお祝い返しに関するマナー

結婚式では出席いただくゲストからご祝儀をいただくことが一般的ですから、お返しを用意しておきましょう。結婚式 お祝い返し 品物はゲストに対して1つではなく、世帯に対してお返しします。友人がゲストの場合は友人に対して1つをお返しを用意。叔父夫婦がゲストの場合にも叔父夫婦は同じ世帯員ですから1つをお返しします。結婚式 お祝い返し 品物は相場があり、友人では5000円前後。親戚、上司、恩師では10000円前後が妥当と言われています。

基本は平均的なお祝いの金額から算出しているのですが、披露宴のお料理代の3分の1を目安として用意することもあります。年配の親戚や新郎新婦より目上の上司に対するお返しがいただいた金額から考えると10000前後の結婚式 お祝い返し 品物では高すぎたと後から感じることがあるかもしれませんが、親戚に対しては家の顔を立てるためにみすぼらしいお返しは用意できませんし、上司や恩師に対してもお世話になっている方なので敬意を払ってワンランク上のお返しを用意しておくとマナー違反と思われず、気持ち良く受け取っていただけます。

お祝いにはのしをつけるのがマナーということはすでにご存知でしょうが、ギフト専門店以外でお返しを用意した場合、意外と包装だけで納品されることもありますので確認しておきましょう。また、お返しの品物は、重くないもの、かさばらないもの、個性が強くないものがおススメ。そういう点で、カタログギフトは人気が高いようです。カタログギフトは誰にお返ししても困らせることがなく、もしカタログに魅力的な商品が見当たらないという場合にも食べものと交換するという楽しみ方を実践している人多数。逆に、お返しでもらっても用途がわかりにくいものや、家庭によっては出番がなさそうなものは避けた方が良いでしょう。

結婚祝いのお返しに関するマナー

「結婚祝いのお返しに関するマナー」についてご紹介いたします。結婚祝いのお返し 品物を送る際にはどのようなマナーに気をつけたらよいのでしょうか。結婚祝いのお返し 品物を送る際のマナーは、まずはお祝いを頂いたらお礼の言葉をすぐに伝えるようにしましょう。お祝いをいただいたときには内祝いの品物を考えるよりもまずはひとまずお礼の言葉を伝えるようにしましょう。直接いただいたときにはその場で伝えます。配送などでお祝いを受け取ったときには、先様へ早めに電話をしましょう。そして感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。

贈り主にたいして「無事に届いた」ことを伝えて安心して頂くことも大切なマナーです。一般的に、結婚祝いの内祝いを贈る時期は結婚式をしてからなるべく早めにおくります。挙式後の1ヶ月以内を目安だとされています。お返しの品物を贈る事を忘れてしまうのはマナー違反なので気をつけましょう。いただいたお祝い金や品物の半額くらいの品物を贈ることが一般的です。

カタログギフトなどもお祝いのお返しにはおすすめの品物です。カタログギフトのミストラル(マリーゴールド)は送料無料でおくることができます。商品価格は税込みで8,640円になります。+システム料が648円(税込)かかります。商品内容はカタログが328頁、掲載点数が約590点になります。

※システム料金が変更され現在は上記値段と異なりますので再度商品ページにてご確認下さい。

結婚内祝いやお返しの時期・相場・のしなどマナー

結婚祝いをいただいたら、お返しを用意するのがマナーです。結婚 内祝い お返し 時期は、挙式後もしくは入籍後1か月以内が目安。ギリギリではなく、なるべく早く用意してお返ししたいところですね。内祝いには、のしをかけるのですが、のしの表書きには”寿”もしくは、”結婚内祝”と記します。水引の下欄には新郎新婦の姓を記すか、姓の下右側に新郎の名前、左側に新婦の名前を並列で記しておきましょう。

結婚 内祝い お返し 時期になっても、内祝い選びに迷っているようなら、カタログギフトを選んでみてはいかがでしょうか?迷っていてお返しが遅くなるよりも、無事に結婚式を終えることが出来ましたという報告を兼ねてお返しする内祝いですから、早めにお返しできた方がマナーとしても良いかと思いますよ。

内祝いの相場はいただいたお祝い額の半返しが目安。中にはカタログギフトだと、金額がバレバレでためらわれるという人もいるかもしれません。そんな場合には、合わせ技にするという手も有効。美味しいお菓子の詰合せとカタログギフトや、タオルとカタログギフトという具合です。カタログギフトに次いでもらって嬉しいお返しはタオルやグルメ、石鹸などの消耗品と言われていますので、それらと組み合わせてお返しすると喜ばれると思いますよ。

結婚内祝いやお返しの相場・のし・時期などのマナー

「結婚内祝いやお返しの相場・のし・時期などのマナー」についてですが、結婚式にご招待できなかったけれどお祝いをいただいたり、ご招待したけれど列席していただくことができなくてお祝いをいただいた方などにはきちんとお返しをするのがマナーです。

日本では冠婚葬祭に関するマナーがあるので、初めてでわからないといった場合には、わからないまま適当に済ませることがないようにしなくてはいけません。冠婚葬祭について詳しい人や経験者などに相談して、マナーから外れることが無いようにしましょう。お返しの相場は、いただいた金額の半分から三分の一くらいとされています。

またお返しをする時期については、結婚式から一か月以内には送るようにします。きちんとマナーにのっとったお返しをして、感じの良い新婚さんと思ってもらえたらポイントも上がります。「結婚 内祝い お返し のし」は表書きに内祝や寿を書きます。カタログギフトなどをお返しとする場合には「結婚 内祝い お返し のし」について詳しい係の人が最適なものを選んで、恥をかかないようにしてくれるので安心です。カタログギフトは便利で、貰った人も楽しく品選びができるので喜んでいただけます。

結婚の内祝いは食べ物でもいい?などのマナー

結婚 内祝い 食べ物を選んでも良いものか悩みますよね。お返しに食べ物を選ぶことは、マナーとしては違反ではありません。食べ物は嫌いなものでない限り迷惑にはなりませんし、価格の幅が広く選択肢が多いのも魅力です。最近では、手元に残って処分に困る商品を贈られると収納場所に困るので、消えてしまう食品類の方が喜ばれる場合もあります。

ただ、高齢の方の中には、お返しが食べることで消えてなくなるものは良くないという考えの方や、食べ物を送るのはおかしいと思っている方もいるようです。現代では消耗品を内祝いとして送るのは一般的ではあります。できれば年齢や自分との関係を考慮して、結婚 内祝い 食べ物を選ぶか決定しましょう。

カタログギフトなら、マナー違反にはなりませんし、食べ物と商品がどちらも掲載されているものもあります。食べ物もスイーツ系からおかず系のものまで幅広く取り揃えられているものがたくさんあります。。融通が利き、お相手の好みに合わせることができるカタログギフトは、マナーが気になる場合にもとっても使いやすいのでおすすめです。一般的なマナーもとても大事ですが、お相手が喜ぶ品を選ぶことが一番のマナーではないでしょうか。

会社の上司への結婚祝いのお返しに関するマナーやおすすめの品物

会社の上司から結婚のお祝いをいただくことがあるかもしれません。その際の結婚祝のお返しについて、知ったおきたいマナーやおススメのお返しとは何でしょうか?まず、会社の上司へのお返しに選んで喜ばれるものと言えば、お酒やちょっと贅沢なグルメ関係、日常使いできる高級文具が人気と言われています。上司の方がお酒を好むようであれば、美味しいと評判のお酒とグラスのセットなんか良いかもしれませんね。また、ブランド品や、職人さんがこだわって作っている文具やビジネス小物なども喜ばれる傾向にあるようです。

もちろん、これらの商品を取り扱っているカタログギフトを贈るという方法もありますね。カタログギフトは、今や人気のお返し第一位なのですが、人によっては手抜きをして用意したと思われる可能性もありますから、その場合には添えたお礼状に”(上司)○○部長にお似合いのビジネス用品がたくさん載っているカタログを見つけましたので”など、相手のことを想定して選びました、という気持ちが伝わる一文を添えるようにすると良いでしょう。結婚祝のお返しを渡すタイミングですが、基本的には結婚式後1か月以内、なるべく早くにお返しするのがマナー。

上司の場合は会社の同僚たちとは別にお祝いを用意してくださる方もいるでしょう。その場合には、会社でお返しするのではなく、お礼状を添えてご自宅に郵送させていただくと良いかと思います。他の職員の手前、一人だけ違うお返しを受け取るのも気まずいと感じることもありますし、他の職員には内緒で用意してくれていた可能性もあります。また、会社でお渡しすると持ち帰りの際、手荷物がひとつ増えてしまうということに。そういったことにも配慮してお返ししましょう。

結婚内祝いやお返しの相場・のし・時期などのマナー

「結婚内祝いやお返しの相場・のし・時期などのマナー」についててご紹介いたします。結婚内祝いお返しのしの書き方やお返しの品物を贈る時期、お返しの相場はどのようなマナーに気をつければよいのでしょうか。結婚内祝いお返しのしの書き方は、水引きの上の部分に「寿」や「内祝」と記載します。

そして水引きの下の部分には「新しい姓」を書きます。水引きは紅白の結び切りを使います。間違って蝶結びのものを選ばないようにしましょう。結婚のお祝いのお返しの相場は、ほとんどの場合は半返しをするといわれています。ただし、親戚などから高額のお祝いを頂くこともあります。このような場合は半返しにこだわらなくても良いでしょう。

たとえば1/3返しまたは1/4返しでも良いとされています。マナーとして結婚のお祝いを頂いたらきちんとお礼の電話を入れるようにしましょう。そしてお返しの品物は結婚式が終わったらなるべく早めにおくりましょう。お返しの品物を送る際にはお礼状をきちんと添えて送るようにしましょう。このような結婚祝いのお返しのマナーは知っておくといざという時に恥ずかしい思いをしなくてすむでしょう。結婚祝いの内祝アイテムとしておすすめのアイテムはカタログギフトやお菓子のギフトセット、高級なタオルのギフトセット、佃煮などのギフトセットがあります。もしも、相手の方の好みをしっていれば相手が喜ぶような品物を選びましょう。年配の方など好みがわからない場合はカタログギフトなどをセレクトしても良いでしょう。

結婚お返しの相場・のし・時期などのマナー

「結婚お返しの相場・のし・時期などのマナー」についてご紹介いたします。結婚祝いを家族や親戚、友達などから頂いた場合にお祝いのお返しを贈ることになりますが、結婚お返しのしや相場、お返しを贈る時期などのマナーはどのような点を気をつけたらよいのでしょうか。

まずは、結婚お返しのしは紅白の蝶結びの結びきりをつかいます。水引きの上には内祝や寿とします。水引きの下には新姓を書きます。お祝いのお返しの相場は一般的には半返しといわれています。ただ高額のお祝いを頂いた場合は半返しにこだわらずに1/3または1/4返しでも良いとされています。結婚のお祝いを頂いたらまずはお礼の電話を入れましょう。なるべく早めにお返しの品物をおくりますが贈り物を送るときにお礼状をきちんと添えてから送るようにしましょう。

こういったお祝いのお返しのマナーをまもって相手が喜ばれるような品物を選びましょう。結婚内祝いに人気のアイテムはカタログギフトやタオルギフト、スイーツのギフトセットなどです。おしゃれなお米のギフトなどもありますので相手の方の好みをしっていれば好みの品物を選びましょう。どうしても好みがわからなくて品物を選ぶことに迷ってしまう場合はカタログギフトも色々な種類がありますのでカタログギフトを選んでも良いでしょう。

結婚のお返し品を選ぶ際のマナーや常識

結婚すると周りの方々から様々な形でお祝いを頂く事になるでしょう。「新生活で必要な物でも買って下さい」という気持ちからお金で頂く場合もあるでしょうし、「新生活で使って下さい」という気持ちで品物を頂く場合もあるでしょう。どちらにせよあなたの結婚を祝福する気持ちから贈って下さったお祝いです。このように結婚のお祝いを受け取ったら、それに対してお返しを渡すのがマナーでしょう。

このお返しですが、だいたい受け取ったお祝いの額の半分から3分の1程度の額でお返しするのが相場とされています。そして次に結婚のお返し品にどのような品を選ぶかですが、多くの人が貰っても困らないような品を返すのがマナーでしょう。ですから、新郎新婦の写真入りや名前入りの食器や置物などは、本人やその御両親は記念になるかもしれませんが、絶対にタブーです。

出来たら後に残らないような物の方が良いかもしれません。何故なら食器や飾り物など、後に残る物はどれだけ良い物でもどうしても好みが出てしまうからです。そういう意味でも最近人気の結婚のお返し品としてカタログギフトがあります。カタログギフトならお返しを受け取った人それぞれが自分の好みの物を選んで貰う事が出来ます。

結婚祝いのお返しのお礼をする際のマナー

結婚祝いをくださった方へは、新郎新婦からお返しをすることがマナーです。お返しと言ってまず行いたいものは、結婚祝い お返しのお礼状を出すことです。結婚祝い お返しのお礼状は、お祝いをいただくとなるべく早くに出すお手紙、もしくはハガキのことを指します。正式には縦書きの便箋で出すのがマナーと言われていますので、目上の方や親戚の方など年長者には縦書き便箋でお礼のお手紙を出すと良いでしょう。同僚や友人など親しい間柄ではハガキに気持ちの伝わる文章でお礼を述べて出してもOKと言われています。

また、お礼状を出した後には、お返しの品を用意しましょう。披露宴に招待する方であれば、披露宴での食事や引き出物がお返しとなりますので良いのですが、披露宴に出席いただけない方からいただいたお祝いへのお返しは、披露宴もしくは入籍終了後1か月以内に内祝いをお返しするようにします。内祝いとは、もともと”結婚の慶びを分かち合う”ためでしたが、近年では”お祝いをいただいたお返しの品”として用意するのが常識となっています。内祝い選びに迷う場合はカタログギフトがおススメですよ。最近のカタログギフトは、商品の種類も豊富、魅力的になっていますので多くの方から支持されています。

結婚祝いの内祝いに関するマナー

結婚祝いの内祝いにもマナーがあります。お返しする金額はいただいた額の半額程度の品を返す「半返し」が基本です。贈る時期は挙式後の一カ月以内。近場の場合は持参、遠方の場合は郵送するのが一般的です。しかし近場の人だからお菓子、遠方の人は食べ物以外など、一人一人に違うものを選ぶというのは結構な労力がかかりますね。

また、内祝いは結婚式によばなかったけれど御祝いを下さった方に贈るパターンも多いです。何年かに一回しか会えないような遠い親戚だと、意外と相手の好みも把握しづらかったりします。マナー違反はしたくないけれど贈る相手には喜んでもらいたい。このような場合におすすめなのがカタログギフトです。

カタログギフトは、掲載されている商品の数やバリエーションが豊富なので、相手の好みがわからなくても送りやすいです。また、価格帯も豊富にそろっているので、頂いた額の半分の金額のカタログギフトをお返しに選ぶことも簡単にできます。そしてカタログギフトならインターネットでの注文も出来ますので、遠方への郵送も手配しやすいです。贈る方にも受け取る方にもメリットが多いので、結婚祝いの内祝いにカタログギフトが支持されるのも納得ですね。

結婚祝いのお返しに関するマナーやおすすめの品物

結婚祝いのお返しに関するマナーで最も大切なことは、お礼の仕方とその期間です。まず結婚祝いを頂いた場合はすぐに電話で連絡を入れて、お祝いを受け取ったことを連絡し、きちんとお礼を伝えましょう。最近ではお礼の連絡を入れずに、結婚祝い お返し 物と一緒にお礼状を添えて終わりにするという人が増えています。

まずはきちんと口頭でお礼を伝えるのが大人のマナーですので忘れずに連絡を入れましょう。そしてお祝いの金額を確認して、その半返し(3万円頂いたら1万5千円相当のお返し)をするのが一般的です。結婚祝い お返し 物の場合は、一番人気なのがカタログギフトです。カタログギフトは金額の設定を細かく行うことができることと、相手の好みの品を選ぶ手間がなく、好きなものを選んでいただける点でも人気が高いです。

カタログギフトの商品も食品はもちろん、アクセサリーや衣類、装飾品、おもちゃやレジャーで使えるものなど、多岐にわたって用意されているので欲しいものが見つかるようになっています。それ以外には、有名店の調味料やドレッシング、高級タオルなども人気の商品です。物を贈る場合は、相手の好みや必要性を考えてお返しをするようにしましょう。

結婚祝いのお返し品を贈る際のマナー

結婚祝いをいただいたら、忙しくても失礼のないようマナーに沿ってきちんと結婚祝いお返し品を贈りましょう。結婚祝いお返し品は、結婚に際し、お祝いの品やご祝儀をいただいたけれども、披露宴に招待できなかった・出席できなかった方へ贈るお祝いへのお返しです。結婚祝いお返し品は、いただいたお祝いの半額、「半返し」が相場とされています。

お祝いをいただいたら、まずは電話かお手紙などでお礼の言葉を伝えましょう。その後、結婚式から一ヶ月以内に届くようにするのがマナーです。贈る品物についてですが、半返しが相場とはいえ、すべての方から同額のお祝いをいただくということはまずないでしょう。本当は相手に合わせて喜んでもらえる品物を選びたいところですが、ただでさえ忙しい時期、何を贈るか悩んでしまう人も多いことでしょう。

内祝いの品選びに迷った時にお勧めなのが、カタログギフトです。金額ごとに豊富な種類のカタログギフトが用意されているので、選びやすく、あちこちお店を見てまわる手間もかかりません。内容もバラエティに富んだ品揃えになっていて、もらった方が好きなものを選べるのでどのような方にも満足していただけます。お返しを贈る際には、感謝の気持ちを込めてメッセージカードを添えると、より一層喜んでいただけます。

結婚祝いのお返しの時期やマナー

結婚祝い お返し 時期 とお返しを用意する際のマナーについて紹介します。まず、結婚祝い お返し 時期 は、結婚式後1か月以内にお返しするのが基本です。職場の皆さんや、ご近所さんなどすぐにお会いする方からいただいたお祝いに対しては、特に素早くお返しできるよう事前に用意しておくと良いでしょう。

顔を合わしているのに、お返しが1週間たっても2週間たってもないというのは、”お返しを何も用意しないつもり?”とマナー知らずの疑いをかけられる原因に。そんな失礼のないよう、結婚式が終われば早急にお礼とお返しをするようにしてくださいね。また、親戚の方や上司など目上の方から個別にいただいたお祝いに関しては、直接お宅にうかがってお礼とお返しするという方法もありますが、遠方であったり、多忙な方である場合にはお礼状と共にお返しを郵送させていただきましょう。

お返しがまだ用意できていない場合には、お祝いをいただいたらひとまずお礼状だけでも3日以内には出しておきたいものです。上司へのお返しは職場でお会いするのに郵送?と思われるかもしれませんが、他の職員の手前、お祝いを個別にしたことを知られたくないとお考えの場合もありますし、お祝いを渡していない職員からすると気まずい時間にもなりかねませんので、他者にはわからないよう郵送でお返しすることをおススメします。仕事帰りの手荷物を増やさないという点でも必要な配慮ではないでしょうか。

また、上司にお返しするにはカタログギフトがおススメ。年配の方がもらって嬉しいお返しは、お酒や松坂牛やマスクメロンなどの高級グルメ、万年筆などの高級文具だそうですよ。上司の好みに合わせたカタログギフトを選べば評価も上々のはずですね。

結婚祝いのお返し品を贈る際のマナー

結婚祝いをいただいたら、忙しくても失礼のないようマナーに沿ってきちんと結婚祝いお返し品を贈りましょう。結婚祝いお返し品は、結婚に際し、お祝いの品やご祝儀をいただいたけれども、披露宴に招待できなかった・出席できなかった方へ贈るお祝いへのお返しです。結婚祝いお返し品は、いただいたお祝いの半額、「半返し」が相場とされています。

お祝いをいただいたら、まずは電話かお手紙などでお礼の言葉を伝えましょう。その後、結婚式から一ヶ月以内に届くようにするのがマナーです。贈る品物についてですが、半返しが相場とはいえ、すべての方から同額のお祝いをいただくということはまずないでしょう。本当は相手に合わせて喜んでもらえる品物を選びたいところですが、ただでさえ忙しい時期、何を贈るか悩んでしまう人も多いことでしょう。

内祝いの品選びに迷った時にお勧めなのが、カタログギフトです。金額ごとに豊富な種類のカタログギフトが用意されているので、選びやすく、あちこちお店を見てまわる手間もかかりません。内容もバラエティに富んだ品揃えになっていて、もらった方が好きなものを選べるのでどのような方にも満足していただけます。お返しを贈る際には、感謝の気持ちを込めてメッセージカードを添えると、より一層喜んでいただけます。

結婚祝いのお返しの断り方

結婚すると親族や友人から、お祝いをいただく期間がしばらく続きますね。でも結婚したての夫婦には新居の準備やいろいろな手続きなど、やらなくてはならないことがいっぱいです。そんな中お祝いをいただくと、それぞれ誰からいくら、または何をいただいたか詳細にメモに残し、それぞれの金額に合ったお返しを趣味や好みに応じて考えなくてはならず、忙しい新婚さんにはかなりの負担になります。ですからお祝いを渡すなら、お祝いお返し不要の旨を伝えてあげたいものです。

昔はお返しは半返しと言ったものですが、最近では4分の1返しなどもザラなので、そういった状況も踏まえ、「お祝いごとはお互い様のことなので今度私の時に」とさりげなくお祝いお返し不要の考えを伝えて贈ると良いですね。それでも義理堅いご夫婦で、どうしてもお返ししたいと言われた場合は、カタログギフトをいただくようお願いしましょう。カタログギフトはランクが金額で分かれており、どんな人に渡っても何かしら選べるものがありますから、いちいちお返しに悩む必要もありません。あなたの一言がきっかけで、お返しをカタログギフトで統一できれば新婚さんも負担が一気に減りますし、感謝されるかもしれませんね。

内祝いのマナー(内祝いをいらないと言われたら)

子どもが産まれた時にいただいた出産祝いに対するお返しを内祝いと言いますが、産後の忙しさを気遣ってお祝いお返し不要ですよ、と言ってくれる人も多いことと思います。確かにお祝いをいただいた人それぞれの金額や趣味などを総合的に考えてお返しを一つ一つ選ぶのは非常に気も頭も使って慣れない育児と寝不足でボロボロのお母さんたちにはかなりの負担だと思います。

もちろんお祝いをいただいたら内祝いを返すのはマナーですが、お祝いお返し不要と言ってくれている方が身近な親族などであれば、お言葉に甘えるのも悪い事ではありません。それでも最低限のマナーとして何かしらお返ししたい、ということであれば、カタログギフトを用意しましょう。

その場合、まとめて注文すると安くなる可能性もありますし、選ぶ負担も大幅に減るので、内祝いは全てカタログギフトにしてしまった方がメリットが大きいですよ。ある程度想定した面々からお祝いをいただいたと判断した時点で、金額ランクを調べて注文しましょう。カタログギフトならどんな年代、性別の方でも何かしら選べるものがあるようにできているので、変に頭をひねって相手にとって不要なものを贈ってしまうよりもずっと喜ばれますよ。

婚礼内祝いの意味

内祝いの「内」は家のことを意味しています。家族の中でお祝い事があると、そのお知らせを兼ねて祝いの席を設けてご馳走するとか、お祝いの品を用意して渡したのが由来です。最近では少し意味合いが変わってきて、他の方からお祝いいただいたら、そのお返しとして品物を贈ることを意味するようになりました。入学や就職、出産などでも内祝いを用意することになるでしょう。

そして、婚礼内祝いは結婚のお祝いをいただいたお返しを意味しています。結婚式に来ていただいた方にお渡しするのは、引き出物と呼ばれますので婚礼内祝いとは分けて考えましょう。引き出物は結婚式に来てくださった方に対するお土産のようなものです。

婚礼内祝いでよく使用されるのはカタログギフトです。配送を依頼することが多くカタログギフトなら送料も節約できます。結婚当初の出費は多いので、どの年代の方でも失礼だと怒らなくなるほどスタンダードな存在になりました。カタログギフトにも婚礼内祝いに最適なものが掲載されたタイプがありますので、お礼もかねて幸せな気分をおすそ分けできるのも喜ばれています。金額や贈るタイミングなども、昔からの風習がありますので、この点をしっかり把握していると問題ないでしょう。

お祝い返しの用意は前もって

結婚式をするのはすごく労力のいることです。親戚の人も呼ばなくてはいけないし、結婚式の内容などたくさん決めることがあります。お互いの両親の納得いく結婚式にしなくてはいけないし、自分たちの望みも取り入れたいです。たくさん決めることあるのですが、その中のひとつに結婚式のお祝い返しもそのひとつです。

確かに、結婚式の内容も大事なのですが、結婚式に来てくれた方々やお祝いを頂いた方へのお返しもとても大事です。どうしても、結婚式の料理やドレスなどにばかり意識がいきますが、お祝いを頂いた方はお返しもとても楽しみにしているのです。そんな方たちをがっかりさせないように、結婚式お祝い返し相場などの常識を知っておく必要があります。分からないという人は事前になって慌てないように、あらかじめ結婚式お祝い返し相場など調べておくことが大事です。

しかし、いろいろな年代の親戚の人たちがいるため、考えるのが大変という人はカタログギフトも便利です。せっかく結婚式が満足の出来るものが出来たのに、お祝い返しで親戚の方や友達をガッカリさせないように、カタログギフトなどのお返しを決めておきましょう。大変かもしれませんが、最後まできちんと結婚式をやり終えて両親を安心させてあげると良いです。

「結婚お祝い返しの本」を参考にセンスのいいギフトを探そう

「結婚お祝い返しの本」は参考になるセンスのいいギフトがたくさん掲載されているカタログギフトを紹介しています。結婚のお祝いをいただいたら内祝いとしてお返しをします。いろいろな方からいただくお祝いのお返しにはおひとりおひとりに喜んでいただけるギフトを選びたいものです。どういった品物がお祝いを下さった方に喜んでいただけるか、センスの良い品を贈りたいと思ってもなかなか決めるのはたいへんです。

そんなときに参考になるのが「結婚お祝い返しの本」です。冠婚葬祭の中でも結婚に関するマナーなどの解説と貰ったら嬉しいと思ってもらえる品物がいろいろ掲載されているカタログギフトの紹介をしているので、結婚に関するマナーや結婚祝いに対するお返しとなる内祝いに関するアドバイスなど、たいへん参考になるマナーブックであり、通販ブックです。カタログギフトにはいろいろなタイプのものがあるので、お返しの内祝いを贈る相手によって、どんなタイプのカタログギフトが最適かなどをアドバイスしてくれます。安心して内祝いを贈ることができるように、「結婚お祝い返しの本」を参考にして受け取ってくださった方に喜んでいただける内祝いを送りましょう。

「結婚お祝い返しの本」を参考にマナーを学ぼう

冠婚葬祭にはいろいろな決まり事があります。知らないでは済まないこともたくさんあり、結婚のように自分のことだけではなく自分の家族や親戚、相手の家族や親戚、さらに知人友人などたくさんの人が参加するイベントでは、冠婚葬祭上のたいせつな守らなくてはならないマナーなどもたくさんあります。自分が気にしなければそれで良いと言ってはいられないのが冠婚葬祭です。

そういった決まり事などについて分かりやすく丁寧に説明してくれるのが、「結婚お祝い返しの本」です。「結婚お祝い返しの本」には結婚に関するマナーについて詳しく書かれているので、初めてでわからないことが多いという人にはたいへん参考になり、また強い味方になってくれます。

結婚のお祝いをいただいたら内祝いのお返しをしますが、その内祝いに関してのマナーなどについても書かれているので読めば安心して対応ができます。お返しにはカタログギフトがおすすめですが、「結婚お祝い返しの本」には送る相手に最適なカタログギフトの紹介もされています。内祝いの品を受け取った人が喜んでくれるような品選びができるカタログギフトは、送る側にとっても安心で便利なものです。「結婚お祝い返しの本」でマナーにかなったお返しをしましょう。

結婚祝いのお返し不要の場合の辞退の仕方

結婚祝いお返し不要の場合の辞退の仕方については、お祝いを渡したり送ったりするときに、お祝い袋の中に一筆添えたものを同封しておくとよいでしょう。その際はお祝いの言葉とともに「お祝いのお返しは辞退いたします」などと丁寧な言葉で書くようにします。このように添えておけば、先方にも伝わりやすく結婚祝いお返し不要の意思をきちんと伝えることができます。ただ、もらった側からするともらいっぱなしというのはやはり気になるし、申し訳なく感じてしまうものです。

少額の簡単なお返しやカタログギフトなどのお返しがある場合もあります。辞退の意思を伝えてもなお、お返しをしたいという相手の意思を尊重し受け取りましょう。結婚はおめでたいことですので、あまりかたくなにお返しを拒否する必要もありません。辞退したいという意思だけは先方にきちんと伝えるようにして、あとは先方の判断に任せるようにしましょう。そして後日もしカタログギフト等の贈り物が届いたとしても、それは先方の気持ちとして素直に受け取りましょう。

「いらないと言ったのになぜ送ったのか」といった内容のことはお祝いごとにふさわしくないので控えるようにしましょう。お祝いの辞退の仕方はやんわりと、相手に配慮を込めて行うようにしましょう。

内祝いにはあげて喜ばれる物を選択しましょう

結婚祝いお返し不要の場合の辞退の仕方については、お祝いを渡したり送ったりするときに、お祝い袋の中に一筆添えたものを同封しておくとよいでしょう。その際はお祝いの言葉とともに「お祝いのお返しは辞退いたします」などと丁寧な言葉で書くようにします。このように添えておけば、先方にも伝わりやすく結婚祝いお返し不要の意思をきちんと伝えることができます。ただ、もらった側からするともらいっぱなしというのはやはり気になるし、申し訳なく感じてしまうものです。

少額の簡単なお返しやカタログギフトなどのお返しがある場合もあります。辞退の意思を伝えてもなお、お返しをしたいという相手の意思を尊重し受け取りましょう。結婚はおめでたいことですので、あまりかたくなにお返しを拒否する必要もありません。辞退したいという意思だけは先方にきちんと伝えるようにして、あとは先方の判断に任せるようにしましょう。そして後日もしカタログギフト等の贈り物が届いたとしても、それは先方の気持ちとして素直に受け取りましょう。

「いらないと言ったのになぜ送ったのか」といった内容のことはお祝いごとにふさわしくないので控えるようにしましょう。お祝いの辞退の仕方はやんわりと、相手に配慮を込めて行うようにしましょう。

結婚内祝いの差出人は夫婦連名で贈るの?

「結婚内祝いにおすすめのギフトをネット通販サイトで贈ろう」についてご紹介いたします。結婚のお祝いを頂いたら結婚祝いのお返しの品物を用意しますが、インターネット通販サイトで結婚内祝いのおすすめのサイトはどのようなサイトがあるのでしょうか。たとえば結婚内祝いのおすすめのサイトは、ゼクシィの結婚内祝いオンラインストアなどがあります。先輩花嫁さんが選んだ結婚内祝いの価格別売れすじランキングなども掲載されていますので参考にするとよいでしょう。

結婚内祝いのおすすめの品物としては、あめやえいたろう 板あめ 羽一衣・スイートリップ詰合せなどがあります。価格は税込みで2,430円です。次におすすめの品物は加賀麩 不室屋 宝づくし24ケ入の価格は、税込みで5,400円です。その他にもなだ万 西京漬・昆布めんたい詰合せBなどもあります。価格は税込みで10,800円です。ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ バウムクーヘンCなどもおすすめで価格は、税込みで5,400円です。結婚祝いのお返しの品物としてはカタログギフトなども選ばれます。ゼクシィのオンラインストアでもカタログギフトを取り扱っていますので贈る相手によって品物を選んでもよいでしょう。

結婚内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
結婚内祝い マナー一覧
結婚祝いのお返しの基本!連名で頂いたり、挙式なしの場合のお返し
職場の方への結婚内祝い。職場全体や連名への贈り方や渡し方
結婚内祝いの熨斗。カジュアルスタイルのお祝いの場合や旧姓について!
結婚内祝いのお礼状の基本!身内の不幸があった方への文面や、入れ忘れた場合について
結婚内祝いで商品券を贈りたい!メリットや発送方法、包み方について
結婚内祝いの贈る時期の基本!入籍・挙式前にお返しを贈るタイミングについて
兄弟への内祝いの基本!挙式が欠席だった兄へのお返しや、出席する場合のお返し
結婚内祝いの一般的な金額。お返しへの金額が少し少なかった場合と、5千円のお祝いに対しての内祝い
結婚内祝いの基本的な相場。品物を一緒のタイミングで贈りあった際や、お祝いを頂きすぎた際の対処
友人への結婚内祝いの基本!お返しは御車代ではなく内祝いとして贈る。またお祝いを頂いたらお返しは必須です。
お悩み解決接客ブログ
料理が上手なおばさんに、高級な昆布と鰹節のセットを贈りたい
結婚内祝に今治タオルが選ばれる理由
結婚内祝を親から渡す時は、熨斗を二人の名前にする?それとも実家の名字にする?
結婚内祝いで選ばれる物はどんなものが多いのか??
結婚内祝いには鰹と昆布がいいの?
高額なご祝儀の内祝には「カタログギフト」と「鰹・昆布」の商品を組み合わせてお返しする!
若い世代に受け継いでいきたい、結婚内祝の昔ながらの返し方
結婚内祝いで悩まれていた若い世代のお客様
成功事例・体験談
すでに「結婚内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
すでに「結婚内祝いの品物の選び方」を経験された先輩の方々のアドバイス
【事例・エピソード集】すでに「結婚内祝いの品物選び」を経験された先輩の方々
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
おすすめからカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚祝いマナー
香典返しマナー
出産内祝いマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト