カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 結婚内祝い > 結婚内祝いのマナー > 結婚内祝いの贈る時期の基本!入籍・挙式前にお返しを贈るタイミングについて

結婚内祝いの贈る時期の基本!入籍・挙式前にお返しを贈るタイミングについて

結婚内祝いを贈るタイミングに対しては、以下のようなお悩みが多いのです。
「入籍のみの場合は、いつ結婚内祝いを贈ればいいんだろう?」
「結婚する前に頂いた、結婚祝いへのお返しのタイミングは?」

結婚をした際、いろんな方から頂くのが、結婚祝いですよね。 お祝いの品物やお金を贈ってくれる方々は多いかと思います。

そのお返しにはきちんとマナーを守って、しっかりと感謝の気持ちを込めたいものですよね。

ですが一つマナーを間違えれば大惨事…。 何てこともなきにしもあらずです!

今回は結婚内祝意を贈るタイミングについてのご紹介をいたします!

1.入籍済みで結婚式は1年後。式に出席する方からの、ご祝儀とは別で頂いたお祝いへのお返しは頂いた1ヶ月以内にするのが良いでしょう。
式と期間が空いているのであれば、1ヶ月以内にお返しは贈りましょう。 ご祝儀と別のお祝いには別でお返しをし、金額は品物の半額から1/3程度の品が一般的です。 挙式前のご祝儀に関しては、お礼状を先に送ってくのがお薦めです。
2.未入籍の時に頂いた結婚祝いへのお返しのタイミングは1式後ヶ月以内が良いでしょう。結婚内祝いの熨斗は、新姓の夫婦連名が一般的です。
挙式を待って、内祝いを贈るのが何ヶ月も先になるようでしたら、お祝いを頂いた1か月以内に、内祝は贈るのが良いでしょう。 熨斗の名前は入籍後の新姓での夫婦連名で大丈夫かと思われます。
3.結婚内祝いを送る基本的なタイミングについて。
基本的に結婚内祝いを贈るタイミングは、結婚式後1ヶ月以内とされています。入籍のみの場合や、入籍から結婚式まで長期間空いてしまう場合は、結婚祝いを頂いた1か月以内にお返しを贈るのが、一般的とされています。
4.すでに「結婚内祝いを贈るタイミングの悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。

1.入籍済みで結婚式は1年後。式に出席する方からの、ご祝儀とは別で頂いたお祝いへのお返しは頂いた1ヶ月以内にするのが良いでしょう。

  • ご祝儀以外でお祝いの品物を頂いた際は、品物を頂いた1ヶ月以内にその品物に対するお返しをしましょう。
  • ご祝儀以外でお祝いの品物を頂いた際は、品物の金額の半額〜1/3程度のお返しを贈るのが一般的です。
  • 挙式前のご祝儀に関してのお返しは引き出物で大丈夫です。なので、感謝の気持ちを伝えるのと、内祝いに対する案内をするためにも、お礼状を先に送っておくのをお薦めします。
  • 挙式まで長い期間が空く場合、結婚式に招待しない方々へのお礼は、お祝いを頂いた1ヶ月以内に内祝いを贈りましょう。
お客様のお悩み

入籍を先に済ませ、挙式は1年後の予定です。 挙式出席予定の方からご祝儀とは別に、先にお祝いの品を頂いた際、お返しの時期は?

最近、入籍をされた女性からのご相談です。挙式は貯金の関係で1年後の予定だそうです。

先日、入籍を先に済ませ晴れて彼と夫婦になったAさん。

先に入籍を済ませた関係で、挙式は1年後なのですが、既に沢山の方々から結婚祝いの品物や、ご祝儀を頂いたそうです。

この際のお返しのタイミング等に関するご質問が幾つかあるそうです。

結婚式に出席予定の友人から、ご祝儀とは別に結婚祝いのプレゼントを頂きました。 その際のお返しはいつ贈ればよいでしょうか?

結婚式に招待し、出席もしてくれる友人から、既に結婚祝いのプレゼントをいただきました。 プレゼントの金額としては、3,000〜10,000円とそれぞれバラバラです。

おそらく挙式の際には別でご祝儀を包んでくれます。

この場合は挙式後の引き出物とは別に、内祝いを用意したほうがよろしいでしょうか? この場合は引き出物でチャラになるのでしょうか?

結婚式に出席予定の友人から、ご祝儀とは別に頂いた結婚祝いのプレゼントについて。 お返しの金額は、プレゼントのみに対して、半返しか1/3程度の金額の品でよいでしょうか?

先ほどの友人数名からのプレゼントについて引き続きご質問があります。

もし、引き出物とは別でこのプレゼントに対してのお返しをするのであれば、半返しから、1/3程度の金額のお返しでよいのでしょうか?

結婚式に出席予定の方からの、挙式前のご祝儀へのお返しは、引き出物のみでよいでしょうか?

結婚式に出席予定の方から、挙式前にご祝儀を頂きました。

このご祝儀へのお返しは、引き出物のみでよいでしょうか? また、贈るタイミングは式後でよいのでしょうか?

結婚式に招待しない友人からの結婚祝いのプレゼントのお返しは、どのタイミングでしょうか?

結婚式に招待しない友人から結婚祝いをいただきました。 もちろん内祝いは贈る予定です。

ですが、私たちは挙式が1年後なので、内祝いを送るタイミングはいつがよいのでしょうか?

お悩みへの回答

式と期間が空いているのであれば、1ヶ月以内にお返しは贈りましょう。 ご祝儀と別のお祝いには別でお返しをし、金額は品物の半額から1/3程度の品が一般的です。 挙式前のご祝儀に関しては、お礼状を先に送ってくのがお薦めです。

ご祝儀とは別に頂いたお祝いへのお返しは、頂いた1ヶ月以内に贈りましょう。

今回、質問者様は入籍から挙式まで1年という長い期間が空きますよね。

その際に、ご祝儀とは別で、お祝いの品物を頂いたとのこと。 贈ってくれた方々はさぞ、質問者様の結婚を嬉しく思ってくれているでしょうね。

内祝いは挙式があるのならば、挙式後の1ヶ月以内に贈るのが一般的なマナーとされています。 ですが今回は、挙式まで待っているとかなり時間が空いてしまいますよね。

しかもお祝いを頂いた方からは、式の際には別でご祝儀も受け取るだろうとのこと。

その場合は、品物で頂いた分のお祝いへの内祝いは、品物を頂いた1ヶ月以内に贈るのが良いかと思います。

入籍のみの場合など結婚式での区切りが無い場合や、入籍から挙式まで長期間開く場合には、お祝いを頂いたら、頂いてから1ヶ月以内にお返しをした方が良いと言われています。

それは贈り先様に、忘れていないかな?なかなか内祝いを贈ってこなくてだらしがないな。等と思われてしまう怖れを防ぐためだからです。

なので今回も、ご祝儀とは別の結婚祝いに対しては、頂いてから1ヶ月以内に内祝いを贈るのが良いかと思われます。

式のご祝儀とは別の品物に対して、半額〜1/3程度の金額の内祝いを贈りましょう。

今回は式に出席されるご友人様から、式のご祝儀とは別でお祝いを頂いたのことですよね。

なので、式のご祝儀への内祝いは引き出物で贈ることになります。

今回のようなご祝儀ではない、先に頂いたお祝いの品物には引き出物は反映されていませんので、それには別での内祝いを贈るのが良いかと思われます。

金額の目安もご祝儀とは別なので、一般的な内祝いの相場と同じく、頂いた品物の半額〜1/3程度のものを贈るのが無難かと思われます。

結婚式に出席予定の方からの、挙式前のご祝儀へのお返しは、基本的に引き出物のみで大丈夫です。 ですが挙式までの期間が長いため、お礼状は先に送っておくのがお薦めです。

挙式前にご祝儀を贈って頂いた方々で、挙式当日のご祝儀がない場合ですよね。 その場合は挙式の際のご祝儀を、前倒しで頂いたという考えで大丈夫かと思われます。

なので実質、引き出物が内祝いの役目を果たしてくれています。

ですが今回は挙式まで約1年の期間が空くとのこと。 ならばお礼状を先に送っておくのがお薦めです。

そのお礼状の文面で感謝の気持ちと、改めて内祝いを贈る旨を伝えておけば、送り先様にも感謝の気持ちをすぐに伝えられますし、お返しの時期についての理解もいただけるかと思います。

今回は入籍から挙式まで長い期間が空きますよね。 なので結婚式に招待しない方々へのお礼は、挙式を待たずに、頂いた1ヶ月以内に内祝いを贈るのが良いかと思われます。

基本的に内祝いを送るタイミングは、結婚を無事に終えたという報告も兼ねているので、結婚式が終わって1ヶ月以内とされているのが一般的です。

大昔から日本人は自然の恵みに感謝し、その中に神を見出し、先祖を尊敬するという文化を育ててきました。 冠婚葬祭も、神に感謝を捧げ、ご先祖様を敬うための儀式であり、いつも神仏のご加護を忘れないように、節目節目に儀式を生活に取り込んできました。

結婚は、神仏の前で式を行うことで、感謝を表し、周りの方々に祝っていただく(披露宴)ことで区切りとなります。 出産のお返しであれば、生後約1か月後に行う「お宮参り」が済まさないと、お返ししませんし、葬儀の香典も49日の忌明け法要(故人が仏様になる儀式)が済むことが、「あの世に行かれたという」ことになるので、それ以前にお返しすることは、タブーとされていました。

神仏のおかげで生かされてきたという考えに基づいているので、結婚式が終わらなければ、結婚したと認められないし、お宮参りが終わらないうちは、家族と認めてもらえないという考え方なのです。

誰かに祝っていただいたから、お返しをしているのではなく、神様の恵みを受けらたことのおすそ分けを「内祝い」にしてきたのです。 だから、式がおわるまでは、お返ししなかったということになります。

しかし、今は神仏の前で式をされることが少なくなってきているので、「式後にお返し」ということを言わなくなってきています。 このようないきさつを経て、お返しの時期が決まっていました。

今回の場合は、入籍は済み、挙式まで1年もの長い期間が空くとのこと。 なので、上記の『神仏の前で式をされることが少なくなってきているので、「式後にお返し」ということを言わなくなってきている。』という点を踏まえて、結婚式後を優先するよりも、お返しが遅くなることを避けるために。お祝いを頂いてから1ヶ月以内に内祝いを贈るのがベストかと思われます。

入籍のみの場合にも当てはまります。

結論として、この質問者様のお話ならば、

  • ご祝儀以外でお祝いの品物を頂いた際は、品物を頂いた1ヶ月以内にその品物に対するお返しをしましょう。
  • ご祝儀以外でお祝いの品物を頂いた際は、品物の金額の半額〜1/3程度のお返しを贈るのが一般的です。
  • 挙式前のご祝儀に関してのお返しは引き出物で大丈夫です。なので、感謝の気持ちを伝えるのと、内祝いに対する案内をするためにも、お礼状を先に送っておくのをお薦めします。
  • 挙式まで長い期間が空く場合、結婚式に招待しない方々へのお礼は、お祝いを頂いた1ヶ月以内に内祝いを贈りましょう。

ですね!!

2.未入籍の時に頂いた結婚祝いへのお返しのタイミングは1式後ヶ月以内が良いでしょう。結婚内祝いの熨斗は、新姓の夫婦連名が一般的です。

  • 挙式後だとお返しが数ヶ月先になるのならば、お祝いを頂いてから1ヶ月以内に内祝いは贈るのが良いかと思われます。
  • 熨斗の名前は入籍後の新姓、夫婦連名でも問題ありません。
お客様のお悩み

入籍・結婚式前に職場の方々から結婚祝いを頂きました。 その際、内祝いを渡すタイミングはいつがベストでしょうか?

最近、結婚された女性、Aさんからのご相談です。入籍と挙式ともに年内に行う予定だそうです。

その後少ししてからAさんは、遠方で結婚式を行う予定のため、準備のために長期間のお休みを頂いたとのこと。

そしてそのお休みに入る2週間前の先日、職場の方から、入籍・挙式前に結婚祝いを頂いたそうです。

その結婚祝いへのお返しについての疑問点が幾つかあるそうです。

内祝いを送るタイミングはお休みに入る直前でよいでしょうか?

挙式と入籍をまだしていませんが、内祝いをお休みに入る直前に贈ろうと思っています。

ですがその場合、まだお祝いを頂いてから2週間しか経っていないのと、挙式と入籍も済んでいません。 それでも大丈夫でしょうか?

内祝いの熨斗の名前は入籍後の新姓でよいでしょうか?

入籍・挙式前に内祝いを送るとしたら、熨斗書きの名前は、入籍後の新しい苗字でよろしいでしょうか?

また、夫婦の連名でよいでしょうか?

お悩みへの回答

挙式を待って、内祝いを贈るのが何ヶ月も先になるようでしたら、お祝いを頂いた1ヶ月以内に、内祝は贈るのが良いでしょう。 熨斗の名前は入籍後の新姓での夫婦連名で大丈夫かと思われます。

挙式と入籍を待たずとも、お返しをするのが何ヶ月も先になるようでしたら、お祝いを頂いた1か月以内に贈るのが良いかと思われます。

今回は質問者様は挙式と入籍はまだ済まされていないとのこと。 そして、長期のお休みを取るので、その直前に内祝いを贈っても良いかとのことでしたよね。

その際に、お休みに入る直前の時点で、お祝いを頂いてから2週間がすでに経過しているとのこと。

それならば、内祝いを贈っても大丈夫かと追われます。

式後のお返しでは、あまりにも先になるので、気が引けるでしょうから、目安1ヶ月くらいでお返ししましょう。
気にならない方は、式の後お返ししましょう。どちらの場合も、お祝いをいただいた直ぐ後に御礼を兼ねて式の予定などもお伝えいただくことが、とても大切になります。

熨斗の名前は夫婦連名の新姓で書いても大丈夫です。

基本的に結婚内祝いの熨斗の名前には、新しい苗字を書くので、今回のように入籍や挙式の前でも、新しい方の苗字を優先して書いて問題はないかと思われます。

夫婦の連名の件についても、結婚は夫婦2人のことであり、そのことに対してのお祝いに贈る内祝いなので、連名でも構わないです。

ただ今回は職場の方々へとのことでしたので、この先も職場では旧姓を使い続ける予定だから、熨斗にも旧姓を使いたいなと思うのであれば、幾つかパターンもありますので参考にしてみてください。

▶︎両家の苗字を書く。
▶︎新姓の横にカッコ書きで小さく(旧姓 〇〇)と旧姓を書く。

等のパターンです。

結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 挙式後だとお返しが数ヶ月先になるのならば、お祝いを頂いてから1ヶ月以内に内祝いは贈るのが良いかと思われます。
  • 熨斗の名前は入籍後の新姓、夫婦連名でも問題ありません。

ですね!!

3.結婚内祝いを贈る基本的なタイミングについて。

基本的に結婚祝い自体は、結婚式の1ヶ月〜1週間前頃に贈るのが一般的とされています。

なので内祝いも、結婚式を無事に終えましたという報告も兼ねて、結婚式後1か月以内に贈るのが基本的なタイミングとされています。

それについて詳しくは、上記の『今回は入籍から挙式まで長い期間が空きますよね。 なので結婚式に招待しない方々へのお礼は、挙式を待たずに、頂いた1ヶ月以内に内祝いを贈るのが良いかと思われます。』に記載されています。

また、結婚式を挙げない方も多くいらっしゃいますよね。 そのような場合は、結婚祝いを頂いたら、1か月以内にお返しを贈るのが一般的とされています。

その他にも結婚式の1ヶ月以上前により、結婚祝いを頂くこともあるかと思います。 その場合は、挙式までの期間があまり開かないのであれば、挙式が終わってから1ヶ月以内にお返しでも大丈夫かと思われます。

その際には、お礼の気持ちと結婚式の予定などの報告を伝えることが大切です。

ですがもしも、挙式が1年以上先など、かなりお返しをするまでに時間が空いてしまう場合は、お祝いを頂いて1ヶ月以内にお返しをしても良いかと思われます。

もしも結婚式を終えた後に贈りたいのならば、先にお礼状を相手様に送り、感謝の気持ちと、挙式後に内祝いを贈ることを伝えておくことをお勧めいたします。

挙式の際のご祝儀を前倒しで頂いたということであれば、お礼状のみ先に送って、引き出物を内祝いとして大丈夫ですよ。

その際のお礼状にも上記にあったように、感謝の気持ちと、お返しは改めて後ほど、贈らせていただきますとのことを書いておくと、相手の方にもご理解いただけるかと思われます。

4.すでに「結婚内祝いを贈るタイミングの悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス

冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。

結婚式の祝い金のお返しの時期
結婚内祝いやお返しの時期は?失敗しないタイミング
結婚内祝いやお返しのマナー/贈る時期
結婚祝いのお返しのマナー/贈る時期
結婚式のお礼とお返しに関するマナー/贈る時期
結婚祝いのお返しの期間やマナー
結婚祝いのお返しマナー/時期はいつ?
職場への結婚祝いのお返しの相場や時期
結婚祝いを頂いたら、内祝いはいつまでに贈る?時期やマナー
結婚式後、内祝いを贈る場合の時期や「のし」
結婚祝いを頂いたら、内祝いはいつまでに贈る?時期やマナー
婚礼内祝いを贈る時期と金額
結婚祝いのお返しはいつするの?
結婚お祝い返しの正しい時期とマナー

結婚式の祝い金のお返しの時期

結婚式に呼ぶことが出来なかった方、また都合によって行くことが出来なかった方から、結婚のお祝い金をもらうこともあると思います。そういったときの結婚式 祝い金 お返しには、カタログギフトがおすすめです。

結婚式に出席していない方に、ある程度の額のお祝い金を頂いた場合は、それなりにお返しを考えないといけません。カタログギフトの場合は、お返しの価格設定が何段階も選べるようになっているので、とても便利です。お祝い金の額が多い方と少なかった方の、結婚式 祝い金 お返しが同じであると申し訳ないような気がしますが、カタログギフトならば個人個人に分けてカタログの価格帯を選ぶことができるので安心です。

カタログギフトは、相手の好みに合わせた商品のカタログをお送りして、好きな商品を選んで頂くことができるものです。子育てに忙しい時期の方には、子供用の商品が充実したカタログをお送りすることができますし、ご年配の方で、もう物はいらないと感じてらっしゃる方には、温泉の入浴チケットなどの体験型の商品が多いカタログを送ることもできます。その方の趣味や、季節や年齢、時期に合わせたカタログを選ぶようにすると、喜ばれるお返しとなるでしょう。

結婚内祝いやお返しの時期は?失敗しないタイミング

結婚祝いをいただいた方に対してお返しを贈るタイミングはいつ頃が最適なのでしょうか?お祝いをいただいた時期が早いと結婚式の前でも”早めにお返しした方がいいの?”とちょっと心配になりますよね。確かに、親戚の方などこちらの結婚報告を聞いた時点で挙式以前にお祝いを持ってきてくださる方が多いです。

しかし、そんな時もお返しはちょっと待ってくださいね。基本的に、結婚式に出席いただける方には、挙式当日のお料理と引き出物をもってお祝いのお返しとさせていただきます。ですから、お祝いをいただいたら、ひとまずお礼状を書いてお返しするのがマナーです。また、結婚式に出席いただけない方には、挙式後もしくは挙式をされないご夫婦なら入籍後1か月以内が結婚 内祝い お返し 時期になります。

このタイミングに間に合うように内祝いを用意しておきましょう。その場合にも、お礼状は忘れずに用意したいですね。結婚 内祝い お返し 時期が迫っているのに、まだ何をお返ししようか決まらないという場合にはカタログギフトが便利ですよ。

カタログギフトを選ぶポイントは、相手の年齢や好みに合わせたカタログを選ぶことの1点です。今はいろんなジャンルのカタログが出ていますから、その中から喜ばれそうなものをセレクトしましょう。好みがわかり兼ねるようならグルメ系カタログをおススメします。

結婚内祝いやお返しのマナー/贈る時期

「結婚内祝いやお返しのマナー/贈る時期」についてご紹介いたします。結婚内祝いは、結婚のお祝いをくださった友人や会社の関係者、親戚などに贈る結婚祝いのお返しの事をさしていますが、最近ではカタログギフトなどもお返しの品物として人気のアイテムです。

結婚祝いのお返しとなる結婚のお返し・内祝いのマナーはどのような点に気をつけたら良いのでしょうか。また、結婚のお返し・内祝いのマナーと結婚内祝いを贈る時期はいつにすれば良いのでしょうか。結婚の内祝いを贈る時期は、結婚式を行う場合と結婚式を行わない場合によっても異なります。そのため注意しておいたほうが良いでしょう。結婚式を行う場合には基本的には結婚式から1ヶ月以内に結婚内祝いを贈ることがマナーです。

けれども、結婚式を行わないで入籍のみの場合もあります。このような場合は結婚のお祝いを頂いてから1ヶ月以内に贈るようにしましょう。また、結婚のお祝いを頂いたら忘れないうちに電話をしてきちんと相手の方にお礼を言うようにしましょう。

もしも、結婚式の日までに日にちがあいてしまう場合には前もってお礼状を送っておきます。そして結婚祝いのお返しの品物は結婚式の後に贈るといった旨をきちんと伝えておくようにしましょう。結婚内祝いの品物は、カタログギフトのリンベル Presentage(プレゼンテージ)カタログギフト VIOLA(ビオラ)や箔一(HAKUICHI) 梅moyou カップ&ソーサーペアなどもおすすめです。

結婚祝いのお返しのマナー/贈る時期

「結婚祝いのお返しのマナー/贈る時期」についてご紹介いたします。晴れて結婚をしてお祝いを新郎新婦の周囲にいるさまざまな方たちから頂く場合があります。結婚祝 お返し マナーはどのような点に気をつけておけば恥ずかしい思いをしなくてもすむのでしょうか。

結婚祝 お返し マナーやお祝いのお返しの品物を贈る時期は、結婚式を行う場合は、結婚式をあげてから一ヶ月以内には結婚祝いのお返しの品物を相手の方におくることがマナーです。その時には品物にはきちんとお礼状をつけるようにしましょう。

結婚のスタイルはさまざまで結婚式をあげないという方もなかにはいらっしゃいます。そういった場合でも結婚のお祝いを頂いてから1ヶ月以内に相手の方にお返しの品物をきちんと贈るようにしましょう。また、結婚のお祝いを頂いたときには早めに相手の方に電話をして感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。早めに結婚のお祝いを頂いていて結婚式をおこなう日まであいてしまうときには事前にお礼状を送っておくようにしましょう。

その際には結婚祝いのお返しの品物は結婚式が終わってから贈るますというように相手の方に伝えるようにしましょう。結婚内祝いの品物は、カタログギフトなどもおすすめです。たとえばBEAUBELLE (ボーベル) カタログギフト CAROTTE(カロット)です。その他にもHotman(ホットマン) Feuille「フォイユ」シリーズ ハンドタオル2枚セットなどもおすすめのお返しの品物です。

結婚式のお礼とお返しに関するマナー/贈る時期

「結婚式のお礼とお返しに関するマナー/贈る時期」についてご紹介いたします。結婚式は新郎新婦の家族や親戚、友人、会社関係者などさまざまな親しい間柄の人やお付き合いがある人をお招きしておこないますが、結婚式お返しマナーはどのようなものがあるのでしょうか。

また、結婚式お返しマナーや贈る時期については、お祝いをしていただいたことに対する感謝の気持ちを持つことが大切です。お祝いのお返しの品物を贈る際にも感謝の気持ちをこめて相手の方が喜んでくれるような品物を選びます。いくら感謝の気持ちをもっていてもお祝いを贈る時期を先延ばししてしまっては相手に良い印象をあたえないため、結婚祝いを頂いたらまずはお礼の電話をいれるようにしましょう。

そしてお返しを贈る時期は結婚式から一ヶ月以内には贈りましょう。お祝いの品物と一緒にお礼状を添えておくると良いでしょう。お礼状には品物を頂いたのであれば品物が役にたっていることや頂いたお祝い金で新居の○○○を購入することができました。というように具体的なエピソードを添えると相手の方はきっと喜んでくださることでしょう。

お祝いを贈る時期は遅すぎてもマナー違反ですし、あまりにも早く返しすぎても良い印象をあたえないため1週間くらいたってからタイミングなどをみて贈るようにすると良いでしょう。お祝いのお返しの品物は高級タオルギフトやテーブルウェア、グルメギフト、カタログギフトなどがおすすめです。カタログギフトの場合はカタログギフトのうましま(umashima)グルメ カタログギフト 風コースなどもおすすめです。

結婚祝いのお返しの期間やマナー

結婚祝いのお返しする 期間は人や地域によって考え方や風習は異なりますが、おおよそ結婚式をした日や入籍した日から1カ月以内にお返しをすることが多いようです。結婚式をする前や入籍前にお祝いを頂いても、基本的には結婚した後にお返しをするのが一般的です。

お祝いのお返しには、無事に結婚できたことを報告するという意味もあるのだと思います。結婚祝いのお返しする 期間は結婚してから1カ月以内ではありますが、結婚後であれば早くなる分には大丈夫だと思います。結婚した後にお祝いを頂いた場合であれば、最低でも2週間以内にはお返しができれば良いでしょう。通販のカタログギフトであれば、お返しを送る日付を指定できるので便利です。

お祝いを頂いた方から順に予約していくようにすれば、渡し漏れが防げると思います。お祝いを頂いたら、まずはお礼をして、お返しは後日になる旨を伝えるのがマナーだと思います。カタログギフトは郵便ポストに入るサイズなので、不在の場合でも受け取りが簡単です。

結婚式や結婚後の生活でバタバタすることは多いので、きとんと事前にお祝い返しについて考えて準備しておくことが大切だと思います。お返しの品であっても、割れ物など縁起の悪いものを贈るのはマナー違反になるので気をつけましょう。

結婚祝いのお返しマナー/時期はいつ?

結婚祝いのお返しマナーは色々とありますが、お返しをする時期が大切です。結婚祝いは通常、結婚式や入籍する日の前に頂くものです。当然、結婚を知らせていなかった方から結婚後に頂くこともありますが、一般的には結婚前にお祝いを頂くことが多いと思います。

結婚前にお祝いを頂いても、お返しをするのは結婚後になります。お返しをする時期は、結婚式や入籍をした日から最低でも1カ月以内が良いとされています。結婚して何カ月も経ってから、遅くなった理由を手紙などに書かずにお返しを贈ることはマナー違反にあたると思います。

何か理由があって、お返しが遅くなるのは仕方がないことだと思います。しかし何カ月も経った状態で、いきなり品物だけ送られてくると相手は無礼だと思う可能性があります。お返しの時期が遅くならない場合であっても、結婚祝いのお返しマナーとしては、直筆の手紙を添えることは大切なことだと思います。品物だけでは、貰った方は何のお祝い返しだがわからないことも多いです。

年配の方や、たくさんお祝いをあげる機会がある方などは、特に忘れてしまうことが多いと思います。きちんと結婚祝いをくださったことに対するお礼と、できればそのお祝いの品をどのように使ったのか、または使う予定なのかなどを書くと良いと思います。カタログギフトであれば、お返しを送る時期を指定できたり、のしに包んでくれるサービスがあるので利用しやすいと思います。また、貰って嬉しいお返しとしてもカタログギフトは人気があります。

職場への結婚祝いのお返しの相場や時期

職場の複数名から結婚祝いをいただいた場合、結婚祝い お返し 時期 はいつ頃にお返しをすれば良いのでしょうか?お祝いをくださった職場の皆さんを結婚式にご招待できていれば、お料理や引き出物でお返しをさせていただいたと考えて良いのですが、連名でまとまった金額にしたお祝いをくださったという場合には、結婚式が無事終了後、出勤したタイミングでお返しを用意してお礼を申し上げると良いでしょう。

お返しはいただいたお祝いの半返しを目安に用意すると良いのですが、あまり高額でない場合は皆さんで分けて召し上がっていただけるお菓子にしておくと無難です。分けやすいようにお菓子は個包装されたものの詰合せにするよう心がけましょう。

また、一人5000円ずつ出し合ってお祝いをいただいた場合など、半返しと考えてもお菓子では物足りない?という額になる場合が一番頭を悩ませますよね?こんな時には、カタログギフトを選んでみてはいかがでしょうか?通常は安いものでも3000円~が相場のカタログギフトですが、まとめて購入する場合、廃盤が近づいているカタログギフトから選んだ場合など定価の半額近くで購入できることもあるんですよ。

一人2500円程度のお返しとして、4000円程度のカタログを用意できれば受け取った側にも喜ばれるのではないでしょうか?職場の方なので、仕事で役立つ文具カタログや、疲れをとるアロマやバスグッズのカタログでも良いですね。くれぐれも職場の方に対する結婚祝い お返し 時期 は、お返しないの?と勘ぐられないよう、挙式後すぐを心掛けてくださいね。

結婚祝いを頂いたら、内祝いはいつまでに贈る?時期やマナー

結婚のお祝いをいただいたら、お礼の気持ちを込めてお返しに結婚祝 内祝を贈ることになるかと思います。この結婚祝 内祝は、挙式をしなかった場合であっても、お祝いをいただいた方へはお返しすることが礼儀ですので挙式を予定していないカップルも、ある程度は考えておく必要があります。

お返しする時期ですが、一般的には結婚式の後、1か月以内が目安と言われています。できればギリギリではなく、挙式が終われば”無事に結婚式を挙げることができました”というご報告を兼ねてなるべく早い時期に結婚祝 内祝を贈るよう心掛けたいものです。

また、結婚のお祝いを直接ではなく郵送で送っていただくこともあるかもしれません。その際には、内祝いを用意してお返しするまでの間、先方が”きちんとお祝いが届いただろうか?受け取りしてもらえただろうか?”と気にかけてくださっている可能性がありますので、郵送でお祝いを受け取ったら即日、”受け取りました”という報告を兼ねてお礼を電話を差し上げるようにしましょう。

もちろん、先方の都合を考えて早朝や深夜などは避けてご迷惑にならない時間帯を選びます。友人など、よほど親しい間柄以外、電話がつながらなかったからと言って、メールでお礼を伝えることは避けましょう。特に目上の方や年配の方では失礼と感じる場合が多いので気をつけたいところ。再度、折をみてお礼の電話を入れるようにします。

また、内祝いを用意し終わった後で思いがけずいただいたお祝いに対するお返しにはカタログギフトが便利ですよ。カタログギフトなら、迷わず速やかに用意してお返しすることが可能ですね。

結婚式後、内祝いを贈る場合の時期や「のし」

結婚式を挙げた場合、そこに出席して下さる方というのは、ご祝儀という形でお祝いのお金を持参して来てくれます。これに対して新郎新婦は引き出物という形でお返しを渡すのです。ですが、結婚式に招待できなかった方や、招待したけど事情があって出席して貰えなかった方からお祝いだけを頂くという事もよくある話しです。このように結婚のお祝いだけを頂いた場合には、後日結婚式 内祝という形できちんとお返しするのが礼儀です。

お返しする時期ですが、なるべく早くにお返しした方が良いでしょう。そしてこの結婚式 内祝に何を選ぶかですが、引き出物にもよく選ばれるカタログギフトはどうでしょうか?最近、引き出物と言えばカタログギフトと言ってもよいぐらい定番になっています。品物だとどうしても好みなどが出てしまうので、それよりはその人それぞれに好みの物を選んで貰えれるカタログギフトの方が良いだろうという事で定番のお返しになってきたのでしょう。

この結婚式 内祝ですがきちんとのしを付けてお返しするようにしましょう。結婚式 内祝に付けるのしは紅白結び切りの水引が付いたのしを選ぶようにします。この結び切りは、「一度結んだら解けない」という意味から、「この結婚が末永く続きますように」という意味が込められています。

結婚祝いを頂いたら、内祝いはいつまでに贈る?時期やマナー

お祝いへはお返しをするものですが、その時期については皆さん頭を悩まされます。結婚祝い 内祝としてカタログギフトを送る場合には、どの時期が適切なのでしょうか。結婚内祝いは、お祝いのお返しです。披露宴に出席する方には基本的には内祝いは不要と言われています。

その時の料理や引出物がお返しの代わりだとされるからです。ですが、結婚祝いという形でお祝いを頂いた場合には、もちろん結婚祝い 内祝としてお返しをするべきとなります。お返しのタイミングは、お祝いを頂いてから一ヶ月以内がマナーとされています。

それよりも遅れてしまうようでしたら、電話やお礼状などを使ってお礼だけでも伝えておきましょう。その際に内祝いのカタログギフトが届くのが遅れてしまうことも伝えておけば、問題はありません。内祝いのマナーの内、特にデリケートな問題は相場ですね。

基本的には頂いた品物の半額から3分の1というのがマナーとなっています。高額なお返しは、逆に失礼と認識されるのでタブー視されています。感謝の気持ちは口頭や手紙で伝え、御礼の品は相場を守りましょう。また、刃物や割れ物は結婚のお祝いの品としては不適切とされています。「切れる」「割れる」と言う言葉を連想させるためです。

婚礼内祝いを贈る時期と金額

婚礼内祝いを送るのに金額や時期が決まっているのかも気になるでしょう。まず、お返しの金額は親族と親族以外に関わらず、お祝いでいt抱いた金額の1/2程度が目安となります。地域によっては、親族は1/3でも構わないというローカルルールもあるようです。

結婚のお知らせをしてから2週間前後でお祝いを送るのがマナーと言われていますので、お祝いが到着したら早めに婚礼内祝いを送ります。カタログギフトなど取り寄せに時間がかかるものもあるので、できるだけ早めに準備をしておくのがオススメです。

お返しのカタログギフトも贈る時期がずれると先方に対して失礼になります。お祝いをいただいて1か月以上あとに婚礼内祝いが届くと、一般的にはお返しが遅いと思われても仕方がないタイミングです。理想的な時期は1か月以内だと心得ていれば安心でしょう。

また、感謝の気持ちを伝えたい相手もいると思いますので、内祝いとは別でお礼状を出しておくと良いです。冠婚葬祭のマナーでも、本来は直接会ってあいさつするのが礼儀だと言われています。そのためお礼状でも締めくくりの文章は「略儀ながら書中にて…」と書き添えるのがマナーです。つまり、電話やメールはマナー違反と考えて構いません。

結婚祝いのお返しはいつするの?

結婚の祝いを頂いた時には、披露宴に参加できなかった方に贈るのがマナーとされています。主にお返しの時期としては結婚の挙式から一か月以内にお届けするのが大切です。結婚お祝い返し相場といたしましては、貰ったお祝いの金額の半分を相手様にお返しするといったことが定番のようです。

そして、大切なのはお返しをする際に感謝の一言を添えて贈るということを忘れてはいけません。贈る内祝いの内容としては、誰もが好むような使える用品を選択することが大事になってきます。あまりにこだわりを持ちすぎて相手にとって反対に使いづらいものでは、贈られた方も困惑する品になってしまいます。結婚お祝い返し相場として約半額を目安としますが、一番今主流になっているのはカタログギフトを利用することです。

これなら贈られた側の人の本当に今欲しかったものを内祝いにお届けすることができるので、双方プラスで大好評なのです。今やインターネットでこのカタログギフトは手軽に注文できますので、プロによる手配で安心のお届けも心強い味方になることでしょう。メッセージや熨斗、包装までしっかりと用意されているので、何かと大変な内祝いのお返しを迅速に贈ることができる嬉しいサービスになっています。

結婚お祝い返しの正しい時期とマナー

結婚お祝いをいただいたら、忘れずにお返しをしなくてはいけませんよね。結婚お祝い返し 時期は、挙式後1か月以内が一般的なマナーとされています。挙式後は、通常ハネムーンや休暇後の仕事で多忙になってしまうなど、お祝い返しの時間が限られてしまいがちですので、あらかじめ余裕をもってスケジューリングしておきましょう。

お祝いをいただく相手は、親戚や友人・知人など、さまざまな人がいるかと思います。そのそれぞれに合った品物を考えて、それらを手配するのはとても時間がかかって大変なことですし、すべての相手に喜んでもらえるものを選ぶのは至難の業ですので、うまくカタログギフトを利用することで、時期や内容が失礼にならずにすみます。

また、挙式前にお祝いをいただくことや、挙式後に挙式に招待しなかった友人などからプレゼントをいただくことがあります。挙式前に頂いた場合は、3日以内にお礼状を出して、品物は挙式後に贈ることが決まりです。挙式後に頂いた場合は、すでに挙式が終わっていますので、なるべく早めにお礼状を添えてお返しを送りましょう。

このように、事前に想定していなかった人からお祝いをいただいた際にも、カタログギフトなどにしておくと、結婚お祝い返し 時期を逸することなく、マナーに沿ってスムーズにお返しをすることができます。

結婚お祝い返しの時期やポイント

結婚お祝い返し 時期は挙式後1か月以内が目安ということは、上記でお話ししました。そのお返しの際にポイントとなることが2つあります。ポイントの1つ目は、「お礼状」を添えることです。お祝い返しは、本来手渡しをするのが丁寧なのですが、遠方に相手がいる場合は郵送することになります。

また、デパートなどお店から直接カタログギフトなどの品物を郵送することも珍しくありません。そのような場合には、直接お礼を伝えられない代わりに、品物にそえてお礼状として手紙を添えましょう。品物を選んだ理由も添えると気持ちが伝わります。

また、カタログギフトを選んだ場合など、特定のものではないときは、お好きなものを選んでくださいという趣旨の一言をそえると、さらに丁寧になります。ポイントの2つ目は、「送付状」を出すことです。

これは、お返しの品物が届く前に、相手に「これこれをお送りいたしました」と伝えるものです。お返しの品物がデパートなどから直接送付される場合に、いきなり心当たりのない店から品物が届いた、というぶしつけな印象を与えずにすみます。

このように結婚お祝い返し 時期には、手紙と品物を届ける適切な時期というものがありますので、ポイントをおさえておくと慌てずにすみます。

結婚内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
結婚内祝い マナー一覧
結婚祝いのお返しの基本!連名で頂いたり、挙式なしの場合のお返し
職場の方への結婚内祝い。職場全体や連名への贈り方や渡し方
結婚内祝いの熨斗。カジュアルスタイルのお祝いの場合や旧姓について!
結婚内祝いのお礼状の基本!身内の不幸があった方への文面や、入れ忘れた場合について
結婚内祝いで商品券を贈りたい!メリットや発送方法、包み方について
結婚内祝いの贈る時期の基本!入籍・挙式前にお返しを贈るタイミングについて
兄弟への内祝いの基本!挙式が欠席だった兄へのお返しや、出席する場合のお返し
結婚内祝いの一般的な金額。お返しへの金額が少し少なかった場合と、5千円のお祝いに対しての内祝い
結婚内祝いの基本的な相場。品物を一緒のタイミングで贈りあった際や、お祝いを頂きすぎた際の対処
友人への結婚内祝いの基本!お返しは御車代ではなく内祝いとして贈る。またお祝いを頂いたらお返しは必須です。
お悩み解決接客ブログ
料理が上手なおばさんに、高級な昆布と鰹節のセットを贈りたい
結婚内祝に今治タオルが選ばれる理由
結婚内祝を親から渡す時は、熨斗を二人の名前にする?それとも実家の名字にする?
結婚内祝いで選ばれる物はどんなものが多いのか??
結婚内祝いには鰹と昆布がいいの?
高額なご祝儀の内祝には「カタログギフト」と「鰹・昆布」の商品を組み合わせてお返しする!
若い世代に受け継いでいきたい、結婚内祝の昔ながらの返し方
結婚内祝いで悩まれていた若い世代のお客様
成功事例・体験談
すでに「結婚内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
すでに「結婚内祝いの品物の選び方」を経験された先輩の方々のアドバイス
【事例・エピソード集】すでに「結婚内祝いの品物選び」を経験された先輩の方々
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
おすすめからカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚祝いマナー
香典返しマナー
出産内祝いマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト