【たき新からのお知らせ】GW休業のお知らせ4月27日 (土) ~ 4月29日 (月)、5月3日 (金) ~ 5月5日 (日)

カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 新築内祝い > 新築内祝いのマナー > 兄弟や姉妹への新築内祝い。引越しを手伝ってもらった場合や、内祝いとお礼の品物を贈りたい場合。

兄弟や姉妹への新築内祝い。引越しを手伝ってもらった場合や、内祝いとお礼の品物を贈りたい場合。




新築内祝いを兄弟や姉妹に贈る場合には、以下のようなお悩みが多いのです。
「引越しを手伝ってもらったけど、それに対してのお礼と内祝いは別の方がいいの?」
「家を建てる際に、たくさんお世話になったから、内祝いと一緒にお礼の品物を贈りたいけど、どのように贈るのがいいのかな?」

 新築が建った際に、自分に近しい存在である兄弟や姉妹からも、お祝いをして頂く方も、少なくはないかと思います。

幼い頃から時間を共にしてきた兄弟や姉妹からのお祝いは、またとっても嬉しいものですよね。

そんな家族だからこそ、お礼もきちんとされたいかと思います。

今回は新築内祝いを兄弟や姉妹に贈る場合についての、ご紹介をしていきますよ!


1.兄弟に引っ越しを手伝ってもらった際におもてなしをしました。そして、新築祝いを頂いたのならば、それに対しての内祝いも必要かと思われます。
引越しの日のおもてなしは、引越しをお手伝いしていただいたことに対してのお礼となるかと思います。
ですので、新築披露をしない場合は、新築祝いへの内祝いは、改めて別に用意した方が良いでしょう。
2.に新築内祝いとは別に、お礼を贈りたい場合。
2品程度の現金ではないものを贈るのが良いかと思われます。
基本的には内祝いとお礼の品物は分けた方が無難で良いかと思われますが、兄妹間のことですので、今回はそこまで気にしなくても大丈夫かと思います。
商品券が2セット別々の包装するのならば、カタログギフト等の他の品物と組み合わせるのがお薦めかと思われます。
3.兄弟や姉妹への新築内祝いについて。
新築内祝いは、他の内祝い同様、品物を贈ることも多いですし、『新築披露』という行事が、内祝いの役割を担ってくれる場合もあります。
また親族への内祝いですと、家族ルールが適用される場合もあるので、一度ご両親にご相談されるのがお薦めです。
4.すでに「兄弟への新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。



1.兄弟に引っ越しを手伝ってもらった際におもてなしをした場合。
新築祝いを頂いたのならば、それに対しての内祝いも必要かと思われます。



  • 引越しの際の豪華な昼食でのおもてなしは、お兄様と弟様が引越しを手伝ってくれたことに対しての、お礼のおもてなしになるかと思います。
  • お兄様と弟様が新築祝いをきちんと贈ってくれたのであれば、質問様はそれに対しての新築内祝いを用意した方が良いかと思われます。
  • 家族ルールが親族間であった場合には、そのルールに則って、内祝いも贈られた方が良いかと思われます。
  • 築内祝いの相場は、頂いた品物の半額〜1/3程度の金額のものとされています。
お客様のお悩み

引越しの際に兄弟に手伝ってもらい、その日のお昼ご飯を豪華なメニューでおもてなししました。
その際に兄弟から新築祝いを頂いた場合、内祝いは必要でしょうか?

 先日無事に新築が建ち終わった、女性からのご相談です。今回の新築には旦那様とお子様と住まわれるそうです。

新築が無事に完成し、数日後に質問者様のご兄弟様にも手伝ってもらって、引越しをしたそうです。

その際に、新築祝いも頂いたとのこと。

この新築祝いに贈る、内祝いに関するご質問が幾つかあるそうです。

引越しの際に豪華なお昼ご飯のおもてなし等をしましたが、新築内祝いは別で用意するべきなのでしょうか?

 先日新築が無事に建ち終わり、引越しの際には実の兄と弟にも手伝ってもらい、無事にその日の明るいうちに、引越しは終わることができました。

そして引越しの日には、兄や弟に手伝って頂いたこともあり、昼食は豪華なメニューでおもてなしをしました。

そのお食事の際に、兄と弟からそれぞれ新築祝いのお金を頂きました。

今後改めて近いうちにお披露目会をする予定はないのですが、この日のお昼ご飯を内祝いとするのは失礼ですよね?

実の兄弟とはいえ、改めて内祝いの品物は用意した方が、良いのでしょうか?


お悩みへの回答

引越しの日のおもてなしは、引越しをお手伝いしていただいたことに対してのお礼となるかと思います。
ですので、新築披露をしない場合は、新築祝いへの内祝いは、改めて別に用意した方が良いでしょう。

引越しの際のおもてなしは、内祝いではないので、新築披露をしない場合は、新築祝いへの内祝いは、改めて別に用意した方が良いでしょう。

 今回の場合ですと、引越しの際の豪華な昼食でのおもてなしは、お兄様と弟様が引越しを手伝ってくれたことに対しての、お礼のおもてなしになるかと思います。

ですので、お兄様と弟様が新築祝いをきちんと贈ってくれたのであれば、質問様はそれに対しての新築内祝いを用意した方が良いかと思われます。

ですが仮に家族ルールが親族間であった場合には、そのルールに則って、内祝いも贈られた方が良いかと思われます。

この家族ルールというのは、その家族や親族間にあるお祝い事へのルールであり、ある家庭とない家庭に別れるかと思います。

こういったルールは例えば、贈り合いはなしにするだとか、贈り物をする際の金額は一律にするや、内祝いは贈らないなどといったもので、その内容は各家庭によって異なるかと思われます。

もし今回の質問者様ご親族の間で、こういったルールがあった場合には、それに則って、内祝いを選んだり、贈ったりするのが無難で良いかと思われます。

ですので一度そのことも確認するために、ご両親様にも相談なされるのがお薦めかと思われます。

また質問者様のおっしゃられる通り、新築披露をしないのであれば、内祝いとして品物を贈られるのが良いかと思われます。

基本的に品物の新築内祝いの相場は、頂いた品物の半額〜1/3程度の金額のものとされていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


結論として、この質問者様のお話ならば、
  • 引越しの際の豪華な昼食でのおもてなしは、お兄様と弟様が引越しを手伝ってくれたことに対しての、お礼のおもてなしになるかと思います。
  • お兄様と弟様が新築祝いをきちんと贈ってくれたのであれば、質問様はそれに対しての新築内祝いを用意した方が良いかと思われます。
  • 家族ルールが親族間であった場合には、そのルールに則って、内祝いも贈られた方が良いかと思われます。
  • 築内祝いの相場は、頂いた品物の半額〜1/3程度の金額のものとされています。


ですね!!




2.兄に新築内祝いとは別に、お礼を贈りたい場合。2品程度の現金ではないものを贈るのが良いかと思われます。


  • 新築内祝いとお礼の品物は意味合いが、別々の物になるので分けて贈られた方が無難で良いかと思われます。
  • もしどうしても商品券で2品分を贈りたいと思われるのであれば、兄妹間のことですので事情をお話しして、一つの贈り物にまとめられる方のが、良いかとは思われます。
  • お薦めは商品券とカタログギフトの組み合わせかと思います。
お客様のお悩み

新築を建てる際にお世話になった兄と、兄の奥様に内祝いとお礼を贈りたいです。
この場合はどのようにして贈るのが良いのでしょうか?

 先月無事に新築が建ち終わった、女性からのご質問です。
このお家には、旦那様とお子様と住まわれるそうです。

新築を建てる際に、実のお兄様が大工、お兄様の奥様が設計士ということから、金額のサービスやリクエストなどでかなりお世話になったのとのこと。

そして新築が建ち終わった際には、新築祝いを頂いたそうです。

この際の内祝い等についてのご質問があるそうです。

新築内祝いと、お世話になったお礼の品物を贈りたいです。
まとめて内祝いの金額をあげるのが良いのか、別々の品物を贈る方のが良いのでしょうか?

 先日無事に新築が建ち終わり新生活が始まります。

実の兄が大工さん、兄の奥さんが設計士ということもあり、今回の新築を建てる際には、料金面のサービスをしてもらったり、設計に関しては、私のわがままをたくさん聞いて頂いたりと、本当にたくさんお世話になりました。

そのことから、新築祝いのリクエストを聞かれた際にも、お断りをしたにも関わらず、律儀で優しい兄夫婦なので、25,000円程度のお鍋を後日、新築祝いとしていただきました。

ですのでそのお祝いへの内祝いはもちろんのこと、それにプラスアルファで、今までのお礼の品物を贈りたいと考えています。

こういった場合、内祝いに足してまとめて贈るのが良いのか、別々の品物として贈るのが良いのか、どちらが良いのでしょうか?

また現金を贈ろうとも考えていましたが、夫から生々しくない?と止められてしまいました。

ですので商品券2セットとも考えましたが、それはどうなのでしょうか?


お悩みへの回答

基本的には内祝いとお礼の品物は分けた方が無難で良いかと思われますが、兄妹間のことですので、今回はそこまで気にしなくても大丈夫かと思います。
商品券が2セット別々の包装するのならば、カタログギフト等の他の品物と組み合わせるのがお薦めかと思われます。

内祝いとお礼の品物は分けた方が無難かと思われます。兄妹間のことですので、今回はそこまで気にしなくても大丈夫かとも思います。
また、まとめて一つの商品券にしてお贈りするのも良いかと思われます。
品物は2つ贈るのであれば、別々の種類のものを組み合わせた方が無難で良いかと思われます。

 今回の場合ならば、新築内祝いとお礼の品物は意味合いが、別々の物になるので分けて贈られた方が無難で良いかと思われます。

もし一つにまとめてしまうと、お世話になったことへのお礼が含まれているとは気づかずに、贈ったお祝いを突き返されてしまったと、思われてしまう危険性もありますし、かける熨斗の意味合いも変わってきてしまうかと思われるからです。

ですので、複数のお祝いの種類の品物を同時にいただいた場合にも、それぞれのお祝いに対しての内祝いの品物を、複数用意するのと同じで、今回もお祝いへの内祝いと、お世話になったお礼の品物は分けられた方が無難かと思われます。

また、商品券をお考えとのことでしたが、もしどうしても商品券でまとめて2品分を贈りたいと思われるのであれば、事情をお話しして、一つの贈り物にまとめられるのが良いかとは思われます。

近しい存在の優しいお兄様ならば、理解はしてもらえるかとは思われますので。

もしそれで気をつかわせてしまいそうで、嫌なのであれば、商品券とカタログギフトの組み合わせ等が、お薦めかと思います。

カタログギフトなら、掲載されている品物の中から、相手が好きなものを選ぶことができるので、本当にいらないものを贈らずに済みますよね。

なので、自分で品物選びに失敗してしまう可能性もないですし、相手の方からしても自分の欲しいものを選べるので、使わずに置いておくなんてこともないかと思われます。

しかも最近のカタログギフトならば、グルメや旅物、女性向けや男性向けなど、様々なジャンルに特化したものも多くあります。

ですので相手の方に合わせて、大まかなカタログギフトのジャンル自体を選ぶこともできるので、お兄様や奥様の好みに合わせて、チョイスしてみるのもお薦めかと思われます。

また、価格帯も高額なものから低額なものまで、様々な金額のコースがありますので、今回のような高額目のお返しにも合う、ものが見つかるかと思いますよ。

ぜひ一つの候補として検討してみてはいかがでしょうか。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 新築内祝いとお礼の品物は意味合いが、別々の物になるので分けて贈られた方が無難で良いかと思われます。
  • もしどうしても商品券で2品分を贈りたいと思われるのであれば、兄妹間のことですので事情をお話しして、一つの贈り物にまとめられる方のが、良いかとは思われます。
  • お薦めは商品券とカタログギフトの組み合わせかと思います。


ですね!!




3..兄弟や姉妹への新築内祝いについて。



新築内祝いとは。

 新築を建てた際に、そのことについてお祝いの品物やお金を贈ることを、『新築祝い』と呼ばれています。

そしてそのお祝いに対してのお返しとしてや、新築を建てた幸福や喜びを分かち合うために、自ら贈るものが『新築内祝い』といいます。

新築内祝いは、他の内祝い同様、品物を贈ることも多いですし、『新築披露』という行事が、内祝いの役割を担ってくれる場合もあります。

この行事はお披露目も兼ねて、新築にお客様をご招待し、豪華なお食事などを出しておもてなしをするというものになります。

この際の費用すべてを、ご招待した側の主催者が負担することにより、お返しとしての内祝いの役割を担っていることになります。



品物の新築内祝いの相場。

 基本的に新築内祝いの相場は、頂いたお祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

あまり、多すぎてもお祝いの気持ちを突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しになってしまうとの考えから、この相場が一般的な目安とされています。

なのでただ贈りたいものを贈るのではなく、しっかりと頂いた品物や金額をリサーチしてから、内祝いに贈る品物の候補を決めることが大切となってきます。

頂いたお祝いが、現金の場合はお返しにかけるべき金額も、大変わかりやすいのですが、品物だと調べて失礼じゃないかな?と少し心配になってしまいますよね。

ですがきちんとお返しをするために金額をリサーチすることは、大人としてのマナーなので、失礼にあたることはないので、ご心配なさらずに。

新築祝いは普通のプレゼントとは違い、見合ったお返しをしなくてはなりません。
そのためには金額を知ることは必要なことであり、みんなが行っていることと思われます。

なのでお祝いを頂いた際は、ネット等でしっかりと調べてから、内祝いの品物を用意するのがお薦めです。



家族や親族への内祝いの相場について

 先にお伝えした通り、基本的に内祝いの相場は、頂いたお祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

ですが家族、例えば兄弟両親、あるいは親戚などの親族からお祝いのお金や品物を頂いた時に、多々あるのが各家庭にある、お祝いへのルールです。

これはある家庭とない家庭で分かれると思います。

ない場合は、とても大金ではない限りは、基本的に先ほどの『半額〜1/3程度の金額の品物』を内祝いとして贈れば大丈夫かと思われます。

ですがもしルールがある場合は、そのルールにのっとって内祝いの品物を用意するのが無難でしょう。
そのためにも、用意する前に1度ご両親に相談してみることがお薦めです。



高額な新築祝いを頂いた場合。

 親族の場合ですと、かなりの高額のお祝いを頂く場合もあるかと思われます。

そういった場合には、素直にお祝いの気持ちと受け取って、感謝の気持ちを伝えるのと、無理のない範囲のある程度の内祝いを贈るので良いとされています。

やはりお祝いを贈られた側としても、お返しが欲しくて贈っているわけでは決してなく、純粋にお祝いのお気持ちと、援助をしたいというお気持ちから贈られているかと思われます。

ですので、贈っていただいた場合は返したりするのではなく、甘えて受け取っても良いとされています。



4.すでに「兄弟への新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「兄弟への新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識
兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いに関するタブー
兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの



兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識

「兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識」についてご紹介いたします。

兄弟・姉妹から新築祝いや引っ越し祝いなどをいただく場合にはお祝いのお返しとして新築内祝いや引っ越し内祝いなどをおくることになります。兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いギフトに関係するマナーは常識はどのような点に気を付ければよいのでしょうか。

兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いギフトに関係するマナーは、お祝いのお返しは結婚祝いや出産祝いなどど同じように半返しの品物をおくることがマナーだとされています。

新築祝いや引っ越し祝いの内祝いは新築披露とおなじように新築の場合は新築してから1ヶ月から2ヶ月以内には相手の方におくるようにするとよいでしょう。

カタログギフトを内祝いの品物として選ぶ場合は、ミストラルカタログギフトイングリッシュラベンダーなどもおすすめのアイテムです。

その他にもおしゃれなテーブルウェアなどもおすすめの内祝いアイテムです。琳派の「ハーフリーフガラスプレートセット」は華やかな金銀のアイテムでお祝い事にはふさわしい逸品だといえます。



兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いに関するタブー

「兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いに関するタブー」についてご紹介いたします。新築を建てたり、中古物件を購入して引っ越しをするとお祝いをいただくことがありますが、兄弟・姉妹からいただいた新築・引っ越し内祝いに関するタブーにはどのようなものがあるのでしょうか。

兄弟・姉妹からいただいた新築・引っ越し内祝いのタブーは、お祝いのお返しの時期などがあまり遅くならないように気を付けることです。お祝いのお返しは転居をしてからおそくても1ヶ月から2ヶ月くらいまでにはおくるようにしましょう。

お祝いのお返しは新居のお披露目が一番です。

新居のお披露目は昼間の時間帯で昼食会を開催します。昼間の時間だと明るいため家の中などをみやすいためだとされています。

新居のお披露目をした場合にはお返しはいらないとされていますが、お招きしても都合があわなくてお披露目会に出席することができなかった場合は、後日お祝いのお返しの品物をお礼状をそえておくるようにしましょう。

お祝いのお返しとしては器などのテーブルウェアやカタログギフト、グルメギフト、タオルギフトなどが人気があります。カタログギフトはグルメ専門のカタログギフトや総合的なカタログギフトなどもあります。



兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの

「兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの」についてご紹介いたします。

兄弟や姉妹から新築祝いや引っ越し祝いなどを頂いた場合には、兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いを贈ることになります。その際に、兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いで贈ってはいけない品物があるのでしょうか。

一般的には新築内祝いや引っ越し内祝いで贈ってはいけない品物はないとされています。しかし、縁起の悪いとされているものは贈らないように気を付けたほうが良いでしょう。

お祝いのお返しは、一番は新居にお招きしてお披露目パーティをひらくことです。

お披露目会で新居をみていただいて軽食を食べながらお祝いをするというスタイルです。

もしも、品物などを新築のお祝いとしていただいた場合にはお披露目会のときに飾っておいて、ゲストの方にみていただくというスタイルをとっても良いでしょう。

お披露目会にお招きしたけれども、事情によって出席することができなかった場合には、お祝いをいただいた方に新築内祝いや引っ越し内祝いをおくります。

内祝いの品物はグルメギフトや器のギフト、カタログギフトなどがあります。カタログギフトは、もらって嬉しい内祝いのアイテムとして上位にランクインしているアイテムです。



最後に。

 今回兄弟や姉妹へ贈る新築内祝いについてのご紹介でした。

幼い頃から家族として育ってきた兄弟や姉妹にも、感謝の気持ちをちゃんと伝えられるような、素敵な内祝いを贈ってくださいね。

ぜひ今回の記事をご参考にしてみてください。



新築内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
新築内祝い マナー一覧
新築内祝いの熨斗の基本。お家を建ててくれた大工さんたちへの内祝いや、職場の社長夫人への内祝いの熨斗について。
新築内祝いの基本。お祝いを贈っていないのに、お祝いを頂いた場合や、2種類のお祝いを同時に頂いた場合。
新築内祝いのマナー。基本や、内祝いの必要性、新築披露の食事代が少ない場合について。
新築内祝いの金額について。遠方から来た方への内祝いや、多額のお祝い金を頂いた場合について。
新築内祝いに添えるメッセージについて。お礼のハガキを送るのが遅くなった場合や、普段対等語で話している方へのお手紙。
親族への新築内祝い。魚介類を贈る場合や、2家族連名でお祝いを頂いた場合。
兄弟や姉妹への新築内祝い。引越しを手伝ってもらった場合や、内祝いとお礼の品物を贈りたい場合。
新築披露について。お披露目をする際のお料理や、費用の負担について。
新築内祝いを贈るタイミング。お披露目をしても、その際のおもてなしを内祝いとしない場合や、お祝いと内祝いを贈る時期が重なった場合。
友人への新築内祝い。連名の品物を頂いた場合や、複数の友人にお祝いを頂いた場合の内祝いについて。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
還暦祝いマナー
香典返しマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト