カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 結婚内祝い > 結婚内祝いのマナー > 結婚内祝いの基本的な相場。品物を一緒のタイミングで贈りあった際や、お祝いを頂きすぎた際の対処

結婚内祝いの基本的な相場。品物を一緒のタイミングで贈りあった際や、お祝いを頂きすぎた際の対処

結婚祝いへのお返しの相場については、以下のようなお悩みが多いのです。
「連名の方々へのお返しは、どれほどのものなら大丈夫なんだろうか?」
「相場以上のご祝儀に対しては、どう対処すればいいの?」

結婚祝いを頂いたら、結婚内祝いを贈る。 これは大人としてのマナーとされていますよね。

でもみんな一体どのくらいのものをお返しに贈っているのだろう…。 そう不安に思っている方も多いかと思います。

お返しの品物なので、金額面のマナーもしっかりと守って、きちんと贈りたいですよね。

今回はそんな、結婚内祝いの相場についてのご紹介をいたします!

1.寿退社で送別会を開いて頂いた際に、受け取った結婚祝いには、(結婚祝いへの内祝いが目的ではなくとも、)その場で結婚祝いに見合う品物を贈っていれば、別のお返しの品はなくても良いかと思われます。
結婚内祝いが目的の品物ではなくても、その場で結婚祝いの品物の金額に見合った、品物を贈っていれば、改めて別の内祝いの用意はしなくても大丈夫かと思われます。 もし贈るとしても、お菓子の詰め合わせ程度の気軽に渡せる程度の品物が無難でしょう。
2.友人からの相場以上のご祝儀へのお返しは、返金せずに引き出物+お返しの品物をの金額に合わせて贈りましょう。
多くご祝儀を頂いても、現金でのお返しは現金を返すのは、お祝いの気持ちを突き返してしまうことになるので失礼に当たってしまいます。 ご祝儀はありがたくいただいて、その分品物でのお返しをしましょう。
3.結婚内祝いの基本的な相場について。
基本的に内祝いの相場は、頂いた結婚祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。 ですがもし家族や親族間でルールがある場合は、そのルールにのっとって内祝いの品物を用意するのが無難でしょう。そのためにも、用意する前に1度両親に相談してみることがお薦めです。
4.すでに「結婚内祝いの相場についての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。

1.寿退社で送別会を開いて頂いた際に、受け取った結婚祝いには、結婚祝いへの内祝いが目的ではなくとも、その場で結婚祝いに見合う品物を贈っていれば、別のお返しの品はなくても良いかと思われます。

  • お祝いの品物を頂いた際に、見合った金額の品物を贈っていれば、内祝いは用意しなくても大丈夫でしょう。
  • もし送るとしたら、お菓子の詰め合わせ等のちょっとした心遣い程度にするのが無難でしょう。
  • 改めて別で半返し〜1/3程度の金額のお返しをすると、相手の負担になるかもしれませんので、贈る場合は気軽に受け取れる品物がお薦めです。
お客様のお悩み

先日寿退社をし、退職の際の送別会と結婚祝いを兼ねた会を開いてもらいました。そこで1人3,000円出し合った、お祝いの品物を頂きました。 その際に自身は今までのお礼として2,000円の品物を送りましたが、内祝いは別で必要ですか?

最近、寿退社をされた女性Dさんからのご相談です。結婚式は退社後の予定です。

退社の際に、同期の方々に、送別会と結婚祝いを兼ねたお食事会を催して頂いたそうです。

その際に、お疲れ様と結婚おめでとうの意味を込めて、お食事の代金を出してもらったのと、結婚へのお祝いの品物を頂いたとのこと。 品物は1人3,000円ずつ出し合って買って頂いた品物をだそうです。

そしてDさんは自身は最後に、今までのお礼として用意していた1人2千円程度の感謝の品物をその場で贈ったそうです。

お祝いの品物を贈ってくれた同期は、結婚式には招待はしません。

この際のお祝いの品物へのお返しに関する、ご質問が幾つかあるそうです。

このお食事会で、1人2,000程度の感謝の品物を贈りましたが、別で内祝いは必要でしょうか?

このお食事の際に、元々今までのお礼として用意をしていた2千円程度の品物を、1人1人に贈りました。

その際は、結婚祝いと退社お疲れ様の意味を込めた、同期からの品物に対してのお礼は渡していません。

この場合は、先ほどの2,000円の品物とは別に、結婚祝いに対しての内祝を贈ったほうが良いのでしょうか?

ちなみに、この食事会に参加はしていなかった上司の方には、お祝い金として2万円を頂き、その方には内祝いは贈っています。

贈るとしたらどれほどのものを贈るべきでしょうか?

もし、お食事会の際に渡した、お礼の品物とは別に結婚内祝いを贈るとしたら、どの程度のものを贈るべきでしょうか?

お悩みへの回答

結婚内祝いが目的の品物ではなくても、その場でお祝いの品物の金額に見合った、品物を贈っていれば、改めて別の内祝いの用意はしなくても大丈夫かと思われます。 もし贈るとしても、お菓子の詰め合わせ程度の気軽に渡せる程度の品物が無難でしょう。

1人3,000円程度のお祝いの品物に対して、目的は違えど2,000円の品物を贈っているので、改めて別の内祝いの用意はしなくても大丈夫かと思われます。

今回、質問者様は意図的ではなくとも1人2千円程度のプレゼントを用意していたのですよね。

それに対して、同期の方々からの結婚祝い+お疲れ様の品物が1人千円程度の品物であったのならば、この場合は別の内祝いは用意しなくても大丈夫かと思われます。

基本的に内祝いの金額の目安は、頂いた品物に対して半額〜1/3程度の金額のものとされています。

それはお返しにかける金額が多すぎても、お祝いを突き返してしまうような形になりますし、少なすぎても、頂いたお祝いに対して見合わないお返しになるからだと言われています。

今回質問者様は、目的は違えど半額以上の品物を贈っているので、内祝いとしてではなくても、お返しはこれで充分と言えるかと思います。

そして、もし仮に結婚祝いに対しての内祝いを贈ってしまうと、この場合『結婚祝いに贈った品物の額が足りなかったのかな?』等、逆に不安にさせてしまう怖れもでてきてしまいます。

なので別の内祝いは用意しないほうが無難かも知れませんね。

内祝いには半額〜1/3程度の金額の品物を贈るのが良いでしょう。

先ほどでも記述した通り、今回のケースでは、別で内祝いの品物を贈らなくても大丈夫かと思われます。

ですがそれでも、内祝いとしてのものを贈らなかったのが引っかかるのであれば、引っ越し先で有名なお菓子などの、ちょっとした品物を贈ってみてはいかがでしょうか?

もしかしたら送料等で赤字になるかもしれませんが、贈り先様からしてみれば、律儀で丁寧な方だなと良い印象は持っていただけるかと思われます。

なので、もし内祝いを送っていないことが引っかかるのであれば、気軽に受け取れるような品物を贈るのがお薦めです。

結論として、この質問者様のお話ならば、

  • お祝いの品物を頂いた際に、見合った金額の品物を贈っていれば、内祝いは用意しなくても大丈夫でしょう。
  • もし送るとしたら、お菓子の詰め合わせ等のちょっとした心遣い程度にするのが無難でしょう。
  • 改めて別で半返し〜1/3程度の金額のお返しをすると、相手の負担になるかもしれませんので、贈る場合は気軽に受け取れる品物がお薦めです。

ですね!!

2.友人からの相場以上のご祝儀へのお返しは、返金せずに引き出物+お返しの品物をの金額に合わせて贈りましょう。

  • 予想よりもお祝い金が多額の場合でも、現金を返すのは、お祝いを突き返すことになり、失礼になるのでやめましょう。
  • 結婚式の食事台や引き出物で補えなかった金額分のお返しは、後日品物の内祝いでお返しをするのが良いかと思われます。
お客様のお悩み

夫と恋人時代に共通の友人の結婚式に2人で出席し、それぞれ3万円ずつ包みました。 先日その友人が、自分たちの結婚式に出席してくれ、結婚式でしか面識のない奥さんの分も踏まえて7万円ものご祝儀を頂きました。 その際の金額やお返しの仕方についてご質問があります。

最近結婚された女性、Aさんからのご相談です。

Aさんは先日大学時代のご友人と結婚をされたそうです。

その際にAさんは恋人時代からの友人であったBさんを結婚式に招待したとのこと。 Bさんからのご祝儀はなんと、立場は友人にも関わらず7万円も包んで下さったらしいです。

きっと、昔Bさんの結婚式に、まだ恋人同士だった旦那さんと2人で出席し、それぞれ3万円ずつ包んでいたので、そのお返しとして7万円も包んでくれたのだとのこと。

ですが、Bさんとの奥様とは結婚式での1度しか面識がありません。

このご祝儀へのお返しについての疑問点が幾つかあるそうです。

返金はしないほうが良いですよね?

いくら金額が多すぎて申し訳ないと思っていても、この場合は1度頂いたご祝儀。

やはり品物でのお返しが良いですよね? 多すぎた分の現金をお返しするので、失礼ですよね?

もらいすぎた金額の分の金額のお返しはどのようにすれば良いのでしょうか?

結婚式当日の御食事代や、引き出物では、Bさんから頂いたご祝儀には到底、お返しとしても見合いませんでした。

このような場合は、どうやってお返しをすれば良いでしょうか?

お悩みへの回答

想定していたよりも多く頂いた金額分は、後ほど別のお返しの品物を贈りましょう。 現金を返すのは、お祝いの気持ちを突き返してしまうことになるので、必ず品物でのお返しが良いでしょう。

多くご祝儀を頂いても、現金でのお返しは現金を返すのは、お祝いの気持ちを突き返してしまうことになるので失礼に当たってしまいます。 ご祝儀はありがたくいただいて、その分品物でのお返しをしましょう。

ご祝儀やお祝いの品物が、相場や予想よりもかなり高い金額の場合でもそれは頂いて、多く頂いた分に対してのお返しを、品物で贈るのが良いかと思われます。

現金に現金をつき返すのは大変失礼に当たりますし、お祝いを突き返されたと思われてしますおそれもあります。 なのでそれは相手の気持ちと考えて、快く受け取ったほうが、お互いにとって良いでしょう。

また、今回はご友人様からのご祝儀なので、内祝いには半額〜1/3程度の目安の金額のものを贈るのが一般的かと思われます。

ですが場合によっては両親や祖父母から、大金をお祝いで頂くことがある方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合は、相談して家庭のルールに従って内祝いを贈るのが無難かと思われます。

あまりにも大金の場合には、贈った側の方々もお返しを求めていなく、本当に気持ちとして贈っている場合が多いので、その際はある程度のお返しと、感謝の気持ちを伝えるのが大切です。

引き出物と結婚式のお食事代で補えなかった分のお返しは、後日別の内祝いを贈りましょう。

今回のように結婚祝いのお返しを引き出物で返す予定だった場合、予想だにしなかった金額で引き出物と結婚式当日の食事だけでは、ご祝儀のお返しに見合わない場合もありますよね。

このような場合は、引き出物とは別で後日、改めて別の内祝いを贈るのが無難かと思われます。 その内祝いで、見合わなかった分の金額のお返しをすれば大丈夫でしょう。

もちろん、贈る際は感謝の気持ちを必ず伝えるのも大切です。 郵送の場合は必ず、お礼状も添えるか、一緒に別の郵便で贈るのが良いでしょう。

結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 予想よりもお祝い金が多額の場合でも、現金を返すのは、お祝いを突き返すことになり、失礼になるのでやめましょう。
  • 結婚式の食事台や引き出物で補えなかった金額分のお返しは、後日品物の内祝いでお返しをするのが良いかと思われます。

ですね!!

3.結婚内祝いの基本的な相場について

結婚内祝いの一般的な相場

基本的に内祝いの相場は、頂いた結婚祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

あまり、多すぎてもお祝いの気持ちを突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しになってしまうとの考えから、この相場が一般的な目安とされています。

なのでただ贈りたいものを贈るのではなく、しっかりと頂いた品物や金額をリサーチしてから、内祝いに贈る品物の候補を決めることが大切となってきます。

頂いたお祝いが、現金の場合はお返しにかけるべき金額も、大変わかりやすいのですが、品物だと調べて失礼じゃないかな?と少し心配になってしまいますよね。

ですがきちんとお返しをするために金額をリサーチすることは、大人としてのマナーなので、失礼にあたることはないので、ご心配なさらずに。

結婚祝いは普通のプレゼントとは違い、見合ったお返しをしなくてはなりません。 そのためには金額を知ることは必要なことであり、みんなが行っていることと思われます。

なのでお祝いを頂いた際は、ネット等でしっかりと調べてから、内祝いの品物を用意するのがお薦めです。

家族や親族への内祝いの相場について

上記でも記述した通り、基本的に内祝いの相場は、頂いた結婚祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

ですが家族、例えば兄弟両親、あるいは親戚などの親族からお祝いのお金や品物を頂いた時に、多々あるのが各家庭にある、お祝いへのルールです。

これはある家庭とない家庭で別れると思います。

ない場合は、とても大金ではない限りは、基本的に先ほどの『半額〜1/3程度の金額の品物』を内祝いとして贈れば大丈夫かと思われます。

ですがもしルールがある場合は、そのルールにのっとって内祝いの品物を用意するのが無難でしょう。 そのためにも、用意する前に1度両親に相談してみることがお薦めです。

4.すでに「結婚内祝いの相場についての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス

冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。

結婚のお祝い金のお返しの相場
結婚のお祝いのお返しに関する相場と人気のプレゼント
結婚式の祝い金のお返しの相場
結婚の内祝いの相場とは?
結婚祝いのお返しの相場
結婚式の引き出物やお返しに使われるカタログギフトの相場
会社の同僚への結婚内祝いやお返しの相場
結婚内祝いやお返しの時期や相場金額
結婚内祝いやお返しのマナー/相場金額
結婚祝いのお返しのマナー/相場金額
結婚式のお礼とお返しに関するマナー/相場金額
結婚のお返しの相場金額
親戚への結婚祝いのお返しの相場や時期
結婚式後、内祝いを贈る場合の金額相場
出産内祝いの相場金額
お祝いとお返しの相場金額やマナー
結婚お祝い返し相場っていくら?
結婚のお祝い返しのマナーや相場金額
結婚祝いを頂いて、お返し不要の金額ってある?
結婚祝いを頂いて、「お返し不要」と言われた場合はお礼状だけでいい?

結婚のお祝い金のお返しの相場

結婚のお祝い金 お返しの予算としてはもらった金額の半分、つまり半返しが基本であるといいます。結婚式でもらう結婚のお祝い金 お返しは統一した引き出物になるので、その半分の金額を超える場合もあるし、声ない場合もあるでしょう。いづれにしてもお返しは半分という考え方で問題ありません。

もしも結婚式に出席しない友人などから結婚のお祝い金をもらいお返しをする時にも、その半分の金額になります。もしも5000円のお祝いだったら2500円。10000円だったら5000円という予算ですね。しかし、金額に合わせて結婚のお祝い金 お返しをするのは容易なことではありません。

時には、この予算では何も買えないということや、金額が低くて、見た目が安っぽく見えるから予算をオーバーしてもう少しいいのもにせざるおえなかったということもあります。また性別によってもお返しの品を選ぶのに困る時がありますよね。そのような時に便利なのがカタログギフトなのです。

このカタログギフトは、予算別に用意されているので、結婚のお祝い金 お返しの金額によって、自分で選択をすることができます。また性別を問わず、特産品の食べ物から、DIYに必要なものまで幅広い品物がカタログギフトに掲載されているので、お返しには最適です。

結婚のお祝いのお返しに関する相場と人気のプレゼント

結婚のお祝いを貰ったら、そのお祝いに対してお返しをする事になりますが、このお返しの相場としては、貰ったお祝いの半分から三分の一程度の物を返すのが一般的です。結婚式に招待した場合には、ご祝儀として相場3万円から5万円程度を頂く事になりますが、結婚式に出席して貰えなかった方や、そもそも結婚式はせずにお祝いを頂く場合には、相場5千円から1万円程度のお金や品物を頂く事が多いでしょう。そのお返しとなると、だいたい2千円から5千円程度の物を返す事になります。

この結婚 プレゼント お返しで人気なのが、誰が貰ってもおそらく困らないであろうタオルや石鹸、お菓子やジュース、コーヒーなどの後に残らない物が挙げられますが、「1人暮らしの人はそうそうタオルも要らないだろう…」とか、「年輩の人は洋菓子より和菓子の方が良いだろうけど、友達には今人気の洋菓子をお返ししたいし…」などと考え出すと、なかなか結婚 プレゼント お返しが決まらないのが現状ではないでしょうか?

そこで最近人気なのがカタログギフトです。結婚式で頂くご祝儀のお返しである引き出物においても、最近はほとんどがカタログギフトではないでしょうか?その人それぞれの好みを気にせずにお返し出来るところが人気なのでしょう。

結婚式の祝い金のお返しの相場

結婚式を挙げると、ご祝儀をもらうことになりますよね。また、出席していない方からも、結婚のお祝いとしてお祝い金を頂くこともあります。お祝い金の相場としては、上司や目上の方であれば5万円から10万円、友人や同僚であれば3万円から5万円程度を包んで頂くことが多いと思います。

結婚式 祝い金 お返しの相場としては、お祝い金の1割から3割程度になるかと思います。結婚式が終わってみないと、その場で頂いたご祝儀の金額はわかりません。引き出物は同じなので、お祝い金が多かった方にはそれなりに帳尻を合わす必要があります。

そういった時に便利なのがカタログギフトです。多かった分の金額に合わせて、最適な価格帯のカタログを選んで、自宅にお送りするだけで、他の方とのバランスが取れるようになります。同封できるメッセージカードにて、お祝い金が多かったことについて感謝の気持ちを書くようにすると良いと思います。

結婚式 祝い金 お返しにカタログギフトを選ぶ方が多いのは、お返しの相場にあった的確な値段の物を選ぶことができるからだと思います。高いものでも不必要なものを贈ってしまったら意味がないですし、お返しを考える手間は無いほうが良いですよね。

結婚の内祝いの相場とは?

多くの方々に祝福される結婚。人生で一番幸せな時とも言える結婚。その際、結婚祝いを頂くことも多いかと思います。その場合は、必ずお礼の意味を込めて内祝いを贈りましょう。しかし、内祝いを贈る際、一体どんなものを選べばいいのか、相場はいくら位なのか。内祝いというものを初めて贈る方も多いでしょう。こういった大人の一般常識には分からないことが多いものです。

まずどういったものを選べばいいのかですが、それはあくまでお礼ですので、自分たちが選んだものであれば何でもいいでしょう。相手が好きなものを考えて贈るもよし、自分たちが好きなものを贈るもよしです。最近ではカタログや名前入りのお菓子、お米をチョイスする方もいるようです。

そして気になる相場ですが、基本的には頂いた結婚祝いの半額程度の品物を用意することが目安とされています。そのため、予算に応じて内祝いの品を選ぶのも一つの手です。あまりに安いものを贈ると相手がショックを受けることもあります。せっかくお祝いをしたのに喜んでもらえなかったと思われることも。あくまでも相場ですので、それ相応の品物を選ぶことが大事です。

また、その際はのし、メッセージカード、包装紙等にも気を配りましょう。大人としての常識、些細な気配りが大事です。相手の心にちゃんと伝わるお礼をしたいですね。

結婚祝いのお返しの相場

結婚祝いを頂いたらお返しの品物を検討します。その際のお返しの相場は相手によって、また地域によっても変わります。 友人ならば半額位、後輩や年下の方の場合は同等のお返しをする方もいらっしゃるようです。

連名でもらった場合は一人づつにプチギフトでお返しをしたり小分けになっているお菓子などをお返しする場合もあります。 結婚祝いに頂いた品物がいくら位の物か分からない時はインターネットを使ってその商品の相場を探してみましょう。

自分が知らないだけで、安いものだとは限りません。食器などは結婚祝いという事で実はブランド物で思った以上に高額な物を頂いている場合が有ります。 あまりにも低価格の物をお返ししては失礼になります。品物の場合は注意が必要です。

親戚については意外と両親が親戚の方などとお返しの相場を取り決めをしている場合が有りますので、まずは相談をしてみましょう。 高額の商品を頂いた方には高額なお返しが必要な場合が有ります。意外と喜ばれる高額な品物を探すのは難しいものです。

そんな時にはタログギフトがお薦めです。これならば相手の好きな品物を選んで頂くことが可能ですので、金額的にも選びやすいです。 また、品物はいらないと言う方向けにグルメの中からも気兼ねなく選べるのが魅力ですね。

結婚式の引き出物やお返しに使われるカタログギフトの相場

「結婚式の引き出物やお返しに使われるカタログギフトの相場」についてご紹介いたします。結婚式の引き出物を用意する際に相場がきになりますが、結婚式 お返し カタログギフトの相場はどのくらいにすれば良いのでしょうか。

たとえば結婚式 お返し カタログギフトを引き出物のメインにする場合に引き出物の全体の相場をまずは考えましょう。一般的には引き出物の相場は、3,000円から6,000円くらいだとされています。親戚や上司の方の場合はお祝いで包んでもらえる金額が多めになりますので5,000円から10,000円くらいになります。

友人や同僚などの引き出物の相場を5,000円くらいだと考えるのであれば、3,000円くらいのカタログギフトを選らんであとの2,000円は引き菓子や鰹節のセットなどの予算にまわすと良いでしょう。親戚や上司などの場合は、引き出物の金額を8,000円くらいと考えるのであればカタログギフトは5,000円くらいの予算のものを選んで残りの3,000円を引き菓子や鰹節のセットなどにすると良いでしょう。

カタログギフトの場合はきちんと包装されていますので中身のランクなどはわからないようになっています。そのため、ゲストの方によってお返しの品物の内容をわけていることはほとんどわからないでしょう。

会社の同僚への結婚内祝いやお返しの相場

結婚すると周りの方々からたくさんお祝いを頂く事になるかもしれません。結婚式を挙げたら、それに出席して下さる方々からはご祝儀という形でお祝いのお金を頂く事になりますが、それには出席して貰えなかった方々からお祝いだけを頂くという場合もあるのです。中には会社の同僚からもお祝いを頂く事でしょう。

このようにお祝いを受け取った場合には、それに対して結婚 内祝い お返し 会社の同僚に渡すのが一般的でしょう。この結婚 内祝い お返し 会社の同僚の相場としましては、だいたい受け取ったお祝いの額の半分から3分の1程度の品をお返しするのが相場です。

そこでおすすめのお返しとしては、お菓子やタオルなどの定番のお返しでも勿論良いでしょうが、カタログギフトがおすすめです。お菓子やタオルなどはどうしても好みに合うかどうかが問題になりますし、1人暮らしの人だとそこまでタオルも必要無かったり、お菓子もそこまで減らなかったりと状況がまちまちだからです。その点カタログギフトだとそれぞれの人が自分の状況に合った、自分の好みの品を選んで貰えれるので安心してお返しする事が出来るでしょう。会社で手渡しでお返しした場合にも、持って帰って貰うのにもかさばらないのでその点でも安心です。

結婚内祝いやお返しの時期や相場金額

結婚祝いをいただいたら、お返しを用意する必要がありますよね。そこで、お返し選びの際に予算を立てることと思いますが、一般的にはお返しにかける予算相場とはどのくらいなのでしょうか?結婚式の招待させていただくゲストには、通常披露宴のお料理と引き出物をあわせていただいたお祝いの半返し程度になるよう用意します。

お祝いが平均3万円の友人たちには引き出物が3000~5000円程度の品物。お祝いの額が大きくなる親戚の方や上司には引き出物が10000円前後の商品を選ぶことが多いようですね。この原理と同じと考えたら、結婚式に出席いただけなかった方へのお返しは、いただいたお祝い金額の半返しをそのまま当てはめると簡単に計算できますね。

3万円包んでいただいたのなら、15000円が内祝いの相場ということになります。ただ、明らかに自分より目上の方、叔父や叔母など親戚でも年長者、会社の上司や社長などからいただいたお祝いのお返しは3割返しが相場とする見方もあります。あまり高級なものをお返しするとかえって失礼にあたることがあるからです。

このあたりは、その他親戚の結婚式ではどうだったか?など事前にご両親と確認しておくと良いでしょう。結婚 内祝い お返し 時期としては、結婚式、もしくは入籍後1か月以内をめどにお返ししましょう。結婚 内祝い お返し 時期が迫ってきても用意できていない場合、用意する時間がなかなかとれなくてもカタログギフトなら簡単に準備できますよ。最近では、ネットでもカタログギフトを注文してのしをつけてもらい郵送をお願いすることができますので、忙しく内祝いをじっくり選ぶことが難しい新郎新婦にはぴったりの商品ですね。

結婚内祝いやお返しのマナー/相場金額

「結婚内祝いやお返しのマナー/相場金額」についてご紹介いたします。結婚式をあげた場合や結婚式をあげていなくても結婚祝いを頂いた場合に結婚のお返し・内祝いのマナーはどのような点に気をつければよいのでしょうか。また、結婚のお返し・内祝いのマナーとお返しの相場金額はどのくらいなのでしょうか。

結婚内祝いは、新郎新婦の親戚の方や家族、友人、職場の関係者から結婚祝いを頂いた場合のことをさいていますが、結婚のお祝いを頂いたときのタイミングや相手によってもお返しの方法は異なるといえます。結婚祝いのお返しは、結婚を祝福してくれたご祝儀を用意してくれた方やお祝いの品を頂いた相手に対して、感謝の気持ちをこめて行う返礼品のことをさしています。結婚内祝いのお返しの相場金額ですが、ほとんどの場合に頂いたご祝儀やお祝い品物のの「半額」から「3分の1」の品物をお返しとして選びます。

もしも高額の結婚祝いを頂いた場合は新婚旅行のお土産などもプラスして贈る場合もあります。結婚内祝いで人気の品物はテーブルウェアやタオルギフト、カタログギフトなどがあります。カタログギフトはリンベルのPresentage(プレゼンテージ)カタログギフト QUARTET(カルテット)などもおすすめです。多くの掲載商品や見やすさから好評のカタログギフトです。

結婚祝いのお返しのマナー/相場金額

「結婚祝いのお返しのマナー/相場金額」についてご紹介いたします。結婚のお祝いを頂いたら結婚祝 お返し マナーはどのような点に気をつけなくてはならないのでしょうか。良くわからない場合もありますので結婚祝 お返し マナーやお返しの相場金額を確認しておいたほうが良いでしょう。

結婚祝いのお返しは結婚内祝いとなりますが、家族の方や親戚の方や職場の関係者、友人たちから結婚祝いを頂いたときにするお返しのことになります。結婚のお祝いを頂いたときには、感謝の気持ちをこめてお祝いをしてくださった方にお返しをしましょう。

結婚祝いのお返しの相場金額は一般的にはいただいたご祝儀やお祝い品物の半額から三分の一ていどの品物を贈る事になります。もしも親戚などから高額の結婚祝いを頂いた場合は、新婚旅行に入った時に購入したお土産なども贈ると良いでしょう。

結婚祝いのお返しの品物で人気のアイテムはタオルギフトやテーブルウェア、グルメギフト、カタログギフトなどがあります。カタログギフトはミストラル カタログギフト Arnica(アルニカ)などもおすすめです。その他にもテーブルウェアのあたたかさの中にも品のある「たち吉 花絵 取り鉢揃」などもおすすめのアイテムです。

結婚式のお礼とお返しに関するマナー/相場金額

「結婚式のお礼とお返しに関するマナー/相場金額」についてご紹介いたします。結婚することが決まると結婚祝いを新郎新婦の周りのかたがお祝いをとしておくりますが、結婚式お返しマナーについてご紹介します。 結婚式お返しマナーやお返しの相場金額はどのくらいなのでしょうか。

新郎新婦との関係性によってもお返しの相場はかわってきますが、たとえば友人の場合だと引き出物の金額は3,000円から5,000円くらいの品物を用意します。そして上司の場合は、5,000円から10,000円くらいの間で品物を用意します。親族の場合がもっとも高めで7,000円くらいから12,000円くらいの引き出物を用意します。

また、結婚披露宴に招待することができなかった方や披露宴に招待はしたのだけれども都合によりご出席していただけなかった方などにも結婚祝いのお返しの品物を贈ります。結婚披露宴に出席された方の場合は、披露宴で用意したお料理や引き出物などがお祝いのお返しとなります。結婚式を行わない場合もありますが、そのような場合でも結婚祝いを頂いた場合は必ずお返しとして結婚内祝いを贈るようにしましょう。このようなマナーに気をつけておけば恥ずかしい思いをしなくても済むでしょう。結婚祝いのお返しの相場金額は、頂いた金額の半返しが一般的です。

お返しの品物よりも会って元気な顔をみせて欲しいという方もなかにはいらっしゃるかもしれません。少し控えかなというような品物であっても贈る相手の好みのものや会食する機会を作るといった配慮をしてもよいでしょう。結婚内祝いはカタログギフトなども人気の品物です。たとえばカタログギフトのmade in Japan(メイドインジャパン) カタログギフトなどもおすすめです。

結婚のお返しの相場金額

結婚のお祝いを貰ったらそれに対して結婚のお返しをするのが礼儀でしょう。この結婚のお返しですが、一般的には貰ったお祝いの半分から3分の1程度の品をお返しするのが相場とされています。ですが、もし数人の人が少しずつ出し合って1つのまとまったお祝いを下さったような場合には、なかなか半分や3分の1といった予算でお返しするのは難しいかもしれません。

そのような場合には、みんなで食べて貰えれるお菓子をお返しするとか、新生活が落ち着いてきてたからでよいので、新居を紹介する意味も兼ねて自宅へ招待するとかでもよいかもしれません。又年輩の方や親しい親族の方からは今度は逆にかなり高額なお祝いを頂くという事もあり得ます。

このようにかなり高額なお祝いを受け取った場合にも、半分や3分の1といった相場を気にせず、そこそこの額で気持ちでお返ししたらよいでしょう。 どちらのケースにしても、お返しの予算で迷う場合におすすめのお返しとしてカタログギフトがあります。カタログギフトは予算によって様々なカタログが用意されていますが、その金額が受け取った側には分かりにくい物なので、自分の気持ちで予算を決めてお返し出来るという利点があるのです。

親戚への結婚祝いのお返しの相場や時期

親戚から結婚式のお祝いをいただいた場合、結婚祝い お返し 時期 はいつ頃が適切であるかご存知ですか?結婚式を挙げる場合と、挙げない場合があるかと思いますが、まず結婚式を挙げるカップルは、結婚式の後1か月以内にお返ししましょう。親戚の方が、結婚式よりずいぶん早くお祝いを届けに来てくださった場合は、結婚祝い お返し 時期 がいただいてから長い時間空いてしまうことになりますので、ひとますお礼状を出し、”無事に結婚式を終えたら改めて気持ちばかりのお返しを用意させていただきます”という旨が先方に伝わるようにしておきましょう。

次に、結婚式を挙げないカップルの場合ですが、こちらは入籍してから1か月以内にお返しするように心がけましょう。親戚の方によっては、入籍してから1か月以上たった後にお会いしたタイミングでお祝いをくださることもあるかもしれません。その場合には、お祝いをいただいてからなるべく早くお返しを用意するようにしましょう。

基本的には、結婚式に出席してくださった場合、披露宴のお料理や引き出物でお返しをしたことになりますので、別途お返しの品を用意させていただくのは、結婚式に出席していただいていない親戚からお祝いをいただいた場合です。そうなると、いただいた金額の3割~半返しが基本の金額となり、何をお返しして良いものか迷ってしまうこともありますね。そんな時には、カタログギフトはいかがでしょうか?カタログから商品現物を選ぶタイプのものもありますし、中にはギフト券、旅行券などと引き換えできるカタログギフトもあり、金額が高額な時には重宝しますよ。

結婚式後、内祝いを贈る場合の金額相場

結婚をする事になり、結婚式を挙げた場合、それに出席して下さる方々というのはご祝儀としてお祝いのお金を包んで持って来てくれます。このご祝儀に対するお返しに当たるのが引き出物で、普通、披露宴の席でお渡しする事になります。ですが、結婚式に出席して貰えなかった人からも結婚のお祝いを頂く事というのはあります。

それはご祝儀のようにお金である場合もありますし、品物の場合もあるでしょう。どちらにせよ、このように結婚のお祝いを頂いたら、結婚式 内祝いをお返しする必要があります。この結婚式 内祝の金額相場ですが、だいたい頂いたお祝いの半分から3分の1程度をお返しする事になっています。

一方引き出物金額相場としましては、ご祝儀の半分で披露宴の食事、引き出物、引き菓子を用意するのが一般的です。次にこの結婚式 内祝や引き出物によく選ばれる品としては、食器やタオルなどの日用品が多かったのですが、最近はほとんどの人がカタログギフトを選んでいるのではないでしょうか?

そもそも食器は引き出物でお返しするとなると、持って帰って貰わないといけないので、かさばりますし重たいでしょう。タオルなどもお返しの定番なので、家に余り気味で困るという意見もあります。それならカタログギフトの方が好きな物を選んで貰えるという事で人気が出て来たのでしょう。

出産内祝いの相場金額

先ほど結婚内祝いのところでも述べましたが、気になるけどなかなかひとに聞けない『お祝い お返し 金額』というフレーズのうち、一番気になるのがやはり金額相場ではないでしょうか。その悩みは当然ながら出産時のお返しにも当てはまります。『お祝い お返し 金額』というと、結婚祝いの時と同じく半返しが基本となってきます。

親や祖父母などの親しい親族から、親戚・会社同僚や上司、友人、その他付き合いのある知人など、様々な立場の方々から出産祝いをいただくケースがあり、出産という人生の中でもひときわ大切なイベントに皆さんからの祝福もあいまって幸せな気持ちになりますが、そんなときでも忘れてはならないのが相場に則したお返しをするという常識を守ることが大切です。

そういうところできっちりと常識を見せられるかどうかで、その人の評価も変わってくる場合があります。結婚内祝いと少し違うのは、出産祝いの場合は単純に現金のお祝いだけではなく、品物の場合が多い傾向があるということに着目する必要があります。

現在、ベビー用品店のお祝い品のコーナーへ行くと、おむつタワーやかわいい服や帽子のセット、低年齢から使える外国製のおもちゃセットなど、実に様々な品物が様々な金額設定されてラインナップされています。そんな場合、いちがいに半返しすると金額が小さくなりすぎてみすぼらしいものしかなくなってしまう場合や、金額がよくわからないものもあり悩みますが、そこで有用なのがカタログギフトや詰め合わせ商品です。特に使い勝手がいいのがカタログギフトで、低価格の場合は1,500円程度から、十万円程度までのものも存在しますので、あまり悩むことなく使えます。

お祝いとお返しの相場金額やマナー

ここまで、結婚内祝いを贈る時期と金額や出産内祝いの相場金額について述べて述べる中で『お祝い お返し 金額』に特化して述べてきましたが、『お祝い お返し 金額』の相場やマナーについて基本をおさらいします。人生においてお祝いをいただく場面というのは、結婚であったり出産であったりいずれの場合においても自分の一番輝いた人生のハイライトとも言うべき場面であり、そういう場面においては誰しもが浮かれ地に足がつかなくなることもあると考えられます。

また、そういうときこそその人物の対応というものが常識的であるかないかを含めた評価となる場合が多々あることです。だからこそ、マナーを守ったお返しをすべきなのです。マナーを守るとは、お返し時の金額や時期、品物(カタログギフト)について相手のことを考えているか、ということが一番大切になります。

お祝いをいただくケースや相手は様々で、そうなるとお返しの際にも細かな相手方の状況や事情に考慮した配慮というものをするのが原則であり、カタログギフトのようなものが存在しなかった時代には、例えばあの人は独身だから○○を・・・あの方は結婚されていてご家族が…など、非常にパーソナルな情報にもとづいて個々の対応が必要でしたが、現在は様々な便利な内祝い商品を活用することにより、その手間は限りなく軽減されています。

結婚お祝い返し相場っていくら?

結婚のお祝いを頂いた時に、きちんと知っておきたいマナーとしてお返しがあります。結婚お祝い返し相場としては、頂いた金額の約半分をお返しとする考えが通常として言われています。お祝いのお返しは内祝いと呼び、幸せのおすそ分けという意味合いも含まれています。

結婚お祝い返し相場の金額を認識しながら、結婚した二人らしさが伝わるような、そんなお返しを用意していきたいですね。気をつけておきたいマナーとしては、挙式後一か月以内に相手様に贈るようにすることも大事です。贈り物にはしっかりとお礼の言葉を添えてお届けするのが大切なポイントともいえるでしょう。

贈り物の内容は、使える実用的なものを贈るということやシンプルなものを用意するのがいいかもしれません。今はカタログギフトをお返しに贈ることで、より受け取った側の方の気持ちを尊重した贈り物になっているようです。カタログギフトはネットでも受付可能なので、忙しい中のお返しにも最適なサービスとして人気を得ている内祝いです。特に熨斗や包装まで、しっかりとプロによって贈っていただけるので安心なのがまた嬉しいポイントです。もちろんメッセージを付けることも可能ですので豊富な品ぞろえのカタログギフトから選択し、金額に応じたお返しをしていくのに大変重宝します。

結婚のお祝い返しのマナーや相場金額

結婚 お祝い返し 金額のマナーは、いただいた品物やお祝い金の半額から3分の1程度を目安とします。お返しの金額は、少なすぎると失礼にあたりますし、多すぎても相手の気持ちの負担になってしまいますので、注意が必要です。

一般的に結婚のお祝いの金額の相場が、友人・知人の場合は2万~3万円、会社の同僚や先輩も2万~3万円、その他の親戚は3万~5万円、姪や甥は5万~10万円、兄弟や姉妹の場合も5万~10万円とされています。よって、その結婚 お祝い返し 金額の相場は、それぞれの半額から3分の1となります。

お返しの品は、その相手と金額によって、適切なものを選ばねばなりません。また、その品物を送るタイミングは、挙式後1か月以内が基本マナーですので、たくさん時間をかけて選ぶ余裕はあまりありません。そこで、最近人気のお返しが、カタログギフトです。カタログギフトであれば、いろいろな関係者から受け取ったお祝いの品の金額に合わせれば、相手が好みのものを必要に応じて選んでくれるので、確実に喜んでもらえるお返しの品になりますので、贈る側としては贈りやすいお返しです。また、色々な価格帯から選べるカタログギフトは、相場の金額のマナーに沿ったお返しができます。

結婚祝いを頂いて、お返し不要の金額ってある?

結婚祝いお返し不要ということは基本的にはないと思っていていいと思います。その理由は、例え1000円という金額のお祝いだったとしても、それはその人の気持ちですし、お祝いをしたいという気持ちは金額だけではかれるものではありません。そして、結婚祝いを贈るためのカタログギフトなどには、500円程度の金額からお返しができるようになっています。大人数で1つのプレゼントを頂いたり、少額のプレゼントを頂いた場合でもお返しをするようにしたほうが間違いはないです。

カタログギフトには、小さなお菓子を包んだものや、石鹸などの詰め合わせ、ミニタオルなどきちんと包装されていてギフト用になっているので、そういった専用のカタログからまとめて注文をしたりすると、送料なども気にせずにお返しを贈ることができます。

結婚祝いお返し不要な場合は金額ではなく、相手がどうしてもお返しはいらないよと言ってくれた場合(関係にもよります)や、両親などとても親しい関係の人に限る場合が多いので気をつけるようにしましょう。3000円のプレゼントを頂いたとしても通常のお祝い返しの考え方だと、1000円から1500円のお返しが必要なので、低価格のお返しもチェックしておくとよいでしょう。

結婚祝いを頂いて、「お返し不要」と言われた場合はお礼状だけでいい?

結婚祝いお返し不要と言われた場合でも通常はきちんとお返しをするのが礼儀ですが、相手がなぜお返し不要と言っているのか、きちんと意図をくみ取るようにしましょう。そして、お祝いを頂いてから1ヵ月以内にお礼状を送るようにしましょう。もし高額なお祝いを頂いているようであれば、気を遣わない金額のカタログギフトを用意して贈るのもよいでしょう。お祝いが少額だからとお返しを断っていただいている場合は、新婚旅行などに行ったときにお土産を買ってきたり、出かけ先で先方の好きなものを買ってくるのもよいでしょう。

結婚祝いお返し不要と言われていても、それは建前と捉えて、何かしらの形で簡単にお返しを行うのが一般的です。お礼状だけを送って終わりというのはあまりよい印象ではないでしょう。どうしても気になる場合は、結婚祝いのお返し用のカタログギフトから、少額のプチギフトを選んで贈ってもよいと思います。

お返しはお祝いをくださって(またはお祝いをする気持ちを伝えてくださって)ありがとうございますという気持ちをお返しするためのものでありますので、相手が極端にお返しを嫌がっていない限りは、何らかの形でお返しをしたほうがよいでしょう。

結婚内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
結婚内祝い マナー一覧
結婚祝いのお返しの基本!連名で頂いたり、挙式なしの場合のお返し
職場の方への結婚内祝い。職場全体や連名への贈り方や渡し方
結婚内祝いの熨斗。カジュアルスタイルのお祝いの場合や旧姓について!
結婚内祝いのお礼状の基本!身内の不幸があった方への文面や、入れ忘れた場合について
結婚内祝いで商品券を贈りたい!メリットや発送方法、包み方について
結婚内祝いの贈る時期の基本!入籍・挙式前にお返しを贈るタイミングについて
兄弟への内祝いの基本!挙式が欠席だった兄へのお返しや、出席する場合のお返し
結婚内祝いの一般的な金額。お返しへの金額が少し少なかった場合と、5千円のお祝いに対しての内祝い
結婚内祝いの基本的な相場。品物を一緒のタイミングで贈りあった際や、お祝いを頂きすぎた際の対処
友人への結婚内祝いの基本!お返しは御車代ではなく内祝いとして贈る。またお祝いを頂いたらお返しは必須です。
お悩み解決接客ブログ
料理が上手なおばさんに、高級な昆布と鰹節のセットを贈りたい
結婚内祝に今治タオルが選ばれる理由
結婚内祝を親から渡す時は、熨斗を二人の名前にする?それとも実家の名字にする?
結婚内祝いで選ばれる物はどんなものが多いのか??
結婚内祝いには鰹と昆布がいいの?
高額なご祝儀の内祝には「カタログギフト」と「鰹・昆布」の商品を組み合わせてお返しする!
若い世代に受け継いでいきたい、結婚内祝の昔ながらの返し方
結婚内祝いで悩まれていた若い世代のお客様
成功事例・体験談
すでに「結婚内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
すでに「結婚内祝いの品物の選び方」を経験された先輩の方々のアドバイス
【事例・エピソード集】すでに「結婚内祝いの品物選び」を経験された先輩の方々
体験ストーリー「嫁孝行になった結婚内祝い」
体験ストーリー「小山さんのスケッチペン」
体験ストーリー「牛乳瓶のたんぽぽ」
体験ストーリー「乗馬クラブで、元気を取り戻した叔母さん」
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求


  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト