カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 結婚内祝い > 結婚内祝いのマナー > 友人への結婚内祝いの基本!お返しは御車代ではなく内祝いとして贈る。またお祝いを頂いたらお返しは必須です。

友人への結婚内祝いの基本!お返しは御車代ではなく内祝いとして贈る。またお祝いを頂いたらお返しは必須です。

友人からの結婚祝いは、以下のようなお悩みが多いのです。
「内祝いはどんな品物にしよう?」
「自分が同額のご祝儀をもらっていない場合は、どの程度のお返しをすれば良いんだろう?」

結婚をすると仲良しな友人から結婚祝いを頂くことも多いのではないでしょうか? 品物を頂いたり、お祝い金を頂いたり、結婚式に招待したり。

友人の方からしても、周りの仲良しな人が結婚するのって、とっても喜ばしいものですよね!

そんな大切な友達だからこそ、お返しもマナーをしっかりと守って、感謝の気持ちを伝えたいですよね。

 

今回はそんな友人から結婚祝いを頂いた場合の、内祝いについてのご紹介をいたしますよ!

1.友人からご祝儀と別で頂いたお祝いには、式の御車代に上乗せをするのではなく、品物での内祝いを贈るのがスムーズかと思われます。御車代にするのならば、事情をお伝えして渡すのが大切です。
結婚祝いとして、ご祝儀とは別の品物を頂いていたのならば、内祝いを用意しましょう。 また、内祝いの代わりに御車代をお渡しするのであれば、その際に事情を説明することが大切です。
2.仲良しの友人グループからそれぞれ結婚祝いを頂いたら、未婚、既婚に関わらず、その時にきちんとお返しをしましょう。また、結婚式に招待する場合は引き出物がお返し代わりです。
結婚式に招待する場合は、引き出物がお返し代わりとなっています。 挙式をしないなら、結婚祝いを頂いたら内祝いは必ず贈りましょう。 また、未婚の方には将来結婚祝いを渡す渡さない関係なく、お祝いを頂いた際に、お返しをしましょう。
3.友人へ贈る結婚内祝いの基本的なマナー
基本的に結婚内祝いは、頂いた結婚祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額』とされています。あまり多すぎても、お祝いの気持ちを突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しになってしまいます。また、結婚式のご祝儀に対してのお返しは、引き出物と結婚式のお食事代がお返しとなるので、相手への負担も考えて、内祝いは贈らない方が良いとされています。
4.すでに「友人への結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。

1.友人からご祝儀と別で頂いたお祝いには、式の御車代に上乗せをするのではなく、品物での内祝いを贈るのがスムーズかと思われます。御車代にするのならば、事情をお伝えして渡すのが大切です。

  • 結婚祝いの品物に対しては、内祝いの品物を贈るのが一般的です。
  • 内祝いと御車代・宿泊代は別物と考えた方が良いでしょう。
  • 御車代に上乗せするのであれば、お渡しする際にきちんと、品物への感謝の気持ちとそのことへの説明を伝えましょう。
お客様のお悩み

結婚式に招待した友人から、挙式日よりも前に別で結婚祝いを頂きました。 その際に内祝いは贈らず、結婚式当日の御車代として交通費ほぼ全額相当をお渡ししました。 ですが、友人は不服だったそうです。どうすればよかったでしょうか?

最近、結婚をされた女性、Dさんからのご相談です。結婚式も先日終えたそうです。

Dさんは結婚式に友人のEさんを招待したそうです。

そしてEさんからは、結婚式当日のご祝儀とは別に、結婚祝いで5,000円ほどの品物を、結婚式よりも前にDさんに贈って頂いていたそうです。

DさんはEさんを結婚式に招待しているからと、お祝いの品物に対しての内祝いは贈らずに、結婚式当日に御車代として、交通費全額相当をお渡ししたそうです。

その時に、内祝いについては何も伝えなかったとのこと。

ですが後日他の友人から、結婚内祝いがなかった事に対して、Eさんが不満を言っていたことを、知ったそうです。

この際の一連のお返しの仕方に関するご質問が、幾つかあるそうです。

御車代としてお返しの分のお金を、上乗せするのでは失礼だったのでしょうか?

結婚式の際、Eさんからは相場通りのご祝儀を頂きました。 そのご祝儀には、引き出物と結婚式のお食事代でお返しができています。

ですが、結婚式前に頂いたお祝いの品物に対しては、特に内祝いは贈っていません。

なので、その分Eさんには、結婚式の御車代を当日にお渡ししました。 金額としては交通費ほぼ全額相当です。 ですが、宿泊費用はお渡ししていないので、御車代は足りていたものの、お釣りとしては返ってはこなかったとのこと。

ですが、他の友人には交通費はお渡ししていません。 また、そのことについてや、内祝いのつもりでということも、特にはEさんにはお伝えしませんでした。

そのせいもあってか、後日Eさんが他の友人に、内祝いがなかったことについて不満を漏らしていたそうです。

私のお返しの仕方では、いけなかったのでしょうか?

もし失礼であったのならば、どのようにすればよかったのでしょうか?

もし、Eさんの思う通り、失礼にあたっていたのであれば、どのようなお返しの仕方がベストだったのでしょうか?

お悩みへの回答

結婚祝いとして、ご祝儀とは別の品物を頂いていたのならば、内祝いを用意しましょう。 また、内祝いの代わりに御車代をお渡しするのであれば、その際に事情を説明することが大切です。

お祝いの品物には内祝いでのお返しがスムーズで良いかと思われます。

Dさんは結婚式の当日の御車代のほぼ全額相当を、内祝いとしてEさんにお渡しされたとのことですよね。

品物を贈るよりも確実に、Eさんの負担を軽減させられる現金の御車代を上乗せするで、お返しをしたというDさんの心遣いも、相手を思ってのことですので、素晴らしいことと思われます。

ですがEさんへは説明不足だったためにEさんには誤解を生んでしまったようですよね。

御車代や宿泊代は全くの別物と考えられていることが多いです。

結婚式は自分たちが招いている側なので、遠方からお越しいただくゲストには少なからず、御車代や宿泊代の一部〜全額をお出しすることが、一般的なマナーとされています。

なのでEさん自身は、他の人も同額の御車代はもらっていたり、むしろ初めから全額分の御車代は用意してもらえていたと思ってしまっていたのかもしれませんね。

だからEさんは内祝いとして、多めにお金を頂いていること自体、気づいていなかったのかもしれません。

こういった場合は、そのままにしておくと、DさんもEさんもお互いに対して少しモヤモヤとした気持ちが残ってしまうかもしれませんよね。 せっかくのお祝いの席なのに、それは寂しい気持ちにお互いなりますよね。 なので、Eさんにはちょっとしたお返しの品物と、今回の御車代への説明をアフターフォローですることをお薦めいたします。

せっかく相手を思っての行動だったのに、それで関係が崩れてしまうのも悲しいものですしね。

また、先ほども記述した通り、内祝いと御車代や宿泊代は全くの別物と考えられていますので、お祝いで頂いた品物には、内祝いの品物でお返しをするのが1番スムーズかと思われます。

そうすれば今回のようなことも避けられますし、品物を選んでもらえたことに対しても相手様には喜んでいただけるかと思います。

ですが、Dさんのように現金として他を賄ってあげたいという、お返しの方法ならば、そのことを相手にもきちんと説明して、ご理解いただけるようにするのが大切かと思われます。

ご友人様がフランクな関係ならば、御車代をお渡しする際にご説明すれば納得いただけたかもしれません。 結婚祝いのお返しは品物でのお返しが一般的とされています。

先ほどもお伝えした通り、内祝いと御車代や宿泊代は全くの別物と考えられているのが一般的です。

内祝いは頂いたお祝いに対してのお返しであり、御車代や宿泊代は、招待した人の負担を減らすためのものだと考えられているからです。

なので今回のように、実際には他の方には御車代が渡されていない、あるいは渡していても全額ではない。 そのことをEさんはご存じないかと思われます。

今回のDさんの品物を贈るよりも確実に、Eさんの負担を軽減させられる現金の御車代を上乗せするで、お返しをしたという心遣いも、相手を思ってのことですので、素晴らしいことと思われます。

ですがその説明がなかったために、そのことへの配慮を知らなかったEさんは内祝い自体がなかったと誤解してしまったのかもしれません。

なので今回の件では、Eさんに御車代をお渡しする際に、品物へのお礼の気持ちと、内祝いとして御車代全額を渡すということをお伝えするのが大切だったのかと思われます。

ですがもしそこまでこだわりがが無いのであれば、内祝いは内祝いとして、自分で選んだ品物を用意するのでも大丈夫かと思われます。

それならば本来の内祝いの仕方で、確実にマナーに則っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 結婚祝いの品物に対しては、内祝いの品物を贈るのが一般的です。
  • 内祝いと御車代・宿泊代は別物と考えた方が良いでしょう。
  • 御車代に上乗せするのであれば、お渡しする際にきちんと、品物への感謝の気持ちとそのことへの説明を伝えましょう。

ですね!!

2.仲良しの友人グループからそれぞれ結婚祝いを頂いたら、未婚、既婚に関わらず、その時にきちんとお返しをしましょう。また、結婚式に招待する場合は引き出物がお返し代わりです。

  • ご祝儀に対するお返しは、結婚式でのお食事代と引き出物とされています。
  • 結婚式のご祝儀以外に結婚祝いを頂いたら、それに対するお返しはしましょう。
  • 挙式をする際の結婚祝い金(ご祝儀)は3万円、それに対しての挙式なしの場合の結婚祝いは基本的に1万円が目安とされています。
  • 相手がこの先の結婚をするしない関係なく、結婚祝いを頂いた際にお返しはしましょう。
お客様のお悩み

入籍のみで、友人から結婚祝いで1万円ずつ頂きました。 その友人たちの結婚式に出席の際、自分は3万円包んだが、この場合お祝い金に対してお返しはするのでしょうか? また、未婚の友達にもその時にお返しをしたほうが良いですか?

最近、結婚をされた女性、Aさんからのご相談です。結婚式はしない予定です。

先日入籍をした際に、仲良しグループのご友人様たちからそれぞれ1万円の結婚祝い金を頂いたそうです。

この際のお返しの仕方に関するご質問が、幾つかあるそうです。

グループ内の友人の結婚式に出席した際は、3万円を包んだので、入籍なしでお祝い金が1万円だった私は、内祝いは贈らないでいいでしょうか?

グループ内の友人が結婚式を挙げた際は、結婚式に招待され出席していました。 その際にご祝儀として3万円を包みました。

今回、私は入籍のみで挙式はしないことから、友人たちからの結婚祝い金は1万円でした。 この場合でも、私からは結婚内祝いは贈るのでしょうか?

グループ内に未婚の友人が1人います。 その友人への内祝いも、この際にきちんと渡したほうがいいですか?

結婚祝いを頂いた友人グループの中に、まだ未婚の友人が1人だけいます。

その場合は、内祝いを渡さずにその子の結婚の際にお祝い金を渡すだけでいいのか、 今内祝いを贈るべきなのかどちらでしょうか?

お悩みへの回答

結婚式に招待する場合は、引き出物がお返し代わりとなっています。 挙式をしないなら、結婚祝いを頂いたら内祝いは必ず贈りましょう。 また、未婚の方には将来結婚祝いを渡す渡さない関係なく、お祝いを頂いた際に、お返しをしましょう。

ご友人様へのご祝儀に対しては、結婚式でのお食事と引き出物がお返し代わりとなっています。 なので、挙式をしないのならば、きちんと内祝いを贈りましょう。

まず初めに、結婚式に出席する場合は、自分のご祝儀に対してのお返しは、結婚式でのお食事代と引き出物、約20,000円相当とされ、残りの10,000円はお祝い金とされています。

ですので挙式をしない場合は、そのお食事代や引き出物代金がかからないと考えられて、大体3万円のご祝儀を頂いていた場合は、2〜1万円のお祝い金を贈られることが多いです。

その金額面から、贈られる側の人によってはそのことを気遣って、お返しはいらないからと辞退される方や、お祝いの品物を一緒に添えられる方も多いです。

今回質問者様は結婚祝いを頂いたとのことですので、それに対してのお返しはした方が良いかと思わ れます。

挙式をしないとのことでしたので、質問者様の場合は引き出物を渡すことはないと思われますので、品物でのお返しをご用意されると良いでしょう。

将来結婚祝いを渡す渡さない関係なく、きちんとお祝いを頂いた際にお返しをしましょう。

基本的に頂いたお祝いに対してはお返しをするのがマナーとされています。

友人間でもしっかりと、お祝いとお返しに対するルールを取り決めていたら話は別になりますが、ない場合はしっかりとお返しを渡した方が無難で良いかと思われます。

また結婚内祝いは、相手に結婚祝いを先で渡す渡さないは関係なく、お祝いを頂いたら贈るものとされています。

内祝いには様々な意味が含まれてはいますが、そのうちの一つに、お祝いに対する感謝の気持ちを伝える。という意味合いもあるからです。

また結婚は、神仏の前で式を行うことで、感謝を表し、周りの方々に祝っていただく(披露宴)ことで区切りとなります。

日本人は神仏のおかげで生かされてきたという考えに基づいているので、結婚式が終わらなければ、結婚したと認められないし、お宮参りが終わらないうちは、家族と認めてもらえないという考えかたなのです。

誰かに祝っていただいたから、お返しをしているのではなく、神様の恵みを受けらたことのおすそ分けを「内祝い」にしてきたと言われています。 ですので、式がおわるまでは、お返ししなかったことが多かったです。

上記のことから、結婚内祝いは結婚をしたことという報告の意味合いも込められています。

ですから、今回のように未婚のご友人さまにもきちんと、その際にお返しを 贈る方が良いかと思われます。

結論として、この質問者様のお話ならば、

  • ご祝儀に対するお返しは、結婚式でのお食事代と引き出物とされています。
  • 結婚式のご祝儀以外に結婚祝いを頂いたら、それに対するお返しはしましょう。
  • 挙式をする際の結婚祝い金(ご祝儀)は3万円、それに対しての挙式なしの場合の結婚祝いは基本的に1万円が目安とされています。
  • 相手がこの先の結婚をするしない関係なく、結婚祝いを頂いた際にお返しはしましょう。

ですね!!

3.友人へ贈る結婚内祝いの基本的なマナー

友人への結婚内祝いの相場。

基本的に結婚内祝いは、頂いた結婚祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額』とされています。

あまり、多すぎてもお祝いの気持ちを突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しになってしまいます。

なのでただ贈りたいものを送るのではなく、しっかりと頂いた品物や金額をリサーチしてから、内祝いに贈る品物の候補を決めるのが良いでしょう。

引き出物を贈る際は、基本的に内祝いは贈りません。

自分の結婚式にご友人様が出席される場合は基本的に内祝いは必要ありません。

結婚式では引き出物を用意されるかと思います。 結婚式のご祝儀に対してのお返しは、引き出物と結婚式のお食事代がお返しとなるので、相手への負担も考えて、内祝いは贈らない方が良いとされています。

また内祝いの一部には、結婚式に出席できなかったが、お祝いを贈ってくださった方へのお返しの贈り物とされることも多いです。

なので、内祝いを贈るのは結婚式に出席しない方や、ご祝儀とは別にお祝いを贈ってくれた方に贈るのが良いでしょう。

4.すでに「友人への結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス

冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。

友人への結婚のお祝いのお返しに人気のプレゼント
結婚祝いのお返しののし
友人への結婚祝いのお返しにおすすめのおしゃれなギフト
結婚式に出席していない友人に贈る内祝いやお返しに人気のギフト

結婚の内祝いののし書き

結婚のお祝いの頂いた場合、そのお返しを考える必要が出て来ます。親族や祖父母からは高額なお祝いを頂くかもしれませんが、友人からはだいたい5千円から1万円ぐらいのお祝いを頂く事が多いでしょう。又、複数の友人が1人2、3千円ずつ出し合って1つの品物を結婚のお祝いとして渡してくれるような場合もあります。

このように様々な形でお祝いを頂くでしょうが、だいたいお返しは頂いたお祝いの額の半分から3分の1程度の物を返すのが一般的です。ですから、友人には千円から5千円ぐらいの物を返すのが一般的と言えるかもしれません。友人への結婚 プレゼント お返しで人気なのが、お菓子やジュース、コーヒーなど、後に残らない物で誰もが口にするであろう物でしょう。

ですが、これも独身の友人だと、「たくさんのお菓子やジュースをお返ししても困るだろう…」とか、「あの友人はコーヒー派でこの友人は紅茶派だったな…」とか考え出すと、結婚 プレゼント お返しはなかなか決まらないものです。そこで人気のある結婚 プレゼント お返しがカタログギフトです。カタログギフトなら1人1人の状況や好みを気にせずにお返し出来るところに人気があるようです。

結婚祝いのお返しにカタログギフトを贈る際のマナー

「結婚祝いのお返しにカタログギフトを贈る際のマナー」についてご紹介いたします。結婚祝い お返し カタログギフトを結婚内祝いとして贈る際にはどのようなマナーに気をつけたらよいのでしょうか。まずは、結婚祝い お返し カタログギフトを贈る時期ですが、結婚式が終わってから1ヶ月以内におくるようにしますがなるべく早めに贈るようにしましょう。

もちろん、お祝いを頂いたら電話などできちんとお礼の言葉をのべるようにしましょう。最近では、メールなど便利なツールがありますがお礼の方法としては、メールを使う事は避けましょう。結婚祝いのお返しとしてカタログギフトを贈る際にはきちんとお礼状やメッセージカードをつけて贈るようにしましょう。

感謝の気持ちが相手方につたわるような文面や新生活の様子、これからのお付き合いもよろしくお願いしますよいうように相手に喜んでももらえるような文面を考えましょう。結婚式の準備などでも忙しくなりがちですが、内祝いを贈る準備も時間に余裕をもっておいたほうがよいでしょう。

結婚内祝いの品物につける「のし」は、紅白の結びきりの水引きを選ぶようにしましょう。一般的なお祝いごとは何回もあってもよいとされることから結びなおすことができる蝶結びの水引きを選ぶことになりますが、結婚の場合や快気祝いの場合は、結びなおしのきかない結び切りとすることになります。このようなマナーに気をつけて結婚内祝いをおくるようにしましょう。

友人への結婚祝いのお返しにおすすめのおしゃれなギフト

結婚祝いのお返しには結婚祝い お返し おしゃれなものを、と誰しもが頭を悩ませるところですが、お返しする相手が友人であれば、なおのことセンスの良いものを選んでおきたいと思いますよね?友人からもらうお返しで嬉しいものは?と調査すると、男性ではお酒や高級文具。革製品やシューズクリーナーセットなどが人気のようです。

お酒が好きな方なら、人気のある地酒と高級おつまみセットというのも良いですね。また男性は革製品愛好者が多いので、革の名刺入れや小銭入れ、キーホルダーやペンケースなども喜ばれるのではないでしょうか?一方、女性がお返しにもらって嬉しいものは、インテリア雑貨やバスグッズ、ブランドポーチや化粧小道具セットなどが人気。キッチン小物も、ル・クルーゼのスタッキング・ラムカン・セットや、シーガルのオーバルランチボックスなどが存在感抜群で安定の人気を博しているようです。

これら、結婚祝い お返し おしゃれを贈るには、現物を用意するのも良いのですが、カタログギフトから選んでいただくという手もありますよ。同年代の友人と言っても、人それぞれに好みに差がありますし、すでに持っているアイテムにもばらつきがあるものです。いくらオシャレなランチボックスでも、最近買ったばかりのものがあれば使う機会がないですからね。カタログギフトも、年配者向け、男性向け、若い女性向け、とある程度ターゲットを絞った商品で統一したカタログがありますので、それらを相手に合わせてセレクトすると、度の方からも喜んでもらえます。

結婚式に出席していない友人に贈る内祝いやお返しに人気のギフト

結婚式に出席していない友人への内祝いやお返しのギフトは、一般的には人数と金額で決まります。複数人数で一つの物を頂いた場合は、お返し専用のカタログギフトで探すと500円からプチギフトが用意されています。品物は小さなバスグッズやお菓子が包まれているので、とてもかわいく包装されていますし、半返しが基本なので結婚 内祝い お返し 人気だと思われます。

それからカタログギフトも2000円代後半から用意されていますので、友人から5000円~10000円程度のお祝いを頂いた場合は、カタログギフトをお返しするのも人気です。また、友人であれば好みがわかる場合や何が好きかを聞きやすいと思うので、その友人が好きそうなものを自分で選んで贈るのもよいでしょう。

お返しの品は相手へのお礼の気持ちを伝えるものでもありますので、自分なりの方法でお返しをすることで相手にも喜ばれます。結婚 内祝い お返し 人気の品物は、カタログギフトや寝具・タオル、バスグッズなどですが、お返しを贈る友人のライフスタイルに合わせた、自分ならではのお返しを考えてみても面白いと思います。日頃からの感謝の気持ちも込めて、友人を喜ばせるお返しを考えてみましょう。

結婚内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
結婚内祝い マナー一覧
結婚祝いのお返しの基本!連名で頂いたり、挙式なしの場合のお返し
職場の方への結婚内祝い。職場全体や連名への贈り方や渡し方
結婚内祝いの熨斗。カジュアルスタイルのお祝いの場合や旧姓について!
結婚内祝いのお礼状の基本!身内の不幸があった方への文面や、入れ忘れた場合について
結婚内祝いで商品券を贈りたい!メリットや発送方法、包み方について
結婚内祝いの贈る時期の基本!入籍・挙式前にお返しを贈るタイミングについて
兄弟への内祝いの基本!挙式が欠席だった兄へのお返しや、出席する場合のお返し
結婚内祝いの一般的な金額。お返しへの金額が少し少なかった場合と、5千円のお祝いに対しての内祝い
結婚内祝いの基本的な相場。品物を一緒のタイミングで贈りあった際や、お祝いを頂きすぎた際の対処
友人への結婚内祝いの基本!お返しは御車代ではなく内祝いとして贈る。またお祝いを頂いたらお返しは必須です。
お悩み解決接客ブログ
料理が上手なおばさんに、高級な昆布と鰹節のセットを贈りたい
結婚内祝に今治タオルが選ばれる理由
結婚内祝を親から渡す時は、熨斗を二人の名前にする?それとも実家の名字にする?
結婚内祝いで選ばれる物はどんなものが多いのか??
結婚内祝いには鰹と昆布がいいの?
高額なご祝儀の内祝には「カタログギフト」と「鰹・昆布」の商品を組み合わせてお返しする!
若い世代に受け継いでいきたい、結婚内祝の昔ながらの返し方
結婚内祝いで悩まれていた若い世代のお客様
成功事例・体験談
すでに「結婚内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
すでに「結婚内祝いの品物の選び方」を経験された先輩の方々のアドバイス
【事例・エピソード集】すでに「結婚内祝いの品物選び」を経験された先輩の方々
体験ストーリー「嫁孝行になった結婚内祝い」
体験ストーリー「小山さんのスケッチペン」
体験ストーリー「牛乳瓶のたんぽぽ」
体験ストーリー「乗馬クラブで、元気を取り戻した叔母さん」
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求


  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト