カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 新築内祝い > 新築内祝いのマナー > 友人への新築内祝い。連名の品物を頂いた場合や、複数の友人にお祝いを頂いた場合の内祝いについて。

友人への新築内祝い。連名の品物を頂いた場合や、複数の友人にお祝いを頂いた場合の内祝いについて。




新築内祝いを友人に贈る場合には、以下のようなお悩みが多いのです。
「仲良しグループでそれぞれからお祝いの品物を頂いた時、大きな金額差がなければ同じ種類の内祝いでもいいの?」
「連名で頂いたお祝いには、どのように内祝いを贈るのが良いのかな?」

 夢のマイホームが手に入った際に、一緒に喜んでくれるご友人様がいらっしゃる方も少なくはないかと思います。

建ち終わったら遊びに来てくれたりと、これからのお付き合いの中で、マイホームがご友人様との憩いの場になる方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
 
今回は新築内祝いを友人に贈る場合についての、ご紹介をしていきますよ!


1.連名で頂いた新築祝いへの内祝い。新築披露でのおもてなしをするか、それぞれに頂いたお祝いの、半額〜1/3程度の金額の品物を、贈られるのが良いかと思われます。
基本的に1番丁寧な新築内祝いは、新築に招いておもてなしをする、新築披露となります。
ですができない場合は、頂いたお祝いの品物のそれぞれの負担額の、半額~1/3程度の金額の品物での内祝いで、良いかと思われます。
2.仲良しグループの友人からそれぞれ、お祝いを頂いた場合。
頂いたお祝いの金額をしっかりと調べて、それぞれに見合う内祝いを贈るのが良いでしょう。
贈り先様が喜んで頂け、頂いたお祝いの品物にきちんと見合った金額の品物であっれば、同じものを贈っても良いかとは思われます。
ですが頂いた品物の金額を調べていない場合は、それぞれの金額の下調べをなさてから、品物を選ばれた方がよいかと思われます。
3.友人への新築内祝いについて。
基本的に友人からの新築祝いは、職場からの方々の新築祝いの相場と同じ、『5千~1万円』程度が一般的な目安とされています。
それに対しての内祝いの相場は、頂いたお祝いの金額の『半額~1/3程度の金額の品物』とされています。
4.すでに「友人への新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。



1.連名で頂いた新築祝いへの内祝い。新築披露でのおもてなしをするか、それぞれに頂いたお祝いの、半額〜1/3程度の金額の品物を、贈られるのが良いかと思われます。



  • 一般的に新築内祝いの形としては、『新築披露』と、『品物での内祝い』に別れます。
  • 新築披露というのは、新築にお客様をご招待して、お披露目をするとともに、感謝の気持ちを込めた、豪華なお食事などのおもてなしをするというものです。
  • 品物を贈る内祝いの場合は、相場は頂いた品物の半額〜1/3程度の金額のものとされています。
お客様のお悩み

先日友人に連名の新築内祝いを頂きました。
この場合、新築内祝いはどうすれば良いのでしょうか?

 先日無事に新築が建ち終わった、女性からのご相談です。今回の新築には旦那様とお子様と住まわれるそうです。

新築が無事に完成し数日経った頃、学生の頃から仲良しグループだった友人4人から連名の新築祝いと、その日お食事代をお出し頂いたとのこと。

この新築祝いに贈る、内祝いに関するご質問が幾つかあるそうです。

連名の新築祝いを頂いた場合、お返しはどのようにするのが良いのでしょうか?

 先日無事に新築が建ち終わり、入居等も終わって毎日が落ち着いてきました。

そして数日経った頃、学生の頃から仲良しグループだった友人4人から夜ご飯に誘われて、お店でお食事会をしました。

その際に、連名で新築祝いを贈って頂きました。
ちなみに贈り物はコーヒーメーカーでした。

しかもその日の食事代まで出していただき、至れり尽くせりといった感じで、本当に良い友人を持ったなと思いました。

こういった連名でのお祝いに関しては、どのような内祝いにするのが良いのでしょうか?


お悩みへの回答

基本的に1番丁寧な新築内祝いは、新築に招いておもてなしをする、新築披露となります。
ですができない場合は、頂いたお祝いの品物のそれぞれの負担額の、半額〜1/3程度の金額の品物での内祝いで、良いかと思われます。

新築内祝いとしては、新築披露が1番良いかとは思われます。
できない場合は、品物での内祝いをそれぞれに贈りましょう。

 一般的に新築内祝いの形としては、『新築披露』と、『品物での内祝い』に別れます。

新築披露というのは、新築にお客様をご招待して、お披露目をするとともに、感謝の気持ちを込めた、豪華なお食事などのおもてなしをするというものです。

この行事を行う際には、お食事代などはすべて招待した主催の方が負担することになるので、この行事自体がお返しの内祝いに当たります。

一方の品物での内祝いの場合は、他の内祝いと基本的な考え方は変わりません。

これは上記のような新築披露を行わない場合に、用いられる内祝いの方法で、品物を贈る内祝いになります。

他の内祝いとは変わらず、相場も頂いた品物の半額〜1/3程度の金額のものとされています。

今回のケースですと、頂いたお祝いの品物は連名のものでしたので、ご馳走になったお食事代と頂いた品物の金額を調べ、それを4で割って、一人一人の負担額を調べます。

そしてそれぞれの負担額の半額〜1/3程度の金額の物を、内祝いとして贈られるのが、良いかと思われますよ。

一般的には新築内祝いとしては、新築披露をする方のが良いこととはされていますが、品物での内祝いでも全く失礼にはあたりませんので、質問者さまのご都合に決められても良いかと思いますよ。


結論として、この質問者様のお話ならば、
  • 一般的に新築内祝いの形としては、『新築披露』と、『品物での内祝い』に別れます。
  • 新築披露というのは、新築にお客様をご招待して、お披露目をするとともに、感謝の気持ちを込めた、豪華なお食事などのおもてなしをするというものです。
  • 品物を贈る内祝いの場合、相場は頂いた品物の半額〜1/3程度の金額のものとされています。


ですね!!




2.仲良しグループの友人からそれぞれ、お祝いを頂いた場合。
頂いたお祝いの金額をしっかりと調べて、それぞれに見合う内祝いを贈るのが良いでしょう。


  • 頂いた品物によって、内祝いの品物の金額も上下いたしますので、ほとんど同じ金額でない限りは、この方法は避けられた方が無難でよいかと思われます。
  • 頂いた品物の価格帯が少しずつ違う場合には、内祝いの品物のメインは同じにしても、他のサブの品物等で価格の調節をするのが、お薦めかと思われます。
  • 新築内祝いはお礼の品物でもありますので、頂いたお祝いにきちんと見合った価格帯の品物を贈れるよう、下調べをされることをお薦めいたします。
  • お客様のお悩み

    仲良しグループの友人からそれぞれ、新築祝いを頂きました。
    このお祝いへの内祝いについて悩んでいます。

     先月無事に新築が建ち終わった、女性からのご質問です。
    このお家には、奥様とお子様と住まわれるそうです。

    新築を建て終わったに伴い、仲良しグループのご友人様からそれぞれ、新築祝いを頂いたそうです。

    この際の内祝い等についてのご質問があるそうです。

    だいたい見た目が同じような金額のものの場合、内祝いは一緒のものを贈っても良いのでしょうか?

      先日無事に新築が建ち終わり新生活が始まりました。

    新築を建ち終わったに伴い、幼馴染の仲良しグループの友人4人からそれぞれ、別々のタイミングで新築祝いを頂きました。

    頂いた品物としては、
    ●ペアマグカップ+コーヒー豆500g
    ●可愛いキャラクターものの手持ちモップ3つ
    ●カレー皿4枚+スプーン4つ
    ●20cmくらいの高さの観葉植物
    です。

    種類がバラバラで、それぞれの金額を調べてはいないものの、だいたい価格帯としては同じ価格帯なのかな?と思っています。

    ですのでそれぞれ全て半返しの品物をと考えて、同じ品物を内祝いとして贈ろうかと思っています。

    ですが、同じ品物を内祝いに贈るのは良いのでしょうか?


    お悩みへの回答

    贈り先様が喜んで頂け、頂いたお祝いの品物にきちんと見合った金額の品物であっれば、同じものを贈っても良いかとは思われます。
    ですが頂いた品物の金額を調べていない場合は、それぞれの金額の下調べをなさてから、品物を選ばれた方がよいかと思われます。

    贈り先様が喜んで頂け、頂いたお祝いの品物にきちんと見合った金額の品物であっれば、同じものを贈っても良いかとは思われます。

     贈り先様にそれぞれきちんと喜んで頂けるものであれば、内祝いに贈る品物は同じものでもよいとはされています。

    ですが、頂いた品物によって、内祝いの品物の金額も上下いたしますので、ほとんど同じ金額でない限りは、この方法は避けられた方が、無難でよいかと思われます。

    頂いた品物の価格帯が少しずつ違う場合には、内祝いの品物のメインは同じにしても、他のサブの品物等で価格の調節をするのが、お薦めかと思われますよ。

    今回の質問者様の場合ですと、頂いた品物がだいたい同じ価格帯と思われていますが、頂いた品物を拝見した限り、きちんと調べてみると500〜1500円程度の金額差が、それぞれ出てくるかとも思われます。

    難しいのではありますが、頂いた品物が自分の予想していた価格よりも意外と、高かったり安かったりすることって、結構ある場合がございます。

    ですので予想ではなく、一度ネットやお店で、頂いた品物の価格をそれぞれ調べてみるのが、よいかと思われますよ。

    今回の新築内祝いはお礼の品物でもありますので、頂いたお祝いにきちんと見合った価格帯の品物を贈れるよう、下調べは大切かと思われます。

    そしてもし先ほど記述したように、それぞれに価格差がある場合は、メインの品物は同じにしたとしても、プラスの品物をつけたりして、それぞれに見合う金額の内祝いに調整されるのがお薦めかと思いますよ。


    結論として、この質問者様のお話ならば、

    • 頂いた品物によって、内祝いの品物の金額も上下いたしますので、ほとんど同じ金額でない限りは、この方法は避けられた方が無難でよいかと思われます。
    • 頂いた品物の価格帯が少しずつ違う場合には、内祝いの品物のメインは同じにしても、他のサブの品物等で価格の調節をするのが、お薦めかと思われます。
    • 新築内祝いはお礼の品物でもありますので、頂いたお祝いにきちんと見合った価格帯の品物を贈れるよう、下調べをされることをお薦めいたします。


    ですね!!




    3.友人への新築内祝いについて。



    新築内祝いとは。

     新築を建てた際に、そのことについてお祝いの品物やお金を贈ることを、『新築祝い』と呼ばれています。

    そしてそのお祝いに対してのお返しとしてや、新築を建てた幸福や喜びを分かち合うために、自ら贈るものが『新築内祝い』といいます。

    新築内祝いは、他の内祝い同様、品物を贈ることも多いですし、『新築披露』という行事が、内祝いの役割を担ってくれる場合もあります。

    この行事はお披露目も兼ねて、新築にお客様をご招待し、豪華なお食事などを出しておもてなしをするというものになります。

    この際の費用すべてを、ご招待した側の主催者が負担することにより、お返しとしての内祝いの役割を担っていることになります。



    友人からの新築祝いの相場。

     基本的に友人からの新築祝いは、職場からの方々の新築祝いの相場と同じ、『5千〜1万円』程度が一般的な目安とされています。

    あまり多すぎても逆に、受取手の負担になってしまうことから、こういった金額が相場とはされています。

    また友人という間柄ですと、品物でのお祝いを贈られる方も多いかと思われます。




    品物の新築内祝いの相場。

     基本的に新築内祝いの相場は、頂いたお祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

    あまり、多すぎてもお祝いの気持ちを突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しになってしまうとの考えから、この相場が一般的な目安とされています。

    なのでただ贈りたいものを贈るのではなく、しっかりと頂いた品物や金額をリサーチしてから、内祝いに贈る品物の候補を決めることが大切となってきます。

    頂いたお祝いが、現金の場合はお返しにかけるべき金額も、大変わかりやすいのですが、品物だと調べて失礼じゃないかな?と少し心配になってしまいますよね。

    ですがきちんとお返しをするために金額をリサーチすることは、大人としてのマナーなので、失礼にあたることはないので、ご心配なさらずに。

    新築祝いは普通のプレゼントとは違い、見合ったお返しをしなくてはなりません。
    そのためには金額を知ることは必要なことであり、みんなが行っていることと思われます。

    なのでお祝いを頂いた際は、ネット等でしっかりと調べてから、内祝いの品物を用意するのがお薦めです。

    ただ身内や、目上の方などからかなり高額のお祝いをいただく場合もあるかと思います。そういった場合には、お祝いのお気持ちと純粋に受け止めて、内祝いも無理のない範囲で、ある程度のお返しで良いかと思われます。



    友人への新築内祝いで人気なもの。

     ご友人様への新築内祝いでは人気とされているものも幾つかあります。
    ここでは特に人気な3つの品物をご紹介いたしますね!

    まず1つ目は『商品券ギフト券』です。

    商品券やギフト券などは、とても合理的でとても人気が高い傾向にあります。
    お金を内祝いで贈るのは失礼にあたるので、そういった場合に、商品券などを選ばれる方が多いですよ。

    2つ目は『カタログギフト』です。

    何をあげようか迷うし、かといって無駄になるようなものを贈るのは避けたいという方も多いのではないでしょうか?

    そういった場合には、相手の好きなものを選ぶことのできる、カタログギフトがお薦めかとおもわれます。

    最近ではスウィーツ専門のものなど、高価格ではなくとも無駄になりにくく、贈りやすいものも多くありますので、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか?

    3つ目は『お菓子やお米などの食品』です。

    食べられるものなどの消えものは、あとあと残るものでもないですし、家族みんなで美味しく頂けるといった面から、よく選ばれています。

    また連名のお祝いに対して、金額面からも贈りやすいのもポイントになっています。

    これらのものもぜひ品物選びの際の、候補に入れてみてはいかがでしょうか?



    4.すでに「友人への新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス




    冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

    以下は、
    【すでに「友人への新築内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


    友人への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識
    友人への新築・引っ越し内祝いに関するタブー
    友人への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの



    友人への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識

    「友人への新築・引っ越し内祝いギフトに関するマナー・常識」についてご紹介します。

    新築で家を建てたり、引っ越しをした場合にお祝いをいただくことがありますが、友人への新築・引っ越し内祝いギフトに関係するマナーはどのようなものがあるのでしょうか。

    たとえば新築・引っ越し内祝いギフトに関係するマナーは、新築内祝いを贈るタイミングです。一般的には新築物件に転居してから1ヶ月から2カ月くらいまでのあいだにが内祝いを贈るようにしましょう。

    お祝いをいただいたらお祝い金であれば金額をきちんとひかえておいて品物であれば品物の相場などをしらべておきましょう。また相手の方の名前や住所などもきちんと控えておいたほうがあとあとになってお祝いのお返しを贈るときにあわてなくてもすむでしょう。

    お祝いをいただいたら、まずはすぐにお礼状をだしたり、お礼の電話をするようにしましょう。

    こういった点もマナーの一つだといえます。

    お祝いのお返しの品物は食品のギフトセットやタオルのギフトセット、カタログギフトなどが人気のアイテムです。カタログギフトはさまざまな種類の品物がありますし、贈った相手の方が好きな品物を選ぶことができるためおすすめの内祝いアイテムです。



    友人への新築・引っ越し内祝いに関するタブー

    「友人への新築・引っ越し内祝いに関するタブー」についてご紹介いたします。友人が家を新築した場合などには新築祝いをおくります。

    また中古の住宅を購入した場合には引っ越し祝いをおくりますが、友人への新築・引っ越し内祝いに関係するタブーはどのようなものがあるのでしょうか。

    友人への新築・引っ越し内祝いのタブーは、新築祝いの場合は新築披露へのご招待が基本となりますが、一般的には引っ越ししてから1~2カ月以内には新居をお披露目する会をおこないます。昼間の時間帯などに軽食を用意して招待しますが新築披露にお祝いをいただいたのにお招きすることができなかった方や高額なお祝いをいただいた場合には、「新築内祝い」として品物などを贈ります。

    内祝いを贈る時期が遅くならないようにきをつけたほうが良いでしょう。新築内祝いを贈る時期は、引っ越しが落ち着いた時点でおくるようにしましょう。お祝いのお返しにはカタログギフトやタオルギフト、グルメギフトなどがおすすめです。

    カタログギフトは高額なお祝いをいただいたときなどにはおすすめのアイテムです。タオルギフトは今治タオルなどのギフトセットがおすすめです。グルメギフトは友人の好みがわかっていれば好みのグルメギフトをおくるとよいでしょう。



    友人への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの

    「友人への新築・引っ越し内祝いでお贈りしてはいけないもの」についご紹介いたします。友人から新築祝いや引っ越し祝いなどをいただいた場合に内祝いをおくることになりますが、内祝いのアイテムで贈ってはいけない品物があるのでしょうか。

    友人への新築・引っ越し内祝いで贈ってはいけない品物は、たとえば一般に縁起が悪いとされるものは避けたほうがよいでしょう。友人への新築・引っ越し内祝いには縁起の悪いとされている品物はさけて相手の方が気兼ねなく使ってもらえるような日用品や、「消え物」とされている食品などをメインに選ぶとよいでしょう。たとえばキッチン用品であれば食器や調理器具などがあります。

    バス用品であればバスタオルやフェイスタオル、石けん、洗剤などがあります。キッチン用品やバス用 品などは実用品としての定番のアイテムになります。

    その他にも漆器や陶磁器などの器もおすすめです。 「家」自体が人の住む容れ物ということからきており「器」が連想されています。

    お祝いのお返しにはカタログギフトなどを選ぶ場合もあります。カタログギフトは、おしゃれなアイテムが満載のカタログギフトや有名ブランドが数多くラインナップされているカタログギフトなどもありますので予算に応じて選ぶとよいでしょう。




    最後に。

     今回は新築内祝マナーについてのご紹介でした。
    疑問等は少しは解決できたでしょうか?

    お祝い事ではマナーがとっても大切にされていますので、小さなところにも心配りができるといいですね。

    ぜひ今回の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか?

     今回は友人へ贈る新築内祝いについてのご紹介でした。

    日頃から仲の良い、気の知れたご友人様には、お礼の気持ちを込めてちゃんと内祝いも送りたいものですよね。

    お互いに気持ちの良い贈り合いにして、ぜひ喜びを分かち合ってくださいね。

    ぜひ今回の記事をご参考にしてみてください!



    新築内祝いのマナー 記事一覧

    お悩み解決マナー集
    新築内祝い マナー一覧
    新築内祝いの熨斗の基本。お家を建ててくれた大工さんたちへの内祝いや、職場の社長夫人への内祝いの熨斗について。
    新築内祝いの基本。お祝いを贈っていないのに、お祝いを頂いた場合や、2種類のお祝いを同時に頂いた場合。
    新築内祝いのマナー。基本や、内祝いの必要性、新築披露の食事代が少ない場合について。
    新築内祝いの金額について。遠方から来た方への内祝いや、多額のお祝い金を頂いた場合について。
    新築内祝いに添えるメッセージについて。お礼のハガキを送るのが遅くなった場合や、普段対等語で話している方へのお手紙。
    親族への新築内祝い。魚介類を贈る場合や、2家族連名でお祝いを頂いた場合。
    兄弟や姉妹への新築内祝い。引越しを手伝ってもらった場合や、内祝いとお礼の品物を贈りたい場合。
    新築披露について。お披露目をする際のお料理や、費用の負担について。
    新築内祝いを贈るタイミング。お披露目をしても、その際のおもてなしを内祝いとしない場合や、お祝いと内祝いを贈る時期が重なった場合。
    友人への新築内祝い。連名の品物を頂いた場合や、複数の友人にお祝いを頂いた場合の内祝いについて。
    たき新の激安カタログギフトの
    評判と口コミ
    カタログギフトサンプル請求
    たき新のカタログギフト
    贈る相手からカタログギフトを選ぶ
    人気ランキングからカタログを選ぶ
    金額でカタログギフトを選ぶ
    カテゴリでギフトを選ぶ
    おすすめからカタログギフトを選ぶ
    ラッピングのご案内
    • たき新の内祝いギフト
    • たき新のブライダルギフト
    • たき新のお香典返し
    • たき新のグルメカタログ
    • たき新のプレミアムカタログ
    • たき新の人気商品ランキング
    • たき新のカタログ一覧
    結婚内祝いマナー
    結婚祝いマナー
    出産内祝いマナー
    還暦祝いマナー
    香典返しマナー
    快気祝いマナー
    カタログギフトの選び方
    最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
    香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
    商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト