カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 新築内祝い > 新築内祝いのマナー > 新築内祝いを贈るタイミング。お披露目をしても、その際のおもてなしを内祝いとしない場合や、お祝いと内祝いを贈る時期が重なった場合。

新築内祝いを贈るタイミング。お披露目をしても、その際のおもてなしを内祝いとしない場合や、お祝いと内祝いを贈る時期が重なった場合。




新築内祝いを贈る時期については、以下のようなお悩みが多いのです。
「新築披露はするけど、おもてなしをしない場合は、内祝いはどのタイミングで贈ればいいのかな?」
「内祝いとお祝いのタイミングが色々重なった場合は、いつ贈るのがいいのかな?」

 人生では様々な場面で祝福をしてもらうことがあるかと思いますが、新築を建てた際も、その中の一つでもありますよね。

大きなお買い物である新築は、購入する時のの決意も強くないとできないもの。

そんな決意を固めて建てた新築には、これからの生活への夢や希望がたくさん詰まっっていることかと思います。

その晴れやかな気持ちをお祝いしてくれる新築祝いには、きちんとマナーを守って気持ちよくお礼をしたいものですよね。

今回の記事では新築内祝いを贈る時期に関することについてのご紹介をしていきますよ。


1.新築披露をする際のお食事代を、内祝いとしない場合は、後日に改めて内祝いの品物を贈るのがよいかと思われます。
食事代が新築祝いよりも高額になる場合は、品物を別で用意し、それを内祝いとして贈るのが良いかと思われます。
頂けるお祝いの金額がわかっているのならば、帰り際に渡すでも良いですし、後日郵送で贈るのでも大丈夫かと思われます。
2.結婚内祝い・新築内祝い・出産祝いを贈る時期が被った場合。海外挙式の結婚内祝いは早めに贈り、遅れて頂いた新築祝いの内祝いは、出産祝いと同じ時に渡せば大丈夫かと思われます。
結婚内祝いは結婚式後1ヶ月以内に郵送で、新築内祝いに関しては出産祝いを贈る際に、別々の品物を一緒のタイミングで贈れば大丈夫かと思われます。
3.新築内祝いを贈る時期について。
新築内祝いは、基本的にお祝いを頂いた1〜2ヶ月以内に贈るのがベストとされています。



1.新築披露をする際のお食事代を、内祝いとしない場合は、後日に改めて内祝いの品物を贈るのがよいかと思われます。



  • 質問者様ご夫婦の場合ですと、食事のおもてなしでの内祝いを行わないので、新築祝いを贈って頂いた方々の人数分で金額を割理、その半額から1/3程度の内祝いと考え、お一人様につき、750〜1250円程度の品物が、妥当範囲だと思われます。
  • 食事代を内祝いとしてしまうと、頂いたお祝いと同額以上になってしまうとのならば、食事代は内祝いとはせずに、各自でお支払いをしていただいて、他に内祝いとしての品物を用意しておくのが良いかと思われます。
  • 内祝いも後日に贈るのではなく、そのお披露目の際に手土産のように、用意してお渡しするのがよろしいかと思われます。
  • 後日に郵送などで贈る方法でも良いかとは思います。
お客様のお悩み

新築披露の際に、大勢の人数が来るので、食事のおもてなし等での内祝いをしない場合は、どのように、どの時期に内祝いを贈ればよいのでしょうか?

 先日無事に新築が建ち終わった、女性からのご相談です。今回の新築には旦那様とお子様と住まわれるそうです。

新築が無事に完成し、後日旦那様のご友人様12名が、新築に遊びに来ることになったそうです。

その際に3万円程度のお祝いの品物を、持ってきてくださるとのこと。

この際の、新築内祝いに関する疑問があるそうです。

大勢の人数が来るので、食事代での内祝いをしないつもりです。br> その場合は、内祝いはどうすればよいのでしょうか?

 新築が先日無事に建ち終わり、早速今度、夫の友人12人が新築に遊びに来ます。

その際に、連名で3万円程度のお祝いの品物を、リクエストからチョイスして持ってきて頂けるとのことでした。
なので新築内祝いが必要だなと考えています。

本来ならば、豪華なお食事でおもてなしをするところだとは思いますが、何せ12人もいるので、あまりのんびりもくつろげないし、食事を用意するのにも追いつかないと夫と話し合いました。

結果当日はお披露目はするものの、家ではお茶をする程度にし、そのあとに夜ご飯をみんなで食べに行こうとなりました。

その際のお食事代は多めには払うつもりではいますが、12人分のお食事代をすべて出すのは金額的に厳しいところでもあります。

しかも、内祝いとなると、頂いたお祝いの半額〜1/3程度の金額のお返しとも聞きますので、頂いた品物よりも多額になるのもな。と言う気持ちも多少あります。

ですので、お食事代は多めには払うものの、別で内祝いを贈るのがよいのでしょうか?

また、贈るとしたら、どのタイミングで贈ればよいのでしょうか?


お悩みへの回答

食事代が新築祝いよりも高額になる場合は、品物を別で用意し、それを内祝いとして贈るのが良いかと思われます。
頂けるお祝いの金額がわかっているのならば、帰り際に渡すでも良いですし、後日郵送で贈るのでも大丈夫かと思われます。

食事代が高額ならば品物の内祝いを贈るのが良いかと思われます。
また用意できるのならば、その日の帰り際にお渡ししても良いかと思われます。

 お招きするお客様が大人数の場合ですと、おもてなしをする奥様である質問者様は、大変ですよね。

今回の場合ですと、お食事代を内祝いとしてしまうと、頂いたお祝いと同額以上になってしまうとのことでしたよね。

質問者様がおっしゃられている通り、基本的に新築内祝いの相場としては、『頂いたお祝いの半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

ですので質問者様ご夫婦の場合ですと、お一人様につき750〜1250円程度の品物が、妥当範囲だと思われます。

お祝いを用意なさってくれたのは嬉しいですけど、お返しの方が高額になってしまうと、お財布的にも少し厳しいですよね。

ならば、食事代は内祝いとはせずに、各自でお支払いをしていただいて、他に内祝いとしての品物を用意しておくのが良いかと思われます。

今回のケースならば、初めから頂けるお祝いの金額がわかっているとのことでしたよね。

なので内祝いも後日に贈るのではなく、そのお披露目の際に手土産のように、用意してお渡しするのがよろしいかと思われます。

そうすれば直接渡せてお礼も言えますし、内祝いを贈るのが遅くなってしまったなんて、心配事も無くなりますしね。

もちろん忙しくて厳しいようでしたら。後日に郵送などで贈る方法でも良いかとは思いますよ。


結論として、この質問者様のお話ならば、
  • 質問者様ご夫婦の場合ですと、食事のおもてなしでの内祝いを行わないので、新築祝いを贈って頂いた方々の人数分で金額を割理、その半額から1/3程度の内祝いと考え、お一人様につき、750〜1250円程度の品物が、妥当範囲だと思われます。
  • 食事代を内祝いとしてしまうと、頂いたお祝いと同額以上になってしまうとのならば、食事代は内祝いとはせずに、各自でお支払いをしていただいて、他に内祝いとしての品物を用意しておくのが良いかと思われます。
  • 内祝いも後日に贈るのではなく、そのお披露目の際に手土産のように、用意してお渡しするのがよろしいかと思われます。
  • 後日に郵送などで贈る方法でも良いかとは思いますよ。


ですね!!




2.結婚内祝い・新築内祝い・出産祝いを贈る時期が被った場合。
海外挙式の結婚内祝いは早めに贈り、遅れて頂いた新築祝いの内祝いは、出産祝いと同じ時に渡せば大丈夫かと思われます。


  • 結婚祝いに対する内祝いは『挙式披露宴後の1ヶ月以内』がベストだとされています。
  • 結婚内祝いを贈るタイミングはバッチリで、あとはお礼のお電話を早く入れられると、スムーズにマナーの沿った対応ができると思われます。
  • 出産祝いを贈るタイミングは、一般的には命名書を飾ってお祝いをする『お七夜』という、生後7日頃から、生後1ヶ月後に行われる、神様に誕生報告と健康祈願をする『お宮参り』というタイミングで、贈るのがマナーとされています。
  • 基本的に新築内祝いは、お祝いを頂いてから1〜2ヶ月以内に贈るのが良いとされているため、今回の出産祝いを直接会ってを贈るタイミングで、一緒に贈られるのが良いかと思われます。
  • 新築内祝いも、贈っていただいたお祝いの『半額〜1/3程度の金額』の物が相場とされています。
  • もしハワイのお土産で、賄えるようでしたら、ハワイのお土産は新築内祝いとして贈るのでも良いかと思われますよ。
お客様のお悩み

同じ友人に、結婚内祝いと新築内祝、出産内祝を贈る時期が被ってしまいました。
この場合、どのような順に贈っていけばよいのでしょうか?

 今度ハワイで挙式をする予定の女性、Jさんからのご相談です。
Jさんはすでに結婚をしており、新築も2年前に建ち終わっているそうです。

Jさんご夫婦は入籍自体は2年前に終え、その年には新築も建てていましたが、お金や様々な事情から、結婚式は2年経った今年の夏に行うとのこと。

それに伴ってご友人様から、結婚祝いと新築祝いを頂いたとのこと。

そして先日には、そのご友人様がお子様をご出産されたとのことです。

その際のそれのぞれの内祝いやお祝いを贈るタイミングについて、疑問があるそうです。

内祝が2つ、お祝いが1つ贈る時期が重なってしまいました。
それぞれどのタイミングで贈るのがよいのでしょうか?

 私たち夫婦は2年前に入籍、新築も建てましたが、諸事情により2年経った今年の夏に、ハワイでやっと結婚式をあげることになりました。

結婚式は親族のみで行うため、友人は招待しておりません。
そのこともあって、数名の仲のよい友人からご祝儀を頂きました。

そのうちの友人Dは、もともとかなり仲が良かったのですが、バタバタしてお互い会えない期間があり、ここ1年間で再び会うようになりました。

そのことがあって、今回結婚祝いを現金書留で送ってくる際に、2万円のご祝儀とは別に、1万円の箱入りで、熨斗には『新築祝』と書かれた商品券も、一緒に送ってくれました。

会えない期間に建った、新築へのお祝いを遅れてでも、改めてしてくれたのだと思います。

この二つのお祝いへの内祝いはもちろん用意し、それぞれ別々のタイミングで贈ろうと思っていました。

そして先日、D自身も出産を終えたので、今度は私が出産祝いを別で贈ろうと思っています。

母子ともに落ち着いてきたとのことでしたので、今月のハワイでの結婚式から帰ってきたら、出産祝いと、ハワイでのお土産を渡そうと考えています。

なので出産祝いはそのタイミングで贈ろうと思っています。

ですが、2年前の新築祝いを頂けるとは思っていませんでしたので、新築内祝いに関してはどのタイミングで贈ろうかと悩んでいます。

それぞれの内祝い、お祝いは、どのようなタイミングで贈るのがよいのでしょうか?

ちなみに、結婚内祝いにはカタログギフト、出産祝いには現金5,000円を贈るつもりで、新築内祝いは未定です。

結婚内祝いは結婚式後にすぐ贈るつもりです。


お悩みへの回答

結婚内祝いは結婚式後1ヶ月以内に郵送で、新築内祝いに関しては出産祝いを贈る際に、別々の品物を一緒のタイミングで贈れば大丈夫かと思われます。

結婚内祝いは結婚式後1ヶ月以内に、新築内祝は出産祝いと同じタイミングで贈れば良いかと思われます。
そのことを前提に考えて、内祝いとして食事代は全て招待された方で負担するのが、マナーとはされています。

  基本的に結婚祝いに対する内祝いは『挙式披露宴後の1ヶ月以内』がベストだとされています。 結婚式を無事に終えられた。という報告も兼ねているためであります。

大昔から日本人は自然の恵みに感謝し、その中に神を見出し、先祖を尊敬するという文化を育ててきたと言われています。

冠婚葬祭も、神に感謝を捧げ、ご先祖様を敬うための儀式であり、いつも神仏のご加護を忘れないように、節目節目に儀式を生活に取り込んできました。

結婚は、神仏の前で式を行うことで、感謝を表し、周りの方々に祝っていただく(披露宴)ことで区切りとなります。

神仏のおかげで生かされてきたという考えに基づいているので、結婚式が終わらなければ、結婚したと認められないという考え方であります。

そのことから結婚式を行う場合は、基本的には式後1ヶ月以内に贈られるのが良いかと思われます。

また、結婚祝いを頂いたのが直接でなく郵送等で手元に送られてきた場合は、内祝いを贈る時期関係なく、手元に届いた時点ですぐに電話でお礼を伝えするのが良いかと思われます。

そうすることによって、先に時間を空けずに感謝の気持ちも伝えられますし、贈った側の方からしても、ちゃんと無事に届いたと安心できるからです。

ですので、今回の質問者様の場合であれば、結婚内祝いを贈るタイミングはバッチリで、あとはお礼のお電話を早く入れられると、スムーズにマナーの沿った対応ができると思われますよ。

そして出産祝いを贈るタイミングは、一般的には命名書を飾ってお祝いをする『お七夜』という、生後7日頃から、生後1ヶ月後に行われる、神様に誕生報告と健康祈願をする『お宮参り』というタイミングで、贈るのがマナーとされています。

ですので今回の場合でも、そのぐらいの時期にお会いになって、出産祝いは贈られるのが良いかと思われます。

また、頂いた新築祝いに関しては、2年越しということもあり、内祝いを贈らなければならないという時期も、ぼんやりとはしてしまうとは思われます。

ですが基本的に新築内祝いは、お祝いを頂いてから1〜2ヶ月以内に贈るのが良いとされているため、今回の出産祝いを直接会ってを贈るタイミングで、一緒に贈られるのが良いかと思われます。

そうすれば贈るタイミングのきっかけにもなりますし、贈ることが長引くこともありませんしね。

また、新築内祝いも、贈っていただいたお祝いの『半額〜1/3程度の金額』の物が相場とされています。

ですのでもしハワイのお土産で、賄えるようでしたら、ハワイのお土産は新築内祝いとして贈るのでも良いかと思われますよ。

もし、それが気になるようであれば、別で品物を用意されるのが無難かと思われます。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 結婚祝いに対する内祝いは『挙式披露宴後の1ヶ月以内』がベストだとされています。
  • 結婚内祝いを贈るタイミングはバッチリで、あとはお礼のお電話を早く入れられると、スムーズにマナーの沿った対応ができると思われます。
  • 出産祝いを贈るタイミングは、一般的には命名書を飾ってお祝いをする『お七夜』という、生後7日頃から、生後1ヶ月後に行われる、神様に誕生報告と健康祈願をする『お宮参り』というタイミングで、贈るのがマナーとされています。
  • 基本的に新築内祝いは、お祝いを頂いてから1〜2ヶ月以内に贈るのが良いとされているため、今回の出産祝いを直接会ってを贈るタイミングで、一緒に贈られるのが良いかと思われます。
  • 新築内祝いも、贈っていただいたお祝いの『半額〜1/3程度の金額』の物が相場とされています。
  • もしハワイのお土産で、賄えるようでしたら、ハワイのお土産は新築内祝いとして贈るのでも良いかと思われますよ。


ですね!!




3.新築内祝いを贈る時期について。



 新築内祝いは、基本的にお祝いを頂いた1〜2ヶ月以内に贈るのがベストとされていま

早すぎても、品物をきちんと考えて選んでいないかもと思われてしまったり、遅すぎる贈り先様に、忘れていないかな?なかなか内祝いを贈ってこなくてだらしがないな。等と思われてしまう怖れを防ぐためだからです。

またバタバタしている時期とは思われるので、これぐらいの期間があった方が、贈る側としても、準備がしやすいですよね。

ですのでお祝いを頂いた、1〜2ヶ月以内に内祝いは贈るのが良いでしょう。

また、お祝いを頂いたら、お返しの時期にかかわらずすぐに、口頭やお電話でのお礼を伝えるのもマナーとされています。



最後に。

 今回は新築内祝いを贈る時期についてのご紹介でした。

品物だけではなく、贈る時期やタイミングも守って、お互いに気持ちのいいお祝いごとになるよう、気をつけてくださいね!

ぜひ今回の記事もご参考にしてみてください。
感謝の気持ちを、めいいっぱい伝えられるといいですね!



新築内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
新築内祝い マナー一覧
新築内祝いの熨斗の基本。お家を建ててくれた大工さんたちへの内祝いや、職場の社長夫人への内祝いの熨斗について。
新築内祝いの基本。お祝いを贈っていないのに、お祝いを頂いた場合や、2種類のお祝いを同時に頂いた場合。
新築内祝いのマナー。基本や、内祝いの必要性、新築披露の食事代が少ない場合について。
新築内祝いの金額について。遠方から来た方への内祝いや、多額のお祝い金を頂いた場合について。
新築内祝いに添えるメッセージについて。お礼のハガキを送るのが遅くなった場合や、普段対等語で話している方へのお手紙。
親族への新築内祝い。魚介類を贈る場合や、2家族連名でお祝いを頂いた場合。
兄弟や姉妹への新築内祝い。引越しを手伝ってもらった場合や、内祝いとお礼の品物を贈りたい場合。
新築披露について。お披露目をする際のお料理や、費用の負担について。
新築内祝いを贈るタイミング。お披露目をしても、その際のおもてなしを内祝いとしない場合や、お祝いと内祝いを贈る時期が重なった場合。
友人への新築内祝い。連名の品物を頂いた場合や、複数の友人にお祝いを頂いた場合の内祝いについて。
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求
たき新のカタログギフト
贈る相手からカタログギフトを選ぶ
人気ランキングからカタログを選ぶ
金額でカタログギフトを選ぶ
カテゴリでギフトを選ぶ
おすすめからカタログギフトを選ぶ
ラッピングのご案内
  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚内祝いマナー
結婚祝いマナー
出産内祝いマナー
還暦祝いマナー
香典返しマナー
快気祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト