お知らせ

カタログギフトのたき新 > 内祝いお祝い返し > 出産内祝い > 出産内祝いのマナー > 出産内祝いの一般的な金額。相場以上のお祝いを頂いた場合と、お返しへの金額がもし相場に満たなかった場合の対処について。

出産内祝いの一般的な金額。相場以上のお祝いを頂いた場合と、お返しへの金額がもし相場に満たなかった場合の対処について。




出産内祝いの金額については、以下のようなお悩みが多いのです
「お祝い金を多く頂きすぎてしまった場合はどうすれば良いのかな?」
「頂いた品物と、贈った内祝いの金額が見合わない場合、どう対処するのが失礼じゃないのだろう?」

 お子様が生まれ、出産祝いをいただく方も多いかと思います。
その際に悩むのが、内祝いの品物選びについてですよね。

品物へのセンスはもちろん、金額面でもしっかりとしたものを贈りたいと思われる方が、ほとんどではないでしょうか?

今回の記事では出産内祝いの金額に関することについてのご紹介をしていきますよ。


1.友人から相場以上の2万円の出産祝い金を頂いた場合。
お金は有難く頂き、改めてお礼の連絡を入れましょう。
また、お返しは見合ったものを贈りましょう。
相場よりも多いお祝い金を頂いた場合、お金は有難く頂きましょう。
そして改めてお礼のご連絡を差し上げるのが良いかと思います。
メッセージカードなどを入れられるのもお薦めです。
また、内祝いの品物は見合ったものをきちんと贈りましょう。
2.上司の方から頂いたおもちゃの出産祝い。
贈った後に想定した倍の金額であったことが分かった場合。
頂いたお祝いの1/3程度の金額を満たしたお返しならば、問題はないかと思われます。
頂いたお祝いの1/3程度の金額を満たしたお返しならば、問題はないかと思われます。
もし満たなかった場合は、後日お詫びのご連絡と、プラスのお返しの品物を贈られるのが良いかと思われます。
ですが大金のお返しには、無理をしてお祝いの半額~1/3程度の金額の物にしなくても大丈夫です。
3.出産内祝いの一般的な金額について。
基本的に出産祝いに対する内祝いの金額の目安は、頂いた出産祝いの金額に対して半額〜1/3程度とされています。
4.すでに「出産内祝いの金額について」経験された先輩の方々のアドバイス
冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。



1.友人から相場以上の2万円の出産祝い金を頂いた場合。
お金は有難く頂き、改めてお礼の連絡を入れましょう。また、お返しは見合ったものを贈りましょう。



  • たとえ申し訳ない気持ちがあったとしても、現金を返したり、内祝いに現金を贈るのだけは避けましょう。
  • まずは改めてこのことについてと、お祝いを頂いたことについての、お礼のご連絡を早めに差し上げるのが良いかと思われます。
  • できれば直接会うのが1番丁寧な対応だとはされていますが、ご友人様のお仕事の忙しさや、質問者様の身の回りの大変さも考えて、お電話でのお礼でも大丈夫かと思われます。
  • 内祝いの金額の目安は、頂いた品物に対して半額〜1/3程度の金額のものとされています。お祝い金に見合った金額の品物を贈りましょう。
  • メッセージカードも添えて内祝いを贈られるのもお薦めです。
お客様のお悩み

先日友人から出産祝い金を頂きました。
開けてみると相場以上の2万円が。
この場合、内祝いはどのようにするのが良いでしょうか?

 3ヶ月前に無事に出産を終えられた、女性からのご相談です。

先日ご友人様が自宅に遊びに来てくれた際に、出産祝い金を頂いたそうです。

ご友人様が帰宅後、金額を確認してみると2万円も入っていたとのこと。

この際の出産内祝いに関するご質問が幾つかあるそうです。

友人からの出産祝で、相場以上のお祝い金を頂きました。
この際の出産内祝いはどのようにするのが良いのでしょうか?

 3か月前に出産をした者です。

先日とても仲のいい友人が、数少ない時間を削って、出産祝いも兼ねて自宅に遊びに来てくれました。

その際に、出産祝いとしてお祝い金を頂きました。

その時はありがとうと受け取り、友人が帰宅後確認をしてみると、なんと本来の友人からの出産祝いの相場よりもかなり多い、2万円が入っていました。

きっと、仲が良いのはもちろんですが、出産後すぐに仕事で会いに来れなかったことも気にして、多めにお祝い金を包んでくれたのだと思います。

こういった場合は、内祝いはどのようにするのが良いのでしょうか?


お悩みへの回答

相場よりも多いお祝い金を頂いた場合、お金は有難く頂きましょう。
そして改めてお礼のご連絡を差し上げるのが良いかと思います。
メッセージカードなどを入れられるのもお薦めです。
また、内祝いの品物は見合ったものをきちんと贈りましょう。

お祝い金は頂き、お礼のご連絡を忘れずにしましょう。
感謝の気持ちを伝えるためにメッセージカードを添えるのもお薦めです。
また内祝いにはきちんと金額の見合ったものを贈りましょう。

 本来、友人の立場である方の出産祝いの相場の金額は、3,000〜5,000円程度が多く、多くても10,000円程度と言われています。

ですのでご友人様は、さぞ質問者様へのお祝いのお気持ちが強かったことでしょうね。

今回のように、相場の金額よりもかなり多いお祝い金を頂いた場合、それはお祝いのお気持ちとして有難く頂戴するのが良いかと思われます。

たとえ申し訳ない気持ちがあったとしても、現金を返したり、内祝いに現金を贈るのだけは避けましょう。

現金に現金をつき返すのは大変失礼に当たりますし、お祝いを突き返されたと思われてしますおそれもあります。
なのでそれは相手の気持ちと考えて、快く受け取ったほうが、お互いにとって良いでしょう。

ですのでまずは改めてこのことについてと、お祝いを頂いたことについての、お礼のご連絡を早めに差し上げるのが良いかと思われます。

できれば直接会うのが1番丁寧な対応だとはされていますが、ご友人様のお仕事の忙しさや、質問者様の身の回りの大変さも考えて、お電話でのお礼でも大丈夫かと思われます。

直接会うことの次に、電話を通じた肉声でのお礼が、丁寧な対応とされているからです。

ですが逆にメールは失礼にあたるので避けたほうが良いでしょう。
メールは用事を伝えるものとされているからです。

そして内祝いには、お祝い金に見合った金額の品物を贈られるのが良いかとおもわれます。

基本的に内祝いの金額の目安は、頂いた品物に対して半額〜1/3程度の金額のものとされています。

それはお返しにかける金額が多すぎても、お祝いを突き返してしまうような形になりますし、少なすぎても、頂いたお祝いに対して見合わないお返しになるからだと言われています。

ですので今回もその金額に見合うものを贈るのがベストかと思います。

また、直接内祝いを渡す渡さない関係なく、今回のように多くお祝い金を頂いた場合は、メッセージカードも添えて内祝いを贈られるのもお薦めです。

メッセージカードには生まれたお子様のお写真を貼ったり、改めての感謝の気持ちを綴られると、より気持ちが伝わって良いかと思いますよ。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • たとえ申し訳ない気持ちがあったとしても、現金を返したり、内祝いに現金を贈るのだけは避けましょう。
  • まずは改めてこのことについてと、お祝いを頂いたことについての、お礼のご連絡を早めに差し上げるのが良いかと思われます。
  • できれば直接会うのが1番丁寧な対応だとはされていますが、ご友人様のお仕事の忙しさや、質問者様の身の回りの大変さも考えて、お電話でのお礼でも大丈夫かと思われます。
  • 内祝いの金額の目安は、頂いた品物に対して半額〜1/3程度の金額のものとされています。お祝い金に見合った金額の品物を贈りましょう。
  • メッセージカードも添えて内祝いを贈られるのもお薦めです。


ですね!!




2.上司の方から頂いたおもちゃの出産祝い。
贈った後に想定した倍の金額であったことが分かった場合。
頂いたお祝いの1/3程度の金額を満たしたお返しならば、問題はないかと思われます。



  • 基本的に内祝いの金額の目安は、頂いた品物に対して半額〜1/3程度の金額のものとされています。
  • 上司の方の場合ですと、目上の方には面子を保つためにも、あまり高額のお返ししないほうが良いとされているため、お返しもあえて半額ではなく、1/3程度の金額にされる方も多いです。
  • 10,000円の1/3前後の金額の3,000円の内祝を贈られているので、このこと自体には問題はないかと思います。
  • 頂いたお祝いの金額の1/3にもお返しの金額が満たなかった場合は、そのことへのお詫びのご連絡を入れるとともに、後日足りなかった分のプラスの内祝いを贈られるのが良いかと思われます。
  • 頂いたお祝いがあまりにも高額だった場合は、それはお祝いの気持ちと素直に受け取って、自分の無理のない程度のお返しと、感謝のお気持ちをしっかりとお伝えすれば、良いとされています。
お客様のお悩み

上司の方から頂いた出産祝いが予想よりも高価なものでした。
既に内祝いを贈りましたが、もしかしたらお返しにしては安いものを贈ってしまったかもしれませんが、どうすれば良いでしょうか?

 最近、無事にお子様を出産された女性からののご相談です。

先日職場の上司の方から、出産祝いでおもちゃを頂いたそうです。

頂いたものの金額は調べずに、5,000円程度のものだと思い、3,000円の内祝を贈られたとのこと。

ですが頂いたものと同じものをたまたまお店で見つけ、5,000円ではなく、10,000円だったそうです。

この際の対応について疑問があるそうです。

上司からの10,000円のお祝いの品物に対し、3,000円の内祝を贈ってしまいました。
こういった場合、どのような対応をすれば良いのでしょうか?

 私の出産に伴い、先日職場の上司の方から出産祝いの品物を頂きました。

その時は値段を調べずに、『5,000円ぐらいのものかな?』と思い、内祝いには3,000円程度のものを贈りました。

ですが後日、たまたま入ったお店で全く同じものが売っており、値段を見たら予想していた金額の倍の、10,000円もする品物でした。

内祝いは半返しという言葉をよく聞くため、5,000円の半返しで3,000円のものを贈りましたが、10,000円のお祝いですと、半返しの金額にはなりません…。

こういった場合は、職場復帰の際にお菓子を贈ったり、お歳暮でお返しをしたりするのが良いのでしょうか?


お悩みへの回答

頂いたお祝いの1/3程度の金額を満たしたお返しならば、問題はないかと思われます。
もし満たなかった場合は、後日お詫びのご連絡と、プラスのお返しの品物を贈られるのが良いかと思われます。
ですが大金のお返しには、無理をしてお祝いの半額〜1/3程度の金額の物にしなくても大丈夫です。

上司の方から頂いたお祝いの1/3程度の金額を満たしたお返しならば、問題はないかと思われます。
ですので質問者様の用意しやすい方法で良いかと思われます。

 基本的に内祝いの金額の目安は、頂いた品物に対して半額〜1/3程度の金額のものとされています。

それはお返しにかける金額が多すぎても、お祝いを突き返してしまうような形になりますし、少なすぎても、頂いたお祝いに対して見合わないお返しになるからだと言われています。

上司の方の場合ですと、目上の方へのお返しの場合、その方の面子を保つためにも、あまり高額のお返ししないほうが良いとされているため、お返しもあえて半額ではなく、1/3程度の金額にされる方も多いです。

そして今回の質問者様の場合ですと、予想していた金額は違ったとはいえ、10,000円の1/3前後の金額の3,000円の内祝を贈られているので、このこと自体には問題はないかと思います。

ですが基本的に内祝を用意する際は、頂いた品物の金額の下調べをし、それに見合ったお返しをすることがマナーとはされていますので、次からは、ネットやお店で頂いたものの金額を調べることをお薦めいたします。

また、仮に頂いたお祝いの金額の1/3にもお返しの金額が満たなかった場合は、そのことへのお詫びのご連絡を入れるとともに、後日足りなかった分のプラスの内祝いを贈られるのが良いかと思われます。

そしてお歳暮としてお返しをした方が良いかという、ご質問もありますが、今回のような場合にはお歳暮としてではなく、内祝いとして不足分の贈り物を贈られるのが良いかと思われます。

やはりいただいたお祝いへのお礼となるので、ここでお歳暮と言う名目で贈られてしまうと相手には、贈り物の目的が伝わらなかったり、逆に気を使わせてしまい、お歳暮に対してのお返しのお歳暮を贈られる恐れもあるかもしれないからです。

それと、もし頂いたお祝いがあまりにも高額だった場合は、それはお祝いの気持ちと素直に受け取って、自分の無理のない程度のお返しと、感謝のお気持ちをしっかりとお伝えすれば、良いとされていますよ。


結論として、この質問者様のお話ならば、

  • 基本的に内祝いの金額の目安は、頂いた品物に対して半額〜1/3程度の金額のものとされています。
  • 上司の方の場合ですと、目上の方には面子を保つためにも、あまり高額のお返ししないほうが良いとされているため、お返しもあえて半額ではなく、1/3程度の金額にされる方も多いです。
  • 10,000円の1/3前後の金額の3,000円の内祝を贈られているので、このこと自体には問題はないかと思います。
  • 頂いたお祝いの金額の1/3にもお返しの金額が満たなかった場合は、そのことへのお詫びのご連絡を入れるとともに、後日足りなかった分のプラスの内祝いを贈られるのが良いかと思われます。
  • 頂いたお祝いがあまりにも高額だった場合は、それはお祝いの気持ちと素直に受け取って、自分の無理のない程度のお返しと、感謝のお気持ちをしっかりとお伝えすれば、良いとされています。


ですね!!




3.出産内祝いの一般的な金額について。




出産内祝いの相場

 基本的に内祝いの相場は、頂いた出産祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

あまり、多すぎてもお祝いの気持ちを突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しと思われる怖れがあるため、この目安が一般的と言われています。

なのでただ自分が贈りたいものを贈るのではなく、しっかりと頂いた品物や金額をリサーチしてから、内祝いに贈る品物の候補を決めることが大切です。

頂いたお祝いが、現金の場合はお返しにかけるべき金額も、大変わかりやすいのですが、品物だと調べて失礼じゃないかな?と少し心配になってしまいますよね。

きちんとお返しをするために金額をリサーチすることは、大人としてのマナーであり、みんなやっていることなのでご心配なさらなくても大丈夫ですので、ご安心くださいませ。

結婚祝いは普通のプレゼントとは違い、見合ったお返しをしなくてはなりませんので、そのためには金額を知ることは必要なこととされているからです。

なのでお祝いを頂いた際は、ネット等でしっかりと調べてから、内祝いの品物を用意するのが大切ですよ。



家族や親族への内祝いの相場について

 上記でも記述した通り、基本的に内祝いの相場は、頂いた出産祝いの金額の『半額〜1/3程度の金額の品物』とされています。

ですが家族、例えば兄弟両親、あるいは親戚などの親族からお祝いのお金や品物を頂いた時に、多々あるのが各家庭にある、お祝いへのルールです。

例えば、お祝いの贈り合いは初めからなしだとか、しても大体いくら程度のものと決めておくとか、そういったものです。

これはある家庭とない家庭で別れるかと思います。

ない場合は、とても大金ではない限りは、基本的に先ほどの『半額〜1/3程度の金額の品物』を内祝いとして贈れば大丈夫かと思われます。

また、あくまで目安となるので、お祝いが高額の場合が多いことや、親族間や家族間などの今後も今後もお付き合いが続く間柄であれば、やや返す割合も低めにされている方も多組みられます。

ですがもしルールがある場合は、そのルールにのっとって内祝いの品物を用意するのが無難でしょう。
そのためにも、用意する前に1度両親に相談してみることをお薦めします。



連名で現金を贈られた場合のお返し。
こちらも目安は頂いたものの、半額〜1/3程度の金額の品物です。

 前にも述べましたが、基本的に出産祝いに対する内祝いの金額の目安は、頂いた出産祝いの金額に対して半額〜1/3程度とされています。

現金の場合は品物の場合と違って頂いた金額がはっきりとわかるのでお返しの品物を選びやすいですよね。

 またお祝い金の場合は、有志のみんなからというものではない場合もあります。
その場合は会社の名義、すなわち会社自体だったり、会社の親睦会や組合からのお祝い金を頂いた時です。

この場合にも会社自体にお返しをするのかな?と疑問に思うかもしれません。
ですがこの場合は、内祝いは不要となります。

なぜならこのケースのお祝い金は、有志がある方からお祝いを贈られるのではなく、初めから会社で決まっている規定として、会社のお金の中から贈られるお祝いだからなのです。

内祝いは個々の有志でお祝いして頂いた品物やお金に対して、贈るものなので、会社からのお祝いに対しては不要となります。

ただ、前にも記した通り、有志のお祝いに関してはきちんと、感謝の気持ちを込めてお祝い返しをしましょうね。




4.すでに「出産内祝いの金額について」経験された先輩の方々のアドバイス




冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。

以下は、
【すでに「ご親族様への出産内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。


友人への出産祝いのお返しの相場は?
職場の方たちへの出産内祝い(お返し)の相場
出産祝い金のお返しの相場
出産祝いのお返しに関する相場と人気のプレゼント
出産の内祝いに最適な金額
出産祝いを品物で頂いた場合のお返しの相場
出産内祝いはいくら返す?相場金額やマナー
出産祝いのお返しや内祝いを贈る時期と相場金額
連名で出産祝いを頂いた場合のお返しを贈る時期や相場金額
出産内祝いを贈る時期と相場金額
出産内祝いやお返しを贈る時期と相場金額
出産内祝いを贈る時期と相場金額
親戚への出産内祝いの相場金額
親戚への出産祝いのお返しの相場金額
親戚への出産内祝いの相場金額
親戚への出産内祝いの相場金額
出産祝いを頂いた方へのお祝い返しの相場金額
出産祝いのお返しの相場・時期・のしなどのマナー
両親への出産内祝いやお返しの相場金額
両親への出産祝いのお返しの相場金額
両親への出産内祝いの相場金額
両親への出産内祝いに関するマナー
両親への出産内祝いの相場金額
両親への出産内祝いの相場金額
両親への出産祝いのお返しの相場金額
両親への出産祝いのお返しの相場金額
両親から出産祝いを貰った場合の内祝いの相場金額
両親や義父母への出産祝いのお返しの金額
両親や義父母への出産内祝いの金額
両親や義父母への出産祝いのお返しの金額
両親や義父母への出産内祝いの金額
両親や義父母への出産祝いのお返しの金額
出産内祝いの金額について
親戚への出産祝いのお返しの相場金額
親戚への出産内祝いの相場金額
沖縄の出産内祝い(お返し)の相場
出産祝いのお返しが不要と思う金額はいくら?
出産祝いのお返し相場の金額はいくら?
親戚への出産内祝いやお返しの相場金額
出産祝いのお返しに喜ばれる品物や相場
出産内祝いとは?金額の相場やおすすめギフト
出産内祝いとは?マナーや常識
出産お祝い返しの相場金額
身内への出産内祝いの金額の目安
出産のお祝い返しを贈る時期や相場は?
出産内祝いを贈るならいつまで?相場金額は?
出産内祝いはいつまでに?金額相場は?
家族や親戚への出産内祝いのマナーや金額の目安
祖父母への出産内祝いの相場
実家の両親や兄弟への出産内祝いの相場
上司へ出産内祝いを贈る際のマナー
出産内祝いはいつまでに?金額相場は?
友人から連名で出産祝いを頂いた場合の内祝いの相場金額
出産内祝いとは?金額の相場やおすすめギフト
出産後、内祝いを贈る場合の相場金額
出産内祝金額の目安は半分くらい?
出産内祝金額相場って?
出産内祝金額やマナー
出産祝いのお返し・内祝いの相場
出産祝いのお返しの相場
出産内祝いの金額
赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方への内祝いやお返しの相場金額
出産祝いの内祝いの相場金額
出産祝いのお返しはいつまでに贈ればいいの?時期や相場などマナー
出産祝のお返しの相場金額
友達への出産内祝いの相場金額
出産祝いに現金と品物を頂いた場合の出産内祝いの金額って?
出産内祝い品の選び方や金額
出産祝いのお返しの品物の相場は?
赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方への内祝いやお返しの相場金額
沖縄の出産内祝いの相場
友人から連名で出産祝いを頂いた場合の出産内祝いの相場金額
出産内祝い何がいい?相場は?
沖縄の出産内祝いの相場
兄弟に贈る出産内祝いの相場



友人への出産祝いのお返しの相場は?

友人への出産祝いのお返しの相場はどれくらいでしょうか。

その友人との年の差や、関係性にもよると思いますが、だいたい友人関係において出産祝いの相場は5000円から1万円だと言われています。そのためお返しは、3000円から5000円といったラインが相場となっています。

友人への出産祝いのお返しを考えるのは大変な作業です。
気に入ったお返しが見つかっても、予定よりも金額が高過ぎたり、安過ぎたり、在庫が人数分無かったりした場合は、もう一度考え直さなければならなくなります。
お返しを渡す友人の性別も年齢も、趣味や、好みも様々だと思います。
タオルひとつとっても、無地でフワフワしたものが好きな人もいれば、色つきでかさばらないものが好きな人もいます。

一様に気に入って頂くということは難しいですし、個別に違うものを選ぶ手間は相当なものになります。
そういった時に、便利なのがカタログギフトです。

あらゆるお祝いのお返しとして、今や色々な場面で利用されています。
簡単に手続きができますし、値段の設定さえ決めてしまえば、あれこれお返しについて悩むことはありません。
季節に合ったものもありますし、商品は変わっていくので、たくさんカタログギフトを頂いている方でも新鮮な気持ちで選ぶことができると思います。



職場の方たちへの出産内祝い(お返し)の相場

「職場の方たちへの出産内祝い(お返し)の相場」についてご紹介いたします。
職場の方たちから出産祝いを頂いた場合に現金で頂く場合もありますし、前もって欲しいものをつたえておいて品物などでお祝いを頂く場合もあります。

出産内祝いお返し職場からお祝いを頂いたときにはお返しを考えますが、まとめて何人からからお祝いを頂いた場合は一般的な相場だといわれている三分の一から半額という基準にはとらわれなくても良いでしょう。
出産内祝いお返し職場の方へのお返しにかかる相場は、あくまでも基準なのでたとえば10名の方から20,000円程度の品物を頂いた場合は、一人あたり2,000円くらいの負担だったと考えますので、1000円以下のお菓子やタオルのセットを頂いた人それぞれに贈ってもよいですし、まとめて皆さんでわけることができるようにスイーツや飲み物などのアソートセットを選んでもよいかもしれません。

お祝いのお返しは、出産してから1ヶ月から2ヶ月以内までに用意して贈りたいものです。

赤ちゃんのお世話などで大変だと思いますが、もし自分で買いにいくことが大変な場合は家族の人に要望をつたえて代理で購入してもらったり、インターネットサイトを利用して購入しても良いでしょう。
職場の人で仲がよい方から、個別でお祝いをもらった場合はカタログギフトなどをお祝いとして選んでもよいですし、カタログギフト以外のスイーツや日用品のセットなどをお返しの品物として選んでも良いでしょう。



出産祝い金のお返しの相場

出産祝い金のお返しの相場は、地域によって、また関係によっても変わってくるようです。
親族であればいただいた額の30″”ぐらいの品物を贈ります。
親兄弟では、お返しはしなくても良いという家庭も多いようです。
目上の人や上司の場合、30-50″”の品物をお返しとして送ることが多いようです。

どんなお返しをしたら良いのかということも悩みの種です。
何を返したら良いのかわからない場合は、カタログギフトをお勧めします。

カタログギフトは相手の好みがわからない場合は大変便利ですし、育児を始めたばかりで疲れている時に色々と相手の好みを考えて送る手間も省けるので、有効に使えると思います。
出産祝い金のお返しは、なかなか難しい場合もあります。

相場が30-50″”としても、なかなか当てはめるのに難しい場合があります。
例えばお祝い金で3000円いただいたとすると、30″”ですと900円です。
900円の品物と言ってもあまり選択肢がありませんね。
また会社の人など、数人から合同でいただくと、お返しは一人一人に返すとすると、一人当たりの額が非常に小さくなることもあり迷います。
会社の人でしたら、お礼の手紙を添えて、みんなで分けて食べられるような高級菓子を贈っても良いかもしれません。



出産祝いのお返しに関する相場と人気のプレゼント

出産のお祝いを頂いた場合、それに対してお返しをする必要があります。
この出産祝いのプレゼントのお返しの相場ですが、だいたい、頂いたお祝いの半分から三分の一程度の物をお返しするのがマナーです。
頂いたお祝いの額より多くのお返しをしたり、あまりにも少ない額のお返しをするのはマナー違反でしょう。

ですが、祖父母や親しい親族から高額なお祝いを頂いた場合には、きっちり半分、三分の一と相場にこだわらず、お気持ち分をお返ししたら良いでしょう。

人気の出産祝いのプレゼントのお返しとしては、貰っても困らないであろう日用品やお菓子類や飲み物類でしょう。
ですが、相手の好みや生活スタイルから、なかなか品物を選べないという場合には、カタログギフトがお勧めかもしれません。

カタログギフトなら、お返しした相手の方に自分で必要な物を選んで貰えるので最近では非常に人気が出て来ています。
品物をお返しするにせよ、カタログギフトをお返しするにせよ、メッセージカードを添えてお返しするとお祝いを下さった方への感謝の気持ちが伝わって良いのではないでしょうか?
このお返しをする時期ですが、なかなか忙しいとは思いますが、だいたいお宮参りが終る頃までには、つまり1ヶ月以内にはお返し出来たら良いでしょう。



出産の内祝いに最適な金額

赤ちゃんを出産したご家庭では、お祝いに対する内祝いを贈るのが一般的です。
日程やマナーなど、気を配る必要がある点は多々ありますが、最も気を付けなければならないのは、金額ではないでしょうか。

内祝いの金額は、「半返し」といって、受け取ったギフトの5割程度にすることが多いです。
安いものであれば、3割程度までは許容できますが、あまりにも安すぎると相手の方に対して失礼にあたりますので注意しましょう。
また、受け取ったものより高いものをお返ししてしまうと、受け取った気持ちをそのまま送り返すことになり、かえって失礼になりますので、半返しの原則を守るように心がけましょう。

さて、ここまで「受け取った品物の3割から5割くらいのお返しをするべき」と説明しましたが、贈り物がいくらくらいのものか、正確に知ることは難しいですね。
相手に尋ねるのは失礼ですし、「大体、5,000円くらいだろう」など、目算で良いですから、見当をつけておきましょう。

出産のお祝いに対してどれくらいの内祝いを贈れば良いかがわかったら、その額に合ったギフトを探しましょう。
デパートで探しても良いのですが、金額ごとに選ぶことができ、相手の方が商品を選ぶこともできるということから、たき新のようなカタログギフトが検討に値します。特に、出産のお祝いは多くの方から受け取るものですから、選定にかかる時間を短縮できますし、確実に喜んでいただくことができるでしょう。



出産祝いを品物で頂いた場合のお返しの相場

出産された場合、周りの方々から色々な形でお祝いを頂く事になるでしょう。
お金として頂く事もあるでしょうし、商品券で頂く事もあるでしょうし、品物で頂く事もあるでしょう。

このように出産のお祝いを頂いた場合には、頂いたお祝いの半分から三分の一程度のお返しをするのが相場となっています。

お祝いがお金や商品券といった具体的金額が分かる場合は、相場通りお返しの金額も決めやすいのですが、品物の場合だと具体的金額が分かりずらく、お返しの金額が決めずらいといった場合があります。
今の時代、ネットなどで調べればほとんどの品物の金額が分かる時代でもあるので、お返しの金額を決める参考にネットで調べてみるのもありでしょう。

それでも分からない場合は、同じような品物の金額を参考にしてみるとか、どうしても分からない場合は、自分の気持ち分でお返しするのもありでしょう。

物でする出産祝いのお返しにしても良いでしょうし、それこそ商品券といったような形でお返ししても良いでしょう。
ですが、さすがにお金でお返しするのは少し失礼に当たるかもしれませんし、商品券もあまりにもはっきり金額が分かってしまうので、躊躇されるという方は多いかもしれません。

そのように物でする出産祝いのお返し、商品券でなかなか決まらないという方にはカタログギフトがお勧めです。

カタログギフトなら、具体的金額が分かりませんし、物と違って自由に選んで貰う事が出来ます。



出産内祝いはいくら返す?相場金額やマナー

自分や家族が出産した場合、周りの方々から出産のお祝いを頂く事になるでしょう。
このように出産のお祝いを受け取ったら、それに対して出産内祝いというお返しをするのがマナーです。
まずこの出産内祝いいくらくらいお返しするのがマナーかというと、一般的には受け取ったお祝いの半分から3分の1程度をお返しするのが相場となっています。
だいたい出産のお祝いは、他人から頂く場合は、少なくて2、3千円、多くて1万円ぐらいといった金額が相場なので、内祝いは千円~2千円、それか5千円程度の品を選べば良い事になります。
ただ、目上の方や親しい親族などからはかなり高額なお祝いを頂く場合もあります。
このような場合には、出産内祝いいくらくらいが相場かというのをあまり気にせず、お気持ちでお返ししたら良いでしょう。

そして次に何をお返しに選ぶか?ですが、やはり貰った人が受け取って困るような物はお返ししないべきです。

卵アレルギーの人に洋菓子の詰め合わせや、1人暮らしの人にたくさんの調味料の詰め合わせなどをお返しするのはやはり失礼に当たります。ただそこまでその人の事を知らないという場合もあるでしょう。
そこで役に立つお返しがカタログギフトです。
カタログギフトならお返しを受け取った本人に品物を選んで貰う事が出来るので、当り外れが無いからです。



出産祝いのお返しや内祝いを贈る時期と相場金額

「出産祝いのお返しや内祝いを贈る時期と相場金額」については、昔から赤ちゃんが生まれて一か月後のお宮参りの頃が最適とされています。
お宮参りの頃には赤ちゃんもだいぶ落ち着いていますから、親戚や友人知人などさまざまな方からいただいた出産祝いのお返しをしなくてはいけません。

「出産祝い内祝い時期」が赤ちゃんを出産後一か月くらいとされているのも、赤ちゃんに手がかかる新生児のころから少し大きくなって、お母さんも育児に慣れてきた頃だからでしょう。
とは言え、育児は慣れないお母さんにとって一日の大半を費やすことになります。
お返しに時間を割くことはなかなか難しいのが現実です。

「出産祝い内祝い時期」に留意して、出産のお祝いとしていただいた金額の半分から三分の一と言われる相場の品を、いただいた方それぞれに喜んでいただける品選びを一軒ずつするのはたいへんです。

そんな時にはカタログギフトを出産の内祝いの品としてお返しすることをおすすめします。

カタログギフトには多岐にわたる品が掲載されているので、カタログギフトを受け取った方が、それぞれに必要な品や好みの品を選ぶことができるので、どんな方にも喜んでいただけます。



連名で出産祝いを頂いた場合のお返しを贈る時期や相場金額

職場などで、連名で出産祝いを頂戴することもあるかもしれません。
そんな時のお返しに大変便利なものがカタログギフトです。

カタログギフトであれば、様々な価格帯のものが用意されていますので、チョイスの幅が広がります。

一般的に出産内祝いは、頂いたお祝いの三分の一から半分程度が相場だと言われています。
連名で頂戴したお祝いの額に合わせて、職場へのお返しとするのか、個々の方へのお返しとするのかはケースバイケースになるかと思います。
ただし、連名で頂いた場合、お祝いの総額が高額ではないことが多いので、職場へのお返しとすることが多いようですね。カタログギフトであれば、スイーツなど職場で分けやすいものも用意されていますので、そんな場合にもぴったりのお返しになるかと思います。
幹事となられている方に事前にご連絡をしておくと、受け取られる方としてもスムーズなお品選びができるのではないでしょうか。

出産祝いのお返しの時期は、産後1カ月以内が目安とされています。
こういったしきたりのあるものは時期を外すのことは避けたいマナー違反になりますので注意しましょう。

出産祝いのお返しの時期を外さないためにも事前にカタログギフトなどを調べておくとよいでしょう。
お祝いを頂いたら、きちんと頂いた時期、お名前、金額を控えておきましょう。

特に、連名の場合どなたが加わっていらっしゃるのかまできちんと把握しておくと、今後のお付き合いに良いでしょう。



出産内祝いを贈る時期と相場金額

「出産内祝いを贈る時期と相場金額」については、赤ちゃんが生まれてから約一か月くらいが目安とされています。
ちょうど赤ちゃんを地元の神社などに抱いてお参りして、出産の報告や赤ちゃんの健やかな成長を祈願するのが産後一か月くらいにあたるお宮参りです。

このお宮参りのころにお祝いのお返しを送るのが一般的です。

「内祝い出産時期」は、遅くとも産後二か月以内というのが望ましいのですが、「内祝い出産時期」からあまりにも遅れてお返しを送るような場合には、お詫びの言葉も添えたお手紙やカードを添えると良いでしょう。

一般的な一か月を過ぎて、二か月を超えると、お返しが届くことを心づもりをしていた方は、もしかすると母子に何かあったのではないだろうかと不安になります。
余計な心配をかけてしまっては、せっかくのお祝いの気持ちを台無しにしてしまいかねません。
「内祝い出産時期」については留意しておきましょう。

お返しの相場としてはだいたい半額から三分の一くらいです。
カタログギフトを利用すると、相場に見合った品選びができるので安心です。
冠婚葬祭の決まりごとは、なかなか難しいこともあるのでカタログギフトの会社で相談に乗ってくれます。



出産内祝いやお返しを贈る時期と相場金額

出産内祝いお返し時期は出生後1か月でお宮参りが済んだ頃です。

その頃出産内祝いとしてカタログギフトなどのお返しを持参しますが、お返しの相場としてはいただいた額の半分と考えます。
ですが、気持ちの問題でもありますので、相場とは関係なく選んでも良いでしょう。
その際、相手よりも金額が大きくならないように気を付けます。

お返しの品としてはカタログギフトが良く選ばれています。
カタログギフトは金額設定が細かいので選びやすいですし、贈った相手も好きなものを選ぶことができます。
その他としては砂糖やお茶、クッキーのような焼き菓子、タオルなどがあります。

どの場合にものしをかけてもらうことが大切で、表書きは出産内祝いか内祝いとし、水引は蝶結びのものを使用します。
表書きの下に子どもの名前を書きますが、その際ふりがなもふっておくと何と読むのかわかり、早めに覚えてもらえます。

出産内祝いお返し時期はお宮参りの頃ですが、その頃は育児も忙しくなりお返しを贈ることを忘れてしまいがちです。
そうならないよう、妊娠中から贈る方のリストを作っておき、品物も選んでおくと良いでしょう。
体調の変化も著しい頃ですので、もしお宮参りの頃が無理ならば、産後2か月までには必ずお渡しするようにします。



出産内祝いを贈る時期と相場金額

出産内祝い時期に関して、出産後すぐにお祝いを頂けることが多いと思いますので、だいたい生後1か月あたりに行われる「お宮参り」の時期にお返しをするのがよいでしょう。1か月を過ぎたからといってマナー違反になるわけではありませんが、相手に感謝の気持ちを示すためにもお返しは早めに行うのが良いかと思います。
金額の相場ですが、いただいたものや金額の阪返しが基本的なマナーとなっています。
しかし1万円以上の高額なものや金銭の場合は三分の一でもよいとされています。
また、親や目上の親戚などには、こちらからはあまり高価なものを送るのも失礼に当たるかもしれませんね。
あくまで、感謝の気持ちを示すことが大切なのです。

出産内祝い時期や相場については、いろいろな意見がありますが上記のことを守っていれば失礼には当たらないと思います。

お返しについてですが、カタログギフトをおすすめします。
カタログギフトには値段が設定されているので、頂いたものの価格や頂いた金額の半分から三分の一に当たる値段のカタログを選択し贈るのが良いかと思います。
カタログギフトなら相手も好きに商品を選べますし、絶対に使うものを選ぶはずですからとても効率的です。



親戚への出産内祝いの相場金額

「親戚への出産内祝いの贈り方やマナー」についてご紹介いたします。
赤ちゃんが産まれることはとても喜ばしいことです。
家族や親戚なども大いにお祝いをしてくれることでしょう。

親戚の方からも出産祝いを頂くことがありますが、内祝い親戚出産内祝いの贈り方やマナーで気をつけたい点はどのようなことなのでしょうか。
内祝い親戚出産内祝いのマナーは、親戚に限らず友人や会社関係者などお付き合いがありお祝いをくださった方に共通していることなのですが、まずはお祝いを頂いたことに対するお礼の電話をいれるようにしておきましょう。

出産のお祝いなどのお返しの時期は、一般的にいうとお宮参りの頃だといわれています。
出産祝いを頂いたお礼の電話をしておけば、お祝いをくださった親戚の方がきちんとお祝いが届いているのかというように心配することもありません。

出産内祝いのマナーをきちんとまもってお祝いを頂いたら電話をすぐに入れるというような気配りをおこたらないように気をつけましょう。
親戚から出産祝いを頂く場合は、友人たちから頂く出産祝いよりも高価な金品などが多いです。
現金で出産祝いを頂いた場合は「◯◯○が欲しかったので○○○に使いたいとおもいます」というように具体的な使い道を伝えるとわかりやすいですし、贈った相手も喜ばれるのではないでしょうか。

出産祝いのお返しの品物はカタログギフトがおすすめです。

カタログギフトは貰って嬉しい内祝いギフトのひとつです。
好みの品物を選ぶことができますし、体験型のカタログギフトは温泉などを体験することもできます。
その他にも消えものとされている食べものなどのグルメギフトや洗剤や入浴剤などのギフトセットもおすすめです。



親戚への出産祝いのお返しの相場金額

「親戚への出産祝いのお返しの贈り方やマナー」についてご紹介いたします。
赤ちゃんが産まれると親戚や家族、友人たちからお祝いをいただきますが、出産祝いお返し親戚の方にお返しを贈る場合の贈り方やマナーはどのような点に気をつければよいのでしょうか。

出産祝いお返し親戚の方にお祝いのお返しを贈る際には、まずはお祝いを頂いたらお礼の電話をすぐにかけるようにしましょう。
親戚からいただく出産祝いの場合は高価な金品などが多い傾向にあります。

出産内祝いを贈る時期は、お宮参りのころあたりだとされていますが、お祝いを頂いて何も音沙汰がないのは失礼になってしまいます。
そのため電話をしてきちんとお祝いが届いたことや使い道などをお礼を兼ねてつたえるようにしましょう。
現金のお祝いの場合は「○◯◯が欲しかったので○○○に使います」というように赤ちゃんのための用途を伝えるとさらに喜ばれることでしょう。

お祝いのお返しの品物としてはカタログギフトなども人気があります。

カタログギフトは好きなものが選べるといったメリットがあるため人気があるのでしょう。
その他にも食品や洗剤などもおすすめです。
食品であれば赤ちゃんの名前がはいった名入れギフトが人気があります。
お米やお酒、カステラなどのスイーツなど種類が豊富にありますので、贈る相手の方が喜んでくれそうなアイテムを選ぶと良いでしょう。



親戚への出産内祝いの相場金額

親戚だからこそマナーを守り内祝い出産親戚に届けたい場合の考え方があります。
内祝い出産親戚をすぐに届ける前には必ずお祝いが届いたことに関してのお礼の連絡を伝えます。

その理由はお返しをする場合は1か月ごろからが一般的とされていますし、出産後に頂いた場合は早い方なら1か月以上間が空いてしまう事になります。
そういた場合に連絡がないと届いたかどうか不安となりますので、いただいた品に関して届いたということ一番に報告するというのがマナーとなります。

体調がすぐれない場合は手紙以外に電話で簡単に済ましておくという形でも失礼にはあたりません。

親戚それぞれでライフスタイルがあり年配の方であれば、食品といった消えものが喜ばれますし、比較的年齢が若い家庭であれば消耗品となるタオルといった日用品というのも喜ばれます。

付き合いが少なく好みがわからない場合や手配する数が多くなってしまった時にはカタログギフトを送るという事も贈り方の一つとして喜ばれます。
カタログギフトであれば相手の好みに気にせず贈ることが出来るのがメリットになります。
また贈る時には手渡しでも郵送でもどちらでも問題ありません。

またポイントしては高すぎる品物は控えるのも大切です。
親戚がお祝いをしていただくことになった場合同様にしなければいけないという負担となりますので金額に合わせてお返しには高額すぎない贈り物を選ぶことも大切なマナーです。



親戚への出産内祝いの相場金額

出産というおめでたい事があった際には、友人、職場関係の人、ご近所さん、そして親戚の方など、様々な繋がりからお祝いが届く事になるでしょう。
とても喜ばしい事ですが、次にそれらのお祝いに対してお返しをする事を考えていかないといけません。

産後は何かとバタバタするのが常なので、産前にある程度準備しておくとよいかもしれませんね。

このお返しですが、一般的には内祝いと言われています。

そしてこの内祝いですが、だいたい貰ったお祝いの額の半分から3分の1程度をお返しすればよいとされています。
ただ、親しい間柄の親戚や、かなり年輩の親戚の方などからは、けっこう高額なお祝いを頂いたりする場合もあるでしょう。
これもとても喜ばしい事なのですが、このような高額なお祝いに対しても半分から3分の1程度をお返しするべきなのか、迷われる人もいるでしょう。
このような場合の出産内祝い親戚としては、そこまで半分や3分の1程度といった相場は気にしなくてもよいと言われています。
ようは若い夫婦への応援の気持ちを込めてのお祝いでしょうから、

それに対して律儀に半返しするのは逆に失礼に当たる可能性もあるのです。
ですから、このような場合の出産内祝い親戚としては、気持ちちょっと多めのお返しをするぐらいでよいのではないでしょうか?
ここでお勧めのお返しとしてカタログギフトがあります。
カタログギフトは予算に応じてカタログが用意されているのですが、その中でもワンランク上のちょっと高級感あるカタログもあるので、それを選ぶというのも賢い選択肢だと思うのです。



出産祝いを頂いた方へのお祝い返しの相場金額

「出産祝いを頂いた方へのお祝い返しの相場金額」についてご紹介いたします。
出産祝いを頂くとお祝いのお返しの品物を相手の方に贈ります。
出産祝いは家族や親戚の方、友人、会社の関係者などからいただきますが、出産祝いお祝い返しの相場金額はどのくらいなのでしょうか。

一般的には出産祝いお祝い返しの相場金額は、半返しだとされています。
しかし、親戚の方などから高額な出産祝いを頂く場合もあります。このような場合は半返しにこだわらないでも良いでしょう。
三分の一または四分の一くらいの金額の品物をお返しとして用意しましょう。

カタログギフトなどは高額な商品もありますので高額なお祝いを頂いたときのお返しに用意する場合に便利なアイテムです。

たとえば5万円のお祝いを頂いた場合には1万5千円くらいのカタログギフトを選んでもよいですし1万円くらいのカタログギフトを選んでプラスしてバウムクーへンやカステラなどの名入れのスイーツギフトや名入れのお米ギフトなどを一緒に送っても良いでしょう。
またちょっとおしゃれな調味料のギフトセットやパスタのギフトセット、コーヒーとクッキーの詰め合わせギフトセットなどを一緒に送ってもよいでしょう。



出産祝いのお返しの相場・時期・のしなどのマナー

出産祝いのお返しの金額の相場としては、いただいた金額の3分の1から半額ぐらいが一般的です。
いただいた金額よりあまりにも低いものがよくないのは当然ですが、高価過ぎるものも相応しくありませんので気をつけましょう。

もしお祝いに渡した金額よりも高価なお返しを受け取ると、渡した金額が安すぎたのかと不安にさせてしまうかも知れません。
また、出産祝い返し時期としては、お宮参りのある30日後を目安として、その少し後ぐらいに贈るのが一番よいでしょう。

のしは、水引の上側に「内祝い」の文字を入れ、下側には産まれた赤ちゃんの名前を入れるのが一般的です。
水引の結び方は、蝶結びが使われることが多いです。

贈り物の相場や出産祝い返し時期のマナーに注意して、喜ばれるものを贈りたいという時に何かと便利なのがカタログギフトです。

昔はこのような贈り物をカタログギフトで贈るのは気が引けるという意見もあったかも知れませんが、今はとても一般的になっており、決してマナー違反とはなりません。
品物選びで失敗することもありませんし、のしや包装も相応しい状態に準備してくれる場合が殆どです。
商品券のようにダイレクトに金額がわかってしまうものでもありませんし、贈る側も受け取る側も便利な点が多いですので、積極的に活用しましょう。



両親への出産内祝いやお返しの相場金額

『両親への出産内祝い・お返し』に関するご質問でやっぱり皆さん気になるのが、お返しの相場金額についてだと思います。
特に初めての出産ともなると、ご両親も初孫の誕生ということで喜びもひとしおです。
まとまった退職金が入るタイミングが重なったりすると、おじいちゃんとしても孫への愛情を現すためについつい多めに出してしまうなんてこともあるようです。

そういった理由で『両親への出産内祝い・お返し』に関するご質問が増えるのも無理はありませんよね。
ご両親の有り難い内祝いに感謝しつつ、いくらぐらいの金額でお返ししようかなとお悩みになれるのはとても幸せな証です。

相場として半返しという言葉もありますが、そこへ厳密にこだわるかどうかは大きな問題ではないようです。
かといって何が欲しいかなんてことをご両親に直接うかがう訳にもいきませんよね。

ですので、迷った時にはカタログギフトなどでお返しするのもひとつの手かもしれません。

孫の写真が入った品物をプレゼントされると意外と嬉しいものです。そういった記念品をプレゼントされて喜ばないご両親はいませんので、『子供たちの写真を品物にプリントして記念に残したいんだけど、どんな品物がいいと思いますか?』と言った感じでカタログギフトをお渡しするのもひとつの手かもしれません。



両親への出産祝いのお返しの相場金額

出産のお祝いを両家のご両親からいただいた場合、両親への出産祝いのお返しの金額はどのくらいの予算で用意したら良いでしょうか?友人や親族などからいただくお祝いでは、お返し金額はいただいたお祝いの額の3分の1から半額が基本と言われています。

しかし、ご両親からいただくお祝いというのは、多くの場合友人たちよりも金額が大きいですよね。
お返しもそれなりのものを用意した方がいいのかな?と気を遣うこともあります。
しかし、両親からいただいたお祝いというのは、友人たちからいただく”おめでとう”の気持ちをお祝いにしたものとは、少しお祝いに込めた思いが違う場合も。

中には、礼儀作法を重んじるご両親で身内であってもお返しはキッチリと!というご家庭もあるでしょうが、多いパターンとしては、赤ちゃんの出産費用やベビーグッズなどを購入する助けになれば・・・との思いから多くお祝いを包んでくれているというケース。
そうなると、きっちり半返ししていてはご両親の思いに反することになり、せっかくお祝いをくださった意味がないと感じさせてしまうことも。

そこで、ご両親が”お返しは気にしないでね”というスタンスなら、甘えさせていただくことも必要です。
全くお返しは不要ということではありませんが、お返ししてもご両親に気を遣わせない程度の金額でちょっとしたお返しと感謝の気持ちを添えて・・・というのが一番かと思います。

例えば、両親への出産祝いのお返しで人気の高い赤ちゃんオリジナルグッズと感謝のお手紙。または、広く支持されるお返しの定番であるカタログギフトと赤ちゃんオリジナルグッズなどの組み合わせ。
または、カタログギフトと赤ちゃんの写真入りメッセージカードに感謝の気持ちを綴ってお返しというのも喜ばれるかと思います。



両親への出産内祝いの相場金額

両親からいただいた出産祝い。一応お返しは用意するつもりでいるものの、”自分の親だし、そんなに高いものでなくていいよね?”等と、相場がイマイチわからずご両親への出産内祝いで迷っているというパパママに向けて、お返しを用意する際の相場金額についてお知らせします。

まず、一般的には両親や目上の方からいただいたお祝いに対するお返し金額は、いただいた金額の3分の1程度と言われます。
よって、この基本マナーから考えると5万円のお祝いをいただいたとしてお返しは15000円前後となるでしょうか。
しかし、両親の場合、”そもそも産前産後の子供夫婦にかかる経済的負担を軽くする目的でお祝いを渡しているのでお返しなんていらない”という人も少なくありません。
そんなお考えであるのに、またははっきりと”お返しはいらないからこれで赤ちゃんに必要なものを買ってあげて”と言っていたのに、キッチリと3分の1返ししていては、むしろ両親をがっかりさせてしまうこともありますね。
そんな時は、ご両親への出産内祝いは気持ち程度の商品を。

その分、いただいたお祝いで赤ちゃんもパパママも長く愛用する必須アイテム(例えばベビーベッドやベビーカー、抱っこひもなど)を購入させていただいて、きっちりと報告することの方が喜ばれることが多いです。
心得ておきたいですね。

しかし、中にはお返しはお互いにきっちりと、という親族のマナーがあるご家庭もあるでしょう。
そんな時に便利なお返しがカタログギフトです。
祖父母がお返しでもらって嬉しいものの上位に高級グルメがランキングしていますから、グルメのカタログギフトなんか良いのではないでしょうか?



両親への出産内祝いに関するマナー

両親からいただいた出産のお祝い。
両親は「お返しはいらないよ」、「気を遣わないでね」なんて言っていたものの、本当にお返しを用意しないのってマナー違反なの?きっちりお返しするのが常識と戸惑ってしまうことありますね。
そこで、両親からいただいたお祝いにはどのような点に気をつけてご両親への出産内祝いを選んだら良いのか紹介します。

まず、ご家庭にもよりますが、お祝いごとのお返しはお互いにきっちりとという家ならお返しの相場はいただいた金額の3分の1が用意でしょう。
ご両親ですし、目上の方からのお祝いですからこのくらいがマナー違反のない金額になりますよ。
また、ご両親への出産内祝いは用意しなくていいからね!と重々言われていた場合には、お返しの金額はもう少し抑えておきましょう。
5万円のお祝いをいただいたとして5000円程度のカタログギフトなどでも良いでしょう。

カタログギフトはどの世代からも人気が高くおススメなのですが、両親のお返しする場合はちょっと一工夫。
品物にプラスして赤ちゃんの写真やオリジナルグッズ、もしくはパパママからの感謝のお手紙や”いただいたお祝いで○○を買いました”という報告などを添えておくのがポイントです。
これでご両親も喜んでくださることでしょう。



両親への出産内祝いの相場金額

ご両親からもらった出産祝い。実の親なのにお返しってきっちりしないといけないの?そんな風に思ってしまう新米パパママも多いのではないでしょうか?
実際に、ご両親(赤ちゃんからみて祖父母)からは”私たちにはお返しはいらないからね”と言われることもしばしばあります。
それは、何かと出費が多い出産前後のパパママにかかる経済的負担を少しでも軽くできたらという思いでお祝いを包んでくださっているからです。

すると、ご両親への出産内祝いできっちり高額な商品をお返ししていてはかえって失礼にあたることも。
いただいたお祝いを突き返したように感じられては元も子もありませんしね。
そうなると、金額的にご両親への出産内祝いはどのくらいがベストと言えるでしょうか?

無難なところで考えると高くてもいただいた金額の3分の1以下に抑えた価格となります。

よく両親や目上の方からいただいたお祝いは3分の1返しと言いますから、それに則ってお返しするとなると5万円のお祝いで15000~20000円程度の品ということになります。
しかし、礼儀作法に厳しいご両親でなければ、20000円近くお返しがくると、そんなに気を遣わなくて良かったのに・・・という感じで受け取られるでしょう。
本当にお返しは不要だから!と言われていた場合には、気持ち程度のお返しの品(例えば5000円程度のカタログギフトと赤ちゃんの写真や感謝のお手紙など)でも十分喜んでいただけるかと思います。

やはり、お返しの金額はキッチリしておきたいというお考えなら5万円のお祝いに対して12000~15000円程度の品物とオリジナルグッズなどはいかがでしょうか?
例えば、15000円程度のカタログギフトと赤ちゃんの写真いりマグカップのセットなどにするという方法です。
祖父母は赤ちゃんのオリジナルグッズ、名入れグッズをお返しでもらうと嬉しいという意見が多数ですからぜひご参考に。



両親への出産内祝いの相場金額

ご両親への出産内祝いでお返しは用意するつもりでいるものの、いくらくらいが常識的な金額なのかしら?と気になるパパママも多いのではないでしょうか?
よく、ご両親への出産内祝いでは赤ちゃんの顔入りグッズ(マグカップやクッション、カレンダーなど)を贈る方がいますよね。
これらのオリジナルグッズは、祖父母にとって嬉しいお返しだという意見が多数なのですが、それほど高級な品物ではありません。
これだけお返しに持って行くのって失礼だったらどうしよう・・・・という思いがなきにしもあらずというところでしょうか。

しかし、両親の気持ちはどうでしょう?
お返しはいらないから赤ちゃんに必要なものを買ってあげて!という両親も多いことと思います。
その場合、お返しで多くの金額を使うようより、お言葉通りに赤ちゃんに必要なものを買わせていただき、後で報告をすることの方が両親にとっては嬉しかったりするようですよ。
もし、お祝いをいただく時にお返しは不要という旨、聞いていたとしたらお返しは3分の1も不要。
5分の1やそれ以下でも構わないと思います。その分、きっちりと形に残るもので赤ちゃんやパパママに必要なアイテムを買わせていただきましょう。

ただ、親族の慣例から言って慶事であってもお返しはお互いにきっちりと贈り合うご家庭もあるでしょう。
その場合はやはりいただいたお祝いの3分の1返しをめどに選ぶとよいですね。
5万円のお祝いなら15000~20000円くらいになりますので、カタログギフトなどもかなり高級なものをセレクトできます。
祖父母世代がもらって嬉しいお返しは高級グルメと言いますから、ワンランク、ツーランク上のグルメカタログギフトをセレクトしてはいかがでしょうか?



両親への出産祝いのお返しの相場金額

ご両親への出産祝いのお返しの相場金額って、いまいちよくわかりませんよね。
調べてみると、一般的なマナーの乗っ取れば目上の方、かつ金額が多い方(多くの場合、ご両親からの出産祝いは金額が多めですね)へのお返しとなるといただいた金額の3分の1が妥当ということになります。

例えば、10万円のお祝いで3万円程度、5万円のお祝いでは15000円程度と想定すればわかりやすいでしょうか。
しかし、ご両親への出産祝いのお返しの場合は、このルールに則ってお返しを用意するのが最善とは限りません。
というのも、赤ちゃんからみて祖父母であるご両親は、孫のために何か必要なものをお祝いから買ってもらうことを期待している場合が多いのです。

どうしても赤ちゃんが生まれるときには、新しく用意しなければいけないアイテム、ベビーカーや抱っこひも、ベビーベッドやベビー布団など、出費がかさむので子供夫婦の出費を援助してあげたいという気持ちもあってのことと思います。
ですから、もし、ご両親がお返しはいらないから赤ちゃんのために使って!と希望しているようなら、お言葉に甘えさせていただくことも大切。

その分、やや金額的には抑えたものになりますが、赤ちゃんのフォトブックや、オリジナルグッズなどをプレゼントしたり、3000円や5000円程度の定番ギフトであるカタログギフトに感謝のお手紙を添えてお返しするというのも良いですね。
カタログギフトなど定番ギフトをお返しするときには、パパママからのメッセージカードを添える、赤ちゃんのお宮参りの写真を添えるなど一工夫プラスすると喜ばれることでしょう。



両親への出産祝いのお返しの相場金額

「両親への出産祝いのお返しの相場金額」についてご紹介いたします。
赤ちゃんが産まれると可愛い孫が生まれた喜びから両親から出産祝いを頂く場合もあります。
ご両親への出産祝いのお返しの品物の相場金額はいくらくらいなのでしょうか。

ご両親への出産祝いのお返しの品物の相場金額は、お祝い金が高額になる傾向にあるため半返しにこだわらずに三分の一または四分の一くらいでもよいでしょう。
お祝いのお返しはいらないと両親から言われることもあります。しかし、お返しをしたいと考えた場合には記念にもなる名入れギフトなどがおすすめです。

たとえば岐阜達磨正宗赤白日本酒セットなどもおすすめです。
岐阜達磨正宗赤白日本酒セットの価格は10,800円(税込)になります。

商品の特徴は古酒と新酒の名入れギフトで赤色の瓶のほうは、20年間ものあいだ熟成された古酒です。
赤色の瓶にはいったお酒は赤ちゃんの誕生をお祝いしながら飲むことがおすすめです。
そして白色の瓶のほうですが20年間熟成させるための新酒が入っているので赤ちゃんが成人するまでの期間である20年間の時間を刻んでじっくりと熟成させていくための品物です。

20歳のお祝いをする時にだるまの目を書いて成人になったことをお祝いすることができます。
またカタログギフトなどもおすすめの内祝いギフトです。カタログギフトはおしゃれなアイテムが掲載されたカタログギフトなどがありますので贈る相手の方に喜ばれるような品物を選ぶと良いでしょう。



両親から出産祝いを貰った場合の内祝いの相場金額

「両親から出産祝いを貰った場合の内祝いの相場金額」についてご紹介いたします。
両親から出産祝いを貰った場合にはお返しを贈る事がありますが、ご両親への出産祝いの内祝いの相場金額はどのくらいなのでしょうか。

ご両親への出産祝いの内祝いの相場金額は、一般的な出産祝いの相場だといわれている半返しではなくお返しはいらないという考え方もあります。
それは、出産は家(うち)での祝い事のためです。
両親からしてみれば可愛い孫が誕生したということになります。
身内にはお祝いのお返しを贈ることはしないとされています。
そのため、お祝いのお返しはいらないという両親も少なくはありません。

とはいっても頂いたらお返しをしたいと考える場合もありますので両親がすきそうなグルメのギフトやカタログギフトなどを贈って好きなものを選んでもらっても良いでしょう。

たとえば三越伊勢丹のカタログギフトとスイーツのギフトセットなどもあります。
A・BI・SA香ほろんB+三越伊勢丹セレクトギフトムーンストーン・ブルーベリーコースです。

内祝いの品物としては人気の三越伊勢丹「セレクトギフト」とのセットになっています。
繊細な口溶けのクッキーには和三盆など和の衣のほかにも果実をベースにした衣をまとわせた彩りもおしゃれなセットです。



両親や義父母への出産祝いのお返しの金額

親への出産祝いのお返しを考えるのは後回しになってしまいがちです。
しかし両親や義父母へこそ、内祝いは贈るべきものなのです。

本来、内祝いはお返しとしての意味はなく、子宝の喜びを近しい人たちにお知らせするためのものとして使われてきました。
自主的に親戚やご近所の方、お世話になっている方々へ配るものだったのです。
ですから普段からお世話になっている両親や親戚にこそ、いち早くお返しをするべきだと思います。

両親や義父母や親戚からは特に現金でお祝いを貰うことが多いと思います。
大金の場合もあるでしょう。
一般的には、お返しに使う金額はお祝い金やお祝いの商品の半分くらいが適当だとされています。

しかし大金を頂いた場合にはその限りではありません。

例えば20万円の現金を貰った場合、お返しの金額は10万円というわけではなく、2万円程度の金額のものが良いとされています。
個人の自由ではありますが、あまりにもお返しの金額が大きいと相手は恐縮して、もう一度お祝いを贈ることを考えてしまうことがあります。
親への出産祝いのお返しに最適なのがカタログギフトです。
2万円以上のカタログギフトにはラグジュアリーでめずらしい商品がたくさんあるので、きっと喜んでいただけると思います。
注文方法は簡単ですし、両親や義父母のお返しが後回しになってしまうこともありません。

両親や義父母への出産内祝いの金額

赤ちゃんが誕生した際には、親戚や友人など、多くの方からお祝いをいただきます。
そのいただいたお祝いにお返しするのが、出産内祝いと呼ばれるものです。

ですから、内祝いはお祝いしていただいたことに対する感謝の「気持ち」を伝えるものですが、やはりどの程度の金額のものをお返しに贈ればよいのか、という点は迷うところです。
特に、両親や義父母などの親戚への内祝いを選ぶときには、今後も長い付き合いになるわけですから、金額にも神経を使います。
目安として、親内祝い出産の際には、いただいたものの金額のおおよそ半分でお返しする「半返し」が適切とされています。この目安をうまく活用して、内祝いを選ぶようにしましょう。

ちょうど頂いたものの半分となるような品物を見つけるのは大変です。
それに加えて、出産前後には赤ちゃんの世話や家に迎える準備などで忙しくなりがちです。

そのような場合には、カタログギフトなども利用するとよいでしょう。

カタログギフトには、値段に応じて相手に喜んでいただける品物がそろっています。
そのため、親内祝い出産としても活用できます。
相手に選んでいただく形式になっているため、あまり使わないものを頂いてしまった、などという問題も起きにくいのがメリットです。



両親や義父母への出産祝いのお返しの金額

「両親や義父母への出産祝いのお返しの金額」についてご紹介いたします。

赤ちゃんが産まれると友人や兄弟、姉妹、会社関係者、両親や義父母からお祝いを頂くことがありますが、親や義理の両親への出産祝いのお返しへの出産祝いのお返しの金額はどのようにすればよいのでしょうか。

親や義理の両親への出産祝いのお返しから頂いた出産祝いのお返しの金額は、お祝いのお返しの相場だとされている半返しにはこだわらなくても良いといえます。
親から頂くお祝いの場合は、子供から生まれてこれから色々と出費がかさんだりして大変だろうからというような援助をする意味あいからお祝いのお金を包んでくれている場合が多いためきちんと半返しでお返しをするということは他人行儀な行為となってしまい逆に失礼なことになる場合があります。
何のためにお祝いをあげたのかわからないというようにご両親や義理の両親を困らせてしまうこともあります。
親しき仲にも礼儀ありとしてお返しをしたい場合は、金額にはこだわらなくても良いでしょう。

ご両親や義理の両親たちが喜んでもらえそうな品物や金銭的にも負担にならない程度のプレゼントを選ぶと良いでしょう。
お礼の一言を添えてお祝いのお返しを贈れば喜んでもらえるのではないでしょうか。

可愛い孫の写真をこまめに送ってあげたり、頻繁に孫の顔を見せに行くことも親孝行になるのではないでしょうか。
品物を選ぶ際にはカタログギフトなどもおすすめです。
カタログギフトは自由に品物を選ぶことができるため出産内祝いの品物としても人気があります。



両親や義父母への出産内祝いの金額

出産内祝い親へ贈る品物はどの程度の金額のものを選べば良いのでしょうか。

個人や地域や価値観の違いはあれど、基本的にはお祝いの金額の3分の1から2分の1程度のお返しを選ぶと良いでしょう。
お祝いに貰う金額が大きいと、出産内祝い親への品物選びに困りますよね。
お祝いが10万円を超えてきた場合は、お返しは2万円から3万円のものにすると良いでしょう。
半額にしてしまうと、高価過ぎてお返しとしては適当ではありません。

しかし2万円から3万円程度のものを選ぶとなると、意外と品物は限られてきます。
安くはないので、相手にとって不要なものは贈りたくないと思うでしょう。

そういったときに利用すると良いのがカタログギフトです。

本当に必要だと思って貰えるものを贈ることが可能です。
なぜならば、贈られた本人に好きな商品を選らんでもらうことができるからです。
もし2万円のカタログを贈ったとしたら、贈られた方は2万円程度の商品がたくさん載っているカタログの中から好きな商品を1つ選ぶことができます。
生活用品や嗜好品、食料品、体験チケットなど、中身のジャンルは様々です。
お返しの定番であるタオルやお菓子は他の方にも貰う機会があると思いますが、カタログギフトであれば他の方と同じになる可能性は限りなく低いです。同じカタログを貰うことがあっても、掲載されている商品が多いので安心です。



両親や義父母への出産祝いのお返しの金額

気になる親への出産祝いのお返しの金額ですが、相場としては頂いたご祝儀からから半分から3割程度にするというのが一般的です。

それよりも少なかったり多すぎたりする場合は相手に失礼に当たる場合があるので、多すぎず少なすぎないという金額が丁度良いです。
親への出産祝いのお返しに関してはいらないという風に断るという家庭もいらっしゃいますので、感謝の気持ちを伝えるという形で決めるのがおすすめです。
これからお金がかかるという意味の形でのお祝いですので、相場よりも控えめで10万円であれば多くとも1万円程度という形にカタログギフトのように、好きなように選んでもらうという形で気持ちを伝える程度に抑えるのがおすすめです。

カタログギフトでお返しをする理由として、日常にちょっと良い日になってもらえるようにと食事などをして欲しいと伝えやすいからです。
また、商品の値段がわからないというのも親に受け取ってもらいやすいので、お互いに気持ちよくお祝い事として記憶に残るからです。
お返しとして贈る際にはかしこまった形式よりカタログギフトをラッピングしてもらい合わせて子供の写真や両親への感謝の気持ちを書いたメッセージを添えて送ると出産の記念の品となるので好印象です。



出産内祝いの金額について

カタログギフトで、お返しを選ぶ時に、一番気になるのが金額ではないでしょうか?
出産内祝いの予算は、頂いた商品の半分から、3分の1の金額を目安にお返しの商品を選ぶと良いです。
ただし、あまりにも厳密にしなくても、自分の気持ちでカタログギフトの中の商品を選んでも構いません。

お祝いに頂いた商品の金額が判らない時には、大よその見当をつけて、お返しをするか、みんな一律の商品を選んでも大丈夫です。
あまり、金額にこだわってしまうと、出産内祝いおかえしおしゃれな商品を選べなくなってしまいます。
出産祝いお返しおしゃれにギフトを選ぶ事が大切で、金額は大よその目安と考えても大丈夫です。

例えば出産祝いに1万円のお祝いを頂いた場合、内祝いのギフトの金額は、3000円から、5000円程度となります。
内祝いを送る時に少し気をつけなければいけない事は、目上の方にプレゼントを送る時、あまり高価な物を送ると、逆に失礼に当たりますので、その点は要注意です。

普通の考え方だと、目上の方には、失礼が無いように、ちょっと頑張ってでも、高価な贈り物の方が良いと思いがちですが、出産内祝いの時には、そのような事は有りませんので、金額の範囲内でプレゼントを選ぶ方が良いです。



親戚への出産祝いのお返しの相場金額

「親戚への出産祝いのお返しの贈り方やマナー」についてですが、一般的には赤ちゃんが生まれてひと月くらいの頃にお宮参りをするので、お宮参りが済んだらお返しをするようにします。
お返しをしないというのは論外で、お祝いをしたのにお返しがないのは「片祝い」といって不吉だとする地方もあります。

これは、お返しが届くころになっても音沙汰が無いのは赤ちゃんやお母さんに何かあったからではないかと不安になるからです。
お祝いをいただいたらお返しをするというマナーは、お陰さまで母子とも元気にしていますという報告にもなり、お祝いをしてくださった方に対しての礼儀でもあります。

「親戚出産祝いお返し」にはカタログギフトを利用すると便利です。

お祝いをくださった方ひとりひとりにお会いしてお返しをするのが本来ですが、なかなかそれは難しいのが現実です。
せめてお返しの品を喜んで受け取っていただけるようにとカタログギフトを利用する人が増えています。

「親戚出産祝いお返し」のカタログギフトには内祝ののしをつけて、赤ちゃんの名前をのしに書いて送れば、赤ちゃんの紹介にもなり親しみを持っていただけます。
お祝いの金額に応じたタイプのものを選んで、お礼の手紙を添えればさらに良い印象を持ってもらえます。



親戚への出産内祝いの相場金額

出産祝いへのお返しである出産祝いですが、親戚からお祝いを頂いた場合でも、電話などだけお礼を済ませるのではマナー違反になります。
近しいご親戚からのお祝いに対しても、きちんと出産内祝いをお送りしましょう。

また出産内祝いにもいくつかマナーとされるものがありますので、事前に十分確認しておきましょう。

まず、そのタイミングです。
忘れたころにお返しが届いても、感謝の気持ちは伝わりません。
出産後何かと気ぜわしい時期ではありますが、お祝いを頂戴してから30日以内にお贈りすることを目指すと良いかと思います。
また、親戚内祝い出産のご報告と感謝の気持ちをお手紙を添えてお贈りすると、心が伝わるものです。

そしてお贈りするお品の内容です。
出産祝いとしてふさわしくないものもありますので、選ぶ際には留意がひつようです。

その点、カタログギフトであれば、出産祝いとして多くの方に喜ばれるお品、適切なお品ばかりが取り揃えられていますからとても安心感があります。
贈られる方がお品を選ぶ楽しみがあるのもカタログギフトの良い点ですよね。

そして最後に、出産内祝いの予算の相場があります。
一般的に頂戴したお祝いの半分程度だと言われています。
あまり高額なお品は却って気を遣わせてしまうものですから注意しましょう。
親戚内祝い出産のお祝いへのお返し、出産内祝いには、その贈り方にマナーがありますので、それに沿った形でお贈りしましょう。



沖縄の出産内祝い(お返し)の相場

沖縄内祝いお返しで気をつけるべき部分とは何があるでしょうか?例えば相場はいくらぐらいなのでしょうか。

高い分にはまだいいですが、相場より低いものを送り結果となってしまってはよくありませんね。
そんなに内地とも違うのだろうか、と疑問に思うかもしれませんが、やはりどの土地でも昔ながらの習慣などが続いているものであり、それぞれの自然体というものはあるものです。

通常、沖縄ではその辺りのことは内地の人よりは気にしない、大らかな価値観の方が多いようです。
内地ではお返しの相場は頂いた品物の価値の3分の1、または半分を返すというのが一般的とされていますが、沖縄の場合お菓子やタオル、お茶やお米などの日常的に使うような品物で、価格帯も頂いたものの五分の一程が多いようです。

ですが、もちろん気にする人もいるようなので一概には言えません。
反対にあまり値段を掛けることができないと、感謝の気持ちも伝わらないのではないかとプレッシャーを感じてしまう方もいるようです。

そんな時にはカタログギフトで相手方にお好きな物を選んでいただくのはどうでしょうか。
選ぶ楽しみと好きな物を確実に受け取ってもらえる安定性がカタログギフトにはあります。
沖縄内祝いお返しで何をお返しするべきか悩んでいるのなら、一考の価値はあるでしょう。



出産祝いのお返しが不要と思う金額はいくら?

もしかしたら「出産祝いのお返しはいくらぐらいなら不要?」とお悩みではないでしょうか?実は基本的にはお返しが必要ない金額というのは存在しません。

しかし、お返しするにあたって端数になる金額ですと簡単なものしか渡せませんし、逆にあまりにも高額になりすぎると相手の気持ちを無下にしてしまう事になり、かえって失礼に当たります。
ですから、端数になる場合にはお礼の気持ちを伝える手紙とちょっとしたもの一緒に贈り、10万円以上などの高額の場合には、よほどのことがない限り、経済的負担の大きい贈り物は不要ですから、自分の出せる金額の範囲で返礼を行えば問題無いでしょう。

その際、カタログギフトなどを利用すると、相手へのお返しもそこまで高額なものになるわけでもないため、失礼にもなりにくく、「高額な出産祝いのお返しはいくらぐらいかかるの?」といった自分自身の心配も軽くなります。
さらにカタログギフトであれば、最初の注文だけしておけば、あとは相手が選ぶだけで以後はノータッチで済み、小さなお子さんがいても贈りやすいという特徴があるので便利です。

もし、「身内に出産祝いのお礼は不要」ということで、身内の方からの出産祝いの返礼に悩まれている場合、余裕があるなら出来る限り贈ったほうが良いでしょう。
その際に近況報告などをしておくと喜ばれるようです。



出産祝いのお返し相場の金額はいくら?

子どもの誕生というお祝いごと、出産祝いなどをいただいた方にはなるべくその幸せをおすそ分けしたいですよね。
しかし、そうは言ってもいくらのお返しが妥当なのか正直悩むところでもあります。

出産直後という物入りな時期でもあるので無駄な支出を抑えたい気持ちもあるでしょう。
ですから、「出産祝いのお返しはいくらぐらい?」という疑問はどうしても浮かんできますよね。

基本的には出産祝いへのお返しはいただいた金額の半分から3分の1が相場だと言われています。
しかし、そのまま現金で返しては失礼ですし、かといって物でお返しするにも相手方が貰って困らないものである必要があります。

相手の喜ぶものを知っているならそれを贈れば良いのですが、多くの場合、そこまで知らないという方のほうがほとんどでしょう。
そういった場合はカタログギフトを贈るのが便利ですし、相手の期待をはずれる可能性も低くなります。

カタログギフトだと贈る方は金額の指定ができますし、貰う方は自分の好きな物を注文することができます。
それに自分で色々なものを用意する必要もないので手間も省けますし、商品の選定に悩む必要もほとんどありません。
もし「出産祝いのお返しはいくらが良いのかな?」とお悩みの方は、相手からいただいた金額の半分から3分の1程度を基準にカタログギフトを利用すると楽に済ますことができるのでおすすめです。


v

親戚への出産内祝いやお返しの相場金額

出産した場合、自分の、又連れ合いの親戚からもたくさんお祝いを受け取る事になるでしょう。
このように親戚から出産のお祝いを頂いたら、今度はそれに対して出産内祝いというお返しを贈るのが礼儀でしょう。

この出産内祝いですが、産後は何かと落ち着かないでしょうが、なるべく早い内に、遅くても1ヶ月以内ぐらいにはお返しするのがマナーとされています。
そしてお返しする額ですが、だいたい頂いたお祝いの半分から3分の1程度をお返しするのが相場です。
そしてお返しする品ですが、お返しを受け取った側が迷惑にならないような物をお返しするというのもマナーでしょう。

ですから、いくら出産内祝いお返し親戚といっても、生まれた赤ちゃんの名前入り、写真入の品物、それも飾り物や食器などの後に残るような品物をお返しするのはマナー違反でしょう。

ではどのような物がお勧めかと言うと、今の時代人気のお返しとしてカタログギフトがあります。

カタログギフトですと、相手の方に自由に選んで貰えるのでご迷惑になる事は絶対に無いからです。
そして出産内祝いお返し親戚とは言え、お返しにはきちんとお礼状を添え、そしてのしを付けてお返しするようにしましょう。



出産祝いのお返しに喜ばれる品物や相場

出産祝いのお返しに喜ばれる品物や相場についてご紹介します。
出産祝い物お返しを何にしようかと考えたときに、やはり相手に喜ばれるお返しをしたいと思われることでしょう。

出産祝い物お返しは、品物もありますしカタログギフトや商品券なども選ぶことができます。

カタログギフトの場合は、金額の低いものから高いものまで幅広いジャンルで取り揃えてありますので気に入ったものや予算に応じて選ぶことができます。

出産祝いのお返しの相場は、頂いた金額の3割から5割程度だとされています。
頂く相手によっても贈られるお祝いの金額は、異なりますのでノートなどに頂いた人や金額などをメモしておいて整理しておけば、だいたいいくら位の金額のお祝いのお返しを何個購入すればよいのかという整理もつくと思います。

出産祝いのお返しに喜ばれる品物は、日用的に使えるタオルやキッチンツールなどが人気です。
また食べきりやすいお菓子や普段、自分では購入しない高価な食器なども人気があります。
一番よいのは相手の好みを知っておくことです。
何気なく会話の中から欲しいものを引き出して、どうしても分からない場合は、カタログギフトを選ぶと無難です。
カタログギフトは、贈られた相手が自分の好きなものを選べますのでおすすめのアイテムです。



出産内祝いとは?金額の相場やおすすめギフト

「出産内祝いとは?金額の相場やおすすめギフト」についてご紹介いたします。
出産のお祝いを頂いたらお返しを用意しますが、お返し品物の相場はほとんどの場合はいただいた金額や品物の半返しをすることが一般的でマナーともされています。
もしも、1万円以上のお祝いを頂いた場合は1/3くらいにする場合もあります。

こういった傾向もふまえて考えていきたいのですが、金額をきちんとあわせていく必要はありませんがだいたいの目安として考えておけばよいでしょう。

内祝いとは出産のお祝いのお返しにつける「熨斗」についてですが、名入れをおこないますが名入れは命名披露も兼ねています。
生まれてきた赤ちゃんの名前にするというのが一般的です。
きちんと「ふりがな」もふっておけば赤ちゃんの名前の読み方も覚えてもらえるのでよいでしょう。

「熨斗」の表書きは、「出産内祝」か「内祝」でおくります。
水引は蝶結びが内祝いの基本的のマナーです。このような風習についてもきちんと覚えておきましょう。

内祝いとは出産祝いのお返しの品物としておすすめのギフトは、カタログギフトなどでも良いでしょう。
カタログギフトは、価格がわからないものですし郵送でおくることもできます。
またカテゴリも豊富でインテリアやファッションアイテム、グルメなどさまざまな品物から選ぶことができます。
カタログギフトは価格帯もさまざまなものがありますので選びやすいギフトアイテムでしょう。



出産内祝いとは?マナーや常識

「出産内祝いとは?マナーや常識」についてご紹介いたします。
出産のお祝いを頂いた場合にお祝いのお返しとしてカタログギフトなどの品物をおくることになりますが、内祝いとは出産のお祝い返しについてマナーや常識をきちんと身に付けておけば恥ずかしい思いはしなくてすむことでしょう。

内祝いとは出産のお祝い返しはせっかく贈るのですが、受け取った方が不快な思いをしないようにしましょう。
相手方が不快な思いをする場合に贈り物の「金額」や「届け方」、そして「タイミング」の3つがあります。

そのなかでも、「金額」はやはり重要なポイントになります。

それは「自分が贈ったお祝いよりも高価なお返しの品物をもらった」という場合です。
贈り手は、感謝の気持ちを伝えようとして良かれと思い高価なものを選ぶ場合もあります。
しかし、そのことに対して喜んでくれる方ばかりではないようなので気をつけましょう。

その一方で「自分が贈ったお祝いの1/3以下のお返しの品物をもらった」という場合もあります。
こうなってくると出産内祝いの予算の目安が難しくなりますが、出産内祝いもその他のお祝いのお返しの品物と同じように頂いたものの1/3くらいが半額程度が相場だと言われていますが半額程度の予算で贈るようにしたほうがよいでしょう。

また、お返しが届いたときにメッセージカードや挨拶状がなかったという場合やのしや包装がない状態でお返しの品物が届いたというような場合もあります。
こういったマナーをきちんと守ってお祝いのお返しをおくるようにしましょう。
たとえ相手側が親しい相手であってもマナーやお作法はきちんと守る事があとあとのお付き合いにもつながっていきます。

お返しの品物としては日用品やカタログギフトなどがおすすめです。最近はママ友用のカタログギフトなどもあります。



出産お祝い返しの相場金額

こどもが生まれると、親戚や関係のある方々からお祝いをいただくことがよくあります。
そんな時は赤ちゃんの紹介を兼ねてお返しをするのが日本の習わしです。

昔は一軒ごとにお祝いをいただいた金額に見合ったお返しの品物を持参して、お礼を述べて「これからも赤ちゃんともども宜しくお願いいたします」とご挨拶をするというのがマナーでした。
今ではお礼に伺うお宅が近くだけではなく地方からもお祝いを送っていただいたりするようにもなっているので、直接お礼に伺うことはなくなり、お返しの品を送るようになっています。

「出産お祝い返し相場」としてはだいたい祝い金の半分から3分の1くらいの金額とされています。
「出産お祝い返し相場」の金額に見合ったカタログギフトをお返しするというのが最近は手軽で便利なので人気があります。

またカタログギフトであれば、ブランドのおしゃれな品からファッション小物なども揃っていますし、冠婚葬祭の際に使えるようなグッズなども掲載されています。自分ではなかなか買わないような物もあって楽しく選ぶことができます。
カタログギフトには、洗剤などの日用品や食品などの実用品もあるので、必要な品を選ぶことも可能です。



身内への出産内祝いの金額の目安

出産したら周りの方々から出産のお祝いを頂く事になるでしょう。
このようにお祝いを頂いたらそれに対して出産内祝いという形でお返しをする必要があります。

このように出産のお祝いを下さる方の中には、友人や職場の同僚といった他人だけでなく、両親、祖父母、兄弟など身内もいるでしょう。
このような身内からのお祝いは、他人からのお祝いより多い金額の場合が多いです。

兄弟ならまだしも両親、祖父母からですと、5万、10万、もしくはそれ以上という事もあるかもしれません。

そして両親や祖父母からすると我が子同然の気持ちでしょうから、「身内への出産内祝いなのに滅相も無い」という考えをしていらっしゃる方が多いかもしれません。
このような考えでいらっしゃる両親や祖父母に対して、世の中の相場通りに半返しでお返ししたら、逆に失礼に当たる場合もあるでしょう。

ですから、このように身内への出産内祝いの場合には、一般的相場やマナーを一旦脇に避けて、日頃の感謝の気持ちと「これから親子共に宜しくお願いします」というお願いの気持ちを込めて金額にこだわらず何かプレゼントする方が良いでしょう。

両親や祖父母が日頃から欲しがっている物が分かっていたらそれが一番良いのでしょうが、もし分からないようであればカタログギフトなんてどうでしょうか?
カタログギフトなら様々な品やサービスが掲載されているので、自由に選んで貰う事が出来ます。



出産のお祝い返しを贈る時期や相場は?

子どもが生まれて、出産祝いをいただいた際、出産のお祝い返しの時期はいつ頃までにしたほうがいいのでしょう。

出産のお祝い返しの時期はお宮参りをする生後1か月位までにしておくと良いと言われています。

お返しの相場ですが、予算はいただいたお祝いの品の半額から3分の1を目安として考えるといいと言われています。
例えば1万円の出産祝いをいただいた場合の、相場は3,000円~5,000円くらいと考えればいいでしょう。
品物によっては、値段の検討のつかないものもありますね。
そういう場合は、金額にこだわる必要はありません。
値段に関係なく、皆さんに一律で同じものを贈ってもかまわないのです。
これは、お祝いのお返しにはお礼という意味だけでなく、これから子どもも含めてどうぞよろしくという挨拶でもあるからです。

また、気を付けておきたいのが、目上の方からのお祝いに対してお返しを贈る場合です。
高価なものを贈ると、かえって相手に失礼にあたりますので気を付けましょう。

皆さんに喜ばれるおすすめの品物は、カタログギフトです。
カタログギフトなら、何を返したらいいかと悩む必要はなく、もらった側にとっても、カタログギフトなら自分の好きなものを選べるので好評なのです。



出産内祝いを贈るならいつまで?相場金額は?

自分や奥さんが出産し出産祝いを貰ったら、それに対して出産内祝いというお返しをする必要があります。
この出産内祝いをいつまでにお返しするべきかと言うと、一般的には産後1ヶ月以内、事情があって遅れたとしてもせめて2ヶ月以内にはお返しするようにしましょう。
これが礼儀と言ってもなかなか産後は思うようにいかないのが現実です。
ですから、産前に前もって出産祝いをくれるであろう人の連絡先などを一覧にしておくと良いでしょう。

この出産内祝いをいつまでにお返しするべきかが分かれば、次にそのお返しの相場ですが、これは一般的に貰ったお祝いの半分から3分の1程度の品を返すのが礼儀とされています。
ですが、両親や祖父母、親しい親族からかなり高額なお祝いを貰ったような場合には、この半分とか3分の1といった相場をそこまで気にする必要はありません。
これまでのお礼とこれからもお世話になりますという気持ちを込めたプレゼントを渡す形を取っても良いでしょう。

ここでそのプレゼントを何にするか迷われた場合には、出産内祝いでもよく選ばれるカタログギフトがおすすめです。

カタログギフトの中には、こだわりの品を集めたワンランク上のカタログギフトなども用意されているので、そのようなカタログギフトを贈るのもありでしょう。



出産内祝いはいつまでに?金額相場は?

出産内祝いいつまでに贈るかどうかの目安は生後1ヵ月を過ぎたころが目安の時期ですが、金額の相場は頂いた金額でも違ってきます。
通常は出産内祝いは、お祝いとして頂いた金額の2分の1から3分の1返しが基本ですが、高額のお祝いを頂いた場合や両親へのお返しなどはこの限りではありません。

両親の場合は基本的にはお返しは不要ですし、親戚でも親兄弟でお返しの決まりがあることも多いです。
お互い様だからとお祝いを贈り合わないという家もあることでしょう。

特に決まりがない親戚関係へのお返しを贈る場合は、頂いた金額に見合った金額のカタログギフトのお返しなどを贈ると喜ばれます。

カタログギフトは自分で好きなものを選ぶことができるのでもらうほうの楽しみもあります。
また、カタログギフトには細かい金額設定があるので、お返しに見合った金額に合わせたい場合も非常に便利です。

出産内祝いいつまでにという細かい決まりはありませんが、お祝いを頂いてから1ヵ月~2か月以内にはお返しをするようにしましょう。
2か月以上お返しに時間がかかってしまうと遅いと思われてしまう場合もあるので、お祝いをくださった方に失礼のないように、お返しは早めに贈るようにしたほうがよいでしょう。



家族や親戚への出産内祝いのマナーや金額の目安

家族や親戚への出産内祝いを贈る際のマナーは、まず頂いた方の家族構成や性別、ライフスタイルなどを考慮してお返しを選ぶことです。
両親でしたら赤ちゃんの写真入りギフトを贈っても喜ばれますが、他の親戚の方からは必ずしも喜ばれるばかりではないということです。
年配の親戚の方でしたら、「消え物」と言われる食品や消耗品だと喜ばれることが多いです。
それから子供がいる親戚でしたらお菓子の詰め合わせやジュースの詰め合わせを贈ったり、あまり付き合いのない親戚の方でしたらカタログギフトで好みの品を選んでいただいたりと、頂いた人1人1人へのお返しをきちんと配慮しましょう。

カタログギフトも便利ではありますが、子供が小さい家庭や年配の家庭などではカタログを見てはがきやインターネットで手続きをするということが手間になり、大変な作業になってしまうこともあります。

相手の家庭の状況を配慮して、出産内祝い家族や親戚にお返しするようにしましょう。
お返しの目安の金額については、頂いた金額の「二分の一」か「三分の一」ほどでお返しを行うのが一般的なマナーです。
ただし、親戚の場合高額なお祝いをそのまま半返しされることを嫌がったり、お返しに対する決め事が親兄弟で決まっていたりすることもあるので、出産内祝い家族内での決まりごとは事前に両親に確認しておきましょう。



祖父母への出産内祝いの相場

結婚し、無事に出産。しかし、出産の祖父母への内祝いは悩みのキーワードでした。
家庭を持つまでは、内祝いはもらうもので、自分たちで贈るものではなかったからです。

特に祖父母に対しては年代も違うので失礼にならないようにと気をもんでいました。
幸い、赤ちゃんが生まれてお祝いを頂いた後になって慌てないようにと、主人の親族内で取り決めがありとても助かりました。
我が家だけ突出した形なると、次に続く親族が戸惑ってしまいます。

内祝いは、単なるお返しの意味だけではなく、赤ちゃんのお披露目という意味を含み、タイミングと相場を間違えないようにということだけは、事前に年長の親族からお話がありました。
特に、年長の親族たちは、結婚や出産の祖父母への内祝いへの儀礼にこだわりのある方たちでしたので、素直にそれに従うことにしました。特に祖父母からは他の親戚や友人たちよりも多めの金額を頂戴していましたが、内祝いは単なるお返しではないので、
一般的な相場に合わせて、カタログギフトの高めのものをというお話でした。

カタログギフトであれば、それぞれのお祝いに合わせた相場で、こころのこもった内祝いを贈ることがきました。
年長の親族は既にこういった内祝いの経験があるので、それに倣うようにしました。
確かに内祝いの意味を考えると、自分の好き勝手なお返しをするよりも適切だったと考えています。



実家の両親や兄弟への出産内祝いの相場

出産内祝い実家に対しては、贈り物の相場はどれくらいなのでしょうか。
一般的に、お祝いのお返しは、お祝いの金額の半分程度の物でお返しするのがマナーだといわれています。
しかし家族の場合は少し相場が異なってくると思います。
お祝いで数十万円頂くこともあると思いますが、その半額をお返しするとなるとかなりの金額になってしまいます。

家族同士ですから、なるべく物ではなく現金でやりとりすることも多いでしょう。
お祝い金はそのまま子供の養育費や生活費にあてて欲しいという意味で現金を渡している場合もありますから、お返しにはそこまでお金をかけなくても良いという場合もあります。

本来の内祝いの意味からいっても、身近な存在の家族には何か贈ることは必要なことだと思います。
しかし、家族だからこそ不要品になるような物は贈りたくないという気持ちも強いのではないでしょうか。

かといって商品券などで贈るのも味気ないという場合には、カタログギフトがおすすめです。

出産内祝い実家には、決まった物ではなく、好きな商品を選べるというカタログギフトが最適だと思います。
不要品を贈る不安もありませんし、時間をかけずに贈る手続きができるのでラクに済ませることができます。



上司へ出産内祝いを贈る際のマナー

上司への出産内祝いの時ならではのマナーというものはあるのでしょうか。
目上の相手ならではの、特に気を使わなければならない点の1つとして金額があります。
あまりに高額な品物を送ると逆に失礼だと取られかねないからです。

上司への出産内祝いというよりも、お返しそのもののマナーとなりますが、消耗品が望ましいとされています。
タオルが無難だという声もありますが、その結果タオルだらけで困っているという反論もあります。
場所も取らず、使えばなくなる日常的な消耗品や、ちょっとした贅沢ができる食べ物などがいいでしょう。

また、もっとも困るものが残念ながら「赤ちゃんの写真入りのグッズ」だそうです。
かなり親しい身内になら記念品、思い出の品として歓迎されるかもしれませんが、それ以外の人には使うのも処分するのも抵抗があるというのが、受け取る側としての本音だそうです。

受け取り手の好みや都合もありますから、やはりカタログギフトが最適でしょう。

カタログギフトなら、自分で選ぶことができるので、迷惑なものを送ってしまう可能性はゼロとなります。
また、金額についても事前に支払うものなので、選ぶ人は気兼ねなく好きな物を選べる最適なお返しとなるでしょう。



出産内祝いはいつまでに?金額相場は?

出産内祝いを行うのは慣れてきたころになりお返しを選ぶというタイミングで迷うのが、金額の決め方です。
送ってくださった方それぞれで金額が変わってきますし、内祝い出産いつまでにするかと悩みも多いですが、よく言われている相場は頂いた品物に対して半分か3分の1程度が一般的になっています。

贈られた品物の値段が分らず、高価なものでなくお返しを選ぶのに迷った場合は大体3000円以内としておけば失礼にはあたりません選ぶ場合の基準は高すぎず安すぎず、値段の前に相手が素直に受け取りやすい値段のものを選択しておくことが大切です。

金額でどんな品物にするか困った場合はカタログギフトをお返しに選ぶというのが良いです。

品物に関しては決まりという物はありませんので相手に合わせて選ばなくても良いく、値段が載っていないので商品のカタログを見るだけでも相手に楽しんでもらえるものです。
産後1か月後からと落ち着いた状況にはなっていますが、忙しい時期には変わりなく内祝い出産いつまでと決めやすく時間を有効的に活用できますのでカタログギフトを渡すという事は相手も好きなものが選べるというのでどんなお祝いにでも対応できますし、高価すぎる場合は失礼に当たりますので、感謝の気持ちよく貰ってくれるのでお互いに嬉しい贈り物となります。



友人から連名で出産祝いを頂いた場合の内祝いの相場金額

「友人から連名で出産祝いを頂いた場合の内祝いの相場金額」についてご紹介いたします。
赤ちゃんが産まれたら出産のお祝いを学生時代の仲がよかった友人たちからグループでまとめて贈られる場合もありますし、職場の友人などから連名で出産祝いを贈られる場合があります。

その場合に内祝い出産友人へ贈るお祝いのお返しの相場金額はどのくらいなのでしょうか。

内祝い出産友人に対するお返しの相場金額は頂いた品物の金額にもよります。
たとえば仲良しの友人グループで連名でお祝いを用意する場合に一人あたり3,000円から10,000円程度の予算で集めた場合は頂いた品物や金額の半返し分のお返しを連名で用意してくれた人数分用意をします。
一人あたり10,000円くらいの場合は、5,000円くらいのカタログギフトやスイーツギフトなどがおすすめです。

カタログギフトは、贈られた相手が好みの品物を選ぶことができますので自分の嗜好を押し付けなくてすみます。

最近ではカタログギフトもさまざまな種類の品物がありますので選びやすい品物の一つだといえるでしょう。
また、職場の友人などから連名でお祝いを頂いた場合は、みんなで分けることができるスイーツのギフトセットなどが良いでしょう。



出産内祝いとは?金額の相場やおすすめギフト

出産祝いとは?金額の相場やおすすめギフトについてご紹介します。
出産内祝いとは本来、赤ちゃんが生まれた喜びをこめて、また赤ちゃんの名前のお披露目をかねて、親戚や友人に贈るものでした。そのため、お祝いをいただいていなくても贈ることがありました。
しかし現代の出産内祝いとは、出産祝いに対するお返しと考えられています。

出産内祝いの金額の相場は、基本は頂いたお祝いの半額ですが、目上の方に対してや高額を頂いた方へおくる場合には1/3程度でも大丈夫です。頂いたものより高すぎても、また1/3未満でも失礼にあたるので注意してくださいね。

出産内祝いに人気のギフトはお菓子や上質なタオルなど実用的なものです。
体重米といって、生まれたときの体重と同じ重さのお米のギフトなどもあります。
食品は、期限が短いものは送ってもすぐに受け取れない場合もあるので避けてください。
また、好みがわかれる小物や人形などの品物も避けたほうがいいでしょう。

最近は贈り先の方が好きなものを自分で選べるのでカタログギフトも人気です。
また、高額なお祝いをいただいた場合もカタログギフトならお返しに悩まなくてすみますね。
インターネットでも簡単に手配できるので、産後の慣れない育児のなかで悩まなくて済むよう妊娠中からチェックしておきましょう。



出産後、内祝いを贈る場合の相場金額

「出産後の内祝いを贈る場合の相場金額」については、一般的なお祝い事のお返しになるので、いただいた額の半分をお返しする「半返し」が基本です。

親戚や目上の方などからは高額のお祝いをいただくこともあります。
そういった場合は三分の一くらいが目安になります。
お祝いとしていただいた金額を上回るようなものはかえって失礼です。

ただ、親戚については、それまでの慣習としてお互いに暗黙の決まりがあったりするので、そういったことをよく把握しているはずの赤ちゃんの祖父母や親戚の中の長老に相談すると安心です。
グループでお祝いをいただいた場合にも、それぞれにお返しが行き渡るような品選びをすることも大事です。小分けになっているものがあるのでカタログギフトなどから選ぶことができます。

カタログギフトには冠婚葬祭のそれぞれの場面や金額に応じたものがたくさんあるので、その中から必要に応じて選べるという利点があります。
「出産後の内祝い」のお返しする品を選ぶ場合にもカタログギフトはおおいに活躍します。高額なお祝いに対応した、高級ブランドの品が掲載されているものから、グループでのお祝いのお返しに適した小分けができるようなセットものなど多岐にわたっています。



出産内祝金額の目安は半分くらい?

出産したら友人や親族など様々な方面からお祝いを頂く事になるでしょう。このように出産のお祝いを受け取ったらそれに対してお返しをする必要が出て来ます。

このお返しを出産内祝いと言い、出産内祝金額の目安としては一般的に受け取ったお祝いの半分から3分の1程度とされています。
ですがこれは悪魔で目安で、中にはお祝いを下さった方全員に一律2、3千円ぐらいのお菓子をお返しする人もいるでしょうし、お返しをしないという人も少数でしょうがいる事はいるようです。

この出産内祝金額への考え方は人それぞれでしょうが、あまり厳密でなくてもよいので、ある程度は相場に従った品を選んだ方が失礼に当たらなくて良いでしょう。

「金額も考えながらお返しの品を選ぶとなると何を選んで良いか益々分からない…」と混乱する人にはカタログギフトがお勧めです。

カタログギフトなら予算に応じてカタログが分けられているので、どこの会社にするかさえ選べば後は予算ごとに注文する事が出来ます。それにカタログギフトなら、お返しを受け取った本人が自分の好みに合わせて自由に品を選んで貰えれるので、「好みでなかったらどうしよう…」といった無用な心配もしなくて済みます。



出産内祝金額相場って?

自分か奥さん、又は家族の中で出産があった場合、様々な方々から出産のお祝いを頂く事になるでしょう。
このように出産のお祝いを貰ったら、次は出産内祝いという形でお返しを渡す事になります。

この出産内祝金額の相場ですが、一般的には、貰ったお祝いの半分から3分の1程度の品をお返しするのが礼儀とされています。
ですが、出産のお祝いとは子供に対するお祝いであり、その子供はまだ経済力が無いので、お返しを期待したお祝いではなく、お返し無しでもOKという考え方もあったりします。

又、お祝いが品物なら、そもそもその品物の金額が分からないので、「気持ちだけ」という事で、2~3千円ぐらいのちょっとした品を返すという人もいるでしょう。
ですから、出産内祝金額相場は一応あるものの、ある程度はケースバイケースです。

次にこの出産内祝によく選ばれる品としては、タオルや洗剤などの日用品かお菓子、ジュースなどの口に入れる物が挙げられます。
又、これらの日用品や飲食物より更に人気のあるお返しがカタログギフトなのです。
カタログギフトは相手を選ばないで済むので、みんなにお返し出来るところが魅力なのでしょう。
それにカタログギフトは予算ごとにカタログが別れているので、貰ったお祝いの額に応じてカタログを分けられます。



出産内祝金額やマナー

自分や自分の奥さん、同居している家族などが出産した場合、周りの人から出産のお祝いを頂く事になるでしょう。
このように出産のお祝いを貰ったら、次は出産内祝いという形でお返しを渡すのがマナーとされています。

この出産内祝いですが、貰ったらなるべく早い内に、遅くてもお宮参りが済むであろう1ヶ月以内ぐらいにはお返しするのがマナーです。

そして出産内祝金額の相場ですが、一般的には貰った出産のお祝いの半分から3分の1程度の品をお返しする事になっています。
ですから5千円のお祝いを貰ったら、2~3千円ぐらいの品を、1万円のお祝いを受け取ったら5千円ぐらいの品をお返しするのが出産内祝金額の相場でしょう。

次にこの出産内祝に何を選ぶかですが、タオルや洗剤などの日用品、お菓子やジュース、そして今とても人気なのがカタログギフトでしょう。

何を選ぶにしてもきちんとのしを付け、お礼状を添えてお返しするのもマナーです。
のしは紅白蝶結びの水引が付いたのしを選び、水引の上には「出産内祝」か「内祝」という言葉を入れ、水引の下には子供の名前を入れるようにします。
この蝶結びの水引には、何度も結び直せる事から「何度あっても嬉しい事」という意味が込められているのです。
カタログギフトの通販サイトに注文すれば、こののしやお礼状の手配もきちんとしてくれるので安心です。



出産祝いのお返し・内祝いの相場

出産すると、直後から親戚・友人・職場関係など様々な方々から出産祝いを戴くと思います。
いろいろな方に祝ってもらえうれしい反面、お返しはどうするの?と不安になってしまうのではないでしょうか。

出産祝いのお返しは、地域によって相場に違いがあるようです。
まずは住んでいる地域の先輩ママさんに相談してみるのが良いでしょう。

一般的には、貰った額の3分の1から2分の1が相場と言われています。
一万円貰ったならお返しは三千円から五千円程度、五千円貰ったなら千円から二千円のお返しが一般的です。

出産祝いを貰ったら、まず相手の方との関係、相手の方の年齢、貰った金額によって、大きくグループ分けをすると良いでしょう。
そしてそのグループごとに相場と照らし合わせながら、ざっくりとした予算を決めてしまいましょう。
後は予算に合わせてお返しの品を決めていくだけです。それでもなかなか決まらない場合には、カタログギフトがお勧めです。

以前は結婚式の引き出物によく使われたカタログギフトですが、最近では出産祝いのお返しにも使われるようになってきました。
カタログギフトなら金額や種類から簡単に選べますし、品物選びに必要以上に不安になることもなさそうです。



出産祝いのお返しの相場

出産祝いのお返しは、金額的にいくらくらいの品物を贈ったら良いのでしょうか?
世間の相場はやはり気になるところだと思います。

一般的に言われているのは、貰った品物の金額の半分~3分の1と言われています。
ですので、1万円のお祝い品を貰っていたら、お返しの相場は単純計算すれば5000円~3300円程度ということになります。

とはいえ、あまり金額にとらわれ過ぎないよう注意しましょう。
極端な例になりますが、出産祝いのお返しをもらった時に、自分が贈った金額から逆算して、このお返しは贈った品物の何割の値段・・・なんて計算する人は、ほとんどいないのではないでしょうか。
出産祝いのお返しは、あくまでいただいたお祝いへの感謝の気持ちを表すものですので、贈った相手に喜んでもらえれば、金額はそこまで関係ないはずです。
お返しの品物を選ぶ際にどうしても差額が気になってしまう場合は、例えば5000円程度の品をくれた人には3000円以内、1万円以上の品をくれた人には5000円以内という風に、おおまかに予算を区切ってしまうとよいでしょう。

予算は決まったけれど、何を贈るか決めるのに迷ってしまう人には、カタログギフトをおすすめします。

カタログギフト通販ショップTakishinの出産祝いのお返し用カタログ「コロン」なら、予算に合わせて3,000円~25,500円と10種類の価格パターンが用意されているので、お返し選びに便利です。



出産内祝いの金額

子供が生まれると、親戚や知人などから出産祝いをいただくことが多くあります。
お祝いを頂いた方に感謝の気持ちを込めてお返しをするのが、出産内祝いです。

出産内祝いの相場は、いただいた金額の半分から3分の1程度が目安ですが、出産祝いをお金でいただく場合のほか、赤ちゃんのお洋服などの品物の場合があり、いくらくらいなのかが不明な場合もあります。

出産内祝いの相場は、いただいた金額の半分から3分の1程度となっているものの、現実にはあまり厳密にしなくてもよいことになっています。

お祝いをお金で多くいただいた場合や、品物でいくらなのかわからない場合なども含めて、全員一律の商品にしても構いません。
出産内祝いに多くの金額を頂いた場合でも、目上の方に高額なお返しをするのは失礼にあたるとされていますので、だいたい1人3.000円から5.000円ほどの金額のものを選ぶのが相場だといわれています。

出産内祝いで喜ばれる商品といえば、カタログギフトです。
おすすめのカタログギフトは、商品数日本最大級を誇る「たき新」のカタログです。さまざまな種類のカタログは2.000円からと手頃で、会員になると最大で30″”引きになるサービスもあり、人気のグルメを中心に品質と品揃えが豊富なカタログが揃っています。



赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方への内祝いやお返しの相場金額

「赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方への内祝いやお返しの相場金額」については、一般的に半額から三分の一くらいと言われています。
ただ慣習でそんなにたくさんの金額の「赤ちゃん内祝いお返し」をしないという地方もあります。
また、生活改善のためにお互いの冠婚葬祭には一定の少なめの金額を包むと言うことが決まっているようなコミュニティもあります。
それぞれ属しているところによって決まっていることもあるので、そういった場合には突出したことをして後で困ることが無いようによく調べてから「赤ちゃん内祝いお返し」をするようにします。

親戚間である程度の取り決めをしている場合もあります。
初めて生まれた赤ちゃんで、親戚への内祝いをどうしたら良いか分からない時には、赤ちゃんの祖父母にそれぞれの親戚へのお返しについて相談すると安心です。

相場より多すぎても少なすぎても感じの良いものではありません。
赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方への内祝いやお返しにカタログギフトを利用するといろいろなことを相談できます。
カタログギフトの会社はさまざまなことに対してのノウハウを持っているので、冠婚葬祭のマナーにかなったお返しができるようにヘルプしてくれます。



出産祝いの内祝いの相場金額

出産すると色々な方から出産のお祝いを貰う事になるでしょう。
このように出産のお祝いを貰ったら、それに対してお返しを渡す必要があります。
このお返しを一般的に出産祝いの内祝いと言っています。

では出産祝いの内祝い、どのような物を選んだらよいかですが、まず相場金額としては、貰ったお祝いの半分から3分の1程度の金額とされています。
ですから5千円ぐらいのお祝いを下さった方には2~3千円ぐらいの品を、1万円ぐらいのお祝いを下さった方には5千円ぐらいの品をお返ししたらよいでしょう。

このように下さるお祝いの額は人それぞれですし、その人によって好みや使って貰える物もまちまちだと思います。
そうなると、「どの人にどんな物をお返ししたらよいのやら…」と頭が混乱してくるかもしれません。

そこで助かるお返しとしてカタログギフトがあります。

カタログギフトなら、予算ごとにカタログが用意されていますし、お返しを受け取った本人に品物を選んで貰えれます。
もし貰ったお祝いが品物でその金額がよく分からないような場合、「だいたいこれぐらいかな?」と予想してお返しの金額を決める事になるでしょう。
そうなった場合、あくまでも予想なのでもしかしたら相場金額からかなり外れている可能性だってあるでしょう。
でも、カタログギフトは金額が分かりにくいので、もし相場からかなり外れていてもそこまで相手に失礼になる事もないというメリットもあります。



出産祝いのお返しはいつまでに贈ればいいの?時期や相場などマナー

赤ちゃんが生まれて出産のお祝いをいただいた方へ、出産祝いのお返しはいつ頃までんいお渡しすれば良いかご存知ですか?

お返しを贈る目安としては、産後30日前後と言われています。
産後30日前後というと、ちょうどお宮参りに行く時期と重なりますので、お宮参りの準備と平行して内祝いの用意もするようにしていきましょう。

ただ、先方の弔事と時期が重なった場合には、弔事が優先です。
時期をあけてさらに1か月ほどしてから(産後2か月を目安)にお返しをするようにしましょう。
その際は、出産の喜び報告ではなく、お世話になったことへのお礼としてお渡しするのがマナーです。

お返しを用意する際、目安となる相場額は多くの場合いただいたお祝いの半返しです。
1万円のお祝いをいただいたなら、五千円のお返しということになりますね。
金銭でなく、現物でお祝いをいただいた際にもその品物が市場価格でいくらくらいの商品なのかを調べて、その金額の半額をお返しの相場とします。

中には、年配の親戚や会社の上司や社長からいただいたお祝いに対しては3割返しとすることもあり、この点に関してはご両親と相談して金額を設定されると良いでしょう。

出産祝いのお返しはいつ?がわかれば次は、内祝いにかけるのしの書き方を確認しておきましょう。
内祝いの水引には蝶結び。
表書きには”出産内祝”もしくは”内祝”と記し、記名は誕生した子ども名前で行うのがマナーです。
子どもの名前にはふりがなをふっておくと親切ですね。
内祝い選びに迷った時にはカタログギフトが便利ですよ。
最近では、ウェブでもカタログギフトが注文できますし、誕生した子どもの名前を伝えると、きちんと包装、のしをかけて発送してくれるサービスもあります。
なかなか外出できない産後のママにとって強い味方になりますね。



出産祝のお返しの相場金額

出産したら周りの方から出産のお祝いを貰う事になるでしょう。このように出産のお祝いを貰ったら、それに対してお返しをするのが礼儀とされています。

この出産祝のお返しの相場ですが、だいたい貰ったお祝いの額の半分から3分の1程度の額をお返ししたらよいとされています。
ですが、一方で、この出産のお祝いは、生まれてきた子供に対するお祝いなので、子供はまだ経済的に無力だからお返ししなくてもよい、という考え方もあります。

このように考えてかどうかは分かりませんが、最近の若い人の中にはお返しをしない人も増えてきているみたいです。
それに、同年代の友人とかなら、ちょうど出産の時期が重なる事もよくある話しなので、「出産祝のお返しはお互い様になるから止めよう」と暗黙の了解のようなところもあるかもしれません。

ですが、同年代の友人でも必ずしもみんなが結婚していて、しかも出産するかどうかは分かりませんし、何人子供を生むかも人それぞれです。
ですから、なるべく出産祝のお返しは何らかの形でお返ししておいた方が無難かもしれません。
確かに産後バタバタしている時に、お返しの相場を気にしたり、何をお返ししたらよいか悩んだり、なかなか面倒な事だとは思います。そこで助かるのがカタログギフトです。
カタログギフトなら予算に応じてカタログが用意されていますし、相手の方に品物を選んで貰うので自分が悩む必要が無くなります。



友達への出産内祝いの相場金額

自分が出産した際、友達から出産祝いをもらうことも多いでしょう。
色々なベビー用品をもらったら、ありがたく使わせてもらいたいですね。

しかし忘れてはいけないのがその「お返し」です。

友達出産内祝いを送るのが通例ですね。
しかしこの友達出産内祝い、金額としたら大体いくらくらいのものをあげればい良いのでしょうか。

出産内祝いの金額は、いただいた品物の「約半分」と言われています。
もらったお祝いが5000円ほどだったら2500円前後の内祝いを。1万円ほどのお祝いなら5千円ほどの内祝いを用意すれば良いのです。
最近では内祝いとしてカタログギフトが人気です。

友達からの出産祝いは大体5000円が平均と言われているので、2500円の内祝いを用意すれば良いのですが、ちょっと中途半端な金額ですよね。
その点カタログギフトならその程度の値段のものがたくさんあるのでとても便利です。

出産が終わったばかりで家事や育児などに忙しい時期、「お返し」を選ぶのは結構大変です。
そうした時にカタログなら相手の欲しいものを選んでもらえるので、送る方としても嬉しいですよね。
最近ではネットで簡単に郵送できるサービスが充実しており人気を呼んでいます。



出産祝いに現金と品物を頂いた場合の出産内祝いの金額って?

いただいた金額の1/3~1/2をお返しすることが一般的となっている出産内祝いですが、現金での金額だけでなく、品物の金額も考慮するようにしましょう。
出産祝いに現金ではなく品物をいただいた場合は品物の大体の販売価格で現金をいただいたと考え、その金額に対するお返しとして出産内祝いの品物を用意します。

また、現金と品物の両方をいただいた場合は現金と品物の販売価格を合わせた総額を元にお返しとして出産内祝いの品物を用意します。
品物やカタログギフトをいただいた場合は商品名やカタログギフト名で検索すると金額が分かることが多いです。
現金と品物をいただいた場合で半額のお返しをするといただいた現金がそのままお返しの金額になってしまうこともありますが、その場合でも総額を元にお返しの金額を決めるのが一般的です。

品物は考慮に入れず現金の1/3~1/2をお返しするという考え方もありますが、その場合高価な品物を用意してくださった場合に大変失礼になる可能性があります。
品物は気持ちだから!などと言われた場合を除き品物もお祝いの一部と考え、総額を超えない範囲でのお返しを考えましょう。
現金と品物を別々にいただいたからといってそれぞれのお返しを考える必要はありません。



出産内祝い品の選び方や金額

出産内祝い品の選び方は、頂いたお祝いの額や品物によっても違ってきます。
お返しの目安はお祝いの半返しから3分の1返しが一般的ですので、半返し相当のカタログギフトや頂いた相手の好みの品がわかるようでしたら、品物を贈るのもよいでしょう。

カタログギフトだと相手の好みの品を知らなくても贈ることができるという利点があります。
それから細かい金額設定がされているので半返しに当てはまる金額を探すのもとても簡単ではあります。
それ以外には、出産にちなんだお祝いも喜ばれる場合が多いです。

出生体重の重さのお米や名入りのカステラなど、消耗品や食べ物に名入れができるものだと残らないですが、少し凝ったおしゃれなお返しとして喜ばれるでしょう。
こうしたお返しも3000円~5000円で手配できることが多いので、一般的な出産内祝い品と同程度の価格となっていることからもちょうどよいお返しといえるでしょう。

出産内祝い品で気をつけたいことは、地域によってはお茶が仏事に多く使われることから縁起が悪いと言われていたり、その地域ごとに縁起の悪いと言われているものがあるので注意が必要です。
出産内祝い品は自分たちのお礼の気持ちと子供の紹介、そして半返し程度の金額の品物を用意して贈るとよいでしょう。



出産祝いのお返しの品物の相場は?

「出産祝いのお返しの品物の相場は?」についてですが、いただいた金額や品物の半額から三分の一くらいの品をお返しするのが一般的です。
ただ地域によっては生活改善運動をしているコミュニティもあります。
そういったコミュニティでは生活改善運動の一環として冠婚葬祭に関する品や金封のやりとりには、ある程度の決まりを設けていたりします。

また、親戚間での取り決めがあったりして、出産祝いのお返しの品物の相場についても、半分から三分の一という一般的な決まりどうりではなく、もっと少なかったり逆に多かったりという場合があります。

初めての出産で、「出産祝いの品物のお返し」をどうすれば良いのか分からなかったり迷ったりするときには、あらかじめ赤ちゃんの祖父母に相談すると良いでしょう。
一般的なことが必ずしも正しいとは限らないのが親戚付き合いの難しいところでもあります。
親戚間での取り決めがあるようなときは、その取り決めに従った「出産祝いの品物のお返し」をすることも大事です。

相場が分かったら、相場の金額に応じたカタログギフトを利用すると便利です。カタログギフトを「出産祝いの品物のお返し」にすると貰った人にも喜んでいただけます。



赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方への内祝いやお返しの相場金額

「赤ちゃんの誕生祝いを頂いた方へ贈る内祝い人気ランキング」についてご紹介いたします。

出産祝いを頂いたときには出産内祝いの品物を用意して相手の方に贈りますが、赤ちゃんの内祝いの人気ランキングにはどのような品物がランクインしているのでしょうか。
赤ちゃんの内祝いの人気のアイテムは、まずは商品券やカタログギフトなどがランキングの上位にはいっています。

カタログギフトは、お祝いのお返しを贈る相手の方の好みなどがわからない場合にはおすすめのアイテムです。
また、高額なカタログギフトなどもありますので高額なお祝いを頂いたときには選びやすいお返しのアイテムだといえます。

商品券なども人気がありますが、目上の方には商品券をお返しのアイテムとして選ぶことは避けたほうが良いでしょう。
目上の方の場合は、スイーツのギフトや高級タオルギフト、カタログギフトなどがおすすめです。
商品券の場合は金額がすぐに分かってしまいますのでせっかくお祝いをくださったのに金額のわかるお返しの品物を贈ってしまうと失礼にあたる場合があります。

内祝いの品物はタオルなどの日用品やスイーツ、雑貨・小物などがランキングの上位にはいります。
タオルは今治謹製のタオルなど上質なタオルギフトがおすすめです。
スイーツは有名店の洋菓子や和菓子などを選ぶと良いでしょう。名入れギフトに対応してくれるお店などもありますので色々と調べてみると良いでしょう。



沖縄の出産内祝いの相場

出産されたら周りの方々から出産のお祝いを頂く事になるでしょう。
このように出産のお祝いを頂いたらそれに対して、出産内祝いというお返しをする事になります。

この出産内祝いの相場ですが、一般的には頂いた出産祝いの半分から3分の1程度をお返しするのが相場とされています。

ですが、出産内祝い沖縄はこの相場とはちょっと違うようなのです。
出産祝いとして5千円や1万円相当の品やお金などを贈るという人は多いでしょう。
その出産祝いに対して一般的相場なら、2、3千円か5千円相当の出産内祝いをお返しするのが常識になります。
ですが出産内祝い沖縄の場合は、千円か多くても2、3千円ぐらいのお菓子などを手軽にお返しするのが一般的とされています。

確かに、半分から3分の1が出産内祝いの相場と言われていますが、その一方で出産祝いは子供に対するお祝いであり、その子供はまだ経済的に無力なのでお返し不要という考えもあるにはあります。
このような考えからしたら千円か2、3千円のお菓子でも問題無いようにも思われます。
ですが、沖縄以外の地域では半返し、せめて3分の1程度のお返しが常識とされているので、夫婦のどちらかが沖縄以外の人であったり、出産祝いを下さった方が沖縄以外の人であれば、一般的相場に合わせる方が無難な場合もあるでしょう。

このような場合どちらに合わせるか迷われたらカタログギフトなどどうでしょうか?
カタログギフトなら予算が分かりにくいので、お返しを渡した人にはどちらの考えに合わせたか分かりずらくて良いのではないでしょうか?



友人から連名で出産祝いを頂いた場合の出産内祝いの相場金額

一人ひとりが別々に出産祝いを出す場合もありますが、豪華なものを渡したい友人たちが連名で出産祝いを贈ることはよくあります。
連名で出産祝いが送られてきた場合に、友人への出産内祝いに出す場合はどのぐらいの金額のものをお返しにするべきか、迷います。実際に相場の金額はどのぐらいなのでしょうか。

連名で出産祝いが送られた場合の友人への出産内祝いの相場の金額は、出産祝いで送られたものの半額を人数で割ったものになります。
連名で送られた一人ひとりにお返しする方法もありますが、そうなりますと金額が少ない分だけ、タオルなど小さなものになってしまいます。

もちろんそれでもよいのですが、おすすめはカタログギフトです。

カタログギフトであれば、連名で送られた全員宛にカタログギフトを渡して、みんなで欲しいものを考えてもらうことができます。そうなれば、それなりの金額のものになりますから、お返しの品も良い物になりますよね。

みんなで季節の果物などを選んで分けて持って帰ってもらうことも出来ますし、お肉を選んでみんなでどこかに集まって食べてもらうこともできます。
友人だからこそ、みんなで相談してもらうことも出来ますから、お返しとしてカタログギフトを選んではいかがでしょうか。



沖縄の出産内祝いの相場

冠婚葬祭には、昔からのしきたりのようなものがあります。
それは国によっても違いがあり、日本国内においてもそれぞれの地方で特色があったりします。

出産に際してのお祝いの仕方などもいろいろありますが、沖縄では沖縄ならではといったこともあります。
「沖縄の出産内祝いの相場」については、内地とは少し違っているという話もあるので、地元の人や沖縄の親戚の人など、その土地のならわしに詳しい人に相談すると良いでしょう。

内地では出産祝いをいただいた場合のお返しの相場は、だいたい半分から三分の一くらいですが、沖縄ではそんなにたくさんはお返しをしないというのが相場のようです。
お菓子やタオルなど日常生活で消費するような品を返します。
金額もそれほど高額にならないのが基本だということです。

ただ、こういったことも沖縄の地方の村落や中心地などによっても違いがあるので、赤ちゃんの祖父母などが沖縄の冠婚葬祭に詳しいようであれば、意見を聞いて突出したことをして、親戚から顰蹙を買うようなことがないようにしましょう。

カタログギフトを利用すると「沖縄出産内祝い」に配慮した品も選ぶことができます。
「沖縄出産内祝い」であっても内地からいただいたお祝いにはそれなりの配慮があっても良いと思います。カタログギフトの会社で相談に乗ってもらうこともできます。



兄弟に贈る出産内祝いの相場

兄弟に赤ちゃんができた!本当に喜ばしいことですね。
きちんとお祝いをしてあげたいし、またお祝いをしてもらったら、しっかりお返しをしたいものです。
ここでは、出産内祝い兄弟について考えてみたいと思います。

兄弟の場合は、お返しの相場などあまり気にしなくていいかもしれませんが、やはり頂いた金額や品物の3割から半分とするのが相場のようです。
また、出産内祝い兄弟では、お友達やそのほかの親戚ほど形式に気を使わなくてもいいのがいいですね。
気軽に何か必要なものはないか、欲しいものはないかと聞けるでしょう。

もし、お返しなんてなにもいらないよ、必要なものもなにもないよといわれても、やはり返さないわけにはいかない、と考えると思います。
そこで、おすすめしたいのがカタログギフトです。
カタログギフトは金額に合わせて様々な種類が準備されており、また食べ物や日用品、装飾品など選択の幅も広く、多くの人に喜ばれるお返しだと思います。期限もたっぷりとってくれていますので、ゆっくり楽しみながら選んでいただくことができますよ。




最後に。

 今回は出産内祝いの金額ついてのご紹介でした。

お返しの品物選びも大切ですが、金額面でもしっかりとマナーを守って、お互いにいもちのいいお祝いになると良いですよね。

ぜひ今回の記事を参考に、出産内祝いのご用意をされてみてはいかがでしょうか?



出産内祝いのマナー 記事一覧

お悩み解決マナー集
出産内祝い マナー一覧
出産内祝いの熨斗。熨斗なしの出産祝いへのお返しや、短冊熨斗について。
出産内祝いのお礼状やメッセージカード!連名のお祝いへの対処や、面識のない方への対処。
ご友人様への出産内祝い。まとめて頂いたお祝いに対してや、他のものと合わせたお祝いへのお返し。お薦めの品物。
出産内祝いの一般的な金額。相場以上のお祝いを頂いた場合と、お返しへの金額がもし相場に満たなかった場合の対処について。
ご親族様への出産内祝い。贈るのが遅れている中、葬儀でお会いした場合。実家から既にお返しをしていた場合。
出産内祝いで商品券を贈る場合。2つの品を一緒に贈る場合や、上司に贈る場合。商品券を贈るメリット。
出産内祝いにお米ギフト。お米ともう一品を贈る場合や、自家栽培のお米を贈る場合について。
出産内祝いを贈る時期について。内祝いが2つある際に贈るタイミングや、贈るのにお盆や忌中を避けた方が良い理由。
出産内祝いの名前に関することについて。不妊治療中の贈り先様への心遣いや、熨斗の名前について。お薦めの名前入りギフト。
お悩み解決接客ブログ
産後忙しく、お返しを考える時間が持てない方必見です!
成功事例・体験談
すでに「出産内祝いの選び方についての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
すでに「出産内祝いのマナーについての悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス
体験ストーリー「兄への感謝の気持ちからつながる未来への想い」
体験ストーリー「一大決心の妹を傍で応援する私が贈った内祝い」
体験ストーリー「素敵な贈り物のヒミツ」
体験ストーリー「兄が大好きな妹」
体験ストーリー「こころのトゲが消えるとき」
体験ストーリー「贈り物で思い出の味を」
たき新の激安カタログギフトの
評判と口コミ
カタログギフトサンプル請求


  • たき新の内祝いギフト
  • たき新のブライダルギフト
  • たき新のお香典返し
  • たき新のグルメカタログ
  • たき新のプレミアムカタログ
  • たき新の人気商品ランキング
  • たき新のカタログ一覧
結婚祝いマナー
香典返しマナー
新築内祝いマナー
快気祝いマナー
還暦祝いマナー
カタログギフトの選び方
最大51%OFF。内祝いにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト
香典返しにおすすめの、失礼のない激安カタログギフト 結婚内祝い、引き出物におすすめの、失礼のない激安カタログギフト 失礼のない激安カタログギフト【グルメシリーズ】
商品点数1.5倍、プレミアムカタログギフト