カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 結婚内祝い > 結婚内祝いのマナー > 職場の方への結婚内祝い。職場全体や連名への贈り方や渡し方

職場の方への結婚内祝い。職場全体や連名への贈り方や渡し方

職場関係の方々からの結婚祝いは、以下のようなお悩みが多いのです。
「連名でいただくので、かなり少額なお祝いになりますが、この場合のお返しをどうするか」
「日々会うことになるので、手渡しで返すのがいいように思えるが、そうすると、お返しの品も持ち帰りやすいモノの限られてくるのでは?」

生きていると、身近な親しい方が結婚したり、親戚や職場の方が結婚したり、自分自身も結婚される方も多いですよね。

そんな際に、結婚式に招待していても、招待していない方からでも、おめでとうの気持ちを込めて、結婚祝いのプレゼントやお祝い金を贈って頂けることも多いことと思います。

頂いたお祝いにはきちんと気持ちとしても、感謝の気持ちを込めてお礼をしたいものですよね。

そして、それは内祝いと言って、お祝いの品物やお金を贈られたら、きちんとお返しをするという日本人のマナーでもあるんです。

友人、親族、職場の方から頂くことが多い、結婚祝いだと思いますが、今回の記事では職場の方々から、結婚祝いを頂いた際の内祝いに関することについてご紹介いたします!!

1.連名で頂いた結婚祝いの際に、他の方よりも多く頂いた方へはプラスで内祝いを
上司への内祝いは商品券ではなく1/3程度の控えめな金額の品物を贈ると良いです。 普段使いもでき、自分じゃ買わないような物のブランド品や、高級お菓子や調味料がお薦めです。
2.同じ職場の方へ内祝いを贈る時は手渡しがベスト
同じ職場の方への内祝いはなるべく手渡しで、挙式後1ヶ月以内に渡しましょう。 品物は手渡しを無理に優先した券類でなくても大丈夫です。 郵送の場合は礼状が結婚・住所報告の役割を担ってくれます。
3.職場全体からの結婚祝いへの内祝い
連名で贈られた場合は、小額でもそれぞれにお返しを贈りましょう。 目安としては頂いたものの、半額〜1/3程度の金額の品物です。
4.すでに「会社や職場への結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。

1.連名で頂いた結婚祝いの際に、他の方よりも多く頂いた方へはプラスで内祝いを

  • 個別に多めに結婚祝いを頂いた時は、その分にはプラスでお返しをするのがベスト。
  • 上司への内祝いの場合、現金や商品券は避けるのが無難です。
  • 品物にするのならば、日常で使えて、普段自分では買わないようなものの高級品もお薦めです。
  • お菓子や自分じゃ買わないようなおしゃれな調味料もお薦めです。
  • 縁起の悪いものは避けた方が無難です。
お客様のお悩み

職場で連名の結婚祝いを頂いた後日、そのうちの1人の上司から個人的にお祝い金を頂きました。そのお返しにコンパクトな品物を贈りたいのですが、どんなものがいいですか?

最近、結婚された会社員の男性からのご相談です。

先日結婚をした際に、Aさんは会社の有志の方々から連名で結婚祝いを頂いたとのことです。

その結婚祝いに対してのお返しに、Aさんは全員に同じ種類のギフトカタログをお贈りしました。 そのカタログギフトのお返しについては大丈夫なのですが、それとは別でお悩みが。

実はカタログギフトでのお返しを贈った後日。 お祝いの品物を頂いた際の、有志の内の一人の、社長さんから新たにお祝い金を頂いたそうなのです。

それは個人的にで、連名のお祝いとは全く別で、2万円のお祝い金でしたとのこと。

しかも、会社の慶弔費ですでに、お祝い金は別でもらっていて、それとは全く関係なく社長のポケットマネーから直々に頂いた、個人的なお祝いのお金らしいです。

そこで、この社長さんからのこのお祝い金へのお返しに関するご質問が幾つかあるそうです。

社長に内祝いで商品券は失礼ですよね…?

社長はかなり上の位の方なので、中々二人っきりになることもできません。 なのでお食事をご馳走したり、その場で食べられるような頰張るような物は贈ることができないです。

その上、住所もわからないし、聞いたところで絶対お返しなんていらないと辞退されてしまうので、その場で手渡しのできるコンパクトな品物を贈りたいです。

ですが、すでにカタログギフトを送っているので、カニやお肉などのギフト券も避けたいところ。

その際に考えたひとつが商品券です。 コンパクトで持ち運びも楽な品物だからです。

ですがやはり、現金で頂いたものに対して、社長に半額の商品券は失礼な気がします…。

品物にしても、趣味や好みが把握できず、困っています。

やはり1番最適なのは品物とは思いますが、特別仲がいいわけではないので、社長の趣味や好みも把握できません。

なので贈るものの選び方に困っています。

お悩みへの回答

上司への内祝いは商品券ではなく1/3程度の控えめな金額の品物を贈ると良いです。普段使いもでき、自分じゃ買わないような物のブランド品や、高級お菓子や調味料がお薦めです。

いつもお世話になっている上司の方や目上の方への贈り物では、商品券や現金はやめましょう。またお返しの目安は、控えめに、半額ではなく1/3程度にしましょう。

まず上司への内祝いの場合は、目上の人への半額のお返しは、失礼にあたるとの考えが多いので、控えめに1/3程度の金額のものがお薦めです。

人によっては、かなりの高額のお祝いを頂くこともあるかと思います。

その場合は無理にきっちりと、1/3の金額のお返しをするのではなく、素直にお祝いの気持ちと受け止めて、ある程度のお返しの品物と、お礼の言葉を伝えるだけもで良いかと思います。

お祝い金を贈ってくれた方も、お返しに期待してお祝いを贈っているわけでなく、お祝いの気持ちとして贈っているので、高額の場合にはお返しも少し甘えても大丈夫です。

また、今回のこういった社長への内祝いの場合は、質問者さんが気にするように、商品券でのお返しは避けた方が無難かと思われます。

上司の方へ現金や商品券といった物を贈ることは、大変失礼と思われていることも多いです。 商品券は別にお金じゃないからいいんじゃないの?と思われる方も中にいるかもしれません。

ですが額面がはっきり書いてありますし、使い方もほとんど現金と変わりない場合があります。 そういった面から商品券も現金と扱いが同じと受け取られる怖れが出てきます。

贈る側としては、自分では趣味じゃないものを贈ってしまうかもしれない。 ならば、好きなものを自分で好きな時に引き換えられる商品券をなどと、親切心から商品券を選びたくなるかと思います。

けれども、贈り先様には、『生活に困っているんでしょ。』と言われているみたいと、誤解されるのかもしれません。

万が一、せっかくの贈り物で、イメージを損ねない様に上司の方への商品券やお金の内祝いは、避けたほうが無難ではないでしょうか。

その一方で補足として、近年では友人等への内祝いの際では、贈り物が商品券でも喜ばれることもあります。

背に腹はかえられぬとのことから、何かとお金が物入りな結婚や出産時には、使いたい時に好きなものと変えられる商品券は、金銭面からして合理的で喜ばれる場合もあります。

でもやはり人によっては、品物を選ぶ時間を削いだなどと、よくない印象を持つ方もいらっしゃるので、商品券を贈る際は相手の人柄や状況によって考えてみてくださいね。

品物ならば、普段自分じゃ買わないような品物のランクアップしたもの贈るのがお薦め。家庭持ちならば、格の高いおしゃれなお菓子や調味料もお薦めです。

商品券や現金もダメ。ならば他にどうしようと思いますよね。

まずオススメなのは、質問者様がもう贈られているので、今回は適用されませんがカタログギフト。 こちらは商品券とは違い、あらかじめ品物がセレクトされていますよね。 種類によっては温泉旅行やレストランでのお食事、エステ等の体験型のプレゼントもできるものもあります。

金額によって様々な種類があるので、贈る側も選びやすいのもポイントの一つでもありますね。 その点からも結婚式の引き出物等にもよく贈られていますよ。

今回の様にカタログギフトはもう贈っていたり、カタログギフトは味気なくてちょっと…。という方は品物を選ばなくてはなりませんよね。

今回の例ならばコンパクトで、あまり趣味で振り幅のないもの。とのことでしたね。 そこでオススメなのは、ブランドものの折りたたみ傘や、万年筆等の日頃から使える、でも自分じゃあまり買わなそうな高級なものに着目してみてはいかがでしょうか?

持っていても便利ですし、贈られても困ることもよっぽどないかと思われますのでお薦めです。 格式の高いものを持つと嬉しくなる方も多いかと。 ブランド物だと、物持ちも良く、デザインもおしゃれなものが多いですしね!

また奥様やご家族がいる場合は、金額が高めの自分じゃあまり買わなさそうな菓子折りや、おしゃれな調味料などのお家でゆっくり食べられるものもお薦めですよ。

ですが、これらが確実に正解というというわけではありませんので、ぜひ参考の一つとして検討してみてくださいね。

そして最後に、上司の方への内祝いや贈り物では、選ぶ際に避けたいポイントもあります。 それは肌着や靴下、ハンカチや刃物といった物です。

肌着や靴下は、『肌着を着るほど生活に困っている』などの意味があります。 ハンカチは『手切れがいい』と縁起が悪かったい意味もあったり。 刃物も『縁を切る』などと悪い意味の捉え方もされているので避けた方が無難でしょう。

結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 個別に多めに結婚祝いを頂いた時は、その分にはプラスでお返しをするのがベスト。
  • 上司への内祝いの場合、現金や商品券は避けるのが無難です。
  • 品物にするのならば、日常で使えて、普段自分では買わないようなものの高級品もお薦めです。
  • お菓子や自分じゃ買わないようなおしゃれな調味料もお薦めです。
  • 縁起の悪いものは避けた方が無難です。

ですね!!

2.同じ職場の方へ内祝いを贈る時は手渡しがベスト。

  • 相手のことを考えた品物ならば、無理にその場で渡せるコンパクトなものでなくても大丈夫です。
  • 会えるような方でも、手渡しの際の負担を考えて郵送にしても大丈夫です。
  • 手渡しでも郵送でも、内祝いは挙式後1ヶ月以内に贈りましょう。
  • 毎日会う職場の方なら、なるべく手渡しで渡しましょう。
  • 郵送で内祝いを贈る場合、礼状が結婚・住所報告の役割を担ってくれます。
お客様のお悩み

同じ職場の方へ結婚内祝いを贈る際は、手渡しと郵送、どちらが良いでしょうか? また、郵送の場合は住所報告はがきは一緒に送って良いでしょうか?

最近、結婚された会社員の女性からのご相談です。

先日結婚式を無事に終えたCさん。 結婚式の前に同じ職場の方から結婚祝いを頂いていたそうです。

その方に内祝いを贈ろうと思っているそうなのですが、そのお返しに関して幾つか質問があるそうです。

お返しの品物は会社で手渡しのしやすい、ギフト券などのコンパクトなものがいいのでしょうか?

お祝いを頂いた方とは毎日会社で顔を合わせています。 お返しの品物は、持ち帰りも考えて、会社で手渡しのしやすい、コンパクトなギフト券のようなものが良いのでしょうか?

手渡しの場合は、式後何日くらいに渡すのでしょうか?

結婚式が終わって数日が経っています。 手渡しで内祝いを贈る場合は、式後何日ぐらいで渡すのが良いのでしょうか?

自分的には郵送でお返しを贈りたいのですが、失礼でしょうか?

私的には、お返しの品物はカタログギフトのようなものを、郵送で贈りたいと考えていますが、郵送の場合は手渡しする場合よりも、イメージが悪いのでしょうか?

郵送の場合、内祝いと結婚・住所報告はがきをを同封したいのですが…。

郵送で内祝いを贈る場合、内祝いと一緒に、結婚・住所報告のはがきを一緒に入れたいです。 ですがそれは失礼でしょうか?

お悩みへの回答

同じ職場の方への内祝いはなるべく手渡しで、挙式後1ヶ月以内に渡すのがベストでしょう。 品物は手渡しを無理に優先した券類でなくても大丈夫だとされています。 郵送の場合は礼状が結婚・住所報告の役割を担ってくれます。

内祝いの品物は無理に、手渡しのできるコンパクトな品物にしなくても大丈夫だとされています。

相手の受け取る際のことや、好みなどの喜んでもらえることを踏まえて、コンパクトなものにするのならば、それはそれで良いかと思われます。

ですが贈り先様のことをきちんと考えているものならば、手渡しをする時のためだけに、無理にコンパクトな品物にしなくても大丈夫です。

今回はギフト券が例に挙げられているので大丈夫ですが、もし会社の方が上司に当たる方なのであれば、商品券は避けた方が無難かもしれません。

前記でも記述しましたが、上司の方に金額のわかる現金や商品券を贈ると、贈り先様は、『生活に困っているんでしょ。』と言われているみたいと、誤解される可能性もあります。

商品券のは使い方もほとんど現金と変わりないことが多いので、現金と扱いが同じと受け取られる怖れが出てきます。

こういった面から、上司やお世話になった目上の方には、商品券や現金は避けたほうが無難かと思われます。

質問者様の考えているようなギフト券の場合、体験型のギフト券や、カタログギフト等の、品物や用途が絞られているものでしたら、贈っても失礼に思われない方が多いかと思いますよ。

内祝いを手渡しで贈る場合は、式後1か月以内に贈るのがマナーとされています。

内祝いは基本的に、手渡しの場合でも、郵送の場合でも、式後1ヶ月以内に贈るのがマナーとされています。

早すぎても、品物を充分に選ばなかったと思われてしまったり、遅すぎても、だらしがない、忘れているのかと誤解されてしまう可能性があります。 なので式後1ヶ月以内に贈るのがベストで、一般的なマナーとされています。

また、挙式をしない場合は、結婚式での区切りが無いことから、お祝いを頂いてから1ヶ月以内に内祝いを贈るのが良いとされているので、参考にしてみてくださいね。

手渡しができるのならば、内祝いは手渡しで渡すのがベストです。

質問者様と、結婚祝いを贈られた方は同じ職場で毎日会うとのことですね。 ならば、内祝いを渡すのも手渡しで渡すのがベストだと思われます。

内祝いやお祝いの品物の渡し方は、手渡しが最も丁寧な渡し方とマナー面では言われています。

贈り様が遠方にお住みの方等で、直接会うことが難しい場合は、お返しが遅くなってしまうことを避けるために、お礼状などを添えて郵送で送っても大丈夫です。

またもし一部の方からのみのお祝いで、他の方の前では渡しずらかったり、品物が大きかったり、贈り様の持って帰る際の負担になりそう、という理由があるのならば、配慮という形で郵送でも良いかと思います。

ですがその場合は、きちんと旨を贈り相手の方に伝え、いつなら受け取れるか等も聞いて、受け取りの時間や日にちにも気配りをするのが大切です。

また、毎日会えるのならば、お礼の言葉は直接伝え、その上で内祝いの品物にもお礼状を添えて郵送すると、とても丁寧で気持ちの良い贈り方になるのでお薦めです。

ただ、カタログギフトなど、渡しやすいものの場合は、手渡しで渡すのが無難かと思われるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

内祝いを贈る際は礼状に住所を記載するので、別での結婚・住所報告のハガキは入れなくても大丈夫です。

内祝いを郵送で送る際には礼状も添えるのがマナーと言われています。 その際の礼状の文面では基本的に、結婚式を無事に挙げられたことや、住所や新しい名前等も一緒に記載します。

なので今回のご質問にあった、結婚・住所報告の働きを礼状が果たしてくれるので、一緒には入れなくても大丈夫です。

ただ、もし質問者様がせっかく作ったものだし、どうしても送りたいという場合は、内祝いと一緒にではなく、別に相手の方に贈るのが無難かと思われます。

一緒にすると手間を省いた等に思われてしまう可能生もあるので、内祝いと報告ハガキは別々に贈るのがお薦めですよ。

結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 相手のことを考えた品物ならば、無理にその場で渡せるコンパクトなものでなくても大丈夫です。
  • 会えるような方でも、手渡しの際の負担を考えて郵送にしても大丈夫です。
  • 手渡しでも郵送でも、内祝いは挙式後1ヶ月以内に贈りましょう。
  • 毎日会う職場の方なら、なるべく手渡しで渡しましょう。
  • 郵送で内祝いを贈る場合、礼状が結婚・住所報告の役割を担ってくれます。

ですね!!

3.職場全体からの結婚祝いへの内祝い

連名で品物を贈られた場合は、小額でもそれぞれにお返しを贈りましょう。 目安としては頂いたものの、半額〜1/3程度の金額の品物です。

職場関係で結婚内祝いとしてよく用いられる方法が、有志の方でお金をそれぞれ出し合って、その合計の金額で品物を購入されて贈られるパターンですよね。 その場合は熨斗書きのところが連名と言って、代表者の名前と『〇〇一同』や、と書かれていることが多いかと思います。

品物の金額は中々わかりずらいなあと思う方もいるかと思われます。 ですが、インターネット等で品物のメーカーや名前から検索すれ、ばそれらしきものが見つかることが多いです。

『お祝いの気持ちで頂いたものの値段を検索するなんて失礼じゃない?』と思われる方もいるとは思いますが、これはきちんとお返しをするためには必要なことです。 なので然失礼なんてことはないので心配しなくても大丈夫なので、安心してくださいね。

むしろ逆に、せっかく頂いたお祝いの品物にそぐわないお返しをする方が失礼に思われることが多いです。 なので頂いたものの金額を把握してから、お返しの品物は用意してくださいね。

また、お祝いに対するお返しの金額目安としては、1人あたりが負担してくださった金額の半額〜1/3程度とされるので、もし1人あたり1,000円の場合は500円程度、2,000円の場合は1,000円程度のお返しが無難と思われます。

500円や300円の時も多くありますが、こんな少ない金額、逆に返したら失礼なんじゃないか…。と心配になる方もいるかもしれません。 ですが内祝いとは金額ではなく、感謝の気持ちを伝えるものなので、頂いた金額関係なく基本的にはお返しをするのがマナーであり、感謝の気持ちが大切なので、きちんと自信を持って贈ってくださいね。

連名で現金を贈られた場合のお返し。 こちらも目安は頂いたものの、半額〜1/3程度の金額の品物です。

先でも述べましたが、基本的に結婚祝いに対する内祝いの金額の目安は、頂いた結婚内祝いの金額に対して半額〜1/3程度と言われています。

現金の場合は品物の場合と違って、頂いた金額がはっきりとわかるのでお返しの品物も、選びやすいですよね。

また職場からのお祝い金の場合は、有志のみんなからというものではない場合もあります。

その場合は会社の名義、すなわち会社自体だったり、会社の親睦会や組合からのお祝い金を頂いた時です。

この場合にも会社自体にお返しをするのかな?と疑問に思うかもしれません。 ですがこの場合は、内祝いはマナー面から言っても、不要とされています。

なぜならこのケースのお祝い金は、有志がある方からお祝いを贈られるのではなく、初めから会社で決まっている規定として、会社のお金の中から贈られるお祝いだからなのです。

内祝いとは本来、個々の有志でお祝いして頂いた品物やお金に対して、贈るものなので、会社からのお祝いに対しては不要となります。

ですが、会社関係なくの個人からのお祝い金には、感謝の気持ちを込めてお祝い返しをしてくださいね。

4.すでに「会社や職場への結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス

冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。

職場の方への結婚のお祝いのお返しに人気のプレゼント
会社の上司に贈る、結婚内祝い・お返し
上司に贈る、結婚祝いのお返しのカタログギフト
上司への結婚式の引出物の相場
会社の上司や同僚への結婚式の引出物の相場
会社の上司への結婚内祝いやお返しに関するマナー
会社の同僚への結婚内祝いやお返しにおすすめの品物
上司への結婚内祝いやお返しのマナー
上司への結婚祝いのお返しのマナー
会社の上司への結婚お祝いのお返しに関するマナーやおすすめの品物
職場への結婚祝いのお返しの相場や期間

職場の方への結婚のお祝いのお返しに人気のプレゼント

結婚すると職場の方からお祝いを頂く事もあるでしょう。結婚式に招待した方からはご祝儀としてお祝い金を頂く事になるので、そのお返しとして引き出物という形でお返しをする事になります。ご祝儀はだいたい3万円、目上の上司からだと5万円頂く場合もあるかもしれません。

ですから、引き出物はその半分から3分の1程度という事で1万5千円から2万円程度の物をお返しする事になります。そして、結婚式に出席して貰えなかった職場の人や、そもそも自分が結婚式を挙げなかった場合には、お祝いだけを頂くという事態が起こる可能性があるのです。

このお祝いはだいたい1万円以内ぐらいなので、5千円以内の物をお返しする事になります。この結婚 プレゼント お返しで人気なのが、タオルやお菓子、コーヒー、お茶など無難な物が挙げられます。

ですが、お祝いを下さった方の年齢層もライフスタイルもみんな様々なので、なかなか1つの物に決めるのは難しいでしょう。

そこで人気のある結婚 プレゼント お返しがカタログギフトです。結婚式でお返しする引き出物も最近はカタログギフトがほとんどではないでしょうか?カタログギフトだと渡す人を選ばないし、渡した人それぞれに好みの物を選んで貰えるので重宝するのでしょう。

会社の上司に贈る、結婚内祝い・お返し

会社の上司や先輩に贈る“結婚内祝い・祝いのお返し”。 何を贈るべきか悩んでいる方も多いはず・・・・・・。 せっかくですから、結婚内祝い・祝いのお返しには、喜んでいただけるものを贈りたいですよね。

しかし、日頃会社で一緒に働いているからといって“上司の好みまではよく把握していない”という方が少なくないのではないでしょうか。

目上の人・好みのよくわからない相手への贈り物選びは難しいもの。 何を贈ると良いのだろうかと頭を抱えている方も多いと思われます。

そんな時にオススメなのが、カタログギフト。 贈られた人が自由に好きな商品を選べるカタログギフトなら、幅広い方に喜んでいただけること間違いなし。

例えば「ヴァリアス」シリーズ(全13種類)のような、上品なデザインとバラエティーに富んだ品揃えが魅力のカタログギフトを選ぶと良いでしょう。

「ヴァリアス」のような上質な品々が取り揃えられたカタログギフトなら、目や舌の肥えた上司にも自信を持って贈ることができます。

会社の上司や先輩に贈る、結婚内祝い・祝いのお返しには、上質でセンスの良いカタログギフトを贈りませんか?

なお、上司への結婚内祝い・結婚祝いのお返しは、頂いた金額のおよそ3分の1を目安に選ぶのが一般的です。

上司に贈る、結婚祝いのお返しのカタログギフト

結婚祝いのお返しの商品選びは、とても難しいですね。結婚するふたりが贈りたいものを押し付けるのではなく、相手の方から喜ばれるものをプレゼントしたいものですね。

特に上司にあたる方への結婚祝いのお返しは、きちんとしたものを選びたいものです。誰からも喜ばれる結婚祝いのお返しは、カタログギフトです。

お子様がいるのか、お酒が好きなのか、甘いお菓子が好きなのかなど、ギフトは家族構成や好みを考える必要がありますが、カタログギフトなら、贈った相手の方が好きなものを選べるところが最大のメリットです。

おすすめのカタログギフトは、大手カタログギフトメーカー、たき新の「ヴァリアス」シリーズです。

このシリーズのカタログは、高品質な商品が数多く掲載されているのが特徴で、商品のジャンルが多彩なんです。

幅広い世代の方から人気があるグルメ商品を中心に、生活雑貨やファッション、体験型の商品まで多くの掲載ページから商品を選べます。上質感のあるバラの表紙に好感度があり、有名ブランドの商品などが揃うので、上司の方にも喜んでいただけるカタログなんです。のしや包装紙なども選べて、上司にあたる方のほか、ご親戚の方にもぴったりなカタログギフトです。

上司への結婚式の引出物の相場

結婚式に会社の上司をお招きすることがあるかと思います。これから先もお世話になる上司ですから、おもてなしにはマナーをもって接したいところですよね。

そこで、上司が結婚式のゲストである場合、お返しに用意させていただく上司への引出物の相場とはいくらくらいのものでしょうか?一般的には、上司へのお返しは会社の同僚や後輩などよりワンランク上のものを用意することが多いようです。

理由としては、同僚や後輩と比較するとご祝儀の金額が平均してやや高めであること。同僚や後輩のご祝儀が3万円であっても上司は5万円包んでくださるケースが多いので、予め失礼のないように引き出物もランクアップしたものを選んでおくと良いでしょう。

例え、ご祝儀金額が同僚たちと同じ額であってもお世話になっている上司への敬意という意味ではランクアップしたもので恥をかくこともありませんね。

また、上司を主賓としてお招きする場合ですが、その場合の上司への引出物の相場は、主賓に対するお礼とお車代にプラスして、やはり他ゲストよりもランクアップした引き出物を用意することが多いです。

他ゲストに5000円のカタログギフトを用意したとすれば、上司には8000~10000円前後のカタログギフトを用意すると良いでしょう。

会社の上司や同僚への結婚式の引出物の相場

結婚式に会社の仲間を招待することは多いかと思います。会社の仕事仲間と言っても、関係性はいろいろ。同僚と上司では、お返しに用意する引き出物に変化をつけた方がいいの?と迷ってしまいますね。

そこで、会社の同僚・上司への引出物の相場について確認したいと思います。まず、同僚がゲストである場合、多くはご祝儀の金額が3万円ではないでしょうか?そうなると、ご祝儀の金額に対して半返しが基本ですから、披露宴のお料理代を差し引くと引き出物にさくことができる金額は3000~5000円程度になるかと思います。これが同僚に対するお返しの相場ですね。

次に、上司の場合はどうでしょうか?同僚と比べて多く包んでくれることが多い上司のご祝儀は5万円が平均としましょう。そうなると、お返しとしてもワンランクアップしたものを用意する必要がありますね。

ただ、明らかに目上の立場の人に対する上司への引出物の相場はいただいたご祝儀の3割返しでもOKとされていますので、およそ10000円前後が上司をゲストにお招きした際の相場ということになります。

もし、同僚と上司が一緒のテーブルに着席するようなら、引き出物にはカタログギフトがおススメですよ。カタログギフトなら、引き出物の袋を一目して明らかな差が出ることがありません。同じテーブルで横を見ると引き出物に明らかな差があると気分を害する人もいるかもしれませんから、カタログギフトがスマートと言えるでしょう。

会社の上司への結婚内祝いやお返しに関するマナー

結婚するとなり結婚式を挙げる場合は会社の直属の上司をご招待する人が多いでしょう。このように直属の上司には、披露宴において主賓の挨拶や乾杯の音頭をお願いする事になるかもしれません。

ただ、全ての上司をご招待できるわけではないので、結婚式や披露宴に出席して貰えなかった上司からお祝いだけを頂くといったような場合もあります。このように会社の上司からお祝いだけを受け取った場合には、結婚内祝いのお返し 会社の上司に渡す必要が出て来ます。

この結婚内祝いのお返し 会社の上司に渡す品としては、一般的にタブーとされている品は避けるのがマナーでしょう。結婚の内祝いやお返しでタブーとされている品としては、刃物や下着、靴下、そして緑茶などが挙げられます。

まず刃物は「縁を切る」という意味から縁起が悪い品とされています。そして下着や靴下など直接肌に身につける物を贈るのは、「そのような物さえ買えないほど困窮している」という事を表すので宜しくないとされています。

又緑茶などの日本茶はお葬式などのお返しによく用いられる品なのでこれも縁起が良くないとされているのです。

そのような事を考えると、最も無難な品はカタログギフトかもしれません。カタログギフトなら相手の方に自由に品を選んで貰う事が出来ます。

会社の同僚への結婚内祝いやお返しにおすすめの品物

結婚すると色々な人から結婚のお祝いが届く事でしょう。友人からであったり、会社の同僚からであったり、本当にたくさんの人から渡されるかもしれません。そこでこのようにお祝いを貰ったら、次にお返しを用意して返す必要が出て来ます。

では、この結婚内祝いのお返しなら、会社の同僚へ何をお返ししたらよいのかですが、無難な品物としてタオル、石鹸、お菓子、コーヒーや紅茶などがよく選ばれています。又、結婚式に出席して下さった方々へのお返しである引き出物でもよく選ばれるカタログギフトもとてもおすすめです。品物だとお返しした人全てに喜んで貰えれるかどうか微妙です。

それならカタログギフトの方がお返しを受け取った方それぞれが自分の好みの品を選んで貰えれるので、外れが無いのではないでしょうか?

特に結婚内祝いのお返し 会社の同僚に渡す品物となると、そこまで個人的に付き合いがある方でなければ、好みとかも分からないので悩む可能性は高いでしょうし。

ただ、会社の同僚が数人で少しずつ出し合ってまとまったお祝いを下さったような場合には、一人一人にお返ししなくても、みんなで食べて貰えれるお菓子などを出社時に持参するとかでも良いかもしれません。

上司への結婚内祝いやお返しのマナー

「上司への結婚内祝いやお返しのマナー」についてご紹介いたします。結婚をすると家族や親戚、友人、会社の同僚や会社の上司の方など新郎新婦に関係してくるさまざまな方々からお祝いを頂くことがあります。

上司の方から結婚祝いを頂いた場合に結婚のお返し・内祝いのマナーはどのような点に気をつけたらよいのでしょうか。上司の方から結婚祝いを頂いたときには結婚のお返し・内祝いのマナーは、まずはお礼の言葉を相手の方に伝えるようにしましょう。

直接会えるのであれば直接、お礼の言葉を伝えます。すぐにお会いできない場合は電話などでお礼の言葉を伝えるようにしましょう。また、目上の方から頂いたお祝いのお返しは半返しは失礼に当たってしまうため3分の1くらいに収めるようにしましょう。

下の者には厚く、上の者には控えめにが原則だといえます。また現金でいただいたお祝いに対して金券をお返しの品物にすることはやめておきましょう。

最近では内祝いに金券を贈る場合もありますが、本来は突き返しといわれておりとても失礼な行為にあたります。目上の方や年配の方には金券を贈ることは控えたほうがよいでしょう。

上司の方にお祝いのお返しを贈る場合は高級なタオルギフトやカタログギフト、お菓子のギフトセットなどがおすすめです。

カタログギフトはグルメ専門のカタログギフトなどもありますので上司の方の好みがわからない場合などには活用すると良いでしょう。

上司への結婚祝いのお返しのマナー

「上司への結婚祝いのお返しのマナー」についてご紹介いたします。結婚をすることになれば家族や親戚、友人、上司、同僚などからお祝いを頂くことがありますが、上司の方から頂いた結婚祝のお返しのマナーはどのような点に気をつけたらよいのでしょうか。

上司の方への結婚祝のお返しのマナーは、お返しの品物は半返しではなく三分の一くらいの金額の品物を贈るようにしましょう。また、金券などをおくることは「つき返し」といって本来は失礼な行為にあたってしまいます。

最近は、結婚祝いのお返しに商品券などを贈る場合もありますが上司の方や年配の方などには金券をおくることは避けたほうが良いでしょう。結婚祝いを頂いたときには、必ず早めにお礼の言葉を伝える事を忘れないでおいたほうが良いでしょう。

また、上司の方への結婚祝いのお返しに贈る品物はタブーの品物もあります。弔事をイメージさせるお茶や生活苦を暗示させる肌着などです。その他にもスリッパや敷物、踏み台などは部下から上司の方に贈ることは厳禁だといわれています。足で踏みつけてつかうものだからです。

仕事道具なども皮肉にとられてしまいがちなのでお祝いのお返しの品物に選ぶことは避けておいたほうが良いでしょう。なるべくだったら上司の方が好きなものや欲しいと思っているものをお祝いのお返しとして贈りたいですが、難しい場合はカタログギフトなどもおすすめです。

グルメカタログギフトなどの場合は上司の方の家族の好みなどでも選ぶこともできます。ANAフレッシュセレクション グルメ カタログギフト 「彩」 Aコースなどは、食卓を彩るバラエティーが豊かなラインナップがそろっています。

会社の上司への結婚お祝いのお返しに関するマナーやおすすめの品物

結婚したら会社の上司からお祝いを頂く事になるかもしれません。もし結婚式に出席して下さった場合にはその場でご祝儀という形でお祝いのお金を受け取る事になるので、その場合には引き出物という形でお返しする事になるでしょうが、結婚式に出席して貰えなかった上司からお祝いだけを受け取る事もよくある事です。

このようにお祝いを受け取った場合には、なるべく早い内に結婚お祝いのお返しをするようにしましょう。この結婚お祝いのお返しですが、一般的相場としては、受け取ったお祝いの半分から3分の1程度の品をお返しするのが礼儀とされています。

ですが、会社の上司とかですと、一般的なお祝いより高額なお祝いを下さる場合もあるかもしれません。そのような場合には、あまりこの半分や3分の1程度といった相場を気にせず、平均的な額のお返しをしたらよいでしょう。

ただ「たくさんお祝いを貰っているのに少ない額のお返しをしてもよいのか?」「たくさんお祝いを貰ったからといって張り合うようにたくさんお返しするのはそれはそれで失礼ではないか?」など色々悩むかもしれません。

そのような時におすすめのお返しがカタログギフトです。カタログギフトは金額が分かりにくいのでちょっと高めのカタログを選んでもそれがあからさまにならないので相手にそこまで遠慮させてしまう事はないでしょう。

職場への結婚祝いのお返しの相場や期間

職場の方にも結婚式に出席して頂く場合は、職場全体に結婚することが式の前に伝わることがあります。結婚式に呼ばれていない方や来られない方からも、お祝いの品を頂くことがあると思います。どんなに早くお祝いを頂いたとしても、基本的には結婚祝いのお返しする 期間は結婚式の後1カ月以内とされています。

お祝いの品を貰ったら、直接の場合はその場で、郵送の場合は電話や会ってお礼を言うのがマナーです。郵送であれば中身を確認してからお礼をして、お返しは結婚式の後になることを伝えても良いと思います。

あまりにも早い時期にお祝いを頂く場合は、結婚祝いのお返しする 期間が長くなってしまうので、いきなりお返しが届くと驚かれることもあります。

必ずお礼のお手紙を添えるようにしましょう。職場では、個人ではなく連名でお祝いの品をくださることも多いです。そういった場合でも、できるだけ個人に向けてお返しができると良いと思います。気持ちが伝わりますし、渡し漏れが無くなります。

カタログギフトであれば小額のお返しも選ぶことができますし、のしにも包んでもらえます。職場でたくさんお返しをしなければならないという時にもカタログギフトは最適です。個数によって割引があるのでお得に感じると思います。

結婚内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
結婚内祝い マナー一覧
結婚祝いのお返しの基本!連名で頂いたり、挙式なしの場合のお返し
職場の方への結婚内祝い。職場全体や連名への贈り方や渡し方
結婚内祝いの熨斗。カジュアルスタイルのお祝いの場合や旧姓について!
結婚内祝いのお礼状の基本!身内の不幸があった方への文面や、入れ忘れた場合について
結婚内祝いで商品券を贈りたい!メリットや発送方法、包み方について
結婚内祝いの贈る時期の基本!入籍・挙式前にお返しを贈るタイミングについて
兄弟への内祝いの基本!挙式が欠席だった兄へのお返しや、出席する場合のお返し
結婚内祝いの一般的な金額。お返しへの金額が少し少なかった場合と、5千円のお祝いに対しての内祝い
結婚内祝いの基本的な相場。品物を一緒のタイミングで贈りあった際や、お祝いを頂きすぎた際の対処
友人への結婚内祝いの基本!お返しは御車代ではなく内祝いとして贈る。またお祝いを頂いたらお返しは必須です。
お悩み解決接客ブログ
料理が上手なおばさんに、高級な昆布と鰹節のセットを贈りたい
結婚内祝に今治タオルが選ばれる理由
結婚内祝を親から渡す時は、熨斗を二人の名前にする?それとも実家の名字にする?
結婚内祝いで選ばれる物はどんなものが多いのか??
結婚内祝いには鰹と昆布がいいの?
高額なご祝儀の内祝には「カタログギフト」と「鰹・昆布」の商品を組み合わせてお返しする!
若い世代に受け継いでいきたい、結婚内祝の昔ながらの返し方
結婚内祝いで悩まれていた若い世代のお客様
成功事例・体験談
すでに「結婚内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
すでに「結婚内祝いの品物の選び方」を経験された先輩の方々のアドバイス
【事例・エピソード集】すでに「結婚内祝いの品物選び」を経験された先輩の方々
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
おすすめからカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚祝いマナー
香典返しマナー
出産内祝いマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト