お歳暮ギフト

カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 新築内祝い > 新築内祝いのマナー > 新築内祝いのマナー。基本や、内祝いの必要性、新築披露の食事代が少ない場合について。

新築内祝いのマナー。基本や、内祝いの必要性、新築披露の食事代が少ない場合について。




新築内祝いを贈る際のマナーには、以下のようなお悩みが多いのです。
「新築内祝いを贈る方法にはどんな方法があるの?」
「新築披露のおもてなしでも、お礼が満たなかった場合の対処法は、どのようにするのがいいんだろう?」

 新築購入って、ほとんどの方が人生に1度の大きな買い物になります。

そんな門出に、新築祝いを贈られる方もたくさんいらっしゃいます。

そのお祝いへのお返しには、どんな風に贈ろうか、品物にしようか、新築のお披露目にしようかと迷われている方もいらっしゃるかと思います。

今回は新築内祝いに関するマナーについての、ご紹介をしていきます!


1.新築内祝いの必要性について。新築披露をしない場合は、内祝いに品物を贈るのが良いでしょう。
新築にお招きする、新築披露を行うのであれば、品物での新築内祝いは不必要かと思われます。
ですが、新築披露を行わないのであれば、品物の内祝いは基本的には、贈られた方が良いかと思われます。
2.義父母祖母から頂いたお祝い金が多く、新築披露の食事代がお返しに見合わなかった場合。後から追加の内祝いを贈るのもお薦めです。
もし内祝いとしての金額が足りなかった場合には、プラスの品物を贈るのがお薦めかと思われます。
ただ、高額なお祝いの場合には、相場通りの金額の内祝いでなくても良いかとおもわれます。
3.新築内祝いの基本のマナー。
新築内祝いは、他の内祝い同様、品物を贈ることも多いですし、『新築披露』という行事が、内祝いの役割を担ってくれる場合もあります。
4.すでに「新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。



1.新築内祝いの必要性について。
新築披露をしない場合は、内祝いに品物を贈るのが良いでしょう。



  • 新築披露を行う場合は、他の内祝は贈る必要がなくなります。
  • 新築披露を行なわない場合には、頂いたお祝いへのお礼のお気持ちとして、新築内祝いの品物を贈るのが一般的とされています。
  • 相場は基本的に、頂いたお祝いの金額の『半額~1/3程度の金額の品物』とされています。
  • 家族ルールが親族間である場合には、そのルールに則った内祝いを贈るのが、無難で良いかと思われます。
お客様のお悩み

新築内祝いは不要とネットで書いてありましたが、本当に不要なのでしょうか?

 先日無事に新築が建ち終わり、新生活がスタートした女性からのご質問です。
この新築には旦那様とお子様と住まわれるそうです。

新築が建ち終わったに伴い、旦那様のご友人様や、質問者様のご友人様からいくつか、新築祝いを頂いたそうです。

ですがネットでいろいろ調べる内に疑問が。

この新築祝いに贈る、内祝いに関するご質問が幾つかあるそうです。

新築内祝いは必要、不必要と双方ともの意見がネットに書いてありました。

なので、新築内祝は本当に必要なのでしょうか?


 無事に新しいマイホームが建ち終わり、数日前から新生活がスタートしました。
それに伴い、夫や私自身の友人から、いくつか新築祝いを頂きました。

恥ずかしながら、マナーに関しての知識があまりないため、ネットで新築祝いに関することについてを調べてました。

そこで新築内祝いの存在を初めて知りました。

ですがネットには、新築内祝いは必要との意見と、不必要との意見、双方の意見が書かれており、混乱しております。

こういった必要・不必要に関しては、地域柄などが絡んで、それぞれで違うものなのでしょうか?

果たして、本当に新築内祝いは必要なのかと、不安になっております。


お悩みへの回答

新築にお招きする、新築披露を行うのであれば、品物での新築内祝いは不必要かと思われます。
ですが、新築披露を行わないのであれば、品物の内祝いは基本的には、贈られた方が良いかと思われます。

新築にご招待することが厳しいのであれば、品物での内祝いでも良いかと思われます。

 新築内祝いは、頂いた新築祝いに対してのお返しとしてや、新築を建てた幸福や喜びを分かち合うために、自ら贈るものとされています。

1番新築内祝として最適なのは、『新築披露』という行事を行うこととされています。

この行事はお披露目も兼ねて、新築にお客様をご招待し、豪華なお食事などを出しておもてなしをするというものになります。

そしてこの際の費用すべてを、ご招待した側の主催の方が負担することにより、お返しとしての内祝いの役割を担っていることになります。

ですので、この新築披露を行う場合は、他の内祝は贈る必要がなくなります。

ですが、新築披露を行なわない場合には、頂いたお祝いへのお礼のお気持ちとして、新築内祝いの品物を贈るのが一般的とされています。

この際の相場は基本的に、頂いたお祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

もしかして今回の質問者様のご覧になられったネットには、新築披露についてのことしか載っていなかったのかもしれませんね。

基本的には不要となる場合はあまりなく、あってもご両親などの本当に近しい存在からのお祝い金等になるかと思われます。

また、特別な例としては、親族間でのお祝いの場合には、それぞれの家庭に家族ルールのようなものがあるかもしれません。

ご友人様からのお祝いにはあてはまりませんが、親族間でのお祝い事の際にあてはまる方もいらっしゃいます。

例えば、お祝いの贈り合いをしないだとか、お返しは不要だとか、そういったルールです、

もしこういうルールが親族間である場合には、そのルールに則った内祝いを贈るのが、無難で良いかと思われます。

なのでそういった場合には、一度ご両親様へご相談なさるのが、お薦めです。


結論として、この質問者様のお話ならば、
  • 新築披露を行う場合は、他の内祝は贈る必要がなくなります。
  • 新築披露を行なわない場合には、頂いたお祝いへのお礼のお気持ちとして、新築内祝いの品物を贈るのが一般的とされています。
  • 相場は基本的に、頂いたお祝いの金額の『半額~1/3程度の金額の品物』とされています。
  • 家族ルールが親族間である場合には、そのルールに則った内祝いを贈るのが、無難で良いかと思われます。


ですね!!




2.義父母祖母から頂いたお祝い金が多く、新築披露の食事代がお返しに見合わなかった場合。
後から追加の内祝いを贈るのもお薦めです。


  • 高額の新築祝いを頂いた場合は、内祝も無理をして相場通りの金額のものを贈るのではなく、無理のない範囲で、できる限りのお礼の品物を贈られるので良いかとも思われます。
  • 今回の場合のように、内祝いとしての金額にあまりにも見合わなかった場合は、後日でも良いので、プラスで内祝いの品物を贈られるのがお薦めかと思われます。
  • カタログギフトなどの、贈り先様が品物を選べるようなギフトもお薦めです。
お客様のお悩み

頂いた新築祝いの金額が多額でした。
新築お披露目の際の食事では、内祝いとしての金額には全然満たなかった場合、どのような対応をするのが良いのでしょうか?

 先日新築のマイホームが建ち終わった、女性からのご質問です。このお家には、旦那様とお子様と住まわれるそうです。

新築が建ち終わり、入居も無事に済んだので、旦那様のお祖母様とご両親を、新築披露を兼ねて、ご招待したのこと。

そして、お祖母様、ご両親共々から新築祝金を頂いたとのこと。
その日は外食での食事を振る舞われたそうです。

この際の内祝いについて、疑問があるそうです。

頂いた新築祝金が大金でした。
新築披露のお食事代のみでは、内祝いとしての金額には届きませんでした。
その後の対応としては、どうするのが良いのでしょうか?

 新築が無事に建ち終わり、入居も済ませて落ち着いたので、先日、夫の祖母と両親を招いて新築披露を行いました。

その際に祖母から50,000円、ご両親からは100,000円もの、多めの新築祝金を頂きました。

おもてなしの為のお食事は外食でしましたが、結局1人1,500円程度しかかかりませんでした。

両親や祖父母への内祝いは不要でも良いとのご意見もありますが、私としては頂いたお祝い金も少額でもないので、きちんと半額まではいかなくとも、内祝いを贈りたいと思っています。

こういた場合には、どのような対応をするのが良いのでしょうか?


お悩みへの回答

もし内祝いとしての金額が足りなかった場合には、プラスの品物を贈るのがお薦めかと思われます。
ただ、高額なお祝いの場合には、相場通りの金額の内祝いでなくても良いかとおもわれます。

内祝いとしての金額が足りなかった場合には、プラスの品物を贈るのがお薦めかと思われます。

 今回のように、ご両親様やお祖母様といった近しい親族の場合には、相場以上の高額のお祝い金をいただく方も、少なくはないかと思われます。

まずこういった場合には、相場通りの内祝いではなくとも良いかと思われます。

贈られたご両親様やお祖母様の気持ち的には、お礼やお返しが欲しいのではなく、純粋にお祝いをしたい、援助をしたいとのお気持ちから、多額のお祝いを贈られていると思われます。

ですので、内祝も無理をして相場通りの金額のものを贈るのではなく、無理のない範囲で、できる限りのお礼の品物を贈られるので良いかとも思われます。

今回の場合ですと、お食事代が1,500円程度だったとのことや、質問者様自身、内祝いとしてはあまりにも満たない金額とお思いとのことでしたよね。

そういった場合ならば、後日でも良いので、プラスで内祝いの品物を贈られるのがお薦めかと思われます。

でもなかなかの高額の場合ですと、菓子折りや生活用品でも満たない場合がありますよね。

そういった場合には、カタログギフトなどの、贈り先様が品物を選べるようなギフトもお薦めですよ。

v カタログギフトなら、掲載されている品物の中から相手が好きなものを選ぶことができるので、本当にいらないものを贈らずに済みます。

なので、自分で品物選びに失敗してしまう可能性もないですし、相手の方からしても自分の欲しいものを選べるので、使わずに置いておくなんてこともないかと思われます。

しかも最近のカタログギフトならば、グルメや旅物、女性向けや男性向け、お母さん向けなど、様々なジャンルに特化したものも多くあります。

なので相手の方に合わせて、大まかなカタログギフトのジャンル自体を選ぶこともできるのもメリットのひとつでもあります。

また、価格帯も様々なので、お祖母様やご両親へ贈りたい金額帯のものもきっと、見つかるかと思われますよ。

ぜひ、一つの案として、参考にしてみてくださいね。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 高額の新築祝いを頂いた場合は、内祝も無理をして相場通りの金額のものを贈るのではなく、無理のない範囲で、できる限りのお礼の品物を贈られるので良いかとも思われます。
  • 今回の場合のように、内祝いとしての金額にあまりにも見合わなかった場合は、後日でも良いので、プラスで内祝いの品物を贈られるのがお薦めかと思われます。
  • カタログギフトなどの、贈り先様が品物を選べるようなギフトもお薦めです。


ですね!!




3..新築内祝いの基本のマナー。



新築内祝いとは。

 新築を建てた際に、そのことについてお祝いの品物やお金を贈ることを、『新築祝い』と呼ばれています。

そしてそのお祝いに対してのお返しとしてや、新築を建てた幸福や喜びを分かち合うために、自ら贈るものが『新築内祝い』といいます。

新築内祝いは、他の内祝い同様、品物を贈ることも多いですし、『新築披露』という行事が、内祝いの役割を担ってくれる場合もあります。

この行事はお披露目も兼ねて、新築にお客様をご招待し、豪華なお食事などを出しておもてなしをするというものになります。

この際の費用すべてを、ご招待した側の主催者が負担することにより、お返しとしての内祝いの役割を担っていることになります。



品物の新築内祝いの相場。

 基本的に新築内祝いの相場は、頂いたお祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

あまり、多すぎてもお祝いの気持ちを突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しになってしまうとの考えから、この相場が一般的な目安とされています。

なのでただ贈りたいものを贈るのではなく、しっかりと頂いた品物や金額をリサーチしてから、内祝いに贈る品物の候補を決めることが大切となってきます。

頂いたお祝いが、現金の場合はお返しにかけるべき金額も、大変わかりやすいのですが、品物だと調べて失礼じゃないかな?と少し心配になってしまいますよね。

ですがきちんとお返しをするために金額をリサーチすることは、大人としてのマナーなので、失礼にあたることはないので、ご心配なさらずに。

新築祝いは普通のプレゼントとは違い、見合ったお返しをしなくてはなりません。
そのためには金額を知ることは必要なことであり、みんなが行っていることと思われます。

なのでお祝いを頂いた際は、ネット等でしっかりと調べてから、内祝いの品物を用意するのがお薦めです。

ただ身内や、目上の方などからかなり高額のお祝いをいただく場合もあるかと思います。そういった場合には、お祝いのお気持ちと純粋に受け止めて、内祝いも無理のない範囲で、ある程度のお返しで良いかと思われます。



家族や親族への内祝いの相場について

 先にお伝えした通り、基本的に内祝いの相場は、頂いたお祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

ですが家族、例えば兄弟両親、あるいは親戚などの親族からお祝いのお金や品物を頂いた時に、多々あるのが各家庭にある、お祝いへのルールです。

これはある家庭とない家庭で分かれると思います。

ない場合は、とても大金ではない限りは、基本的に先ほどの『半額〜1/3程度の金額の品物』を内祝いとして贈れば大丈夫かと思われます。

ですがもしルールがある場合は、そのルールにのっとって内祝いの品物を用意するのが無難でしょう。
そのためにも、用意する前に1度両親に相談してみることがお薦めです。



新築内祝いの熨斗について。

 新築内祝いでの、熨斗の水引は『紅白か金銀』で『5本か7本』の『蝶結び(花結び)』のものが一般的に使用されます。

これには何回でも、結んだり解いたりできることから、『何度あっても良いこと』という意味から、新築内祝いの際に使われるのです。

このことから、新築のお祝いは何度あっても喜ばしいこと。という意味がが込められています。

ですので、新築内祝いの際には、蝶々結びの水引の熨斗を使うのがマナーとされています。

 そして新築内祝いの熨斗紙は基本的に、上段の真ん中、(水引の紐の間)に表書き、下段には『贈り主の苗字』か『世帯主の氏名』か『一家の苗字』を書きます。

新築内祝いですと、表書きには水引にかからないように、『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかどれかを書きましょう。

二世帯住宅になる際は、苗字の連名にするのが一般的とされています。
その場合は、右側に地位や年齢が高い方を書くようにしてくださいね。

ですので親御さんとの二世帯住宅の場合は、親御さんの苗字が右側にくるようにしましょう。

もし同等の立場の方々でしたら、右から五十音順にかかれるのが良いかと思われます。

また、下段の名前のところは、表書きよりも少し小さめな文字で書いてくださいね。



新築内祝い贈る時期について。

 新築内祝いは、基本的にお祝いを頂いた1〜2ヶ月以内に贈るのがベストとされています。

早すぎても、品物をきちんと考えて選んでいないかもと思われてしまったり、遅すぎる贈り先様に、忘れていないかな?なかなか内祝いを贈ってこなくてだらしがないな。等と思われてしまう怖れを防ぐためだからです。

ですのでお祝いを頂いた、1〜2ヶ月以内に内祝いは贈るのが良いでしょう。

また、お祝いを頂いたら、お返しの時期にかかわらずすぐに、口頭やお電話でのお礼を伝えるのもマナーとされています。



新築内祝いに贈る定番の品物。

新築内祝いは、縁起を担ぐ意味で『入れ物』を贈るのが良いとされています。

これには家と入れ物をかけていて、入れ物に入るのと、家と言う入れ物に人が入るという意味をかけているからだとされています。

このことから、『皆様のおかげで無事に、新築したおうちに入ることができました。』ということを表しています。

なので新築内祝いには、菓子器やポット、食器などを贈られる方も多くいらっしゃいます。

ですがこれはお薦めの品という、一つの候補に過ぎないので、もし贈り先様がもっと喜ばれそうなものがあれば、そういったものにしても全く構わないともされていますよ。



4.すでに「新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


新築内祝いのマナーと人気商品
職場の仲間への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識
職場の仲間への新築・引っ越し内祝いに関するタブー
職場の仲間への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの
取引先への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識
取引先への新築・引っ越し内祝いに関するタブー
取引先への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの



新築内祝いのマナーと人気商品

「新築内祝いのマナーと人気商品」についてご紹介いたします。

自宅を新築した際には新築祝いをお付き合いのある方から頂くことがありますが新築内祝い人気の商品やマナーはどのような点に気をつけたらよいのでしょうか。

新築内祝い人気の商品やマナーは、新築内祝いを贈る時期は転居をしてから1ヶ月から2カ月くらいまでに贈ることがマナーです。

新築祝いを頂いた際にはすぐにお礼状を書いておくるようにしたりお礼の電話などをするようにしておきましょう。
新築内祝いの金額の相場は結婚祝いや出産祝いの内祝いと同じくらいで頂いた品物の3分の1から半額くらいが目安だといわれています。

ただし、高額のお祝いをいただいたときや品物の金額などが分からないときにはお返しの相場にこだわらなくても良いでしょう。大切なことは感謝の気持ちを早めに伝えることです。

新築内祝いの人気商品は、カタログギフトやスイーツのギフト、テーブルウェアなどがあります。
テーブルウェアはおしゃれなギフトを選ぶと相手の方も喜ばれるかもしれません。

たとえば琳派のモダンな食器やwOOt!のアイテム、箔一のアイテムなども人気の品物です。
カタログギフトは相手の方の嗜好がわからないときや高額のお祝いを頂いたときのお返しにおすすめの品物です。



職場の仲間への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識

職場の仲間への新築・引っ越し内祝いに最適なお品は、なんと言ってもカタログギフトがお勧めできます。

新築・引っ越し内祝いには、いくつかのマナーや常識といった事がありますので、それから逸脱しないように、失礼のない形でお贈りしたいものです。
気の置けない、職場の仲間であっても、マナー違反はタブーです。
こういった慶事のやり取りには特に注意を払うようにしましょう。

その点、カタログギフトであれば、新築・引っ越し内祝いに専用のものが用意されていますので、安心して送ることができます。お熨斗も専用のものがありますから、書き方なども自分であれこれ調べる必要はありません。説明に沿って手配をするだけなので、煩雑な作業もありません。

また、意外と見落としがちなのが、内祝いを贈るタイミングです。

新築・引っ越し内祝いは、一般的に、転居してから1カ月から2カ月以内を目安に贈ると良いとされています。時期を外してしまうと、せっかく頂いたお祝いへの感謝の気持ちも伝わりにくくなってしまいます。

カタログギフトであれば、手配自体も簡便ですし、多くの場合受け取りの確認も可能になっていますので、贈る側としては安心して選べるお品となっています。



職場の仲間への新築・引っ越し内祝いに関するタブー

「職場の仲間への新築・引っ越し内祝いに関するタブー」についてご紹介いたします。

職場の仲間が新築したり、引っ越しをした場合に職場の仲間への新築・引っ越し内祝いに関するタブーにはどのようなものがあるのでしょうか。

職場の仲間が新築したり、引っ越しをするとお祝いとして新築祝いや引っ越し祝いをいただくことがありますが、新築祝いや引っ越し祝いのタブーは住んでいる地域によっては特有のマナーやタブーがある場合もありますので注意したほうが良いでしょう。

また目上の方に対する贈答品には避けたほうがよい品物などもあります。

目上の方に贈答品を贈る場合にはたとえば肌着などの直に肌に身につけるものや靴下などは避けた良い品物です。
これは生活に困っているのではと受け取られることもありますのでやめておいたほうが良いでしょう。

また、現金や金券なども目上の方へ贈るにはタブーだとされていますので気を付けたほうが良いでしょう。

新築祝いや引っ越し祝いのお返しにはカタログギフトがおすすめです。カタログギフトは自分で欲しいとおもった品物を選ぶことができるため人気の内祝いアイテムです。その他にも有名店のグルメギフトやスイーツのギフトセットなども内祝いにはおすすめのアイテムです。



職場の仲間への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの

「職場の仲間への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの」についてご紹介いたします。

職場の仲間への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないものにはどのような品物があるのでしょうか。職場の仲間への新築内祝いや引っ越し内祝いに贈ってはいけない品物は、たとえば緑茶は仏事を連想させる品物のため内祝いには適していないアイテムです。

また刃物なども縁が切れるという意味合いから贈り物には適していないアイテムです。

新築内祝いや引っ越し内祝いのギフトは、もらって嬉しいと思っていただけるような品物を選びたいものです。
たとえばスイーツのギフトセットやグルメのギフトセット、タオルのギフトセット、カタログギフトなどが人気のアイテムです。

カタログギフトは、価格の品揃えも豊富なので予算に応じて選ぶことができるため便利なアイテムです。グルメ専門のカタログギフトなどもありますので贈った相手の方に好きな品物を選んでもらうこともできます。

また家は人がはいる器というイメージから、お祝いのお返しには食器などを贈る場合があります。おしゃれな食器のギフトセットなどを贈っても良いでしょう。たとえばジパンシィのオーバルプレートやノリタケのカップ&ソーサーのセット、萩焼のカップ&ソーサーセットなどもおすすめです。



取引先への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識

新築・引っ越し内祝いを取引先に贈るときは、ギフトのマナーがあります。贈る時期については、先方が新築・引っ越し祝いを贈って下さったらできるだけ早く内祝いを贈るのがマナーです。

個別に用意するのが難しいなら、カタログギフトなど品物だけ選んでおき、転居後1カ月の段階で新築・引っ越し内祝いをまとめて送る手配をするのも良い方法です。

一般的には、お祝いをいただいたら1~2週間以内に先方に内祝いが届くのが常識だと考えられています。また、のしや水引・表書きも一般的な返礼品のマナーに従いましょう。

親族や友人・知人なら新築の家のお披露目として、自宅で会食することもありますが、取引先の場合かなり親しい間柄のみお招きするかどうかを検討します。

カタログギフトでも品物でも、新築・引っ越し内祝いを贈るときにはメッセージカードか手紙を添えるのもマナーです。

お礼の気持ちとして贈り物をしますが、何の挨拶もしないのでは失礼だと判断する方もいるからです。

新築・引っ越し内祝いに相応しい文章でメッセージカードや手紙を添付しましょう。お取引先に送るため、ビジネス文書で書くのが常識となっています。取引先に送るギフトはマナーが厳しいと考えて準備しましょう。



取引先への新築・引っ越し内祝いに関するタブー

自分が家を新築したり引っ越しした場合、友人や親族からだけでなく、仕事上の取引先からも新築・引っ越し祝いを貰う事になるかもしれません。このように新築・引っ越し祝いを受け取った場合、なるべく早い段階で新築・引っ越し内祝いをお返しするのが礼儀とされています。

この新築・引っ越し内祝いですが、一般的に頂いた新築・引っ越し祝いの半分から3分の1程度をお返しするのが相場とされています。

ですが、もしかなり高額なお祝いを下さるような方がいる場合には、このような相場通りにお返しするのは逆にタブーとされているので、お気持ちでお返ししたらよいでしょう。

例えば、他の方々にお返しする新築・引っ越し内祝いより少し多めにお返しするといった感じです。

他にこの新築・引っ越し内祝いでタブーとされている物に、やはり縁起の悪い物は避けるべきとされています。

例えば包丁やハサミなどの刃物は縁を切るという事をイメージさせるので縁起が悪いとされていますし、日本茶などの弔事の贈り物によく選ばれる品も縁起が悪いのでタブーとされているのです。

このように世間でタブーとされているものは避けるとして、他に気の利いた物が思い付かないようであればカタログギフトがお勧めです。

カタログギフトなら相手の方に品物を選んで貰う事が出来るので、贈ったものの失礼に当たってしまうといったような事態を避ける事が出来るでしょう。

特に先方の好みなどがよく分からない取引先へのお返しには重宝するでしょう。



取引先への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの

自分の家を新築したり引っ越しした場合、あるいは自分の事務所を新築したり引っ越ししたような場合にも、日頃付き合いのある取引先から新築・引っ越し祝いを頂く事にあるかもしれません。このように新築・引っ越し祝いを頂いたら、なるべく早くに新築・引っ越し内祝いをお返しするのが世間的にはマナーとされています。

遅くとも引っ越ししてから1ヶ月以内にはお返しし終えているのが理想でしょう。

この新築・引っ越し内祝いでよく選ばれる物としてはタオルや洗剤などの日用品や定番のお菓子や紅茶、コーヒーなどでしょう。最近ではこれらの物に加えてカタログギフトも非常に人気です。

カタログギフトは相手の好みが分からなくてもお返し出来るところが人気の理由なのでしょう。

取引先にお返しするとなると先方の好みがいまいち分からない事も少なくないでしょうから重宝するでしょう。ただこの新築・引っ越し内祝いに贈ってはいけないと言われている物があるので、そこは注意が必要です。

刃物などの切れる物、陶器などの割れる物、4や9の数字の物などは縁起が悪いとされているのでおめでたい事への贈り物には贈ってはいけないとされているので避けるようにしましょう。




最後に。

 今回は新築内祝マナーについてのご紹介でした。
疑問等は少しは解決できたでしょうか?

お祝い事ではマナーがとっても大切にされていますので、小さなところにも心配りができるといいですね。

ぜひ今回の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか?

また、今回の例題でも出てきたように、新築内祝いでカタログギフトを贈る方もとっても多いことと思います!

最近では様々なジャンルに特化したものや、女性向け男性向け、各お祝い用のものや、見た目が可愛らしいものが幅広く販売されています。

たき新ではそんなカタログギフトを幅広く、しかも定価よりもかなりいお安く販売しているものもたくさんあるのです!!

ぜひ1度、たき新のサイトを見て、自分の内祝いの際に検討してみてはいかがでしょうか?

たき新のサイトはこちらから!!



新築内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
新築内祝い マナー一覧
新築祝いのお返しの覚えておきたい基本的なマナーと知識
新築内祝いの相場は?お祝い金額の半分から1/3のギフトを贈りましょう
新築祝いのお返し「新築内祝い」はのしとお礼状のマナーを守って
新築祝いのお返しは新生活を彩るおしゃれなギフトを贈りましょう
新築内祝い マナーQ&A
新築内祝いの熨斗の基本。お家を建ててくれた大工さんたちへの内祝いや、職場の社長夫人への内祝いの熨斗について。
新築内祝いの基本。お祝いを贈っていないのに、お祝いを頂いた場合や、2種類のお祝いを同時に頂いた場合。
新築内祝いのマナー。基本や、内祝いの必要性、新築披露の食事代が少ない場合について。
新築内祝いの金額について。遠方から来た方への内祝いや、多額のお祝い金を頂いた場合について。
新築内祝いに添えるメッセージについて。お礼のハガキを送るのが遅くなった場合や、普段対等語で話している方へのお手紙。
親族への新築内祝い。魚介類を贈る場合や、2家族連名でお祝いを頂いた場合。
兄弟や姉妹への新築内祝い。引越しを手伝ってもらった場合や、内祝いとお礼の品物を贈りたい場合。
新築披露について。お披露目をする際のお料理や、費用の負担について。
新築内祝いを贈るタイミング。お披露目をしても、その際のおもてなしを内祝いとしない場合や、お祝いと内祝いを贈る時期が重なった場合。
友人への新築内祝い。連名の品物を頂いた場合や、複数の友人にお祝いを頂いた場合の内祝いについて。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
還暦祝いマナー
香典返しマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト