カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 新築内祝い > 新築内祝いのマナー > 親族への新築内祝い。魚介類を贈る場合や、2家族連名でお祝いを頂いた場合。

親族への新築内祝い。魚介類を贈る場合や、2家族連名でお祝いを頂いた場合。




新築内祝いを親族に贈る場合には、以下のようなお悩みが多いのです。
「相手が喜んでくれるのならば、少し変わった品物を贈っても良いのかな?」
「親族からのお祝いにも、内祝いは必要なの?」

 新築が無事に建ち終わったことを、ご両親や祖父母様、親戚などの親族の方々からも、お祝いをして頂くことはあるかと思います。

親族は他人ではないものの、割とデリケートな部分が多い場合もあるので、少し内祝いについても悩まれている方も、いらっしゃるかと思います。

今回は新築内祝いを親戚に贈る場合についての、ご紹介をしていきます!


1.親戚に前に気にいって頂けた、魚介類を新築内祝いとして贈りたい場合。熨斗の付いてない、かけ紙にするのが良いかと思われます。
贈り先様に喜んでいただけるのならば、魚介類を贈っても問題はないかと思われます。
熨斗は正確にはかけ紙についている、擬似のアワビの包みを指すので、熨斗の付いていない水引と表書き、名前のみ記載されているかけ紙を使われるのが、良いかと思います。
2.親戚に2家族連名で1万円の新築祝いを頂いた場合。新築内祝いは別々で、それぞれの負担額の半額〜1/3程度の内祝いを贈るのが良いでしょう。
従兄弟同士でも、家族ルールがない場合には、きちんと内祝いは贈られた方が良いかと思われます。
内祝いの程度としては、新築披露でのおもてなしか。それぞれのご家族様のお祝い金の負担額の、半額~1/3程度の内祝いを贈るのが良いでしょう。
3.親族への新築内祝いについて。
新築内祝いは、他の内祝い同様、品物を贈ることも多いですし、『新築披露』という行事が、内祝いの役割を担ってくれる場合もあります。
また親族への内祝いですと、家族ルールが適用される場合もあるので、一度ご両親にご相談されるのがお薦めです。
4.すでに「親戚への新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス
親戚に前に気にいって頂けた、魚介類を新築内祝いとして贈りたい場合、熨斗の付いてない、かけ紙にするのが良いかと思われます。



1.新築内祝いの必要性について。
新築披露をしない場合は、内祝いに品物を贈るのが良いでしょう。



  • お祝いの品物や、新築内祝いなどの内祝いには、贈らない方が良いものや、定番の品物も多くありますが、基本的にはマナー違反のもの以外の、贈り先様に喜んでもらえる品物を贈るのが、一番良いとされています。
  • 今回の場合ならば、真っ先に喜んで頂けることもわかりますし、魚介類を贈ること自体は失礼ではないので、良いアイデアだと思われます。
  • 贈り物が生物の場合は、熨斗がついていると同じ意味合いのものがニ重になってしまうので、熨斗の付いていない、『水引・表書き・贈り主の名前』のみが、印刷されているかけ紙を使うのが良いかと思われます。
  • 発泡スチロールの箱に、かけ紙をつける事自体は、包装がきちんとしてあるのならば大丈夫かと思われます。
お客様のお悩み

親戚に以前振る舞った、魚介類を気に入って頂いていたので、新築内祝いには同じ魚介類を贈ろうと思いますが良いのでしょうか?
また、熨斗はどのようにつけるのがいいですか?

 先日無事に新築が建ち終わった、女性からのご相談です。今回の新築には旦那様とお子様と住まわれるそうです。

新築が無事に完成し、数日経った頃、質問者様の叔父様叔母様ご夫婦から、新築祝いを頂いたそうです。

この新築祝いに贈る、内祝いに関するご質問が幾つかあるそうです。

以前気に入って頂いた魚介類を、内祝いとして贈りたいのですが、親戚の場合でも失礼にあたるのでしょうか?

 先日新築が無事に建ち終わり、入居も済んで落ち着いてきたので、新築内祝いの準備に取り掛かりたいと思っています。

私の叔父叔母夫婦からも新築祝いを頂いたので、内祝いを贈ろうと考えています。

その際に、以前他の親戚の新築祝いの際に振る舞った、魚介類を叔父叔母がとっても気に入ってくれていたので、今回叔父と叔母へは、新築内祝いにこの魚介類を贈ろうと思っています。

ですが、あまり魚介類を新築内祝いに贈るなんて聞いたことがないですので、いくら仲の良い叔父と叔母へでも、魚介類を贈るのは失礼ではないかなと心配です。
こういった場合は、魚介類を贈るのは控えた方が良いのでしょうか?

魚介類を新築内祝いとして贈る場合、熨斗はどのようにするのが良いのでしょうか?

 魚介類を新築内祝いとして贈る場合、どのように熨斗をつけて贈るのが良いのでしょうか?

今考えているのは、魚介類が冷凍なので、発泡スチロールの箱に詰めて、その上に熨斗をかけるという方法です。


お悩みへの回答

贈り先様に喜んでいただけるのならば、魚介類を贈っても問題はないかと思われます。
熨斗は正確にはかけ紙についている、擬似のアワビの包みを指すので、熨斗の付いていない水引と表書き、名前のみ記載されているかけ紙を使われるのが、良いかと思います。

叔父様叔母様に喜んで頂けるのならば、魚介類を内祝いとして贈る事は良いかと思われます。

 今回の質問者様は、以前叔父様と叔母様の喜んでくれていた魚介類を、覚えて今回喜んでもらおうと思って、内祝いとして贈られます。

それはとっても素晴らしいことです!

お祝いの品物や、新築内祝いなどの内祝いには、贈らない方が良いものや、定番の品物も多くありますが、基本的にはマナー違反のもの以外の、贈り先様に喜んでもらえる品物を贈るのが、1番良いとされています。

ですので今回の質問者様のように、あまり周りでは見かけないものの、贈り先様である叔父様と叔母様に気に入って頂けた、魚介類を贈ることは、とても粋で素敵な贈り物だと思います。

また、気心の知れた間柄なのであれば、叔父様叔母様としても逆に、こんなに素敵なものをと、その気遣いに喜んでいただけるかと思いますよ。

ですがもちろん内祝いは、縁起や渡す時期や状況、使い道など様々なことを顧慮して選ぶことが大切です。

今回の場合ならば、真っ先に喜んで頂けることもわかりますし、魚介類を贈ること自体は失礼ではないので、良いアイデアだと思われますよ。

贈り物が魚介類の場合は、熨斗の付いていない、水引と表書き、贈り主の名前のみが記載されている、かけ紙にするのが良いでしょう。

 今回質問者様を含め多くの方に混同されがちなのが、『熨斗』と『かけ紙』というものです。
同じようで、少しだけ意味が違うので難しいですよね。

そもそも熨斗とは厳密に言うと、かけ紙についている折りたたんであるアワビのことを指します。

熨斗(のし)の起源は、もともとは昔、縁起物のアワビを薄く引き伸ばし、それを贈り物として贈っていたのが始まりでした。

これは日本は昔から、神様への捧げものや、慶事の際の縁起物や贈り物として、魚を添える文化があったからとされています。

魚類がさらに腐りにくい、干しアワビとなり、もっと時代が移り変わり、アワビではなく、昆布や紙をアワビの代わりとして贈るようになり、今ではもっと簡単な、紙に印刷した熨斗や、六角形に紙を折りたたんでできた、折り熨斗となったわけです。

そしてこの熨斗が印刷されているものを大きくまとめて、『熨斗』や『熨斗紙』と呼ばれているのです。

ですので今回のように、贈り物が生物の場合は、熨斗がついていると同じ意味合いのものがニ重になってしまうので、熨斗の付いていない、『水引・表書き・贈り主の名前』のみが、印刷のされているかけ紙を使うのが良いかと思われます。

そして表書きには『新築内祝』・『内祝』・『御礼』のいずれかを書き、名前には世帯主である旦那様の氏名か、一家の苗字を書けば大丈夫です。

発泡スチロールの箱につける事自体は、包装がきちんとしてあるのならば大丈夫かと思われますよ。


結論として、この質問者様のお話ならば、
  • お祝いの品物や、新築内祝いなどの内祝いには、贈らない方が良いものや、定番の品物も多くありますが、基本的にはマナー違反のもの以外の、贈り先様に喜んでもらえる品物を贈るのが、1番良いとされています。
  • 今回の場合ならば、真っ先に喜んで頂けることもわかりますし、魚介類を贈ること自体は失礼ではないので、良いアイデアだと思われます。
  • 贈り物が生物の場合は、熨斗がついていると同じ意味合いのものが2重になってしまうので、熨斗の付いていない、『水引・表書き・贈り主の名前』のみが、印刷されているかけ紙を使うのが良いかと思われます。
  • 発泡スチロールの箱に、かけ紙をつける事自体は、包装がきちんとしてあるのならば大丈夫かと思われます。


ですね!!




2.親戚にニ家族連名で1万円の新築祝いを頂いた場合。新築内祝いは別々で、それぞれの負担額の半額~1/3程度の内祝いを贈るのが良いでしょう。


  • 贈り先様が従兄弟様であっても、基本的に家族ルールがなければ、お祝いに対して内祝いは贈られた方が良いかと思われます。
  • 新築内祝いには『新築披露』と言って、新築にお客様をご招待して、新築のお披露目と、豪華なお食事などでおもてなしをすると言う方法があります。
  • 新築披露をするのが難しい場合に、用いられる内祝いの方法では、『頂いたお祝いの金額の半額〜1/3程度の金額の品物』を贈るのが一般的とされています。
お客様のお悩み

親戚2家族に連名の新築祝いを頂いた場合。
内祝いは贈るのでしょうか?また、贈るならばどの程度ものが良いでしょうか?

 先月無事に新築が建ち終わった、男性からのご質問です。
このお家には、奥様とお子様と住まわれるそうです。

先日、新築が無事に建ち終わった事から、親戚2家族に、新築祝いを頂いたとの事。

この際の内祝いについてのご質問があるそうです。

親戚2家族から連名で、新築祝いを頂きました。
親族間でも内祝いは贈った方が良いのでしょうか?

 先日無事に新築が建ち終わり、親戚から新築祝金を頂きました。

お祝いとしては、親戚は従兄弟2家族からのものでしたので、2家族連名で金額は1万円でした。

こういった従兄弟同士のお祝いでも、内祝いは贈った方が良いのでしょうか?

新築内祝いを贈るとしたら、どの程度のものを贈るのが良いのでしょうか?

 従兄弟2家族へ新築内祝いを贈るとしたら、どの程度の品物を贈るのが良いのでしょうか?


お悩みへの回答

従兄弟同士でも、家族ルールがない場合には、きちんと内祝いは贈られた方が良いかと思われます。
内祝いの程度としては、新築披露でのおもてなしか。それぞれのご家族様のお祝い金の負担額の、半額~1/3程度の内祝いを贈るのが良いでしょう。

家族ルールがない場合には、従兄弟同士でも基本的には内祝いを贈った方が、良いかと思われます。

 今回の質問者様のように、贈り先様が従兄弟様であっても、基本的に家族ルールがなければ、お祝いに対して内祝いは贈られた方が良いかと思われます。

そもそも家族ルールというのは、その家族や親族間にあるお祝い事へのルールであり、ある家庭とない家庭に別れるかと思います。

こういったルールは例えば、贈り合いはなしにするだとか、贈り物をする際の金額は一律にするや、内祝いは贈らないなどといったもので、その内容は各家庭によって異なるかと思われます。

もし今回の質問者様ご親族の間で、こういったルールがあった場合には、それに則って、内祝いを選んだり、贈ったりするのが無難で良いかと思われます。

ですので一度そのことも確認するために、ご両親様にも相談なされるのがお薦めかと思われます。

また、そういったものが基本的にない場合には、頂いたお祝いに対しては、きちんとお礼の気持ちを込めて内祝いを贈られるのが良いかと思いますよ。

基本的に新築内祝いは新築披露か、品物の場合は頂いたお祝いの金額の、半額〜1/3程度の金額の品物が良いとされています。

 新築祝いの場合、新築内祝いには2つの方法があるとされています。

一つは他の『新築披露』と言って、新居にお客様をご招待して、新築のお披露目と、豪華なお食事などでおもてなしをすると言う方法です。

この方法は、新築内祝いの中では最も丁寧とされており、おもてなしにかかった費用なども全て、招待した側である主催者が負担することにより、これが頂いた新築祝いへのお礼となります。

そしてもう一つは品物での内祝いです。

こちらは先にお伝えしたような、新築披露をするのが難しい場合に、用いられる内祝いの方法となります。

この場合は、基本的に他の内祝いと同じで、『頂いたお祝いの金額の半額〜1/3程度の金額の品物』を贈るのが一般的とされています。

これには、あまり多く贈りすぎて、お祝いを突き返されたと思われないためでもあり、少なすぎてお礼として見合わないものにならないように、この金額が目安とされています。

ですので今回の質問者様の場合ですと。2家族様から連名で1万円のお祝い金だったとのことでしたので、1家族様につきそれぞれ、1500〜2500円程度の、内祝いの品物を贈るのが良いかと思われますよ。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 贈り先様が従兄弟様であっても、基本的に家族ルールがなければ、お祝いに対して内祝いは贈られた方が良いかと思われます。
  • 新築内祝いには『新築披露』と言って、新築にお客様をご招待して、新築のお披露目と、豪華なお食事などでおもてなしをすると言う方法があります。
  • 新築披露をするのが難しい場合に、用いられる内祝いの方法では、『頂いたお祝いの金額の半額〜1/3程度の金額の品物』を贈るのが一般的とされています。


ですね!!




3.親族への新築内祝いについて。



新築内祝いとは。

 新築を建てた際に、そのことについてお祝いの品物やお金を贈ることを、『新築祝い』と呼ばれています。

そしてそのお祝いに対してのお返しとしてや、新築を建てた幸福や喜びを分かち合うために、自ら贈るものが『新築内祝い』といいます。

新築内祝いは、他の内祝い同様、品物を贈ることも多いですし、『新築披露』という行事が、内祝いの役割を担ってくれる場合もあります。

この行事はお披露目も兼ねて、新築にお客様をご招待し、豪華なお食事などを出しておもてなしをするというものになります。

この際の費用すべてを、ご招待した側の主催者が負担することにより、お返しとしての内祝いの役割を担っていることになります。



品物の新築内祝いの相場。

 基本的に新築内祝いの相場は、頂いたお祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

あまり、多すぎてもお祝いの気持ちを突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しになってしまうとの考えから、この相場が一般的な目安とされています。

なのでただ贈りたいものを贈るのではなく、しっかりと頂いた品物や金額をリサーチしてから、内祝いに贈る品物の候補を決めることが大切となってきます。

頂いたお祝いが、現金の場合はお返しにかけるべき金額も、大変わかりやすいのですが、品物だと調べて失礼じゃないかな?と少し心配になってしまいますよね。

ですがきちんとお返しをするために金額をリサーチすることは、大人としてのマナーなので、失礼にあたることはないので、ご心配なさらずに。

新築祝いは普通のプレゼントとは違い、見合ったお返しをしなくてはなりません。
そのためには金額を知ることは必要なことであり、みんなが行っていることと思われます。

なのでお祝いを頂いた際は、ネット等でしっかりと調べてから、内祝いの品物を用意するのがお薦めです。

ただ身内や、目上の方などからかなり高額のお祝いをいただく場合もあるかと思います。そういった場合には、お祝いのお気持ちと純粋に受け止めて、内祝いも無理のない範囲で、ある程度のお返しで良いかと思われます。



家族や親族への内祝いの相場について

 先にお伝えした通り、基本的に内祝いの相場は、頂いたお祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

ですが家族、例えば兄弟両親、あるいは親戚などの親族からお祝いのお金や品物を頂いた時に、多々あるのが各家庭にある、お祝いへのルールです。

これはある家庭とない家庭で分かれると思います。

ない場合は、とても大金ではない限りは、基本的に先ほどの『半額〜1/3程度の金額の品物』を内祝いとして贈れば大丈夫かと思われます。

ですがもしルールがある場合は、そのルールにのっとって内祝いの品物を用意するのが無難でしょう。
そのためにも、用意する前に1度両親に相談してみることがお薦めです。



高額な新築祝いを頂いた場合。

 親族の場合ですと、かなりの高額のお祝いを頂く場合もあるかと思われます。

そういった場合には、素直にお祝いの気持ちと受け取って、感謝の気持ちを伝えるのと、無理のない範囲のある程度の内祝いを贈るので良いとされています。

やはりお祝いを贈られた側としても、お返しが欲しくて贈っているわけでは決してなく、純粋にお祝いのお気持ちと、援助をしたいというお気持ちから贈られているかと思われます。

ですので、贈っていただいた場合は返したりするのではなく、甘えて受け取っても良いとされています。



4.すでに「親族への新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「親族への新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いに関するタブー
祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの
実両親への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識
実両親への新築・引っ越し内祝いに関するタブー
実両親への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの
義両親への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識
義両親への新築・引っ越し内祝いに関するタブー
義両親への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの
親戚への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識
親戚への新築・引っ越し内祝いに関するタブー
親戚への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの



祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いに関するタブー

「祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いに関するタブー」についてですが、昔は家に「火」はたいへん怖いものでした。せっかく新築した家や引っ越した新居が火事になってしまっては困ります。

こうしたことが無いようにと昔は縁起を担いて「火」に関する品物をお祝いや内祝いとしてやり取りするのはタブーであったようです。「火」を連想させるような品物である「灰皿」であったり「ストーブ」であったり「ライター」であったりといった品物はお祝いとしても、内祝いとしてもあまり歓迎されないものです。

タバコが大好きなおじいちゃんだからといってタバコに関係する「灰皿」や「ライター」は新築・引っ越し内祝いの品として贈ることはやめておきましょう。また別の機会にプレゼントすることが望ましいです。

祖父・祖母にとっては、大きくなった孫が一国一城を持つことになった喜びでいっぱいでしょう。

その嬉しい気持ちを新築・引っ越しのお祝いに込めて贈ってくれたことでしょうから、新居を見ていただいて安心していただくのが一番です。

新築・引っ越し内祝いとしてはカタログギフトを利用すると良いでしょう。カタログギフトには高齢の祖父・祖母にも喜んでもらえる品がたくさん掲載されています。



祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの

「祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの」については、縁起を担いて「火」に関するような品はお贈りしないようにしましょう。

せっかく新築した家や引っ越した新居が火事になってしまっては困ります。こうしたことが無いようにと昔は縁起を担いて「火」に関する品物をお祝いや内祝いとしてやり取りするのはタブーであったようです。「火」を連想させるような品物である「灰皿」であったり「ストーブ」であったり「ライター」であったりといった品物はお祝いとしても、内祝いとしてもあまり歓迎されないものです。

「火」に関する品物の他に祖父・祖母への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないものもあります。祖父・祖母の生活はもう何年も何十年も世帯を築いているので、たいていの品物は揃っています。必要の無いものが重なってしまっては却って邪魔になるということもあります。

また若い人には喜ばれるお洒落な雑貨や有名なパティシエが作るスイーツも、お年寄りには賞味期限が気になったり、不要だったりするものです。

カタログギフトは、いろいろな人の価値観に合った品選びができます。高齢者の方には実用的な日用品なども選んでいただけるカタログギフトが便利です。



実両親への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識

「実両親への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識」については、冠婚葬祭の上での厳しいマナー・常識といったものは特にありませんが、一番大事なことは子供たちの新築や引っ越しを喜んでくれている実両親に、新生活の明るく楽しい様子を見ていただくことです。

もし来ていただくことができないくらい遠距離に住んでいる実両親の場合にも、写真などで詳しく見ていただけるように工夫することで、安心をしていただけることでしょう。

実両親は自分のこどもの生活が落ち着いた安心できるものかどうか、近所とうまくやっていけるのか、通勤には便利なのかといった心配や、母親であれば子育てには適しているのか、洗濯物はたくさん干せるのかといったことや、買い物に便利だろうかと、いろいろと心配も尽きません。

新築や引っ越しをすることによって、生活のグレードがより上がったといったことを知らせて、実両親を安心させてあげることが一番うれしいプレゼントになるのではないでしょうか。

カタログギフトには年配のご両親にも喜んでいただける品がたくさん掲載されています。カタログギフトを新築・引っ越し内祝いのプレゼントにして実両親にも喜んでいただきましょう。



実両親への新築・引っ越し内祝いに関するタブー

「実両親への新築・引っ越し内祝いに関するタブー」についてですが、人生にはいろいろな出来事がありますが、家を建てるというのは大きな喜びのひとつです。

せっかく新築した家や引っ越しをした家が火事になるようなことはあってはならない不吉なことです。

こうしたことが無いようにと昔は「火事」をイメージする「火」にまつわる品物をお祝いや内祝いなどにしてやりとりすることをタブーとして嫌いました。「灰皿」や「ライター」また「ストーブ」や「ランプ」などは新築・引っ越し内祝いにはふさわしくないとされています。

実両親への内祝いの品としても、こういったタブーと言われる品物を贈るのはやめたほうが賢明です。新居を建てた方が贈るのだから平気ではないかという意見もありますが、受け取る実親にしてみれば子供にとって不吉なことは避けてほしいと思うものです。

新築・引っ越し内祝いの品としてはカタログギフトを利用することをおすすめします。

カタログギフトにはさまざまなタイプのものがあるので、新築・引っ越し内祝いに特化したカタログギフトにはタブーとされる品物は掲載されていないので安心です。実両親への新築・引っ越し内祝いにもカタログギフトを利用して喜んでいただきましょう。



実両親への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの

「実両親への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの」については、縁起を担いて「火」に関するような品はお贈りしないようにしましょう。せっかく建てた家や引っ越した新居が火事になってしまっては困ります。こんなことが無いようにと昔は縁起を気にして「火」に関する品物をお祝いや内祝いとしてやり取りすることはタブーとしていました。

「火」を連想させるような品物である「灰皿」であったり「ストーブ」であったり「ライター」であったりといった品物は、お祝いとしても、内祝いとしてもあまり歓迎されないものです。実両親への内祝いの品としても、こういったタブーと言われ、いけないとされている品物を贈るのはやめたほうが賢明です。

新居を建てた方が贈るのだから平気ではないかという意見もありますが、受け取る実親にしてみれば子供にとって不吉なことは避けてほしいと思うものです。

新築・引っ越し内祝いの品としてはカタログギフトを利用することをおすすめします。カタログギフトにはさまざまなタイプのものがあるので、新築・引っ越し内祝いに特化したカタログギフトにはタブーとされる品物は掲載されていないので安心です。

実両親への新築・引っ越し内祝いにもカタログギフトを利用して喜んでいただきましょう。



義両親への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識

「義両親への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識」については、冠婚葬祭の上での厳しいマナー・常識といったものはありませんが、昔から新築や引っ越しには「火」にまつわる品物は縁起が良く無いということで敬遠されてきました。

「ランプ」やライター」「灰皿」「ストーブ」などは「火」をイメージする品物なので新築・引っ越しのお祝いや新築・引っ越し内祝いにはふさわしくない品物です。

若い人には気にならないことであっても、年配の方にとっては不吉な感じを受けるということもあるので、マナーを守ってお返しの内祝いの品選びをする必要があります。

カタログギフトはそういった点でも、冠婚葬祭のそれぞれに特化したものがあるので、マナーに反することがないような品物を掲載しています。

カタログギフトを新築・引っ越し内祝いに利用すれば、安心して贈ることができます。新築や引っ越しをすることによって、生活のグレードがより上がったといったことを知らせて、義両親を安心させてあげることが一番うれしいギフトになるのではないでしょうか。

カタログギフトには年配のご両親にも喜んでいただける品が掲載されています。カタログギフトを内祝いのギフトにして喜んでいただきましょう。



義両親への新築・引っ越し内祝いに関するタブー

義両親に新築・引っ越し内祝いを贈るときタブーとなることを踏まえておきましょう。

自分の子供が戸建て、もしくは新築マンションを購入したとなれば、義両親の喜びも大きく、今後のことも考えたうえで高額な新築祝いをいただくことになるでしょう。

一般的には半額、もしくは1/3程度の金額で、新築・引っ越し内祝いをお返しすることになります。ただし、高額のお祝いの場合は、上限を1万円程度と考えて、新築・引っ越し内祝いを選ぶのが基本です。過剰に高額な内祝いを選ぶと、義両親に対して失礼になるため、カタログギフトの相場を決めるときにも参考にしてください。

カタログギフトを返礼品にするのはタブーにならないので安心してください。義両親への内祝いは、パートナーの独断で必要ないと決めるご家庭もありますが、配偶者としてはお礼をしないのは心苦しい点があるでしょう。義両親本人からうち遺灰は不要といわれない限りが用意するのが基本です。

また、送り主に関しても夫婦連名にし、妻の名前だけで贈らないのがマナーです。夫の両親は、妻の名前で内祝いが届くと、息子がないがしろにされていると立腹するケースもあるので、十分に注意しなくてはいけないポイントです。



義両親への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの

義両親に新築・引っ越し内祝いを贈るとき、選んではいけない品物があります。特に引っ越しに限ったことではありませんが、内祝いに刃物類があると「義両親との縁が切れる」と連想させますし、常識の範囲では義両親の好みではないものを選ぶのはいけません。

パートナーが義両親の好みを把握していないことも多いので、無難なのはカタログギフトだと言えるでしょう。カタログギフトを適切な相場で選んでおくと、選択権は義両親にありますので、目上を立てた内祝いを贈ることができます。義両親としても欲しくないものを受け取るより、はるかに喜んでくれるでしょう。新築・引っ越し内祝いで義両親あてに品物を選ぶのは難しいと考える方も多いので、カタログギフトはマナーに適したものとしてスタンダードになっています。

注意点としては義行信本人から連絡を受けて、新築・引っ越し内祝いを用意しないようにと言われた場合は、素直に遠慮しなくてはいけないでしょう。

新築・引っ越し内祝いをいくつも用意するのは経済的に負担がかかると考えて、気を使ってくれていますので、お礼の手紙だけにするか少額のギフトを用意すると、十分に感謝の気持ちが伝わります。一工夫するのも良案です。



親戚への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識

「親戚への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識」についてご紹介いたします。自宅を新築で建てたり中古で住宅を購入することがありますが、そのような場合には家族や親せき、友人などから新築祝いや引っ越し祝いを頂くことがあります。

もしも、親戚の方からお祝いを頂いたときには新築・引っ越し内祝いギフトに関係するマナーや常識はどのような点に気を付けておけばよいのでしょうか。親戚の方に贈る新築・引っ越し内祝いギフトは、まずはマナーとして気を付けたい点はお祝いを頂いたら直接おあいしたときに頂いた場合には、直接お礼の言葉をつたえて遠方などに住んでいて郵送などでお祝いが贈られてきた場合は電話をすぐにかけてお礼の気持ちをつたえるようにしましょう。新築内祝いや引っ越し内祝いを贈る時期は、引っ越しをしてから落ち着いたころにおくります。一ヶ月から二ヶ月以内にはおくるようにして品物にお礼状を添えて感謝の気持ちを伝えるようにしたほうがよいでしょう。お祝いのお返しは自宅にお招きして披露パーティでおもてなしをすることです。

しかし、時間的に出席することが難しい場合もありますし、親戚の方が遠方に住んでいる場合などもあります。そのためお招きすることが難しい場合などはお祝いのお返しの品物を贈る場合にはなるべく早めに相手の喜ばれるような内祝いギフトをおくるようにしましょう。お祝いのお返しには、家を人がはいる器だと考えることから器を贈ることが一般的です。

おしゃれな器をおくっても良いですし、最近ではカタログギフトなども人気の内祝いギフトです。カタログギフトはファッション小物やおしゃれなリビングアイテム、小物、グルメ、テーブルウェア、キッチンウェアなどさまざまな種類の品物が掲載されています。



親戚への新築・引っ越し内祝いに関するタブー

「親戚への新築・引っ越し内祝いに関するタブー」についてご紹介いたします。

親戚への新築・引っ越し内祝いに関するタブーにはどのようなものがあるのでしょうか。親戚への新築・引っ越し内祝いのタブーは、贈ってはいけないものをきちんと把握しておくことが大切です。

たとえば、肌着・靴下などは目上の人にたいして贈ってはいけないとされている品物です。

その他にも現金・金券などの贈り物も目上の人に対しては失礼な行為にあたります。しかし、高額なお祝いには金券で返すという風潮がある地方もありますので周りの詳しい方にアドバイスをもらっても良いでしょう。

その他にも履物も贈り門としてはタブーの品物です。履物の場合は、「踏みつける」という意味がありますのでタブーの品物だと考えられています。緑茶なども仏事に用いられること多いあめから贈答品にはタブーとされています。しかし、最近ではそれほど神経質に気にしなくてもよい品物のようです。中国地方や九州地方では緑茶は結婚のお祝いに欠かせない品物でもあるようです。

刃物も贈り物にはタブーとされている品物です。刃物には「縁を切る」という意味があります。

そのためお祝い事にはふさわしくない品物だとされていました。最近では「未来を切り拓く」という意味から刃物を贈る場合もあるそうです。地方によってはその土地特有のマナーやタブーが色濃い場合もありますので気を付けたほうが良いでしょう。

内祝いにはスイーツのギフトやタオルギフト、カタログギフト、食器のギフトなどが選ばれますが、カタログギフトは贈った相手の方が自分が欲しいとおもった品物をセレクトすることができるためおすすめのアイテムです。



親戚への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの

「親戚への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの」についてご紹介いたします。親戚から新築祝いや引っ越し祝いを頂いた場合には内祝いをおくりますが、親戚への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないものにはどのような品物があるのでしょうか。

たとえば親戚への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないものは、一般的に贈り物に向かないとされている緑茶や刃物、ハンカチ、櫛などがあげられます。

その他にも目上の方には、肌着や靴下、現金、金券、履物などは贈答品として避ける品物などで気を付けておいたほうが良いでしょう。

新築内祝いや引っ越し祝いに人気の品物は、たとえばスターバックスオリガミドリップコーヒーギなどがあります。その他にもフロッシュキッチン洗剤セットやカタログギフトのテイク・ユア・チョイス(コスモス)、サンクゼールバラエティーセット、わたいろタオルセットブルー、サンクゼールドレッシング・オイル、パドンニの」アクセントパスタイメージ、ダンケの23号キュートセレクションなども人気のアイテムです。コーヒーのギフトセットやカタログギフト、洗剤のギフトセットや、ドレッシングのギフトセット、タオルギフトセット、スイーツのギフトセットなどがおすすめの内祝いアイテムです。




最後に。

 今回は親族へ贈る新築内祝いについてのご紹介でした。

他人ではないからこそ、親しき仲にも礼儀ありということわざ通り、きちんとマナーを守ったお礼の品物を贈ってくださいね。

ぜひ今回の記事をご参考にしてみてくださいね。

素敵な新築内祝いになるといいですね!



新築内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
新築内祝い マナー一覧
新築内祝いの熨斗の基本。お家を建ててくれた大工さんたちへの内祝いや、職場の社長夫人への内祝いの熨斗について。
新築内祝いの基本。お祝いを贈っていないのに、お祝いを頂いた場合や、2種類のお祝いを同時に頂いた場合。
新築内祝いのマナー。基本や、内祝いの必要性、新築披露の食事代が少ない場合について。
新築内祝いの金額について。遠方から来た方への内祝いや、多額のお祝い金を頂いた場合について。
新築内祝いに添えるメッセージについて。お礼のハガキを送るのが遅くなった場合や、普段対等語で話している方へのお手紙。
親族への新築内祝い。魚介類を贈る場合や、2家族連名でお祝いを頂いた場合。
兄弟や姉妹への新築内祝い。引越しを手伝ってもらった場合や、内祝いとお礼の品物を贈りたい場合。
新築披露について。お披露目をする際のお料理や、費用の負担について。
新築内祝いを贈るタイミング。お披露目をしても、その際のおもてなしを内祝いとしない場合や、お祝いと内祝いを贈る時期が重なった場合。
友人への新築内祝い。連名の品物を頂いた場合や、複数の友人にお祝いを頂いた場合の内祝いについて。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
還暦祝いマナー
香典返しマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト