カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 新築内祝い > 新築内祝いのマナー > 新築内祝いの熨斗の基本。お家を建ててくれた大工さんたちへの内祝いや、職場の社長夫人への内祝いの熨斗について。

新築内祝いの熨斗の基本。お家を建ててくれた大工さんたちへの内祝いや、職場の社長夫人への内祝いの熨斗について。




新築内祝いの熨斗には、以下のようなお悩みが多いのです。
「お家を建てた際に、お世話になった大工さんたちにも感謝の気持ちを込めた内祝いを贈りたいけど、熨斗はどうすればいいのかな?」
「社長の奥様からお祝いを頂いた際、名前はどうすれば良いの?」

 新しいお家が建つというのは、人生の新しい区切りがスタートしたと言っても過言じゃないですよね。

そんな人生の門出に贈っていただいた、お祝いにはきちんとしたものをお返ししたいですよね!

今回の記事では新築内祝いにつける熨斗に関することについてのご紹介をしていきます。

品物だけでなく、熨斗もきちんとマナーに沿ったものを用意して、気持ちの良いお返しをする参考にしてくださいね!


1.新築を建てた際に、お世話になった大工さんたちへお礼の品を贈る場合。
熨斗の表書きは『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のどれかで良いでしょう。
新築を建ててくださった、大工さんたちへのお礼の品物の熨斗の表書きは、『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかで良いかと思います。
2.社長の奥様へ新築内祝いを贈る場合。熨斗の名前はフルネームの方が良いでしょう。
贈り先様が社長や社長の奥様であれば、新築内祝いの熨斗の名前は、社員の誰かわかりやすくするためにも、フルネームを使用しても良いかと思われます。一般的な姓だけでも問題はないです。
3.新築内祝いの熨斗紙の基本や名前書きについて。
表書きは、『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のどれかで良いでしょう。
下には『『贈り主の苗字』か『世帯主の氏名』か『二世帯ならば苗字の連名』を書きましょう。
4.すでに「新築内祝いの熨斗つけ」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。



1.新築を建てた際に、お世話になった大工さんたちへお礼の品を贈る場合。
熨斗の表書きは『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のどれかで良いでしょう。


>
  • 今回のような場合ですと、熨斗の表書きは『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかにすれば、大丈夫かと思われます。
  • 基本的に内祝いとは、頂いた品物へのお返しの意味合いもありますが、お祝い事があった際に、その幸せや喜びを分かち合うものともされています。お祝いをいただいていない大工さんへの御礼でも【内祝い】として贈ることができます。
  • 新築内祝いと同様に、表書きには『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかを書き、名前には世帯主である旦那様の氏名か、一家の苗字を書けば大丈夫です。
  • 棟梁の方にだけ、少しランクアップした品物を贈られるのも、お薦めかと思われます。
お客様のお悩み

その場合、熨斗はどのようにすれば良いでしょうか?

 先日無事に新築が建ち終わった、女性からのご相談です。今回の新築には旦那様とお子様と住まれるそうです。

新築が無事に完成し、お世話になった大工さんたちへ、今までのお礼として品物を贈りとのこと。

この贈り物の熨斗に関するご質問が幾つかあるそうです。

お礼代わりの内祝いの品物の時は、熨斗の表書きはどうすれば良いでしょうか?/h5>

 無事に新しいマイホームが建ち終わり、引渡しも済み、先日入居しました。

そして今回、お家を建ててくださった大工さんたちには、いろいろとわがままを聞いてもらったりと、本当にお世話になってきたので、お礼の品物を贈りたいと思っています。

贈る品物としては、ビールを1ケースずつ贈ろうと考えています。

その際に熨斗をかけようと思うのですが、こういった場合は、熨斗の表書きは『新築内祝』なのでしょうか?
それとも『御礼』なのでしょうか?


お悩みへの回答

新築を建ててくださった、大工さんたちへのお礼の品物の熨斗の表書きは、『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかで良いかと思います。
またメッセージカードやお礼状も、シンプルに写真がないものにしましょう。
熨斗は通常通りのもので良いかと思います。

 お世話になった大工さんたちへ、お礼の品物を贈りたいというのは、とっても素敵な心がけですね!

さぞ受け取る大工さんたちも、その気持ちには、とっても喜んでくれるかと思いますよ。

さて今回のような場合ですと、基本的には熨斗の表書きは『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかにすれば、大丈夫かと思われます。

基本的に内祝いとは、頂いた品物へのお返しの意味合いもありますが、お祝い事があった際に、その幸せや喜びを分かち合うものともされています。

また新築祝いの場合ですと、この2つの意味合いから新築披露と言って、建てたお家のお披露目会を兼ねて、お客様へおもてなしをするパターンもあります。

今回の質問者様のパターンですと、大工さんたちへのお礼の意味合いとともに、お祝いや喜びを分かち合うという点から、新築内祝いの扱いで贈るのが良いかと思われます。

ですので熨斗も、新築内祝いと同様に、表書きには『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかを書き、名前には世帯主である旦那様の氏名か、一家の苗字を書けば大丈夫です。

またお薦めなのが棟梁の方は、担当してくださった大工さんの中でも1番くらいが高く、1番重い責任を持って担当してくださったと思われます。

なので棟梁の方にだけ、少しランクアップした品物を贈られるのも、お薦めかと思われますよ。


結論として、この質問者様のお話ならば、
  • 今回のような場合ですと、熨斗の表書きは『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかにすれば、大丈夫かと思われます。
  • 基本的に内祝いとは、頂いた品物へのお返しの意味合いもありますが、お祝い事があった際に、その幸せや喜びを分かち合うものともされています。お祝いをいただいていない大工さんへの御礼でも【内祝い】として贈ることができます。
  • 新築内祝いと同様に、表書きには『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかを書き、名前には世帯主である旦那様の氏名か、一家の苗字を書けば大丈夫です。
  • 棟梁の方にだけ、少しランクアップした品物を贈られるのも、お薦めかと思われます。


ですね!!




2.社長の奥様へ新築内祝いを贈る場合。熨斗の名前はフルネームの方が良いでしょう。



  • 社長の奥様への新築内祝いになりますので、誰から贈られてきたかわかりやすくするために、フルネームの方が無難で良いかと思われます。
お客様のお悩み

社長ではなく、社長夫人に新築祝いを頂いた場合、熨斗の名前はどうすればよいのでしょうか?

  先日無事に新築が建ち終わった、男性からのご相談です。

新築を建て終わったことに伴い、職場の社長の奥様から新築祝いを頂いたそうです。

その際の内祝いにつける熨斗について、疑問があるそうです。

社長ではなく、社長の奥様に新築祝いを頂いた際は、熨斗の名前書きはどのようにすればよいでしょうか?

 先日無事に新築が建ち終わり、一安心しています。

そしてそれに伴って、職場の社長ではなく、社長の奥さんからポケットマネーから贈られた、新築祝いの品物を頂きました。

その奥様とは結婚式と、あとは1度会社でお会いしたのみで、あまり面識はありません。

こういった場合は、顔を思い出してもらいやすくするために、熨斗の名前はフルネームの方がよいのでしょうか?

ちなみに社長の奥さんは、職場の副社長でもあります。


お悩みへの回答

贈り先様が社長や社長の奥様であれば、新築内祝いの熨斗の名前は、フルネームか姓が無難かと思われます。

贈り先様が社長や社長の奥様であれば、新築内祝いの熨斗の名前は、社員の誰かわかりやすくするためにも、フルネームを使用しても良いかと思われます。
一般的な姓だけでも問題はないです。

 基本的に熨斗の名前は『贈り主の苗字』か『世帯主の氏名』か『一家の苗字』を書くのが一般的とされています。

今回の場合は、社長の奥様への新築内祝いになりますので、誰から贈られてきたかわかりやすくするために、世帯主様である質問者様の、フルネームでも良いかと思われます。

ですが決まりはないので姓だけでも、フルネームでもどちらでも良いかと思います。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 社長の奥様への新築内祝いになりますので、誰から贈られてきたかわかりやすくするために、フルネームの方が無難で良いかと思われます。


ですね!!




3.新築内祝いの熨斗紙の基本や名前書きについて。



そもそも熨斗とは。

 そもそもお祝いや内祝いを贈る際に、よく見られるのが熨斗です。
ここでは熨斗にはどんな意味があるのかご紹介いたします。

熨斗(のし)の起源は、もともとは昔、縁起物のアワビを薄く引き伸ばし、それを贈り物として贈っていたのが始まりでした。

時代が移り変わり、アワビではなく、昆布や紙をアワビの代わりとして贈るようになり、今ではもっと簡単な、紙に印刷した熨斗や、六角形に紙を折りたたんでできた、折り熨斗となったわけです。



新築内祝いの熨斗は紅白の蝶結びの水引のものにしましょう。

 熨斗には水引が付いているのはご存知でしょうか?
その水引にも様々な種類があり、間違って違うものを選ぶと、とっても失礼にあたります。
なので贈る際は気をつけてきちんと、正しいものを選んでください。

新築内祝いでの、熨斗の水引は『紅白か金銀』で『5本か7本』の『蝶結び(花結び)』のものが一般的に使用されます。

これには何回でも、結んだり解いたりできることから、『何度あっても良いこと』という意味から、新築内祝いの際に使われるのです。

このことから、新築のお祝いは何度あっても喜ばしいこと。という意味がが込められています。

ですので、新築内祝いの際には、蝶々結びの水引の熨斗を使うのがマナーとされています。



新築内祝いの熨斗の表書きには、上には『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかどれかを、下には『贈り主の苗字』か『世帯主の苗字』を書きましょう。

 新築内祝いの熨斗紙は基本的に、上段の真ん中、(水引の紐の間)に表書き、下段には『贈り主の苗字』か『世帯主の氏名』か『一家の苗字』を書きます。

新築内祝いですと、表書きには水引にかからないように、『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかどれかを書きましょう。

二世帯住宅になる際は、苗字の連名にするのが一般的とされています。
その場合は、右側に地位や年齢が高い方を書くようにしてくださいね。

ですので親御さんとの二世帯住宅の場合は、親御さんの苗字が右側にくるようにしましょう。

もし同等の立場の方々でしたら、右から五十音順にかかれるのが良いかと思われます。

また、下段の名前のところは、表書きよりも少し小さめな文字で書いてくださいね。



4.すでに「新築内祝いの熨斗つけ」を経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「新築内祝いの熨斗つけ」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


友人への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー
兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー
祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー
実両親への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー
義両親への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー
親戚への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー
職場の仲間への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー
取引先への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー



友人への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

新築・引っ越し内祝いを友人へ贈る際にも、のしの書き方や選ぶ水引きという物が決まっています。
新築・引っ越し内祝いに選ぶ水引きは蝶結びになっている物を選びます。

蝶結びは水拭きを選ぶ理由は、手で簡単にほどくことができるので、お祝い事の中で同じことが起きてもおめでたいという出来事の場合に使用する物になっています。

のしへの表書きをする場合で、上段部分には内祝もしくは新築内祝いとするのがマナーです。お祝いとして頂いた品物に対してのお礼をするという意味で贈るのですが、表書きにはお礼という言葉は使うのは避けるのが大切です。

礼という言葉を使うともらったので義理で返すという意味にもとられてしまうため、書く場合には身内のお祝いで嬉しさのおすそ分けという形で渡すと相手にも素直に受け取ってもらえるという意味で内祝という言葉を使用します。

下段部分には姓名を載せる形になっています。名前は上段より大きさは小さく書くようにします。マナーも守り、お礼の気持ちを伝えたい時にはカタログギフトを選ぶのも良いです。
カタログギフトは贈り物に最適な商品として作られているので、相手に贈るときに失礼のなく届けられることが出来ます。合わせて綺麗な包装やメッセージカードも届けられるので友人への感謝の気持ちを表現しやすくなります。



兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」についてご紹介いたします。兄弟・姉妹への新築・引っ越し内祝いの熨斗の表書きや水引のマナーはどのような点に気を付けたらよいのでしょうか。

新築・引っ越し内祝いの熨斗の表書きや水引のマナーは、表書きは「新築内祝」または「内祝」とします。のし紙の下段には姓または世帯主の氏名を書きます。

新婚で家を新築した場合には、のし紙の下段は夫婦連名でも良いでしょう。
右に夫の名前を書きます。そして左に妻の名前を書きます。水引きは、紅白の蝶結びの水引をつかいます。

お祝いのお返しをする場合は、頂いたお祝いの金額の半分から1/3くらいの金額をめやすにします。
品物は実用品や消耗品、食品、カタログギフトなどを贈ります。

新築内祝いは新居にお招きできない方にたいして贈るものです。
新築披露会にお招きすることがお返しとなりますので、新居にお招きした人には本来はお返しをすは必要ありませんが、高額なお祝いなどを頂いた場合には後から新築内祝いをおくることもあります。

カタログギフトなどは選びやすい内祝いのアイテムだといえます。また消えものとよばれる洗剤のギフトセットや食品のギフトセットなどもおすすめのアイテムです。



祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」については、祖父・祖母に対するものであっても、きちんと冠婚葬祭の決まりごとに従ったものを使うようにしましょう。

冠婚葬祭のことがらにはいろいろな決まり事があるので、できるだけそういったマナーを守ることは大切です。

新築・引っ越し祝いというのは、おめでたい出来ごとなのでおめでたいことに使う熨斗(のし)をお祝いの品にかけなくてはいけません。
新築・引っ越し祝いに使う熨斗(のし)の表書きは「御新築祝」「御新築御祝い」「祝御新築」などと書くのが一般的です。

水引に関してもお祝い事なので紅白の水引を使いますが、結婚や病気のあとの快気祝いのように二度も三度もあってはならない、一度きりのことだという意味での結び切りとは違って、出産や新築などのお祝いは何度もあって良いことなので、結んだ水引もほどけてまた結べるという蝶結びにするのが一般的です。

カタログギフトはさまざまな冠婚葬祭に対応したタイプのものが用意されているので、新築・引っ越し内祝いに特化したものもあります。
祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いにもカタログギフトを利用すれば、きちんとした体裁で送ってくれるので安心です。



実両親への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「実両親への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」については、昔からの決まった形があるので、冠婚葬祭の上での決まり事に従った形を崩さないように気をつけましょう。

新築・引っ越しは、冠婚葬祭の上では「おめでたいこと」となるので、おめでたいことに使う熨斗(のし)を新築・引っ越し内祝いの品にかけなくてはいけません。新築・引っ越し内祝いに使う熨斗(のし)の表書きは「新築内祝」「内祝」とします。

冠婚葬祭のことがらにはいろいろな決まり事があるので、実両親への新築・引っ越し内祝いにも、できるだけそういったマナーを守ることは大切です。

水引に関してもお祝い事なので紅白の水引を使いますが、結婚や病気のあとの快気祝いのように二度も三度もあってはならない、一度きりのことだという意味での結び切りとは違って、出産や新築などのお祝いは何度もあって良いことなので、結んだ水引もほどけてまた結べるという蝶結びにするのが一般的です。

新築・引っ越し内祝いにはカタログギフトを利用すると、品選びに時間をかけることもなく、ほんとうに必要な品をカタログギフトを受け取った両親に選んでもらえるので便利です。
カタログギフトにはたくさんの品が掲載されています。



義両親への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「義両親への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」については、昔からの決まった形があるので、義両親への内祝いにも冠婚葬祭の上での決まり事に従った形を崩さないように気をつけましょう。

新築・引っ越しは、冠婚葬祭の上では「おめでたいこと」となるので、おめでたいことに使うのしを新築・引っ越し内祝いの品にかけることになっています。新築・引っ越し内祝いに使うのしの表書きは「新築内祝」「内祝」とします。義両親への新築・引っ越し内祝いにも、できるだけそういったマナーを忘れないようにすることが肝心です。

水引に関してもお祝い事なので紅白の水引を使いますが、結婚や病気のあとの快気祝いのように二度も三度もあってはならないお祝いで、一度きりのことだという意味を強調している結び切りとは違って、出産や新築などのお祝いは何度もあって良いことなので、結んだ水引もほどけてまたすぐに結べるという蝶結びにするのが一般的です。

新築・引っ越し内祝いにはカタログギフトを利用すると、品選びに時間をかけることもなく、ほんとうに必要な品をカタログギフトを受け取った両親に選んでもらえるので便利です。カタログギフトにはたくさんの品が掲載されています。



親戚への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

親戚への新築・引っ越し内祝いに人気のカタログギフトですが、それには理由があります。カタログギフトの内容については言うまでもないのですが、新築・引っ越し内祝い専用のものがありますので、その手順に従ってご親戚へお贈りすれば、マナー違反の心配がないことがまず挙げられます。こういったことはしきたりがありますので、それから逸脱することのないように配慮が必要ですが、カタログギフトであればまず間違いないでしょう。

内祝いには必ずのしをかけましょう。
水引は蝶結びの形で、紅白か金銀のものを選びます。

水引の形には意味があり、蝶結びはほどくことができる形なので、何度繰り返しても良いものに対して使われます。出産や新築、また、様々な内祝いをお贈りする際に使われる形です。水引の形には、反対の意味の結び切りという形もあります。
内祝いにはふさわしくない形状ですので、間違いのないように良く注意してください。

のしの表書きには、内祝と書きましょう。のし下に姓を記載するようにしましょう。新築・引っ越し内祝い専用のカタログギフトにはきちんとこういったものが用意されていますので、その説明の通りに手配すれば、まず間違いがないでしょう。



職場の仲間への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

新築・引っ越し内祝いに使うのしにもマナーがあります。

選ぶ水引の色は金銀か赤白の蝶結びになっている物を選択します。
どちらを使用するかは明確にな違いはありませんが、結婚式であれば金銀を使う事も多いですが、内祝いの場合で色を判断する目安は新築・引っ越し内祝いをお贈りする品物の金額で選ぶようにします。

お返しが豪華な物の場合は職場の仲間を恐縮させてしまい、困ってしまう場合もあるので、基本的な形としては赤白の水引を選択すれば問題ありません。

結び目は何度起きても嬉しい時に使用する蝶結びを選びます。内祝いにはお返しという意味は元々なく、もてなすという意味があるのでのしの表書きは内祝いにはお礼という言葉は使用せず内祝いと書くことがベターです。

文字の大きさにも目安があり、名前は表書きより小さくするという事が大切です。

職場の仲間へ贈り物を選ぶ際にはカタログギフトが喜ばれます。

好きなタイミングで選べるという事もありますし、価格帯も分かれているので頂いたお祝いの品に合わせてカタログギフトを選べるというお返しの際の手間も大きく省略するという事とだけでなく、喜ばれる丁度良い品物が届けられるのでマナーを大切にすることも出来ながらお返しが出来るのでおすすめの理由です。



取引先への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「取引先への新築・引っ越し内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」についても、一般の住宅の新築・引っ越し内祝いの場合と同じようにします。

一般の人が冠婚葬祭の縁起を気にするよりも、仕事の関係の場合はもっと縁起を担ぐことを大事にしていることがあります。

熨斗(のし)・表書き・水引のマナーなどについても、いいかげんなことをしていると恥をかくだけでなく今後の取引にあまり良い影響を残さないということもあるので気をつけましょう。
新築や引っ越しなどの大きな変化の時に取引先とどういった関わり方をするかということで、その後の成功もあります。大事なチャンスですから熨斗(のし)・表書き・水引のマナーにかなった内祝いをしましょう。

水引は蝶結びで色は紅白もしくは金銀の蝶結びのものを選びます。蝶結びはほどいてもまた結びなおせることから「何度あってもうれしいこと」に用いられます。出産や新築・引っ越しなどは何度あってもよいおめでたいことなので蝶結びです。

新築・引っ越し内祝いの品としてカタログギフトを利用すると品選びに悩むことも無く、カタログギフトを受け取った側にはたくさん掲載された商品の中から必要な品を選んでいただけます。




最後に。

 今回は新築内祝いにつける熨斗についてのご紹介でした。

品物だけではなく、熨斗にまで細やかに気遣いをして、マナーを守った、気持ちの良いお返しにしてくださいね。

ぜひ今回の記事もご参考にしてみてください。

また、新築内祝いでは、カタログギフトを利用される方も多いです。

最近では様々なジャンルに特化したもので、ブライダル向けや、女性向け男性向け、各お祝い用のものや、見た目が可愛らしいものが幅広く販売されています。

たき新ではそんなカタログギフトを幅広く、しかも定価よりもかなりいお安く販売しているものが、たくさんあるのです!!

ですが、『通販で買うと熨斗とか用意できないんじゃないの?』と心配なさる方もいらっしゃるかと思います。 でもたき新なら大丈夫!!
それぞれの場面に適した熨斗を、表書き・名前を書いた状態でつけてくれるので、自分で熨斗を用意する必要がないんです!

ぜひ1度、たき新のサイトを見て、自分の内祝いの際に検討してみてはいかがでしょうか?

たき新のサイトはこちらから!!



新築内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
新築内祝い マナーQ&A
新築内祝いの熨斗の基本。お家を建ててくれた大工さんたちへの内祝いや、職場の社長夫人への内祝いの熨斗について。
新築内祝いの基本。お祝いを贈っていないのに、お祝いを頂いた場合や、2種類のお祝いを同時に頂いた場合。
新築内祝いのマナー。基本や、内祝いの必要性、新築披露の食事代が少ない場合について。
新築内祝いの金額について。遠方から来た方への内祝いや、多額のお祝い金を頂いた場合について。
新築内祝いに添えるメッセージについて。お礼のハガキを送るのが遅くなった場合や、普段対等語で話している方へのお手紙。
親族への新築内祝い。魚介類を贈る場合や、2家族連名でお祝いを頂いた場合。
兄弟や姉妹への新築内祝い。引越しを手伝ってもらった場合や、内祝いとお礼の品物を贈りたい場合。
新築披露について。お披露目をする際のお料理や、費用の負担について。
新築内祝いを贈るタイミング。お披露目をしても、その際のおもてなしを内祝いとしない場合や、お祝いと内祝いを贈る時期が重なった場合。
友人への新築内祝い。連名の品物を頂いた場合や、複数の友人にお祝いを頂いた場合の内祝いについて。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
還暦祝いマナー
香典返しマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト